大阪・京都の結婚相談所

再婚同士のBIGカップルに学ぶ!ジェニファー・ロペスとA・ロッドが再婚を決意した秘訣とは?

先日、あるBIGカップルが婚約を発表したのをご存知でしょうか?

それは、世界的ディーバのジェニファー・ロペスと『NYヤンキース』で長年活躍し、米・大リーグのレジェンドであるA・ロッドのカップル。

実はジェニファー・ロペスは、3度の離婚歴があり、2人の子持ちです。

A・ロッドも離婚歴があり、娘が2人いるため、「バツイチ、子持ちの2人が結婚を決めたのすごくない!?」と各所から驚きの声もあがっています。

知名度が高いだけでなく、バツイチ子持ち同士がうまくいくのかに注目が集まっているのです。

そんな2人の歩みから、バツイチ同士が結婚を決めるまでにチェックしていたであろうポイントを探ってみました。

1)お互いに信頼できるまでは、距離を置いた交際をする

実は、デートを重ねながらも、交際宣言までは少し時間がかかった2人。

特に、ジェニファー側が交際するかどうかをかなり慎重に見極めていたそうです。

知名度抜群の2人ですから、付き合ったらお互いにビジネス的なメリットはいっぱい。

ですが、お互いにモテまくりで、子持ちで、結婚・離婚を何回も繰り返しています。

加えて、お互いに男女関係に関する様々な噂(本当か嘘かは置いといて)があったため、きちんと「この人と付き合って大丈夫か?」「信頼して、プライベートを見せていい?」などを見極めたいと、一定の期間は距離を置いた交際をしていたようです。

「好き」「愛している」だけで付き合うのではなく、バツイチだからこそ、子持ちだからこそ、お互いに信頼感が芽生えるまではちょっと距離をおいて、あなた自身の目と耳で相手を判断するのが大切だと言えるでしょう。

2)できるだけ早い段階で、家族に会わせる

View this post on Instagram

I love you ❤️ #familia

A post shared by Jennifer Lopez (@jlo) on

子持ち同士が交際するとなると、早めにお互いの家族に会わせることがベストです。

なぜなら、やっぱりバツイチ子持ち交際・再婚では「子供が相手を受け入れてくれるかどうか」がかなりキーポイントになるから。

特に今回は、お互いに子持ちということがあり、相手を子供が受け入れられないだけでなく、交際相手を受け入れても子供同士が打ち解けられないという問題も生じる可能性がありました。

ゴールを再婚に設定していた場合に、こういった状況に陥ってしまうと、再婚までにかなりの時間を要することが目に浮かびます。それだけでなく、お互いに交際していくのが難しくなってしまうのではないでしょうか。

人生は短いです。お互いに無駄な時間をすごさないためにも、早めに家族を会わせましょう。早ければ早いほど、お互いに傷が浅くて済みますよ。

3)ライフスタイルや生活のペースにズレがないかを確認する

離婚原因の上位に入ってくるのが、“価値観のズレ”です。

「お風呂が先か、ごはんが先か」「トイレットペーパーはシングルロールか、ダブルロールか」そんなライフスタイルの小さなズレが積み重なって、価値観のズレは生じます。

一見、なんでもないようにみえる、小さなズレから価値観の不一致は生まれるのです。

これは、離婚経験のあるジェーロッドの2人は重々承知のはず。

その上、2人は表に出る特殊な仕事をしているので、ライフスタイルや生活のペースをお互いに理解し合えなけれは、長続きしません。

そのため、2人はできるだけ一緒に生活を共にし、話し合いを重ねることで、お互いにお互いのライフスタイルを理解し合えるかどうかの調整を図っていたよう。

ここに子供たちの育て方や接し方についても共有する時間が必要になってくるわけですが、交際宣言から2人が一緒に公の場に登場するまで期間があったのも納得できます。

同じ失敗をしないためにも、仕事やライフスタイル、子供への接し方など、一緒に生活する上で関門となりそうなところは、しっかりと時間を作ってとことん話し合う覚悟を!

4)周りから祝福されているか

View this post on Instagram

This means the world to us. #44

A post shared by Alex Rodriguez (@arod) on

3月22日(金)にインスタグラムにある画像を投稿したアレックス・ロドリゲス。

写っているのはなんとバラク・オバマ前大統領の自筆の手紙!

「ミシェルと私から2人の婚約をお祝いしたい。2 6年間一緒にいた夫婦として言えることはどんなにつらいことが起きても、愛する人がそばにいてくれればそのつらさも和らぐということです。どうかお幸せに」。

再婚するのは当人たちで決めることではあるものの、やはり周りからの祝福があるかどうかは重要です。周りからの祝福=理解・協力してもらえる可能性が高い、となりますから、再婚後の強い味方になってくれると考えて間違いないでしょう。

ですから「この人だ!」という方が現れたら、子供→親→職場の人→友人→親戚と、周りを徐々に味方につけるように動くことが大切です。

今度はバツイチ再婚同士のスターになってね

バツイチ子持ち同士での再婚に希望を与えてくれそうなジェーロッド。

ただ、ジェニファーは婚約中だったベン・アフレック(映画『ジャスティス・リーグ』でバットマン役の人)と、いきなり婚約破棄した過去があります。

今のところ、ラブラブなジェーロッドカップルなので、とにかく今は無事にバツイチ再婚同士のスターになってくれることを祈るばかりです(この記事のためにも!)。

BIGスターとはいえ、一個人であり、一人の女性、一人の男性です。経済面では一般家庭よりも余裕があるでしょうが……周囲の目は想像を上回るものですよね。

その点を踏まえると、バツイチ再婚のBIGカップルといえど、並ならぬ決意で再婚にいたっているはず。

今、再婚を考えている人も、BIGカップルが再婚を決意した理由を参考に、二人の将来を考えてみてください。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP