愛知県の結婚相談所・25歳女性の体験談

結婚は相手だけでなく、相手の家族も関わるため相手のご両親も一緒に見ることが大事

結婚相談所 体験談
【結婚相談所名】××××
【結婚相談所の点数】★★
【自分の婚活の点数】★★
【都道府県】愛知県 【年齢】25歳 【職業】会社員
【活動期間】平成22年4月~平成22年12月
【結婚相談所をどうやって知りましたか?】
ウエブ検索
【無料カウンセリング時の印象】
サービスが良い結婚相談所だなと思ったので、良い印象がありました。
【入会を決めた理由】
直接話を聞いて、ここなら良い人が見つかるのではないかと思ったからです。
【退会した理由】
中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚は相手だけでなく、相手の家族も関わると今回の結婚相談所でわかりました。相手を見るときは、相手のご両親も一緒に見てくださいね。
【体験談】

私は●●に登録して活動をしていたとき、自分の年齢が若かったことと、コンシェルジュの方から条件が良いほうだと言われたことから、お相手への条件を少し強気の設定で出していました。

私が出した具体的な条件は、年収が700万円以上、年齢は25歳から35歳まで、同居不可というものでした。

それでも私の年齢が若く、見た目もそれなりだったので、条件に当てはまる人が何人かいたのです。

そして、マッチングしたお相手とお見合いをし、その男性と直接連絡を取るようになりました。

彼は、年収が700万円で高学歴、32歳の男性でした。

彼も私のことを気に入ってくれたため、お見合い後そのままお付き合いをすることになりました。

彼に対して特に大きな不満はなく、また、彼は年収が高く、顔もそれなりだったので、周囲の友達からとても羨ましがられました。

また、どこかへデートしても、私にたくさんお金を使ってくれたので、すごくうれしかったです。

私は「この人と早く結婚がしたい」と思いました。

ですが、少しだけ不安があったのです。

それは、彼のご両親が厳しいことでした。

彼と結婚を前提とした本格的なお付き合いをするには、ご両親の許可がなければダメだと彼から言われていたのです。

しかも、それなりに由緒ある家柄だと言うのです。

私の家はただの庶民の家なので、彼の家と温度差がないか少し不安でした。

ですが、どちらにしても、結婚するためには相手の家族に気に入られなければいけないことがわかっていたので、なんとかがんばりたいと思ったのです。

礼儀作法の勉強をしたり、服装をより気にしたりと色々と気を遣いました。

そして、実際に彼のご両親に会いに行くことになったのですが…

最初はとても感じの良いご両親だと思っていたのですが、私の学歴を言ったら、態度が大きく変わったのです。

「あなた、そんな学歴でうちの子と結婚しようと思ったの?」「うちは中学生からずっと私立一本だったから、もっとお金をかけているご家庭の娘さんがいいわ」と彼の親から言われてしまった私は、何も言うことができませんでした。

「あなたみたいな一般家庭の家の娘さんと結婚するとなると、うちが損した気分になる」とも言われてしまいました。

私は親のことをバカにされたみたいで悔しかったです。

また、「働いてはいるみたいだけど、あなた、ただの事務職でしょ。最低でも看護師くらいの資格と年収がないとダメ」と言われました。

私は我慢の限界で「年収は300万円ほどあるので、生活するには困りません」と言ったのですが、彼の親は納得していないみたいで「うちの子のお給料に頼って、たかる気でしょ。あなたのご家族みんな我が家のお金目当てじゃないの?」と言われたのです。

親のことまで言われ、ものすごく腹が立ったので「私は、○○さんのご両親にお金でご迷惑をかけるつもりはまったくありません」と言い返しました。

そうしたら、彼の親に「これだから、一般家庭はイヤなのよ。ろくに礼儀も教えていないから」と言われ、すごく頭にきて「じゃあ、人様の娘に嫌味ばかり言うあなたの家庭はもっとろくな家庭ではないですね。こんな家と結婚するのはこっちもごめんです。失礼しました」と啖呵を切って帰ってきました。

その後、彼が謝ってくるかと思ったのですが、電話で「僕の家族になんてことを言うんだ、親に謝ってほしい」と言われたので、また頭にきて「私のほうこそ、あんたの家族に謝ってほしいわ。ふざけんな。二度と関わりたくない」と彼に言い、思い切って電話を切りました。

そして、●●に連絡をして、彼とのことをなかったことにしてもらいました。

あまりに嫌な思い出すぎて、婚活に対する気持ちが萎んでしまい、その後しばらくして●●もやめてしまいました。

愛知県の結婚相談所の全てが分かるサイトはこちら