【婚活市場における悪質カウンセラーの手段】『情』をわかせて成婚にもっていく手口!

情をわかせない
職場や趣味の場での出会いがなく、自然恋愛が難しくなってきています。

上司からの紹介も以前はあったが、今はセクハラ&モラハラ&パワハラになりかねないので、そんな話もしずらい環境。

婚活パーティやマッチングアプリでは、カップリングはしてもその先の結婚には繋がりにくいのも事実。

恋愛感情は年を取るごとに劣化していくので、そんなにすぐに相手のことを好きにはなれない。

始めるなら、男女ともに1歳でも若くはじめた方が、妥協が少ないのは事実。

カウンセラーがいて、無料相談でお互いを確かめられるので、結婚相談所は安心安全。

こんちにわ、あっちゃんです。
いきなり暗ーーい話と都合の良い話ばかりしてしまいました。

実際の婚活はそんなに簡単ではありません。

結婚に至るまでには、やはり第三者の力が働いてしまう場合があります。

今回は、その良くない流れ、というか、悪い、、、というか、悪質な導きについてご紹介します。

よくある結婚相談所カウンセラーのアドバイス

悪質カウンセラー
まずは一見普通に思えるカウンセラーの言葉をご紹介します。

その1.とりあえず会ってみてから判断でもいい

すべての条件がパーフェクトな相手はいないので、何か1つか2つどうしても譲れない条件(住んでる地域、年収等々)がまず合格していれば、会うべし。

これはカウンセラーあるあるですね。

プロフィール写真や学歴がハイレベルな人は、やはりモテますし、カウンセラーからしたら、そんな競争率が激しいところへエントリーしなくていいと思ってしまうんですよね。

もしも、プロフィールが微妙でも、会ってみるとまんざらでもない人ってのはたくさんいます。

だからプロフィールが可もなく不可もなくであれば、会ってみて話してみてから判断した方がいい。

まあ正論ですが。。。

その2.何度も会うことをすすめてくる

交際にまで進んだら、1ヶ月に少なくとも3~4回は会って欲しい。

それができないようなら、結婚を考えた交際継続は難しいと思うので、交際終了を進められる。

会員はあまり乗り気じゃなくても、「合わないと何も相手のこと分からないよ」と言ってくる。

そんなに会ってしまうと。。。

その3.両親や家族・友達とも会う

実際に結婚となったら、両親や家族と会うのは当たり前。

でもその前となると話は別。

だってまだ何も決まってませんから。

普通はあり得ません、この流れ。

でも友達とかと一緒に遊んでみるとかはあり得ます。

でもこれをやってしまうと、いよいよ。。。

『情』がわいたらもうおしまい!?

情がわく
だらだらと交際していくと、どんな人でも好意ではなく、『情』がわいてきます。

わいてきても友人感覚のまま恋愛には発展しないことも、もちろんあります。

ただし、そもそも結婚に焦っていると話は別です。

最初は『情』がわいたくらいではその人と結婚したいとも思えずとも、『二度と会えないのはさみしい。』というレベルにはなってきます。

仮交際中は、お互いに他の方とのお見合いももちろん行っていますが、そのお見合いが全然うまくいっていないと、なおさらこの『情』は深くなってしまいます。

これが、もしも、カウンセラーたちに仕組まれたものだとしたら、どうしますか?

ありえるんですよ。

カウンセラーだって仕事ですから、成婚して欲しいわけです。

男性、女性のうちどちらか片方が興味があるのがあきらかであれば、応援してしまうものです。

もちろん、もう片方もまんざらでもなかった場合は、悪いことばかりではないんです。

ただし、まったく興味がなくても、情がわいてしまうとゴールインまで行ってしまうこともあります。

防ぐ方法はありません。

強いて言えば、唯一の方法は『情』をわかせないこと。

最後に判断するのは自分の意志

カウンセラーとして言えることは、最終判断は自分で決めることです。

あきらかに興味がない人をすすめられたら、『キッパリと断る』、これしかありえません。

婚活をとおして、意思を強くもつことを学ぶのも大事なことです。

『情』をわかせる手法は、悪質なカウンセラーでなくても無意識のうちに使ってしまう手法です。

だからこそ、自分の意志は強く持ち、結婚後も幸せになれる相手を探しましょう!

Picture of あっちゃんが執筆
あっちゃんが執筆

結婚相談所のカウンセラー。データ分析や統計上で成婚可能性を高める方法を伝えることが得意です。

あっちゃんの記事一覧はこちら

岡田に相談(無料)

婚活&恋愛&夫婦関係&結婚相談所の悩みなど、気軽に質問してください。 全力でお答えします。

最新の記事