結婚相談所

自分が処女だから童貞を望む女性の話

結婚相談所 笑顔で指さすミッキー岡田

日本一結婚相談所の婚活を熟知しているミッキー岡田がね。

今回は、「自分の処女を捧げる男性を探したい女性」という婚活ストーリーをお伝えします。

3年前くらいですね。

45歳の女性から相談を受けました。

二人で助け合って信頼できる男性と結婚がしたいんです。

っていう内容でした。

ということで、僕が最初にカウンセリングをして、彼女の結婚観を聞いたのです。

結婚相談所 説明するミッキー岡田

初婚の女性だったんです。

仕事は市役所で務めている公務員さんで、年収が700万円以上ある。

見た目はね、うん、はっきりとは言えないけれども、オシャレに気を使っているとは言えない容姿の方でした。

ちょっとぽっちゃりした体型でね。

今まで結婚しようと思ったことがあるのか聞いたら、

何度もあるんです。

お付き合いした人も数人いるんですけど、みんな真面目じゃなかったから、結婚できないと思った、というんだよね。

どういう点が物足りなかったのですか?

って聞いたら、

二人で一緒に支え合って、運命共同体で、心の底から信頼し合って死ぬまで生活していきたい、ってね。

そういう男性じゃなかった、っていうんだ。

はぁ、そうですか。

結婚相談所 へ~ ミッキー岡田

「結婚はこうあるべき」っていう考えがとても強くて、なんか圧倒されちゃったね。

でね、

じゃあ、男性に希望する条件ってありますか?

はてなポーズのミッキー岡田

って聞いたら、

●収入にはこだわらない

●真面目に仕事をしている

●健康

●身長は170センチ以上

●太ってる人はNG

●初婚

●年齢は40代の男性

●私だけを見てくれる人

とこんな感じでした。

う~~ん。。。

怖がるミッキー岡田

なかなかね、大変な希望だよ。

現在の45歳女性の婚活の難しさを伝えてね。

45歳の女性で結婚が決まるのは、だいたい50代の男性ですよ。

焦るミッキー岡田

って言ったらね、

仕事場でも50代の人とは話が合わない、と言うんだ。

こちらはね、そう言われるのなら、それは本人の希望なので「分かりました。」と伝える。

でも、この条件の男性は人数が少なくなるので、初婚ではなくて再婚の方も希望に入れたらどうですか?

というと、それは絶対にダメだというんだな。

一度結婚したら一生添い遂げるのが結婚だと。

ここは熱弁するんだよ。

もう顔を紅潮させて、絶対に譲りません!って感じで話し出すの。

追い詰められて必死になっている婚活女性

分かりました、って僕は言ってね。

もう少し踏み込んでみようかなってことで、なぜそう思うのですか?って聞いたのね。

はてな?ポーズのミッキー岡田

するとさ。

一度離婚をした男性は信用できない、って言うの。

途方に暮れる女性

でも、若い頃に離婚した男性とかは、一度失敗したから今度は奥さんに優しくしようとか、家族を大事にしよう、とか思ってる人多いよ。

困った顔で指をさすミッキー岡田

って言うと、

分かります、けれど、一度奥さんと別れた人は信用できないんです。私は初婚同士で結婚したいんです。

どうしてもリアルな出会いで結婚したいと言う女性

って断固言う。

なるほどね。

イイでしょう、イイでしょう、どんな希望も否定は致しません。

では、その方向でやってみましょう。全力でサポートしますね。

胸に手を当てて優しく話しかけるミッキー岡田

っていうことで、ちょっと僕だけのサポートでは心もとなかったので…

だって僕の言うことぜんぜん聞いてくれそうにないんだもの。

怖さを伝えるミッキー岡田

もう一人担当を付けることを提案したのね。

同年代の女性で、すんごいサポート熱心な人がいるから、女性同士でいろいろ話せるんじゃないかと思って。

するとね、女性はこういうのよ。

その担当の人は結婚されてますか?

うん、してるよ。

一度離婚したけど、子連れで再婚してね、今はすんごく優しい旦那さんと家族も増えて幸せにやってます。

確認するミッキー岡田

って言ったの。

するとね、、、するとね、、、、

彼女、どう言ったと思う?

その担当の女性は辞めて下さい。

その女性は再婚をしているんですよね。その人が担当になったら私にも再婚を勧めるのだと思います。

「別の人にして下さい!!!」

どうしてもリアルな出会いで結婚したいと言う女性

っていうの。

ぼくはね、、 「そう思うんだね。

でもね、彼女もプロのカウンセラーだから、私情でサポートすることはなくて、会員さんの希望をちゃんと考えてくれますよ。」

胸に手を当てて優しく話しかけるミッキー岡田

って言ったけど、「たぶん、私の気持ちは分かってくれないと思います」って断固拒否された。

すんごく頑固なまでに自分の主張を通す女性だった。

ってことになって、別の40代の女性カウンセラーと二人で担当することになったんだ。

美人弁護士を紹介するミッキー岡田

どう???

ここまででも、十分、難しそうな女性でしょ?

でね、、、

彼女、婚活をスタートしました。

最初苦労するかと思ったけどね、、、

相手男性の収入にこだわらないっていうところが強くてね。

身長だけは170センチを165センチに落としてもらってね。

普段、お見合いが組めなくて苦しんでいる男性たちから、お見合いが組めるのよ。

男性から言ってみれば、健康で、仕事が真面目で、初婚で、太っていなくて、身長が165センチ以上あればいいわけだから。

でね、お見合いするじゃない。

もうね。

相手からも断られるし、自分からも断るのよ。

驚くくらい、女性から断るの。

焦るミッキー岡田

断った理由を聞くと、自分の理想の夫婦になれそうにない、っていう。

彼女の説明では、なんやかんやこねくり回して説明するけど、要は、

自分がすべて、という風になってほしいみたいなんだ。

それで、1回目のお見合いの場でそれを言うようなんだよな。

で、断られる。

だってそりゃあそうでしょうよ。

はてなポーズのミッキー岡田

でもね、根気よくいったらさ、きっと現れると思ったんだ。

真面目で、ぽっちゃり好きで、誠実に奥さんだけを愛してくれそうな人がさ。

収入を期待しなくていいから、案外いけるもんだと考えた。

でさ、、、、

それでも、なおも決まらなかったんだよね。

すると担当スタッフがさ。本音の本音の部分、心の奥底にある本当の要望を聞いてくれたんだよね。

なんと、なんと、彼女はまだ処女だって言うんだよね。

そして旦那さんには、初めての男性がいいって言うの。

だから、初婚にこだわってるのではなくて、初めての男性がいいって言うんだ。

つまり、童貞がいいってね。

これはね~~~

まあ~~~~難しいな。

焦るミッキー岡田

素人童貞ってのはいると思うけど、それはどうなの?

って、担当に聞いたら、、、

確認してみます、ってことになって。

「それなら大丈夫です」と。

つまり初めてお付き合いをした人と結婚したい、ってことなのな。

彼女が最初に言っていた、今まで何人かと付き合ったことがある、ってのは嘘だったってことも分かってね。

だから相手にも、付き合った経験のない人を求める、できれば童貞がいい。

はぁ~~~~~

焦るミッキー岡田

それで、お見合いで、相手に今までの女性遍歴を聞いて、過去にお付き合いしたことのありそうな人は断る、ってわけさ。

これは、難しいね。

彼女いない歴40年とか、今まで付き合った女性は0人です、とかシステムでは確認できることないから

だから相談所のシステム以外にね、知り合いの相談所の人にそういう男性がいるのか、聞いて回った。

するとね、、、、

いるのよ、けっこう。

へ~ ミッキー岡田

今まで女性経験のない男性がね。

やっぱり、相談所間のネットワークを持っているカウンセラーってのはこういう時、強いんだ。

でも、女性経験が少ないけれども仕事ができるって男性会員は少ないの。

こっちはそれ、問題ないから、真面目だったらOKで、稼ぎはこだわってない。

ということで、何回目くらいかな、今まで女性とお付き合いしたことのない、40代の男性に10名くらい会ってもらいました。

で、、、結果は、、、、

残念、、、、

泣くミッキー岡田

1年くらい頑張りましたが、全て、良いお付き合いにはならなかった。

良いご縁にはならなかった。

ちょっとイイ感じまでにはなったんだけどもね、収入が無いのはいいけれども、男性だったら引っ張ってくれるべきとか、女性をエスコートしてほしい。とか。

いろいろ注文が増えていくの。

はぁ~~。

困った顔のミッキー岡田

僕たちはできる限りのことをしましたけど、「僕のサポートでは難しいな」と思ってしまった例です。

まだまだ未熟な点です。反省。

泣くミッキー岡田

こういう場合もあるんですね。

でも彼女、全力で婚活に取り組んで、たくさんお見合いもして、最後はスッキリされた感じで退会されました。

やっと大切なことに気付いた35歳の婚活女性

それが、唯一よかったとこです。

いつも言っていますが、思っているだけで動いてみないと、いつまでも堂々巡りなんですね。

もし結果が上手くいかなかったとしても、気持ちの整理ができたり、考え方が変わったり、もしくは深まったり、得られるものが必ずあるということです。

婚活って素晴らしいんです。

笑顔で指さすミッキー岡田

はい、今回は、「自分の処女を捧げる男性を探したいという女性」をお伝えしました。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

嘘でしょ

こういう業種には一般の人からの口コミが発生しにくい実態があります。ですから、運営側は好きなことを書けてしまうんですね。

腹が立ちますが、運営者側のやりたい放題なのです。

年代別の婚活アドバイス


閲覧の多い記事Top10~2020年10月の閲覧数~

結婚相談所に詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事