大阪・京都の結婚相談所

【婚活】成婚退会後の対応・3ヶ月ルールは相談所によって違う!結婚相談所▲▲▲の場合(連載企画3)

結婚相談所

結婚相談所

結婚相談所で成婚退会したあと、破局する危険性も否定はでいないよね?

これから結婚相談所で婚活をしてみたいんだけど、3ヶ月・6ヶ月ルールってなに?

結婚相談所の独特なルールに疑問を抱いている婚活者のみなさん、こんにちは!

結婚相談所の新米スタッフ、ごっちんです。

さっそくですが、結婚相談所のルールって、各相談所によって捉え方・対応は異なります。

この記事ではアットホームだけど、婚活者の心理に寄り添う、本格的なカウンセリングと評判な結婚相談所、▲▲▲の人に、成婚退会後・3ヶ月ルールについて本音を聞いてきました!

過去の記事はこちらから…。

成婚退会後の対応・3ヶ月ルールは相談所によって違う!結婚相談所○○○○の場合

結婚相談所って成婚退会についてどう思っているの?

結婚相談所の成婚退会。

「成婚退会なんだから、もう結婚したのと同じ!」

と思ってしまいますが、実はこれ。

婚活をやめて、結婚を前提とした真剣交際をするっていうニュアンスなんですよね。

となると、偏屈な私は……

成婚退会後にうまくいかへんくて、破局したカップルもおるんちゃう?

と思ってしまうわけです(笑)

ではでは、結婚相談所▲▲▲の本音はどうなんでしょう??

成婚退会から破局してしまうカップルっているの?結婚相談所▲▲▲の場合

A .そうですね。成婚退会後の破局がないわけではありません。

というと、びっくりしてしまうかもしれませんが、成婚退会後の破局が多いというわけではなく、

2年に一度くらいのペースであったという感じです。

というのも、婚活中の『交際期間』で、成婚退会後の話し合いもされている会員さんが多いので、ないとは言い切れないけれど、珍しいですね。

成婚退会後の婚約破棄を防ぐために、仲介人・カウンセラーが取り組んでいることは?

A .婚活中から、相談してもらえるような信頼関係を心がけています。

成婚退会後の破局は2年に一度程度…といっても、こういったケースを認識できるかどうか自体、会員から信頼されているからこそわかることですよね。

信頼感がなければ退会後破局したことさえ伝えてこないと思いますから。

成婚退会後の婚約破棄を防ぐためには、やはり成婚退会時に「何かあったらすぐに相談すること」など伝えています。

もちろん、成婚退会時だけでなく、婚活中から心がけているポイントですね。

何かあったらすぐに相談できる仲介人・カウンセラーでなくちゃ意味がありませんから。

交際3ヶ月ルール・6ヶ月ルールはぶっちゃけメリット・デメリットがありますか?

私も結婚相談所のルール・システムをはじめて知ったとき、びっくりしたんですが…

交際3ヶ月・6ヶ月ルールって、どんなメリット・デメリットがありますか?

3ヶ月ルールの中で結婚を決められるもの?実際どうなの?

A.実は私も変なルールだなって思っていましたが…

私自身、独身時代も開業仕立ての時も、「結婚相談所の交際3ヶ月・6ヶ月ルールって、変なルールだなぁ」と思っていました。(笑)

けれど経験してみればみるほど、そうでもないのです。

要は今まで蓄積されてきた多くの仲人さんの経験値から、

  • 無駄な時間を過ごすことがない
  • 最短で結果を出せる

これらを踏まえて、交際3ヶ月ルールが存在しているのだと認識しています。

開業して間もない頃、とある仲介人さんが、「結婚するケースは4回会えばわかる」と言っていました。

当時はそんなことあるの!?ってびっくりしましたが、確かにその通り。

本当にうまくいっているケースは4回目で結果が出ることが多いですね。

最初は「まあ付き合ってみようか」くらいな感じで関わりをもっていても…

4~5回会うと、大体は状況が見えてきます。

今は「真剣交際」という形でお互い仲人同士が話し合うよう勧められていますから。

*真剣交際とは?

1か月から2か月くらいの間に複数交際をその期間内で一本に絞るよう会員に促し、互いの会員を持つ仲人同士が話し合い、他の申し込みが来ても受けられないようプロフィールを「交際中」にする仕組み。

『後味』が悪い結果にならぬよう、マックス6ヶ月までに決断してほしい。

A.後味が悪い思いをしてほしくないので、マックス6ヶ月までに決断でいるようお手伝いするのが私たちの役割です。

IBJ(日本結婚相談所連盟)では「半年経つと成婚扱いとする」と、ルール&マナーに書かれています。

多くの結婚相談所がIBJ(日本結婚相談所連盟)に加入しており、そのルールを基本として結婚相談所を運営していますから、会員さんは最長6ヶ月で決断しなければなりません。

「マックス半年」を了解したものの、半年たっても、今の交際相手と結婚するかどうかわからない人は、「成婚料を払って退会して付き合う」 という形にするという相談所も多いようです。

これだと、後味が悪いですよね…。

だから私たち、カウンセラー・仲介人は、

1か月半くらいで相手に対してどう思っているかを仲人同士が確認しつつ、両者にもそれを伝えています。

お互い結婚に向けて、かなり具体的な話し合いができているのであまり不安感はないようです。

今は、基本「3か月で交際を切る」ことはほとんどないです。 半年くらい、猶予の期間としてお互いの相談所が話し合いながら様子を見ていきます。

交際3ヶ月ルールのデメリットを本音で教えてください!

A.方針が違う相談所の会員さん同士がカップルになった場合、交際3ヶ月ルールのデメリットを感じたことがありました。

とまぁ、交際3ヶ月で交際を打ち切る結婚相談所も少なくなりましたし、マックス半年の猶予期間を与えているケースも珍しくはないものの…

違う相談所同士でカップリングした場合、お相手の相談室がそう解釈している以上はこちらもそれに合わせないといけないので、3ヶ月ルールをデメリットに感じたケースもありました。

実際に過去に一度だけ。

お相手の相談所が「この期間を過ぎたら成婚退会とします」と決めていたようで…

その事実を会員さんに伝えると、「わたしも成婚料を払います」と成婚退会した会員が過去いました。

が、その後、うまくいかなかったようでした…。

「成婚料は戻らない」ということを会員はちゃんとわかっていて、万が一破局になっても返金を要求されたことは過去一度もないですが、 こんな時って後味が悪いものです。

なので、自分の結婚相談所は交際ルールに対して、目安と捉えていても、お相手の結婚相談所は交際ルールを『厳守』すると捉えている場合もありますからね。

でも、お会いして4回目くらいで、だいたい雰囲気はわかるので、交際に発展したら2人でお会いする機会を作ってほしいです。

まとめ

結婚相談所

結婚相談所▲▲▲さんにお話を伺ったところ、3ヶ月ルールや成婚退会の解釈は結婚相談所によって違うけれど、

お相手となる異性が所属している『結婚相談所』のルールも関係してくることがある。

なんて、結婚相談所の仲介人だからこそわかる『裏側』を知れました…。

「そんな短期間で決断ができない!」とはいえ、3ヶ月ルールは今までの『経験』で導かれた目安。

また、そのお手伝いをする仲介人・カウンセラーがいるからこそ、成り立つルールですよね。

どんなルールにしても、仲介人との信頼関係も成婚のポイント!

ちょっとした相談・悩みを聞いてくれる存在でないと

結婚相談所を利用するメリットが感じられにくいです。

勇気を出して、あなたも仲介人に心を開いてみましょう!

★都道府県TOPページ★


PAGE TOP