結婚相談所

【再婚のお悩み相談】実家への結婚の挨拶、バツイチさんはどうしていますか?

私の彼氏はバツイチです。元奥様との間に子供はいません。

付き合って4年。そろそろ結婚を考えているのですが、私の両親へどう挨拶すればいいのか悩んでいます。

ちなみに私は義実家へ挨拶に行きました。義実家のお母さん、お父さんも歓迎してくれ、和気藹々と話せたのですが、「●●ちゃんのおご両親は納得してくれるかな」と不安がっていました。

バツイチさんと再婚された方、パートナーの離婚歴について、両親にどうやって説明しましたか?

パートナーを紹介する前に両親には事前に詳しく説明しておく

あなたは初婚、お相手がバツイチで再婚ということですね。

たしかにバツイチの彼氏、彼女さんをご両親に紹介するとき「気に入ってもらえるだろうか……」と不安になると思います。

パートナーの口から直接伝えてもいいのですが、事前にあなたがご両親へ、結婚を考えている相手がバツイチであることを伝えておくほうがいいでしょう。

最近では離婚歴に対する偏見が少なくなってきましたが、ご両親世代はまだ「離婚している=ダメ」という固定概念が残っているかもしれません。

しかし、結婚するかどうかを決めるのは本人たち。本人がどう思っているのか伝えることで、あなたの気持ちをわかってもらえるのでは?

事前に説明するポイントは?

繰り返します、バツイチさんのパートナーとご両親を会わせる前に、事前にあなたがご両親とお話をしておいた方がいいです。

どんなに離婚歴に対して、否定的な意見を抱いていても、初対面となる相手に、あれこれ質問できないご両親がほとんど。

たとえば筆者の友人も、バツイチ彼氏と結婚したのですが……お父さんはカンカンだったそうです。

ところがどうでしょう。

いざ、面と向かって会話をするとき、お父さんはバツイチ彼氏に対して聞きたいことを聞けなかったようです。

どんな意見をもっていても、我が子の結婚相手と初対面となる際は、緊張するものです。

お子さんであるあなた自身がしっかりと、ご両親が知りたそうなことを説明して、安心させてあげましょう。

1.離婚理由は簡単にわかりやすく伝えること

嘘は絶対ダメ!いずれバレる!

きっとご両親が気になっているのは、お相手の離婚理由です。

借金があるのでは?とか、働かなかったのでは?とさまざまな不安があるでしょう。

ここでポイントとなるのは、両親が質問したことに対してわかりやすく事実を述べること。

たとえば「どうして離婚したの?」と聞かれたなら、事実をわかりやすく伝えましょう。

残念ながら借金などの理由がある方との再婚は、筆者も不安になりますが「価値観の不一致で……」と答えれば「それは、そっか」と思えます。

この答えで納得できない場合は、さらに詳しく質問してくるでしょうが、だらだらと経緯を説明するより、質問に対して事実をわかりやすく答えるようにしましょう。

たとえ事実でも、前の結婚相手を否定するような言い方は避けてくださいね。

2.お子さんの有無や家族構成

子供の有無より、養育費などのお金が気になるはず

お相手の家族構成やお子さんの有無も事前に伝えておきましょう。

「相手のご両親はどう思っているのか?」こういった部分もご両親は気になります。

また、お子さんがいる場合、養育費や面会の有無も尋ねられると思います。

ちなみに前述の友人は、バツイチ彼氏と元奥さんの間にお子さんがいたそうです。

挨拶前の会話では、両親が気になっているそぶりを見せていたそうですが、当日の挨拶のときは、

「お子さんがいるんでしょ?●才で別れたの!?あらもったいない?かわいいときなのに」

と母親がさらっと話して終わったそうです……。

3.現在の職業について

報告前に仕事をがんばってもらって少しでも自慢したい!

これは結婚を考えている相手に離婚歴があろうと、なかろうと、気になる部分でしょう。

養育費の支払いがある場合、「安定している職業についているなら……」と納得してもらえる要素になるかもしれませんね。

もしも、安定しているとはいえない……という場合は、ざっくり業種を伝えておくくらいでいいかも。

いずれにしろ、再婚した後でも仕事の話は聞かれることなので嘘や大袈裟な盛話はやめましょう。

4.結婚への気持ち

いちばん大切なのは2人の気持ち!

どうして結婚したいのか?
結婚の決め手となった部分は?
相手のどんなところが好きなのか?

あなたがご両親に、結婚への気持ちや愛情をしっかり伝えれば、頭ごなしに否定することはできません。

昔ながらの考え方の人もいるでしょうが、そういったタイプのご両親は、どんなお相手でも疑ってかかってきますから『結婚生活』を続けていくなかで安心させるしかないのです。

結婚挨拶当日、バツイチさんが気に入ってもらうための心得

当日になったらあとは思いの丈をぶつけるだけです。

でも反対されることだってないわけじゃありません。

ここでは、挨拶当日に大切となる心得をご紹介します。

パートナーへの真剣な気持ちを伝える

最後は気持ち!

事前にあなたがバツイチ彼氏、彼女さんのことを伝えていても、結婚挨拶当日、パートナーの口からご両親の質問に答えることになります。

このときも、いちばん大切になるのは、パートナーへの気持ちです。

自分の子どものいいところを伝えられて、嫌な気持ちになる両親はいませんよね。

幸せにしてくれるだろうと思ってもらえれば、結婚を反対してきません。

離婚歴はあくまで過去の事実であって、相手が違えば結婚生活も異なります。

両親に信頼してもらいたいなら、相手のことをどう思っているのか、どう幸せにしたいのか、その熱意を伝えていきましょう。

もちろん、身だしなみや手土産も大切です。ご両親がお酒好きなら、晩酌にお付き合いするのも一つの手段ですよ。

反対されても時間をかけて説得する

あきらめちゃダメ!最後の最後まで誠意を!

実際、多くの場合が会ってくれる時点で、ある程度の合格はみえています。

大抵の反対の場合にはバツイチであることを聞いた時点でNGになってしまうものです。

ただ中にはしっかりと会って見定めてから、反対する親もいます。

そんなときどうするのか?

もうこれは、誠心誠意説得するだけです。

2人の力を合わせて説得するだけです。喧嘩になってしまう場合もありますが、それは最悪なパターンです。

どんなことがあっても喧嘩はせず、時間をかけて説得していきましょう。

・どれだけ幸せにできるか?
・どれだけ愛しているか?

これを伝えていくしかないです。

「どれだけ幸せにできるか」というのは、財力にもつながるので、それを証明できるように日頃から仕事はがんばって、少しでも説得力のあるステータスを築きましょう。

世の中お金が全てではありませんが、両親が安心するのはやっぱりお金です。

そして、お金もあってさらに大きな愛もあるのであれば、反対していても納得させることができるでしょう。

<こちらの記事もどうぞ>

まとめ.お互いの気持ちを、ご両親へ伝えよう

離婚歴のあるパートナーと結婚する際、ご両親に反対されないかどうか、悩ましい部分ですよね。

しかしどんな離婚理由だろうと、2人の気持ちや、結婚への熱意が伝われば、闇雲に否定はできません。

あなたがパートナーとどうなりたいのか?
パートナーは何を望んでいるのか?

2人の気持ちをしっかり伝えてくださいね。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP