全国の結婚相談所の取材&掲載のお申込み
大阪・京都の結婚相談所

バツイチ子持ちと結婚を決めた彼氏に私を選んだ理由を聞いてみた

みなさん、こんにちは。この夏に再婚をするバツイチシングルマザーの幸子です。

私は離婚をした後、まさかまた結婚をするとは思っていませんでした。

むしろ、恋愛すらもできないと思っていたのです。

私は、前回の結婚で元夫のDVが原因で離婚しました。

そのため、別の人とはいえ男性とまた同じ時間を過ごすことに抵抗がありましたし、わざわざバツイチ子持ちの私を選ぶ男性なんて現れないと思っていたんです。

そこで今回は、どうしてバツイチ子持ちの私を結婚相手として選んでくれたのか?その真意をパートナーに聞いてみました。

少々のろけになってしまうかもしれませんが

もう恋愛すらできないだろうと思っていた私が、どうして再婚しようと思えたのか?

そんな経緯がバツイチさんの役に立てば幸いです。

バツイチ子持ちのシンママが抱く後ろめたさ

バツイチ子持ちのシングルマザーは、普段の生活に追われ恋愛と向き合える時間は多くありません。

  • 子どもを育てるためフルタイムで仕事をしている
  • 子どもがいるため、夜のデートはもちろん休日にも彼との2人の時間は作れない
  • 前回失敗した結婚生活のトラウマ
  • 子どもにとって血のつながらない男性がそばにいていいのか
  • バツイチシングルマザーが恋愛をすることに対する周りの批判

など、バツイチシングルマザーの恋愛って正直面倒だと感じてしまいますよね……。

私自身も、子どもを第一優先に考えるべき母親が恋愛をすることや、恋愛をしても2人の時間を十分に作ることのできない男性への申し訳なさから、恋愛に積極的になることはできませんでした。

しかし、実際に恋愛をしてみて、このような後ろめたい思いは男性や子どもと一緒に乗り越えられるものだと実感しています。

出会った彼は、私自身はもちろん子どもも大切にしてくれますし、子どもも彼に慕っています。

そして2人の時間が持てない壁は、シングルマザーである状況を受け止めてお付き合いすると割り切ることで乗り越えることができました。

バツイチ子持ちの私を選んだ理由を聞いてみた

先に記述したとおり、バツイチシングルマザーとの恋愛はかんたんではありません。

しかし、このような私の状況を受け入れ、子どもと共に大切にしてくれる男性に出会うことができました。

ただ、世の中にはたくさん女性がいるのに、どうしてわざわざバツイチシングルマザーである私を選んでくれたのか気になりますよね。

わざわざバツイチシングルマザーを選ばなければ、普通の恋愛を楽しむことができますし、子どもがいることでのわずらわしさもありません。

バツイチシングルマザーという後めたさがあるからこそ、「どうして私を選んだのか」ということはしつこく彼に質問していました。

その時に彼に言われた言葉を、恥ずかしいですがご紹介します。

好きになってしまったんだからバツイチシングルマザーは関係ない

バツイチ子持ちの私を選んだ理由ひとつ目は、好きになってしまったんだからその人がバツイチシングルマザーかどうかは関係がないということです。

彼は私の社会ステータスや、周りの批判を気にせず自分の感情を一番大切に考える性格です。

私の過去の恋愛事情や子どもがいることよりも、私の内面を見て選んでくれました。

「話していて楽しいし、離れるのがさみしいなって思ったら好きになってしまっていた。バツイチシングルマザーであることは関係がないし、むしろ頑張っててすごいなと思うよ。」

私がバツイチシングルマザーであることの後ろめたさを感じていた気持ちを、すっと取り除いてくれた言葉です。

このように言ってくれたおかげで、私も安心して彼とお付き合いすることができました。

自分の時間も大切にしたいから、会う時間が限られることに抵抗がない

バツイチ子持ちの私を選んだ理由2つ目は、会える時間が少ないことを苦に感じていなかったことです。

私の彼は恋愛経験が豊富ではありません。自分の趣味を大切にするため、恋愛よりも自分の時間を第一優先に考えていたようです。

むしろ交友関係も最小限ですし、会社の飲み会には参加することもなくまっすぐ家に帰るような人でした(笑)

なのでデートの回数や時間に限りがあっても、さほど苦ではなかったようです。

その代わりそれぞれの家で過ごしている時は絶え間なくLINEを交わしたり、子どもが寝た後に通話をしてその日にあった出来事を話したりしていました。

ただ、デートを全くしなかったというわけでもなく、月に何回かは一緒に食事をしたり、子どもを連れておでかけをしたりしました。

会える回数が少ない分、会えた時は目いっぱい満喫できるようにしてくれましたよ。

辛いことは2人で乗り越えればいいという考えがあった

バツイチ子持ちの私を選んだ理由3つ目は、過去の結婚のトラウマや子どもの精神面での配慮は2人で乗り越えていけばいいことだと考えてくれたことです。

過去の結婚のトラウマや、父親以外の男性と子どもを関わらせることへの抵抗って、シングルマザーである自分自身の問題だと思うことがほとんどだと思います。

私も彼に言われるまでは自分自身で乗り越えるものだと考えていました。

ただ彼は、その点も踏まえて私と一緒にいることを選んでくれたんです。むしろ、そのことは一緒に乗り越えていくものだと考えてくれていました。

私のことを選んだ理由にはならないのかもしれませんが、「立ちはだかる問題は2人で乗り越えれば問題はないって思ったから」って言ってくれたのはとても嬉しかったです。

まとめ|バツイチ子持ちも希望はある!

今回は、彼がバツイチシングルマザーである私を選んだ理由についてご紹介しました。

このように文章にしてみると、バツイチシングルマザーを受け入れてくれる男性には包容力と覚悟が必要だなと改めて感じます。

過去の結婚生活で深い傷を負っていたり、子どもの月齢によっては子どもがなついてくれなかったりと問題は山積みですよね。

ただ、私も彼が言う通り、問題は2人で乗り越えていけばいいものだと思っています。

せっかく好きだと思える人に出会えたのなら、その気持ちを大切にしてほしいと思いますし、先を見据えて結婚をするとなれば協力しあえることに越したことはありません。

大切なのは一人で問題を抱え込まず、彼と手と手を取り合って一緒に歩んでいければ、バツイチシングルマザーであれ恋愛を楽しむことができます。

ぜひ、バツイチシングルマザーであることに後ろめたさを感じず恋愛を楽しんでくださいね。

\私の再婚記事を参考にしてください/

実話|バツイチ子持ちのシンママがスムーズに再婚できた理由

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にチョ~詳しい岡田の最新記事

【ツイート情報】

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP