全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

シングルファザーとシングルマザーの再婚、男性側が注意すべきこととは?

離婚をしてすぐは無理だとしても、ある程度時間が経つと考えるようになるのが再婚です。

とくに離婚経験がある子持ちの方のなかでは、「子持ちであるならばお互いに離婚経験がある方が結婚を決断しやすい」という声もあります。

しかし、離婚歴があるもの同士の再婚であっても、円満な結婚生活を築くことができなければ元も子もありませんよね。

今回はそんなシングルファザーとシングルマザーの再婚において、男性側が注意したいことをご紹介します。

子連れ再婚同士で、男性側が気をつけるべき点はどんな部分にあるのでしょうか?

再婚同士の結婚はレアじゃない?厚生労働省のデータより

厚生労働省の平成27年度のデータによると、結婚した夫妻のうち「夫妻とも再婚」両方が再婚の割合は全体の9.7%となっています。

※「夫妻とも初婚」の割合は73.2%、「夫初婚 妻再婚」の割合は7.1%、「夫再婚 妻初婚」の割合は10.0%

この9.7%という数字は平成7年度には6.5%であり、増加傾向にあることがわかります。

つまり再婚同士の結婚はレアケースではなく、周囲で10組の夫妻を見渡せばそのうちの1組は再婚同士ということになります。

ですから、再婚同士であることに対して引け目を感じる必要は全くありません。大切なのはその夫妻本人たちの関係性ですね。

シングル同士の再婚で男性が注意すべきこと

シングル同士の再婚では男性性(男性らしさ)と女性性(女性らしさ)と上手く付き合いながら、新しい結婚生活を築いていく必要があります。

多様化する社会のなかで、男性らしさも女性らしさも分別する必要はないのですが……自分のなかで思い描いている”らしさ”を考えながらみてきましょう。

脱前妻!2人だけの結婚生活を新しくつくっていく

結婚生活において「相手にしてほしいこと」というのは男性と女性双方にあることと思います。

それは
「一定金額以上の収入を得てほしい」「家事と育児を分担してほしい」といった大きなくくりのものから

「食事の買い物は一緒にいってほしい」「日曜日は一緒にいる時間を必ずつくる」「冷房の設定温度は下げ過ぎない」など生活における小さなものまでたくさんあります。

再婚して新しい生活を送る際は、こうしたルール・習慣づくりを一からやり直す必要があるでしょう。

前の結婚生活、つまり前妻との間で決められていたルール・習慣は一度忘れてください。

相手が求めることに不満があったとしても、「俺は今までこうやってきたのにダメなのか?」といった言い方はしないようにしましょう。

その”今まで”には、「前妻ならこうしてくれた」という皮肉が見え隠れするからです。

これを再婚する女性が快く思うはずがありません。

再婚したのなら新しい生活を一から構築していくことが大前提です。女性側と相談しながら決めていくようにしましょう。

再婚相手となる妻にとって、前妻と比較されることは気持ちいいものではありません。むしろ不快に思うでしょう。

結婚したことがあるからこそ、前回の結婚生活での『当たり前』を押し付けてしまう可能性だってあるのです。

家庭内での当たり前とか。妻の役目だとか、夫の役目だとかは、非常に不確かなもので、定義はありません。

新しいパートナーとなる再婚相手の価値観と照らし合わせながら、新しい家族の役割分担を作っていきましょう。

子育てと家事をしてもらうことを目的にしない

女性側に子育てや家事をしてもらえることに期待して再婚を考えているのなら、その再婚は考え直した方が良いでしょう。

相手に何かをしてもらうためといった自分本位の考えでは、再婚しても円満な結婚生活を送ることは難しいと思います。

女性だけが子育てや家事をする時代はすでに終わりました。

フルタイムで働く男性であっても、子育てや家事は平等に取り組む姿勢が尊ばれます。

もっとも、フルタイムで働く男性にとって、100%の力を家事と子育てに注ぎ込むことは難しいでしょう。

女性の方が家にいる時間が長いのであれば、そのほとんどを任せたくなる気持ちもわからないでもありません。

しかし、分担はできるはずです。

「自分は外で働いて、きみは家にいるのだから…」とたかをくくるのではなく、自分にできることを率先して実践していきましょう。

またこの時、”してあげている感”を出さないことも重要です。やって当然くらいのスタンスでいましょう。

女性側も一度離婚を経験しているからこそ、「わざわざ結婚する理由」を見つけるのが難しくなっています。「俺は外で働くから、家のことはすべて任せた」こんなスタンスでは、家族になる必要性を感じることができません。

どちらが主となって、働く、家事をする、育児をするにしても、それはただの役割分担です。

家族のものごとに対して、お互いがお互いに主体性をもって取り組んでいけるモチベーションを持っておくほうがいいでしょう。

自分の子どもと相手の子どもの距離感に配慮する

お互いに子連れである場合、親と子どもの関係性はもちろんのこと、子ども同士の関係にも注意しなくてはなりません。

そこに不公平さがあれば親同士の関係が良好でも、生活を続けるに連れてどこかで問題が生じます。

子どもがいる身であれば想像はつくかと思いますが、子どもが幸せでいられない結婚生活が幸せなはずがありませんよね……。

自分の子どもも相手の子どもも良い関係が築けるよう、その距離感には十分配慮しましょう。

「子どもなのだから放っておけば仲良くなる」というのは少々身勝手です。

とくに連れ子という境遇は子どもにとって極めてイレギュラーなもの。赤の他人だった人がお母さんあるいは兄弟だと知らされても、しっくりこないことや上手く関係が築けないのが普通と考えた方が良いでしょう。

お子さんの年齢に応じたケアを考えながら、ゆっくり家族としてステップアップしていけばいいのです。

再婚に負い目を感じ過ぎない、適度な自信をもつ

離婚を経験すると誰もが次の恋愛や再婚に臆病になるものです。

再婚できても生活しながら自分に負い目を感じることがあるかもしれません。

ですがそれはやめましょう。

自分の行動や気持ちに制限をかけストレスがたまるだけです。そのストレスはどこかで爆発して自分にも家族にも悪影響となります。

新しい出会いに感謝する気持ちは忘れず、適度な自信をもつようにしてください。

決して驕るのではなく、余裕のある立ち振る舞いを意識することが大切です。

たくさんの困難も待ち受けている再婚後の生活において、「やはり男性には堂々と引っ張っていってほしい」と考える女性は多いのではないでしょうか?

得意不得意はあるかと思いますが、女性にも意見を求めつつ決断力・行動力を発揮していきましょう。

再婚同士となると、本人たちの気持ちだけでなく、世間からの目も多少なりと気になるはず。しかし、そこに夫婦の絆があれば、世間からの目も少し気にならなくなりますよね。

だからこそ、再婚に対して適度な自信をもつことが大切なのです。

まとめ

再婚同士の結婚生活は初婚同士の結婚生活よりも、苦労が多いかもしれません。

お互いのこれまでの生活スタイルと新しい生活スタイルをすり合わせていく過程、子育てや家事などの分担、子どもたちの距離感、そして新しい生活を送ることに決めた自分への向き合い方。

考えなくてはいけないことは山ほどあります。

考えてもうまくいかないことがあるかもしれません。

しかし、あなたがその女性と一緒になることを決めたこと、そしてその女性があなたと一緒になることを決めた時点で、2人の間には家族としての固い絆が芽生えているはずです。

ひとつひとつの困難と真摯に向き合いながら、その絆を子どもたちにもつなげていけると良いのではないでしょうか。

新しい家族には新しい生活を。心機一転、気持ちを新たにステキな生活を始めていきましょう。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

【ツイート情報】

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP