結婚相談所

愛知県の結婚相談所・29歳女性の体験談

結婚相談所はたくさんあるが、自分に合うところを探すのが大切!

結婚相談所 体験談
【結婚相談所名】××××
【結婚相談所の点数】★★★
【自分の婚活の点数】★★★
【都道府県】愛知県 【年齢】29歳 【職業】会社員
【活動期間】平成24年4月~平成25年12月
【結婚相談所をどうやって知りましたか?】
ウエブ検索
【無料カウンセリング時の印象】
担当者の方がとても親切な感じがしました。
【入会を決めた理由】
ネットで見て良いと思ったので入会しました。
【退会した理由】
結婚相談所以外での出会い
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所はたくさんあるのですが、結局は自分に合うところを探すのが大切です。そして、それからは自分の目で男性を見極めることが大切なのだと思います。
【体験談】

私が●●を利用したときに出会った、変わった人のエピソードを紹介します。

私はお相手に対する条件として、「年収が700万円以上であること」を挙げていました。

周りからは「そんな人、めったにいないよ」と言われていましたが、私は「年収にこだわって婚活すれば、絶対にいい人に出会えるはず!」と信じて婚活を続けていました。

年収にこだわる代わりに、年収以外の面はある程度目を瞑ることにしていました。

そして、ついに私の条件にぴったりな男性に出会うことができたのです。

彼は、年齢は38歳、年収は800万円、同居の必要はなし、という素晴らしい男性でした。

すぐにアドバイザーの方に「紹介してほしい」とお願いをして、彼を紹介してもらいました。

お見合いでお会いした彼は見た目も悪くなく、とてもやさしそうだったため、私は彼を「いいな」と感じました。

彼も私のことを「可愛いね」と言ってくれ、彼も私を気に入ってくれたのです。

私たちは意気投合し、お見合いの3日後にデートをする約束をしました。

しかし、お見合いのときには気付かなかった彼の性格を、私はデート中に知ることになったのです……。

彼は、街中で女性を見ては「あのブス、よくそんな顔で街中を歩けるよね」「あの男も、あんな不細工な女のどこがよくて付き合っているんだろ。俺には無理」などといった悪口をずっと言い続けていたのです。

また、職場の悪口も同じように何度も繰り返していました。

口を開けば「これが嫌だ、あれが嫌だ」という彼。

デート中に彼が話してきた内容の半分以上が悪口で、それを私がひたすら聞いているという感じだったのです。

私が話をしようと思っても、それをさえぎって彼が悪口を言ってきたので非常に困りました。

彼は大手に勤めていて見た目も悪くなく、条件の良い男性ですが、性格が残念すぎる人だったのです。

私の話は全然聞いてくれないし、その上、自分の自慢話と他人の悪口しか言わない彼。

さらに、「私のどこがよかったの?」と聞いてみたら、なんと彼は「顔と体」と言ったのです。

「顔と体が良くないと俺の恋愛対象にはならない。無理」だそうです。

そして、私たちはまだ付き合っていなかったのですが、彼から「付き合う前に相手と体の相性を見るのがポリシーだから」とワケのわからないことを言われて、ホテルへ無理やりつれて行かれそうに……。

車に無理やり乗せられてホテル街に連れていかれそうだったので、赤信号のときに車から飛び出して難を逃れました。

あのままホテルへ連れ込まれたらどうなっていたことか……、すごく怖かったです。

もちろん、こんな男性は絶対に無理だと思ったので、その後結婚相談所のアドバイザーに理由を話して、なかったことにしてもらいました。

この一件以来、「年収があれば我慢する」という私の条件は変わり、ある程度相手の性格を重視して婚活を進めていたのですが、結局あの男性がトラウマになってしまい、私は●●を辞めてしまいました。

世の中には本当に色んな男性がいるんだなぁと思った出来事でした。

結婚相談所は希望条件を重視して婚活を進めていく場であるため、「条件は良かったけど、実際に会ったらいまいちだった」ということはよくあるみたいですね。

やはり、どんなに条件が良くても、その人がどんな人間性をしているかは自分で見て確かめるしかないので、結局は自分次第(性格は二の次、条件が良ければOKなのか、そうでないのか)なのだなと感じました。

私も上記の経験から、年収だけにこだわらず、もう少し広く人を見ようと思いました。

これから結婚相談所を利用して婚活をしたいなと思う人は、是非参考にしてくださいね。

愛知県の結婚相談所の全てが分かるサイトはこちら

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP