大阪・京都の結婚相談所

バツイチ子持ち女性の心理とは?再婚したシンママ目線で教えます!

バツイチの女性は、また恋愛をし、再婚したいと思えるのでしょうか。

こちらの記事を読んでくださっている方の中にも、バツイチの女性を好きになってしまったことがある男性もいるでしょう。

実は、私もバツイチ子持ちです。

そして、結婚経験のない男性とお付き合いし、再婚をしています。

今回は、バツイチ子持ちの女性が抱く恋愛への心理や特徴を、シングルマザーだった私の体験談をもとにお伝えします。

バツイチ子持ち女性の心理・特徴は?

子連れ再婚

バツイチ子持ちの女性も、恋愛に消極的なわけではありません。

かといって積極的なわけでもないんです。

1度目の結婚がうまくいかず離婚をした女性の中には、性格の不一致やお金の問題、元夫の不倫などによる不貞行為の上、離婚をする結果になってしまった女性も少なくありません。

そのような経験をし、自分の手ひとつで子どもを育てると決意した女性は、今後、誰にも頼らずに生きていくという覚悟をしています。

そのため、次の恋愛については目を向けていなかったり、過去の結婚経験のトラウマによって、新たに恋愛関係を築こうと思えない女性も存在します。

しかし、女性だっていつまでも頑張れるわけではありません。

自分のこと、子どものことを考えながら、大切にしてくれる人に出会えれば新たな幸せを感じることができるでしょう。

以下の記事で詳しく解説していきますね。

生活をしていく上で仕事と育児、家事に追われて恋愛をする余裕がない

バツイチ子持ち女性の心理・特徴1つ目は、毎日が忙しく、恋愛をしている余裕がないことです。

シングルマザーの家庭は、けして裕福ではありません。

子どもを育てるために仕事には就いているけれど、働く時間は限られています。

また、少し余裕がある場合も、子どもの将来のために貯金をしたいと考えます。

普段我慢させてしまっている後ろめたさから、子どものためにおもちゃを買ってあげたいと考えることもありますね。

そうすると、どうしても自分のことは二の次になってしまうことがほとんどです。

私の場合、毎日のように仕事や家事に追われ、子どもとの時間を作れずに、子どもに申し訳なく感じていることが多くありました。

休日も、レジャー施設に遊びに行ける機会は特別な時だけでしたし、外食に連れていく機会も少ない方だったと思います。

たとえば、いい感じになっている男性にデートに誘ってもらえたとしても、気軽に外食にいける余裕はありませんし、子どもを置いて出かけることもできません。

そのため、自分には恋愛なんてしている時間があったら、子どもと過ごす時間を大切にしたいと考えてしまうのです。

新たな恋をしても、子どものことを受け止めてもらえるか不安

バツイチ子持ち女性の心理・特徴2つ目は、その人が子どものことを受け入れてくれるか不安を抱くことです。

たとえお付き合いがうまくいき、再婚をすることになったとしても、子どものことを大切にしてもらえないようであればうまくいきません。

男性にとっては血のつながらない子どもですから、きちんと可愛がってもらえるのかどうかはシンママにとって最も重要なポイントです。

どんなに自分のことを大切に思ってくれていると感じても、子どもへの接し方に疑問を抱けば再婚はもちろん、お付き合いをすることも困難だと考えています。

シングルマザーの子連れ再婚・婚活成功のコツと下準備とは?

過去のトラウマから失敗を恐れ消極的になってしまう

バツイチ子持ち女性の心理・特徴3つ目は、過去の結婚のトラウマから恋愛に消極的になってしまうことです。

バツイチ女性の場合、元夫との嫌な経験が忘れられない場合があります。

私の場合は、離婚の原因が元夫のDVでした。

もちろん、すべての男性が暴力をふるうわけではないとわかっています……。

しかし、男性との距離を縮めてからDV夫へと発展するパターンも少なくありません。

そのため、次の男性がまた元夫と同じようなパターンだったらと想像し、距離を縮めることに恐怖を抱いてしまうのです。

過去に不倫をされたり、ギャンブルにおぼれ生活が苦しかったというような経緯を持って離婚をした女性も、同じ過ちはもう繰り返したくないと考えますよね。

過去のトラウマが大きければ大きいほど、恋愛は消極的になってしまいます。

「この人は過去の人とは違う!」頭では理解していても、離婚のトラウマを心で理解するのって難しいんですよね。過去のトラウマがあるからこそ、想像している反応と違う反応をされてしまうこともあるでしょうが、そこを理解してくれる男性は、バツイチ女性にも好感を抱いてもらえるはずです。

バツイチ子持ち女性との恋愛は難しい?

バツイチ子持ちの女性の第一優先は、子どもを育て生活をしていくことです。

また、過去の結婚経験のトラウマから、新たな恋愛には気分が乗らないこともあるでしょう。

しかし、バツイチ子持ちであっても一人の女性です。

大切にしてもらい、子どもを可愛がってもらうことができれば、過去のトラウマを克服し、また恋愛感情も抱くこともあります。

私が再婚した男性は、とても優しく穏やかな方です。

元夫のように威圧的な態度や、暴言、暴力をふるうようなことももちろんありません。

好意を寄せてくれる時から結婚まで、2年という歳月をかけて、私を大切にしてくれるということをきちんと態度で示し続けてくれました。

また、出かける時も子どもと一緒に遊びに連れ出してくれたり、家に遊びにきたときは積極的に子どもと遊んでくれていたことも嬉しかったです。

このように、不安を解消してくれるような行動で誠意ある接し方をみて、私も自然と彼に惹かれていきました。

たしかに、バツイチ子持ち女性とは、子どものいないカップルのような関係は築けないかもしれません。

しかし、男性からの包容力と、愛情を感じることができれば、素敵な恋愛関係を築くことができると思っています。

まとめ

バツイチ子持ち女性の心理・特徴を、再婚した私の経験をもとにご紹介しました。

もちろん、今回ご紹介したことが全ての女性に当てはまるわけではありません。

もう恋愛なんて懲り懲りと思って固く心を閉ざしている方もいれば、恋愛に積極的な女性もたくさんいます。

しかし、女性である以前に、母親であるという気持ちは共通して持っていると思っています。

ぜひ、好きになった女性だけでなく、お子さんのことも大切に考えてあげてくださいね。

\この記事を書いた人/
幸子(30代後半)
DV夫と別れ、シンママとなった正社員ママ。
優しい男性と再婚して、第二の人生をスタートさせる。
結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP