大阪・京都の結婚相談所

結婚相談所の婚活で陥りがちな挫折の瞬間!乗り越え方は……?

結婚相談所
結婚相談所

結婚相談所で結婚できるかどうかは、活動中に「踏ん張れるか・踏ん張れないか」にかかっています。

私はカウンセラーとして8年、婚活中の人をサポートしてきました。

その中で、活動中に陥りがちなパターンもわかってきたんです。

結婚相談所の成功を左右する、婚活者が挫折しそうな瞬間と、その乗り越え方をまとめてみました。

結婚相談所で活動して半年経つと、3つのパターンに別れてくる

私の感覚ですが、婚活をはじめて半年程度で3つのパターンに分かれます。

その3つのパターンは……

  1. お見合いや交際が順調な人
  2. 婚活が不調で自己嫌悪に陥る方
  3. 婚活が不調で他責する方

婚活って、莫大なエネルギーを要しますから、半年くらい経つと疲れを感じてくる人も増えてきます。

最近では『婚活疲れ』なんて言葉も耳にするようになりましたしね……。

この3つのパターンをカウンセラー目線で解説すると、

①がもっとも望ましいパターンで、成婚にはいたっていないものの、まだまだ希望に満ち溢れています。

そして、婚活疲れを起こしたり、挫折のリスクが高いのは、②か③のパターン。

婚活がうまくいかず、自分に嫌気がさしたり、カウンセラーや異性を責めたくなったり……

と『不調』のモヤモヤをぶつける矛先は違うものの、②も③も、

・全然お見合いが成立しない

・全然交際に進まない

・交際が続かない

こういった原因で足踏み状態になり、婚活疲れに陥りがちです。

婚活に挫折しそうなパターンから、紐解く解決方法

では、挫折するリスクが高いパターンに陥ったときはどうすればいいのでしょうか?

『自己嫌悪』になる人・『他責』する人、それぞれの解決方法を紹介しましょう。

婚活が不調で自己嫌悪に陥ったときの解決方法

自己嫌悪になりつつも、頑張る人 。

または、意気消沈してしまう人など、傾向は人それぞれ違いますが、まずは自分自身を見つめなおしてカウンセラーとも相談するのが良いです。

そもそも結婚相談所っていう婚活方法自体が向いていない人もいるのは確か。

「結婚相談所で全然、お見合いできない。交際にも発展しない・・・」と思っている人が、婚活方法を変えてみると、あっちゅーまに結婚できたなんて事例もあります。

このサイトでも、婚活体験談が寄せられていますが、結婚相談所を退会したあとにパートナーが見つかったという方がいらっしゃいますよね。

参考:【30代女性】婚活疲れで諦めかけたけど、結婚できた!婚活疲れの原因・対処法とは?

頑張っているのに結果が出ないと、自分が悪いんじゃないか?と不安になるけれど、うまくいかない原因は自分だけでなく、環境にもあるかもしれません。

だからこそ、カウンセラーの客観的な視点でアドバイスを受けるべし。

カウンセラーに相談できる点こそ、結婚相談所を活用するメリットですからね^^

婚活が不調で他責(他人のせいに)してしまうときの解決法

実は・・・婚活がうまくいかない原因を、誰かのせいにしてしまう人って意外と多いんです。

他責の対象は、お見合いや交際相手、結婚相談所や結婚相談所のカウンセラー。

たしかに、サポート体制が悪かったりする相談所もありますからね……。

でも、まずは自分自身を見つめ直しましょう!

人間関係は自分を映し出す鏡です。

気付きを得て、同じことは繰り返さないようにする。

そして、新しい自分を作っていくことが必要です。

笑顔には笑顔が、優しい言葉には優しい言葉が返ってきます。

思いやりの気持ちには思いやりの気持ちが返ってきます。

不快な態度には不快な態度が返ってきます。

自分が変わることで、人間関係をはじめとした世界の見え方は変わります。

人はより良い環境を、幸福を追求する権利があります。

しかし、幸福な環境は何もせず手に入るものではないのです。

自分と未来を変えていく努力をした者だけが、自分の力で手に入れられ、そして、婚活のゴールは成婚、結婚ではなく、そのあとの生活です。

元々、違う環境で数十年生きてきたのだから、価値観や趣味趣向、倫理観等も異なっていて当然です。

ですが、そこから歩み寄って、許しあって、そして家族になっていきます。

「自分を変える」ことは歩み寄ること、許すことに繋がります。

これが出来なければ、たとえ成婚に至っても、そのあとの生活は継続し難い局面を迎える可能性が高いです。

お相手に「〇〇して欲しい、XXであって欲しい」とのお気持ちがあられるのであれば、先ずはご自分が○○をして、XXなご自身になられることが先決です。

結婚相談所で成功する秘訣は?

さいごに、結婚相談所で成功する秘訣をご伝授しましょう!

私が8年、会員さんのさまざまな婚活パターンを見て感じた『コツ』です。

秘訣1.目標期間をキチンと決めましょう!

結婚相談所での活動の目安は1年間です。

2年、3年経過して、2年後、3年後に運命の人に巡り合える確率は低いです。入会して半年程度である程度見えてきます。

期限を設けず取り組んでいると、婚活自体に身が入らなくなることも。

メリハリのある婚活こそ、成功のコツ。期限を決めることで、正しい決断に導くこともできるんです。

実は自分にとって最高のパートナーだったのに、

「まだいい人がいるんじゃないか?」とか

「この人と結婚してもいいんだろうか?」とか・・・

決断できず婚期を逃してしまう人は意外と多いんです。

2.婚活のスタイル・自分を見直すこと

気づきのない婚活では、意味がありません。

何も気づかないまま、成婚できたとしても、赤の他人と家族になる『結婚生活』の中で歪みが生じてしまいます。

成婚後の結婚生活でも、しあわせになれるよう気づきのクセをつけましょう。

活動前に、プロフィール作成などで自分自身を見つめ直したり、お相手希望を考えたりしますが、実際に活動をはじめて、いろいろな方とお見合したり、交際したりすると、ご自身のことは勿論、お相手希望でも色々な発見をする方が大半です。

事前に決めた希望年齢や容姿や年収、性格などでも途中で変わったりします。

それに気づいて臨機応変に活動を進めることは重要です!

まとめ

結婚相談所

婚活は生涯をともにするパートナーを見つける活動と思われがちですが、そもそもの目的は、生涯のパートナーを見つけ、人生を豊かに過ごすための活動です。

成婚がさいしょのゴールではあるものの、成婚して終わりというわけではありません。

退会後こそ本番なのです。

悲しくなったり、つらくなったりすることもあると思いますが、今の『苦労』は将来の『糧』です。

数年後の自分が、今の自分に感謝したくなるような、そんな気持ちで活動してみましょう。

★都道府県TOPページ★


PAGE TOP