結婚相談所

神奈川県の結婚相談所・27歳男性の体験談

初デートで手を握ってくるって・・・

結婚相談所 体験談
【結婚相談所名】××××
【結婚相談所の点数】★★★
【自分の婚活の点数】★★★
【都道府県】神奈川県 【年齢】27歳 【職業】非営利活動法人職員
【活動期間】平成27年8月~平成28年5月
【結婚相談所をどうやって知りましたか?】
TVCM
【無料カウンセリング時の印象】
結婚相談所の中ではリーズナブルだと感じた
【入会を決めた理由】
自分のように収入が多少低くても入会できることを知ったから
【退会した理由】
結婚相談所で知り合った女性とうまく進展しなかったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
ふしだらな女性もいるもんです
【体験談】

私は、今から4年ほど前から婚活を開始していました。

婚活を始めた理由は、友人たちが次々に結婚していき、次第に焦りを感じてきたからです。

私は、確実に結婚に繋がる出会いを求めて、結婚相談所に入会しました。

この結婚相談所では、事前にスタッフが会員一人一人とカウンセリングを行い、それを元にそれぞれの会員に合った相手を紹介するシステムになっていました。

実際私も、入会して1か月ほど経つと、会社側から数人の女性が紹介されました。

紹介された女性は、どの方も皆私が出した希望通りの方ばかりでした。

しかし、私がどんなに相手を気に入っても、なかなか相手が私を気に入ってくれることがありませんでした。

それでも私は、月に数回送られてくる会社から紹介された女性一人一人をしっかりと見て、会社側にお見合いを切望している事を伝え続けました。

その結果、4歳年上の薬剤師の女性とお見合いをすることができたのです。

お見合いは、会社が指定した喫茶店で行われました。

私とその女性は、共通の趣味を持ち偶然同じ大学出身だったことから、とても話が弾みました。

私がその女性に対して感じた第一印象は、品があり家庭的だというものでした。

そしてその女性は、「私のような年上の女でよければまた、お会いしていただけませんか?」と言ってくれました。

勿論私は、その女性の誘いを快諾しました。

その後、会社側に通達したうえで都内で初デートをすることになりました。

デート当日、都内の待ち合わせ場所に現れたその女性は、お見合いの時とは違い意外と露出度の高い服を着てきました。

しかも、お互い知り合ってそれほど経っていないのにも関わらず、その女性は私と手を繋ごうとしてきました。

正直、馴れ馴れしい女だという印象を受けてしまいましたが、折角頂いたご縁を無駄にしては勿体ないと思い受け入れました。

けれど心の中では、流石に初デートではあり得ないと私は感じました。

ましてや30歳を超えた大の大人の女性のやる行動ではないと思いました。

午後は、都内の大きな公園を散歩し、ベンチで休憩しました。

ベンチで暫くお話をしているうちに、次第に夕方になっていきました。

そして、徐々に薄暗くなり公園内から人がいなくなり始めた時、その女性は更にとんでもないことを言い出しました。

なんと、その女性は、明らかに私を挑発し、体の関係になろうとしているのでした。

その女性が何を企んで私を誘ってきたか、何を企んでいたのかは分かりませんが、流石に私も我慢の限界になりました。

私は、その場でもう二度と会いたくないことを告げるとさっさと家に帰りました。

その時にその女性が私に浴びせた「いくじなし!弱虫!」という罵声を今でも忘れることができません。

私は、それまで結婚相談所は婚活パーティーや婚活アプリと比べて真剣な交際を望んでいる人ばかりが在籍していると思っていました。

しかし、中にはこんなふしだらな人もいる事を知りました。

勿論、結婚相談所側になんの落ち度もなかったことは理解しています。

神奈川県の結婚相談所の全てが分かるサイトはこちら

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP