大阪・京都の結婚相談所

どうする子育て?シングルファザーが抱える4つの心配

世の中で語られるひとり親家庭の話題といえば、どうしてもシングルマザーが主役になりがち。

シングルファザーが主役になることはあまりありません。

それはひとり親家庭のうち母子家庭の割合が8割を超える点や、女性の雇用・賃金の格差の問題が、ひとり親家庭を取り巻く話題と密接に関連していることに由来するかもしれません。

※ 平成23年時点、母子家庭は123.8万世帯(全体の85%)、父子家庭は22.3万世帯(全体の15%)となっています。

ですが、シングルファザーもシングルマザー同様に多くの心配や問題を抱えていることは事実です。

今回はそうした心配をいくつか取り上げながら、それぞれ解決策をご紹介していきたいと思います。

シングルファザーが抱える4つの心配と、解決への糸口

シングルファザーが抱える悩みのなかには、シングルマザーとは違う”男性ならでは”の悩みも多く含まれています。

ここで紹介するのはそうした悩みの一部になります。

解決のためのヒントもご紹介していきますので、ぜひ参考にしていただき役立てていただければと思います。

1.手提げバッグはどう作る?学校の持ち物の準備ができない

幼稚園~小学校くらいの年齢の子供たちは、ひとりひとり「手提げバッグ」をもつイメージがあるでしょう。

子供の頃の記憶をたどってみると、お母さんやおばあちゃんが縫って作ってくれたバッグを持っていたことがありませんでしたか?

車や飛行機の絵(ワッペン)がついた可愛らしい布製のバッグです。

今の子供たちも同じようなバッグを持って登園・登校するケースがあります。

しかし男性の場合「縫い物ができない」、「縫い物をやったことがない」という方も大勢いるでしょう。

必要とはいえ作ったことのないものに挑戦するのはなかなか骨が折れてしまいますよね。

ただ、現在の子供たちが使っている手提げバッグは、必ずしも全員が手作りとは限らないようです。

その理由は「昔に比べると安くて質の良い市販のバッグが増えたから」です。

しかも、デザインも子供たちが好むアニメキャラクターの製品もたくさん販売しており、子供たち自らが市販のバッグを選ぶこともあります。

最近では、共働き世帯も増えているので、『自作の通園バック』を指定する学校は減っているのです。

とはいえ、ごく稀に手作りであるよう指示されることも。筆者の子どもも実は手作り通園バックを指定されました。

けれど入園、入学の年度末シーズンは仕事も忙しいんですよね。

なので筆者はメルカリで売っている手作り通園バックを購入しました。

ネットで探せば通園グッズを手作りしてくれる方もたくさんいます。裁縫が簡単になる便利グッズも販売されているので、便利なアイテムを使って工夫してみましょう!

女性もお裁縫が苦手な人はたくさんいます。けれどそういう人こそ、便利グッズで工夫されていますよ。

2.授業参観・運動会などの学校行事に参加できない

シングルファザーの子育て

シングルファザーであろうとなかろうと、「男性は働いてなんぼ」という価値観は今も根強く残っています。

長い残業や休日出勤も子供のことを思えばこそ……でしょう。

しかし、シングルファザーの場合「授業参観・運動会などの学校行事に参加できない」問題は頭を抱える部分。

親として子供の成長を目にする機会を失うだけでなく、子供からの信頼を失うことにもつながりかねませんよね。

子供のためを思えばこその忙しさであることは、もしかすると子供もわかっているかもしれません。

ですが、毎回は無理でもせめて運動会などの大きな行事には参加できるよう工夫してみませんか?

もしくは、平日昼間に行われる通常の授業参観ではなく、日曜参観や親子レクリエーションなどに参加するのもおすすめです。

学校行事の日程は学期始めに必ず配布されますから、絶対に目を通しておきましょう。職場にも前もって予定を伝えておき、仕事の調整をしていきましょう。

職場からシングルファザーである自分への『理解』を得られるよう、話あったりするのもいいかもしれません。

3.子供とのコミュニケーションが上手くとれない

シングルファザーの子育て

子供とのコミュニケーションに自信がないお父さんは大勢います。

子供にお説教をする時に必要以上に強く怒ってしまったり、子供の成長や悩みにどう寄り添うべきかわからなかったりしたことはありませんか?

こうした時一緒に子育てをするお母さん(妻)がいれば、怒りすぎてしまった時にこっそりフォローを入れてくれたり、一緒に悩んでくれたりするものですが、シングルファザーではこれができません……。

そんな時はぜひ周りの人を頼ってください。

自分と同じように子育てをしているご友人、ご自身の両親はもとより、各自治体に設置されている「子育て相談窓口」に問い合わせてみたり、SNSのシングルファザー友達に相談したりすると良いでしょう。

実際にSNS上では多くのシングルファザーさんが子育てについて発信しています。相談窓口では相談できない悩みもSNSだからこそ気軽に聞けることもあるのです。

ひとりで抱え込まないでくださいね。

4.女の子の思春期どう対応するべきかわからない

女の子(娘)の下着のことや生理のことは、シングルファザーにとって最も悩ましい問題ですよね。

自分自身が使ったことのないもの、経験したことのない身体の変化に対して不安なことや知らないことがあるのは仕方がありません。

ですが、勉強することはできます。

女の子が成長していくにしたがってどういった配慮が必要なのか、何を用意してあげるべきなのか……。

現在は本の他にもインターネットを調べればいくらでも情報が出てきますね。

※ 誤った情報を鵜呑みにしないように注意してください。発信元に十分注意してください。

ただ、勉強した情報をそのままお父さんが活用すべきかどうかは話が違ってきます。

想像してみてください。

年頃の女の子が自分の下着や体のことについてお父さんから話をされて気分が良いわけはありませんよね。

そんな時は娘さんも知っている仲の良い大人の女性や保健室の先生に「大人に向けた準備が必要であること」を伝えてもらうのが無難です。

お父さんは娘さんとの関係性を踏まえながら、ある程度の距離感を保ってサポートしてあげましょう。

下着にしても生理用品にしてもお金は絶対にかかります。

相談が必要ではありますが、娘さんが自分で用意をしたがるなら「下着や生理用品に使いなさい」と言う必要はありません。

日頃のお小遣いに上乗せする形で、黙ってお金を用意してあげましょう。もしくはAmazonなどの定期購入で勝手に届くように設定しておきましょう。

まとめ

シングルファザーにはシングルファザーなりの心配や問題がたくさんあります。

一緒に悩んでくれる妻はおらず、こうした心配を多くのお父さんがひとりで抱え込んでいるようです。

ただ、現在はインターネットやSNSで悩みを他のシングルファザーやシングルマザーの方達と共有したり、解決のためのヒントをもらったりできます。

加えて学校や自治体もできる限りのサポートをしてくれますから、前もって不安なこと、協力してほしいことを相談しておきましょう。

子育てはひとりでするものではありません。必ずヒントがありますし、味方がいます。困ったことがあれば調べる・相談する・助けてもらうことを忘れないでください。

シングルファザーはあなただけではありません。

そして、片親家庭として子育てに励んでいるあなたの実質的な負担は、あなたに降りかかっているかもしれませんが、子育ては親だけでなく、地域との繋がりで成り立つものです。

いろんな機関やサービスをうまく活用して、あなたのプレッシャーが少しでも軽減されれば幸いです。

よく読まれる関連記事⇒シングルファザーも彼女がほしい?誰にも聞けない恋愛事情!世間の意見は?

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP