大阪・京都の結婚相談所

結婚相談所でバツイチさんが再婚できた5つの理由

結婚相談所
結婚相談所

結婚相談所には初婚だけではなく、再婚を目的に登録に来る方もたくさんいらっしゃいます。

年々、その数は増えていて、離婚→再婚が一般的になってきているのだなとヒシヒシと感じることも。

でも、再婚を希望する方のなかには、 登録に来られてすぐに成婚される方もいれば、なかなかマッチングに至らない方もいます。

今回は登録者の皆さんとお話しして分かった「すぐに再婚できる人とできない人の違い」についてお話ししていきます。

結婚相談所ですぐに再婚にできた人の5つの特徴

再婚結婚相談所
「バツイチ、離婚歴がある人は結婚相談所でウケないんじゃ…」と思われるかもしれませんね。

けれど、日本の離婚率・再婚率は年々上昇傾向にあります。

ひと昔前までは『離婚経験がある=ぜったいダメ!』みたいなイメージがありましたが…(笑)

実は、現実ってそうではありません。かくゆう私も再婚経験者です。

結婚相談所でバツイチ婚活をして、再婚できた方を見てきて、ある特徴がありました。

まずはその5つの特徴を紹介しましょう!

特徴1.希望の条件に固執しすぎない、柔軟な発想の人

結婚相談所でご紹介するお相手は必ずしも100%希望に合う相手とは限りません。

ご希望を完全に満たさない点があったとしても、すぐにダメ出しせず「ひとまず一度、会ってみます」と言ってくださる方は、必然的にご紹介できる人の数が多くなります。

こう言ってくださる方は、発想が柔軟で相手の欠点ばかりではなく、良いところを見つけるのが上手だったりするんです。

例えば、実際に会ってみるまで「自営業の人は無理」と思っていた人が、とりあえず会ってみるか!と思って初デートをしたとします。

すると「あれ?意外と自営業も大丈夫かも?」と思うようになって、その次からは紹介できる人が増えると…というパターンも多いです。

「こうあるべき」とか「こうじゃなくちゃいや!」というこだわりは、実は無駄なものが多いんです。

幸せになりたい一心で持った『こだわり』が、逆に幸せを遠ざけていることもあります。

「もしかしたら……」という行動力、柔軟性も再婚するうえで欠かせないポイントです。

特徴2.オープンマインドな人

結婚相談所に登録される時カウンセラーとしてお客様と色々お話しするのですが……

その際に自分から積極的に色々と話してくださる方ほど、その後のマッチング、成婚率は高く感じています。

必ずしも「コミュニケーション能力が高い」というわけではないのですが、 自分の言いたいことを率直伝えるということはやはり大切。

逆を言うと「地方在住の人がイヤっていうわけじゃないんですけど…」とか、「…どちらでもいいです」という人は、自分自身の希望がしっかりと分かっていないor結婚相談所に伝えきれないようで、その後の婚活も長引きがちです。

せっかく登録料を払って婚活するのですから、希望や不安に思っていることはどんどん伝えてくださって結構です!

特徴3.相手に期待しすぎていない

若いうちは相手に対して、「私の気持ちを察してくれて当たり前」「言わなくても分かっても分かってほしい」と考えがちですが、現実的にそれは無理というもの。

結婚に失敗してそのことに気づいた方も多いのでは?

実際、すぐに再婚した人は相手に期待しすぎず、シンプルに自分の気持ちや意見を伝えるようにしているみたいです。

それで引かれるような相手なら、再婚するまでもないですよね。

また、女性だけではなく、男性に多い「口に出さなくても感謝している」とか、「パートナーをほとんど褒めない」というのも、言わなくても相手に分かってほしいと求めすぎていることになります。

再婚を目指すならココは改善してほしいところ。

そして「相手に幸せにしてほしい」ととか「結婚したら働かなくて済む人」というような物理的な期待をしすぎるのも、ご紹介できる相手が狭まってしまう要素になります。

愛する人と一緒にいる幸せというのはもちろんありますが、「基本、自分を幸せにできるのは自分」ということも分かっている人がスムーズに再婚していますね。

特徴4.前向きで、ちょうどいい自己肯定感がある

離婚を経験している人は多かれ少なかれ、心に傷を負っているもの。

でも、比較的すぐに再婚できる人は、いい意味で自分を責めすぎず、次の出会いに対して前向きです。

いつまでも離婚した原因について考えたり、辛い経験を思い出したりするののはやめて「次こそ運命の相手に出会う」と前向きになりましょう。

また、「私なんか」「私なんて」「何の取り柄もないシングルマザーだし」というような自分を否定する考え方も NG。

ましてや紹介された相手の前でこんな卑屈なことを言ってしまうと相手が疲れてしまいますし、一緒にいて楽しくない人と思われてしまいますので、やめましょう!

一度、結婚しているのですから、また素敵な人に出会うことができるはず。

そう思って自己肯定感を高めてください。

実はリンダも離婚後、自己肯定感がゼロ以下になって、24時間360°ネガティブオーラを放っていたときがありました。

そのときは周りの女友達がこぞって「あなたはまだ若くてキレイ」「優しくて、こんなにいいお嫁さんはいなかったのにあの旦那がバカだった」など、あの手この手で励ましてくれたものです。

自分で自分を肯定するのが難しければ、なるべくポジティブな意見を言ってくれる友達と一緒に過ごすようにするといいかもしれません。

参考記事:再婚を考えているあなたに。かつての配偶者を『見返す気持ち』だけでは再婚はできない。

特徴5.すぐ人を好きになりやすい人

実はこれがもっとも重要なポイントかもしれません。

昔から惚れっぽくてすぐ彼氏ができる人と、なかなか「いいと思う人」に巡り会えない人でいませんでしたか?

これは離婚後も同じ。

すぐ人を好きになれる人は再婚する可能性が高くなります。

リンダは外国人の友達が多いのですが、海外では日本人の感覚だと「エッ?」と思うようなおばちゃん体型の肝っ玉ママみたいな人が何度も結婚したりしています。共通しているのはとても惚れっぽいということ。

彼女たちは離婚しても出会いを求めてどんどん外に出て、色々な人に声をかけています。

先日も58歳になる友人が46歳の新しい彼氏とのラブラブ写真を送ってきました。

彼女は2度結婚に失敗していて、子供は18歳。結婚していたころも、街中でかっこいい人を見つけるとキャーキャー言うような、惚れっぽいところのある人(ただし決して浮気性ではない)でした。

内向的・責任感が強いといわれている日本人。

離婚という事実に引け目を感じすぎて、「新しい恋を求めるなんて……」とネガティブに捉えてしまうこともありますよね。

でも、それじゃあもったいないです。(笑)

「愛すべきパートナーと喜びを2倍にして生きていきたい」という願いは、誰だって抱いていいのですから。

いきなり惚れっぽい人間になるというのは難しいことですが、色々な出会いの場にでかけてみる、 結婚相談所で紹介された人にはとりあえず会ってみるなど、数をこなすことでいいと思える人に会う機会を増やしていきましょう!

まとめ

結婚相談所

離婚してもすぐ再婚できる人の特徴について、お分かりいただけたでしょうか。

すぐに改善するのは難しくても、ちょっとずつ発想を柔軟にして、オープンマインドでいれば少なくとも出会いの機会は増えるはずです。

再婚したいけれど、なかなかいい出会いがないという方は、今回のポイントを見直してみてくださいね。

ひとつずつでもいいので取り入れてもらえると嬉しいです!

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP