大阪・京都の結婚相談所

婚活で出会った異性のことが「好きかどうかわからない!」どうすればいいの!優柔不断の原因は?

結婚相談所
結婚相談所

「いい人だなとは思うけど、本当に好きかどうかわからないんです」

「え、それってどういうこと?」

と思った人もいるかもしれませんが、実はこのお悩み、婚活中の男女にあるあるなのです。

では、婚活で出会った異性のことが、好きかどうかわからないとき、どうすればいいのでしょう?

交際や結婚を決断する決め手は?

もっと他にいい人がいるんじゃないか…と思ってしまったら?

今日は、こういう悩みに寄り添いましょう。

婚活で出会った異性のことが、好きかどうかわからないときの対処法

結婚相手候補をじっくり吟味する時間がない。それが婚活のリアルだ。
結婚相談所

「好きかどうかわからないなら、好きって思えるまで関わってみよう」
と思う方も多いでしょう。

けれど婚活で『結婚相手』と結ばれるためには、タイミングも重要。

だって、お見合い後にちょっとでも気があれば、長くとも1週間以内に交際(仮交際)を申し込んだり、お断りしなくちゃいけないし……。

お見合い後の交際がスタートしたあとも、決断力が強いられる場面が多いからです。

また、ほとんどの結婚相談所では『3ヶ月ルール』が存在しています。

3ヶ月ルールとは、結婚相談所が仲介したお見合いで、お互いが「また会いたいなぁ」と思ったら交際が発展し、交際スタートから3ヶ月以内に、

  • 交際相手と結婚を決断する
  • これ以上の進展はないと判断し、交際を終了とする

この究極の選択をしなければならないというもの。

結婚を決断して成婚退会となっても、すぐに結婚するワケではなく多くの方が『結婚を前提とした正式交際』のために退会するというイメージです。

※だからこそ、結婚相談所の成婚率はアテにならない。

ぶっちゃけ、

「3ヶ月でそんな大きな決断をしなくちゃいけないの!?早くね!?」

と感じている婚活女性&男性の方が多いと思います。

※3ヶ月ルールの延長を認めている結婚相談所もありますよ

私も3ヶ月ルールの存在を知ったときは、婚活って世知辛いなぁという印象を受けました。

だって、考えてみてください。

お見合いが出会いの日であったとして、その1週間以内に交際がスタートし、3ヶ月以内に決断するんですよ?

出会って3ヶ月。

3ヶ月の間にその人の本質がわかるのでしょうか?

自分と結婚して、本当に問題ない相性なのでしょうか?

ていうか、他にいい人が現れたりするんじゃ……

と、まぁこんな気持ちがぐるぐる渦巻いて、「好きかどうかわからなくなっちゃう」わけです。

では、婚活でお相手のことを好きかどうかわからなくなってしまったとき、思い出してほしい3つの秘訣をご伝授していきましょう。

その1.細かい条件を無視して、直感を大切にする!

結婚相談所

結婚相談所

「婚活パーティーで出会った男性が、自分の希望する年収ではなかったけれど…。」

「結婚相談所でお見合いした女性は優しくて好感がもてたけれど、少し歳上だった……。」

婚活って『結婚するための活動』ですから、みなさんある程度の希望条件をお持ちだと思います。

たしかに年収とか環境とか……。

そういった条件って、健やかな結婚生活を送っていくうえで重要ですよね。

しかし、
条件とフィーリングが完全一致している結婚候補者って、まずいません!

「いい人だけど…この条件は……」

そう思って、正式交際・結婚できないと思っているアナタにいいたい。

100%理想の人はいないです。

たとえば、理想の年収より100万円低いお相手だったとしても……

理想を補える生活を目指すためには、物理的な要素より、精神的な要素の方が重要。

100万円多く稼いでいるけど、なんだかなぁって人との結婚って……

想像以上にしんどいです。

お仕事・収入の面は、転職や昇格。またはパートナーとなるあなたの頑張り次第でどうにかできる問題で、逆に性格とか価値観って、良い大人になると、なかなか変えれないんです。

「この人と結婚したいかも!」

「なんだか私たち、相性が合うんじゃない?」

最終的に結婚の決め手となるのは、条件よりも心にあり。

悩んでしまったときは、自分の直感に素直に従ってみてください。

この『決断できない』傾向は、婚活女性に多く見られる傾向で、そもそもの根源は「考えすぎ」にあります。

仮交際をスタートしたときは、「いいかも!」と思っていたけれど、何度かお会いしているうちに、

「やっぱりここの条件は満たしてほしい」とか

「もっとほかにいい人がいるんじゃないか?」とか……

あれこれ考えすぎてしまって、決断できないまま、婚活の迷路にハマり込んでしまうワケです。

その2.他人と比べない!

結婚相談所

結婚相談所

婚活をしていると、いろんな環境にいる異性と出会えます。

  • いろんな職業の人
  • さまざまな年齢層
  • 結婚生活に望むこと
  • 性格や容姿

ひとりひとり違って、ふたつとして同じ人はいません。

自分たちだけの私生活とは比べ物にならない『出会い』に巡り会えるワケですが、この出会いの数こそが、婚活者の選択肢を未知数に広げてしまい、結婚を決断できなくなるのです。

「こないだお見合いした人は高収入だった」
「仮交際できたけど、前の人の方がかっこよかったな」
「○○ちゃんの結婚相手は、持ち家をもっていた」

無数と広がる選択肢の目の前に立たされ、あ~でもない・こ~でもないと悩んでいるうちに成婚できない。

だからこそ、言いたい。

人と比べないで!と。

今までお見合いしてきた異性。
または一緒に婚活に励んでいた同性の友達。
すでに結婚している知人や友人。

自分以外の誰か比べていると、あなたの優柔不断はどんどん悪化します。

人生は勝ち負けではありません。

結婚だってそうです。

他人や何かと比較しているとキリがありません。

隣の芝は青く見えるとは上手く言ったものです。

その3.失敗を恐れすぎない!

結婚相談所

結婚相談所

もっといい人がいるかもしれない……。

できれば収入が高い方がいい……。

プロポーズしてみたいけれど、勇気が出ない。

アレコレ考えて、結婚を決断できない理由。

それは、失敗を恐れているから。

3組に1組が離婚する『離婚大国』、日本。

高望みしてしまう理由だって、

「理想条件と異なる人と結婚してもいいけれど、離婚したらどうしよう……。」
という部分があるのではないでしょうか?

けれど、離婚しようと思って結婚した人はいません。

泥沼離婚をしたご夫婦でも、結婚当初は、そんな結末、思ってもみなかったはずです。

「プロポーズしてみたい。結婚を切り出したいけどフラれたら?」

ぶっちゃけ、婚活ってフラれてなんぼ。

お断りされたからって、あなたの人生が終わるわけでもないです。

それよりもっと怖いのが、決断できないまま、何もしないこと。

結婚相談所

決断力がないがゆえに、何も発展しないまま、モヤモヤした気持ちと後悔だけにさいなまれてしまう。

そういう婚活だけは、避けてほしいのです。

悩むんじゃなくて、意識を変える。
妥協するんじゃなくて、解決策を考える。

そうすることで、婚活にあるあるな『優柔不断』の罠から抜けられるはずです。

まとめ.婚活にあるあるな優柔不断は結婚を遠ざける

結婚相談所

婚活で出会った異性のことが「好きかどうかわからない!」。

そう悩んでいるアナタにしてほしいのが、

  1. 細かい条件を無視して、直感を信じること
  2. 他人と比べない
  3. 失敗を恐れすぎない

この3つです。

優柔不断で決断できず……

婚期やチャンスを逃してしまう。

これって、婚活中のあるあるで、たくさんの出会いがあるからこそ、目移りしてしまったり、比べてしまったりでなかなか成婚できなくなってしまうんです。

一生に一度のことですから、悩んでしまうのもムリはありません。

しかし、悩みすぎるのは禁物。

悩むよりも、行動にうつしてみるべし。

そうすることで、結婚に一歩近づくのですから。

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP