大阪・京都の結婚相談所

【シンママの未来】子供も納得できる「お母さん再婚したい」の伝え方とは?

再婚する時に子供に伝えなくてはならない「お母さん再婚したい」の想い。

これを伝えられなければ子供は親の再婚を納得・応援してくれませんし、再婚後の子供と新しい父親の円満な生活もありえないでしょう。

今回はそんなお母さんの想いをなぜ子供に伝えなくてはならないのか、子供にどう伝えるべきなのかを考えていきたいと思います。

再婚を検討していて、子供とのコミュニケーションのとり方に不安のある方はぜひご覧ください。

子供にとっては変化の連続!再婚の意思を伝えれば準備と覚悟ができる

子供の生活は親の生活に大きく左右されます。

親が再婚するならば子供の生活スタイルや住む場所、通う学校も変わる可能性があります。

当然、子供にとっての人間関係も様変わりしますから多かれ少なかれストレスが生じます。

もし離婚や再婚を検討しているのであれば子供にあらかじめ伝えましょう。

子供だってひとりの人間です。

短い人生の間にも自分が生きる世界を理解し、そこで人間関係を作ってきたのです。

変化があることをあらかじめ伝えおけば、子供にも準備と覚悟ができます。

離婚する時も再婚する時も、もしかすると大変なのは親よりも子供かもしれません。できる限りの配慮をしましょう。

子供も納得できる母親の再婚願望を伝える方法

再婚 子供

それでは実際にどのような伝え方をすれば、子供に再婚を納得・応援してもらえるのか実際に考えていきましょう。

再婚について子供にも意見を求める、親だけで決めない

再婚をするのは親です。当たり前ですが子供ではありません。

しかし、再婚によって変化を余儀なくされるのは子供です。

親自身が再婚をすることを決めてはいても、必ず子供にも意見を求めるようにしてください。

『お母さん、新しいお父さんと結婚したいと思うんだけど、〇〇(子供の名前)はどう思う?』、『新しいお父さんができるとしたら嬉しい?それとも嫌?』

と…。

その問いかけに対して子供がどんな返事をしたとしても、まずは一度優しく受け止めてあげてください。

再婚に賛成してくれるのなら様子を見て相手に会ってもらったり、再婚に反対するのなら一度様子見をしてみたりすることも大事です。

『小さな子供だからきっとわからない』、『自分のお母さんの話なんだから絶対に共感してくれる』と考えるのは親のエゴでしょう……。

子供をひとりと考えた上で相談してみてください。

子供の精神状態を見極める、伝えるタイミングに配慮する

子供に再婚したいという想いを伝える時は、必ず子供の精神状態を見極めるようにしてください。

  • 離婚後生活がバタバタしている時
  • 新しい環境に順応しきれていない時
  • 反抗期・思春期などで子供が不安定な時

このようなタイミングで話をするのはおすすめできません。

焦ることなく子供と落ち着いて話ができる時を見極めましょう。

親の動揺は子供にも伝わりますから、お母さん自身が再婚に対しての意志が固まっていることも大切です。

また、再婚を希望する相手との交際状況が芳しくない状態で伝えるのもおすすめできません。

お母さん、新しいお父さん、子供の三者の関係が良好なタイミングを見つけましょう。

子供だって考える!再婚したい理由をきちんと説明しよう

『再婚したい』と伝える時にはその理由を説明することも必要です。再婚する理由にはきっと様々なものがあります。

お母さん自身に支えが必要だということ、子供の教育にお父さんの存在が重要だということ、金銭的な理由もあるでしょう。

理由は何でもかまいません。十人十色ですから。

子供も子供なりの親の話に耳を傾けてくれます。

なぜお母さんは再婚がしたいのか、再婚すると自分にどんなことが起きるのか…。しっかりと考えてくれます。

すでにお話してきた内容とも話はかぶりますが、子供をひとりの人間として捉えてください。そして再婚への想いを一緒に高めていきましょう。

よく読まれる関連記事⇒【子連れ再婚】子供目線で考える『いい再婚相手』の条件とは?

いきなり紹介は危険、ワンクッション置こう

『この人があなたの新しいお父さんだよ』、『この人がお母さんの彼氏だよ』といきなり紹介するのはかなり危険です。

子供は新しいお父さんや彼氏という概念自体が理解できず、パニックを起こしてしまうかもしれません。

結果的に子供とお父さんの関係構築は上手くいかず、再婚やお付き合いがなかったことになる危険もあります。

子供と新しいお父さんを会わせる時は、お母さんが事前に説明をする必要があります。前項でもご紹介したように再婚する理由を説明し、新しいお父さんや彼氏という概念についても教えてあげる必要があります。

実際に会う時もまずは子供と一緒に何気なく遊んでもらい、警戒感を和らげるようにしましょう。

『今の再婚は無理!』急いでないのなら子供の成長を待とう

将来的に再婚を視野に入れていても、今すぐの再婚を考えていないお母さんもいることでしょう。

そういった場合は子供の成長をじっくりと待ちましょう。子供は成長するに連れて親の再婚について考えられるようになります。

新しいお父さんができる自分へのメリット、軽減されるお母さんの苦労についても考えられるのではないでしょうか。

離婚後に生活が激変するのは親も子供も同じです。

すぐに再婚を目指す必要はありませんし、時間を置くことでより親にとっても子供にとっても素敵な再婚ができるかもしれません。

焦らずにゆっくりと考えていきましょう。

まとめ

子供にとって親の再婚とは、否応なく変化に巻き込まれることを意味します。

自分の生活環境は激変し、自分が築いていく学校での人間関係や新しいお父さんとの暮らしにストレスを感じることがあります。

お母さんは子供の気持ちに寄り添いながら、できる限り話をするようにしましょう。再婚について意見を求めること、子供の精神状態を考えながら理由を説明してあげること、段階を踏みながら新しいお父さんを紹介することが大切です。

再婚に焦りは禁物です。

じっくりと子供と一緒に準備を行い、親も子供も納得できる再婚を目指していきましょう。

参考:バツイチ子持ち女性は恋愛できる?新しい恋に待ち構える9つの困難とは?

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP