まずは相談会に参加し、自分と合う雰囲気やスタッフさんを選んで決めると良いと思います。

若い内に結婚したいという願望と、結婚相談所という場所への興味から相談会に参加してみたところ、予想以上にスタッフの方が懇切丁寧に対応してくださり、費用の心配もありましたが中途退会の場合は返金もあるとのことでしたので、入会を決意。

当時の職場には男性社員しかおらず、まだ若いからと油断しているとあっという間に年月が過ぎてしまうのではないかという不安から、真面目に婚活に挑むべく相談所を活用してみることにしました。

データを見ると男性の4人に1人、女性の5人に1人が未婚のまま生涯を終えるというのが日本の現状らしいです。

仕事に没頭し、一人の趣味に興じるのも良いですが、やはり結婚して子供を持つことに憧れがあったため、緊張や不安を抑え、意を決して●●に入会。

予想外にスタッフはフレンドリーかつ親身な方が多く、楽しい婚活生活を送ることが出来ました。

登録者数はかなり多くて驚きましたし、若くて綺麗な女性もたくさんいて、こんな人が利用しているとは意外だという印象もありました。

私自身は大雑把でガサツな性格なので、年上で包容力のある女性が好みであるとスタッフの方に伝え、そこから様々な条件などを設定しました。

自分の好みや理想の女性像というのはなかなか口頭で説明したり、文字に起こしたりするのは難しく、スタートラインから頭を悩ませる場面も多かったです(笑)

抽象的なイメージや漠然とした理想ばかりで、いざ婚活となっても結局若いからまだ焦らなくてもと甘い考えが根付いている事を痛感しました。

私は婚活の期間を定めていなかったのですが、スタッフの方から「焦る必要は無いけれど、期間をしっかり定め、絶対に結婚相手を見つけるんだという気持ちでやらないと上手くいかない」と厳しい意見も頂き、しっかり自分の求めているものを明確にして、期限も定めて結婚相手を探すことに。

20代前半ということもあり、経済力や安定性を求める女性が多いのか、最初はなかなかマッチングせずに苦戦続きでしたが、1カ月過ぎた辺りからは数名の方とマッチングさせて頂き、お見合いすることが出来ました。

やはりほぼ初対面の方なので、アガリ症の私は打ち解けるまでなかなか時間がかかりましたが、話せるようになってからは、普通のお付き合いではなかなか聞くことの出来ない結婚観や恋愛観、子供についての考えなどをお互いに話すことができ、恋愛的な意味だけで無く、非常に楽しく興味のある話をすることが出来ました。

お見合いさせていただいた女性とは仲良くはなるも、残念ながら交際までは至らず結局相談所に通い始めてから、2カ月ほどで知人の紹介で知り合った女性と意気投合、電撃結婚となりました(笑)

スタッフの方にも祝福していただき、結婚相談所での婚活は様々な意味で良い経験となりました。

今では妻とも笑い話にしています。

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事