お見合いのほうが恋愛より離婚率が低い理由

お見合い結婚が離婚率が低い皆さんは、お見合い結婚と恋愛結婚、

どっちのほうが幸せかって考えたことありますか?

実はね、、、

離婚率という数字にだけ目を向けると、

恋愛結婚のほうが3倍以上も離婚しやすい!

「大恋愛の末に結婚したはずなのに??」

感覚的には分かってたけど、数字で確かめると大きなメッチャ大きな差です。

そして、幸せな結婚のためには、もしかしたらお見合いのほうがいいのかもと思うよね。

では、どうしてお見合い結婚のほうが恋愛結婚より離婚率が低いのか、その理由について詳しく説明しましょう!

今のお見合い結婚は昔と全然違う!

最近では、婚活をしていると話しても、特別驚かれるようなことは減ってきた。

ちょっと前は、婚活をしてるっていうだけで、白い目で見られてしまうという嫌な時代もあった。

お見合い結婚が離婚率が低い

ぶっちゃけ、結婚式の馴れ初め紹介でも本当はお見合い結婚だけど「知人の紹介で…」って濁して、お見合い結婚であることを内緒にする人も。

どうしてかというと、

お見合い結婚のこと勘違いしている人が多いから。

勘違いしてる人が多いんや。

勘違いしている人って、例えば江戸時代とか戦国時代のときみたいな、「親の決めた結婚相手とお見合いして、全然好きでもないのに一緒にならないといけない」っていう、昔の結婚のイメージを持ってる。

これ、全然違うよ!

今の時代の「お見合い」は、紹介してもらったお相手の経歴や親族とかのプロフィールを知った上で会ってみて、合わないなと思ったらすぐに断れる。

ええ部分が多いねんから。

交際して、何度かデートしてみて、嫌なところが見えたら振っても全然問題あらへん。

断る自由は昔と違って、普通にある。

ただ出会う形が「親族とかオジサンやオバサンからの紹介」というだけ。

そう考えたら、

お見合いの何が悪いんだろう?

って思いませんか?

お見合い結婚であろうが、恋愛結婚であろうが、幸せになれる方がええやん! って思う。

「お見合い結婚って後ろめたさがある…」

という人に対してエールを送りたい!!

ズバリ、

お見合い結婚は恋愛結婚よりも離婚率が低い!!

お見合い結婚のほうが離婚率が低い理由は、大きく2つある。

  • 恋愛結婚は婚姻時が愛情のピーク
  • お見合い結婚は条件が明確

それぞれ詳しく解説していきましょう!

①恋愛結婚は婚姻時が愛情のピーク

恋愛結婚の場合、

「お互い幸せで一緒になりたい!

「めっちゃ好き! この人しか考えられない!」

と思って、結婚することがほとんど。

ということは、冷たい見方すると、

恋愛結婚は結婚する時が愛情のピークって可能性が高いんや。

お見合い結婚が離婚率が低い

この「絶好調」な時期に婚姻届を出して、暮らし始めるでしょ?

しかも、恋の色眼鏡フィルターも絶好調にかかってるから、交際中にちょっと引っかかる部分があったとしても、見て見ぬふりをしたり許したりしているんやな。

昔の恋愛を思い出してみたら、皆思い当たる節があるでしょう?

最初は小さかった「引っかかる部分」が、結婚後どんどん違和感に繋がっていく。

もちろん、恋愛結婚でも仲の良い夫婦はたくさんいますよ。

でも、やっぱり恋愛が始まった時、愛情ピーク時は相手のことを贔屓目で見てしまう部分があるもの。

「あばたもえくぼ」ってやつな。

たとえば、、、

  • 彼の浪費癖は「私のためにお金を使ってくれる」と感じる
  • 潔癖症は「キレイ好きな人」と感じる
  • マザコンは「親孝行」と感じる

とかね。

これって、ある意味、恋愛の素晴らしさでもあるんだけど…

恋愛感情マックスの時は、相手の悪い部分が見えないように人間の脳はプログラムされてる。子孫繁栄、種の存続のために神様が恋愛を応援してくれてるのだ。

でも、結婚ってふたりの生活が始まるわけだし、一生続く現実だからね。

結婚を決めるときは恋の色眼鏡フィルターには重々注意してほしい。

お見合い結婚ではそういう恋愛マジックにはかかっていないから、冷静にありのままの相手を見られるんだな。

皆、「結婚したらどんなふうなんだろう」ってイメージしながら、相手を見てる。

これが、恋愛結婚とお見合い結婚の大きな違いだ。

②お見合い結婚の場合、条件が明確

「古い時代のお見合いとは全然違う!」ってことやけど、

お見合い結婚の場合、年齢・収入・職業などの色々な条件を見た上で相手と会うねんな。

恋愛結婚のようにドキドキするロマンスは少ないけれど、あらかじめ「結婚したい」という意志のもと、お見合いをするわけで。

  • 相手に借金がないか
  • 相手の職業は自分の生活リズムと合うか
  • 転職癖がないか
  • 家族関係に問題はないか

お互いのスペックをシビアに確認しながら結婚へと向かう。

そのため、結婚後に相手の借金が発覚したとか、実は仕事が続かない人だったっていうパターンは少ない。

それから……

結婚って、ふたりだけが良ければそれでOKではなくて、お互いの親や親戚など、家同士の繋がりができるものや。

今まで赤の他人だった人が親戚同士になるわけで、

これが将来の幸せ度数に大きな影響を及ぼすことになる。

お見合い結婚の場合、ある程度は家族のことを知ってから会えるから、その点で楽なことが多い。

大好きな人と恋愛結婚したけど、相手の親から結婚を反対されていたので、今でも絶縁状態……

なんてことは、お見合い結婚ではほぼない。

大好きな人と結婚したんやから、親や親戚が原因でギスギスするなんて悲しいし、それが離婚原因になるケースも…あるからな。

お見合い結婚では、円満な親戚付き合いをしている夫婦がほとんどやねん。

これが、お見合い結婚は恋愛結婚と比べて離婚率が低いと言われる要因です。

【まとめ】

恋愛結婚よりもお見合い結婚のほうが離婚率が低い理由は、大きくわけて下記の2点。

  • 恋愛結婚は婚姻時が愛情のピーク
  • お見合い結婚は条件が明確

といっても、ほとんどの人がお見合い結婚より、恋愛結婚への憧れを持っていると思う。

周りから「お見合いなんかでうまくいくの?」「私は嫌だな」なんて言われたら、ネガティブな気持ちになるかもしれん。

「あの夫婦、お見合いらしいよ」って言われる心配もあるかもしれん。

でも、素敵なことに、

お見合い結婚した後に恋愛が始まる夫婦がほとんどだ。

スタート地点が違ったとしても、お互いのことを、深く長く愛し続けていけるかどうかが重要で。

ついこの間まで他人同士だったふたりが夫婦になるわけやから、当然、壁にぶつかることもあるよ、ある、メッチャある。

一度だけでなく、何度も、そういうことが起こるのが結婚なのだ。

10年以上一緒に生活した後に、相手の新しい魅力を発見…

ってのが普通に起こる。

色んな話をしながら、月日をかけてお互いのことをより深く知っていく。

どの夫婦もそういうものやねん。

ということで、僕はこれを皆に伝えたい!

お見合い結婚が恋愛結婚に負けてるっていうことは、絶対にない!

ふたりで幸せな生活を続けていくことが、何よりも大切なのさ。

出逢い方なんて気にするな!
幸せになった夫婦の勝ち~!

Picture of ミッキー岡田が執筆
ミッキー岡田が執筆

日本で最も投稿数の多いクチコミサイトの管理人。
結婚相談所のイイ点もワルイ点も包み隠さず発信することがモットー。
全米NLP協会マスタープラクティショナー心理学資格。
古神道神理教に属する神社の神主。

ミッキー岡田の記事一覧はこちら

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事