結婚相談所

女性が結婚相談所で成婚するためには?心理的に焦りは禁物

最近は婚活のブームです。特に女性からの入会申し込みが多くなっています。

では、ひとつ質問。結婚相談所に入会する女性は、何歳くらいの女性が多いと思いますか?

ひと昔の前の答えは以下の通り。

1 30代前半 一番多いのがここ
2 30代後半 二番目に多いのがこの年代
3 40代前半 一番焦ってるのはここ
4 20代後半 焦りはじめる年代
5 20代前半 出会いの少ない人が集まる世代
6 40代後半 諦めてる人もチラホラ

一番多いのが30代前半の女性、次に30代後半の女性。

女性は30歳を過ぎたあたりから、急激に結婚への意識が高まるのです。

次いで、40代前半、20代後半、20代前半、40代後半の順となります。

では、婚活女性に、「結婚したい理由は何ですか?」と聞くと、一番多い答えは何だと思いますか?

最も多い答えは、「年齢を意識して……」です。

次に多いのが、
「寂しさを感じて……」
「老後が心配になって……」
「親に心配されて……」
と続きます。

30歳を超えた女性は皆さん、『これ以上、歳を取るとヤバイかも・・・』と思って、相談所に入会するのです。

でも、もう、この話は古いんです!

年齢層が変わってきています……と、この記事を書いたのが2013年のこと。(追記:2020年も変わらずこの流れです)

変わりつつある結婚相談所の年齢層|女性は20代も積極的に参入中


婚活業界は刻々と状況が変わります。在籍している人達の年齢層も大きく変化しています。

今、最も多く入会する女性の年齢層は、30代前半⇒20代後半⇒30代後半⇒40代前半となっています。

1 30代前半 変わらず1位
2 20代後半 焦りはじめる世代が前倒し!
3 30代後半 20代に抜かれた!?
4 40代前半 抜かれたけど多い世代
5 20代前半 さすがにまだ焦らず
6 40代後半 相変わらず諦めモード

20代の女性が増えたことで、ますます40歳前後の女性には厳しくなっている現実があります。

もちろん、40代の婚活人口が減ったわけではありません、20代が増えたのです!

結婚相談所で婚活する女性(特に40代)に焦りは禁物

そこで私から女性の皆さんへ、絶対に心に留めて欲しい大事な忠告があります。それは、絶対に結婚を焦らないでください、ということです。

出産のことを考えたり、男性からの人気がなくなる現実、寂しさや不安が付きまとう気持ちは分かります。

ですが、この世の中で、焦って何かをやって成功することなどほとんどないのではないでしょうか。

しかも、結婚というのは、今後の人生を左右するとても大事な出来事です。じっくり考えなくてどうしますか。

結婚相談所の驚きの男女比:「女性>男性」の現実


もう一つ、女性に覚えていて欲しい忠告があります。

それは、「結婚相談所や婚活パーティーなどの婚活ビジネスは、女性を焦らせて商売を成り立たせている」業者がある、ということです。

腹立たしい限りですが、婚活ビジネスの業界には、このようなひどい考え方があります。

女性の方が結婚相談所を選ぶ際にとくに気を付けてほしいことが、「結婚相談所のエグゼクティブコース入会の体験談」に書いてありますので、一度お読みください。

結婚への近道は「結婚相談所」!?

結婚への一番の近道が、結婚相談所を利用することなのは間違いありません。

「結婚をしたい男女が、お互いのプロフィールを見ながら、お見合い相手を探し、恋愛し、その後結婚をする。」という相談所のシステムは、結婚相手を探すのにはとても良いシステムです。

入会金や会費が高価であることも、「真剣に結婚を考えている男女を集める」という点では良い面でもあります。

しかし、現在の結婚相談所の会員数は女性の方が圧倒的に男性より多く、とてもアンバランスな形になっています。2016年の全国の結婚相談所の男女比は、男性36%、女性が64%2020年もほぼ一緒)です。

その結果どうなってくるかというと……案の定、女性があぶれています。

人気のある男性に申し込みが集中し、女性は好みの男性と出会うことすらできなくなっているのです。

好きじゃない人との結婚!?不釣り合いな結婚!?

「イケてる女性とパッとしない男性」「美人とブ男」「ハイレベル女性と普通の男」俗な言い方ですがこのようなカップルが成立しています。

そして結婚相談所は、なかなかお見合いや交際に発展しない女性に対し、決まってこう言います。

「希望条件をもう少し緩くしましょう」
「このままでは成婚できなくなりますよ」
「一日も早く決めないと、歳を取るごとに結婚が難しくなりますよ」

そんな言葉を、結婚相談所のスタッフから投げかけられ、平然としていられる女性がいるでしょうか?

ほとんどの婚活女性は焦ってしまい、タイプじゃない男性とお見合いをして、妥協した結婚をしてしまいます。

でも、ちょっと立ち止まってください。

「ほんとうにそれでいいのですか?」
「妥協して、幸せになれますか?」
「その相手を選んだのは、自分の意志ですか?」

女性が結婚相談所の婚活で焦ってはいけないワケ


厚生労働省発表の日本の離婚率は、38%(2020年現在最新)もあります。

残念ながら3組に1組の夫婦は不幸になっています。(むしろ、5組に2組という50%に近く勢い)

離婚に踏み切れていない離婚予備軍のことも考えると、もっと多くの夫婦が幸せになれていないのです。

私は、みんなに言いたい。「妥協して結婚なんてしちゃあ、絶対にダメです」

相談所が妥協をするよう求めてくるのは、安易に結婚の数を増やそうとしているだけです!!

結婚相談所の仕事というのは、結婚を希望している男女に、妥協をさせるのではなく、理想の結婚に近付くよう手助けすることです。

結婚生活には、幸せなこともたくさんあるけど、苦しいことも同じくらいたくさんあります。

妥協の結婚なんかしてしまったら、苦しいときに耐えられないじゃないですか。

子供が欲しいから結婚したい???

子供が欲しいから結婚する、という女性も多いです。

そう言う女性に考えてほしい。「もし結婚して、子供ができなかったらどうするのですか?」

いまや7組に1組の夫婦は不妊で悩んでいます。

どの夫婦にだって不妊で悩む可能性があります。

子供が欲しいから、理想を下げて結婚して、それで子供ができなくて……そんな不幸な選択は絶対にしちゃ駄目です。

よーく見比べて欲しいんです、幸せな結婚と幸せじゃない結婚の差を。

子供が欲しいからなだけじゃ埋められませんよ!

不幸せな結婚 幸せな結婚
楽しいはずの人生が楽しくなくなって、毎日嫌な気分が多くなる。 毎日家に帰るとほっとして、家族全員で笑える。
ため息が増えて、ケンカが絶えなくなる。 夫からの愛を感じて、家族からの愛も感じれる。
相手の浮気を疑って、家事をするのが嫌になって、思いやりの気持ちを失っていく……。 愛する家族のために楽しく家事をして、思いやりの気持ちを育み、充実感の中で生活していく。

もし、間違った結婚をすると、人生がこの先、ずう~っと不幸になってしまいます。

妥協した無理な結婚は結婚じゃありません!

女性の皆さん、勇気を持ってください。

結婚しない人生も、ありです。子供のいない人生も、ありです。

もちろん家庭も大事なのは真実!

けれど、やはり、独身女性よりも、家庭を持っている女性の方が、「毎日が充実していて幸せだ」と答えることが多いんです。

やっぱり「家庭を持つ」ということが、女性の幸せに直結しているのも事実でしょう。

女性が幸せな結婚を目指し、活動するのはとても良いことです。

結婚を意識したその時が、その人の結婚適齢期です。

結婚へ向けて、突き進むのはいいことです。

だけど、もし、期待通りに婚活が進まなくても、決して焦って「結婚」を求めてはいけません。

「この男性となら一生を共にしたいな」という気持ちになって初めて、結婚を本気で意識しましょう。

まとめ|自分の幸せを考える

たとえ子供が産みにくい年齢になったとしても、幸せになる方法なんていくらでもあります。

結婚をしなくても、幸せになる方法もいくらでもあります。

ただ、自分の意志で選択をした方がいい、と私は思うのです。結婚相談所にすすめられた言葉を信じて、急いで結婚するのは間違っています。

自分の幸せのことです。ご自身で、じっくりと考え、ご自身の道を選んでください。

結婚相談所が言わない、言えない、イイ結婚相談所を探すための本当の情報をこのページに書きました。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
結婚相談所の口コミ比較は嘘ばかり!本当の比較おすすめランキング

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP