全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】

バツイチでの婚活・再婚は難しいと思っていませんか?

実は、あなたの行動ひとつ、考え方ひとつで大きく変わってくるんです。

とは言え、自然な出会いの数が一定数あるのは40代までという意見が大半ですから、あなたがバツイチ40代なのであれば、自分の希望に沿った婚活ができる最後のチャンスだと意識して、効果的かつ積極的に活動していくことが大切です。

40代の「今」をムダにしないよう、今回ご紹介する【成婚のコツ】をぜひ参考にしてください。

時間は待ってはくれません。

自分の人生設計をしっかりと考え、効率的に動いていきましょう。

40代バツイチ成婚のコツ①「再婚相手に選んではいけない人」を選ばない

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】40代の婚活は時間との勝負です。

幸せな未来を描けないような相手と中途半端なお付き合いをしていては、再婚は望めません。

「再婚したい!」という思いがあるのなら、「いつか」や「できれば」と漠然と考えるのではなく、本気で「この人となら」と思える人を選び、積極的に働きかけていきましょう。

目を養うことが大切です。

下記に挙げる「男女別・選んではいけない人」との交際は避け、貴重な40代の時間をムダにしないようにしてくださいね。

【女性編】選んではいけない男性の特徴

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】

特徴1.人の話を聞かない男性

40代以降の婚活は30代までの婚活と違い、ドキドキするような恋愛の相手というよりも、精神的な繋がりを大切にできるパートナーを探すという意味合いが大きくなります。

一緒に暮らす人は気の合わない人よりも、一緒にいてホッとできたり趣味を共有できたりする人がよいはず。

よって、まず対象から外すべきなのは、人の話を聞かない男性。

自分の話ばかりしている人はもちろん、あなたが話し始めるとあからさまに退屈そうな素振りを見せたり、話をすぐに切り替えて自分の話題に持っていったりするような相手は避けましょう。

会話をしている最中に、「逆に」「ていうか」など否定の言葉を使って持論を展開していくタイプの男性も要注意。

会話が面白くて好みのタイプの男性と知り合った、44歳子どもなし・バツイチのAさんのケースを例に取り上げてみましょう。

彼女は彼と知り合ったとき、「これはチャンス!」と思ったそうです。

海外生活の経験があり、仕事をバリバリするタイプの彼。
話がおもしろく、彼といる時間は退屈することがなくて楽しかったのですが、あるとき、彼は私にまったく話を振ってこないことに気がついたのです。
私は平凡な仕事をしたことしかないので仕方ないのかなと思っていましたが、どんなときでも彼は自分の話ばかり。
自慢話が多く、同じ話を何度も聞かされるため、私はどんどん彼といる時間が苦痛になっていったのです。

ある日、私が職場であった話をすると「その話、もう聞いた」とバッサリ切り捨てられ、唖然。
私はいつも我慢しているのにと言いたくなりました。

彼はどこへ行ってもこの調子のようで職場でも全く人の話に耳を貸さないため、周りから浮いているみたいでした。
心から安らげる関係を求めていた私は早々に別れを切り出しましたが、彼はなぜ振られたのか理解できなかったみたいです。(44歳女性)

 
「夫が話を聞いてくれなかった」「夫婦の会話が少なかった」といった不満から離婚に至ったという話をよく聞きます。

「男性と女性では会話の感覚に違いがある」とよく言われるように、女性側からしたら「ただ共感してほしかった」だけなのに、男性から「それを僕に言って解決するの?」とバッサリ切られてしまった(でも、自分の話はよくする男性は多いもの)という経験のある人も多いのではないでしょうか。

趣味や好みが合っても、話を聞けない男性との生活はフラストレーションがたまりやすいため、避けるほうがよいですね。

特徴2.謝らない男性

相手の都合でデートの予定が変更になったりキャンセルになったりしたときに、率直に「ごめんね」と言えない男性がいます。

仕事でもそこそこ責任のあるポストにつき、後輩も多くなってくる40代ですから、自分より目下の人に囲まれているうちに「ごめんなさい」「ありがとう」が素直に言えなくなったという人もちらほら増えてきます。

単に謝るのが苦手なのか、女性に謝るのが嫌なのかはわかりませんが、こういったタイプの男性はケンカになったとしても絶対に折れることがなく、我慢を強いられる可能性が大。

結婚してから、彼が実はモラハラタイプの男性だったと気づいたケースも……。

約束を果たせないときに「ごめんね」が言える人かどうか、しっかりと確認しておきましょう。

特徴3.子どもがほしいのかどうかはっきりしない男性

40代からの恋愛では、お相手が同年代・年下に関わらず、子どもについてどう考えているかをきちんと確認しておく必要があります。

ダラダラとお付き合いを続けた果てに、「やっぱり子どもがほしいから」という理由で振られる可能性もなきにしもあらず。

また、遊ぶ相手には丁度いいとばかりに、都合のいい女(セフレ)扱いしてくる男性も……。

44歳のBさんも、相手の意思をはっきり確認しなかったばかりに時間をムダにすることになってしまったそうです。

44歳のときに、結婚経験なしの37歳の男性と付き合っていました。
年齢的に子どもは無理なので、いつかは別れることにはなるかもしれないと思いつつも、寂しさもあってズルズル関係を続けていました。
ところがある日、彼には私のほかに20代の彼女がいたことがわかったのです。
ショックでしたが「大人なのに、私は何をやっていたんだろう」という、いい気づきになりました。
それ以来、聞きづらくてもお付き合いする前に子どもがほしいかどうかを相手に確認するようにしています。(44歳女性)

 
バツイチでも初婚でも、こういったリスクを考えると40代からは、子どもの有無やお相手の年収・職業・離婚歴を事前に知れる結婚相談所での婚活がおすすめです。

参考記事:バツイチ婚活で幸せな再婚を目指すなら、結婚相談所がおすすめな3つの理由

【男性編】選んではいけない女性の特徴

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】

特徴1.年下すぎる女性

「40代女性で独身というのはヤバイけど、男性40代はまだまだいける」と思っていませんか?

実際に結婚相談所に登録に来る30代から40代の男性の中には、「20代の女性と結婚したい」「とにかく女性は若いほうがいい」と考えている男性が少なくありません。

確かに、芸能人の中には20歳以上年下の女性と結婚するバツイチ(あるいはそれ以上の)男性がたくさんいますが、それは彼らが特別に優れた経済力やルックスを持っているから。

若さを投げ打ってでも結婚したいと思う強力なメリットがない限り、20歳以上年上の男性と結婚したいと思う女性はいません。

男性が女性の年齢を気にするように、女性も男性の年齢をシビアに見ています。

「この人はあと何年働けるだろうか」「自分の親と夫の介護がほぼ同時は嫌!」など、女性は現実的に考えるものです。

「自分には桁はずれの経済力がある」「タレント並みのルックスがある」という人以外、極端に年下の女性ばかりをターゲットにする恋愛、婚活は時間のムダになるケースが多いと心得ておきましょう。

特徴2.経済力のみを重視している女性

結婚後に経済的に協力し合うのは一般的なことですが、その生活費だけを重視している女性は避けたほうが◎

バツイチの女性の中には、子どもがいる・無職だという理由から経済的な拠りどころを探している人もいます。

また、若い女性でも「結婚したら働きたくないから、年上の男性を選ぶ」という人もいます。

必ずしも自立、自活している相手でなければならないというわけではありませんが、依存度の高い女性は精神的にも自立していない確率が高いです。

年下の女性と結婚したいと考えていた42歳のCさんも、婚活中に知り合った女性に依存されそうになった経験者。

婚活中に知り合った30代の女性。
「結婚したら仕事を辞めたい」というのが口グセで、デート中も仕事の愚痴ばかり聞かされていました。
次第に精神的に子どもっぽいと感じるようになってしまい、お付き合いをお断りすることに。
年下の女性がいいなとは思っていましたが、一生、経済的に依存されると考えると結婚は無理だなと感じました。(42歳男性)

 
共働きになるか専業主婦になるかは当人同士の考えですから、どちらであっても誰も口を出すことはできません。

しかし、生活に対する責任感や協力して生きていくという決意をふたりともが持ち合わせていないと、結婚生活は続きませんよね。

特徴3.ネガティブ思考の女性

こちらはお相手もバツイチである場合に多いパターン。

女性の中には、過去に自分がどれだけつらい目にあってきたかを延々と語る人がいます。

たとえ信頼してくれているからこその弱音であったとしても、元夫のDVや浮気、毒親のことなど自分がいかに不幸な人生を歩んできたかばかりを語られると、ふたりの未来に明るい希望が持てなくなってしまいますよね。

こうしたネガティブ思考の人とはお付き合いをしていても気持ちが安らぐことがありませんから、悲観的な思考の持ち主は避けたほうが正解です。

40代バツイチ成婚のコツ②子連れ再婚の基本は「真摯に向き合う」&「無理をしない」こと!

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】あなたやお相手に連れ子がいることは必ずしもマイナス要因ばかりとは言えませんが、注意しなければならないこと、乗り越えなければならないことが初婚同士よりも多いのは確かです。

しかし、仕事をしながらひとりで子どもを育ててきたという実績はその人の力量の証明にもなり、また、お子さんは再婚を考えるふたりの背中を押してくれる大きな味方になってくれる場合もあります。

「子どもがいるから……」とネガティブに考えることはやめて、「子どもがいるからこそ」と、その素晴らしさに目を向けてください。

基本をおさえ、時間をかけて向き合いながらみんながハッピーになれる形を探っていきましょう。

交際相手に子どもがいる場合

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】

焦らずじっくり、お相手のお子さんの気持ちを大切に

お相手のお子さんの年齢・性別によってクリアしなければならないポイントは少しずつ変わってきますが、いずれにせよ、大切なことは「お相手のお子さんの気持ちを尊重しつつ、真剣に向き合う」こと。

一番再婚の難易度が高いケースは思春期のお子さんがいらっしゃる場合ですが、「難しいから」「大変だから」と避けてばかりでは良くなるものも良くなりません。

皆で出かける、お子さんの興味のあるものを会話の糸口とする、またそれを調べて学び、一緒にやってみるなど、お子さんに寄り添い、彼らと時間を共有することを積極的におこなっていきましょう。

くれぐれも「やってやっている」「仕方なく合わせている」「好かれるよう不自然に顔色をうかがう(見返りを求める)」といった姿勢にならないに注意をしてください。

無理をすると態度や表情に表れてしまいます。

交際相手としっかりと話し合い、できることとできないことをはっきりさせてから少しずつ距離を詰めるようにしましょう。

決して焦ってはいけません。

お子さんの立場に立ち、また、「一緒に楽しむ」ことを大切にするとよいですよ。

自分がお相手の連れ子を愛せない場合は要注意

再婚すると、当然ながらパートナーのお子さんもあなたの家族になりますね。

しかし、お相手のお子さんを自分の子どもだと思って心から愛せないと感じている場合は、再婚自体を諦めましょう。

子どもの年齢にもよりますが、相手に万が一のことがあった場合、あなたが責任を持って育てていかなければなりません。

また、自分とお相手の間に子どもが生まれたと想定して、その子を分け隔てなく愛することが難しいと感じる場合も再婚は考え直すべき。

こればかりは後からどうにかなることではありません。

お相手のお子さんから拒否されている場合は成婚に至らないケースも

どんなに努力をしても色々な工夫をこらしてみても、人間ですから「合わない」ということもありますよね。

時間をかけて向き合ってみても、お相手のお子さんが自分に心を開いてくれないとなると、その人との結婚を諦める(または時期を大幅にずらす)という選択しかない場合も。

お付き合いをしていたお相手に、15歳のお子さんがいたというDさんの経験談をご紹介します。

交際相手の男性のお子さんが私に全く心を開いてくれず、お付き合いを解消することになりました。
「一緒になるなら出ていく」とまで言っていて、これは無理だろうと思って諦めたのです。
なんとか会話をしようと学校の帰りを外で待っていたり、彼に「子どもと話をさせてほしい」とお願いをしたりしましたが、結局は本人が「絶対に結婚には反対」というスタンスだったため、どうすることもできませんでした。(40歳女性)

 
思春期であれば特に、「大人の勝手な都合で振り回されて迷惑」「他人と暮らすなんて嫌」と拒否される可能性が高くなります。

「無理なものは無理なのだ」と諦める勇気も時には必要です。

一度は拒否されても、真剣に向き合う中で徐々に打ち解けていき、結果的に賛同を得られたというケースもありますが、それにはかなりの時間を要するため覚悟を決めなくてはなりません。

自分に子どもがいる場合

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】

常に子どもを優先し、交際相手に夢中になりすぎないことが大切

子連れ再婚を果たした人は皆、お子さんに自分たちのことを打ち明けたあとは「子どもを交えて出かけるようにした」「なによりも子どもとの時間を大切にした」「子どもとの会話や時間を増やし、スキンシップをたくさん取るようにした」と口をそろえておっしゃいます。

どの年齢・性別でもそれは変わりません。

自分だけの幸せを追い求めて、子どもをないがしろにすることは絶対にしない! これが大前提となります。

また、決して自分に子どもがいることがハンディキャップになるとは思わないでください。

お子さんはあなたの生きてきた証であり、何にも代えがたい、一等愛する存在のはず。

再婚を意識しすぎず、お子さんと真摯に向き合い、ありのままを話すことを心がけましょう。

取りつくろうとして嘘偽りをまぜて話したり、交際相手に夢中になってお子さんとの時間を後回しにしたりしてはいけません。

お子さんの気持ちを尊重し、お子さんのペースに合わせることが大切です。

「メリハリ」をしっかりとつける

40代バツイチの恋愛・婚活は、仕事のときは社会人の顔、家に帰ればママ・パパの顔、交際相手とふたりきりのときは恋人同士の顔と、メリハリをしっかりとつけて進めていく必要があります。

恋人同士の時間を優先しすぎて子どものお迎えの時間を遅らせてばかりいると、お相手から「もしも自分たちの子どもができたときにも、子どもを後回しにしたり放置したりするのでは?」と疑われてしまう可能性もあります。

子どもと過ごしているとき、それから交際相手といるときのお化粧や服装も、当然ながら変わってくるはず。

男女ともに、それぞれの時間に合わせてしっかりと切り替えられるよう意識しておきましょう。

交際相手があなたの子どもを大切に思ってくれない場合は交際自体を考え直して

もしもあなたの交際相手が、あなたのお子さんよりも自分たちの時間を優先したいと言った場合、その人との交際は考え直すべきです。

再婚はおろか、あなたとあなたのお子さんとの関係さえも悪化しかねません。

どんなに趣味嗜好が合い、好みの交際相手であっても、あなたと同じように子どものことを第一に考えてくれない人でなければ家族にはなれません。

自分に子どもがいることを打ち明けたときのお相手の反応を、しっかりと受け止めることが大切です。

40代バツイチ成婚のコツ③「バツイチだからこそ!」失敗から学んだ反省点を生かそう

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】「失敗は成功のもと」という言葉があるように、反省し、改善していくことで大きな幸せをつかみ取れるのですから、失敗をネガティブにとらえるのではなく糧にして、次のステージへ歩を進めましょう。

まず、前提として「自分がバツイチになった原因や理由は元夫・元妻だけにある」と思わないこと。

DVや不倫、義理の親との関係など、「何か」があって離婚に至ったわけですが、最終的に<離婚>という結論を出したのはふたりのはず。

どちらかだけが勝手に決めて離婚届を出したわけではありませんよね。

「自分が離婚したのは元夫・元妻のせいだから!」と頑なにならず、「もっと話し合えばよかった、自分にも至らないところがあった……」と謙虚な姿勢で受け止めておくほうが、新しい恋人から「なんて誠実な人なんだろう」と思ってもらえ、あなたの好感度がアップしますよ。

「失敗から学んだことがたくさんある」「離婚経験があるからこそ、今の成長した姿がある」と胸を張って言えるよう、ぜひ過去の自分を振り返ってみてくださいね。

現実的にお相手探しをし、「選ばれる」ことを意識する

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】若い頃や独身の頃に「相手選びの目安」としていたことは何ですか?

お相手の年収や見た目など、内面より条件を強く意識していた人はそれをリセットする必要があります。

自分がバツイチ40代であることを忘れてはいけません。

他人から「あなたの理想は高すぎる」と言われる場合は要注意!

紙に理想の結婚像を書き出して、それらが現実的かどうかを確認してみてください。

ポイントは、相手に多くを求めすぎないこと。

「これだけは譲れない!」という点はひとつに絞り、お相手に選んでもらうことを基準に、今後何をすればよいかを考えてみましょう。

  • 相手の年収や容姿など高望みをしない
  • 精神的、経済的に自立している
  • 積極的に行動できる
  • 年相応の知識力や思考力がある
  • 決断力がある
  • 柔軟性や包容力がある

 
客観的に見て、あなたは「選ばれる人」ですか?

幸せをつかみ取るには受け身の姿勢ではいけません。

交際相手がいる人も同様です。

若い頃であれば許されたことでも、40代ではそうはいかないこともあるはずです。

独身の頃の婚活とバツイチの婚活は別なのだということを、しっかり心得ておきましょう。

「出会いがない」と感じるなら積極的に結婚相談所を利用しよう!

【バツイチ40代の婚活】結婚相談所のスタッフ直伝!再婚するためのコツ【選んではいけない人&子連れ再婚】40代バツイチの婚活において、マッチングアプリや婚活パーティーという手段は遠回りしてしまう可能性が高いためおすすめできません。

同僚や昔から属している趣味のサークルで出会った人であれば、あなたがバツイチであることやあなた自身のことを知ってくれているためお付き合いがスムーズに進みやすいものですが、初対面の人と関係を構築していかなければならない出会いの場では、どうしても初婚の人に比べてバツイチの人は不利な立場に立たされてしまいがち。

その点、結婚相談所での婚活では、真面目に結婚・再婚したいと考えている人たちが集まっていること、また、お互いにプロフィールを見て納得してからお見合いができることから、効率よく婚活を進めていくことが可能です。

カウンセラーや仲人からのアドバイスやバックアップを受けながら婚活できるため、迷ったときや悩みを話したいときにプロに相談できる点も結婚相談所を利用するメリットのひとつ。

もしもあなたが「出会いがない」と感じているなら、結婚相談所での婚活もぜひ検討してみてくださいね。

※利用する際には、なるべく年上のスタッフに担当してもらったほうがお話がしやすいですよ!

参考記事:バツイチ婚活で幸せな再婚を目指す!結婚相談所がおすすめな3つの理由

まとめ

40代バツイチの再婚と30代バツイチの再婚との大きな違いは、より相手の内面に目を向けるべきということ。

40代は自分の子どもや親のこと、老後のことなど、「好き」という感情だけではどうにもならないできごとに直面する機会が増えてきます。

再婚することで誰かにしわ寄せがいってしまう関係は幸せとは言えません。

無理なく家庭を営んでいけること、「ママが再婚してよかった」「パパが幸せそうで嬉しい」と子どもに感じてもらえること、皆が笑顔で過ごせることを考えて婚活を進めていきましょう。

後悔しないためにも、外見や年齢、条件だけではなく、相手の人となりを重視するようにしてくださいね。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP