全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

バツイチ50代が再婚相手に『選んではいけない人』の特徴と見分け方!

いわゆる中高年と呼ばれる世代である50代。

定年退職、老後を迎えるまで、あと何年?

「もう、失敗したくない!!」

そう決意したあなたは、これからの人生を共に歩むパートナーを探す婚活をする上で
どのような点に注意すればいいのでしょうか?

「若い頃と比べて人を見る目が養われているから大丈夫!」と自信を持っている方もいるかもしれません。
けれど…

・再婚してから態度が豹変する人がいます。
・時代の流れから若い頃とは違った「現代の価値観」も生まれています。

再婚してからこんなはずではなかった…と、ならないためにも
バツイチ50代が再婚相手に選んではいけない人の特徴と見分け方を男性向け、女性向け別に詳しく紹介していきます。

50代バツイチ女性が再婚相手に選んではいけない男性の特徴と見分け方

50代 再婚
まずは50代の女性が再婚相手に選んではいけない男性の特徴を上げていきます。
男性の方も、読んでいてドキッとすることがあるかもしれませんのでぜひ読んでみてください。

特徴1.モラハラするタイプ

50代バツイチ女性の再婚相手というと、同じ50代を中心に40代後半から60歳くらいまでと相手の年齢も比較的高くなるはずです。

この世代の男性、特に年上の男性を選ぶときによくチェックしてほしいのがモラハラをする相手ではないかという点です。

モラハラ=モラルハラスメントとは、モラル(道徳)による精神的な暴力、言葉、嫌がらせのこと。

一昔前まで、亭主関白(妻や子は夫の言うことをきく)な思考や、家事は女がするのが当たり前という時代でしたが
最近は男女平等の考えのもと、夫婦共働き、家事分担が当たり前になりつつあります。

残念ながら今の50代、60代の男性にはモラハラやセクハラなどに対する認識が甘く、当たり前のようにハラスメントを繰り返す人がいます。

・男らしい!
・引っ張ってくれる感じ!
・頼りがいがある!

プラス面の裏に潜む、マイナス面に注意しましょう。

常に女性は一歩引いているべきという考えで、上から目線で物を言う人は結婚後、モラハラ夫に変身する可能性があります。

モラハラ言動をする人はもちろん、気に入らないことがあると黙り込んでしまう人や連絡が取れなくなる人なども要注意。

カッとなりやすい人もモラハラタイプであることが多いようです。

モラハラタイプとは結婚したが最後、一生我慢をし続けることになってしまいます。50代でバツ2にならないためにも、「もしかしたら…」と思ったらすぐに離れる決断をしてください。

🗨😟「婚活パーティーで出会った同じ歳の男性。見た目はインテリタイプで穏やかそうな印象なのですが、カッとなると人格が変わったように攻撃的になる人でびっくりしました。
何かの話題で意見が食い違ったときは、私が折れるまで無視。また、お店の店員さんなどにも横柄な態度で接する人でした。
さらに彼が母親に電話をしているときの様子を見て驚愕。まるで召使いに物言いつけるように横暴な態度で接していたのです。
これは間違いなくモラハラタイプだと判断し、お付き合いするのをお断りしました。その後しばらくは逆ギレメールが届いて怖かったです。50代でもこんな性格の人がいるなんて…」( 52歳女性)

「50代で再婚するんだから、今更ケンカしたりすることもないだろう」と油断しがちですが、残念ながら年齢を重ねれば重ねるほど、価値観や思考回路を変えることが難しくなります。

特徴2.自慢話が多い人

「〇〇(大企業)で働いている」「芸能人の△△と知り合い」「年収は○○万円」など、本人の人格とは関係のないところでの自慢話が多い男性も要注意。

延々と自慢話を繰り広げる人は基本的に自分の話ばかりで人の話しを聞こうとはしません。一緒にいても会話が弾まずそのうち退屈してしまうでしょう。

🗨😟「ワインスクールで知り合った同じ50代の男性。50代にもなれば、何らかの成功経験があるのは当然だと思うのですが、二人きりのときはもちろん、スクールのメンバー全員で食事に行ったときも延々と自分の自慢話を繰り返していてびっくり。
周りがしらけているのに全く気がつかないんです。素敵な人だなと思っていたのですが、話してみて幻滅してしまいました」(55歳女性)

自慢話の多さは、プライド・承認欲求の高さを表しています。

一見、自信過剰にみえても『どこか認められない・満たされない孤独感』を抱えているのかもしれませんね。

特徴3.無口すぎてコミュニケーションが取れない人

口下手な人はいくつになってもいるものですが、40~50代になって最低限のコミュニケーションが取れないような無口すぎる人は困りもの。

若い頃から無口だったパートナーと共に50代を迎えるのと、50代で新たに無口な人とお付き合いをするのとでは、相手に対する理解度が大きく異なります。

暗に「言わなくてもわかってくれる人」を求めている男性とのお付き合いもあなたが疲れてしまう可能性が大。

口下手でも、あなたとコミュニケーションを取るために歩み寄ってくれる相手を探すようにしましょう。

特徴4.とにかく若さを求めるタイプ

男性の中には「女性はとにかく若くないと!」と思っている人が少なからず存在します。

結婚して子どもを持ちたいという希望を持った男性ならば、若さを求めてしまうのは仕方のないことかもしれません。

しかし、はるかに年下の女性と結婚する男性芸能人を見て、自分も若い女性と結婚できると何の根拠もなく信じている人もいるのです。

中にはわざわざ「若くない女性に用は無い」とアピールしてくる人もいます。

こうした不届き者の言葉や態度に傷ついて、あなたが落ち込んだり婚活を諦める必要は一切ありません。

「年下女性となら精神年齢が釣り合うような男性だった」だけのことです。

年齢をネタに冗談を言っていいのは、笑い合えるほどの信頼関係ができてからか、綾小路きみまろくらいです。

こういった男性の中には年下女性と付き合う事で、自分が優位に立ちたいといったような支配欲が強い人、プライドの高い人が多いので気をつけましょう。

50代バツイチ男性が再婚相手に選んではいけない女性の特徴と見分け方

引き続き、50代バツイチの男性が避けるべき女性のタイプを紹介していきます。
こちらも女性の方でも参考になる部分がありますのでぜひ読んでみてください。
50代再婚男性

特徴1.お金目当ての女性

こちらも世代を問わず存在するタイプ。

特に相手が40~50代の場合、安定した老後を過ごすためにも経済的に余裕のある男性を探している女性は少なくありません。

将来的に自分の介護をお願いする可能性もあるため、お互いさまであるとも言えますが、経済力だけが目当てで相手探しをしているような女性は避けるようにしましょう。

いきなり収入や財産の話をしてきたり、プレゼントをねだったり、おごってもらうのが当然といった態度の女性には要注意です。

お金目当てで近づいてくる女性を避けるためにも、お見合いパーティーなどでは年収を少なめに申告しておいてもいいかもしれません。

🗨😟「穏やかな老後を過ごせるパートナーを探すために婚活を始めました。ところがお付き合いした直後から『入籍はいつするのか』問いただされるように。
籍を入れることにはあまりこだわっていなかったので驚きました。経済力が目当てだったのかとがっかりして、うまくいかなくなり、そのまま別れることに」(56歳男性)

特徴2.極端に若い女性

結婚相談所に登録する男性の中には「再婚するならとにかく若い女性がいい」という方がいらっしゃいます。

しかし、現実的に考えて、芸能人のように特出した魅力や経済力がない限り、20代の女性が50代バツイチの男性を選ぶということはまずありません。

50代にもなれば、特に富裕層でなくてもある程度の経済力や貯蓄はあるはず。それを目当てに近づいてくる若い女性もいるということを理解しておきましょう。
特にアプリや婚活サイトなど、ネットでの婚活をする場合、結婚を目的としていない女性もいるため、詐欺トラブルに巻き込まれる可能性もゼロではありません。

また、お付き合いできたとしても、年の差が大きいと2人の間に問題が多発しがちです。
体力の差、世代の違いによる話題のズレなど、お互いが歩み寄るための努力が常に必要となります。

特に「家事は女がするもの」と思い込んでいる人は若い女性を選ぶべきではありません。
若い女性ほど「男女平等で一緒に協力する、助け合う」という考えが浸透しています。

特徴3.愚痴っぽい、ネガティブなタイプ

女性はお話好きな方が多いですが、職場や近所など人付き合いの愚痴が多く、ネガティブ思考な女性は避けたいタイプ。人の悪口ばかり話題にする女性もやめておきましょう。

女性は愚痴に対してアドバイスではなく、共感を求めていることが多いため、うっかり「こうしたほうがいいんじゃない?」「こんな風に考えてみたら」 とアドバイスして気まずくなってしまうこともあるかもしれません。

残念ながら女性の中には、50代60代になっても寄ると触ると周りの人の悪口を言って盛り上がるタイプの人がいます。

こうしたタイプは笑顔の絶えない穏やかな老後を一緒に過ごすためのパートナーとして不適切です。

特徴4.あなたの趣味や好きなものを否定するタイプ

50代再婚

結婚生活がうまくいかなくなる理由にもよく挙がるのがコチラ。あなたの趣味や好きなものを「くだらないわ」「 お金のムダよ」などと言って貶めるタイプの女性は一緒にいて疲れてしまいます。

50代バツイチの再婚ともなれば、必ずしも共通した趣味を持っている必要はありません。

しかし、お互いの趣味を尊重することは大切です。なかには結婚して家計がひとつになったとたん、男性の趣味を否定して断りなくコレクションを捨ててしまうという女性もいるようです。

こんなことになったら、あなたの人格を否定されているようなもの。極端にお金をつぎ込んで家にお金を入れないというのは NG ですが、良識のある範囲で楽しんでいる趣味をやめさせようとしたり、否定する相手は避けるようにしましょう。

🗨😟「昔からアニメが好きで、フィギュアやプラモデルなどをコレクションしていました。前の妻はこうした私の趣味を『気持ち悪い』といって頭から否定するタイプでした。
50代になってから知り合った今のパートナーはキルトや手芸の趣味を持っていて、こちらの趣味も尊重してくれています。再婚相手を探すときは オタク仲間を選ぶべきか?と思ってたのですが、全く異なる趣味でもお互いを尊重できれば問題ないんですね」(51歳男性)

まとめ

50代での再婚は、いままで以上に慎重なパートナー選びが必要になってきます。

再婚してから「こんなはずじゃなかった」と感じて離婚するというのは避けたいもの。

そのためにも初めから入籍だけをゴールにするのではなく、肩の力を抜いて楽しく過ごせる相手を探すという風にハードルを下げてみてはいかがでしょうか?

また、50代は積極的に行動しなければ、なかなか新しい出会いが見つからない世代でもあります。

周りの人に紹介を頼む、趣味のサークルなどに参加するなど色々な方法でパートナー探しにチャレンジすることも大切ですが、確実に幸せな再婚を目指すなら下記の記事も参考にしてくださいね。

\\\ ↓ ↓ ↓ ↓ ///
バツイチ婚活で幸せな再婚を目指すなら、結婚相談所がおすすめな3つの理由

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP