【シングル家庭の大学進学】ひとり親家庭でも大学に行きたいあなたが考えておくべき4つのこと

学歴社会の日本にとって「大学を卒業しているかどうか」は、資格取得・就職活動の際の条件として常につきまといます。

最近では大学のあり方や必要性が問われるようになってきましたが、まだまだ学歴は大きな価値をもちます。

大学は誰にでも簡単に通える場所ではありません。

とくにひとり親家庭の子どもたちにとっては、かなり難しい選択となります。

今回はそんな「ひとり親家庭の大学進学」についてお話します。

ひとり親家庭の大学進学:考えておくべき4つのこと

ひとり親家庭の子どもが大学へ通う上で考えておきたいことを4つご紹介していきます。

一番はじめに考えておきたいのはやはりお金の問題ですが、お金以前に解決しておかなければならない問題や大学へ通う間にも向き合わなくてはならない問題もあります。

1つずつみていきましょう。

1.奨学金を借りている子どもたち、最も身近な学生支援機構の奨学金

ひとり親家庭の子どもたちが大学を通う上でまずクリアしなくてはならないのが、お金の問題です。

通う大学にもよりますが大学に通うには多額のお金が必要になります。

自分の家庭でまかなえないのであれば、選択肢として”奨学金”が挙がるでしょう。代表的なものでいうと「学生支援機構の奨学金」で、平成30年度時点では120万人を超える人達が借りています。

貸与割合でみてみると、平成28年度には大学・短大に通う2.6人に1人が借りており、ひとり親家庭に限らず多くの学生が借りていることがわかります。

学生支援機構の奨学金には大きく分けて2つのタイプが存在します。利息のない第一種奨学金、利息のつく第二種奨学金です。

借りることのできる金額は借りる年度・通う大学による違い(国公立・私立・短期大学・大学院等)がありますが、第一種奨学金であれば最高月額64,000円、第二種奨学金であれば120,000円ものお金を借りられます。※ あくまでも一例

学生支援機構の奨学金では多額のお金が借りられるため、ひとり親家庭の子どもたちにも大学進学を視野に入れやすくなります。

しかし、借りたものは返さなくてはなりません。第二種奨学金の場合だと利子もつきますし、「奨学金であって奨学金ではない=借金と同じ」であることを認識しておく必要があるでしょう。

2.返す目処が立つかどうか、生きていくにはたくさんのお金がかかる

ケースバイケースですが、借りた奨学金は数十年単位で返すことになります。

「自分の子どもが大学生になる頃にも、自分の奨学金を払っている」

こういうことも起こりえます。

奨学金の返還が始まるのは貸与が終了した月の翌月から7カ月目です。これを毎月・数十年かけて返すのです。

人間、生きていくにはたくさんのお金がかかります。

給料からは年金や保険料などが天引きされ、社会人2年目からは市民税も発生します。ここに奨学金が加わることを忘れてはいけません。

奨学金を返す金額の分だけ我慢しなくてはならない買い物、旅行、ローンなどがある事実から目をそらしてはいけません。

しかし、こうした事実を自分の身に起こることとして考えられる高校生はごく少数です。そして多くの若者が奨学金を返すことができず返還を滞納してしまう、行方をくらましてしまう、破産してしまうといった問題が起きているのです。

3.大学へ行くのはなぜ?周りを無視して考える時間をもとう

最近、大学のあり方や必要性が問われるようになってきました。

しかし、そうした動きはまだまだ小さく、資格取得や就職活動の現場では大学を卒業していることが最低条件とされることが多いです。

「自分はなぜ大学へ行くのか」

「大学へ行って何をしたいのか」

この大学へ行く理由・目的を考える時間を絶対にもってください。周りの友達や先生の意見、お金の問題なども一旦忘れてみて、まずは”自分本位”で考えてみましょう。

その後、その理由や目的をクリアするために本当に大学へいく必要があるのかどうか、通わなければどうなるのか、通うためにはどうしなければいけないのかなど、ひとつひとつの問題を分解して考えてみましょう。

「本当に自分がしたいことがわからない、それを探すために大学へいく」。

現代の多くの子どもたちから聞かれる考えですね。こうした考えに「考えが甘い」「お金がもったいない」という大人もいますが、したいことがわからない気持ちはよくわかります…。厳しい意見を投げかける大人たちもかつては、皆さん同様に悩みながら今を生きています。

大学生の間に自分がしたいことを見つけられる学生はほんの一部です。自分が将来やりたいことを意識的に探すこと、行動を起こさなくてはあっという間に就職活動が始まってしまいます。

4.周囲の温度差との戦い、家庭環境が恵まれている同級生もいる

ひとり親家庭の子どもたちは、こうした同級生たちとの温度差とも戦う必要があります。

「金銭的なハードルをなんとか奨学金で乗り越え、ある程度の目的意識をもって入学もした…」

そんなひとり親家庭の子どもたちの周りには、家庭環境に恵まれている同級生もいます。

「実家が裕福なことからバイトもしていない。サークルや飲み会に行ってばかりで、平気で単位を落とし留年もする…。」そんな同級生たちです。

自分とは違い金銭的に恵まれていることや、明らかに低い勉強への意識などを疎ましく思うこともあるでしょう。ときには激しい怒りを覚えることもあるでしょう。この現実に4年間向き合う必要があります。

彼らよりも高みを目指すのか、彼らと同じように怠惰な4年間を過ごしてしまうのか…。それは皆さん次第です。

大学に進学する必要があるかどうか!?真剣に考えよう!

以上のようにひとり親家庭にかぎらず、金銭的に余裕のない家庭では大学に進学するのがとても大変なんです。

特にひとり親の場合には苦しいでしょうし、本人も就職後に奨学金の返済などに苦しむ可能性があります。

でも、そもそもなんで大学に行くのでしょうか?

大学に行くこと自体に意味があるのでしょうか?

もちろん、大学に通うことは意味があります、学ぶべきことによっては大学を通過しなければ手に入らない知識もあります。

その反面、目指すべき仕事によっては、まったく大学に通う必要がないものもあるんです。

最後は大学に進学すべきかどうかについて解説していきます。

「なんとなく大学」では意味がない

まず最初に伝えたいのが、「なんとなく大学」は絶対に無駄!ということです。

就職するには有利、結婚にも有利、家を買うのも有利。

そんなの妄想です。

まずは、なんで大学に行きたいかを真剣に自問自答しましょう。

専門学校で十分な仕事もある

もし、あなたのなりたい職業が、以下のようなものだった場合には専門学校に行くべきです。

・美容師・ネイルサロン
・ファッション関係
・福祉・介護
・料理関係
・コンピューター関係

これって常識のようで違うんですよ。

実際に、大学に進学した後に、もう一度進路を変更して専門学校にいってから、美容師になった人、看護師になった人は、大勢います。

なぜか!?

簡単です。何も考えていなかったからです。

何も考えずに大学に進学するとこうなるのです。

もしくは、大学卒業後の就職に失敗し、他にやりたかったことを探して、専門学校っていうパターンもあります。

漠然とやりたいことを考えるのではなく、真剣にやりたいことをチェックしてみましょう。

例えば、コンピューター系においては色々なパターンを想定できます。

パソコンスキルを磨いて、WEBデザイナーなどを目指すのであれば、大学に進学する必要はありません。

むしろ、専門学校でスキルを磨く方がベストです。

そうではなく、WEBデザインなどを請け負う会社や、色々なWEBベンチャー企業を構築していきたいのであれば、大学に進学し、経営学などを学ぶのがいいかと思います。

このように、どんなジャンルか?ということよりは、どんな職業に就きたいかで、大学進学を考えましょう。

資格を取ってしまえば関係ない職種も

資格をとってしまえばよい職種もあるので、その場合には大学に進学する必要はありません!

実際に誰に聞いても、弁護士などは大学に進学したから、意味があったとは言えないと言っています。

ちなみに弁護士は大学に進学しなくても、予備試験を突破すれば普通に司法試験を受験でき合格することができます。

実際に何人もの人がその道で立派に弁護士としてがんばっています。

逆に医師や薬剤師のように専門の大学を卒業していないと、資格がない職種もあるので事前にチェックが必要です。

ただし、医師や薬剤師などのように大学の卒業が必要な資格は、大抵学費もバカ高い分野です。

何も考えずに「大学➡︎サラリーマン」の時代は終わった!

これだけは絶対にやめましょう!

もちろんサラリーマンを否定しているわけではありません。

でもやりたいことがないからサラリーマンは絶対にダメです。

よーく考えてみましょう!何かあるはずです。

もしもないなら、やりたくない仕事を消去していくことで、逆から何がやりたいかを探ってみるのも手です。

まとめ

ひとり親家庭の子どもたちにとって大学へ進学するかどうかは、両親のいる家庭の子どもたち以上に人生の大きな分岐点となります。
金銭的なハードルは、学生支援機構などの奨学金によって乗り越えることができます。

しかし奨学金は借金と同義に考える必要があり、多くの社会人が返還に苦しんでいる実情から目をそらしてはなりません。

借りる前に必ず返還のシミュレーションを行い、卒業後どういう風に自分のお金を使いたいのかを考えておきましょう。

大学へ進学する前には自身の目的意識をはっきりさせた上で、学生生活をおくる必要があります。

周囲には金銭的に余裕がある家庭から進学してくる子どもたちや、特に目的もなくなんとなく大学生になったという子どもたちもいます。

こうした周囲の温度差と戦う必要があることについてもよく考えましょう。

<こちらの記事もどうぞ>

結婚相談所のカウンセラー『Q&A』

結婚相談所Q&A

三ヶ月で結婚を決めないといけないのでしょうか。

結婚相談所Q&A
IBJ所属相談所では共通のルールなので、全相談所が同じスケジュールで進めていきます...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「三ヶ月で結婚を決めないといけないのでしょうか。」

結婚相談所Q&A

IBJ所属相談所では共通のルールなので、全相談所が同じスケジュールで進めていきます。
長年続くお見合い文化において、結婚前提で出会った男女が一番結婚を意識しやすいベストなタイミングが三ヶ月という理由からです。
結婚相談所Q&A

初対面の人と何を話せばいいか不安です。

結婚相談所Q&A
結婚相談所では、まず必ず全員が所定の公的書類を提出し活動なさっており、お相手の身元は保証されていますので...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「初対面の人と何を話せばいいか不安です。」

結婚相談所Q&A

結婚相談所では、まず必ず全員が所定の公的書類を提出し活動なさっており、お相手の身元は保証されていますので過度な警戒心は必要ありません。
その上で、初対面の人との会話は大なり小なり人によって得意不得意もあるところです。
最初の1、2回は緊張もあると思いますが、まずは場慣れも大切ですので怖がらずに経験してみてください。
そして大事なのは、あなたがお相手に興味を持つこと。
普段のプライベートでは出会えないような結婚を見据えた素敵な出会いがたくさん作れます。それをポジティブに考えて頂き、今度はどんな方だろう??と楽しみながら興味を持つことで、お相手の方も楽しく過ごせてあなたにも興味を持ってくれますから!
結婚相談所Q&A

40代女性です。お見合い写真撮影で気をつけるポイントやおすすめの服装を教えてください

結婚相談所Q&A
品良く見える服装を心がけましょう。 きちんとした女性らしさをアピールしたい40代の人は、「品があるかどうか」を最優先でワンピースやスカートを選びましょう。...

結婚相談所Q&A
「40代女性です。お見合い写真撮影で気をつけるポイントやおすすめの服装を教えてください」

結婚相談所Q&A

品良く見える服装を心がけましょう。

きちんとした女性らしさをアピールしたい40代の人は、「品があるかどうか」を最優先でワンピースやスカートを選びましょう。

肌の露出は控えめにしつつ、レースやシフォンなどの素材にすると上品な印象になります。

自分のパーソナルカラーに合わない色を選ぶと、顔色が悪く見えるなど自分の魅力を十分に出せないことがあるので、カラー診断を受けて似合う色を確認しておくことも大切です。

黒だとシックになりすぎるので、ベージュや落ち着いたブルーなど明るさが出るものがおすすめです。

体型が気になる人は、スタイルよく見えるワンピースやスカートを見つけるために必ず試着しましょう。

華奢な人はタイトなものだと細さが際立ってしまうので、ふんわりと広がるタイプのワンピースを選ぶと女性らしく見せることができます。

ぽっちゃりしていることが気になる人は、デコルテが程よく開いているものにして鎖骨を見せると、すっきり見えるのでおすすめです。

適度に肌を見せることで、男性受けもよくなります。

結婚相談所Q&A

結婚相談所の活動中に過去お申し受けをお断りした方、過去に申し込みを断られた方へ、再度お申し込みをすることはできますか?

結婚相談所Q&A
可能です。ただし、お申し込み前に、所属結婚相談所の担当カウンセラーまでお申し出ください。...

結婚相談所Q&A
「結婚相談所の活動中に過去お申し受けをお断りした方、過去に申し込みを断られた方へ、再度お申し込みをすることはできますか?」

結婚相談所Q&A

可能です。ただし、お申し込み前に、所属結婚相談所の担当カウンセラーまでお申し出ください。

ご縁は、その時の状況やタイミングもありますので、その時は交際相手が既にいてお断りせざる終えない場合もあるかと思います。

状況が変わっている場合もございますので、お断りした方や、お断りされた方に、あらためてお申し込みするケースは珍しくありません。

なお、一度断られたお相手へ再度お申込みをする場合は、数カ月ほど間を空けるか、プロフィール内容やお写真を変更したタイミングが有効です。

結婚相談所Q&A

どれ位で、結婚できますか?

結婚相談所Q&A
結婚は運と、タイミングと、カウンセラーからのアドバイスの吸収によると思います。 この人は難しそうと思う方が、アッと言う間に結婚出来たり、この人なら条件...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「どれ位で、結婚できますか?」

結婚相談所Q&A

結婚は運と、タイミングと、カウンセラーからのアドバイスの吸収によると思います。
この人は難しそうと思う方が、アッと言う間に結婚出来たり、この人なら条件もルックスも良いので、すぐ決まるだろうと思う方が、以外と難しかったりします。

ご自分の立ち位置が判っているか?
ちょっとした気使いを表現できているか?
が、最も大事な要素でしょうね。

浮気しない男性のメチャクチャ簡単な見極め方

結婚相談所浮気しない男性

どんな女性でもさ、浮気男とは付き合いたくないよな?

そう思ってるのに、

「浮気する男は嫌いやのに、また浮気された・・・」
「いっつも浮気されるのは自分が悪いんやろか・・・」
「私はいつも本命じゃない・・・」

と悩める女性のために、今回は【浮気男の簡単な見極め方】について話す。

ハッキリ言う!

男はみんな浮気するんでしょ!

てなことを言う人もおるけど、

そんなことはあらへん!
と、男を代表して宣言する

世の中には、メッチャモテるのに一生浮気しない男もおる。・・・

元彼に復讐したい人へ!最高の仕返しはコレ

結婚相談所 元彼に復讐

どれだけ好きやった彼氏でも、嫌な恋の終わり方をすると、愛情が憎しみに変わっていくことがある。

心の中でず~っとモヤモヤしてしまうことがあるやんな?

時間が経つほどにモヤモヤどころか、フツフツと怒りの炎が暴れ出てくる。

浮気されたとか、突然フラれたとか、、、

そんな元彼のことを考えていると、

「もう~ゆるせない!」を通り越して、

「復讐したい!」「もう消えてほしい!」

「いや、消したろか!」

って思わへんかな?

ヨリを戻したいとかそういうわけちゃうねんけど、心底大っ嫌いなのに、

許されへん元彼のことで頭がいっぱいになることすら悔しくなってまう・・・

後悔するぞ!こんな女性と結婚してはいけない5つの特徴

こんな女性と結婚してはいけない特徴を5つ言います。

男性はこういう女性に気を付けて、女性はこういう特徴を持たないようにしような。

1番、ダメ男製造オンナ

世話好き過ぎてなんでもかんでも彼氏にやってあげてしまう女性のことをこう呼ぶ。

その女性が彼氏をどんどんダメ男に仕立ててしまうねん。

母性本能が強過ぎて、尽くし過ぎるという特徴でもある。

母性本能は悪いことじゃないけれども、自己肯定感の低い女性っていうのはダメ男製造女になりやすい。

男性に尽くしていることこそで自分が認められている、幸せだと感じるんやな・・・

男からコンスタントにアプローチされる女性になる方法

モテ女性っている。

なんであの子があんなにモテるんだろう?

美人じゃないのに別れてもすぐに彼氏ができるって子がいる。

一方・・・・

性格もイイ、容姿も良い、一緒にいて楽しいし、いつも「恋愛がしたい!」と言っているのに、なかなか彼氏ができない女性もいる。

その「モテ女性」と「モテない女性」の差はどこにあるのだろう?

今回は「モテ女性」になるために、「男からコンスタントにアプローチされる女性」になるために、

これをやっていけば100%今よりモテる女性になる方法を紹介する。

★女性の大きな勘違いと誤解

女性は大きな誤解をしているんだ

それは・・・

結婚相談所の探し方ガイドブック

結婚相談所のことを、分かりやすく76ページの冊子にまとめました。
どんな相談所に入会すればイイ婚活ができるのかが、ハッキリと分かります。
なぜ結婚相談所に入会後に後悔する人が多いのか? それは事前にしっかりと調べていないから!
電子書籍版(全76ページ冊子) 0円
※すぐにお読み頂けます

結婚相談所の登録人数を調べよう!

メールも電話も必要なし!
あなたの近くに何人の会員がいるか、気軽に調べてみて下さい。

Twitter