全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

【結婚相談所が激白】婚活に失敗する20代女性の痛々しい共通点。

結婚相談所

結婚相談所

どうも、結婚相談所のスタッフとしてこき使われている私です。

最近では結婚相談所で婚活をする20代の女性が増えてきました。

フレッシュな20代女性。すぐさま婚活で成婚していくと思いきや、

実はそうでない20代女性がいらっしゃいます。

それは、ルックスとか収入が関係しているの?

残念ながら、そこじゃありません。

結婚相談所が普段はいえない、『婚活に失敗する20代女性の痛々しい共通点』をリークしましょう。

なかなか結婚できない失敗から学ぶ!婚活に失敗する20代女性の特徴とは?

「どうやったら結婚相談所の婚活で成功するのでしょうか?」

と質問されることがあります。

成功するコツは人それぞれ違うので、なんとも言えないのですが……

「自分の失敗から成功の秘訣を導き出しましょう!」とアドバイスをしています。

ということで、婚活でなかなか結婚できない20代女性の共通点・特徴を把握して、

当てはまる部分があれば、改善に勤めてみましょう。

20代女性だけでなく、30代40代女性にも共通する点デスヨ!

特徴1.人や結婚相談所を悪気なく見下している

先日、結婚相談所に入会したいという20代女性の方が、無料カウンセリングにお見えになられました。

その女性は28歳。コンサバ系で華やかな雰囲気で、結婚相談所よりは婚活パーティーにいそうな感じだったんですよね。

どうして結婚したいのか?

どういう婚活をしたいのか?

ひとつずつ確認していると、トンデモ発言が……!!

「ていうか、そもそも結婚相談所って暗い。興味なかったんだけど?・・・・」

とおっしゃるのです。

たしかに、結婚相談所ってパッとしないイメージを抱かれますが、

どうして興味がないのに結婚相談所にいらしたのでしょうか?疑問が浮かびます。

「ご興味ないようでしたら、無理にカウンセリングにお越しいたがかなくても……」

とうっかり言いそうになると……

「まぁ、人生経験っていうか?ちょうど彼氏がいなくて暇だから入ってみようかなって。」

とおっしゃるのです!!!

結婚相談所は婚活をするところ。暇だからという理由で入会されるのは、こちらも対応しきれないのですが、

よくよく話を聞いてみると、

結婚はしたい。けれど、結婚相談所ってダサい。でも、結婚したい。

こんな気持ちがおありのようでした。

まぁ、それもいいんです。

結婚相談所に後ろめたさを抱いている方もいらっしゃいますし。

でも、ダサいって思ってて、それを口にするって……どうなんでしょう?(笑)

会話の節々に、『悪気なく人を見下している』雰囲気があったんですよね。

特徴2.失敗の要因は『相手』にあると思っている

「結婚相談所で結婚できないのは、結婚相談所の会員にいい男性がいないから」

婚活で成功する秘訣として『自分にぴったりの結婚相談所』であること。

このブログで何度もそう、伝えています。

仲介人・相談所の方針も成婚の大きな秘訣。けれど、すべての要素がそこにあるわけではないのです。

「交際が成立したのに、向こうが性格が悪くて……」

「私は頑張っているのに、自分の気持ちをわかってもらえない!」

何事にも『うまくいかない理由』として『外的要因』が関係しています。

けれども、それがすべてではありません。

『うまくいかないのは誰かのせい』

そんな考え方で婚活をしていると、いくら若くて有利な20代でも、結婚できません。

特徴3.プライドが高く、素直になれない

婚活女性に限らず、恋愛がうまくいかないと悩む女性によく見られる傾向として、

プライドが高く、素直になれないという特徴があります。

実際に、ごっちんの友人にも、こういうタイプの女性がいますが……

「付き合ってあげてるのに(なぜか上から……)

あいつは、私のことをなめてる!」

と、交際相手に不満を募らせていたのです。

ゆくゆく話を聞いてみると『彼氏がそっけなくて寂しい』という気持ちから、この発言にいたっていました。

それなら、そういえばわかりやすいのに……と思いつつ、

そっけない対応をされている『自分』のプライドも傷ついている。

寂しいと思うと負けかもしれない。

そんな深層心理が関係していたのだと思います。

素直になれなければ、仲介人のアドバイスも素直に受け入れられないことがあるのです。

せっかく結婚相談所で婚活しているのだから

素直になって、有益なアドバイスを活動に活かしてほしいのです。

特徴4.考え方がコロコロ変わる・一貫性がない

人の考え方は日々、変化するもの。それは悪いことではありません。

けれど、昨日言ってたことが今日になって変わっていたり、

行動に一貫性がないと、付き合う相手が混乱してしまったり。

その結果、なんだか痛々しい印象を与えてしまいます。

結婚相談所にいらっしゃる女性の中には、

「年収がすべてではないです!だから年収300万円以上の男性ならOKです」

と、言っていたのに……

次の週になると、

「やっぱりお金も大切ですよね。年収600万円以上に条件を変更してください」

とおっしゃるケースがあります。

婚活途中で条件を見直すのも、悪いことではないんです。

けれど、ここまで極端に考え方が変わっちゃうと、私たちもカバーしきれない部分が出てきます。

特徴5.常に自分が上じゃないと許せない

「婚活をするなら、自分を卑下してはいけない。自信をもって!」これって、半分正解で、半分不正解なんです。

というのも、自信過剰な人もいらっしゃるから。

なんだか痛々しいなぁと印象を受ける、20代婚活女性は「常に自分が上じゃないと」という心理が見え隠れしています。

いわゆるマウンティング女子ですよね……。

関連記事:マウンティング女子がうざい!独身・婚活女性がマウンティングを対処するには?

『格付けで自尊心を保つ20代女性』は婚活で失敗する理由

この記事でいう『婚活がうまくいかない20代女性の痛々しい共通点』。

これをまとめてみると、いわゆるマウンティング女子なんですよね。

どうして、格付けで自尊心を保っているのでしょうか?

もともとは負けず嫌いなのかもしれません。

でも、結婚相談所でこの姿勢を続けると確実に失敗します。

どうしてかって?

その理由は明確です。

だって、結婚はお互いがお互いを認め合い、受け入れ合ってこそ成り立つものだから。

いずれ結婚したいと思っているなら、20代から婚活をはじめる方が有利です。

そもそも婚活市場は女性余り。

そのうえ、30代に突入すると、一気に同年代の女性が増えるから、圧倒的に20代が有利なんです。

けれど、マウンティングな姿勢・考え方を続けていると、いくら若くても、婚活でうまくいきません。

お互いを受け入れ、認め合う。

自分を認めてもらいたかったら、自分が相手を受け入れ、認めること。

このステップが踏めなければ、婚活で成婚することはありません。

逆に容姿に自信がなくても、

収入に自信がなくても、

この点さえできていれば、きっと努力は結ばれます。

まとめ

結婚相談所で成功するために何が必要だと思いますか?

若さ? 容姿? 年収? 性格? 家庭環境……?

どれも欠かせない要素かもしれません。

けれど私は、『素直に活動できるかどうか』こそ、結婚相談所で成功する秘訣だと思うんです。

婚活に有利とされている20代なのに、どうして……?

そんな悩みを抱えているなら、今回紹介した特徴を、もう一度見直してみませんか?

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

【ツイート情報】

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP