全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

好きな相手はバツイチ。結婚を決断できないアナタの背中を押す考え方

結婚を意識している彼氏、彼女がバツイチ。だからなかなか結婚に踏み切れない。そう悩んでいる方、意外と多いのです。

たしかに、離婚歴があるお相手だと「また離婚するんじゃ?」と予期せぬ方向へ考えてしまいがち。

しかしバツイチさんと結婚したからといって、必ず離婚するというわけではありません。

「本当にいい人だし、一緒になりたい」「けれど、結婚を決断できない」

今回は、バツイチ彼女、彼氏との結婚を決断できないあなたに向けて、決断するための考え方をご紹介します。

前提:バツイチさんと結婚しても、離婚に直結するわけではない

カップルの片方がバツイチさん。または、双方に離婚歴があるというカップルは珍しくありません。

実際に婚姻状況を見ても、妻、または夫に離婚歴がある夫婦の数が増えていますし、「私の彼氏、バツイチなんだよね」なんて話も耳にします。

とはいえ、当の本人たちにとって、離婚歴がある夫婦やカップルの数が増えているという事実はなんの励ましにもなりません。

「二度あることは三度ある」ということわざのように「また離婚するかもしれない・・・」という不安を抱えているでしょう。

しかし、離婚歴の有無が、2度目の離婚に直結するわけではありません。

なぜなら初婚同士の夫婦でも離婚するケースがありますよね。

そう、全世界、すべての夫婦が必ず離婚のリスクは抱えているのです。

たしかに離婚経験はまぎれもない事実ですが、離婚歴の有無だけで、未来をシャットアウトしてしまうのは、非常にもったいないのです。

バツイチ彼女、彼氏との結婚を決断するための考え方

「もうこの人しかいない!」「結婚するなら今の恋人がいい」と思っている相手がバツイチだったら?

もしくはバツイチさん自身、そう思える相手ができて、なかなか決断できなかったら?どうすればいいのでしょうか。

私たちは本能的に危険回避能力をもっていますから、同じ過ちを起こすリスクがある環境に尻込みしてしまう性質をもっています。だからこそ、バツイチさんの再婚に対して、ネガティブな感情を抱きがちなのです。

しかし、そのままではこれ以上の将来を切り開いていくことはできません。

次にバツイチさんとの結婚を決断するための考え方を5つ紹介します。

これを読んで、大切な人との将来をあゆみはじめてみませんか?

1.相手が違えば、結果も違う

パートナー(もしくはこれを読んでいるあなた)は、たしかに一度、離婚を経験しています。

その事実を覆すことはできません。

しかし、相手が違えば結果は必ず異なります。

そして、離婚した元夫、元妻とは残念な結果になったけれど、そもそも相手が違うのだから同じ道をあゆむわけがありません。

2.大切なのは、過去でなく、今と未来。

離婚歴が気になって、結婚を決断できない。

こう思ってしまうときこそ、過去にこだわりすぎてしまっている証拠です。

以前、どんな相手とどんな結婚生活を送っていたのか?どうして離婚してしまったのか?と、過去が気になるのも無理はありません。

愛しているからこそ、嫉妬心が芽生えたり、過去を知りたくなったりするものです。

けれど、大切なのは過去ではなく、今と未来。過去ばかりに着目していると「幸せな未来」に向かって歩み出すことすらできません。

3.どんなカップルも結婚に対する不安は抱えている

「離婚歴があるから・・・」と尻込みしてしまう気持ちは仕方がありません。

けれど、どちらも離婚歴がない初婚カップルだって、結婚に対する不安は抱えています。

もちろん「離婚しないか心配」という悩みもあるはず。

ほかにも・・・

お互いの両親と仲良くできるのか?
同居をお願いされたらどうしよう・・・
子供が生まれても仲良くできるのかな?
金銭的な不安がある・・・

などなど、カップルそれぞれが結婚に対するさまざまな不安を抱えているのです。

どちらかがバツイチさんのカップルは、悩む内容が違うだけ。

離婚歴の有無に関わらず、夢だけを見ながら結婚するカップルは少ないのです。

私は結婚について悩んでいる人に、いつもこういっています。

「結婚に対する悩みは多かれ少なかれもっていた方がいいよ」と。

というのも結婚っていざしてみると、自分が思い描いていた生活ではないことがほとんどなんです。

だからこそ結婚する前にリスクや不安要素がちょっぴりある方が、結婚生活に対するギャップも感じないんですよね。

4.恋人が大切だからこそ、深く考えているだけ

また、そういう悩みが出てきてしまうのは、恋人を大切に思っている証拠でもあります。

大切にしている、愛している、好きでたまらない。だからこそ、深く考えてしまうのです。

結婚していつか離婚してしまうより、ずっと恋人のままがいいのでは?という考えが浮かぶのです。

ただし、悩む矛先を少し変えるだけで、未来につながる悩み方ができます。

たとえば、前回の離婚は何がきっかけになったのか聞いてみたり、お互いが絶対にやってほしくないことを共有したりすることで、理想的な結婚生活に近づけるのです。

5.離婚歴があるからこそ、次はうまくいく!

これも結構、一理あるんですよ。

一度離婚しているからこそ、結婚に期待しすぎないというメリットがあります。

結婚相談所で活動している男女に対して、結婚で求めていることを伺う機会があるのですが・・・

まぁびっくりするほど結婚生活に期待している方もいるんですよね。

結婚相談所にはバツイチさんもいらっしゃるのですが、いわれてみるとバツイチさんの方が結婚生活の現実を知っているから期待しすぎず、幻想を抱かず・・・という具合です。

これをいうならば、離婚歴があるからこそ、次はうまくいく考え方ができているということ。

離婚歴よりこだわるべきは、今と未来。

離婚歴があるお相手との結婚を後押しする考え方をご紹介しましたが、結婚において危惧すべき点は離婚歴ではありません。

お互いの価値観、金銭感覚はあっているのか?
将来にどんなビジョンを描いているのか?
お互いの両親とはどういう温度で関わりたいのか?
子供は?マイホームは?

などなど、これから2人で歩んでいく未来に対して、きちんと価値観を共有できていますか?

結婚後の生活で目指している方向は同じですか?

「離婚歴があるから・・・」という部分じゃなくて、もっと考えたい部分がたくさんあるのです。

離婚した事実はパートナーがいくら頑張ってもどうにもなりません。

しかし、もう過ぎ去ったこと。そこにこだわるより、今と未来に投資する方が確実に幸せへ近くことができるのです。

まとめ

「●●だから」という考え方は2人の可能性を狭めてしまいます。大切なのは、「●●だから」という先入観から脱却し、今、そしてこれから、どう生きていくか考えて、行動していくこと。

結婚は人生の中でも重要なターミナルポイントです。だからこそ慎重になってしまうもの。

けれどどんなカップルも結婚に対する不安は抱えています。

まずは幸せな結婚生活のために、どんな考え方をして、どう行動していくのか。

そういった部分に注目してみましょう。

お二人の未来が輝かしいものになるよう、心から願っています。

関連記事:【バツイチ子持ち女性は恋愛できる?新しい恋に待ち構える9つの困難とは?

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP