大阪・京都の結婚相談所

結婚相談所で出会った人と結婚!成婚退会・入籍する前に話し合うべき5つのポイント

結婚相談所

結婚相談所

結婚相談所には、結婚する意識があり、身元もしっかりしている異性との出会いがあります。

お見合いして、フィーリングが合えば『仮交際』。

その後、成婚退会という流れなので普通恋愛と比較しても、スムーズに結婚に至るカップルが多いんです。

けれど、成婚退会したカップルすべてが実際に『結婚』するわけではありません。

残念なことに、成婚退会後にトラブルが起きて婚約破棄になるケースもあるんです。

それだと精神的なダメージも大きいし、「せっかく成婚料を払ったのに……!」とお金も心も、げっそりしちゃいます。

そこで今回は、成婚退会をする前にパートナーに確認しておきたい、話し合っておきたい、5つのポイントをご紹介。

成婚退会後の婚約破棄は珍しくない!?10組に○組のカップルは婚約破棄になる

「成婚退会したんだから、結婚までもうすぐなんじゃ?」と思われる方も多いでしょう。

けれど結婚相談所での『交際』はいろんな意味をもちます。

また、仮交際・本交際では『交際』の仕方も異なってくるんです。

あなたは知ってる?結婚相談所の本交際(真剣交際)・仮交際の違い

結婚相談所各自のシステムはビミョ~に違いがあるけれど、基本的に仮交際・本交際(真剣交際)を設定しています。

呼び方にも違いがあって、本交際と真剣交際を分けているところもあれば、本交際が真剣交際と同じ意味をもつ結婚相談所もあるんです。

というわけで、ここでは本交際と真剣交際を同じ意味として解説しましょう!

【仮交際とは?】

仮交際とは、お見合い後に連絡を取り合ったり、デートをしたりする期間。

ただし、この段階では友達感覚という意味です。

なので、同時に複数の異性と連絡を取り合ったり、交際したりするのもOK。

いわゆる『見極め期間』ですね。

「同時交際するなんてヒドイ!浮気じゃないの?」と思われてしまうかもしれません。

が、みんな複数交際しているのでご安心を。

これこそが結婚相談所のメリットです。

同時に複数の異性と接することで、どんな異性と相性が合うのかわかりやすくなります。

もちろん、お相手である異性も複数の異性と同時交際しているケースもありますから、罪悪感を抱く必要はないのです。

【本交際・真剣交際とは?】

本交際(真剣交際)とは、結婚を前提としてお付き合いをはじめる期間のこと。

仮交際のときは、複数の異性と交際してもOKなのですが、この段階に進むとひとりの人に絞って交際します。

※ただし結婚相談所によって呼び方が違うので、複数交際OKの本交際のあとに真剣交際があるケースも珍しくありません。

仮交際のとき、お互いが『本交際』に進む意志があるか確認して、納得できたうえで結婚相談所に伝えましょう。

自「もうこの人と結婚したい!だから本交際だ」とひとりで決めることはできません。

相手の同意があってこそのステップです。

本交際・真剣交際・仮交際はエッチ禁止ってほんとう?

あと、意外と知られていないんですが……

結婚相談所で活動中に、交際した男女は、成婚退会するまで性行為が禁止されています。

仮交際・真剣交際・本交際、すべての交際に共通してエッチ禁止なんです。

真剣交際から成婚退会に至るまでに、確認・話し合うべき5つのポイント

私が成婚退会する前に、確認すべき点だと豪語するポイントは5つ。

  • お互いの両親に同意を得る・紹介する(マザコン・毒親じゃないか)
  • 借金・奨学金・ローン・病気など『聞きにくい項目』
  • 相手の家事能力について
  • 今の仕事を続けていくのか?転職・開業の可能性について
  • 相手の本性・自分の本性はさらけ出せているか?

実際に私も、結婚する前に確認しておいてよかったと思った点。しておくべきだったと後悔した点です。

ポイント1.お互いの両親に同意を得る・紹介する(マザコン・毒親じゃないか?)

「結婚したい!このまま幸せになるぞ!!」という意気込みがあっても、相手の両親、自分の両親に結婚の承諾を得られなかったり、性格や価値観の行き違いで婚約破棄となるケースも珍しくはありません。

これは結婚相談所の交際に限らず、普通恋愛でもよくある話し。

たとえば、義実家となるご家庭が同居を強く望んでいるけれど、自分は別居を希望している。

本人に借金はないけれど、莫大な借金が発覚した……なんてこともあり得ます。

本交際・真剣交際に発展した段階で、なるべく早めに、お互いの両親に挨拶をしておくことをオススメします。

理解を得るのはもちろん、家族の付き合い方についてもパートナーと確認しておきたいですよね。

家族のありかたは、家族の数だけあります。

「私は2週間に1度、実家に泊まりたい」

「僕は年末年始だけに実家に行けたらいい」

などなど……。

  • 同居の有無
  • 介護が必要となるのか?
  • 両実家の思い

これらを話し合いましょう。

って、『みんなから祝福される結婚』がいいけれど、結局は夫婦の問題だからね。

私、ゴッチン的にはこういう想いが強いのですが、

「義実家との付き合いがうまくいかず、つらい……」と悩んでいる人は意外と多いです。

マザコンというほどではないけれど……お義母さんの肩ばかりもつ夫。

毒親かと疑ってしまいそうなほど、娘に甘い母親。

こういう点って、結婚前にはわかりにく~い要注意ポイントです。

両親を大切にするのは、悪いことじゃないけれど……いきすぎちゃう人もいるからね!

ポイント2.借金・奨学金・ローン・持病などの聞きにくい項目

結婚相談所のプロフィールには、家族構成や職業・年収を確認できるものの、

  • 借金
  • 奨学金
  • ローン
  • 前科
  • 過去の病歴・持病

などを確認することはできません。

結婚相談所も聞き取っていない項目は、いくら本交際に発展したパートナでも、聞きにくいんですよね……。

勇気を出して、聞いてみよう!と思っても、

「嫌われたらどうしよう……」とためらってしまいますよね。

とくに病気などについては聞きにくい項目です。

これから生涯をともにするかもしれないとなると、お互いの身体的な状態を把握しておかなければなりません。

けれど、円満な結婚生活を送るためには、聞きにくいことこそ、聞いておくべき。

万が一、なにかあったとしたら、「じゃあ、どうやって生活していくのか?」と

解決策まで話し合ってください。

かくいう私も、こういった点を結婚前にきくのはキンチョーしました……。
でも、さいしょに確認していたからこそ、今の夫婦生活があるとおもいます!

ポイント3.相手の家事能力について

結婚相談所 家事出来る男がいい

相手の家事能力ですが、男性も女性も確認すべき点だと胸を張って宣言します。

というのも、私は婚前、パートナーの家事能力を確認していなかったんですよね……。

家事はできないだろうなと、薄々気がついていたけれど……

結婚する前は、毎日おいしいご飯を作って、キレイなお家で過ごしたい!って思っていても、

夫婦・家族のあり方は、日々変化していきます。

これは悪い意味ではありません。いい意味でも。

結婚当時、専業主婦だから気にしていなかったにしても、いつかは共働きになるかもしれません。

子どもが生まれて、家事に手が回らなくなることだってあります。

共働きなのに、パートナーが家事をしないとなると、「どうして結婚しているんだろう」と疑問を抱くかもしれません。

子どもが巣立って、2人きりになったとき、お手伝いさんのような気分になることだって……。

家事能力がある相手なのか?

能力がないにしもて、「一緒にする気持ちがある」かどうかは確認しておきましょう。

そう、私が個人的に悩んでいるポイントですが。(笑)

ポイント4.今の仕事を続けていくのか?転職・開業の可能性について

「パートナーは年収もよくて、安定している職業。これで将来安泰だわ♪」

と喜んでいるアナタにこそ、確認してほしい部分。

今の仕事を続けていくのか?

将来、転職や開業を予定しているか?

です。

今、どんなに安定したお給料・職業だとしても、それは『今』の話です。

もしかすると、将来は開業したい・転職したいという『夢』があるかもしれません。

結婚相談所での出会いって、子どもの有無・育児など『家族計画』は意外と触れやすいのですが……

こういった自分たちの将来を見過ごしがちだったりするんですよね。

2人で人生を歩んでいくんだからこそ、将来の働き方も知っておきたところ。

お互いの生き方を、お互いが理解し、ともに切磋琢磨できるような関係になれますように……。

ポイント5.お互いの本性を知っているのか?自分をさらけ出せているのか?

あなたは、真剣交際に至ったパートナーに本性をさらけ出せていますか?

また、お相手があなたに見せている姿は、本当の姿だと言い切れますか?

「結婚する前は、あんなに優しかったのに……」

なんて話しもよく聞きますが、夫婦のあり方は変わっていきます。

交際中のことを思い出して、あのときは良かったなぁ……と思う瞬間もあるでしょう。

けれど……

夫婦のあり方が変わったのではなく、実はこれが相手の『本性』だった可能性の方が高いんです。

女性も男性も共通する点ですが、それなら結婚後のギャップや後悔をなるべく小さくするために、

お互いがありのままの自分をさらけ出す方がいいですよね。

もしも、なにかで言い争いになったらそれはチャンス!

とことんケンカしておいた方がいいと思います(笑)

って、ケンカしないに越したことはないんですが、

婚前に、一度は思いっきり本音で話し合える機会があるといいですね。

まとめ.成婚退会の前の話し合いこそ、成功のヒケツ

結婚相談所

「結婚相談所を選ぶとき、成婚率だけで判断するな!」といいますが、成婚率だけでは、

  • 結婚と至ったカップルの数
  • 成婚退会したものの、破局したカップルの数

こういった『正確な数値』がわかりません。

事実、成婚退会しても婚約破棄となったカップルはいますから……。

だからこそ、本交際に発展する前に、成婚退会を決意する前に、今回紹介したポイントを確認し、話し合うことが重要なのです。

ちょっと話にくいこともあるけれど、夫婦になるなら『本音で話せる』関係じゃなくちゃ!ということで、勇気を出して話し合ってみましょうね☆

★都道府県TOPページ★


PAGE TOP