【シングル家庭の大学進学】ひとり親家庭でも大学に行きたいあなたが考えておくべき4つのこと

学歴社会の日本にとって「大学を卒業しているかどうか」は、資格取得・就職活動の際の条件として常につきまといます。

最近では大学のあり方や必要性が問われるようになってきましたが、まだまだ学歴は大きな価値をもちます。

大学は誰にでも簡単に通える場所ではありません。

とくにひとり親家庭の子どもたちにとっては、かなり難しい選択となります。

今回はそんな「ひとり親家庭の大学進学」についてお話します。

ひとり親家庭の大学進学:考えておくべき4つのこと

ひとり親家庭の子どもが大学へ通う上で考えておきたいことを4つご紹介していきます。

一番はじめに考えておきたいのはやはりお金の問題ですが、お金以前に解決しておかなければならない問題や大学へ通う間にも向き合わなくてはならない問題もあります。

1つずつみていきましょう。

1.奨学金を借りている子どもたち、最も身近な学生支援機構の奨学金

ひとり親家庭の子どもたちが大学を通う上でまずクリアしなくてはならないのが、お金の問題です。

通う大学にもよりますが大学に通うには多額のお金が必要になります。

自分の家庭でまかなえないのであれば、選択肢として”奨学金”が挙がるでしょう。代表的なものでいうと「学生支援機構の奨学金」で、平成30年度時点では120万人を超える人達が借りています。

貸与割合でみてみると、平成28年度には大学・短大に通う2.6人に1人が借りており、ひとり親家庭に限らず多くの学生が借りていることがわかります。

学生支援機構の奨学金には大きく分けて2つのタイプが存在します。利息のない第一種奨学金、利息のつく第二種奨学金です。

借りることのできる金額は借りる年度・通う大学による違い(国公立・私立・短期大学・大学院等)がありますが、第一種奨学金であれば最高月額64,000円、第二種奨学金であれば120,000円ものお金を借りられます。※ あくまでも一例

学生支援機構の奨学金では多額のお金が借りられるため、ひとり親家庭の子どもたちにも大学進学を視野に入れやすくなります。

しかし、借りたものは返さなくてはなりません。第二種奨学金の場合だと利子もつきますし、「奨学金であって奨学金ではない=借金と同じ」であることを認識しておく必要があるでしょう。

2.返す目処が立つかどうか、生きていくにはたくさんのお金がかかる

ケースバイケースですが、借りた奨学金は数十年単位で返すことになります。

「自分の子どもが大学生になる頃にも、自分の奨学金を払っている」

こういうことも起こりえます。

奨学金の返還が始まるのは貸与が終了した月の翌月から7カ月目です。これを毎月・数十年かけて返すのです。

人間、生きていくにはたくさんのお金がかかります。

給料からは年金や保険料などが天引きされ、社会人2年目からは市民税も発生します。ここに奨学金が加わることを忘れてはいけません。

奨学金を返す金額の分だけ我慢しなくてはならない買い物、旅行、ローンなどがある事実から目をそらしてはいけません。

しかし、こうした事実を自分の身に起こることとして考えられる高校生はごく少数です。そして多くの若者が奨学金を返すことができず返還を滞納してしまう、行方をくらましてしまう、破産してしまうといった問題が起きているのです。

3.大学へ行くのはなぜ?周りを無視して考える時間をもとう

最近、大学のあり方や必要性が問われるようになってきました。

しかし、そうした動きはまだまだ小さく、資格取得や就職活動の現場では大学を卒業していることが最低条件とされることが多いです。

「自分はなぜ大学へ行くのか」

「大学へ行って何をしたいのか」

この大学へ行く理由・目的を考える時間を絶対にもってください。周りの友達や先生の意見、お金の問題なども一旦忘れてみて、まずは”自分本位”で考えてみましょう。

その後、その理由や目的をクリアするために本当に大学へいく必要があるのかどうか、通わなければどうなるのか、通うためにはどうしなければいけないのかなど、ひとつひとつの問題を分解して考えてみましょう。

「本当に自分がしたいことがわからない、それを探すために大学へいく」。

現代の多くの子どもたちから聞かれる考えですね。こうした考えに「考えが甘い」「お金がもったいない」という大人もいますが、したいことがわからない気持ちはよくわかります…。厳しい意見を投げかける大人たちもかつては、皆さん同様に悩みながら今を生きています。

大学生の間に自分がしたいことを見つけられる学生はほんの一部です。自分が将来やりたいことを意識的に探すこと、行動を起こさなくてはあっという間に就職活動が始まってしまいます。

4.周囲の温度差との戦い、家庭環境が恵まれている同級生もいる

ひとり親家庭の子どもたちは、こうした同級生たちとの温度差とも戦う必要があります。

「金銭的なハードルをなんとか奨学金で乗り越え、ある程度の目的意識をもって入学もした…」

そんなひとり親家庭の子どもたちの周りには、家庭環境に恵まれている同級生もいます。

「実家が裕福なことからバイトもしていない。サークルや飲み会に行ってばかりで、平気で単位を落とし留年もする…。」そんな同級生たちです。

自分とは違い金銭的に恵まれていることや、明らかに低い勉強への意識などを疎ましく思うこともあるでしょう。ときには激しい怒りを覚えることもあるでしょう。この現実に4年間向き合う必要があります。

彼らよりも高みを目指すのか、彼らと同じように怠惰な4年間を過ごしてしまうのか…。それは皆さん次第です。

大学に進学する必要があるかどうか!?真剣に考えよう!

以上のようにひとり親家庭にかぎらず、金銭的に余裕のない家庭では大学に進学するのがとても大変なんです。

特にひとり親の場合には苦しいでしょうし、本人も就職後に奨学金の返済などに苦しむ可能性があります。

でも、そもそもなんで大学に行くのでしょうか?

大学に行くこと自体に意味があるのでしょうか?

もちろん、大学に通うことは意味があります、学ぶべきことによっては大学を通過しなければ手に入らない知識もあります。

その反面、目指すべき仕事によっては、まったく大学に通う必要がないものもあるんです。

最後は大学に進学すべきかどうかについて解説していきます。

「なんとなく大学」では意味がない

まず最初に伝えたいのが、「なんとなく大学」は絶対に無駄!ということです。

就職するには有利、結婚にも有利、家を買うのも有利。

そんなの妄想です。

まずは、なんで大学に行きたいかを真剣に自問自答しましょう。

専門学校で十分な仕事もある

もし、あなたのなりたい職業が、以下のようなものだった場合には専門学校に行くべきです。

・美容師・ネイルサロン
・ファッション関係
・福祉・介護
・料理関係
・コンピューター関係

これって常識のようで違うんですよ。

実際に、大学に進学した後に、もう一度進路を変更して専門学校にいってから、美容師になった人、看護師になった人は、大勢います。

なぜか!?

簡単です。何も考えていなかったからです。

何も考えずに大学に進学するとこうなるのです。

もしくは、大学卒業後の就職に失敗し、他にやりたかったことを探して、専門学校っていうパターンもあります。

漠然とやりたいことを考えるのではなく、真剣にやりたいことをチェックしてみましょう。

例えば、コンピューター系においては色々なパターンを想定できます。

パソコンスキルを磨いて、WEBデザイナーなどを目指すのであれば、大学に進学する必要はありません。

むしろ、専門学校でスキルを磨く方がベストです。

そうではなく、WEBデザインなどを請け負う会社や、色々なWEBベンチャー企業を構築していきたいのであれば、大学に進学し、経営学などを学ぶのがいいかと思います。

このように、どんなジャンルか?ということよりは、どんな職業に就きたいかで、大学進学を考えましょう。

資格を取ってしまえば関係ない職種も

資格をとってしまえばよい職種もあるので、その場合には大学に進学する必要はありません!

実際に誰に聞いても、弁護士などは大学に進学したから、意味があったとは言えないと言っています。

ちなみに弁護士は大学に進学しなくても、予備試験を突破すれば普通に司法試験を受験でき合格することができます。

実際に何人もの人がその道で立派に弁護士としてがんばっています。

逆に医師や薬剤師のように専門の大学を卒業していないと、資格がない職種もあるので事前にチェックが必要です。

ただし、医師や薬剤師などのように大学の卒業が必要な資格は、大抵学費もバカ高い分野です。

何も考えずに「大学➡︎サラリーマン」の時代は終わった!

これだけは絶対にやめましょう!

もちろんサラリーマンを否定しているわけではありません。

でもやりたいことがないからサラリーマンは絶対にダメです。

よーく考えてみましょう!何かあるはずです。

もしもないなら、やりたくない仕事を消去していくことで、逆から何がやりたいかを探ってみるのも手です。

まとめ

ひとり親家庭の子どもたちにとって大学へ進学するかどうかは、両親のいる家庭の子どもたち以上に人生の大きな分岐点となります。
金銭的なハードルは、学生支援機構などの奨学金によって乗り越えることができます。

しかし奨学金は借金と同義に考える必要があり、多くの社会人が返還に苦しんでいる実情から目をそらしてはなりません。

借りる前に必ず返還のシミュレーションを行い、卒業後どういう風に自分のお金を使いたいのかを考えておきましょう。

大学へ進学する前には自身の目的意識をはっきりさせた上で、学生生活をおくる必要があります。

周囲には金銭的に余裕がある家庭から進学してくる子どもたちや、特に目的もなくなんとなく大学生になったという子どもたちもいます。

こうした周囲の温度差と戦う必要があることについてもよく考えましょう。

<こちらの記事もどうぞ>

 

よく読まれている記事

岡田の最新記事

婚活中に知らないとヤバイ!結婚式のバージンロードの意味
       
婚活中に知っておこう!結婚式のバージンロードの意味
婚活中に知っておこう!結婚式のバージンロードの意味
夫婦関係を死ぬまで仲良しでいるための方法
夫婦関係を死ぬまで仲良しでいるための方法
優し過ぎる女性が魅力を失い結婚できない7つの理由
優し過ぎる女性が魅力を失い結婚できない7つの理由
女性がカラダを許すタイミング
女性がカラダを許すタイミング
婚活成功のために最初にやらなきゃいけないこと
婚活成功のために最初にやらなきゃいけないこと
彼をあなたから離れなくするI Love Youの伝え方
彼をあなたから離れなくするI Love Youの伝え方
夫婦関係を修復するには夢を語れ!
夫婦関係を修復するには夢を語れ!
恋愛下手女が知らない男の秘密
恋愛下手女が知らない男の秘密
恋愛下手が恋愛上手になる基本の第一ステップ
恋愛下手が恋愛上手になる基本の第一ステップ
シングルマザー婚活の難しさ
シングルマザー婚活の難しさ

公式ラインで様々なお得情報を配信

公式ラインでお得な婚活情報をお伝えしています。
サイトに出せない秘密の内容も公開。婚活のリアル情報をお読みください。

   

結婚相談所の探し方ガイドブック

どんな相談所に入会すればイイ婚活ができるのか、76ページにまとめました。
最新の口コミ
匿名(2022/01/17 )
女性
 評価しない クチコミ内容:入会したら途端に手のひら返しをされました。いい人を紹介すると散々言われましたが、実現し...
続きを読む
た事は一度もありません。お見合いを設定され、行きましたが実際は話と全く違う人っした。それを話そうと事務所に電話しても、年中居留守を使われて逃げられました。 成婚が目的ではなく、入会が目的。 TVCMをしていて知名度だけはありますが、実際最低な相談所です。
匿名希望(2022/01/17 )
女性
 1.0 点 モデル事務所の片手間にやっている、金儲け目当ての最低最悪の相談所です。 ここでモラハラ男と無理矢理...
続きを読む
結婚させられそうになりました。 思えば入会時からおかしかったです。 無料相談を2度した後に契約をしたのですが、この時に見知らぬ女の人がいました。 活動中の仲人見習い?と言われましたが、契約が終わるまで仲人とこの見習いに圧をかけられとても怖かったです。 ネットワークビジネスや宗教の勧誘のようだ…と思ったのを覚えてます。 契約書を交わしたすぐ後、「これから入会希望の人が来るから声かけないで!!」と強く言われ、見習いの人と2人で放置されました。 サイトの使い方などを聞いていたのですが、終わった後も帰っていいのか分からず、見習いの人と気まずい時間を過ごしたのですが、埒が明かないと思い仲人に「ありがとうございました。」と声をかけるとひと睨みされ、顎で早く行けと指図されました。 この時点でやめればよかったと、本当に後悔してます。 せっかくやる気になったのに…という気持ちと、早く活動したいという思いがあったのでそのまま継続することにしました。 しかし、何か相談しても「また悪いところ見てる!良いところを見て!」とバカの一つ覚えで言われて終わり。 悪いところを見てるわけじゃなく、事実を言っているだけです。 モラハラ気質がある人にひどい対応をされても全くかばってくれず、相手の相談所に言うでもなく、「このくらい耐えないと結婚できないよ(^^)」と言われました。 このモラハラ男を友人などに相談したら、「ひどすぎる。相談所の人は何もしてくれないの?」と怒っていたので、私に問題があるとは考えにくいです。 「このままうまくいくでしょ!そろそろ○○(相手の苗字)●●(私の名前)になるね☆」といったと思えば、真剣交際終了した途端「俺はこうなると思ってた!」と180度違う発言をされました。 また、毎朝5時に私の人格を否定するところから始まります。「あなたは性格を直さないと結婚できない!」「素敵な人はあなたと結婚したいと思わない!」「相手はあなたを映す鏡!良いお相手に会えないのはあなたが悪いからだ!」「あなたは引きが悪い!それも自分のせいだ!」など。 あと、婚活に関係ないことに口を出してきてとても不愉快でした。 家族と縁を切っているのですが、事あるごとに「家族を許してあげて」と言ってきます。許す気はない、と決めて気持ちが楽になっていたのに、度々「許さないあなたは心が狭い。結婚が遠のいてるのもそのせい」と言われて、本当につらかったです。 辛い思いをさせられた家族を何故許さなければならないのか? 他の相談所に入り直しましたが、新しい仲人さんがこの仲人に対してめちゃくちゃ怒ってくれて、「あなたが悪いわけではない。この仲人がひどいだけ。」と言ってくれてすごく救われました。 このみらい結婚コンシェルはお見合い料を5000円取るのに、1か月20人とお見合いして!と言ってきてとても驚きました。 お金が不安だと言っても「お金持ちと結婚すると思えば安いものだから」とのこと。 別に私はお金持ちと結婚したいわけでもありません。 子供はいらないので、なしに記載してくださいと言っても「子供ほしくない人は変な人しかいない」と言われ強制的に「ほしい」にされました。 (新しいところでは色々説明をしてもらって、私も納得の上で「どちらでもいい」にしてました。もしかしたらこの人の子ならほしいと思える相手に出会えるかもしれないので) 「この人はこうしたら結婚できる」アドバイスではなく、「一般の理想像に無理やり当てはめさせられる」という感じです。 また、個人情報の管理も杜撰で、他の女性宛のLINEが送られてきたことが何度もあります。 仮交際終了の連絡を忘れていたり、お見合いの日程調整のミスも多々ありました。 なのにこちらのミスには厳しい。(私がしたミスは1回ですが) 仮交際成立した後、初デート前にお相手のワガママで終了したいと言い出したのに、罰金なしにされたり。(多分相手の相談所と「自分(この仲人)」がもめたくなかったから) お相手が15分以上遅刻してきたから「もうなしにしてください」と言ってるのに「いいからお見合いして!」と怒鳴ってきたり。 まだまだありますが、ここまで読んでも入りたいと思う人は入会すればいいと思います。 全部事実です。
会社員(2022/01/17 )
 3.0 点 こちらから申し込んでも普通にスルーされる事の方が多かったように思います。 担当者の方からの状況確認...
続きを読む
なんかは殆ど有りません。こちらからの相談には事務的に応じてくれる感じです。
25歳 会社員(2022/01/17 )
女性
 4.0 点 20代限定に友達と参加しました! 男性20名ほど参加していました。カップリングして二次会も行けて楽...
続きを読む
しかったです!悪い口コミばっかでしたが不安でしたがまた参加したいと思います。
匿名(2022/01/16 )
女性
 1.0 点 2022/01/06 30代 女性の口コミにある「月額費も値引きしてくれました」って何!? こっち...
続きを読む
はちゃんと払ってるんだけど!? あり得ない…
50代 バツイチ(2022/01/16 )
男性
 評価しない もうここは悪徳業者と言ってもいい。1回1万1千円取って、女性を紹介するが「女性が断ってきました。あな...
続きを読む
たはこんなところがダメだったのです」といった調子でその断りの理由が到底しんじられないような理由です。これは本当に相手が断ったのかどうか誰にもわかりません。カウンセラーが適当な理由をつけて断られたと嘘を言って何人も紹介してその都度1万1千円をむしり取っていてもわかりません。 退会を申し出たのですが、のらりくらりと言い訳をして何度退会を言っても、何週間たっても応じません。もはや詐欺、ヤクザ、ゴロツキです。ここに入会したら2度と出られず、金を搾りとられるでしょう。
会社員(2022/01/16 )
女性
 1.0 点 無理な勧誘はしない、その場での契約は促さないとTwitterなどで公言されておられましたが、無理な勧...
続きを読む
誘を受けてその場で契約書を書かされそうになりました。費用も高額なので一度考えたいと伝えると、他のどこの話を聞きに行くのか?他社はこうでどこも微妙などと言って来られて印象が悪かったです。高額?ボーナスはいつ?それならそのボーナスで支払うのでどう?その程度なら待てますよ!など言われてとても嫌でした。かかる費用に対してサービス内容が薄いと考え、費用対効果面で適切かの検討をしたかったのです。 ここの話を聞きに行くときは、他の相談所の話を聞きに行く予定を作っておいた方がよろしいかと思います。
コーヒー(2022/01/16 )
女性
 評価しない 高額なお金をドブに捨てました。 入会後のカウンセラーのサポートは嘘ばかりです。 お見合いを設定す...
続きを読む
ると言うので待っていましたが、実現する事は一度たりともありませんでした。 全く希望してない人とのお見合いを無理矢理セッティングさせられ、その後カウンセラーには逃げられ文句も言う機会すら与えてもらえなかったです。 会社側の対応も知らぬ存ぜぬで逃げるばかり。 あまりの酷さに、2ヶ月で退会しました。 夢を見てるカモにを入会させて、高い入会費を支払わせる事が目的で、会員の成婚など一切考えていません。 最低最悪です。
女(2022/01/16 )
女性
 1.0 点 35歳介護福祉士の男と2回目の会う約束をしていたのに前日になって急に連絡がとれなくなりました。 ラ...
続きを読む
インも既読がつかずブロックされています。 笑顔で物腰の柔らかい感じの人だったのにそんなことする人に見えなかったのでショック過ぎました。 今思うと既婚者か彼女がいたのかな。 こちらは真剣に婚カツしているので馬鹿にされてるようで悲しくなりますね。 こういう人もいるので皆さん気を付けてください。
39歳 会社員(2022/01/16 )
男性
 評価しない 入会してから1年近くになりますが、はっきり言ってクズしか居ません。 相手探しは大きく分けてプロ...
続きを読む
フィール検索して気になる人にメッセージを出すか、イベントに参加するかの2パターンですが、イベントは別途で料金がかかる上に場所・日時共に偏りが強く、平日休みの私には参加できないものばかりでした。 とは言えこれに関しては個人的な都合なので、改善・考慮はしていただきたいものの不満はありません。 本当に酷いのがメッセージによる申し込みです。こちらは月に8人までメッセージを送れるのですが、1年近く続けて返信が来たのはたったの2通。他は一言も話さずにごめんなさいでした。 失礼な事や卑猥な事などを書く、そもそも相手の条件にそぐわないと言ったような事なら即拒否も当然でしょう。しかし、条件を確認した上でごく普通の挨拶をした相手に対して一言も話さずに即拒否と言うのは常識で考えて余りにも失礼ではないでしょうか?しかもそれが100人以上もいるのですから明らかに異常です。 上記の内容をアドバイザーにも話しましたが、色々な考え方・価値観があるから〜等と言うだけで、即拒否がどれだけ無礼で非常識な行為かを理解していない様子。悪い人ではありませんでしたが、正直何を言っても無駄だと思いました。 ちなみに、返事が来た2人も2・3回ほどやり取りをしただけで急に終了。全くもって意味がわかりません。男は面白い話をして喜ばせるのが当たり前とでも思っているのでしょうか?確かに面白味には欠ける文だったかも知れませんが、私はホストではありません。対等な立場であるのなら、女性側からも話題を振るべきです。 私は接客業をしている事もあり、比較的多くの女性(もちろん男性もですが)と話します。また、職場自体も女性の方が多いです。なのでネットでよく見られる女性叩きは偏見の塊であり、真面目で優しい女性も沢山居ると言うことは十分理解しております。 しかし、婚活サイトの女性に関してはネットでの評価が真実でしょう。プロフィールで重視するのは年収のみ。低収入の男は何の価値もないゴミクズとしか思っていないクズばかりです。叩かれる、ブーメランと言われるのは覚悟の上で書きますが、こんな女どもは結婚できなくて当然です。 そして、このようなクズしか居ない状況を作っている運営にも大いに問題があります。ただでさえ入会金やら月額やらで高い金が掛かっているのに、何かにつけて追加料金が発生する仕様(写真を載せる・紹介文を載せる・規定人数以上にメッセージを送る等)は守銭奴としか思えません。 当然ながら、即拒否であろうがメッセージ回数は消費されます。なので高い金を払っているにも関わらず、毎月メッセージを送る→全て即拒否だけで終わります。そのくせ即拒否には何のペナルティもありません。倫理的にも即拒否にこそ回数制や課金を付けるべきではないでしょうか?尤も、そうなったとしたら一言話してから拒否が主流になるとは思いますけどね。 ここまで長々と書きましたが、纏めますとここは絶対にお勧めしません。他の方も言っていましたが、ドブに金を捨てるどころか不快になるだけよりマイナスです。結婚したいのなら家族や友人・知人などを頼る方が確率的に遥かに高いですし、お相手さんも婚活サイトに居るようなクズではないものと思われます。 最後に、女性の方、特に婚活サイトに登録して居る人がこの意見を読んだら、非常に不愉快に思われることでしょう。 誤解のないように言っておきますが、私は女性が婚活サイトを使う事が悪いなどとは一言も言っておりません。あくまでも礼儀や常識を欠いた行為があり得ないと言うだけです。前述のように失礼な事や卑猥な事を言ってくる輩は即拒否も当然です。 婚活サイトに限らず、ネットでは相手が見えません。しかし確実に1人の人間が居るのです。ぞんざいに扱って良い道理がありません。 真剣に結婚を考えているのなら、まずは申し込んできた人と会話してみてください。そして相手と対等な立場であると理解した上でやり取りをし、結果として断ることになっても可能な限り相手の事を考えた対応をしてください。 以上、長文失礼致しました。 他の方々の参考にしていただければ幸いです。