大阪・京都の結婚相談所

「結婚相談所よりマッチングアプリ(出会い系)」と思っている人に伝えたい3つの真実とデメリット

結婚相談所
結婚相談所

出会いを求める手段として『マッチングアプリ』を使っている方、多いのではないでしょうか?

「マッチングアプリとはなんぞや?」という方に、ヒトコトで説明すると、

出会い系です。はい。

※出会い系っていうと、怒られちゃうんですが、出会い系ですから。

そういえば、先日。

マッチングアプリを使っている知人(結婚願望アリ)に、

「どうしてマッチングアプリを使っているの?」と尋ねてみました。

すると……

「結婚相談所ってブス・ブサイクしかいないんでしょ?」

なんて衝撃なコメントが降ってきたのです……。(ムカ)

結婚相談所には、たしかに、今まで恋愛経験がなかったり、強烈な個性や価値観をお持ちの方がいたりもします。

けれど、それは結婚相談所に限ったことではありません。

私たちの当たり前って、非常に不確かなもので、自分の当たり前は、誰かにとっては『非常識』であったりもするのです。

何の脈絡もありませんが、

「結婚相談所って、いい人いないんでしょ?」

「マッチングアプリでいいや」

と思っているそこのアナタ。

結婚相談所の新米スタッフである私が『マッチングアプリ』をオススメしない3つの理由をお話しましょう。

結婚相談所スタッフが、マッチングアプリをオススメしない3つの理由

最初に申し上げておきましょう。

「マッチングアプリを否定して、結婚相談所に誘導するんでしょ?」と、感じてしまった方へ。

結婚相談所をオススメするつもりも、勧誘するつもりもございません。

特定の結婚相談所へ勧誘するような情報は掲載していないので、ご安心ください。

ただ、ただ、超個人的にマッチングアプリは、婚活者にとって効率が悪いのでオススメできないっていうお話です。

理由1.マッチングアプリはサクラっぽいユーザー率高い!!

出会い系サイト…おっと失礼。

マッチングアプリでいちばん危惧しなければならない部分なのですが、

まじでサクラっぽいユーザー率高い!!!

「サクラって実在しない人物」と思われているのですが、最近では、

実在する人物なのに、サクラっぽいユーザーも増えています。

どういう意味かって?

たとえば、実在する人物なのに『ポイントを稼いで、お小遣いを得ようとしている』女性ユーザーですね。

マッチングアプリにもよりけりですが、

女性は利用料金無料で男性は有料っていう料金形態がほとんど。

そのうえ、女性会員は、男性がプロフィールを閲覧したり、メッセージを送信してきたりするたび、ポイントが加算される制度も珍しくはないのです。

ちなみにポイントを稼ぎたいがために、出会い系・マッチングアプリに登録している女性は『キャッシュバッカー(CB)』と呼ばれています。

結婚相談所

「過去に出会い系でツライ経験をしたから、俺はFacebookで生存確認をしてからメールを送っている」

という男性もいらっしゃいますが、キャッシュバッカーだった場合、実在するのに会えない。

ポイントだけどんどん消費していく。

サクラっぽいていうか、合法っぽいサクラですよね。

本気で出会いたい人からすると… 迷惑極まりない。

TwitterやInstagramでよく見かける『副業』の中身も、実はキャッシュバッカーだったりするんです。

自分の紹介でユーザーが登録すると、ポイントが付与される・・・みたいな。

理由2.出会えたとしても、本気で結婚しようと思っているかは謎

そんなマッチングアプリ。ですが、出会えないこともありません。

実際に私の友人もマッチングアプリが大好きで、数々の異性と出会い、ときめく恋をしています。

しかし、出会いを求める理由って、

『結婚したいから』に限らないんですよね。

  • 結婚願望はないけれど、彼女・彼氏がほしい人。
  • 既婚者だけど、恋愛やぬくもりを求めている人。
  • 出会いたいけど、話を聞いてほしい人。

そんなさまざまな『目的』をもった人たちが集う場所。

それがマッチングアプリです。

私、ごっちんは一応、兼業主婦。

そして元ホステスであり、自慢じゃなけれど交友関係は広め。

事実上離婚しているママ友は、

『LINEとか、SNSよりマッチングアプリの方が火遊びできる』

なんて理由でマッチングアプリを屈指しては、数々の男性と燃えたぎっています。

まぁ…それがいいとか、悪いとかの問題ではないんですよ。

ただ、言えるのが、本気で結婚したい人にとって、こういうタイプのユーザー…

時間のムダでしかありません!!!

最近では、婚活ならぬ『恋活』なんてワードも登場していますが、マッチングアプリも自分の目的とマッチしたアプリを選ばなければ全く意味がありません。

って、婚活マッチングアプリに登録したことがないので、目的にあっていたとしても、全力ではオススメできませんね……。

だから、マッチングアプリより結婚相談所を……

って、誘導するつもりはありませんが、わりと仲介人の間では、評判が悪いんですよね、マッチングアプリ。

「このアプリはサクラがいなくて優良だよ」

なんて、オススメされたからといって、すべての人にピッタリだとは言えないのです。

理由3.ネット婚活はリアルよりも敷居が高い

実際に、結婚相談所で婚活したものの、上手くいかず……

ネット婚活に挑戦してみたら、成婚に至ったという人もいらっしゃいます。

が、マッチングアプリの良い・悪い。安心・危険にかかわらず、

ネット婚活ってリアルな婚活よりも難しかったりするんです。

結婚相談所と比較すれば、仲介人やカウンセラーなど、アドバイスをして仲を取り持ってくれる人がいないという点もデメリット。

また、婚活に特化したマッチングアプリであっても、結婚相談所の入会時に必要となる『独身証明書』の提出が任意とされるアプリも少なくはありません。

また、ネットという文明の力を屈指しての婚活だからこそ、

自宅でも、出先でも、好きなときに気軽にできるメリットがある反面、その気軽さこそがデメリットになることもあるんです。

たとえば気軽である理由のひとつに『対面しないこと』があります。

内気な人も、対面しないからこそできるコミュニケーションがあると思いますが、結婚となると、やはり直接会って話したときの雰囲気。

視覚・聴覚・嗅覚といった五感から『好き』という気持ちや愛は感じられます。

もちろんネット婚活でも、プロフィールに掲載された写真や年収・職業・趣味などの情報を仕入れることは可能ですが……

『メールのやりとり』の印象と、『実際に会ったときの印象が100%合致するケースは珍しいでしょう。

また、自分のプロフィールにウソをつくことだってできます。

結婚相談所

まとめ. マッチングアプリのデメリットも踏まえて、安全な婚活を!

結婚相談所と関わりがあるからこそ、「マッチングアプリよりも結婚相談所を」とオススメするわけではありません。

しかし、「結婚相談所は微妙だから、マッチングアプリや出会い系で」と思っている人こそに、マッチングアプリのデメリットや危険性もしっかりお伝えしたいと思うのです。

もう10年ほど前の話になりますが、田舎から都会に出てきて、

「服装自由で出勤自由なバイトは何かないかな?」

と、友人に聞くと、多くの人が『出会い系の会社』と口にしました。

現在は条例などの改正により、そういったアルバイトはなくなったのかもしれません。

しかし、10年前まではメールオペレーターという名目で『サクラバイト』が存在していたんです。

実際に働いたことはありませんでしたが……

『キャラ』を作って操作し、中身は男だなんてサクラも存在してたってこと。

結婚相談所
※しかも、なかなか派手な人が多い

ネット婚活と呼ばれる、マッチングアプリで成婚できる人もいます。

しかし、結婚相談所では自分の経歴や既婚の有無にウソをつくことができませんから、「結婚相談所は微妙な人ばっかり!」と思っているアナタに言いたいのです。

だからって、マッチングアプリが最強ってわけじゃないと。

おしまい。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP