大阪・京都の結婚相談所

お見合いのお茶代割り勘する男性はケチなのか?婚活女性の悩みにお答えします。

結婚相談所

結婚相談所のお見合いの際、『お茶代は男性会員がもつ』という考え方が一般的ですが、ときたま浮上するお茶代割り勘問題……。

実際にお見合いの報告で、

「あまり話しが合わなかったし……お茶代割り勘でしたのでお断りして下さい!!」

とおっしゃる女性会員さんもいらっしゃいます。

あなたもお茶代を割り勘にされたことありませんか?

これは、お相手男性がケチなのでしょうか……?

結婚相談所の仲介人目線で、お見合いのお茶代を割り勘する男性がケチか、どうなのかをお話しましょう。

お見合いのお茶代を割り勘する男性はケチなのか?

はい。ケチな男性の可能性もあるでしょう。

でも、お相手がケチな場合ばかりではないのでは??

ちなみに、割り勘だったからもうお会いしたくない!と相談してきた婚活女性・A子さんの場合。

割り勘だったけれど、礼儀正しくて、にこやかな感じの良い人でした。

私の結婚相談所では、女性のお見合いに紹介のため同伴することが多いので、お相手男性の雰囲気は分かっていることが多いのです。

ちなみに、A子さんのお相手となった割り勘男性は、『それだけで断るのはもったいない・・・!』という印象を受けました。

A子さんのお見合い内容は・・・?

「割り勘だったし、お断りしたい!」と相談してきたA子さんに、その日の様子を詳しく伺ってみました。

私「お見合いの様子を教えてくれる?」

A子さん「あまりお話しが弾まなかったです!」

私「どんな話をしたの?」

A子さん「お仕事の話ばかりでよくわからなかったし、プロフィールの印象と違ったので・・・。」

私「プロフィールの印象と違ったので興味がなくなっちゃったわけ?

自分のことはどんな話をしたの?お相手の話に相槌は?」

A子さん「自分のことはプロフィールに書いてある程度は話しました。相槌?多分頷いてはいたと思います・・・」

お見合い当日の様子を聞いてみると、A子さんにも問題があるなと思ったのです。

たしかに、お茶代くらい払ってほしい・・・という女性の気持ちはわかります。

けれど、A子さんはお見合いで生身の人間を感じ取れていません。

お相手となった男性も、もしかすると「もうないな!」と思われているかもしれません。

引き金は「割り勘」であったものの、他の原因があるのではないでしょうか・・・?

A子さんのお見合い事例から考察する割り勘問題

A子さんのお見合い事例から割り勘問題について結論を出しましょう。

自分の話を「へぇ~そうですか!」「すごいですね~」「楽しそうですね~」「私もやってみたいです!」と、興味を持って聞いてくれたら、気持ちも高揚しますし、話も弾み、また会いたいなぁ~と思ってくれます。

そう、楽しいなと思えるお見合いができたら、自然にお茶もご馳走して下さるでしょう♪

そして、A子さんも、お相手に興味・関心をもって、心と心でお見合いをしていれば

「良く知らないこともあったけれど、楽しかったな♪」

と、きっと男性もA子さんもにこやかなお見合いができたはず。

お見合いが決まったら、お見合い相手としてでなくてもいいので「今度会う人はどんな人だろう・・」とお相手に興味を持ち、お相手の話に興味を持つことが大切なのです。

そして、お見合いの場は「私が盛り上げる!」くらいな気持ちで臨みましょう!!

そうすれば、お茶代割り勘は無いでしょう。

それでも割り勘にされたらお財布のひもの固い人かも・・・(~_~;)

「お見合いで割り勘する男性がケチ!」とは一概に言えない理由はここにあり。

割り勘に至るまでの経緯にも、割り勘したくなる要素があるかもしれないからです。

まとめ

A子さんの場合、問題をお相手の『割り勘』にフォーカスしてしまっていますが、自分自身にも改善できる部分がないか、考えてみることも婚活では重要です。

そもそも、奢ってもらって当たり前な姿勢でお見合いに挑んでいると、成果は出ません。

自分も、そしてお相手となる異性も、貴重な時間を使ってお見合いをしているのですから。

※ 相談所の方針でお茶代は割り勘と指導している場合もありますのでお見合いの際にご確認ください。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP