大阪・京都の結婚相談所

結婚するならブサイクでも家事が得意な男性がいい!バツ2夫の妻が言い切る3つの理由

結婚相談所
結婚相談所

結婚するなら、イケメンがいい。

結婚するなら高収入な男性がいい。

結婚願望を抱いている女性のみなさん。

あなたはどんな結婚相手を望んでいますか?

突然ですが、私の主人はバツ2です。

2度あることは3度あるといいますが、良いように言えば、3度目の正直です。

バツ2夫との結婚生活の中で、薄っすら気が付きました。

彼が2度の離婚を経験した理由に。

根掘り葉掘り、深く聞いてはいません。

日頃の生活態度から、なんとなく感じたのです。

そんなバツ2夫と結婚した私は声を大にしていいたい。

結婚するならブサイクでも家事が得意な男性がいい!と。

結婚するならブサイクでも家事が得意な男性がいい3つの理由

結婚相談所

今日は結婚相談所の中の人という目線ではなく、

個人的な目線で、ブサイクでも家事能力がある男性と結婚をオススメする理由を語らせてください。

1.6割以上の家庭が共働きだから、家事ができない男性との結婚は損した気分になる

結婚相談所 家事出来る男がいい

結婚相談所

2016年の総務省統計局が発表した「労働力調査(基本集計)」。

夫婦世帯だけに限った結果を見てみると……

  • 共働き世帯・・・48.4%
  • 夫が働いている・・・26.4%
  • 妻が働いている・・・4.4%

このようになっています。

なんだ、共働き世帯って、半数もいないじゃん!
それなら私は専業主婦希望・・・・・・

と、思ったアナタ。

ちょっと待った!!!!

残りの21.1%の世帯は夫婦共に無職。

要するに年金生活だったり、投資で生活していたりする方たちです。

21.1%の夫婦世帯を例外として、働き盛りの世帯のみに限って考えれば、

6割以上の夫婦が共働きだということ。

よって、どちらも働きながら、どちらも家事や子育てをこなしていく可能性の方が高いのです。

結婚当初、経済的な余裕があり専業主婦になったとしても、この不景気な世の中。何があるかわかりませんから……。

「専業主婦は2億円損をする」なんて賛否両論をうんだ著書もあります。

子育ても家事も立派なお仕事ですし、実際に私も専業主婦をした経験があるので、「2億円損するだなんて失礼な!」という苛立ちを覚えながらも、大卒の女性が定年である60歳まで働いた場合、平均的な収入は2億円といわれているんです……。

と、まぁあれこれ前置きが長くなったけれど、半数以上の夫婦世帯が共働きである現代。

家事ができない男性は、腹が立ってしゃーないっちゃありゃしない。

独身時代も、家事をしながら働いていたけれど……

できないっていうか、当たり前のように家事をしてもらってる夫であろう人を尻目に、独身時代の倍の作業量をこなしていると、損した気分になってしゃーないっちゃありゃしない。

匿名レッドオーシャン、インターネッツでこんなこと言ってると……

「どうせ旦那さんの方が稼いでいるんでしょ?だったらやれよ!」って言われるかもしれない。

けれど、家事ができない(ていうかしない)男性は、

共働きになろうが、
妻の方が稼ごうが、
子供ができようが、
労働時間が妻より短かろうが、

なかなか家事をしません。

おっとすみません。我が家のケースで言っているので、ついつい熱くなってしまいました。

家事は女性がやるもの。

家事はやってもらえる。

そんな気持ちが根底にあって、家事をしない男性はいつまで経っても、なかなか変われないんです。

ぶっちゃけ、世の中すべての女性が家事が得意ってわけではありません。

私は苦手でした。

けれど、一人暮らしや結婚を機にやらなくちゃいけない状況ができるわけです。

家事ができない男性(女性もそうだけど)は、

苦手をやらなくちゃいけない状況になっても行動に移せないタイプなんじゃ…と思っちゃうんです。

2.結婚は好きという気持ちだけでは続かない(イケメンだけではなんの役にも立たない)

結婚相談所

結婚相談所

それでも、好きな人と暮らせると幸せだったり、

好みなタイプでイケメンな彼の顔を毎日見れられれば、充分!

家事は私にまかせて!!!!!!

恋愛真っ只中、結婚前は、家事ができなくても、好きな男性と一緒に過ごせるだけで幸せだと思っていたんです。

そのうえ私は、生粋のダメ男好き。

モラハラ・DV男にも至れり尽くせり世話をやいてしまうタイプでした。

けれど、びっくり。

恋愛の好き好きホルモンは3年で消滅し、マンネリを招くだなんて脳科学界で囁かれていますが、好きな気持ちだけで続かないのが結婚なんです。

独身時代の私はこの言葉を聞いて、思っているはず。

まさか、まさか。そんなはずない!

と。

それが、まさかなんです。

ほんとに、ほんとに、家でグ~タラしているだけのご主人。

その姿を横目に仕事でクタクタの体にムチを打って家事をこなす妻。

地獄絵図かよ!と思っちゃうんです。

イケメンが家の中にいても、洗濯物は溜まっていきます。
イケメンだとしても、家事ができなければイケメンの皮を被ったグータラマンです。

花のある生活にあこがれて、部屋に花を飾っても……

家事の負担は減りません……。

それでも、花は可愛らしいものですよ。

家事ができない人のお陰で家事が増えちゃうワケですから…。

それが結婚の酸い部分です。

3.家族・家庭のあり方は変化していくから

結婚相談所 家族の在り方

結婚相談所

そして、最終コレ。

家族・家庭のあり方は変化していくんです。

たとえば、夫と妻が、お父さん・お母さんになって、子供が家族の一員に加わったり。

夫の両親。妻の両親と同居をはじめることになったり。

ネガティブな考え方かもしれませんが、突然のリストラを言い渡され、家事専従者が逆転したり。

と、人生何があるかわかりません。

その何があるかわからない部分を共有して、衣食住を共にするのが家族です。

子供ができたとき。
ご両親の介護が必要となったとき。
ペットを迎え入れたとき。
どちらかの体調が思わしくないとき。

いろんな場面で環境が変化し、喜びもあれば障害も生じます。

だからこそ、家事ができない。ではなく、家事ができるようになっておくべきなんです。

これは、家事ではなく仕事についても同じことがいえます。

専業主婦だったけれど、いつでも働けるように備えておくとか。

仕事ばかりだったけれど、いつでも子育て、家事ができるようになっておくとか。

夫だけでなく、妻も。
そして妻だけでなく、夫も。

この心持ちだけで、良好な夫婦関係が築けるのではないか?と考えています。

だから、もしもあなたが専業主婦を希望していても、

「場合によっては私も働きにでられるよ!」という姿勢が、婚活市場で必要なのです。

まとめ.美味しい夫婦を作るには?

結婚相談所

と、家事ができない(家事をしない)男性との結婚について、愚痴のごとくアレコレ言及しましたが、誤解がないように言っておきます。

我が家のバツ2夫も、結婚当初よりは家事ができるようになりました。

と、いってもまだまだだし……

きっと私が先立ってしまうと、メルトダウンしちゃうレベルです。

男性・女性に関わらず、

家事が得意な人、苦手な人。
仕事が得意な人、苦手な人。

いろんなタイプの人が存在しています。

自分の得意・不得意で役割を分担しながら人生を歩んでいくのも結婚ですが、

何があるかわからない人生。

結婚で自分の苦手を補ってくれるパートナーが現れたとしても、
苦手に取り組まなくてはいけない瞬間が訪れる可能性もあります。

だからこそ、結婚を望んでいる方、すべてに考えてほしいのです。

どうして結婚がしたいのか?という部分を。

結婚は幸せの象徴として用いられている言葉ですが、やっぱり「美味しい夫婦関係」があってこそ、幸福感が成立します。

幸せはお金かもしれない。
幸せは安定かもしれない。

人それぞれ、幸せを感じるポイントは違うけれども、長い人生の中、何度も繰り返し訪れる家事や、数年間続く子育て。

そして生活のために必要な仕事のこと。

そういったバランスが取れる結婚生活の方が、私は幸せだと思うのです。

そして、「俺はブサイクだし・・・」と落胆している男性諸君。

そんなアナタこそ、身につけてみませんか?

家事力を……!!!!

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP