結婚相談所

妥協してはいけない!シングルマザーが再婚相手に求める8つの条件とは?

子育てや仕事に奮闘中のシングルマザーのみなさん、 ふとした瞬間に「夫がいれば」と感じることはありませんか?

離婚直後は「子どもだけがいればいい」と再婚に対して否定的な感情を持っていても、時が経つにつれて「この人となら結婚してもいいかも」と思う人に巡り会うこともありますよね。

そんなとき、どんなことに注意して再婚を考えていけば良いのか、きっと多くのシンママさんたちが悩むはず。

今回は、自分と子どもはもちろん、彼も幸せになるための「シングルマザーが再婚相手に求めるべき条件」について詳しくお話ししていきます。

シングルマザーが幸せになるための相手選びの条件とは?

いいなと思う相手がいたら、以下のポイントをぜひチェックしてみてくださいね!

条件1.本当に好きだと自信を持って言える相手であること


まず大前提として、再婚相手は「ひとりの男性として本当に好きだと思える相手」を選ばないとダメ!です!

「経済的に安定した生活が送れそうだから」「いい父親になってくれそうだから」「親が安心しそうな相手だから」といった理由で自分を納得させようとすると、お付き合いが進んでいくうちに「やっぱり合わないかも……」と後悔する可能性が出てきてしまいます。

自分の本当の気持ちを押し殺して誰かとお付き合いしても、何も良いことはありません。

本当に心から幸せだと感じる人との再婚でないと、一緒に生活するお子さんも安心できないはず。

あなた自身が胸を張って好きだと言える相手を選ばないと、みんなが不幸になってしまうかも……。

また、バツイチ子持ちだからと、卑屈になったり気兼ねしたりする必要はありません。

「子どもを第一に考えるべき母親が恋愛をしてもいいのか?」「恋愛をしても、男性と2人きりの時間を十分に作ることはできない」と悩み、恋愛に積極的になれない人も多いと思います。

しかし、シングルマザーだってひとりの女性ですから、恋愛することや結婚を諦めなくてもいいんです!

後ろめたさを感じる必要はありませんし、たとえそういった気持ちを持っていたとしても、愛する人たち(彼や子ども)と真摯な気持ちで向き合うことで乗り越えていけるはず。

まずは今あなたが「いいな」と思っているお相手が、心から好きと思える、尊敬できる人かどうかを考えてみてくださいね。

条件2.相手に対して遠慮の気持ちが大きすぎる場合は要注意!


恋愛感情が高まるにつれて、バツイチである自分に自信が持てなくなってしまうこともあるでしょう。

相手の男性によっては、そうしたあなたの気持ちを利用して、”都合のいい女”(セフレ)扱いをしようという人もいるかもしれません。

いくら彼のことが好きでも、自分が相手に対して遠慮しすぎてしまう場合、その関係はうまくいきません。

自分に自信が持てないという場合、あなた自身がまだ再婚や恋愛の準備ができていないことも考えられます。

バツイチであることは単なるプロフィールのひとつとして考え、くよくよせずに胸を張って、恋愛・再婚へのモチベーションを上げましょう!

自信のなさから、自分のことを後回しにして男性に尽くしたり、彼の意見だけを優先したりしていてはいけません。

自分のことを大切にしようと思えない女性は、男性からも大切にしてもらえません。

自分の状況や過去を受け入れて、”自分らしさ”を持って明るく振る舞っている人を男性は「素敵だな」と感じ、大切にしようと思うはず。

お相手と自分との気持ちのバランスを意識して、少しずつ距離感を確かめていきましょう。

条件3.真面目で誠実な男性であること


元夫の浮気や借金、DVなどが原因で離婚に至ったシングルマザーの中には、なぜか同じような”ダメンズ”を選んでしまう人もいます。

浮気や借金グセ、DVは一生改善しないものだと思っておいてください。

連絡が取れない時のある男性や、他の女性とも遊んでいそうな人と付き合うのは時間のムダだと心得ておきましょう。

「もしかしたら……」という兆候があったら、潔く諦めることが大切!

ズルズルとお付き合いを続けた結果、自分も子どもも傷つくような事態になってしまうことだけは避けなくてはなりません。

昔の彼氏や元夫基準で良し悪しを判断している場合、一度その基準をリセットする必要があります。

「不幸」であることに慣れすぎてしまって感覚が麻痺してしまっている場合、元に戻さなくては幸せにはなれません。

幸せな結婚生活を送っている友人の話を聞いたり、成婚体験談を読んだりすることもオススメです。
親しい友人や家族など周りの意見を聞きながら、交際相手・気になっている人が本当に良い人なのかを見極めていきましょう。

条件4.ある程度の経済力があること


仕事をしながら子育てをしているシンママさんが多いと思いますが、経済的に余裕があるというご家庭は少ないのではないでしょうか。

再婚相手にある程度の経済力があれば、生活が楽になり、また、子どもにも十分な教育を受けさせてあげることができるようになります。

経済力だけが再婚相手選びの条件になってはいけませんが、子どものことを考えると、極端に収入が少ない男性や定職についていない男性は諦めたほうが◎
ひとつの目安として、ある程度の経済力があるかどうかを念頭に置いておきましょう。

条件5.ママである側面を見せても態度が変わらない相手を選ぼう!


子どもがいるようには見えない若々しいシンママさんが多いこと、また、子ども抜きでデートすることが多い場合、彼はあなたに子どもがいるという事実をなかなか実感できないでいるかもしれません。

再婚を考えているのなら、再婚の話を詰めていく前に、母である姿も彼に見ておいてもらっておくほうが安心です。

再婚してから突然、ママであるあなたの姿を目にして「こんなはずじゃなかった」と感じる男性も中にはいるため、そのギャップを事前になくしておくことが大切。

日頃から子どもの話を話題に出すようにして、母親としての一面も彼に見せるようにしましょう。

また、合コンやお見合いパーティーなどに参加して恋人を探している場合、相手の男性に自分に子どもがいるということを伝えづらいという人もいるようです。

気まずい思いを避けたいなら、結婚相談所に登録して「バツイチ子持ち」であることを最初から相手にわかってもらったうえでお見合いを組む方法がオススメです。

条件6.彼は子どもに会いたいと言ってくれている? 子どもと彼の相性は?


あなたとの再婚を本気で考えている男性であれば、きっと交際開始後しばらく経った段階で「子どもをデートに連れておいでよ」「君の子どもに会わせてほしい」と自分から言ってくるはず。

もし、彼がそう言ってくれたら、再婚相手としての条件をひとつクリアできたと思っていいでしょう。

彼のことが心から好きであり、また、再婚の話が出ていてママである側面を見せても彼の態度が変わらないことが分かっている場合、彼と我が子の相性を確かめるために、双方を会わせる準備を始めましょう。

ただし、結婚の話が出ていない場合は、お子さんの混乱を避けるためにも無理に会わせる必要はありません。

その際、いきなり引き合わせるのではなく、まずは子どもにお付き合いしている人がいることを話し、様子を見て慎重に会わせるタイミングを考えることが大切です。

再婚すると、あなたの交際相手はお子さんの”新しい父親”となりますね。

血の繋がらない”新しい父親”と生活をともにすることになる子どもの気持ちを、何よりも第一に考えて物事を進めるようにしましょう。

家族が増えることについて、普段からお子さんとしっかり話し合って意見交換をしておくと安心です。

どんなときも子どもの気持ちや意見を尊重して受け止め、子どものペースに合わせて引き合わせるタイミングを計るように心掛けてください。

絶対に、子どもをないがしろにしてはいけません。

お子さんが「会いたい」と賛同して初めて成立するものだと心得ておきましょう。

彼とお子さん両方が「会ってみたい」と言ってくれたら、子どもを交えたデートの計画を立てていきましょう。

彼と「子どもがいるからこそできる楽しいデート」について考えていくことでより一層仲が深まりますし、みんなで出かける時間が増えれば増えるほど、距離が縮まっていきます。

子どもも楽しめることを意識して出かける場所を決めていきましょう。

お子さんが好んで食べているお菓子の工場見学や、好きなキャラクターのアニメ映画をみにいくなど、子どもが楽しいと思える思い出作りを心掛けるとよいですよ。

お出かけのあと、彼に感謝の気持ちを伝えることも忘れずに。

また、子どもと彼がうまくやっていけるかどうかは、ただ単に子どもを可愛がってくれるかどうかだけでは判断できません。

子どもを心から笑顔にしてくれるような優しい人であることはもちろん、間違ったことをきちんと教えてくれる人であるかも重要な点。

いきなり「父親になるのだから、子どものことをもっとよく見て! ときには叱ってね!」と強要することはNGです。
焦らず急かさず、ゆっくり距離を詰めていくことが大切です。

条件7.離婚のトラウマを正直に話せない人とは明るい未来は描けないと心得よ


一口に「離婚」と言っても、原因やその背景にあるものはさまざま。

元夫のギャンブル癖やDV、価値観の相違など離婚に至る原因が当人たちにある場合もあれば、夫婦を取り巻く環境にあるケースも。

そういった経緯から恋愛に憶病になったり、男性に対して恐怖心を抱くようになったりと、”トラウマ”を抱えてしまう人も多いはず。

そのトラウマを正直に話すことができない相手とは、明るい未来は描くことができないと思っておいたほうがいいです。

「言ったら嫌われるかも」「重いと思われるかも」と、不安になる気持ちは痛いほどわかります。

しかし、トラウマを抱えたままではお相手の男性を心から信じることは難しいですし、いつも何かに怯えて暮らさなくてはならなくなるかもしれません。

内容が深刻であればあるほど話しにくいものですが、同じ過ちを繰り返さないため・お相手を心から信じるためには、過去を全てさらけ出すことも大切です。

トラウマについて話すときに注意したいポイントは、「元夫の悪口にならないように気を付ける」こと。

100%元夫が悪いという語り口ではなく、あくまで「こういうことがあって、トラウマがある」ということを冷静に伝えるようにしましょう。

もしもトラウマを話して及び腰になるような男性だった場合、その人との結婚は考え直したほうが吉。
頼りにならない・すべてを受け入れてくれない男性とは、安定した結婚生活を営むことはできません。

過去もトラウマも、すべてを包み込んでくれる包容力のある男性を選ぶことが大切です。

条件8.子どもや子どもとの将来について率直に話ができる人?


子連れで再婚する場合、将来、彼とあなたの子どもの間で養子縁組をするかどうかの話し合いを済ませておく必要があります。

再婚相手と子どもが養子縁組すると戸籍上の親子関係が成立し、相続の権利だけではなく、お互いに扶養する義務が発生します。

また、養子縁組をしても再婚後、新たに子どもが生まれれば「長男」「長女」はその子どもになり、あなたの子どもの立場はあくまで「養子」となります。

そのことによって再婚相手や再婚相手の家族が、あなたの子どもに対する態度を変える恐れもゼロではないのです。

「27歳でバツイチになった私には2人の子どもがいます。30歳の彼と再婚を前提にお付き合いしていたのですが、ある日、彼の両親が『再婚して子どもを作って、その子を家の跡取りにすればいい』と言っていることを知りました。
別に財産が欲しいわけではありませんが、自分の子どもに引け目を感じてほしくないんです。
『私はもう子どもはいらない』と言ったらケンカになり、それがきっかけで二人の関係もギクシャクして別れることに。
こんなことなら初めから、もう子どもは作らないということを宣言しておけばよかったと思います」 (28歳女性)

最近では、家を継ぐという感覚が薄れてきていますが、家柄的にこのような考えを持つ親御さんがいることも確かです。

また、極端な例ではありますが、再婚相手の男性が妻の連れ子を虐待するというケースも世の中には存在します。

お子さんのためにも、お子さんのことや将来について率直に話ができる人を選ぶことが大切です。
くれぐれも最初の段階で、子どもの将来と関係性については話をすませておきましょう。

8つの条件を満たす相手を探すにはどうすればいいのか?

最後に8つの条件を満たす相手を探す方法をご紹介します。

とはいっても確実な方法をありません!

だからこそ、地味に努力するしかないんです。

でも1人だけだと大変ですよね。

どこに相談?自力で見つけられるの?

これまであげた8つの条件を満たす男性のタイプは、簡潔に表現するとそれぞれ以下のような感じです。

<8つの条件ダイジェスト>
①本当に好きな男性
②遠慮しなくていい男性
③誠実な男性
④経済力がある男性
⑤ママ的な側面OKな男性
⑥子供との相性GOODな男性
⑦トラウマを話せる男性
⑧未来を描ける男性

でもこれって、よーく見るとバツイチであることを事前に知ってもらえて納得してもらえれば、ある程度解決しちゃうんですよね。

バツイチ女性に理解を示してくれていれば、②、⑤、⑥、⑦、⑧の5つはOKだと思います。

③と④は、人それぞれ幅があるのでそこまで悩むポイントではありませんよね。

というかある程度妥協も必要なポイントです。

なので、①の本当に好きな男性を探すことさえできれば、ゴールです。

ここで大事なのは、②、⑤、⑥、⑦、⑧の5つをクリアするための方法です。

事前にバツイチ女性であることを知ってもらうのってなかなか難しいシチュエーションですよね?

事前にバツイチ女性のいろいろな特性を知ってもらうには、結婚相談所がおすすめです。

それが嫌なら、バツイチ限定の婚活パーティーや婚活アプリがおすすめですね。

ただし、婚活アプリなどは探すのも結構大変(騙されることもしばしば)なので、確実なのは結婚相談所への登録だと思います。

8つの条件を満たす人を探すための準備

場所は結婚相談所が無難です。

でも、正しい場所にいったからといって確実に出会えるわけじゃないんです。

大事なのはあなた自信の準備です。

とはいっても、ちょっと考え方と行動を変えるだけです。

考え方のポイントを簡単にご紹介!

8つの条件を呼び込む準備
①本当に好きな相手を探す
②バツイチを気にしない!
③(相手に対する)周りの意見をちゃんと聞く
④経済力を気にする
⑤早い段階でバツイチをカミングアウト!
⑥お子さんには早い段階で再婚を相談
⑦正直に離婚理由を伝える
⑧子供優先可能を了承

この8つの準備ができていれば、結婚相談所でもスムーズに婚活をすすめることができると思います。

あとは、自分に合った結婚相談所を見つけるだけ!

<結婚相談所で再婚を目指すなら>

<再婚の伝え方に悩んだら>

<婚活アプリの危険性を知るなら>

まとめ

シングルマザーが婚活する場合、自分自身の幸せだけでなく、子どもも幸せになれるかどうか考えることが重要です。

独身の頃のような気ままなお付き合いはできないということを理解しておきましょう。

とはいえ、子どものために自分の人生を犠牲にするのは、あなたにとっても子どもにとっても良い結果を招きません。

シングルマザーだからこそ、次の結婚こそ絶対に幸せになる!と前向きに考えて、後悔しない誠実な相手を探すようにしてくださいね。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP