風俗・キャバ好きの男性との付き合い方と対処法|結婚はアリ・なし?

結婚相談所
結婚相談所

某結婚相談所・新米スタッフのごっちんです。

最近、結婚相談所の利用者さんからこんな相談をいただきました。

「相談所を介して出会った人が、仕事のつきあいでよくキャバクラに行くらしいんです。結婚したらやめてくれると思いますか?」

結婚してキャバクラ通いをやめられるかは人それぞれですが、それ、本当に仕事のつきあいなんですかね?

「キャバ嬢も仕事だし、遊びの範囲で行くなら問題ない」って考える女性もいます。

でも、キャバ嬢も人間。
男女の関係で、100%安心できませんよね。

そこで、夜遊び好きの相手とどう付き合えばいいか、元ホステスのごっちんが、リアルな本音をお話します。

風俗やキャバクラに行く男性の心理とは?

風俗キャバ通い心理
女性が男性に「なんで夜のお店に行くの?」と聞くと、たいてい「仕事の付き合いで」という答えが返ってきます。

実際、体育会系で男子校ノリの職場では、先輩に連れられて風俗に行ったり、接待の延長でキャバクラに行ったり……なんてのもよくあること。

女性にはあまり理解できない「友達と一緒だから飲み屋・風俗に行く」ってことも、普通みたいです。

でも、「先輩に誘われたら断れない」って、本当にそうでしょうか?

中には、「風俗もキャバクラも好きじゃないから絶対に行かない」という男性もいます。

「20代の頃はよく遊びに行ってたけれど、もういいかな」という男性もいます。

また「彼女がいないときだけ限定!」なんて声も。

あなたのお相手は、どれぐらいの頻度で夜のお店に行っていますか?

断り切れないほどの誘いって、そんなに毎月毎週あるものではありません。

いくら口では「付き合い」といっていても、けっこうな頻度で遊びに行く理由は、彼自身が夜のお店が好きだからです。

夜の仕事の女性、風俗をしている女性は『客』に本気にならないって、ほんと?

夜の仕事の女性

「夜のお店の女性は、仕事と割り切ってるから浮気より安全」という人がいますが、本当でしょうか。

実際に夜の店で働いていた私からいわせてもらうと、「半分正解で、半分はそうでもない」という感じです。

もちろん、「仕事だからお客さんと恋愛しない」と決めてる子もいるし、「キャバに行く男性は好きじゃないから」と恋愛対象にしない子もいます。

でも、やっぱ人間ですから、相手がタイプだったら話は別なんですよね(笑)

やっかいなことに、中には不倫好きな女の子もいます。

本気かというと微妙なんですけど、クセみたいに不倫をくり返す子はいました。

逆に、仕事と割り切って枕営業する子もいるので、「キャバクラは話をするだけ」と油断はできません。

風俗をしている女性も、半分・半分という感じですね。

つぎの話しは、実際にごっちんの友人が経験したことなのですが…。

「親のために借金を返しているから」と風俗で働いている女性と、友人の夫が不倫関係に至ったのです。

その妻である友人、その夫、不倫相手である風俗嬢が3人で話し合いをした結果、不倫関係は解消されましたが、夫いわく「あの子は精神的に不安定で……別れるといったら死んでやる!と言われて怖かった」とのこと。

うーん。難しいですね。

風俗もキャバ・ホステスも立派なお仕事ですから、私たちがびっくりするようなプロ意識をもっている人もいます。

なので、「こういう仕事がダメ!」とは思わないんですよ。

ただ、そういう遊びとの付き合い方が下手くそな男性もいらっしゃいますし、仕事でやっている女性の中にも、クセのある子がいますからね……。

結婚したらキャバ・風俗通いをやめられるのか問題

注意

風俗やキャバクラ通いを、結婚したらやめられるかどうかは、人によります。

あなたと交際しているのに、まだ夜のお店に行っているようなら、結婚後も通い続ける可能性は高いでしょう。

残念ながら、夜遊び好き・女の子好きの男性って、結婚したからって急にやめられるわけではないんですよね。

結婚当初は我慢できても、何かのきっかけで復活する可能性は十分にあります。

夜遊び・女遊び好きの男性を見分ける方法とは?

夜遊び・女遊び好きの男性を見分ける方法

結婚相談所で出会って間もない相手が夜遊び好きかを判断するのは、けっこう難しいです。

自分からカミングアウトする男性は、なかなかいませんからね。

ストレートに聞きづらい場合は、軽く探りを入れてみましょう。
簡単なのは、仕事に絡めて聞く方法です。

相手の職業と同じ業界の人間が知り合いにいるという設定で、「付き合いで夜のお店に行くことがあるって聞いたんだけど、本当?」と無邪気に聞いてみましょう。

ここ、重すぎてはいけません。

あくまで興味本位という感じで、無邪気に聞いてみてください。

その時、「行くけど、付き合いで……」とか「女の子も仕事だから何もないよ」とか、妙に言い訳がましかったら、(コイツ、けっこう好きだな)と思っていいかもしれません。

また、結婚相談所で活動中で仮交際&本交際期間なら、仲介人を通して聞く方がカドが立たないですね。
私たちの仕事はそういう仕事ですから(笑)

反対に、「行かない」「好きじゃない」と答えた場合は、その理由も聞いてみましょう。

本当に夜のお店が好きじゃない人って、割と理由がはっきりしていて、即答できるんですよね。

「知らない女の子と話しても楽しくない」とか「お金がもったいない。友達と飲んでるほうがいい」とか。

相手の反応を見るために、ここはLINE等じゃなくて面と向かって聞いてみてください。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の後悔」ですよ。

まとめ.自分の意見を伝える力も結婚に必要

結婚相談所

結婚相談所や合コンで出会って、「好きかも!」と思ったお相手男性が、どうやら夜のお店に行ってるらしい。

そんなとき、あなたはどうしますか?
「行かないで」って、言えますか?

風俗などに行ってほしくないなら、お付き合いの段階からちゃんと「行かないで!」って伝えましょう。

交際中ですら我慢ができないなら、結婚してから一生我慢できるはずがありません。

大事なのは、相手が浮気するかどうかより、あなたが「嫌だ」と言ってることに対して、変わる気があるのかどうか。

キャバ通い、風俗通いが『ぜったいに悪い!』のではなく、その問題や自分の気持ちをパートナーに伝えられる力も結婚生活の中で大切になるのです。

「付き合いのキャバクラぐらい平気。今までの彼氏も行ってたし」と思っているあなたも、ちょっと考えてみましょう。

例えば、結婚して、妊娠して、つわりで苦しい時。

子育てが大変で、夜もよく眠れない時期。

会社の付き合いであっても、夜の店に行って帰ってこない相手を、受け入れることができますか?

ちなみに私の超個人見解ですが、産前産後の恨みは一生です。

根に持った恨みがどんどん膨らんで、爆発することだってあります(っていうかありました)。

結婚しても風俗通いをやめない旦那さんに、よく話を聞いてみると、子どもができてからのセックスレスが原因だったパターンも。

奥さんが妊娠してエッチできない期間に風俗に行き、そのまま通い続けるケースもよく聞きます。

もし、そういう状況を少しでも無理と感じるなら、決して我慢しないでください。

探せば、夜のお店に絶対行かない男性はいるからです。

そして、キャバや風俗が大好きでも、愛すべき人のために通うのをやめたという男性もいるからです。

この先一生の幸せがかかっているのですから、「たかが遊び」と思わず、真剣に考えてみてくださいね。

▼結婚相談所とセックスのことについては、こちらの記事で!

結婚相談所のカウンセラー『Q&A』

結婚相談所Q&A

プロフィールを見たら条件は悪くないけれど会ってみたいと思わないんですが、どうしたらいいですか?

結婚相談所Q&A
条件が悪くないと思うなら、是非会いましょう。 最初から「この人だ!」とピンとくることはありません...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「プロフィールを見たら条件は悪くないけれど会ってみたいと思わないんですが、どうしたらいいですか?」

結婚相談所Q&A

条件が悪くないと思うなら、是非会いましょう。
最初から「この人だ!」とピンとくることはありません。
お断わりはいつでもできますが、せっかく申し込み頂いてご縁ができたのに、相手に対して何にも感じないからお断わりではもったいないです。
会って見たら話が合ったり、プロフィールのイメージより実物の方が良かったという事もあります。
結婚相談所Q&A

「マッチングアプリ」と「結婚相談所」って何が違うのですか?

結婚相談所Q&A
コロナ禍になってからは、気軽に始められる、マッチングアプリが流行っていますね。 大きく違ってくるところは、安心感です。 マッチングアプリは、ご本人同士ですぐに連絡がとれて...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「マッチングアプリ」と「結婚相談所」って何が違うのですか?

結婚相談所Q&A

コロナ禍になってからは、気軽に始められる、マッチングアプリが流行っていますね。
大きく違ってくるところは、安心感です。
マッチングアプリは、ご本人同士ですぐに連絡がとれてやり易く感じますが、よく分からない相手と連絡をとるわけなので、不安の気持ちのほうが大きいように思います。
お互いが気に入れば問題はないのですが、会ってはみたものの合わないなと感じた時に、「何て伝えたらいいんだろう??」と困っている方もいらっしゃるはずです。
その点は、結婚相談所は間に仲人がいますので、変わりに断ってくれます。
気になる事も遠慮なく聞けますし、サポートもあります。
結婚前提とした真剣交際ができます。
結婚を考えていらっしゃる方は、結婚相談所へのご入会をお勧めします。
安心して活動ができます。
結婚相談所Q&A

皆さん、合計どのくらいのお見合いをされていますか?

結婚相談所Q&A
個人差もございますが、目標としては半年以内で5人以内を推奨しております。お会いしてみなくてはわからないと...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「皆さん、合計どのくらいのお見合いをされていますか?」

結婚相談所Q&A

個人差もございますが、目標としては半年以内で5人以内を推奨しております。
お会いしてみなくてはわからないと、どんどんお会いすることを勧められ、仕事と婚活の両立が予想以上に厳しく、心身ともに疲弊したという話もよく伺います。
婚活で仕事や健康状態に悪影響を及ばさない範囲で、適切に健全に婚活するためにも、週末2、3人の方とお会いし月10人近くもお会いするのは
メンタル的にも、金銭的にも負担は大きいと考えております。

また、多数の方とお見合いをしている方、仮交際の人数が多い方は、一人一人との向き合い方の真剣度が下がる傾向があり
お相手にも(並行していることを)伝わってしまう可能性が高く、結果成婚に至りづらいためお見合い人数が多くなりやすいです。

効率的に成婚退会となるためにも、できるだけ無駄なお見合いはせずに、5人以内でご成婚退会となることを推奨しております。

浮気しない男性のメチャクチャ簡単な見極め方

結婚相談所浮気しない男性

どんな女性でもさ、浮気男とは付き合いたくないよな?

そう思ってるのに、

「浮気する男は嫌いやのに、また浮気された・・・」
「いっつも浮気されるのは自分が悪いんやろか・・・」
「私はいつも本命じゃない・・・」

と悩める女性のために、今回は【浮気男の簡単な見極め方】について話す。

ハッキリ言う!

男はみんな浮気するんでしょ!

てなことを言う人もおるけど、

そんなことはあらへん!
と、男を代表して宣言する

世の中には、メッチャモテるのに一生浮気しない男もおる。・・・

元彼に復讐したい人へ!最高の仕返しはコレ

結婚相談所 元彼に復讐

どれだけ好きやった彼氏でも、嫌な恋の終わり方をすると、愛情が憎しみに変わっていくことがある。

心の中でず~っとモヤモヤしてしまうことがあるやんな?

時間が経つほどにモヤモヤどころか、フツフツと怒りの炎が暴れ出てくる。

浮気されたとか、突然フラれたとか、、、

そんな元彼のことを考えていると、

「もう~ゆるせない!」を通り越して、

「復讐したい!」「もう消えてほしい!」

「いや、消したろか!」

って思わへんかな?

ヨリを戻したいとかそういうわけちゃうねんけど、心底大っ嫌いなのに、

許されへん元彼のことで頭がいっぱいになることすら悔しくなってまう・・・

後悔するぞ!こんな女性と結婚してはいけない5つの特徴

こんな女性と結婚してはいけない特徴を5つ言います。

男性はこういう女性に気を付けて、女性はこういう特徴を持たないようにしような。

1番、ダメ男製造オンナ

世話好き過ぎてなんでもかんでも彼氏にやってあげてしまう女性のことをこう呼ぶ。

その女性が彼氏をどんどんダメ男に仕立ててしまうねん。

母性本能が強過ぎて、尽くし過ぎるという特徴でもある。

母性本能は悪いことじゃないけれども、自己肯定感の低い女性っていうのはダメ男製造女になりやすい。

男性に尽くしていることこそで自分が認められている、幸せだと感じるんやな・・・

男からコンスタントにアプローチされる女性になる方法

モテ女性っている。

なんであの子があんなにモテるんだろう?

美人じゃないのに別れてもすぐに彼氏ができるって子がいる。

一方・・・・

性格もイイ、容姿も良い、一緒にいて楽しいし、いつも「恋愛がしたい!」と言っているのに、なかなか彼氏ができない女性もいる。

その「モテ女性」と「モテない女性」の差はどこにあるのだろう?

今回は「モテ女性」になるために、「男からコンスタントにアプローチされる女性」になるために、

これをやっていけば100%今よりモテる女性になる方法を紹介する。

★女性の大きな勘違いと誤解

女性は大きな誤解をしているんだ

それは・・・

結婚相談所の探し方ガイドブック

結婚相談所のことを、分かりやすく76ページの冊子にまとめました。
どんな相談所に入会すればイイ婚活ができるのかが、ハッキリと分かります。
なぜ結婚相談所に入会後に後悔する人が多いのか? それは事前にしっかりと調べていないから!
電子書籍版(全76ページ冊子) 0円
※すぐにお読み頂けます

結婚相談所の登録人数を調べよう!

メールも電話も必要なし!
あなたの近くに何人の会員がいるか、気軽に調べてみて下さい。

Twitter