こんな結婚したい理由はダメですか?結婚相談所スタッフが回答します。

結婚したい理由は人それぞれです。一般的には「一生の伴侶が欲しい」や「幸せな家庭を築きたい」というシンプルな願望でしょう。

しかし中には、人には言いにくい結婚志望理由を心のうちに抱えている人も多いです。

 

今回は「これって私だけ?」と思うような「結婚したい理由」を、現役カウンセラーが回答します。

結論からお伝えすると、結婚志望理由に「ダメ」はありません。
しかし、ご自身の結婚願望の理由に、まっすぐ向き合うことで、婚活を楽しく続けるヒントや、結婚生活を前向きに考えられる秘訣が詰まっています。

今一度、自分の中にある結婚願望に向き合ってみましょう!

 

「経済的な負担を軽くしたいから結婚したい」はダメですか?

 

結婚に求めることが「愛」でなくてはならないとは限りません。
恋愛と結婚の一番の違いは、恋愛は「愛」のような抽象的な思いだけで成立しますが、結婚は生活が伴います。
生活にはお金が必要であり、お互いの助け合いも必要です。
むしろ「愛してるから」だけでは結婚生活は成り立ちません。
「経済的な負担を軽くしたいから結婚したい」という動機は「お金目的なんじゃ…」と感じるかもしれませんね。

しかし、経済的に助け合って生活ができるパートナーを求めていると考えれば、そこまで罪悪感を抱くような結婚願望でもないでしょう。

結婚志望理由が「経済的な助け合い」だったとしても、結婚生活を続けていくうちにお金だけでなく、心や生活を支えていくパートナーになっていく可能性はあります。
しかし、「経済的な助け合い」ではなく「経済的におんぶにだっこされたい」と思っている人は要注意です。
結婚は、相手にすべて面倒を見てもらうことではありません。
経済的なことも「相手にすべて養ってもらう」と思い込んでいると、想定外の事態になったときに結婚生活が破綻してしまう可能性が出てくるでしょう。
結婚によって「経済的な負担を軽くしたい」と思っている人は、現在の生活を自分の稼ぎでまかなっている人であり、お金を稼ぐことの大変さを痛感している人です。
結婚することで、経済的な負担を少しでも分かち合いたいと思うことは、悪くない結婚の志望理由です。
ただ、相手が稼げなくなってしまったとき、自分の方がたくさん稼がなくてはならなくなったときには「自分が相手の経済的な負担を軽くしてあげる」という覚悟を持っておく必要はあるのかもしれません。

「子どもが欲しいから結婚したい」はダメですか?

結婚生活のイメージに必ず子どもがセットになっている人は多いです。結婚志望理由の第一が「子どもが欲しいから」という人も多いでしょう。
「子どもが欲しいから結婚したい」と思うのは、悪いことではありません。しかし、注意したいことは子どもは生まれた時がゴールではないことを肝に銘じておきましょう。

子どもは生まれてからがスタートです。子どもが欲しいだけのために結婚してしまうと、子どもが生まれたら結婚の目的は果たしたことになってしまいます。

「子どもが欲しいから結婚したい」と思っている人は、結婚する前に子どもが育った後の結婚生活もイメージしておくことが大切でしょう。

また、結婚すれば必ず子どもが生まれるとは限りません。結婚とは夫婦が最小単位であり、その一部が子どもを授かるわけです。
結婚と子どもの両方を求めることはかまいませんが「子どもが欲しいからやむを得ず結婚しなければならない」と思っているならば、もう一度結婚について考えてみてもいいのかもしれません。
しかし一方で、結婚した当初はぎこちない関係だった夫婦が子どもが生まれたことで本当の家族になっていくこともあります。
「子どもが欲しいから結婚したい」と思っていたとしても、子どもが生まれた後の結婚生活のイメージの中にパートナーもしっかりと入っているようならば問題ないのではないでしょう。

「相手からの愛を保証してもらうために結婚したい」はダメですか?

恋愛ドラマでは、最終回で結婚するとハッピーエンドかもしれません。
恋愛中はゴタゴタが多かったカップルでも、結婚することで「関係が契約」されて逃げることができなくなるわけです。
結婚志望理由が「相手からの愛を保証してもらうため」という人は、結婚について冷静に考え直すほうがいいでしょう。
たとえ結婚したとしても相手の心まで固定することはできません。
結婚は確かに契約です。
しかし契約は解約もできます。
結婚してからも相手からの愛をもらいたいと思うならば、それなりの努力は必要です。
「結婚したから逃げられない」「契約によって相手を自分のものにしたい」と思っているならば、さまざまな困難や想定外がおこる結婚生活を共に乗り越えていくことは難しいでしょう。
「相手からの愛を保証してもらうために結婚したい」と思っている人は、相手から愛されているのか心配で不安になっている人です。
自分を不安にしている人と結婚して大丈夫でしょうか?
結婚は「安心できる人」とするべきです。

結婚志望理由には表に出す理由と心の奥にある裏の理由があるのかもしれません。
裏の理由はずるい理由や計算された理由かもしれません。
表向きのきれいな志望理由だけなく、心の奥にある裏の理由にも目を向けて「本当に自分が結婚したい理由」をしっかりと受け入れて、問題点や受け入れるべきことに納得することが結婚に失敗しないポイントでしょう。

結婚したい理由を定期的に見直してみよう

婚活を続けていると、上手くいかない瞬間や、誰かと比べてしまう瞬間も訪れます。

「何のために結婚したいんだろう…?」と虚無感に襲われることもあるでしょう。

しかし、結婚=幸せとは限りません。

結婚は人生の中にいくつもある、選択肢の一つにすぎないからです。

もしも婚活に行き詰まった時は、今一度、結婚したい理由を振り返ってみてください。実は結婚したい理由は、結婚で解決できる問題でないこともあるでしょう。

あなたがあなたらしい人生を送るためにも、婚活の中で自分を見つめる機会を作ってみてくださいね。

 

 

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事