【嘘!?】婚活女子よ!日本の『平均年収調査』をまだ信じているの?

結婚相談所

結婚相談所で婚活している女性が、口々にする年収。

結婚して生計をともにするのですから、そりゃ年収も見過ごせないポイントです。

ちなみに、国税庁が行う『民間給与実態統計調査』によると、日本の平均年収は約436万円となっています。※令和元年

「それなら、436万円以上の男性に絞ってお見合い申し込みを入れてみよう!」

と思ってしまいそうなのですが、平均年収を基準に婚活をするとチャンスが激減するんです。

そもそも平均年収はまったく参考になりません。

なぜなら「平均」という言葉のマジックにかかってしまうから…。

日本人の平均年収は436万円!?言葉のマジックに錯覚していませんか?

お金4
まず婚活女性に知ってほしいのが、平均年収の実態について。

国税庁の『民間給与実態統計調査』ですが、この調査、男性も女性も、年齢も、企業の規模も、すべてごっちゃ混ぜ、ひっくるめて算出した平均なのです。

これが何を意味するか、お判りでしょうか?

年齢・性別・連続勤務年数・職種によって変動する年収を、カテゴライズナシで割り出した平均だからこそ、数字の信憑性にかけるのです。

いや、ウソではないんですよ。ただ、20代女性と50代男性じゃ、その年収に大きな開きがあります。

そのうえ、この調査にパートやアルバイトは含まれていませんので、平均年収を全日本人の『生活水準』として参考にするのは危険なのです。

だからこそ、あまり平均年収を参考にしてほしくないのですが、その理由をさらに具体的に解説しちゃいましょう!

1.大企業・高収入な職種・年齢層が平均年収を釣り上げている

お金1
前述でお伝えしたように、日本人の平均年収を割り出す調査『民間給与実態統計調査』では

  • 大企業・中小企業の分別
  • 男女
  • 年齢・年代
  • 連続勤務年収
  • 職種

これらをすべて一緒にして、算出した数字が反映されています。

ちなみに、賃金構造基本統計調査を元に、年代別・性別で平均年収を比較してみると…

  • 20~24歳の給与は年収264万円
  • 40~44歳の給与は年収476万円

と、200万円以上の開きがあります。

20歳のときに就職し、40歳まで同じ会社で勤務していたなら、連続勤務年数にも20年の差がありますから、そりゃ、これくらいの開きがでますよね。

40歳女性が、同年代の男性に年収400万円を求めるのであれば、妥当な数字ですが、20歳女性が、同年代の男性に年収400万円を求めるのは、厳しいと言えます。

2.男女別でみると平均年収の格差がスゴイ

お金2
男女平等参画社会・女性の社会進出が唱えられている現代。

女性の働き方に対しても、柔軟な政策が盛り込まれはじめた一方で、まだまだ年収格差がスゴイのも事実です。

令和元年度の『民間給与実態統計調査』では、平均年収が約436万円とされていますが、男女別に見ると、

男性が540万円・女性が296万円と大きな格差があります。

また、男性でいちばん平均年収が高いボリュームゾーンは50代男性で679万円ほど。

それ以降は退職に伴い、年収は下降していくのです。

3.年収が高い人はそれなりの「手当て」もついている

お金3
ただ年収が高い人はそれなりの「手当て」が発生しています。

残業手当や役員手当を含んでいるからこそ高いお給料をもらっています。

基本給がもともと高いというわけではなく、勤務時間・残業・責任ある仕事をしているからこその対価とも言えるでしょう。

婚活女性が男性の年収以外に見るべきポイントは?

お金10
平均年収と一口にいっても、その中身を詳しくみていくと公平な平均ではないことがお判りいただけるでしょう。

では、婚活女性は結婚相手の条件として、年収以外にどういうポイントを見るべきなのでしょうか?

私は結婚相談所で年収だけを追わないで!とアドバイスをしています。

というのも、年収ってあくまで年収であって所得ではないんです。

たとえば、年収1000万円であっても個人事業主の場合、税金や経費を差し引けば、所得は思っているほど多くない場合もありますよね。

次に、結婚相談所の現役スタッフたちが婚活女性にアドバイスしている、『年収以外に重視するお金のポイント』をコッソリお教えしましょう。

1.自分の年収を考慮して希望年収を割り出す

お金5
日本人の平均年収は436万円!?だったら、最低でもそれくらいはなくちゃ…と思われがちなのですが、この調査には、対象者の生活環境まで反映されているわけではありません。

年収436万円でも、

独身なのか?既婚者なのか?扶養家族が何人いるのか?世帯所得は?

と、世帯の環境によって、生活の水準は異なってきます。

婚活女性が「年収」を求めるのはどうしてでしょうか?紛れもなく、安定した生活水準を保ちたいからですよね。

婚活はともに生計を立てるパートナーを探す活動です。できればお相手の年収だけでなく、自分の年収を考慮しながら、条件を決めてほしいのです。

たとえば、

  • 年収600万円の夫・専業主婦の妻
  • 年収300万円の夫・年収300万円の妻

こういう夫婦がいたとしましょう。

平均年収を上回っているのは、前者の夫。後者は夫・妻ともに平均年収を下回っています。

けれど世帯所得で見るとどうでしょう?どちらも同じ、600万円です。

要するに、お相手の年収ベースで考えるのではなく、自分の年収を踏まえて世帯所得ベースで、希望条件を割り出す方が現実的なのです。

2.年収よりも「続けられる職業」かどうかを吟味する

お金6
「結婚当初は高収入だったけれど…」夫をもつ奥さんから、こんな話を聞くことがあります。

「景気がいい職種で不安がなかったけれど、時代が変わるとともに需要がなくなり、年収が下がった」

「体力勝負な職業だったから、50歳を目前として、転職を余儀なくされた」

高収入の裏には、体への負担や安定しないといったリスクが隠されていることもあるんですよね。

年収だけでは、仕事の安定さを吟味することができないんです。

とくに体力勝負なお仕事だったり、事故の多い職業だったりすると、いつまで続けられるかわからないデメリットも浮上します。

  • 今は年収が低いけれど、10年後は給与アップの可能性がある
  • 心身ともに長く続けられそうな職業

結婚生活は一生続くもの。

一時的な「年収」だけでなく、パートナーとの3年後・10年後・20年後を踏まえながら、婚活してみましょう!

3.年収の背景にある「難」も踏まえて!

お金7
「とにかく私は高年収の男性がいいんです!」

結婚相談所にいらっしゃる女性に限らず、プライベートでも、年収を重視される方が多い印象を受けます。

けれど、本当に高年収=しあわせなのでしょうか?

そりゃ、働けど働けど、満足にご飯が食べられない生活は悲しいですが、高収入だからこその難点もあります。

夫は年収がいいけれど、転勤が多くて子育てに困っています。

残業ばかりで家族と過ごす時間がありません…。

家族の形は日々、変化していきます。

子供が生まれて、成長していく過程。

ご両親のサポートが必要となるとき。

お互いの勤務形態。

こういった要素も、すべて2人で共有していかなければいけないのです。

年収だけでなく、勤務形態も踏まえて婚活しなければ自分が理想とする生活は実現しません。

そして、お相手だけでなく、自分自身も努力しなければ本当の幸せには近づけないのです。

番外編)嘘は1発アウト!

嘘はダメ
これだけは注意してください。

年収にかぎらず、嘘はアウトですが、特に相手の足元をみた、年収の嘘は一番ダメ!

結婚相談所では基本的に嘘はつけないようになっていますが(偽造は可能かもしれないので100%はないと思いましょう)。

それでも、言葉たくみに「今は起業したばかりだから年収少ないけど、以前は1000万円超え」という嘘はつけます。

婚活パーティーやマッチングアプリなら、余裕で嘘はつけます。

年収関係で、少しでも怪しいと思ったら、その人はやめましょう。

きっと年収以外にも怪しいところがでてくると思うので、注意深く行動をチェックしましょう。

年収より大事なことを忘れてない?

お金8
ここまで平均年収のからくりをお伝えしてきましたが、どうでしたか?

それでも年収は気になりますよね?

でも少し待って!

年収だけで選んだ結婚には地獄が待っています。

まずは聞いてください。

最後に、年収より大事なものをお伝えさせてください!

1.金銭感覚:貯蓄するなら必要

金銭感覚は年収より大事!

年収が600万円と年収が400万円を比べたとします。

普通に考えて、600万円の方が優先されますよね。

でも、600万円稼いでいても、家賃30万で普段の生活費も50万もかかる人なら、ほとんど蓄えはできません!

その一方で400万円の稼ぎでも家賃や生活費を抑えて生活できる人なら、それなりに蓄えはできるものです。

独身の時は豪快な生活をしていてもいいけど、結婚したら変わってもらわないと困りますよね。

もちろん、600万円の人を敬遠する必要ないので、もしも豪快な生活をしていても節約を受け入れてくれるかどうかを判断してみましょう。

もしもできるなら、それがベストです。

2.人間性:モラハラにならないように

人間性もお金に比例することがあるので要注意!

誤解を恐れず、ズバッとごっちん言っちゃいます。

”収入多い人は、収入が少ない人を見下している場合があります”

そして、”女性に対して、偉そうな態度に出ます”

これ自体は、気にしなければいいんですが、このまま結婚しちゃうと、どエライことになります。

そう、離婚です。

今流行のモラハラ離婚です。

モラハラによる離婚は離婚ランキングの中でも、最上位の問題になっていることをご存知ですか?

もちろん、収入が多くても感じの良い人もいれば、モラハラなんて絶対に起こさなそうな男性もいっぱいいます。

よーく観察してみましょう!

会話の節々に偉そうな態度があれば、それはモラハラの予兆かもしれません。

3.内面:結局幸せになるのは金じゃない!

お金で幸せは買えない!

これは真実であり、真理です。

もちろん、お金だけじゃありません!顔や体もそう!

何か1つで幸せは買えません!

そんな中、唯一自分の気持ちを裏切らないのは、内面です。性格のようなものですが、少し違う感じ。

「内面って何ですか?」とよく聞かれます。

これ難しいです、内面に正解はありませんし、少し嫌なことがあったらダメなわけではありません。

でも、なんとなく分かるはず。

一緒にいて、落ち着いたり、安心したりするという感覚です。

極端な発想で言えば、

顔でもなく、お金でもなく、スタイルでもなく、性格ですらなく、相手を好きになってるかどうか、かもしれない

もちろん、そこに金や顔が入っててもいいんですが、そうじゃない決め手があるかどうかですね。

女性の結婚の決め手ランキングの第1位は「自分のことを今後も愛してくれそう」です。

おそらくみなさんにも、その決め手を叶えてくれる男性が訪れるはず。

それまで少し待ちましょう。

焦って、お金になびかないようにしましょう!

まとめ

そういえば私、実生活では2人の子供を育てるママなんです。

そんなママ生活の中で、友達から夫と離婚したという話。転職を考えようとしている話を耳にする機会があります。

「夫は平均年収より稼いでいたけれど、平均残業時間も多い」

「平均年収より低いから転職したいけれど、いい転職先がない」

人生の分岐点にたった女性が口にしがちなワードこそ「平均」という2文字。どうして平均が大切なのでしょうか?といつも不思議に思うんです。

平均年収以上に稼いでいても、お金使いが荒ければ、貯蓄はできませんし…。

平均年収より低い職場しかないと悩むなら、まずは自分のスキルを磨かなければいけないのでは?と思うわけです。

安心する要素にもなり、時に狂気ともなる「平均」という言葉。

あなたはどう捉えますか?

私は婚活女性にあえて言いたい、、、

「平均だけでは、物事を測れないよ」と。

 

よく読まれている記事

公式ラインで様々なお得情報を配信

公式ラインでお得な婚活情報をお伝えしています。
サイトに出せない秘密の内容も公開。婚活のリアル情報をお読みください。

   

結婚相談所の探し方ガイドブック

結婚相談所のことを、分かりやすく76ページの冊子にまとめました。
どんな相談所に入会すればイイ婚活ができるのか、詳しく書いています。
なぜ結婚相談所に入会後に後悔する人が多いのか? それは事前にしっかりと調べていないから!
最新の口コミ
46歳 会社員(2021/09/21 )
女性
 1.0 点 昨日 参加しました。カップリング成立し、相手とLINE交換して帰りました。 始めLINEの中では普...
続きを読む
通の恋愛的な会話でしたが、進むにあたって私を信じれない、日本人?騙されたと何度も何度も愚痴ってまるで身分証を見せろと言わないばかりに書いてきました。それは画像で残りますから避けましたが、LINE電話したらもういいわ騙されたと繰り返しいうのでもう辞めようと言って電話を切りました。ボロボロの袋を持ち、ズボンの裾をピンで止めていたので、お金が無いのかな?裾は階段で見て気が付きました43才だと言っていましたが若い人がするような髪型、薄いブルーのカラコンをしています。ビジュアルは悪くないですが、ハズレたホストみたいです。
(2021/09/21 )
女性
 評価しない 5回参加してみて、マッチングもしましたが、いい人はほぼ居ないです。 いい人は友達や知人が紹介してく...
続きを読む
れるから、こういうところには来ない気がしました。 興味無い人とも全員話さないといけないので、消耗するだけです。 マッチングしなかった時には結婚相談所の勧誘もあってやばいです。 しかも初めの提示額50万が1ヶ月後に7万円!特別サービス、幸せになってほしい。。 こわって思いました。みなさんも引っかからない様に注意してください。
34歳熊本市北区薬剤師(2021/09/20 )
男性
 評価しない 本日成婚退会しました。 自分が高望みすぎたのか、20代のひと希望だったので、半年は連敗。退会も考え...
続きを読む
ましたが、そこは知名度のお陰か、新しい方の紹介がどんどんきました。友人は39歳だったため、妥協して30代の女性と成婚退会しましたが、あきらめないで良かったです。同じ医療系の26歳の方と最後にしようと思ったお見合いでうまくいきました。34歳でギリですよ。と入会を考えている男性陣にいいたいです。アドバイザーさんは、自分から相談をすれば紹介は限りなくしてくれます。入会促進で忙しそうなので、自分からどんどん相談するのがコツです。
42歳 会社員(2021/09/20 )
女性
 5.0 点 カウンセリングはとても話しやすく、その中で言うべき事は言ってくれて親身になって下さった事、なにより入...
続きを読む
会に関して無理な勧誘など一切なかった点も信頼出来ました。 活動中も、適度な距離感で、仮交際をしながらお見合いを継続すべきか悩んでいた時は素早く的確なアドバイスを下さり、交際が順調に進んでからはそっと背中を押して下さったりと安心して活動をする事ができました。 おかげで順調に交際を進める事ができ、入会して5ヶ月で成婚退会する事ができました。 お世話になり本当にありがとうございました。 入会してよかったと思いますし、おすすめの相談所だと思います。
わーい(2021/09/20 )
女性
 5.0 点 活動を始める前は料金は決して安いものではないし、初めてのことで不安もありましたが、素敵な方と出会うこ...
続きを読む
とが出来ました!活動していくなかで困ったことがあるときにアドバイザーに相談してサポートして頂けたのでよかったです。お世話になりました。
37歳 会社員(2021/09/20 )
男性
 5.0 点 当初は複数の相談所でカウンセリングを受けてみるつもりでしたが、印象がく良く入会を決めました。2時間以...
続きを読む
上の時間を掛けて自身の結婚観や活動方針を十分に引き出していただき、活動方針に軸を持って進めることができました。カウンセリング中に営業らしい営業は一切なく、活動中もそうでしたが、あくまで相談者の意思に寄り添っていただける姿勢を感じました。 フォローのタイミングも絶妙で、順調なときは適度に、悩んでいるときは手厚く連絡をいただいて距離感が常に心地良かったです。約6ヶ月で成婚に至りましたが、思い返せば最初のカウンセリングに時間を掛けていただいておかげで、こちらとしてもブレずに活動できましたし、アドバイザーの方にもこちらを十分に理解していただき、お互いのコミュニケーションもスムーズに行えたのかなと思っています。大変感謝しております!
20代 会社員(2021/09/20 )
男性
 1.0 点 全てにおいて酷かった。 時間、お金、労力、全ての無駄です。 まずコロナ対策が酷かった。 コ...
続きを読む
ロナ対策はしていると記載しておきながら、仕切り板的は無い、換気もしてない、人と人との間隔も空けてない、ましてや消毒液さえ無い。これのどこが対策済みなのか教えて欲しい。 当然の如く婚活の内容も悪い。男10で女4、ふざけてるのか。 私は隣の男性と「これは酷いっすね」と喋ってました。
城(2021/09/20 )
 評価しない ここの会社結婚相談所もしてますが、 高い金払っても全くフォローしてくれず、 全く意味ない。 プ...
続きを読む
ロフィール見て金持ちやと積極的に 売り込んで貰えるみたいですが、 後妻業みたいなんに引っ掛かったら どうすんだ。 基本的にお見合いは金持ちがするもの かな。 相手の素性分からず結婚出来ないから 金持ちなど条件いい人が防備の為、 活用する場。 ATM狙いな輩はとんでもない。 逆が好ましい。 それを推奨している状況は大変ダメ
あ(2021/09/20 )
女性
 1.0 点 絶対に関わらない方が良い会社です。お金をドブに捨てた上で多大なストレスをもらうようなものです。 か...
続きを読む
なり年上の男性会員を紹介され、結局結婚する気のない様子で貴重な時間とお金を無駄にしました。50代にもなって結婚歴もなく、蓋を開けたらただモテたい遊びたいだけの中身の無い短気人間。真面目に向き合った自分も馬鹿でした。 担当のおばさんは、相談しようとするとあからさまに嫌な態度を出したり、人の言われたくない言葉を次々に吐いたり。洗脳してくるような言葉を使って、会員をコントロールしようとします。担当と男性会員の名前を晒したいくらいです。
20代 会社員(2021/09/19 )
女性
 1.0 点 地方ですが、年収にはこだわらず、自分の年齢プラマイ5歳で県内でインプレッションマッチングで検索したの...
続きを読む
ですが、25人しかいませんでした。 地方は会員数が少ないのですね。しかも会いたいと思う方もいませんでした。容姿が受け付けないかたばかりでした。 お金をドブに捨てた感じですね。 いままで一度もお付き合いしたことがないような感じの方ばかりでした。