かつての配偶者を「見返す気持ち」だけでは再婚はできない!その理由とは

結婚相談所

つらい離婚の経験を乗り越えて、新しくパートナーを見つけたい!

そんな心意気で結婚相談所を利用する方も多いでしょう。

それって大きな進歩ですよね。素晴らしいです。

でも、再婚のために登録に来られる方の中には……

まれに私たちカウンセラーが「うーん…」と頭を悩ませてしまうほど、

どうアドバイスしたらいいのか考えてしまう方がいます。

その人たちに共通するのが……

「元配偶者を見返してやりたい」という気持ちだけで婚活していること。

ハッキリいいます。

元夫・元妻を見返したい気持ちだけで婚活している人は再婚できません。

実際に私も元夫を見返したい気持ちを抱いていたのですが……

見返したい気持ちを捨てられないときは、進歩がありませんでした。

ここでは具体的な例を挙げて説明していきます。

元夫・元妻を見返したい!その気持ちの何がいけないの……?

元夫・元妻を見返したいバツイチ
女性の方によくあるのが

「浮気された元夫を見返すためにキレイになって素敵なパートナーを見つけたい」というパターン。

こちらは問題ないケースが多く、離婚で傷ついた女性が婚活中にみるみるうちに明るくきれいになって、新しい相手を見つけるというのはよくあります。

女性はいったん立ち直ると気持ちをポジティブな方向へもっていける人が多いのでしょうか?

このケースは、私たちカウンセラーもあまり問題視していません。

問題となるのは……

「離婚の原因がまったく自分にないと思っている男性」が

かつての妻を見返してやろうと思うケース。

妻を見返してやろう!と再婚に踏み切ったAさんのケース

Aさん(男性)は、く家庭内別居だった妻に40代半ばで離婚を切り出されました。

そんなAさんと話しをしていて、すぐに気がついたのは、

話し方が常に上から目線で傲慢な態度が目立つこと。

「女性はいくつになってもきれいでいるべき」と公言するほど、亭主関白気質なAさん。

男ぶりはそれほど悪くないものの「うーん、もしかしたらこれが離婚の原因なのかも」と思わざるを得ませんでした。

さらに話を聞いてみると、とにかく前妻よりも早く結婚して新しい生活をスタートさせたいとのこと。

離婚で精神的に落ち込んでしまったのは確かでしょうし、Aさん自身『不安定な部分』があるのも、私たちカウンセラーにとって不安要素のひとつでした。

しばらくしてAさんとマッチングし、仮交際中だった女性の登録者Bさんから相談を受けました。

Aさんと食事に出かけたあと、価値観が合いそうにないなと悩んでいたBさん。

その直後、Aさんから次回のデートのお誘いが来たものの、一旦お断りしました。

けれど……納得できなかったAさんから立て続けにメールが来て困っているというのです。

そのメールの内容を教えてもらうと……

「再婚もせず、その年齢で病気になったらどうするのですか?誰も面倒を見てくれませんよ」

「今は声がかかるかもしれませんがそのうち紹介数も減りますよ」

といったBさんに失礼とも取れる内容ばかり。

さらにこれだけではありません。

失礼なメールを送り続けたあと、何事もなかったように

「次の休みには、ドライブに行きませんか?」

「あなたとはもう1度お会いしてもいいと思っています」と続くのです。

お互いのカウンセラーが間を取り持って、交際は解消。

Aさんもカウンセラーの話に納得したようで、引き続き婚活に励んでくれたようですが……。

AさんはBさんを責め立てた意識がなかったんです。

再婚に向けてAさんが取るべき手段とは?

自分を見つめ直している男
この場合、Aさんが再婚を目指して婚活をする前に必要なのが、

  • 自分を見つめなおすこと
  • 傷ついた気持ちを癒す時間

再婚に向けて婚活する前に『自分を見つめなおす時間』が必要

Aさんは離婚に対して精神的なダメージが大きく、落ち込んでいたようですが、

なぜ、前の奥さんに別れを切り出されたのか?

Aさんは、離婚の原因に自分が関わっている自覚が、まったくなかったんです。

「どうして離婚を切り出されたんだろう……」

「こんな僕(私)では、誰からも必要とされない……」

なんて、必要以上に自分を責めるべきではありませんが、

客観的に事実を見つめなければ、どんなに新しい女性と巡り会っても同じ過ちを繰り返すことになりますよね。

もちろん離婚の原因って人それぞれですし、ただたんにお相手との相性もあるかと思います。

けれど、100%完璧な人間はいませんから……。

悔しくても、腹が立っても、別れた相手に『言われたこと』の中には、自分が改善するべき点が含まれているかも。

最近ではDVが原因で離婚に至る人も増えてきました。

DV被害を受けた人は『支配感』に苛まれ、

自分自身の『心』を見失ってしまうこともあります。

その場合は、本当に自分がしたいこと・相手基準で物事を考えないことを心がけてみてください。

Aさんの場合、自分の気持ちを押し通すだけではなく、自分の発言に対し言われた相手がどんな気持ちになるのか、考える必要があると感じました。

精神的に不安定な時期に婚活するのはNG!まずは心の健康を……

AさんがBさんに送ったメールの文面をみていると、Aさんはまだ精神的に不安定な状態であることが分かります。

また、離婚後から婚活中も『心療内科』に通っていらっしゃるということでしたが……

婚活は、心の健康を取り戻してからでも遅くありません。

不安定な精神状態で見つけた相手は同じように不安定だったり、

相手に必要以上の負担をかけてしまったりして、長続きしないもの。

婚活だけではなく、普通恋愛でも同じですよね。

今度こそ、本当に長続きする相手を見つけたいなら、まずは、自分で自分を癒す時間を持ちましょう。

結婚していたころ、やりたくてもできなかったことをする、新しい趣味を見つけるなどもオススメです。

今まで一緒にいたパートナーがいなくなると、心がぽっかり空いてしまったような虚しさを感じるかもしれません。

けれど、結婚は『依存』ではなく『共存』です。

心の穴を埋めるためにお相手を探すことは、自分のためにもお相手のためにも良くありません。

40代・50代の方の婚活は「時間がない」と焦る方も多いのですが、そのことでイライラしたり、精神的に不安定になったりしては元も子もありません。

Aさんは離婚後、2カ月程度で当相談所に登録に来られました。

離婚後すぐに結婚相談所に登録するのは悪いことではありませんが、

ムキなって「とにかく早く新しい相手を見つけてやろう」と考えるのはオススメできません。

間違った見返す方法と正しい見返す方法をしっかりと理解!

見返す方法
今回のAさんは間違った方法を選んでしまい、自分自身の肉体的・精神的バランスを崩してしまいました。

いや、むしろ、離婚によって肉体的・精神的バランスが崩れていたことから、もしかしたら、今回のような間違った選択をしてしまったのかもしれませんね。

ただ人間なら辛いことがあったら、見返したいと思うのは当然の心理です。

見返す方法にも様々なスタイルがあり、場合によっては最初に申し上げたように正しい見返し方もあります。

ここでは間違った見返す方法と正しい見返す方法をご紹介していきます。

間違った方法

・ただ単に相手より早く再婚する
・スペックの高い相手と再婚する

一般的に考えられるのが、この2つの間違った方法です。

Aさんのケースもこちらですし、どちらかというと両方を兼ねているかもしれません。

特に「ただ単に相手より早く再婚する」はまったくもって不必要な方法です。

極端な話、再婚がメインで相手なんてどうでもいい感じになってしまっています。

これだと、また同じような離婚という不幸な結末をむかえてしまう可能性大です。

他にも、「スペックの高い相手と再婚する」というのもスペックだけを見てしまい、本当に自分に合った相手を見つけたことにはならず、結果的に離婚という結末をむかえてしまうかもしれません。

正しい方法

・カッコよく・綺麗になってモテるようになって再婚
・心から幸せな再婚

心の中では「見返したい」と思うのは問題ありません。

ただし、大事なのはその見返し方なのです。

先ほども言ったように、「見返す」ことばかり考えてしまい、再婚することばかり考えるのが無駄なのです。

再婚することよりも、まずは今よりもっとカッコよくなって(美しくなって)、生き生きとした生活をして、周りの女(男)が寄ってくるようにすることがベストです。

少し、これは大袈裟かもしれませんが、少しでもカッコよくなる(美しくなる)ことで相手を見返すことにはつながるはずです。(何せ一度はこちらのことを愛していた人ですからね)

さらにカッコよくなり(美しくなり)、再婚もして、心のそこから楽しんで生きている姿を相手に見せること、もしくは伝わることが最もベストな見返す方法だと思います。

まとめ

幸せな男女

結婚相談所

Aさんは体力的にも精神的にも疲れてしまったようで、その後、しばらく婚活はお休みしたいという申し出がありました。

「精神的に元気になってからの方が、Aさんによりマッチした素敵な女性が見つかりますよ!」

とアドバイスさせていただいたところ、Aさん自身、とてもホッとした表情をされたのが印象的でした。

きっとAさんも、焦りや不安を感じながら活動されていたのだと思います。

辛い経験から、再び立ち上がるには大変なエネルギーが必要です。

今度こそ、永遠に添い遂げられる相手を見つけるためにも、まずは自分自身を癒し、見つめなおしてみませんか?

結婚相談所のカウンセラー『Q&A』

結婚相談所Q&A

個人情報をどこまで公開するのか不安です。

結婚相談所Q&A
検索画面の段階では皆さん数字のIDが発行されるので、名前はわかりません。マッチングしたら...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「個人情報をどこまで公開するのか不安です。」

結婚相談所Q&A

検索画面の段階では皆さん数字のIDが発行されるので、名前はわかりません。マッチングしたら苗字が表示されます。お見合い後、交際に繋がったら下の名前もわかる仕組みです。
プロフィールでは住まい(県まで、市や区まで)も選べますし、勤務先も勿論公開しません。女性は年収を非公開にする方も多いです。
活動している方しか検索できないため、婚活をしていない知り合いに見られる恐れもありません。
結婚相談所Q&A

ある相談所に「アラフォー女性は年の近い男性との結婚は奇跡」と言われたんですがそんなに可能性は低いのですか…?

結婚相談所Q&A
そうですか…ショックな発言ですよね! 実際「アラフォーの成婚率はひとケタ」などと公言している相談所もあり、...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「ある相談所に「アラフォー女性は年の近い男性との結婚は奇跡」と言われたんですがそんなに可能性は低いのですか…?」

結婚相談所Q&A

そうですか…ショックな発言ですよね!

実際「アラフォーの成婚率はひとケタ」などと公言している相談所もあり、確かにお相手探しは若いときより難しいのは事実です。

ただ、中にはアラフォー女性でも3人に一人は確実に成婚を作っている相談所もあります。

見極めのポイントはしっかりとしたカウンセリングを行っているかどうかですね。

ご自分の結婚観を大事にして、相談しながら具体的にターゲットを絞り、婚活することです。

結婚相談所Q&A

結婚相談所の活動中に過去お申し受けをお断りした方、過去に申し込みを断られた方へ、再度お申し込みをすることはできますか?

結婚相談所Q&A
可能です。ただし、お申し込み前に、所属結婚相談所の担当カウンセラーまでお申し出ください。...

結婚相談所Q&A
「結婚相談所の活動中に過去お申し受けをお断りした方、過去に申し込みを断られた方へ、再度お申し込みをすることはできますか?」

結婚相談所Q&A

可能です。ただし、お申し込み前に、所属結婚相談所の担当カウンセラーまでお申し出ください。

ご縁は、その時の状況やタイミングもありますので、その時は交際相手が既にいてお断りせざる終えない場合もあるかと思います。

状況が変わっている場合もございますので、お断りした方や、お断りされた方に、あらためてお申し込みするケースは珍しくありません。

なお、一度断られたお相手へ再度お申込みをする場合は、数カ月ほど間を空けるか、プロフィール内容やお写真を変更したタイミングが有効です。

結婚相談所Q&A

自分に自信がないので、結婚できるかどうか不安です・・・

結婚相談所Q&A
あなたに選任の仲人が付いてくれますので、ご安心ください!些細なことでも悩んだり困ったときは相談できる環境ですので、...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「自分に自信がないので、結婚できるかどうか不安です・・・」

結婚相談所Q&A

あなたに選任の仲人が付いてくれますので、ご安心ください!
些細なことでも悩んだり困ったときは相談できる環境ですので、
先ずは仲人にアドバイスを貰い、あなたがしっかり行動に移せることが出来れば、必ずチャンスが来ます!一人で頑張らなくて良いのが結婚相談所です♪
結婚相談所Q&A

出会いがないのでお見合いも考えていますが、恋愛結婚に憧れてしまいます。

結婚相談所Q&A
そうですね、自然に出会って恋心を抱き恋愛を経て結婚へ…理想的ですよね。でも実は結婚相談所で出会い...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「出会いがないのでお見合いも考えていますが、恋愛結婚に憧れてしまいます。」

結婚相談所Q&A

そうですね、自然に出会って恋心を抱き恋愛を経て結婚へ…理想的ですよね。
でも実は結婚相談所で出会い、交際を経て成婚退会されていかれる方々も交際中は立派な恋愛をされているのです。それはそうですよね、男女ともに恋愛感情の無い方とは結婚なんて決断出来ませんもの。我々もそんな無茶な結婚は推奨いたしません。
結婚相談所でも恋愛結婚をしている。じゃぁこの違和感の元は何か。婚活を始める前は、恋愛結婚という部分に意識が行きがちですが、本当は自分が思い描いていた自然な出会いではなくお見合いという出会いの形式への違和感を感じている場合がほとんどです。
この古くさいお見合いという言葉に抵抗があるのはもっともです。誰もが最初はそう感じます。ですが、お見合いという出会いのカタチは結婚適齢期の方たちにはメリットばかりなのです。

①結婚の意思のある人だけしかいない
自然な出会いから交際になっても、相手に結婚の意思が無いと時間だけを浪費します。

②必ずお相手の身元が保証されている
特に女性は騙されたり危ない目に合うことは避けられますので安心。

③恋愛中の駆け引きはカウンセラーにお任せ
恋愛中の駆け引きも楽しいものですが、互いに結婚を見据えた交際は効率よくカウンセラーを活用するのが賢いやり方。

エトセトラ、エトセトラ…

今どきのお見合いとはホテルのカフェなどでお二人でお待ち合わせをし、1時間程度お話をしてくるという比較的ラフな感じです。
もうお見合いしかないかな…と考えるのではなく、お見合いしてみようかな!と前向きに考えてみた方が絶対にこの先良い方との出会いが待っていると思いますよ!あなたの素敵な恋愛結婚を応援しています♪

浮気しない男性のメチャクチャ簡単な見極め方

結婚相談所浮気しない男性

どんな女性でもさ、浮気男とは付き合いたくないよな?

そう思ってるのに、

「浮気する男は嫌いやのに、また浮気された・・・」
「いっつも浮気されるのは自分が悪いんやろか・・・」
「私はいつも本命じゃない・・・」

と悩める女性のために、今回は【浮気男の簡単な見極め方】について話す。

ハッキリ言う!

男はみんな浮気するんでしょ!

てなことを言う人もおるけど、

そんなことはあらへん!
と、男を代表して宣言する

世の中には、メッチャモテるのに一生浮気しない男もおる。・・・

元彼に復讐したい人へ!最高の仕返しはコレ

結婚相談所 元彼に復讐

どれだけ好きやった彼氏でも、嫌な恋の終わり方をすると、愛情が憎しみに変わっていくことがある。

心の中でず~っとモヤモヤしてしまうことがあるやんな?

時間が経つほどにモヤモヤどころか、フツフツと怒りの炎が暴れ出てくる。

浮気されたとか、突然フラれたとか、、、

そんな元彼のことを考えていると、

「もう~ゆるせない!」を通り越して、

「復讐したい!」「もう消えてほしい!」

「いや、消したろか!」

って思わへんかな?

ヨリを戻したいとかそういうわけちゃうねんけど、心底大っ嫌いなのに、

許されへん元彼のことで頭がいっぱいになることすら悔しくなってまう・・・

後悔するぞ!こんな女性と結婚してはいけない5つの特徴

こんな女性と結婚してはいけない特徴を5つ言います。

男性はこういう女性に気を付けて、女性はこういう特徴を持たないようにしような。

1番、ダメ男製造オンナ

世話好き過ぎてなんでもかんでも彼氏にやってあげてしまう女性のことをこう呼ぶ。

その女性が彼氏をどんどんダメ男に仕立ててしまうねん。

母性本能が強過ぎて、尽くし過ぎるという特徴でもある。

母性本能は悪いことじゃないけれども、自己肯定感の低い女性っていうのはダメ男製造女になりやすい。

男性に尽くしていることこそで自分が認められている、幸せだと感じるんやな・・・

男からコンスタントにアプローチされるモテ女性になる方法

モテ女性っている。

なんであの子があんなにモテるんだろう?

美人じゃないのに別れてもすぐに彼氏ができるって子がいる。

一方・・・・

性格もイイ、容姿も良い、一緒にいて楽しいし、いつも「恋愛がしたい!」と言っているのに、なかなか彼氏ができない女性もいる。

その「モテ女性」と「モテない女性」の差はどこにあるのだろう?

今回は「モテ女性」になるために、「男からコンスタントにアプローチされる女性」になるために、

これをやっていけば100%今よりモテる女性になる方法を紹介する。

★女性の大きな勘違いと誤解

女性は大きな誤解をしているんだ

それは・・・

結婚相談所の探し方ガイドブック

結婚相談所のことを、分かりやすく76ページの冊子にまとめました。
どんな相談所に入会すればイイ婚活ができるのかが、ハッキリと分かります。
なぜ結婚相談所に入会後に後悔する人が多いのか? それは事前にしっかりと調べていないから!
電子書籍版(全76ページ冊子) 0円
※すぐにお読み頂けます

結婚相談所の登録人数を調べよう!

メールも電話も必要なし!
あなたの近くに何人の会員がいるか、気軽に調べてみて下さい。

Twitter