香川の結婚相談所のブログ 2021年1月3日以前

・第一印象は大切です。
とある方々のお見合いに立ち会った時のお話。

このお見合いではなんと男性が、特に交通や体調に問題がなかったにも関わらず、20分も遅刻してきたのだとか。

しかも、事前にスーツで来るようにアドバイスしたにも関わらず、服装も普段通りのラフな格好だったそう。

お見合いの場で、そんな態度ありえないですよね。お金も時間もかけておいてそんないい加減な行動をするなんて、言い方は悪いですが、馬鹿なんじゃないかと思ってしまいます。

お見合い相手の女性にも、お見合いをセッティングしてくれた方にも失礼ですよね。

当然ご縁は実らず、次には繋がらなかったそう。

遅刻が絶対ダメなのは当然ですが、見た目の第一印象が悪かったのも致命的だったのでしょう。

皆さんは「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?
これは「視覚情報55パーセント」「聴覚情報38パーセント」「話の内容7パーセント」の割合で人の印象が決まる、という法則です。

これによると、人は見た目で半分以上の印象が決まってしまうことになります。

だからこの男性のように、お見合いという本来ならかっちりした服装で来るべきところにラフな服装で来てしまうと、それだけで「やる気が無い」と印象が悪くなってしまうんです。

そして一度ついてしまった印象はなかなか変えるのが難しいのです。

本当はもっと素敵なところが沢山あるのに、そんなことで損してしまうなんてもったいないですよね。

だから皆さん、お見合いはもちろんですが、初対面の相手に会うときはTPOをわきまえた、清潔感のある服装を心がけましょう。

ほんの少しの心がけで、出会いの質や確率は格段に上がりますよ!

・素直さって大切です。
女性が結婚相談所に登録して2-3ヶ月ほどでお付き合いに発展したそうです。
その女性を始め婚活がスムーズに進む女性は皆さん、とても素直な方が多いのだそう。こういった女性は表面的な条件だけで選ぶのではなく、まずは一度会って、一人一人をきちんと見ようとしているようです。

逆に婚活が難航してしまう方というのは、表面的な要素で色々と決めつけてしまい、異性に積極的に会おうとしない人だそうです。

もしこれが自然な出会いだったら、条件は仲良くなってから次第に知っていくものなので、自分からご縁をシャットダウンしてしまうことはないのかもしれませんが、結婚相談所での出会いは普通の出会いではありません。

まずは写真、プロフィール、学歴や仕事などの条件から相手を知ることになるので、その条件から相手の人柄まであれこれ推測してしまうのも、まぁ理解できます。

でも所詮は推測。実際会ってみないと分からないことって、たーっくさんあるんです!
だから自分から出会いのチャンスを潰してしまうことはせずに、まずは一度会ってみませんか?
その方が、きっと婚活がスムーズに進みますよ!

・相談相手、どう選ぶ?
結婚したいと思っているのに、なかなか努力が実らないそこのあなた!思い通りにならない日々が続くと、正直気が滅入ってしまいますよね。

お見合い相手にお断りされたり、数年付き合って「そろそろ結婚かな??」と思っていたのに振られてしまったり、ネット婚活で連絡を取り合っていた方が急に音信不通になったり…こういう事で悩まれてる方って本当に多いです。

でも本当に結婚したいなら、傷が癒えるまでのんびりしている時間はありません。時間が経つほど歳を重ねてしまうので、婚活市場での価値は下がる一方だからです。

次に出会った相手と上手くいく保証なんて無いですし、振られたらまた失恋を繰り返すことになります。それでも行動しないといけないなんて、婚活って本当にハードですよね。

そんな婚活の悩みを、多くの方は誰かに相談したことがあると思います。でも相談相手、本当にその人で大丈夫ですか?
よく見かけるのは、30代半ばの独身女性が集まって結婚や男性に対しての愚痴を言っている姿です。「独身女性の特徴」としてテレビなどでも見たことがあるのでは無いかと思います。

でも本当に結婚したいなら、「実際に結婚している人」もしくは「客観的なアドバイスをくれる人」に相談したほうがいいです。

既婚女性は、求められていないのに自分からアドバイスしてしまうと偉そうだし、人間関係に角が立つから自分からは積極的に言わないだけで、適齢期にきちんと結婚している人というのは「どうしたら結婚できるのか」を考えてきた人が多いです。

だから謙虚になって、そういう方にアドバイスを求めて素直に実践してみましょう。

「類は友を呼ぶ」という言葉もありますし、既婚女性と沢山関わって、考え方や人との接し方を学べば、自分が結婚できる日もきっと遠くありませんよ!

・無駄なプライドは捨てましょう。
プライドの高い女性っていますよね。小さな頃から勉強も頑張って偏差値の高い大学に入り、責任ある仕事を任され収入も十分にあるため、自分のために使えるお金もたっぷりある女性。また、若くて美しい頃に沢山の異性からモテてきた女性などもいます。

そのような女性は自分に自信を持っているためとても素敵なのですが、高すぎるプライドはスムーズに物事を運ぶ上で障害になってしまうことがあります。

特に婚活においては、結婚を望みながらも「結婚相談所に登録するのは嫌!」「婚活するほど飢えてない!」などと、婚活を頑なに拒む女性がいます。そういう方を見ていると、婚活をすることによって、周囲からの自分のイメージが崩れてしまうことを極端に恐れているように感じます。

「結婚できない人って思われるのは嫌!私は結婚できないんじゃなくてしてないだけ!」と。

でも、そんな風に高すぎるプライドを保とうとするのって疲れませんか?今はそうやって意地を張っていられても、今後もずっとそんな生活が続くなんて…私だったら疲れてしまいます。

もし本当に結婚したいのなら、そんな弱い自分もきちんと受け入れましょう。結婚相談所をはじめ、婚活をするのは決して恥ずかしいことではありません。むしろ自分の気持ちに素直になって行動した方が婚期が早まって、意地を張り続ける必要がなくなって楽になるはずですよ。

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事