結婚相談所

長野県の結婚相談所の体験談

大手の婚活サイトでしたら、様々な男性を紹介してもらえると思います。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】長野県 【年齢】35歳【職業】会社員
【活動期間】平成25年7月~平成27年2月
【退会理由】自分の引っ越しが決まった為
【これから婚活をする人へのアドバイス】
大手の婚活サイトでしたら、様々な男性を紹介してもらえると思います。 年齢層も広く、職種も広いし、登録人数も多いです。 矛盾しているようですが、本当に結婚したいと考えているなら、自治体の婚活パーティなどにも参加してみると、意外と早くお相手が見つかることもあります。 一緒に地元の婚活パーティに参加した女性は、その時知り合った男性と付き合ってます。(まだ結婚はしていませんが) 結婚に繋がらなくても、得る物はあると思います。
【体験談】
大手の婚活サイトとは違い、自治体の行っている結婚相談所や婚活パーティは、比較的親しみやすく登録できま・・・・・
体験談のつづきを読む

大手の婚活サイトとは違い、自治体の行っている結婚相談所や婚活パーティは、比較的親しみやすく登録できました。

私が登録した相談所は、街の役所の別棟の一室を使って結婚相談を受けていました。

婚活サポーターという、「世話役」の人がいます。

一人の婚活希望登録者につき、一人の婚活サポーターがつきます。

婚活サポーターは、地元の有志の方、つまりボランティアで成り立っているという事です。

窓口が開いている曜日は限られていて、時間も13時から16時と限られていました。

私の担当をしてくれた婚活サポーターの人は、60代の気の良いオジサンという感じの人でした。

私がプロフィールを登録すると、「勿体ないねえ。どうしてまた…独身だったの」と言い出しました。

そして勝手に、「いやいや、立ち入った事を聞いてすみませんね。お嬢さんに」と苦笑いしました。

私は失礼と思わず、「気の良さそうなオジサンだな」という感じで好感を持ちました。

田舎にある結婚相談所なので、男性の登録者もそれ程多くありません。

私自身も高望みはしておらず、普通のサラリーマンの男性で、年齢も30~50歳位の男性を希望していました。

背も、顔も、特に普通で良いと思っています。

ただ一つ、真面目で誠実な方が良いです。

男性との出会いの機会が欲しいという意図で登録しました。

これらの条件を、気の良さそうな婚活サポーターのおじさんに伝えて、一応書面に書いて登録しました。

それからが大変でした。

そのサポーターの方のせいで、なかなか出会う事ができないのです。

個人情報の関係から、相手のプロフィールは一部のみ(年齢、仕事などのみ)を見る事ができます。

婚活サポーターの方は、私と相手の男性の両方のプロフィールを見る事ができます。

つまり、そのおじさんに私の相手を選んでもらうような物なのです。

「この男の人は、うーん。顔はまあまあだけどねぇ…」とか、「この人は知り合いなんだよ。あまり良い噂がないね…」とか、「ああ、こういうイケメンはやめた方がいいねぇ…」などなど、とにかくオジサンの意見が多いのです。

結婚相談所に行っても、ほぼオジサンが男性側の登録者名簿とそのプロフィールを見て、私には合わないなど意見を言っていました。

なかなか言い出しづらい雰囲気だったのですが、「あの…私も年齢も年齢ですし、特に相手の方に特別な拘りはありませんが」と言ってみました。

するとコーディネーターのオジサンは困ったように、「いやぁ、それは良くないよ~。今は上手くいかない夫婦も増えてきてね。昔は一生添い遂げるのが普通だったのに…」と長い人生論が始まってしまいました。

正直、良い条件の男性に会えると期待もしていませんし、まあ男性の友人ができて、そこからお付き合い的なものがあったらなというのが私の本音でした。

ですので、コーディネーターの方があまりに真剣に結婚相手を探し始めてしまい、私は引いてしまいました。

「お嬢さんは稼ぎもあるし、ぐうたらな旦那をもらったら使い込まれてしまうよ」とか、「うーん、こんな男じゃ勿体ないなぁ」とか、相談所に行き続けるうちに、そのおじさんがまるで実の親のように思えてきました。

結局、そのオジサンが私に紹介してくれた男性は一人もいませんでした。

その代わりに、地元主催の婚活パーティには2回ほど出席しました。

それなりに楽しめました。

「あれ?なんのために相談所に登録したんだろう」と私自身も思いましたが、オジサンとの会話の中で、様々な「男の悪癖」や、「良い男と悪い男の見分け方」なりを学んだので、良しとしています。

結婚相談所を選ばれる方は、相談所のみもしくは婚活パーティーと一緒の…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】
【都道府県】長崎県 【年齢】45歳【職業】---
【活動期間】平成28年2月~
【退会理由】結婚相談所が運営を取りやめると連絡があったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所を選ばれる方は、相談所のみもしくは婚活パーティーと一緒のところが良いと考えています。 また、結婚相談所に入会したからあとは待つだけでは何も進展しません。自分からアプローチしたり、相談所以外の婚活パーティーなど並行して進めていくことをお勧めします。
【体験談】
自分の場合はバツイチで養育費も払っている状況での婚活であった事もあり、条件としてはかなり悪いため、な・・・・・
体験談のつづきを読む

自分の場合はバツイチで養育費も払っている状況での婚活であった事もあり、条件としてはかなり悪いため、なかなかいい出会いがないと日頃から感じていました。

そのため、お見合いと言う選択肢を取りました。

お見合いクラブの経営を行っていくには当然の事ですが、お見合いを行うにも金銭が発生するため、相手としてもお見合い写真や簡単なプロフィールを聞いていもそう簡単に受け入れてくれる人はいません。

相談を行う事務所の担当者の熱意や話し方によって会ってみようかなぁと思うものだと思います。

そのため、結婚相談所に入会を考えている方はまずは担当者がどんな人かを見極める必要があります。

熱意を持って押しが強い人が良いと思います。

昔の仲人さんはちょっとおせっかいなおばちゃんが多かったことを思うと納得いかれると思います。

どの結婚相談所も共通するのかもしれませんが、登録する女性の年齢層は高めになるか、もしくは理想が高い方が多いのではないかと思うので会う機会を増やせるシステムがあるところが良いかと思います。

例えば、初回だけでもお見合い料を安くするとか男性持ちにするなどのシステムがあった方が良いのではないかと思います。

結局、自分は●●では1年ほど経ちますが、写真を見てアプローチをかけた方は20名近くになります。

けれどお会いした方はゼロの状態です。

自分がモテナイだけなのかもしれませんがね。

あと、●●では婚活パーティーも年に4回ほど行っているとの説明があったのですが、その後なんの連絡も来なくて自分でホームページで開催をチェックするようなありさまでした。

やはり、貸衣装と写真撮影がメインの相談所なので受動的な運営をされているらしくてなかなか自分から情報を発信する形になってなかったみたいです。

そんな中、突然今年の1月に封筒が届いたのでお見合いの誘いかもと喜んで開封してみましたが、それは完全に期待を裏切る内容だったのです。

「突然で申し訳ありませんが、今年の3月をもってお見合いクラブの運営から撤退します」との内容だったのです。

先に述べたように何も収穫がないままこれで終わりと聞かされて、完全に失敗したと思いました。


【恋愛心理】●●を押し出すと結婚が遠ざかる【女性の皆さんへ】

男はグイグイ来られると逃げ出したくなる。

追いかけたいけど、追いかけられたくないのが男の性。

だから、男性優位と言われている婚活市場でも成婚までに時間がかかるんだ。

本能だからと言ってしまえばそれまでかもしれませんが…。

自身の年齢に関わらず、かなり若い女性を求める男性が多いです。

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所に詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ婚活と恋愛事情の記事