趣味や本人からのメッセージを重視して相手を選んだほうが良い結果に繋がる

●●で働いている友人に勧誘されたのが最初のきっかけでした。

ネットで調べてみると無料の「結婚チャンステスト」があり、試してみました。

自分のプロフィールと相手への条件を入力します。

職業や学歴、結婚や人生観に対する考え方など、結構事細かく質問がありました。

メールアドレスまで入力して送信すると、数時間後に条件をある程度満たしている方のデータが送られてきます。

五名の方のデータが無記名で送信されてきました。

担当者とのカウンセリング後に、端末を使用して希望に合う方を検索する無料サービスもあるということでしたので、電話で予約をして実際に支社へ行き、カウンセリングを受けて端末で検索してみました。

写真も見ることが出来るので、相手のイメージもある程度掴めます。

私自身、結構年齢が高いので引け目を感じていたのですが、担当してくれたカウンセラーの印象も良く、私の要望についても理解していただけました。

カウンセラーの方と一緒に検索していき、最終的には二人の方に絞る結果となりました。

その後に入会の手続きをしました。

入会金として3万円、活動初期費用として76000円を支払いました。

二週間後に県内にお住いの方とお会いする運びとなり、●●という繁華街の喫茶店で待ち合わせをしました。

ここまでの連絡のやり取りはカウンセラーの方を通して進みます。

二人のOKが出た時点で初めて実名が知らされます。

その方はOさんという方でした。

土曜日の14時半に指定の喫茶店へ行くと、カウンター席にお一人背の高い男性が座ってコーヒーを飲んでいらっしゃいました。

他には女性二人しかお客さんらしき人がいなかったので、カウンターに座っている男性に「失礼ですが、Oさんですか?」とお尋ねしたところ、Oさんで間違いありませんでした。

ただ、その時に愕然とした事が一つありました。

顔は写真と同じなのですが、髪の毛が本当に薄いのです。

職業会社員となっていたのですが、イメージは「ご住職」という感じでした。

この時点で私のテンションは、ドーンと下がってしまいました。

暫くお互いの趣味や仕事のことを語り合い、10分ほどして喫茶店を出ました。

この後どうすればいいのだろうかと迷いましたが「ちょっと寄らないといけない所がありますので」と伝え、その場を去りました。

礼儀正しく真面目そうな人柄の方でしたが、どうしても髪の毛のことが受け入れられませんでした。

当日、支社へお断りの連絡を入れました。

お相手の方は「もう少し話をしたかった」とおっしゃっていたそうです。

その後も何人かの方のデータを基に、カウンセラーの方から勧められましたが、やり取りが面倒な点と一回目の失敗に懲りて、退会しました。

やっぱり婚活は、自分で接点を作ってやるべきだと感じました。

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事