写真が悪くても、会ってみると良かった人もいますし、動きや声・雰囲気は大切ですから積極的に会ってみてください

ギリギリ20代だった私は、入会当初からまあまあのお申し込みがありましたが、母が「相手の学歴は有名私立か、国公立卒以上」というとてもハードルの高い条件を設定した為、会える人が限られていました。

その中で「国立○○大学卒・公務員・端整な顔立ち・身長175センチ」という、非の打ち所のない彼から、なんと私に申し込みがありました。

年齢は七歳ぐらい上でした。

長男ではありますが、末っ子の私にはあまり関係の無いことで、喜んでお引き受けしました。

ただ、気になることが……。

それは男前過ぎることです。

NHKの朝ドラの、ヒロインの相手役みたいな正統派男前。

「イケメン」という軽い言葉を使ってはいけないような男前。

私はワクワクするというより、ドキドキハラハラしていました。

嫌われないかな。会って断られたらショックだな。最初のお見合いはもっと普通の人が良かったかも…と。

私は母の期待を背負いつつ、お見合いの場所である●●のロビーへと向かいました。

仲人さんも同席してくれる予定なので、仲人さんを探しましたが、まだいません。

すると、こちらをチラチラ見ている、猫背のねずみ男風の男性がいました。

遠くて顔があまり見えませんでしたが、明らかに私を見ている。

嫌な予感がしました。

そう、その彼がお見合い相手だったのです。

確かに…確かにあの男前と思った顔でした。

パーツは同じです。

ですが、猫背でセカンドバックを前に出して持っている、斜め下から怪しげな目つきでじっと見つめてくるその彼は、別者でした。

何だろう。動きが変なのですかね。

まるで、某アニメの怪しいキャラの様なオーラを背負ったそのネズミ男さんを、仲人さんに紹介され喫茶店へ行きました。

お相手は、無言です……。

私がリードするしかなく、いくつか質問を投げかけますが、その間ずーっと下向き加減で私を見つめています。

本当にずーっとです。

そして質問に対する答えは一言、二言。

仲人さんは5分で席を外しました。

「助けて~、お母さん助けて~」っとこの時ばかりは、母に心の中で助けを求めてしまいました。

ですが、仲人さんが立ってすぐに「すみません、お手洗い」と言って、彼はトイレへ。

5分後に彼が戻り、私しゃべる、10分後、彼はトイレへ。という風に、喫茶店で彼は合計2回トイレへ行かれました。

お腹が冷えたのかな?と気になりましたが、まあその場は気にせず。

その後、なんと彼に「このまま映画を観ませんか?」と誘われました。

初めてのお見合いだし、大人しいだけで良い人なのかもしれないと思い、映画へ行くことに。

観た映画は、洋画の恋愛ものでした。

キツイ、キツイ。

しかも、また彼は映画館でもトイレに立ったのです。

その数は3回を超えていました。

一体、何をしてたのでしょうか。

お母さんに報告の電話を入れていた?

本当にトイレ?

まあ、映画なので話さないで良いので、ラブシーンの気まずさだけを我慢すればなんとかなりました。

映画が終わって、もう一度お茶に誘われ、また彼のトイレ付き・私からの質問コーナーのような時間を過ごし、その日は別れました。

帰り道に私は、「ムリムリムリ……」と思い、仲人さんに電話をしようとしたのですが、

なんと母が、「一回じゃ分からない。もう一回会いなさい」と勝手にOKの電話を入れてしまいました。

ですが、翌日に仲人さんからの電話がありました。

「今回はご縁が無かったということで……。」と相手からお断りされました。

ホッとはしましたが、なんだか敗北感が残りました……。

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事