全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!

離婚する夫婦が増え、バツイチ子持ちの人の恋愛がメジャーになった昨今、「恋愛がしたい!」と思っているシングルマザーさんたちも多いのではないでしょうか。

しかし、子どもがいる以上、独身時代のような恋愛はできませんよね。

気軽に夜のデートには行くことができませんし、おしゃれなバーでお酒を飲むこともできません。

また、お仕事をしていると自分のための時間を捻出することも難しくなってきますよね。

そのような状況下でどんなふうに恋愛をしていたのか、デートの場所や気を付けたい点など、元バツイチシングルマザーの私の実体験をもとにお伝えしていきます。

当初はバツイチ子持ちで恋愛できるとは思っていなかった私

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!私が離婚した理由は、元夫からのDVが主でした。

世の中の男性すべてがそうではないと思っていましたが、新たに出会う人にDV気質がないとも限らないこと、そして子ども一人なら養っていけるだけの収入を得ていたことから、男性に頼ることや恋愛をすることを当時の私は考えてもいませんでした。

おまけに、新たな出会いがあったとしても、子どもがいる女性にとって恋愛をすることってハードルが高いことですよね。

デートができる行動範囲や時間も限られますし、夜に出歩くことなんて絶対にできません。

いいなと思える相手に出会えたとしても、その人が、バツイチ子持ちに抵抗を抱く人だという場合もあります。

いくら離婚をしたからとはいえ、独身のときのような普通のお付き合いは、シングルマザーにはできないのが現実です。

そのため、私のことを選ぶ男性なんてこの先現れないだろうと思っていました。

しかし、このような私でも選んでくれる男性がいたんです。

私はその人と今年の夏に再婚します。

彼とは同じ職場で働いていたため、私たちは私が離婚をする前からの知り合いでした。

離婚後に落ち込んでいた私を励ましてくれた彼……、【彼とのことを詳しく書いた記事 → 実話|バツイチ子持ちのシンママがスムーズに再婚できた理由】その彼とどんなふうに恋愛をしてきたか、詳しく解説していきます。

気になる人がいるけれど、一歩踏み出すことができずにいるシングルマザーさんたちの背中を押すことができましたら幸いです。

バツイチ子持ちのシンママはどんなデートをする?

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!バツイチ子持ちのシングルマザーが交際相手とデートをする際に、どのような場所へ行くことが好ましいかは非常に気になるところだと思います。

もちろん子どもがいるため、独身時代のようなデートを楽しむことはできません。

でも、「子どもがいるから難しい」とは決して考えてほしくないのです。

「子どもがいるからこそ」できる楽しいデートを、お相手の男性と考えてほしいと思っています。

私も子どもを連れてみんなで一緒に出掛けるようにしていました。

彼は私に子どもがいることを知っていたため、当たり前のように「出かける時は子どもも一緒に」と考えてくれていたのです。

まずは、交際相手が子どもと出かけることをどのように思っているか確かめる必要があります。

もしもお相手が子どもを交えたデートを否定的に考えている場合、そのことについてしっかりと話し合わなければなりません。

絶対に、子どもをないがしろにはしてほしくないからです。

デートの場所について

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!子どもと彼と3人で出かけることの多かった私たち。

近くの公園はもちろん、動物園やディズニーランドへの旅行にも一緒に行きました。

ただ、2人きりのデートが全くなかったわけでもなく、子どもが保育園に行く平日に有休を使って仕事を休み、映画をみたりランチに行ったりしていました。

2人でのデートは基本昼間なので、夜のデートをした回数は数えられるほどしかありません。

子どもがたまたま祖父母の家に泊まりに行く機会があり、そのタイミングでデートをしていましたが、年に2,3回あるかないかの回数です。

ただし彼は元々「自分の時間も大切にしたい」と考える人だったため、2人きりのデートが少ないことがネックにならず、また、それが良い関係を築けた理由のひとつだったのかなと思っています。

デートの写真はSNSにアップしないほうが無難!

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!私は同じ職場の男性と恋愛をしていました。

職場内での恋愛は自由なため、特にお付き合いをしていることを隠してはいなかったのですが……、バツイチシングルマザーが恋愛をしているということで、偏見の眼差しを向けられることもあったのです。

私なりに子どものことも考えて恋愛をしていたのですが、周りから「子どもをほったらかして男にかまけている」「子どもよりも恋愛を優先している」「恋愛優先の人なんだ」といった、現実とは違う噂を流されたこともあります。

噂を流されたきっかけは、年に数回あるかないかの夜のデートの写真をSNSにアップしたことでした。

少し浮かれてしまった私も悪かったと思っています……。

バツイチシングルマザーの恋愛はあまり良い目で見られないんだなと痛感しました。

お付き合いしていることを秘密にしたほうがいいとまではいいませんが、SNSでの配信は気を付けることをおすすめします。

娘も彼氏も大切にしたい!シンママだった私が気をつけたこと

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!シングルマザーである以上、彼の気持ちだけでなく子どもの気持ちも大切にしたいですし、重視しなければなりません。

そのバランスが偏ってしまうと、良好な関係を築くことができなくなってしまいます。

彼との時間も大事ですし、子どもの意見や気持ちを尊重することも重要です。

ゆくゆくは再婚することを視野に入れていたため、彼の気持ちも、子どもの気持ちも同じように大切にしたいと考えていました。

また、自分が子持ちであるがゆえに、彼に対して遠慮をしている部分もあった私。

どうしても普通のお付き合いができるわけではないので、申し訳なく思ってしまうんですよね。

そんな私が気を付けていたことをお伝えします。

子連れデートでも”彼女らしさ”を演出する

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!子連れのデートでも、彼に”彼女らしさ”をアピールすることを忘れないようにしていました。

たとえば、デートに出かける時はお弁当を作ったり、イベントごとに手料理を振る舞ったりしてできることを精一杯がんばること。

彼が好きなおかずを入れたり、好きな飲み物を事前に用意しておいたりするなど、相手への気持ちを行動で示すよう心掛けたのです。

どうしても子どもと一緒にデートをすると、お母さん感全開になってしまうのですが……、彼が好きなおかずを入れていると、相手にも気持ちが伝わるかなと思ってそうしていました。

また、誕生日やバレンタイン、クリスマスのプレゼントに手書きのメッセージカードを添えることも、子連れに関係なくできることですよね。

心のこもったお手紙って、男性ももらうと嬉しいものなのだそうですよ。

さらに、自分の見た目にも気をつかうことも大切です。

デート前に美容院へ行く、スキンケアを怠らない、彼の好きな服装をしてみる……など、工夫をしてみてくださいね。

子どもが楽しいと思える思い出作りをする

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!ふたつめは、子どもにも楽しいと思ってもらえるような思い出作りを心掛けたこと。

子どもが彼といる時間を楽しいと感じることで、自然と彼になついてくれるのでは、と考えていました。

現に、彼のことを我が子は「一緒に遊んでくれる楽しい人」と言って、一緒に出掛けるときは私よりも娘のほうが彼にベタベタだったんです。

彼が一緒に子どもを楽しませることを優先してくれたおかげもありますが、彼と2人で子どもが楽しめることを第一優先に考えることで、子どもが彼にやきもちを妬くことは少なかったと思っています。

おもちゃやお菓子の工場見学へ行ったり、娘が当時大好きだったアニメの映画を一緒にみたりと、楽しい時間をみんなで共有しました。

決して「子どものことは置いておいて、まずは自分たちが楽しみたい」というようなことは思わないでください。

もしも頭の中にそういった思いが浮かんでも、きっと良いのは最初だけ、そのうち子どものことが気になって心配になってくると思います。

それならば、最初から子どもを抜きに考えるのではなく、みんなで楽しむことを考えたほうがよいです。

また、お出かけの後、彼に感謝の気持ちを伝えることを忘れないことも大切なポイントです。

子どもの前でも彼の前でも元夫の悪口は言わない

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!ついつい言ってしまいがちな元夫のことですが、子どもの前でも彼の前でも悪口だけは言わないように気を付けていました。

誰でも、誰かの悪口や愚痴を何度も聞かせられるのは嫌ですよね。

「元夫からのDVで、こんなトラウマがある」ということは彼に話していましたが、元夫だけを悪者にしないように注意して話しました。

また、子どもにとって元夫は血のつながった父親ですから、元夫と彼を比較するような話は絶対にしません。

言われるほうの気持ちや立場を考えて、話をするようにするとよいですよ。

“新しい父親になる予定の人”と思わない・思わせない

バツイチ子持ちの恋愛リアルを実体験から教えます!彼のことを「子どもにとっての新しい父親になる予定の人」と思わないこと、彼にそういうことを言わないこと、そして子どもにも彼のことをそういう存在だと思わせないことを心掛けていました。

つまり、プレッシャーをかけない、ということです。

彼に子どものしつけをお願いすることもありませんでしたし、理想の父親像を彼に押し付けたこともありません。

子どもにも、彼のことを「一緒にいて楽しい人・ママの大切な人」と感じるくらいの距離感を大切にし、決して「新しい父親になる予定の人」とは思わせないようにしていました。

強要することも押し付けることもなく、自然体でいることを意識していました。

まとめ

バツイチシングルマザーの恋愛について、デートの場所や気を付けたい点など私の体験談をもとにご紹介しました。

離婚する夫婦が増えている現状ではありますが、シングルマザーが恋愛をするということに世間の目はまだまだ厳しい風潮が残っているように感じています……。

しかし、だからと言って一人で生きると決め、恋愛をしないのももったいないと思うんです。

もちろん、子どもを育てることが一番大切なのもわかります。

でも、一度しかない人生ですから、後悔しない道を選びたいですよね。

独身時代のときと同じような恋愛はできなくても、配慮さえあればシンママだって恋はできます。

ぜひ、自分自身の素直な気持ちも大切にしてくださいね。

\ こちらも私の体験談をもとに書いた記事です!ぜひ参考にしてみてくださいね! /
 → バツイチ子持ちと結婚を決めた彼氏に私を選んだ理由を聞いてみた
結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP