結婚相談所

バツイチ再婚で幸せになった人が結婚を決意した理由とは?

離婚する夫婦が増え、いまや3組に1組が離婚する時代だとも言われています。

昔のように「バツイチなの!?」と驚かれたり、偏見を持たれたりすることも少なくなったように感じています。

とは言え、離婚という悲しい経験した人の中には「もう結婚はうんざり!」「独身のほうが気楽でいい。誰かに合わせる生活はもうしたくない!」と考えている人も少なくありません。

でも、離婚経験があっても幸せな再婚を果たした人はたくさんいますし、「当初は『もう結婚はしない』と思っていたけど、再婚してよかった」という声もよく聞かれます。

では、彼らはどんなタイミングやきっかけで再婚を決意したのでしょうか?

今回は、離婚歴のある人が再婚に踏み切った理由に迫ります!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

バツイチの人が「再婚」を決めた「理由・きっかけ」とは

離婚という経験によって、人は多かれ少なかれダメージを負ってしまいます。

ひとりになって「スッキリした!」と思っていても、心の奥底に深い傷ができてしまっていることも。

離婚そのものや離婚に至るまでの結婚生活の中で大きな傷を負ってしまうため、離婚してすぐはなかなか新しい恋について考えられませんよね。

筆者は離婚・再婚経験のある友達が多いのですが、ほとんどの友達が離婚当時は「もう結婚はしない!」と言っていました。

筆者自身も離婚と再婚を経験しています。

友達同様、私も離婚で心を消耗していましたから、「こんな思いをするぐらいなら、もう二度と結婚なんてしたくない」と思っていました。

しかし、回復してきた頃から考えが変わってきたのです。

再婚を決意した理由は離婚理由と同じく千差万別ですが、どんな理由があるのでしょうか?

1つずつご紹介していきます。

みなさんも気持ちは同じはずですよね。理想はアレです。

再婚理由・きっかけ:その1.家庭を持ちたかったから

離婚後、しばらくして気持ちが落ち着いてくると「周囲の人は皆、幸せな(実際に幸せかどうかは別にして)家庭を築いている」と周りに目が向くようになってきます。

「自分も周りの人たちのように幸せな家庭を築きたい」と考えたことが再婚や婚活を始めるきっかけになったという人は少なくありません。

自ずと、心から信頼し、手を取り合って一緒に歩めるパートナーがほしいという気持ちも強くなってきます。

離婚当初はどんなに「もうこりごりだ」と思っていても、幸せそうな家族の姿を見てだんだんと「自分も今度こそはあたたかい家庭を!」と前向きに考えられるようになるのです。

また、子どもがいない人の場合は「再婚して今度こそ子どもを授かりたい!」と考える人も多く、積極的に婚活をしているという声をよく聞きます。

離婚理由が「前の配偶者が子どもを欲しがらなかった」というケースは特にその傾向が強く、結婚相談所に登録して子どもを欲しいと思っている人とだけお見合いやデートを重ねて、スピード婚を果たした人も多いようです。

最近ではバツイチに特化した結婚相談所も登場してきていますから、「バツイチだから」とネガティブな気持ちになったり、及び腰になったりしていてはもったいない!

「一度失敗した自分には幸せな家庭を築けないのでは」と不安に思ったり、悩んだりすることもあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

傷が癒え、「再婚したい」「家族がほしい」と思えるようになったのですから、ぜひ行動を起こしてほしいと思っています。

再婚理由・きっかけ:その2.老後のことを考えて

「ひとりでの生活は気楽でいい」と思っていても、将来、病気になった場合のことや年金生活をするようになったときのことを考えると不安になりますよね。

また、親が高齢になっていくのを見て、自分の老後について考えるようになったという人もいます。

離婚後、「お付き合いし始めた人はいるけれど、なかなか再婚には踏み切れない」という人や「このままでいいかな」「ひとりも楽だ」と考える人は少なくありませんが、一定の年齢になると、老後のことを考えて「再婚したい」「籍を入れようかな」という話に自然に流れつく、というケースをよく聞きます。

中高年の婚活や、シニアの婚活も年々活気づいてきていますし、バツイチ同様、それらに特化した結婚相談所や婚活パーティーも増えてきています。

年を取ってから入籍し、ふたりで楽しめる趣味を見つけたというカップルも。

一緒に暮らしているからこそ気づける相手の体調の変化や、配偶者がいるからこそ自分の健康面を意識するようになったという意見もあるようです。

再婚理由・きっかけ:その3.災害に直面したとき

災害大国だと言われる国、日本。

日本に住んでいる限り、誰でも災害に遭う可能性があります。

地震、水害、台風、集中豪雨……、昨年もさまざまなニュースを目にしましたね。

誰もが被害者になり得るわけですから、離婚後にお付き合いしている人がいて、でも再婚になかなか踏み切れない……というケースでも、「この人と結婚しないままでは後悔するかもしれない」と思い至り、お互いに入籍を考えるようになったという声も。

「もし大地震が来たら、自分1人で何ができるだろう」と考えると不安になり、パートナー探しを真剣に考えて婚活を始めたという人もいるようです。

「思い、思われている人がいるならば、どんな状況でも乗り越えられるはず」と考える人は、やはり多いということですね。

再婚理由・きっかけ:その4.子どものために

離婚によって寂しい思いをさせてしまった子どものために、新しいパパ・ママを見つけてあげたい!と考えて再婚に踏み切るという人もいます。

また、子どものことを考えて再婚を躊躇していたという人の中には子どもから「再婚していいよ」「どうして結婚しないの?」と言われたというケースも。

子どもに背中を押され、子連れ再婚したという例は意外と少なくありません。

ただ子連れ再婚の場合、注意点があります。

それは、「新しいパパ・ママ探し」を目的として婚活や恋愛を始めないこと。

確かに子連れ再婚の場合、子どもと新しいパートナーとの相性・関係性も重要ですが、まずはあなたとお相手が夫婦として一緒に生きていけるのかどうかという点は欠かせない大切なポイント!

再婚相手は「ひとりの異性(男性・女性)として本当に好きだと思える相手」を選ばないと、何かあるたびに後悔してしまう可能性があるため注意が必要です。

心から「好き」「この人と一緒にいると幸せ」と感じられる人との再婚でないと、一緒に生活するお子さんも安心できないはず。

今あなたが「いいな」と思っているお相手がいるならば、その人のことを心から好きだと思えるか、また、尊敬できる人かどうかを考えてみてくださいね。

再婚理由・きっかけ:その5.本当に好きな人に出会えたから


一番うらやましい理由がこれです。

本当は誰でも、再婚するならいろいろな理由をつけるのではなく、結婚したい人が現れたからがベストなはず。

普通に生活の中で出会って、しゃべったり遊んだりしているうちに好きになって、、、向こうも好きになって、、愛し合うようになる、、、そして、結婚。

「再婚はそんな簡単じゃない!」という声が聞こえてきそうですが、再婚だとしても、普通に好きだから再婚したという例は全然ありえます。

諦めないでくださいね。

そして、それに、「家庭を持ちたい」、「老後の心配」、「災害の心配」、「子供のため」などの理由が加われば、一番ベストなのかもしれません。

再婚者の声からヒントを得る!ベストな流れとは?

離婚をしたばかりの人の中には、「もう誰かを好きになれる気がしない」「恋愛感情が湧いてこない」という人もいると思います。

「寂しいから」「経済的に不安だから」という理由でパートナーを探すことはできても、素直な気持ちで「恋愛」ができるかどうかは別問題ですよね。

ここからは、筆者の経験も交えながら、離婚後に再び恋愛に向き合い、そこから再婚に至った人の声を見ていきます。

離婚後「恋愛する気になれない時期」があってもいい

筆者は結婚していたころ、無意識のうちに「素敵な奥さん」「いいお嫁さん」であることにこだわり、素の自分をさらけ出すことに抵抗感を持っていました。

結婚当初は、相手に合わせること、尽くすことが楽しかったのです。

でも、次第に相手に従うことが多くなり、言いたいことが言えないようになっていきました。

そして、離婚後に気が付いたのです。

相手に合わせすぎたり、自分より相手を優先しすぎたりすることこそが夫婦関係を壊してしまう危険性があると……。

元夫と離婚したばかりの頃、筆者にも「恋愛はもういいや」と思う時期が訪れました。

でも、この時期があったからこそ「男性に尽くさなくてもいい」「相手に気に入られなくてもいい」「自分を大事にしてくれる人を選べばいい」「自分にも選ぶ権利がある」と思えるようになったのです。

離婚のダメージから、「もう人を好きになれないかもしれない」「一人でいたほうが楽だ」と思うのは自然なこと。

1人でいたい時期は無理にパートナー探しをせず、自分の気持ちと向き合ったり趣味に没頭したりしながら自分の時間を大切にして、ゆっくりと自分自身を労わり、癒してあげることが大切。

素の自分を出してもうまくいく相手に出会えると再婚まで自然な流れで進んでいく

離婚のダメージと「恋愛はもういいや」と思う時期を乗り切った後に、筆者は今のパートナーとめぐり逢い、偽らないありのままの自分でも相性が合う人が世の中にいるということを知りました。

「『本当の自分』『飾らない自分』を受け入れてくれる相手となら、疲れることもないし、また恋愛してもいいかも」と思ったことが、再婚へのきっかけです。

実際に幸せな再婚をしている人に話を聞くと、「とにかく一緒にいて疲れない」「毎日、笑いが絶えない」「自然体で過ごせる」という人がほとんど。

離婚の経験を糧に手に入れた幸せ、と言ってもいいかもしれません。

離婚後に自分と向き合い、反省したり自分自身の素直な気持ちに耳を傾けたりしたからこそ。

相手を思いやることは大切なことですが、自分を押し殺してしまっては一緒にいる意味がありません。

素の自分を出してもうまくいく相手に出会うときがきたら、自然と恋愛感情も湧いてくるもの。

恋愛できるか不安という人も心配しないでくださいね!

筆者は、本当の自分をさらけ出しても大切にしてくれる相手が見つかったときに初めて再婚を意識しましたが、それは一言で言うなら「それが自然な流れだったから」。

実際に再婚を考えていなかった人に再婚した理由を尋ねると、こう答える人は少なくありません。

「本当の自分を好きになってくれる人を探すこと」、これこそが良縁を引き寄せる方法。

再婚を決意するための最高の理由ときっかけとは?


もうお気づきだけと思いますが、最初に挙げた5つの理由ときっかけで、理想なのは『その5!』

  • 家庭を持ちたい
  • 老後の心配
  • 災害の心配
  • 子供のため

これらの4つの理由も大切なものですが、これはあくまで再婚の辛さを解消することだけ。

結婚を幸せにするための最高の理由ではありません。

先ほどもお話したように、「自分らしくいること」、そして、「その自分を好きになってくれること」。

この2つを満たした相手を探すことが、ベストな理由・きっかけだと思います。

「再婚したい」と思える相手と出会うこと(その5.本当に好きな人に出会う)、これを目指してください

これこそが、ベストな再婚を決意する理由ときっかけだと思います。

「それが一番難しい!」って言われるかもしれません。

もちろん、そうです。

でも、こう思えないような人と再婚したら、また失敗します。

だからこそ、あくまで理想論ですが、4つの理由とともに最高の理由である『再婚したいと思える相手と出会うこと』を大切にしてください。

言いたいことは、以下の4つの理由をまず頭にかかげて再婚を目指すのではなく、再婚したいと思える相手と出会うことをまずは目指すということです。

  • 家庭を持ちたい
  • 老後の心配
  • 災害の心配
  • 子供のため

あなたの『目』は成長しています!信じて!

「1回目の結婚も好きな人と結婚したけど、ダメになった、だから今回はやめよう。」

この考えの人はかなりいると思います、でもちょっと待ってください。

一度の失敗で、あなたは成長しています。

あなたが次に選ぶ、「好きな相手」は、成長したあなたが選んだ相手です。

以前、失敗した時と同じ結末になるとはかぎりません。

もう少し、自分の『目』を信じてください。

他の理由(子供や老後など)がダメなわけではない!

誤解しないで欲しいのは、本当に好きな相手との再婚じゃなくちゃいけないわけではないということ。

子供のため、老後のためも、立派な理由です。

特に子供ののためというのは、とても大事な気持ちだと思いますし、ぜひ、実践して欲しい理由です。

ここで言いたかったのは、大事なのは「相手のことを好きで、向こうもこっちが好きであること」なんです。

それこそが、結婚が長続きする秘訣ですし、幸せに暮らせる理由です。

もしも、老後の心配で再婚して、最後まで幸せになれますか?

子供のためとがんばったけど、好きじゃなくて一緒に生活できますか?子供もそれで幸せですか?

今一度、自問自答してください。

結婚に何が一番必要なのかを。

<再婚前に確認しておくべきこと>

「人を見る目」に自信がないと思ったら結婚相談所の手を借りる方法も


最高の人と出会うのは大変です。

さらにパートナーの浮気、不倫が原因で離婚した人の中には「優しくて真面目な人だったのに、浮気相手に出会ってから人が変わり、家に帰ってこなくなった」という人もいるのでは?

人格が変わるかどうかは分からない!?

相手がもともと浮気性だったという場合であれば諦めがつくかもしれませんが、こうしたケースでは自分の「人を見る目」に自信がなくなってしまうことも……。

そんな不安がある場合は、結婚相談所のプロの手を借りてパートナーを探すという方法もありです。

結婚相談所には、真剣に結婚を考えている人しか登録していません。

じっくりと考えてから交際、そして再婚を決めることができるため、「こんなはずじゃなかった」と後悔するリスクが減ります。

なぜ結婚相談所はおすすめなのか?

出会い系のサイトやアプリなどの場合、相手がどんな人なのか、プロフィールのページを見ただけではよくわからないというケースは少なくありません。

その点、結婚相談所に登録している人であれば、履歴書のような詳しいプロフィールを見ることができ、バツイチの人でも離婚原因を確認することができるうえ、再婚条件にあてはまるか判断することも可能です。

昔から「お見合い結婚した人には離婚者が少ない」と言われていますが、これは「結婚前に相手の人となりが確実にわかっているから」という大きなメリットが理由のひとつではないかと考えています。

結婚相談所は安心・安全!

結婚相談所に登録するためには、独身証明書や収入証明書など各種証明書を提出する必要がありますから、出会い系サイトや婚活アプリでよくある「相手が既婚者だった」「無職だった」といったことにもなりません。

結婚相談所は、そういった「ちょっと手間だけど、それを押しても登録して真剣にお相手探しがしたい」という人が集まっている場所なのです。

また、プロのアドバイスやサポートを受けながら婚活ができるため、迷ったときや悩みごとができたときに相談できる点も結婚相談所を通して婚活をするメリットのひとつです。

婚活アプリ・婚活パーティーはおすすめできない!?限定的ならチャンスあり!

正直、婚活アプリ、婚活パーティーはおすすめできません。

そもそも、安全じゃないんですし、相手を見る目に自信がない人には特におすすめできません。

最近では、安全なアプリなども出てきているので、しっかりとセキュリティを確かめた上でトライするのはありです。

ただし、その場合にもバツイチOKなアプリや婚活パーティーに参加することをおすすめします。

まとめ

「自分に合ったパートナーとの出会いによって、自然な形で再婚を決意する人が多い」という事実を知ったとき、筆者は「焦らなくてもいいんだ」「自然に任せればいいんだ」とホッとしたことを覚えています。

離婚直後で「まだ恋愛する気になれない」という人も心配することはありません。

自分の心の声に素直に従い、まずは自分自身を労わることから始めてみてください。

自分の気持ちを大切にすることが、将来への幸せの第一歩だと筆者は確信しています。

自分と向き合い、しっかりと傷を癒して前を向くことができたなら、気負わず自分に合った相手に巡り会える日もそう遠くはないはずです。

こちらの記事もどうぞ
↓↓↓↓
【本音調査】バツイチさんに聞く!再婚して本当に幸せ?後悔していない?

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP