結婚相談所

【婚活あるある】離婚は遺伝する!?育った環境と離婚遺伝子は内面磨きで解決!

離婚は遺伝するという話をよく聞きますが、これは本当なのでしょうか?

そもそも離婚は相手あってのことですし、直接遺伝するものでもありません。

でも、両親が離婚している人が離婚してしまうという話は、都市伝説的によく聞く話でもあります。

あくまで可能性の話ですが、なんとなく気になりますよね?

今回は、離婚と遺伝の関係に注目して、あらゆる角度から離婚を検証していこうと思います。

両親が離婚している人や、相手の両親が離婚している人にとって、少しでも助けになれば幸いです。

離婚は遺伝する!?それマジ!?


はじめに言っておきますが、確かなことは誰にも分かりません!

たとえ、離婚した100人のうち99人の両親が離婚していたとしても、それは確かではないからです。

あくまで可能性、それ以上ではないのです。

でも、やっぱり気になりますね!?

イメージしやすいと思うので、身近な芸能人あたりでまずはお話をはじめてみましょうか。

親子で離婚している芸能人

ワイドショーで盛り上がるのは、悲しいことに浮気、離婚ですよね。

どんな親子が離婚してしまっているのでしょうか。

石田純一・いしだ壱成

この2人は有名なプレイボーイ一家ですね。

石田純一さんは2度離婚しており、いしだ壱成さんも2度離婚しています。

宇多田ヒカル・藤圭子

宇多田ヒカルさんは2度離婚しており、母の藤圭子さんはなんと7度も離婚。

おそるべし藤圭子さん、母が7度なら、宇多田ヒカルさんの2度はなんとか抑えた方かも。

貴乃花一家

貴乃花さんは、最近離婚しましたが、1度の離婚。

そして、父の初代貴乃花(のちの11代目二子山親方)も熟年離婚しています。

さらに兄の花田優一(元若乃花)も1度離婚しています。

父親の遺伝が、2人の子供に遺伝しているのかもしれません。

まだだけど杏・渡辺謙

ワイドショーをにぎわせたばかりの杏さん。

まだ離婚していませんし、杏さんは悪くないんですが。

一応、父親の渡辺謙さんは、2度離婚しているのです。

ぜひ、杏さんにはがんばって食い止めてもらいたいですね。

離婚遺伝子って何!?離婚は遺伝で決まるのか?


「離婚は遺伝する」という話は聞いたことがある人も多いかもしれませんが、「離婚遺伝子」についてはどうでしょうか?

今回は一歩踏み込んで、まずは離婚遺伝子についてご紹介していきます。

あまり気にせず、「そんなこともあるのかー」くらいの気持ちで聞いてくださいね。

アルギニン・バソプレシン説

最近の流行りの説はこれです。

スウェーデンのカロリンスカ研究所などによる研究で論文もしっかりと発表(WIREDの特集記事)されています。

アルギニン・バソプレシンとは、哺乳類の体内にあり体の水分を維持してくれるホルモンです。

最近ではハタネズミが一夫一妻を保つかどうかに影響していると考えられています。

この遺伝子が少ないと離婚する可能性が高くなると言われており、今もっとも流行りの離婚遺伝子です。

まだまだ基礎研究の段階ですが、人間でも簡単な研究がされています。

まだハッキリしていないにもかかわらず、ジャーナリストたちは離婚遺伝子という言葉に飛びつき、「結婚する前に夫の遺伝子を調べよう」と提案しているほどです。

(ちなみにこの遺伝子は、男性に影響があるとされています。)

海外では離婚は社会問題の1つと考えられているので、この他にもいろいろな研究が進んでいます。

代表的なのを2つほどご紹介します。

テステステロン説

テステステロン説は、暴力に関係しています。

テステステロンは、男性ホルモンの1つで、このホルモンが多いと攻撃的になり暴力に発展する可能性があるということになります。

また、テステステロンは女性にもあるため、性格のキツイ女性はこのホルモンが多いこともあるので、それが原因で喧嘩が耐えなくなり、離婚につながるという考え方もあります。

また、暴力にかぎらず、最近流行りのモラハラなどもこのホルモンの影響があるかもしれません。

エンドルフィン説

エンドルフィン説は、がまん強さの欠如です。

「エンドルフィン」はがまんするために必要なホルモンで、この分泌が少ないことで離婚のストレスに耐えられなくなってしまうという説です。

まー、なんとなく納得しちゃう感じですけど、がまん強いかどうかだけじゃなく、捨てられるパターンも離婚にはあるので何とも言えないですね。

遺伝子なんて気にしちゃダメ!影響あるのは50%くらい!?

遺伝子による影響はとりあえず、気にしないようにしましょう!

もしも、影響があったとしても、最大で50%くらいまでしか影響がないと言われています。

遺伝子よりも、生まれてからの環境要因がもっとも関係しているとも言われています。

そのため、理論上、生活してきた家庭が温かい家庭であったり、本人が正しく生きてきていれば、離婚遺伝子をもっていても何も問題はありません!

「育った環境」、つまり、家族・両親がかなり影響するのは間違いありません。

離婚はなぜ遺伝するのか!?


親から遺伝子は受け継ぐので、当然上記で紹介した離婚遺伝子も同じような配列になっています。

でも、離婚遺伝子が重要なのではなく、その他のあらゆる遺伝子も同じ配列であることも重要なポイントです。

最も気になるポイントは、「性格」が遺伝していることです。

もしも、離婚の原因を作った方の親(もしかしたら両方かも)と性格が似ているのであれば、少し気にした方がいいかもしれません。

もう1つ大事なのが、「育った環境」ですね。

これにより「性格」をより一層離婚しやすい方向に導いてしまいますし、思考回路も離婚を選んでしまう方向性になりがちです。

なので、まず大事なのは

「性格」と「育った環境」

果たして、「性格」と「育った環境」はどのように離婚に影響しているのでしょうか?

代表的な例をご紹介します。

離婚を体験してしまっているから

これが全てと言ってもいいくらい大事なポイントです。

結局のところ、離婚を経験してしまっているんですよね。

めちゃくちゃ小さい時に両親が離婚していてもこれは一緒です。

シングルで育てられ、たまに片方の親に会ったりするというリズムを繰り返す。

これって確実に離婚というものが生活に染みついてしまっていますよね。

こうなると、

<負の流れ>

・結婚に期待できない
・離婚することが普通に思える
・結婚自体にマイナスなイメージを抱く

という感じになってしまいます。

これが離婚しやすい傾向を作ってしまうのです。

また、両親の離婚が小さい頃ではなく、ある程度成長してからだとなおさらキツくなります

暴力などの特別な理由がないかぎり、子供は両親のことを愛しています。

それなのにある日から一人いなくなるわけです。

こんなことがあれば、先ほどの「負の流れ」を確実に助長してしまいますよね。

まさに最悪な「育った環境」というわけです。

そもそも関係修復が下手

もしも、両親が離婚するまでの間に頻繁に喧嘩があったとしたら。

これも確実に影響します。

当たり前のように喧嘩ばかりしている両親をみていると、それを修復するという流れを学習しません。

そのため、結婚して何か問題が起きるとそのまま放置したり、嫌になったら離婚を切り出してしまうのです。

これも「育った環境」の1つです。

親族に相談しても意味なし

結婚後の悩みを両親に相談しても意味がありません!

なぜなら両親は離婚してしまっているので、アドバイスにも現実味がないのです。

もしかしたら、離婚をススメてくる可能性すらあります。

離婚につながる資質を受け継いでいる

先ほど紹介したような「離婚遺伝子」にかぎらず、離婚の原因になってしまうものはあります。

それが行動と趣味ですね。

以下のような問題は、遺伝した性格から当然のごとく引き継いでしまいます。

・暴力
・モラハラ
・浪費癖
・ギャンブル
・アルコールなど

離婚原因はいろいろなものがあるので、自分にも心配なものがある人は今のうちから注意しておきましょう。

対策方法はあるの?遺伝を防ぐ方法はない!?


ぶっちゃけると、対策方法はありませんね(ズバリ!)

言うまでもなく、遺伝を止めることはできません!

子供は生まれてくる親を選ぶこともできません!

そして、今このサイトを見てくれている人もある程度の年齢まで成長してしまっています。

もう「性格」と「育った環境」をイジることはできません。

じゃあ、どうするか?

簡単です。

内面を磨くだけです。

遺伝のせいにしちゃダメ!ダメなところは直せばいい!

そもそも、「遺伝=離婚」なわけじゃありません。

遺伝によって、暴力性や我慢の欠如などが受け継がれているだけなのです。

だったら、その性格を変えていくしかないんです。

逆に言えば、内面を磨けば、両親が離婚していても関係ないということです!

相手選びも大事!

自分に合った相手を選ぶのも大事です。

当然、その場合の結婚の決め手は「価値観が一緒」、「一緒にいて落ち着く」といったことが挙げられます。

見た目でビビっときた相手を選んでしまうと、お互いの相性が良いとはかぎらないので喧嘩や問題が絶えなくなる可能性も。

結婚の決め手には、自分との相性を優先しましょう。

まとめ


子供は両親を選べません!

離婚は子供には責任はありません!

でも、離婚遺伝子、離婚に至った性格や環境は、確実に受け継いでしまいます。

だからといって、離婚してしまうとはかぎりません!

自分の未来に自信がもてなくなっても、離婚が怖くても、結婚したいのであれば、婚活にチャレンジするべきです。

そのためにはここで紹介した対策を練って、日頃から自分の内面を改善していくようにしましょう。

内面を磨くことは婚活にかぎらず、人生をより良いものにしてくれるはずです。

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP