全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

婚活で結婚の決め手がわからないなら、まずは『客観的』になろう!

結婚相談所
結婚相談所

「婚活で出会った人はみんないい人。だけど、みんな決め手に欠けるの」

「これだ!と思える決め手がないから、なかなか成婚に踏み切れない……」

ようやく素敵な人と巡り会えたのに、また新しい壁にぶつかって少し疲れたあなた。

せっかく相手が好意を抱いてくれているのに、決め手に欠けるなんて、失礼だと自己嫌悪に陥ったり。

そんな婚活で決め手に欠けると悩むあなたのために、この記事では、成婚に至るまでに意識すべきポイントを5つご紹介します。

婚活で『結婚の決め手』に欠けるときにやるべきこと

すぐにでも意識できるポイントをまとめていますから、「これならやってみても良いかも!」と思えたことから始めてみてくださいね。

秘訣1.どうしても譲れない条件を3つ書き出す

婚活の決め手がないと感じるのは、どうしても譲れない条件を明確にしていないからかもしれません。

「あの人のここが好きだけど、結婚するならここがダメかも」「この人はここが素敵だけど、どうしてもここだけは許せない」というように、男性に細かいケチをつけていませんか?

こういうパターンは、結婚相手に求める条件が多すぎることが原因になっています。

絶対に譲れない結婚相手の条件を3つだけ書き出し、それを軸としてパートナーを選んでみてください。

3つの条件は少なすぎず、多すぎず、ちょうどいい数!

結婚は一生に一度の決断ですから、妥協しすぎる必要はありません。けれど、こだわりすぎると逆効果。

これだけは嫌だなぁ……と思う条件を明確にしましょう。

秘訣2.仮交際中のパートナーの短所を書き出す

恋は盲目といいますから、パートナーの短所は長所に隠れています。

「あの人は私にとって運命の人!だから短所なんてあるわけないでしょ!」

こう思っているあなたは要注意。

一緒に暮らしてみるとパートナーの短所が次から次へと見つかるかもしれません……。

結婚相手にどうしても譲れない自分の中の条件を書き出すと、今まで見ないふりしていたパートナーの短所に目をむけるきっかけにもなりますよ。

人の性格はそう簡単に変えられませんから、今のパートナーと結婚した場合、その短所と一生向き合っていく必要があります。

堅実的な結婚をするためにも、長所よりもまずは短所を書き出してくださいね。

秘訣3.感情の赴くままに行動してみる

「もういい大人なんだから」と、自分の感情を抑えつけた恋愛をしていませんか?

相手にとって都合のいい女性を演じるのは疲れてしまうはず。

パートナーのイエスマンになっている自覚があるなら、嬉しい・悲しい・楽しい・つまらないなど、感情のおもむくままに行動してみてください。

婚活を続けているうちに、頭でっかちになってしまって、自分の素直な気持ちがわからなくなる人も少なくはありません。たまにはシンプルに、心のままに動いてみるのもオススメ!

秘訣4.恋愛お休み期間を設ける

婚活しているけれど、毎回決め手に欠けると悩んでいるあなた。

それは婚活疲れに陥っているかもしれません。

そんなときは、現在お付き合いしているパートナーと距離をおき、恋愛お休み期間を設けてみませんか?

普段訪れない土地に遊びに行くもよし、自宅に引きこもって録画したドラマを消費するもよし、とにかく異性との関わりを断ってみてください。

秘訣5.『友人の友人』や『職場の上司』などに目を向けてみる

婚活パーティー、婚活サイト、結婚相談所……。

あらゆる婚活に挑戦してみたけれど、出会う男性はどれも決め手がない。

そんな場合は、古くからの友人の友人や、日頃からコミュニケーションをとっている職場の上司などに目を向けてみましょう。

職場結婚は否定派が多いですが、毎日関わっている職場の人だからこそ、お互いの短所も長所もよく知っているはず。

婚活で出会う男性に対して決め手に欠けると感じる理由は、相手をよく知らないからかもしれませんよ。

おまけ.迷いは婚期を逃す原因?20代女性の婚活は『条件が低い』【番外編】

結婚は人生の一大イベント。

カップリング交際で「いいな」と感じる男性はいても、成婚に踏み切るまではなかなか勇気がいるはず。

でも、そうやって迷っていると、さらに婚期が遅くなるかもしれません。

20代前半で婚活に参加する多くの女性は、30代女性・40代女性と比べ、男性に求める条件が遥かに低いです。

条件を低くして成婚に至れば手っ取り早いですが、それができずに困っている人は、客観的に自分とその周りを見つめ直してみてください。

まとめ.婚活で決め手に欠けるなら客観視!まずは冷静に

ここまで読んでくださったあなたならお分かりかもしれません。

成婚に踏み切る決め手がないのは、女性側に原因があるケースが多いのです。

言い換えれば、女性の考え方次第でどうにでもなるということ。

だからこそ、主観的な婚活で視野を狭めるのではなく、自らの婚活を客観視してみませんか?

一呼吸おいて、一歩下がって、もう少し冷静に判断してみましょう。

きっと、あなたが満足できる答えが見つかりますよ。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP