全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

シングルマザーはモテるって本当?独身男性が本音で語る”魅力”とは

毎日、仕事や育児の連続で「バツイチで子持ちの自分は、もう男性から恋愛対象に見られないかも」と考えているシングルマザーさんもいらっしゃるかもしれません。

しかし、独身男性からみるとシングルマザーは魅力的に映ることも多いようです。

「見た目が好みであり、自立した人間性を持った優しい性格の人であれば、バツイチだろうが子持ちだろうが関係ない」とのこと。

実際、婚活系の仕事に携わっている筆者も、婚活中の男性から「シングルマザーの彼女に振られた」「シングルマザーの女性を好きになってアプローチしているが相手にされない」といった相談を受けることがよくあります。

離婚そのものが珍しくなくなりつつある今、バツイチ子持ちの女性とお付き合いをすることに抵抗感をもたない男性が増えているのです。

ということで、今回はシングルマザーとお付き合いしている独身男性に聞いた”シンママがモテる理由について”、ご紹介いたします!

シングルマザーが独身男性からモテる理由はこんなにもある!

モテる理由1.精神的に強く自立している

シングルマザーはモテるって本当?独身男性が本音で語る魅力とは

離婚を乗り越え、一人で子育てしている女性はちょっとやそっとのことではへこたれません。

メンタルが弱く不安定になりやすいタイプの人や、一人で何もできないようなタイプの女性が苦手だという男性にとって、精神的にタフで自立したシングルマザーは魅力的に映るようです。

離婚後、子どもを実家に預けながら介護施設で働いている彼女。
仕事と子育てだけでも大変なのに、スキルアップのために資格を取る勉強もしています。
資格を取ったら実家を出て子どもと二人で生活したいのだとか。
メンタルも強く、僕が仕事で落ち込んだ時などは明るく励ましてもらっています。(29歳/男性)

 
仕事が多忙な男性は特に、交際相手に癒しを強く求めるもの。

経験の浅い若い女性にはない強さや安定感がシングルマザーには身についていますから、そこに惹かれる男性は多いようです。

「自立している」ことは精神的にももちろんですが、それは経済面も同じ。

子どものために一生懸命働く姿は好ましく映るもの。

経済的な安定は精神面にも良い影響を与えますから、もしも経済面に不安がある場合は、生活費をもらいながら訓練校に通ってキャリアアップを図ったり、転職することを視野に入れて役所に相談したりしてみてくださいね。

モテる理由2.優しく、包容力がある

シングルマザーはモテるって本当?独身男性が本音で語る魅力とは
シングルマザーという社会的に弱い立場に立つことによって、他人の痛みやつらさがよく分かるようになったという人も多いことでしょう。

こうした内面の変化が行動に現れ、知らず知らずのうちに周りの人に対して思いやりのある行動を取るようになり、それを目にした男性が恋に落ちる、というパターンも少なくないのです。

頑張っている人のことは、誰かが見ていてくれるものなんですね!

元夫の不倫が原因で離婚した彼女。
「子どもを守れるのは自分しかいない」という、芯の強さと優しさを持ち合わせているところを好きになりました。
過去に付き合っていた人とはしょっちゅう喧嘩をしていたのですが、シングルマザーの彼女と付き合い始めてからはほとんど喧嘩をしていません。
彼女曰く、「前の結婚で本当に嫌な思いをしたから大抵のことには動じないし、怒るほどのことじゃないって思えるの」。
だからこそ素直に僕も甘えられるのかもしれません。(28歳/男性)

 
バツイチシングルマザーは、離婚や子育ての経験から人の気持ちに対する考えに余裕があるため、誰に対しても寛容になれる人が多く、交際相手とぶつかり合うことがあまりありません。

相手の気持ちに寄り添うことが上手であるため、年下の男性ともうまくいきやすく、成婚へつながる可能性も高くなります。

モテる理由3.「恋愛は二の次」というスタンス

シングルマザーはモテるって本当?独身男性が本音で語る魅力とは
中には、「結婚はもうこりごり」と考えているシングルマザーさんもいらっしゃるかもしれませんが、その「子どもと生活していくことが最優先で、恋愛なんて二の次」というあっさりとしたスタンスが、男性にとっては魅力的に映ることもあるようです。

「男性に好かれよう、選ばれよう」と必死になっている恋愛至上主義の女性より、自然体で過ごしているシングルマザーのほうが印象も魅力も上だと感じるのかもしれません。

取引先に勤めているシングルマザーの女性とお付き合いしています。
子どものためを思って一途に仕事に打ち込んでいる姿勢に惹かれてアタックしたのですが、自分以外にも彼女を狙っている男がいたのでちょっと焦りましたね。
恋愛に対して全くがっつくような姿勢を見せないのが、他の女性と違って新鮮でした。(30歳/男性)

モテる理由4.女であるときと母であるときの二面性

シングルマザーはモテるって本当?独身男性が本音で語る魅力とは
生活のため、日々を懸命に生きているシングルマザーの女性がふとしたときに見せる弱さや女性としての一面にぐっときた!という意見も少なくありません。

また、それとは逆に、自分に甘えていた彼女が子どもの前ではしっかりとした良き母である一面を見たときに、改めて惚れ直したという声も。

女性としての彼女に初めて接したときに「彼女を守ってあげたい!」と強く思った、という男性もいました。

初婚の女性でも意外性のあるタイプはモテるものですが、シングルマザーでも同じなのかもしれませんね。

彼女とゆっくり過ごせるのは子どもを彼女の親に預けられるときだけ。
月に数回あるかないかですが、そのときだけはママではなく女性の顔を見せてくれます。
普段は母親であることを最優先している彼女なので、たまに見せる女としての一面に接するとドキッとしますね。
自分と会うことを子どもより優先しないところも、好感が持てます。(35歳/男性)

モテる理由5.自分より大人で頼りがいがある

シングルマザーはモテるって本当?独身男性が本音で語る魅力とは
男性は女性に甘えたい生き物であり、精神年齢もどちらかというと女性のほうが上。

結婚経験があり仕事や家事、育児などをなんでもこなしていくシングルマザーのたくましい姿を目にすると「この人になら甘えられるかも」と考えるようです。

昔と比べて家事や育児に協力的な男性が増えたと言っても、日本人男性の多くが女性を選ぶときに「家庭を任せられる人、守ってくれる人」を条件として挙げますから、何でもテキパキとこなしていくシングルマザーは、たとえ年齢が若くても、男性にとっては自分より大人びて見えるのでしょう。

一緒に暮らすための物件を探しているとき、彼女が率先して色々な手続きをしてくれました。
役所で必要な手続きなども、さっと調べてくれて自分から動いてくれたので僕にとっては大助かり。
僕が知らないことでも「そんなことも知らないの?」という態度を一切取ることもなく、大人だなあと思いました。(35歳/男性)

 
過去の結婚経験や子育てでの学びを恋愛にも落とし込んでいる女性は、男性から見ても格好良くて素敵に感じるようですね。

人間としての器の大きさや子育てで培った深い母性は、男性にとって「一緒に居て落ち着く存在」「頼りになる存在」と非常に魅力的に映ります。

ただ、世話を焼きすぎて、交際相手にとって「彼女」ではなく「お母さん役」になってしまわないよう注意する必要があります。

力仕事を任せたり、あえて彼に頼ったりする部分も作るようにして、バランス良く接することが大切です。

魅力的な女性になるためには、自分磨きを忘れないこと!

シングルマザーがモテると言っても、もちろん何も努力しないでいいわけではありません。

実際にシンママとお付き合いをしている男性に聞いてみると 「見た目が好みであること」が大前提にあることが分かりました。

中には「キレイな人だったから、シンママであることは関係ないと思った」と正直に答えてくれた人も。

確かに、仕事に育児に追われて疲れ切った顔をした女性を男性がわざわざ選ぶ理由はないかもしれませんね。

男性から見て恋愛対象の範囲内に入らなければ何も始まらないのです。

もちろん、派手に着飾ったり美容に高額なお金をかけたりする必要はありません。

今は節約できるオールインワンコスメが充実していますし、プチプラコーデで有名なママブロガーさんもたくさんいますから、ファッションセンスに自信がないという人は是非参考にしてみてくださいね。

たまには有休を取って、お子さんが保育園に行っている間に美容院へ行って髪型を変えてみたり、バーゲンセールに行ってみたりすることもよいですよ。

新作映画をみたり、読書をしたりして新しい刺激を受けること(会話のネタにもなりますし、知識が深まることも)もオススメです。

仕事に育児にと根を詰めすぎると無理が出てしまい、笑顔にも元気がなくなってしまいます。

気を張りすぎず、息抜きをしながら自分磨きをしていきましょう!

シングルマザーだから・未婚だから・バツイチだから……というよりも、男性からモテるかどうか・魅力的に映るかどうかは、”その人自身が輝いているか”にかかっています。

離婚経験者さんも増えていますし、バツイチだからといって嫌煙されることも減っていますから、「●●だから」という思い込みを捨てて、自分らしい恋愛にチャレンジしましょう!

離婚を引きずっていないことも大切

離婚したことをひどく後悔している場合、なかなか前向きになれず、次の恋愛にまで影響を及ぼしてしまいます。

交際相手にもそういった話をしてしまうと印象を下げてしまいますし、無意識に彼と元夫を比べてしまうかもしれません。

いつまでも前の結婚生活のことや、元夫の悪口を聞かされるのは誰だって嫌なはず。

離婚したことはひとつの経験として糧とし、引きずらない姿勢を意識することが大切です。

ネガティブな気持ちは伝染しやすいですから、反省点は次の恋愛に生かすと考え、明るく前向きに、笑顔を忘れないようにしましょう。

まとめ

シングルマザーで子どもを育てながら毎日を奮闘していると「恋愛なんか考えず、子どものことだけを考えるべき」という意見にまどわされることがあるかもしれません。

でも、そんな考えははっきり言って時代遅れ!

もちろん子どもをほったらかしにするのは言語道断ですが、シングルマザーだって恋愛を楽しみ、女性としての新しい幸せを手にする権利があります。

なにより、ママが幸せでなければ子どもだって本当の意味で幸せにはなれませんよね。

母として完璧でいようとしすぎると疲れてしまうので、たまには息を抜きましょう!

「私なんてバツイチだし」とネガティブに考えてしまうのも間違いです。

前向きにひたむきに頑張るシンママの姿を見て、陰でいいなと思っている男性は意外に多いもの。

恋愛と子育て、仕事のバランスをとるのは大変ですが、毎日をポジティブに過ごすことで道は開けるはずですよ!

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP