大阪・京都の結婚相談所

シングルファザーの恋愛・再婚が難しいと言われる5つの理由

離婚後、父親側が子供を引き取りシングルファザーとして子育てに励む男性が増えています。

実際に筆者の友人もシングルファザーとして子育てを頑張っています。

そんな彼と食事をしていたとき、恋愛や再婚の話題がのぼりました。するとシングルファザーの彼は「いい人がいれば再婚もしたいけれど、無理だなぁ・・・」とつぶやいたのです。

シングルファザーが恋愛・再婚に踏み切れない理由にはどんなものがあるのでしょうか?

シングルファザーであるあなた自身。

または、シングルファザーの彼氏をもつ女性に知ってほしい、恋愛が難しい理由を一緒に考えていきませんか?

シングルファザーが恋愛・再婚に踏み切れない大きな理由

シングルマザー(母子家庭世帯)の割合の方が多く、シングルファザー(父子家庭世帯)は少ないのでは?と思われがちですが、実は年々、シングルファザーの割合が増加しています。

10年近く前のデータになりますが、2012年に総務省統計研修所が発表した統計によると・・・

  • 2000年|18.1万人
  • 2005年|20.2万人
  • 2010年|20.4万人

参考:シングル・ファーザーの最近の状況(2010 年)

ご覧の通り、シングルファザーの割合が増加していることがわかります。

男性が働いて・・・女性が家事や育児をする。

という風潮が時代遅れとなり、男女平等に社会進出できるようになった現代において、シングルファザーとして子育てに励む男性も決して珍しくはないのです。

しかし、まだまだシングルファザーに対して認識・理解が低いのは事実。

シングルファザーの男性もシングルマザーの女性同様、新しい恋がしたい気持ちと裏腹に恋愛に踏み込みにくい理由があるのです。

ここではシングルファザーが恋愛や再婚を躊躇してしまう理由を知って、どうすれば自分自身・子供・パートナーにとって素晴らしい関係を築くことができるのか考えてみましょう。

理由1.仕事・育児が忙しく時間がない。

とくに恋愛・再婚に対して悩みを抱えているパパさんは、子どもがまだまだ小さく、育児に時間・手がかかるのではないでしょうか・・・?

小さいお子さんを育てるシングルファザーの多くが働き盛りの年代です。

シングルファザーさんがひとり親世帯として子育てをするようになったきっかけはさまざまですが、ほとんどの場合、今まで元奥さんと分担していた(または任せきりだった)家事や育児をひとりで担うようになったというケースでしょう。

もちろんシングルマザーさんも同じですが、二人で家事・育児をするより、ひとりで家事・育児をする方が負担が大きくなります・・・。

たとえおじいちゃん・おばあちゃんが育児を協力してくれる状態であっても、お子さんを養っていくために「頑張って働かなくちゃ!」と奮起しているでしょうから、毎日慌ただしい生活、お仕事。

そして家事育児の中で、なかなか恋愛の時間を取れないことも事実。

出会いがあったとしても、忙しさのあまり恋愛に発展する気分ではないという男性も多いですよね。

理由2.両親や親族の反対や環境

シングルファザーの中には、両親と同居をしている親子もいます。

奥さんと離婚後、両親と同居をするためにマイホームを購入したり、物理的に両親のサポートがなければ子育てが難しかったり・・・さまざまな背景があるでしょう。

サポートしてもらっている両親から、恋愛や再婚を遠回しに反対されるケースもあれば、両親との同居が引き目となり、再婚を前提に真剣交際をするのは難しいと判断するケースもありますよね。

実際に筆者の友人のシングルファザーは仕事が忙しいこと。

そして両親と同居をしていることが理由となり、なかなか新しい恋愛をする気が起きないと言っていました。

結婚後の同居問題は、たびたび問題となったり、ときに離婚原因となったりしますが・・・夫は妻の同居に対するストレスに気がつきにくいですよね。

けれどシングルファザーの場合、結婚経験があるからこそ「両親と同居を余儀なくされる環境で、わざわざ女性と交際してもな・・・」と遠慮してしまうのかもしれません。

理由3.子どもの気持ち

そして、なかなか恋愛・再婚に踏み切れないいちばんの理由となるのが、子どもの気持ちです。

シングルファザーになった経緯は人それぞれですが、お子さんの中にはまだお母さんへ馳せる想いが強く、複雑な心境の中、子育てに励んでいる人がいます。

とくに低年齢のお子さんは、夫婦仲がどうであろうとも、お父さん・お母さんと一緒に暮らしたいという願望を抱いているでしょう。

どんなことがあっても、子どもにとってお母さんという存在は偉大ですよね。

一緒に暮らせない母親への気持ちを上手に解釈できないお年頃のお子さんがいると、やはり恋愛をする気がわかないという意見もあります。

参考:【子連れ再婚】子供目線で考える『いい再婚相手』の条件とは?

理由4.生活圏内・住居を変えることができない

とはいえ、最近ではシングルマザー・シングルファザーに特化したマッチングアプリや婚活サービスも登場しています。

そういったサービスを使えば、日常生活では出会うことができない異性との可能性が広がりますし、お相手にも事前に自分が子連れであることや離婚歴があることを伝えられますよね。

しかし、出会いの可能性が広がるからこそ自分の『生活圏内』以外のお相手とご縁があるケースも珍しくはないのです。

たとえばお相手が自宅から2時間の場所に住んでいたとしましょう。

男女の関係も、そしてパートナーと子どもの関係も良好で、「この女性なら再婚して幸せになれるかも・・・」そう思えたとき、

あなたは生活圏内や住居を移り変わることができるでしょうか?

どちらかがどちらかの状況に合わせて引っ越しをしたり、環境を変えたりする必要が出てくると思いますよね。

しかし子どもの学校、職場がある生活圏内から、シングルファザーは離れることができるのでしょうか?

もしもお相手の女性に住居を変えられない理由があったら・・・?

大人同士だけの結婚なら、お互いの勤務先の折り合いをとりながら、新生活の拠点を決められるかもしれません。

通勤時間が長くなろうと一緒に暮らしたい・結婚したいという気持ちがあれば。

しかし子どもには学校生活があります。小学校・中学校・高校も引っ越しと同時に転校もできますが、子どもの慣れ親しんだ『環境』を変えてしまうことに抵抗がありますよね。

生活圏内を変えられないことも、シングルファザーが恋愛・再婚に踏み込めない理由のひとつなのです。

理由5.子連れ再婚を理解してもらえる自信がない

子連れ再婚で幸せになっている人がいる一方、子連れ再婚で起きた悲しいニュースを目にすることがあります。

継母・継父となった『実の親の再婚相手』から暴力や虐待を受けたり、精神的なダメージをあたえられたり。

なかには実の親にはわからない形で意地悪をされてしまうケースもあるのです。

そういったリスクを考えると、子どもにとって本当に再婚がメリットになるのか悩んでしまいますよね・・・。

「子連れの男性と結婚したい女性はいないだろう」と行動する前に諦めてしまうシングルファザーさんもいらっしゃるでしょう。

シングルファザーの再婚は難しい・・・。幸せになるポイントとは?

このような理由から、「そもそも恋愛をしたいという気持ちがわかない」「シングルファザーは恋愛・再婚ができない」と思い込んでしまっている男性は少なくありません。

けれど、世の中には子連れ再婚で幸せになったシングルマザーさん・シングルファザーさんがたくさんいます。

そんなシングルさんが幸せになるポイントとして、いちばんに考えたい部分は、子ども・家族に祝福されるようなパートナーを選ぶこと。

そのためには、まず子どもやサポートしてくれている両親・親族と、いい関係を築くことが欠かせませんよね。

関連記事:子連れ再婚の後悔・失敗とは?シンママ・シンパパ必見な幸せの秘訣!

父親でもあるけれど、あなたはあなたの幸せも考える権利があります。

子どもの年齢によっては、「今は父親業に専念しよう」と思っているかもしれません。けれど、恋愛や再婚を諦める必要はないのです。

まとめ

バツイチ・子持ちの僕を好きになっている人なんかいるんだろうか・・・そんな不安が過ぎるでしょう。

しかし、女性はあなたの本質を見ています。

今は子育てや仕事で忙しく、恋愛する余裕がないかもしれませんが、いずれ「また女性と素敵な関係を築けたらな・・・」と思えるときがくるはず。

そのときには、子ども・家族に祝福されるような素晴らしい関係を築いていけるよう、このサイトでは引き続きお役に立てそうな情報を発信していきますね。

こちらの記事もどうぞ
 ↓↓↓↓
再婚を遠ざける!バツイチ男性のNG行動はコレ

結婚相談所-続きを読む

★全国でおススメの相談所★

★都道府県TOPページ★

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所にちょ~詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ再婚で幸せになる方法の記事

PAGE TOP