セックスレス解消の為に男がやらないきゃいけないこと

今日のテーマはね、今結婚している男性も、これから結婚したいと思ってる男性も、絶対に見てほしい内容です。

ズバリ、【セックスレスの妻とやりたい時、夫がやることとやってはいけないこと】です。

彼女がいる、妻がいるのに、セックスできない、させてもらえない。

男としてこんなに悲劇はないよな。

この悲劇に、私が本気でアドバイスを送るから心して聞いてほしい。

今まで何度か話したことあるけど、俺は結婚して5年目にセックスレスになった。

そしてセックスレス期間が7年間あって、それでも妻のことが大好きやったから、努力して、そこから3年掛けて愛とセックスを取り戻したんよ。

結局、10年間のセックスレス経験を取り戻したという、云わばセックスレス界のレジェンドと言ってもええと思う。

メチャメチャ研究したからな、その時も、それからもセックスレスについて。

結局な、セックスレスになってしまったら、取り戻すのは非常にしんどいから、できることならな、

そうなる前に、しっかり対策をしておくことが大事なんやな。

でもやで、、、

既にセックスレスになっている男はどうすればいいんかってことやな。

この非常に難しい難問に、レジェンドがしっかり答えます。

では、スタート

当てにならん

最初に言うけど、これからする話は、俺がこうやって解決したからこれがセックスレス解消法やで、っていうつもりはない。

そんなもん、絶対にうまくいかんからな。皆も気を付けてほしい。

そういう、自分が上手くいったからって、

これでみんなうまくいきまっせ~~

って教えてる、再現性のない詐欺師みたいな情報発信する人、多いからな。

それは、あんたがたまたま成功しただけでしょう?

っていうやつな。

とくに、とくに、性についての問題は、それぞれ趣味趣向が違ってて、様々な要因が絡むことやから、一人の体験談で成功なんて語られへんねん。

逆に関係が余計に悪くなることもあるから。慎重にいかなあかん。

そこをしっかり理解することが大前提で重要な。

★愛を取り戻す

今までセックスレスについてはチャンネル内でたくさん話しているんやけど、

セックスレスになってる要因は様々あれど、片方がしたいって言うてるのに相手がしてくれないっていう場合の原因は、ほとんど、どちらか一方の愛が無くなったから、なんだ。

愛があればね、困難は乗り越えていけるもんだからな。

愛が冷めちゃってるから、相手の要望に耳を傾けなくなっている。

セックスレスを解消するには、まずは二人の間に愛を復活させることが先決なのだ。

★考え直せ

男性がな、夫婦間セックスのことで考え直さないといけないことを言うよ。

結婚しているのだから、いつでも好きなときに好きなようにセックスする権利があるはずだ

って思ってしまってる男が多いねん。

これは願望なのかもしれんけど、この考えがやばい。

この考えに捉われてる男は、二人の間にある問題に気付くことすらできへんようになる。

セックスを拒否するのは離婚の原因になるんやで、とかな。

こんなことを平然と思ってたり、言うたりしてる男は、絶対にセックスレスは解消できへんねん。

★女性はセックスが怖い

女性はな、セックスすることに、めっちゃ大きな抵抗があると分かってくれ。

そりゃあ、あけっぴろげで、セックス大好きな女性もおるよ。今回は、そういう例外女性は除外して言うてる。

男の考えるセックスと、女性の考えるセックスは全く、全く、全く別物ってことを分かってほしい。

女性はな、肉体的にも、精神的にも、男性をセックスで受け入れるということに、とんでもない抵抗感、拒否反応、ハードルがあるんよ。

あなたを自分の中に入れるのが怖い。ほんまやで。

男の感覚と一緒にしたらアカンねん。

女性にとって、セックスはそんな単純なものじゃない。

妊娠したら10ヶ月、カラダには大変な負担になるし、出産したら子どもを成人するまで育てる何十年もの義務ができる。

男のように性欲に任せてセックスする生き物とは根本が違うんだ。

セックス中、自分の心と体を男性にさらけ出すことへの恐怖、自分を弱い立場に置くことへの抵抗は、男にとって計り知れんことやってこと。

ここを分かってほしい。

あなたとセックスしてくれる女性に対してな、絶対に当たり前と思ったらいけなくて、毎回、最大で最高の感謝をしてほしいわけ。

こういう理解をすることで、自分とセックスしてくれる女性を今よりももっと大事に思うようになるわな。

★文句を言わない

もう一つ、絶対にしたらアカンことを言う。

セックスしてくれへんからってな、女性に文句を言うたらあかん。

もっとセックスしたいと伝えたいんやったらな、不満じゃなく褒め言葉を言おう。

彼女と一緒にいるのが楽しいとか、もう一度やりたい、とか、あなたとのエッチはすばらしい、とかの肯定的な言葉を使うこと。

文句を言うと、絶対に女性の気持ちを逆なでする。

さっきも言うたけど、女性とセックスできるのが当たり前じゃないんや。

文句を言うたからって、もし出来たとしても、そんなセックスは長くは続かん。

★時間がかかる

一度セックスレスになってしまったら、解消するには忍耐が必要や。

妻が完全にその気になるまでには、時間がかかることを覚悟すること。

少しの調整ですぐに良い方向に向かうケースもあるかもしれんけど、そういうのは稀で、じっくり時間をかける必要がある場合がほとんど。

セックスレス解消には、もう一度初めから、二人の愛を作り直すくらいの覚悟が必要やからな。

諦めんと頑張ってほしい。

★絶対にバレる

セックスレスを解消したくてな、絶対に、一番やったらアカンことを言うで。

それはな、セックスがしたいからと言うて、良い旦那になったり、彼女の喜ぶことをしたり、気に入られるように頑張ることは、したらアカンねん。

どういう意味か分かるかい?

セックスしたいからって、セックスをすることが目的の、何かの行動をしたらアカンってこと。

女性はな、男のその邪な考えを、必ず察知するから。

あ、こいつ、私とやりたいから、ええオトコになろうとしてる!

ってバレバレやから。

女性はな、男が思っている以上に、そこの感覚が鋭い。

とんでもなく察知能力を持ってる。

例えばな、男が本当に女性との愛を復活させたくて、いろいろ頑張るとするやん。

そんな時でもな、彼女は、男の気持ちがどれだけ純粋なのか、それともセックス目的か、カマを掛けてきたりする。

男を試すために、直ぐに喜ばないで、ちょっと放置したりな、逆に怒らせるようなことをしたりとか。。。

女性はそういうことを平気でやってくると、それくらい思っておいてほしい。

そこのテストにな、嵌められたらあかん。

その点ではな、男は絶対に勝たれへんから。

女性に対する真実の愛じゃないと通用せえへんってことを分かっとかなイカン。

★信じること

なんやそれ?

そんな面倒なことやっぱりできへんわ~

って思う男もおるやろう。

それじゃあ、セックスレスの解消なんてできないのよ。

セックスレス解消はな、本当の愛の気持ち、純粋な彼女への愛がないと、付け焼刃でテクニックだけ使おうとしたら、

今以上に、さらに、さらに、愛が減っていって、セックスレスが強くなる。

ほんまやで。

だから、セックスレス解消には、簡単な方法はないねん。

本気で彼女に愛を伝えていくしかない。

ホンモノの愛の伝え方には、技術的なことはあるから、それは今後話していきます。

面倒やから、愛する努力なんてやってられへんわ。

今のまま、セックスレスでええし、このままいくわ。

って諦める男もおるやろうけど、そうじゃないねん。

女性はな、ちゃんと、本気で、気合いを入れて、男から真面目に愛してあげたら、

100%、倍以上に、何倍にもして返してくれる人たちやねん。

これは、ほんまや。

だから、今セックスレスになってて、男がやりたい、と思っててもさせてくれない関係なんやったら、

今はその男性は、結婚の良さをぜ~んぜん、得られてない。女性の素晴らしさを全く享受してない。

二人の関係を、諦めんと、修復していったら、

そんな男の努力なんて比べもんにならへんくらいの、幸せをな、女性は与えてくれるから。

男は頑張ってほしいねん。

男が根気よく頑張れば、結婚ってこんなに素晴らしいんや~~って絶対に思うようになる。

だから諦めんと、セックスレス解消に向けて、死ぬ気で、がんばれ~~

結婚相談所の登録人数を調べよう!

メールも電話も必要なし!
あなたの近くに何人の会員がいるか、気軽に調べてみて下さい。

最新の口コミ
30歳 OL(2022/05/22 )
女性
 5.0 点 ロイヤルマリッジさんに入会する前は、別の相談所に入会していました。沢山の男性の方とお会いしましたが、...
なかなか価値観などが合う方と出会えずにいました。 思い切って、相談所を変えて心機一転頑張ろうと思い、ロイヤルマリッジさんに相談に行ったところ、親身に話を聞いてくださり背中を押してくれました。 すぐに今の真剣交際になった男性と出会うことができ感謝しています。 ロイヤルマリッジさんにお願いして本当に良かったです。
28歳 女性(2022/05/21 )
女性
 5.0 点 素敵なプロフィールを作って頂いたり、親身に相談に乗っていただいたおかげで活動期間は半年程で成婚退会で...
きました。 成婚退会できたのもDear Bride Tokyoさんのおかげだと思います。ありがとうございました!
ななし(2022/05/20 )
男性
 1.0 点 ひどく嫌な目に合いました 時間もお金も無駄になり、トラウマが残りました アプリで婚活していたほう...
が、ましだと思います
当時36歳大学准教授(2022/05/20 )
男性
 4.0 点 以前も意見を述べさせて頂いたものですが、自分は大学で教壇に登るものですが、数年前にオーネットさんで結...
婚させて頂いたものとしては、口コミの内容が納得のいかないものばかりです。モテたことはありませんが、大学で研究に没頭した為に30代になってしまい焦ってオーネットさんのドアを叩きました。普通に紹介してもらったたしか3人目ぐらいの妻と意気投合して三ヶ月で入籍しました。普通に仕事していたら、決して男前でも金持ちでもない自分でも結婚できたので、決まらないで他者非難している様な方はそもそも選ばれないのではと思います。今幸せなので参考になればと思い書いてみました。普通の人なら必ず結婚できます。
36歳 会社員(2022/05/18 )
男性
 5.0 点 10ヶ月ほどで成婚退会となりました。 お見合いには全く不慣れな状態からのスタートでしたが、最初の写...
真撮影から丁寧にサポートいただき、最終的には無事成婚退会となりました。 お見合いでどんなことを話したら良いかであったり、自分自身が「結婚」に対して考えていることやモヤモヤしたことなど、丁寧に聞いていただけたので、こちらとしてもなんでもお話することができました。
33歳 保育士(2022/05/17 )
女性
 1.0 点 結婚相談所に勇気を出して入会しました。 たくさん調べてこちらの口コミで入会しました。 IBJのア...
プリを登録し最初にプロフィールを一緒に考えて頂いた後は放置プレイなので自分でお見合いを申し込みを最大数50まで申し込んで1年間頑張りました。 お見合いは1年で5本の指に入るぐらいで全然成立しないまま月日が経ちました。 相談所からはプロフィールを変えてみようとか何もアドバイスはありません。 相談所からの紹介もほとんどないです。 自分でプロフィール写真を撮り直したり、カウンセリングも申し込みして頂いたのですが、、、いまいちでした。 人は気さくな雰囲気でしたが、私にとっては無駄遣いでした。 IBJSのアプリで知り合いがいた場合、非表示にするには追加料金がずっとかかるようになるので要注意です。 婚活パーティーや無料アプリも併用していました。 結果、私は無料アプリで相手を見つけました。
(2022/05/17 )
 1.0 点 おばちゃん仲人は会員が男の場合、髪型や服装にダメ出ししてくるが、肝心のアドバイス自体が激ださファッシ...
ョンを進めてくるからあまり相手にしない方がいい。狂った場所だと思う。
28歳 歯科助手(2022/05/17 )
女性
 5.0 点 出会いが無くなってきたことと、周りの友人たちが結婚ラッシュになりフォリパートナーへ入会しました。 ...
都内の相談所をいくつかピックアップして、フォリパートナーともう1社の説明を聞きにいってこちらに決めました。 決めた理由は、月の料金が定額なことと成婚の実績が高く、なんとなくですが雰囲気が自分合っていそうだと感じたからです。 入会してからは、プロフィール写真の撮影にカウンセラーさんに同行して頂き、ベストなものが撮れるように色々とアドバイスを頂きました。 カウンセラーさんは、ほんとに頼れるお姉さんという感じでとても心強い存在でした。 実際に活動開始をして半年経過し、来月には成婚退会予定です。半年前の入会する前の自分は、「本当に好きな人に出会えるのかな」や「このまま結婚できなかったら どうしよう」とネガティブなことも沢山感じていましたが、あの時行動していて本当によかったです。 ありがとうございました。
35歳 ハマ(2022/05/17 )
男性
 1.0 点 初参加で、あるミュージアムを話しながら周っていくシステムでした。 話もいい感じに出来て、最後連絡先...
交換をしましたが… 待てよ暮せど返事が来ず。 3人中1人が1番好感触にも関わらず即ブロック。 あとは未読スルー。 「今日はありがとうございました。」くらいの返事は欲しかった。 流石になかなか凹みました。 一言も返信無しは流石にサクラでしょ。 サクラにしてももう少し返しますわ。 今まで色々な街コンに行きましたが、こんな酷いのは初めてです。 退会しようにも何故か出来ないシステム。 名前も生年月日も変えれない。 アドレスだけ変えてログアウトし、二度と使わないと誓いました。
美智子(2022/05/16 )
女性
 1.0 点 2年程前に所長と言う方と高級ホテルで面談しましたが、最後のほうで水素水のカートリッジの勧誘されました...
。 ブログが面白かったし、真剣に婚活したくて会いに行ったけど、後悔しました。 東京の事務所は恵比寿で家賃高い場所に進出したばかりの時期で、お金持ちの人しか相手にしていないと感じました。