【婚活のコツ】ぶっちゃけ!どうやったら結婚できる?!5つのポイント

神奈川で結婚相談所を運営している40代男性です。

私自身、婚活パーティからネット婚活結婚相談所でのお見合いまで数え切れないほど経験して、結婚式場まで決まった段階からの、婚約破談も経験済みという変わり者です。

そのため、ユーザー目線を大切にしながら、皆さんのためになる内容をお送りしたいと思います。

本日は、『結婚できるためのポイント』について書いてみます。

その1:婚活市場での位置を知り、受け入れる(「普通」は普通ではない)

苦しい立場の30代
まず1番目のポイントは、これに尽きますね。

婚活している人や婚活を始めようとする人にとって、とても耳の痛いことなのですが、

婚活市場での自分が置かれている位置をしっかり認識できないと、

前途多難なのはほぼ間違いないです。

(「ほぼ」なのは、稀に偶然的な出会いに恵まれることもあるからです)

結婚相手は、「条件」だけを優先して決めない方が絶対に良いですが、皮肉なことに、お相手からはまず、

「条件」で選別されてしまうのです。

どんなに誠実さなどのお人柄をアピールしようと思っても、お相手と同じ「土俵」に立てないなら、元も子もありません。

まずは年齢で選別!30代後半から苦しい立場に!

一番分かりやすいのは男女問わず、「年齢」です。

20代から30代前半くらいまではそこまで大きな違いはありませんが、30代後半からは如実に雲行きが怪しくなってきます。

特に女性でその傾向は強いのですが、

「おれは男だから」と高を括ってしまう男性も結構多いので要注意です。

サラリーマンだとして、45歳で結婚してすぐに子宝に恵まれたとしても、定年を迎えたときには子どもはまだ高校生です。

女性も、その辺りはとてもシビアに考えていますから、油断大敵ですよ。

まだまだある選別対象ポイント!

年齢以外にも、特に男性なら、「年収」はやはり大きな要素になりますし、

他にも、「容姿」や「地域」、さらには「同居」「喫煙」「家庭環境」など、

いろいろなことを含めて、異性が数え切れないほどの同性から選ぶ基準にあてはまるか。

これをまずしっかり認識することが欠かせないです。

誤解しないでくださいね。

「条件が良くなければいけない」とは一言も書いていませんからね。

自分が置かれている位置を正しく認識できれば、それでいいのです。

あとは、そこから方向性を考え、地道に活動していけば、早かれ遅かれ道は開けます。

逆に、素直にそれを認められないと、まさに右往左往する大海原の旅へ出かけてしまうことになるのです。

十分に気を付けてくださいね。

その2:間口は広く、判断は早く

決断は早く
「結婚はしたいけれど、できるだけ傷つきたくない。」

それは婚活に取り組むすべての人の願いでしょう。

「できるだけ少ない異性と会って、長く付き合ってみて、その人で決めたい」

そう考えれば考えるほど、異性のプロフィールを必要以上に熟読し、申し込み数をできるだけ絞って、申し受け分も本当に惹かれない限りお会いしようとしなくなります。

その気持ちはよく分かります。

私も、婚活していた頃、同じように考えていました。

ただ、それが「異常に疲れる婚活の無限ループ」の始まりです。

できるだけ多くの人に出会うようにしよう!

会う人数を絞れば、それだけ相性が合う人と出会える確率は「確実に」下がります。

今までの人生の中で、恋人に限らず、

「この人とは本当に相性が合って何でも話せて、心から信用できる人」って、公私問わず、何人挙げられますか??

きっと、片手で足りるのではないでしょうか。

人生数十年生きてきて、数え切れないほどの人たちと会ってきて、たったそれだけの人しかいないのに、2~3人の異性と会ってすぐにパートナーが見つかる方が奇跡です(たまにそういうこともありますが)。

なので、できるだけ多くの異性と会えるように頑張ることが何より大事なのです。

長引かせるのも無駄!判断は早めに!

その一方で、「傷つきたくない」「またイチから始めたくない」という思いから、

一旦、「交際」状態になった人との関係をいたずらに長引かせてしまうこともとても多いです。

これがまた、「愚の骨頂」なのです。

「引っかかっている所があるけど、もう少し会えば、関係が良くなるのでは…」
「私に悪い所があるのかもしれないから、それを直していけば…」
「次にいつ新しい人と交際できるか分からないから…」

そういうはかない期待や安易な不安は、

ほとんどの場合、いずれ木っ端微塵に打ち砕かれます…。

なぜなら、常識のある人なら、初対面やまだ数えるほどしか会っていないお相手には、ある意味で必要以上に礼儀正しく誠意ある対応をするはずだからです。

そのような状況でお会いして、お相手に違和感を持ってしまうなら、関係性を深めれば、その違和感はもっと大きくなることはほぼ間違いないです。

自分の中で、「ない」と思った人と交際を続けることほど、

無駄なことはありません。

ご縁がないと思ったら、早めにお断りして、新しい出会いを探す。

それがとても大事です。

「間口は広く、判断は早めに」

これは、鉄則です!

その3:ケンカしてもしっかり向き合えることを必ず確認する

修復できる夫婦関係
なかなか婚活で成果が出ないと、確実に「弱気の虫」が顔を出してきます。

その典型が、かろうじて交際に繋がったものの、

「違うな」と思いつつ、断れないことです。

「話しにくい」「余計な気を遣う」など、将来のパートナーとしては違うと思っても、次にいつ交際できるか分からない不安が大きく、自ら関係を絶てないのです。

そんな関係なときほど、お相手の顔色を窺い、しっかり自分の気持ちを伝えることができず、異常なまでに「ぶつかる」ことを避けてしまいます。

ぶつかって修復できてこその夫婦関係!

いたずらにケンカするのは意味がないですが、逆に、ケンカを怖がって、お互いの気持ちをぶつけ合えないのは百害あって一利なしです。

だって、今後、数十年に渡って一緒に生活していくことになるのですよ。

一生、余計な気を遣った夫婦関係を維持できる自信はありますか??

とにかく結婚という「ゴール」を果たすことに執着しすぎるのではなく、

本当に一緒にいてラクで何でも言い合え、協力し合える異性をじっくり探した方がいいです。

もちろん、お相手への誠意は最大限に必要で、完全に否定してしまっては関係が終わってしまいますが、我慢できないことや伝えたいことは遠慮せずに言い合うことが大切です。

それができないなら、ご縁がなかったと思って、お別れした方が身のためです。

たとえ、ケンカして一時的に険悪なムードになっても良いのです。

そこから、二人で話し合って落としどころを見つけて、その後は何もなかったかのように日常に戻れることが夫婦円満に欠かせないです。

「結婚できないかも」という目の前の不安に惑わされず、自分に合ったお相手を見つけてくださいね。

その4:自分から提案しつつ、相手に判断を任せる

相手を尊重する気持ち
「少しでも良い人と結婚したい」という思いが強いと、どうしてもお相手に多くのことを求めがちです。

「いや、自分はそんなことないよ」という人ほど、意外にその傾向が強いものです。

動物としての本能でもあるので、仕方ないことでもあるのですが、現実的に幸せな結婚生活を送りたいなら、少し考える必要があります。

そもそも、相手に求める人同士がうまくいくことはないですよね。

まずは、お相手に関心を持っていて、しっかり手足を動かしてその気持ちを伝えることが、何より大事です。

相手の気持ちを最優先の行動を!

デートに行くなら、安易に「どこか行きたい所はありますか?」と聞く前に、お相手の話を思い出したり、プロフィールから想像したりして、「最大限」お相手が喜びそうなことを考えて、実際にいろいろリサーチして、いくつか提案してみるのです。

しかも、「他に良い所があればそちらでもいいですよ」という言葉を添えて

そうすることで、その提案が実は少しズレたものであったとしても、自分のことを考えて調べた上で提案してくれたという気持ちが伝わるのです。

提案の結果より、提案に至った経緯がとても大切なのです。

多くの人がそのことを勘違いしています。

レディーファーストは当たり前とは思わない!

上記の例は、ほぼ男性向けになりますが、女性も同じです。

「男性がこうしてくれない」と思う前に、まず自分から歩み寄った言動を試みて、判断はそれからにするように心がけてくださいね。

成婚してご挨拶に来てくださる幸せなカップルは、間違いなく、そのような「お互いさま」の気持ちがしっかり伝わっている方々ばかりです。

まず、お相手の気持ちを考えて動きましょう。

その5:何があってもあきらめない!優先順位を下げない

あきらめないこと
最後のポイントは、極めてシンプルです。

あきらめない!

それだけです。

「なぁ~んだ、そんなこと?!」と思ったあなた、実はそんな軽いことではないのですよ。

婚活は、ごく稀に活動当初に運命的な出会いに恵まれる人を除いて、

本当に疲れるものです。

それは経験した人でしか分からないでしょう。

貴重な休みを使って初対面の異性と話したり、デートしたりしては、「うーん、何か違う」と思うことが続き、疲れて帰ってきては、翌日から仕事でぐったり。

そんなことは当たり前ですし、時には、相性云々の前に「人として」非常識な人と出会い、無駄な時間を使ってしまったことにがっくりし、それが続くと、「ほんとに出会えるのか?!」と疑心暗鬼になり…。

婚活で、「あきらめない」のは決して簡単なことではありません。

実際、少なからずの人が途中で挫折して、「私は本当に結婚したいと思っていなかった」などともっともらしい理由をつけて婚活から離れていきます。

あきらめないことが一番大事!

でも、時間は絶対に待ってくれません

自分は「少し休憩」のつもりでも、時間は確実に過ぎていき、自分の置かれる状況は確実に不利になっていくのです。

婚活は本当に大変です。

そこから逃げることはあきらめて、婚活をあきらめるのは避けましょう。

たった一人、相性の合う人が見つかれば、それまでの苦労がすべてぶっ飛びます。

【婚活のコツ】を実践する秘訣とは?


まずは以下の5つのポイントをがんばりましょう!

5つのポイント
・自分の立ち位置を知る
・多くの人と出会いつつ判断を早く
・顔色はうかがわない
・相手最優先
・あきらめない

でも、多くの人が言います。「こんなにいっぱいあるの?」って。

そんなことはありませんよ。

「自分の気持ちに素直に行動して」と言ってるだけなんです。

「自分の立ち位置を知る」だって、そもそも自分の置かれてる状況くらい薄々気づいてますよね?

出会いがないから、婚活市場にきてるわけですし。

「多くの人と判断を早く」というのも、失いたくないから引き伸ばしてることに本人も気づいているんです。

「顔色はうかがわない」も一緒。自分の本心を押し通すと嫌われるから我慢してるだけ。

「相手最優先」「あきらめない」も分かっていること。

本当はあなたは分かっているんです。

だからこそ自分の気持ちに素直にしたがって、婚活をつづけることが大事です。

自分の気持ちに素直に行動すればいいだけ!

例えば、こんな感じに。

・「この人ダメだ」と思ったら、すぐに止める
・「あそこ行きたいけど、嫌われるかなー」と思ったら、行くのを止めて相手の行きたいところに行く
・嫌われるからだまっておこうということをなるべく持たない

これはあくまで例ですが、5つのポイントを自分の中でもシュミレーションしてみるとすぐに分かるはずです。

今までも頭では分かっていたけど、素直に行動できていなかったんですよ。

強いて言えば、今までよりもう少しだけ、相手の気持ちを考えてあげるだけでいいと思います。

あとは、自分の気持ちに素直に行動する方が、婚活は上手くいきます。

無理をするとダメ。

何よりも焦るのが一番ダメです。

あらかじめ決めておけば、人間迷わないもんですよ。

まとめ

「どうやったら結婚できる?」という本質的な問題について、数多くあるポイントの中から、特に大事な点をまとめて書いてみました。

耳の痛い話も多かったと思いますが、単にお客様が早く成婚して成婚料を払ってほしいとだけ思っている相談所ではおそらく言わないことが多かったと思います。

どこで出会いを探すか、どういうふうに出会いを探すか、何に気を付けて交際するか、それらすべてがあなたの幸せに繋がっていないと意味がありません。

婚活は、手段と相談する相手を間違えると、とんでもなく余計な時間とお金がかかります。

少なくとも上記のポイントはしっかり意識して、活動を頑張ってくださいね!応援しています。

結婚相談所のカウンセラー『Q&A』

結婚相談所Q&A

年収が低いのですが、結婚相談所で活動できるでしょうか?

結婚相談所Q&A
男性の場合、年収は正直大切な要素です。お見合い成立率などにも大きく影響してきます。 そのため、婚活を成功させたい、結婚したいと強く思うのであれば...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「年収が低いのですが、結婚相談所で活動できるでしょうか?」

結婚相談所Q&A

男性の場合、年収は正直大切な要素です。お見合い成立率などにも大きく影響してきます。
そのため、婚活を成功させたい、結婚したいと強く思うのであれば、大きく2つを意識していただければと思います。
まず一つは年収を増加させることです。年齢などと異なり、年収は変えることができます。副業でも本業でも問題ないので、
全体として年収を増加させる術を探っていただくことが大切です。
続いて、年収以外の価値を認識し、ブラッシュアップすることです。
成婚するかどうかは結局のところ総合判断で、年収は(重要ではありますが)一要素に過ぎません。
そのため、他の要素でお相手を幸せにできるのであれば、成婚への可能性を高めることができると思います
。まずはファーストカウンセリングで、ご自分の価値を認識するところからはじめましょう!
結婚相談所Q&A

婚活を始めようと思っているので、何から準備したらいいですか?

結婚相談所Q&A
婚活を進めていく上で一番重要なのは、自己分析です。婚活では、プロフィールで自身をPRして、異性に自分を分析される場面が出てきます。...

結婚相談所Q&A
「婚活を始めようと思っているので、何から準備したらいいですか?」

結婚相談所Q&A

婚活を進めていく上で一番重要なのは、自己分析です。

婚活では、プロフィールで自身をPRして、異性に自分を分析される場面が出てきます。

自分自身の短所が相手にとって気になる点になる可能性がありますし、自分が気づいていなかった部分が相手に悪い印象を与えることもあります。

自分の性格は?自分のPRポイントは?自分の短所とそれをどうやって直すか?

自分が婚活に使える時間や費用は?自分がどんな結婚を望んでいるのか?

婚活は、あらゆる面で対人関係を問われる場です。

自分が婚活にどのくらいの時間を使えるのか(ライフスタイル)を分析することも大切です。

ライフスタイルを把握しておくことで、自分に合った婚活支援サービスを探すことも可能です。

結婚相談所Q&A

30代女性です。同世代の女性が多いかと感じています。競争率は高いでしょうか?

結婚相談所Q&A
30代女性の場合は年代的には会員数も一番多いボリュームゾーンではあります。それはそうですよね?...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「30代女性です。同世代の女性が多いかと感じています。競争率は高いでしょうか?」

結婚相談所Q&A

30代女性の場合は年代的には会員数も一番多いボリュームゾーンではあります。
それはそうですよね?皆が30才前後くらいから将来に不安を感じ始め、婚活に動き出します。ご質問者様も同じ状況と推測しお答えしています。
一見ライバルの多い30代女性の婚活は難しそうに感じてしまうかもしれませんが、実はそうではありません。
こんなデータがあります。大手連盟組織の一つ「日本結婚相談所連盟(IBJ)」の2020年度の成婚者さんたちのデータ。
全成婚退会者の女性のうち、60%超が30代女性の成婚退会者さんです。
競争率と考えるのでなく、可能性と考えてみてください。結婚相談所では30代40代の男性の在籍が一番多いです。
男性からすると30代の女性が一番のニーズのある層となっておりますので、自信を持って不安を楽しみに変えて婚活を始めてみられることをお勧めいたします。
良いご縁がありますように♪
結婚相談所Q&A

交際相手となかなか距離感が縮まらないですがどうしたら良いですか?

結婚相談所Q&A
カウンセラーと面談を。 ご自身の成立率と同年代の平均成立率を比べ、ご自身の成立しないと感じているのは実際のところ本当なのか...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「交際相手となかなか距離感が縮まらないですがどうしたら良いですか?」

結婚相談所Q&A

カウンセラーと面談を。
ご自身の成立率と同年代の平均成立率を比べ、ご自身の成立しないと感じているのは実際のところ本当なのか。
お断りされている理由は何なのか。ご自身とターゲットのバランスは合っているのか。
カウンセラーによる客観的な分析を聞きましょう。
その後、ではどうしたら改善するのかのアドバイスは会員様それぞれ違いますのでデータや経験値を基に具体的にアドバイスをさせて頂きます。
結婚相談所Q&A

結婚しなきゃと思うが結婚したい気持になれない、どうしたらいい?

結婚相談所Q&A
年齢や、周囲の状況から「結婚しなきゃ」と思う気持ちが大きくなってきて、焦ってしまいますよね? 結婚したい気持がまだあまりないのに焦って婚活を始めても...
結婚相談所名:回答者

結婚相談所Q&A
「結婚しなきゃと思うが結婚したい気持になれない、どうしたらいい?」

結婚相談所Q&A

年齢や、周囲の状況から「結婚しなきゃ」と思う気持ちが大きくなってきて、焦ってしまいますよね?
結婚したい気持がまだあまりないのに焦って婚活を始めても、いい人が見つかるのかどうか?ですよね。

実際、そういったネガティブな動機で数年前大手の結婚相談所に入会したけれど、
仕事も忙しくてまったく活動しなかった!
というお話は、私どもにいらした方からも本当によく聞きます。

そういう「焦り」のようなネガティブな動機って自分を追い立ててもあまり長続きしないんですよ。
3カ月くらいでしょうか?頑張っても1年。

「もう歳だから結婚しなきゃいけない」という気持ちを、「やっぱり自分は結婚して家庭を持ちたい」
というポジティブな動機に変換していくと初めて心から婚活したいと思えます。
一般の結婚相談所にここまで期待できるかというと難しいかもしれませんね…

私どもは、そういう方のためにも、結婚相談所に登録せずに
ただカウンセリングのみを定期的に行うコースもありますので
「結婚しなくちゃだめだ」という気持ちをカウンセリングで丁寧に探っていきます。

自分自身が呪縛から自由になると、その下にポジティブな結婚願望が見つかります。
「結婚して愛し愛される過程を作りたい」などと言う肯定的な動機が明確になると
それまでつらかった婚活が意外に楽になってきたりしますよ。

浮気しない男性のメチャクチャ簡単な見極め方

結婚相談所浮気しない男性

どんな女性でもさ、浮気男とは付き合いたくないよな?

そう思ってるのに、

「浮気する男は嫌いやのに、また浮気された・・・」
「いっつも浮気されるのは自分が悪いんやろか・・・」
「私はいつも本命じゃない・・・」

と悩める女性のために、今回は【浮気男の簡単な見極め方】について話す。

ハッキリ言う!

男はみんな浮気するんでしょ!

てなことを言う人もおるけど、

そんなことはあらへん!
と、男を代表して宣言する

世の中には、メッチャモテるのに一生浮気しない男もおる。・・・

元彼に復讐したい人へ!最高の仕返しはコレ

結婚相談所 元彼に復讐

どれだけ好きやった彼氏でも、嫌な恋の終わり方をすると、愛情が憎しみに変わっていくことがある。

心の中でず~っとモヤモヤしてしまうことがあるやんな?

時間が経つほどにモヤモヤどころか、フツフツと怒りの炎が暴れ出てくる。

浮気されたとか、突然フラれたとか、、、

そんな元彼のことを考えていると、

「もう~ゆるせない!」を通り越して、

「復讐したい!」「もう消えてほしい!」

「いや、消したろか!」

って思わへんかな?

ヨリを戻したいとかそういうわけちゃうねんけど、心底大っ嫌いなのに、

許されへん元彼のことで頭がいっぱいになることすら悔しくなってまう・・・

後悔するぞ!こんな女性と結婚してはいけない5つの特徴

こんな女性と結婚してはいけない特徴を5つ言います。

男性はこういう女性に気を付けて、女性はこういう特徴を持たないようにしような。

1番、ダメ男製造オンナ

世話好き過ぎてなんでもかんでも彼氏にやってあげてしまう女性のことをこう呼ぶ。

その女性が彼氏をどんどんダメ男に仕立ててしまうねん。

母性本能が強過ぎて、尽くし過ぎるという特徴でもある。

母性本能は悪いことじゃないけれども、自己肯定感の低い女性っていうのはダメ男製造女になりやすい。

男性に尽くしていることこそで自分が認められている、幸せだと感じるんやな・・・

男からコンスタントにアプローチされるモテ女性になる方法

モテ女性っている。

なんであの子があんなにモテるんだろう?

美人じゃないのに別れてもすぐに彼氏ができるって子がいる。

一方・・・・

性格もイイ、容姿も良い、一緒にいて楽しいし、いつも「恋愛がしたい!」と言っているのに、なかなか彼氏ができない女性もいる。

その「モテ女性」と「モテない女性」の差はどこにあるのだろう?

今回は「モテ女性」になるために、「男からコンスタントにアプローチされる女性」になるために、

これをやっていけば100%今よりモテる女性になる方法を紹介する。

★女性の大きな勘違いと誤解

女性は大きな誤解をしているんだ

それは・・・

結婚相談所の探し方ガイドブック

結婚相談所のことを、分かりやすく76ページの冊子にまとめました。
どんな相談所に入会すればイイ婚活ができるのかが、ハッキリと分かります。
なぜ結婚相談所に入会後に後悔する人が多いのか? それは事前にしっかりと調べていないから!
電子書籍版(全76ページ冊子) 0円
※すぐにお読み頂けます

結婚相談所の登録人数を調べよう!

メールも電話も必要なし!
あなたの近くに何人の会員がいるか、気軽に調べてみて下さい。

Twitter