大阪・京都の結婚相談所

結婚相談所の婚活プロフィール、自己PRを上手に活用するポイント

結婚相談所で婚活している男性の特徴|キモい
結婚相談所

結婚相談所の仲介人という立場上、自己PRの書き方を相談されます。

就職活動の自己PR以来だと言う方がほとんどですね。

結婚相談所の婚活ではプロフィール作成が命!

お見合いを申し込むときの参考となるのがプロフィールだからです。

職業・年収・年齢といった項目はサラサラかけても、自己PRって、悩んでしまうもの。

私も就活をしているとき、自己PRで悩んでいました・・・。

成婚のキモとなる、結婚相談所・プロフィールでの自己PRポイントをご伝授しましょう♪

仲介人が教える!婚活・自己PRのポイント

自己PRは、形式が決められていないからこそ、詰まりやすい部分。

そんな自己PRで重要となるのが全体のバランスです。

理想の文字数は800文字程度

まずは理想の文字数。

自己PRでは、大体800文字程度が理想です!

少なすぎると、「本当に婚活する気があるのかな?」と思われてしまいますし、

多すぎると、「なんだか読みにくいな……」という印象を与えてしまいます。

これらを考慮したうえで、仲介人の私がオススメするボリュームは800文字程度!

読むのに疲れず、好印象なボリュームになります。

自己PRではどういう割合で何を伝えるの?

自己PRで注目すべきは文字数だけではありません。

たとえば、趣味のことばかりを書いた800文字では、お相手に自分をPRしきれないですよね。(笑)

自己PRで書く内容と、その割合は以下の通りです。

  • 仕事のこと:2割
  • 性格的なこと:2割
  • ライフスタイル:2割
  • 将来どんな家庭を築きたいか:4割

これが理想の自己PRです。

仕事のことは、業務内容よりも、どういうスキルを求められていて、どんな環境で働いているのか、ここを強調したいところ。
お相手は、別にビジネスパートナーを求めている訳ではないのですから、仕事の細かい内容を知る必要ないのです。

何となく、生き生きしているんだな。

楽しそうに仕事をしているんだろうな。

周りに恵まれているな。

ここが分かれば、少なくとも「家で愚痴を聞かされることはないな」と、プラスに捉えてくれます。

自分の性格・価値観も自己PRに書こう!

次に性格的なこと。ここは、自分ではなかなか言い辛いことだと思います。

就職活動のときも、自己分析をしろ!と言われた経験がないでしょうか?

けれど、自分のいいところがなんとな?くわかっていても、自分でそれをアピールするなんて・・・と、気がひけちゃいますよね(笑)

そんなときは、友人や同僚、先輩後輩を使いましょう!

「友人からは優しい性格だねと言われます」

「職場では、縁の下の力持ちで配慮ができるねと言われます」

など。

それだけでは嫌味な印象を与えかねないので、きちんとオチをつけましょう。

「?と言われます。ですが自分では◎◎なところもあると思っています」と。

そうすれば自己評価が高すぎず、低すぎない人なんだなぁという印象になります。

ライフスタイルや、どんな家庭を築きたいかも・・・

ライフスタイルや結婚後、どんな家庭を築きたいのかも、自己PRに盛り込みましょう。

意外とこれも重要なんです。

将来一緒に生活をするわけですから、どんな家庭生活を一緒に送ることになるのかをイメージさせます。

具体的過ぎてもこだわりが強く感じられるので、ここも、充実し過ぎず、オンとオフの切り分けだけは出来ていますというアピールで良いと思います。

そこから、将来どんな家庭を築きたいかを、ダメ押しでお伝えします。

ある種、コミットですね。

男性なら、家事を手伝ったりなど、女性なら、ホッと帰ってこれるような雰囲気作りをしますなど。

コミット要素は、自分の性格や趣味、職業と紐つけてアピールするとさらによしです。

たとえば、料理が趣味で・・・とアピールしているなら『家事をする』アピールに説得力が増します。

まとめ

結婚相談所

自分がいちばん、自分のことをわかっている・・・と思っていても、いざアピールする環境になると、どうアピールすればいいのかわからないもの。

自己PRを制すものは婚活を制す!ということで、

自分のプロフィールを今一度、見直してみましょう♪

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP