愛知県の結婚相談所・30歳女性の体験談

アドバイザーの方から「この人はどうですか?」と紹介された人でも「絶対にいい!」とは限らない

結婚相談所 体験談
【結婚相談所名】××××
【結婚相談所の点数】★★
【自分の婚活の点数】★★★
【都道府県】愛知県 【年齢】30歳 【職業】会社員
【活動期間】平成27年3月~平成26年10月
【結婚相談所をどうやって知りましたか?】
ウエブ検索
【無料カウンセリング時の印象】
アドバイザーの方が親切だったので、ここなら誰か良い人がいるのでは?と感じました。
【入会を決めた理由】
他の相談所に比べて全体的に値段があまり高くなかったため、こちらに入会することにしました。
【退会した理由】
相談所以外の場で出会いがあったため退会しました。
【これから婚活をする人へのアドバイス】
アドバイザーの方から「この人はどうですか?」と紹介された人でも、確実に良い人とは限りません。あくまで条件から入るのが結婚相談所なので、仮に「合いそうな人がいるよ」と紹介された場合でも、相手がどういった人なのかは自分の目で見た冷静に判断したほうがいいと思います。
【体験談】

私は希望条件を「年収が500万円以上、年齢は35歳まで」として、●●で婚活をしていました。

細かい条件を出してしまったら相手が見つからないと思ったため、この2点だけにしていました。

そして、私を気に入ってくれた人を紹介してもらえ、とんとん拍子に彼と会う日が決まりました。

彼は、年齢が32歳で年収は600万円、容姿も別に悪くない普通の男性です。

当日、彼と実際にお会いしてみた最初の印象は、「爽やかで温厚そうな人」でした。

私は優しい男性が好きだったので、彼に良い印象を抱きました。

1回目のデートはとても素敵なレストランに連れて行ってもらい、楽しい時間を過ごして、距離がぐっと縮まったように感じていました。

ですが、2回目のデートから割り勘を要求されるようになったのです。

それもしっかりと1円単位での割り勘です。

私は給料日前だからお金に困っているのかな?と思い、ご飯を食べた後に映画館へ行ったときは「お金が厳しいなら私がおごるよ」と彼に伝えたところ、「別にお金がないわけじゃないよ。結婚するまでは、どんな女性とでも割り勘にしようと思ってるんだ」との答え。

もちろん、男性がすべて払うのが当たり前とは私も思っていませんが、1円単位で細かく要求されるとさすがに引いてしまいます。

私が「これからずっと割り勘なの?」と聞いたら、彼は「結婚するまではそうするつもり」と言っていました。

なんとその男性はすごくケチな人だったのです。

車も普通の車に乗っていると思ったら、実はレンタカーだったそうです。

車を持っているのかと聞いたら「職場は家から電車に乗ってすぐだし、交通の便がいいところに住んでいるから持っていない」と答えたのです。

東京の都心なら別ですが、名古屋市内で少し郊外のほうなのに、車なしはありえないなと思いました。

「今後は車を持つ気はないの?」と聞いたら「ないよ、お金がもったいないから」とのこと。

「じゃあ、デートのときは毎回レンタカーなの?」と聞いたら「今はレンタカーだけど、頻繁に会うようになったら電車で移動するつもり」と言ってきたのです。

彼は、どんなにお金があってもムダ使いはしたくない・嫌いだというのです。

結婚したら生活費で取られてしまうから、今のうちにたくさん貯金しておくのだと言っていました。

それを聞いた途端、私の心はスーッと冷めていきました。

なんだかすごくセコそうに感じてしまったのです。

1円単位で割り勘を要求する彼に対して、後々面倒なことになりそうな気がしたので、彼とはもう会わないようにしようと決めました。

そして、私はさっそく次の日に、結婚相談所の人に「お断り」の旨を伝え、彼とのお付き合いが終わりました。

しかし、彼からメールが入り、そこには「僕の何が気に入らないか分からないけど、君にお金を使う前でよかったよ。無駄なお金は使いたくないからね。さようなら」と書かれていたのです。

改めて「こんな男性と結婚しなくてよかったな」と思い、同時に、年収が高い人でもセコい人もいるのだということを実感しました。

どんなに年収が良くても、他人に一切お金を使いたくないという人がいるので、そういう人はやめたほうが正解だな、と思った出来事でした。

愛知県の結婚相談所の全てが分かるサイトはこちら