滋賀の結婚相談所のブログを厳選しました

2021 年2月5日以前
・その一言が命取り!女性を幻滅させる婚活NGワードとは!?
婚活で言ってしまうと女性を幻滅させてしまうNGワードが存在します。

●「結婚してもお金は自分の好きなように使いたい」

結婚生活は一人暮らしと違ってパートナーと力を合わせて生活していくものなので、いろいろと不自由を感じることがあるかもしれません。

しかし生活費や子供の養育費、両親の介護費用などお金は計画的に使う必要がありますよね。

ですので「自分のお金は自分の好きなように使いたい」という言葉はあまりにも身勝手で、女性からしても「この人は金銭感覚は大丈夫なのだろうか」「この人と一緒に結婚生活を送れるのだろうか」と不安に思ってしまいます。

趣味については、結婚後は家計に差しさわりのない範囲で続けるようにすることを心がけましょう。

婚活の場で「結婚後も趣味にお金をつぎ込みたい」なんて発言する人は要注意。

女性から「この人と結婚したら苦労しそう」と早々に見切りをつけられてしまいますよ。

●「女性は働かずに家庭にいてほしい」

女性は結婚したら家庭に入らなければならないといった固定観念が日本にはまだあるようで、このことを考える男性も少なからずいるようです。

しかし最近では女性の社会進出も一般的となってきており、社会に出て働きたいという女性も数多くいらっしゃいます。

そんな中で「女性は結婚したら家庭に入るべき」という考えをぶつけてしまうのはNGです。

女性からすれば「どうして結婚後も働き続けてはいけないの?」と反発心を持ってしまいます。

またこれと似た観念で「子育ては女性がすべき仕事だ」と発言するのもNGです。

最近では子育ては夫婦で力を合わせてやっていくものだという考えが広まっているので、こういった発言もできるだけ控えましょう。

●「もうちょっと痩せたほうがいいんじゃない?」

女性の体型に対して何か言うのはデリカシーの欠片もなく、NGワードとなっています。

ちょっとした冗談や軽いノリのつもりであっても言うのはNGです。

逆に痩せている人に対しても「もう少し太った方がいいんじゃない?」というのも、その人自身がやせ体型で自分の細い体を気にしている場合もありますのでNGです。

「ポッチャリしてる女性の方がタイプなんだ」と褒め言葉のつもりで言っていても、「君は体型がポッチャリしているね」と受け取られる場合があるので注意が必要です。

自身の体型にコンプレックスを持っている女性は数多くいるので、婚活で出会ったまだよく知らない人に対して体型のことを口出しするのは控えましょう。

・それは本当に些細なこと?
お見合いが成功して、交際がスタート。

最初の関門が「初デート」です。

そこで、ほんの些細な失敗でチャンスを無駄にしてしまう方が結構います。

例えば「初めてのデートが長時間過ぎて疲れてしまった」

「コミュニケーションの意識が少し違った」

「ソファー席を譲ってくれなかった」

「メニューを一人で見ていた」

などの例えがブログに書いてあります。

これが見かけは「些細なこと」ですが、そうではありません。

これらの「些細なこと」の中に、相手への気遣いや優しさが垣間見えるのです。

皆さん、一生のお相手を探そうとしています。「些細なこと」にも注意しなくてはいけません。

・年齢を重ねてからの婚活の大変さ
年齢を重ねてからの結婚は色々と大変なことが待ち受けています。

理由のひとつにご両親のお世話をしながら仕事も続けていかなければいけないというものがありますね。

ご両親もいつまでも元気でいるわけではありません。

昔は強い父と母だったけど、やっぱり年齢を重ねて体が弱くなってきたなとか、病気になってしまい自分達だけでは日々の生活が大変になってきたとか、当然あるわけですよね。

そんな時、結婚している方達であれば、夫婦で共に協力しあいながらご両親を見ることができるため、1人あたりの負担というのも軽減できるでしょう。

例えば、旦那さんには日々のお仕事を頑張ってもらい、奥さんは自宅でご両親の面倒を見る、という役割分担が可能となるわけです。

ところが、これが1人の方の場合は、両親の面倒の他にも、自分で生活費を稼がなければいけないわけですから、仕事もしなければいけません。

このような経験をされた方は、気持ちがわかると思いますが、1人で仕事とご両親の面倒を見るということはとても大変です。

クタクタになって仕事から帰ってきたら、自分とご両親のご飯を作り、中には洗濯やお風呂なども全て1人でやっているという方もいるでしょう。

このような状況になると、当然結婚願望を持っていても、婚活をする時間を確保するだけでも大変となりますよね。

また、ご両親が元気なうちは、経済面でも苦しくなったら助けてもらえるかもしれませんが、ご両親がもしいなくなった時のことを考えると、今後1人で生活していくことが少し不安な気持ちにもなるでしょう。

そこで、現在、このような状況で日々、生活している方というのは、まだご両親が元気なうちに婚活にも力を入れてみることをおすすめします。

時間がない方というのは結婚相談所という道も今の時代はあります。

結婚相談所は一度入ると、自分の希望に近いお相手の方を紹介してくれたり、お見合いなどのセッティングから日々の婚活の相談までを行っている場所です。

仕事、ご両親のお世話で時間がない方というのは、相談所のスタッフさんに『私自身がこのような性格だから、できればこんな方が希望です』などの詳細を伝えておけば、後は相談所のほうであなたの希望に沿ったお相手を探してくれます。

この部分を仲介してくれるだけでもあなたの婚活は一歩前進していることになりますから、結婚という夢が大きく広がるのです。

もちろん、何か不安なことがあった時なども、その都度、相談所のほうと一緒に解決していきます。

結婚願望は当然あるけど、仕事、ご両親の世話でいっぱいという方は一度詳しくお話を聞いてみるのもおすすめですよ。

・女性らしい雰囲気を手に入れてプロフィールも魅力的なものに変更へ
女性会員さんのお話。

彼女はとても真面目で自分というものをしっかりと持った人間です。

これは彼女の仕事柄というのも影響している部分があります。

一般的に見れば、このような真面目な女性であれば、お相手の方も安心できるでしょうし、何より、しっかりとした方を見つけてほしいと願う親御さんが最も喜びますね。

ところが、このような真面目で自分をしっかりと持った方でも、少し苦手なタイプだなと感じる男性も中にはいるのです。

これはどういうことかというと、仮にこのような女性と将来結婚したら、自分の考えをしっかりと持っているため、彼女のほうが上の立場になってしまうのでは、という考えがあります。

わかりやすく一言で表現するなら、自分が違うと思ったことはズバズバ言ってしまうなどがあり、自分の意見が通らないという思いも男性側にはあるのではないでしょうか。

もちろん、これは単なる一例であり、全ての男性、女性がこのようなケースに当てはまるわけではありません。

しかし、中にはこのように感じる男性もいるよということですね。

そして、彼女自身もこの辺りを少し気にしていたのか、少し普段の雰囲気を柔らかく変えてみる努力をしたそうです。

すると、彼女の雰囲気が以前とは見違えるように変わってきて、職場でも彼女の変化が認められ部署移動などの動きがありました。

これを、婚活にも活かすということで、彼女はプロフィール写真とプロフィールの変更も行ったのです。

現在の彼女の話はここまでですが、おそらく、彼女の今後の婚活はまた別のものに生まれ変わると思います。

理由としては、やはり女性らしい、柔らかな印象に変化したことで、一般的な理想の女性の雰囲気を手に入れれたこと。

学校生活や職場などに当てはめるとわかりやすいと思いますが、普段からお堅い真面目な雰囲気でいる方と、女性らしい柔らかな優しい雰囲気でいつもいる方とでは、どちらが喋りかけやすいと思います?

やっぱり、雰囲気としては後者ですよね?

通常の人間関係と同じで、婚活もやはり、話をしやすい方のほうが、会話の幅が広がったり、楽しいお話もしやすくなるものです。

普段から真面目すぎるといわれる女性は、この点を意識してみると、男性側も女性らしいあなたに心惹かれる可能性もあるでしょう。

ただ、この雰囲気を変えるというのは、口で言ったり、文字に起こすだけなら簡単ですが、実際にはかなりの努力をしないと難しいものでもあります。

意識していれば、できるかもしれないけど、ちょっとしたことで以前の自分に戻ってしまうことも十分にあるのです。

この辺りを十分に注意しておかないと、せっかく変更したプロフィールも実際に会ってみて、

『外見も中身も全然違うじゃん・・・』

と、相手の方に思われることもあります。

この辺りは、本当に自分が変わったという自信が芽生えてきたら、プロフィールも変更するのが、最もベストだと感じます。

・信頼関係が出来ていない時の物事の順序の大切さ
通常の人付き合いも、婚活も恋愛も物事には順序というものがありますね。

例えば、お見合いで素敵な人が見つかったとしましょう。

そんな時、まずあなたは何をしますか?

『この人ともっと会いたいな』

当然、このような気持ちが働きますが、まずは会う約束をしなければいけませんね。

そこで、今度は『電話で会いたい気持ちを伝えよう』という気持ちが湧いてきます。

しかし、一般的な常識をお持ちの方なら、わかると思いますが、電話をするタイミングも考慮しなければならないわけです。

お相手の方も仕事や生活があるわけですから、迷惑にならない時間に電話をしなければいけません。

極端な話で、用事で電話に出れない状態の時に、何度もかけ直すなどという行動はNGですよ。

お相手の方にも『しつこい』という印象を与えかねません。

そこで、電話ができる時間を聞くために、メールやLINEという方法がありますね。

『少しお話がしたいのですが、お電話はいつぐらいなら大丈夫ですか?』

このように、1通メッセージを残しておけば、仕事が終わった後や、用事が済んだ後に確認して、折り返しの連絡がきます。

このような順序で進めていけば、お相手の方にも『電話できる時間も気にしてくれて、気配りができる人だな』という印象を与えることができるでしょう。

会いたいという気持ちをグッとこらえてまずは、相手を思いやる気持ちから大事にすることで、相手もあなたに対する好感度はグッとアップします。

早い話が、ガツガツしすぎないということですね。

男女が会うまでのプロセスってなかなか難しいものでもあります。

特にまだお互いのことを知らない時期というのは、慎重にお話を進めていかないと『何か軽そうな人間で嫌だな・・・』という印象を与えかねません。

極端な話で、まだ信頼関係ができていない時は、会社の大切な取引先と同じような丁寧な対応が求めらるかもしれません。

真面目で誠実という印象を与えるまでは、順序というものにも気を使ってみましょう。

もちろん、お互いの信頼関係が出来てからも、このような謙虚な気持ちはお互いにとって大切です。

この頃の気持ちを忘れないことが、夫婦で一生を過ごせる秘訣でもあります。

現在、婚活中の方も、これから婚活される方もぜひ参考にしてみてくださいね。

・女性を惚れさせるために大切な2つのポイントとは?
婚活のみならず通常の恋愛でもそうですが『女性が勝手に惚れる』というのはまずありえないことです。

女性が惚れるような男性というのはやはりそれなりの努力をしたり意識を持っています。

そして、女性を惚れさせるために大切なことは【清潔感】と【女性を笑わせること】の2点です。

まず、清潔感ですが年代が若い中高生の場合は『イケメンがいい!』など見た目を重視することが多いですが、年齢を重ねてくると見た目以外のポイントを重視する女性が増えてきます。

そのため、見た目はさほど重要な問題ではありません。

むしろ、見た目よりも大切なことの一つは前述の清潔感です。

イケメンでない以前に清潔感がない男性に女性が恋愛感情を抱くということは限りなく低いです。

普段から頭髪、鼻毛、口臭、体臭などに気を配り必要最低限の清潔感を保つように意識しましょう。

また、2点目の女性を笑わせることですが、自慢や愚痴ばかりいう方はおそらく女性から失笑されています。

女性を振り向かせるのに重要なのは如何にして女性が気軽に話せるようになれるかです。

ちょっとした冗談や、今日1日で起きた自分の面白いことなど些細なことでもいいので、女性に面白い話を聞かせてあげましょう。

そうすることで『この人は楽しい人だな』という意識が女性に芽生え、そのうち『楽しい』という気持ちから自然と『好き』という想いに変わることもあります。

本当に気になる女性が現れたら今回の2点を試してみてください。

すぐには結果は出なくても長い目で見たら報われる時が必ずきます。

・愛だけじゃ食っていけないよ
結婚したい未婚男女1000人に『結婚相手に求めること』を聞いた結果です。

20代~40代に共通して最も多かったのは『性格・人柄』です。

40代の女性で『愛情』と答えた人の割合は、40代男性や20代~30代の男女に比べて低いという結果になりました。

つまり、40代の女性は他の世代、男性と比較すると『愛情』よりも『人柄・性格』をより重視していることになります。

これはなぜか?

実は、40代という年代で結婚する人は再婚という方が多く、これらに当てはまる方が結婚の際に『人柄・性格』を重視している傾向にあるといわれています。

このような方たちというのは人生において一度結婚生活というのを送っているため、実生活で実際にあった苦い経験などを踏まえて『愛情』よりも『人柄・性格』を重視しているのです。

中には刺激的な恋で結婚したけど、実際には全く上手くいかなかったという人もいるでしょう。

そのような実体験があったからこそ今、結婚に本当に必要なものは何か?ということがわかっているのではないでしょうか。

その他にも年齢を重ねて生活に必要なことや自分に大切なものの優先順位が変わってきたという要素もあります。

ちなみに、40代の女性で相手に『愛情』を求めると答えた方は22%です。

これを同世代の40代の男性と比較してみましょう。
同世代40代の男性は約40%が相手の女性に『愛情』を求めています。

世代が違うならまだしも同世代でこれだけの違いが出るわけですから、如何に女性が現実的に考えているのかがわかりますね。

『愛だけじゃ食っていけないよ』という40代女性の心の声が聞こえてきそうな結果でしたが、現実的に考えるならごもっともな意見でもあります。

ぜひ、このような年齢を重ねた女性の本音も参考にしながら素敵なお相手探しを頑張ってください。

・会話が苦手な方はお出かけデートがおすすめ
食事やお茶をしながら楽しい会話を共有することはお互いの仲を深めるにはとても大切なことです。

特に会話が大好き、得意という方にはおすすめのデートプランですね。

しかし世の中には会話が苦手という方もいます。

このような方が2人で食事やお茶を楽しめるお店に行っても正直、会話が盛り上がる可能性は低いです。

そのような方たちに推奨したいのが綺麗な空間に一緒に行ってその雰囲気を共有することです。

例えばですが春の季節であれば桜が綺麗な場所などが該当しますね。

またお花見シーズンであれば桜スポットには屋台が出ているなんてこともあり、良好な雰囲気を楽しむことができます。

このようなスポットであれば会話が盛り上がらなくても素敵な雰囲気でお互いの心が通じ合う、ということもあるでしょう。

今の時代はインターネットで容易に素敵なスポットなどを探すことが可能です。

またデートプランも男性だけが考えるのではなく女性も一緒になって決めるのも全然OKです。

2人だけのオリジナルデートプランを立ててお互いの仲をどんどん深めていきましょう。

会話が苦手で婚活が上手くいかないという方はぜひ参考にしてみてください。

・1人、1人に合わせた婚活方法を提供することが相談所の役目
とても美人な女性会員さんは写真を非公開にしていました。

これは結婚相談所側の配慮なのですが、美人さんだと申込みが殺到するのがわかっているため彼女1人では対処できないということで決断しました。

しかし写真を非公開にしたのにお気に入り登録がすでに20人以上の方から届いています。

これは彼女のプロフィールから彼女の魅力や人柄が伝わっているためです。

趣味の欄においても『自然がいっぱいのところを歩いて自然を感じること』

『美味しいものを、みんなで美味しく食べること』と表現しています。

これだけでも彼女のふんわりとした人柄が伝わってくるのがわかりますよね。

大抵の男性は自分より上にくる女性が苦手です。

また大抵の男性は女性から頼りにしてほしいという願望があります。

彼女のプロフィールを見ていると写真はなくても男性より上にいかれることがないのがわかるため非常に多くのお気に入りをもらっているというわけです。

初めての人との会話は緊張するという彼女に配慮して、最初は同じ相談所の会員さんとお見合いをすることになりました。

交際にならなくてもお見合いがこういうものなんだよ~、というのをわかってもらうには非常に良い判断です。

まったく知らないという緊張感を解いてあげることで、徐々に自分らしいお見合いができるようになるでしょう。

このように相談所によっては1人、1人に合わせた婚活方法を提供しているため婚活がどういうものなのかがわからないという方には非常におすすめです。

結婚相談所の入会を迷われている方はまずはお話だけでも聞いてみたらいかがでしょうか。

・結婚したい人が集まる結婚相談所って冷静に考えたらすごい
結婚相談所に、お話を聞くのは無料というから行ってみたら「入会するまで帰してくれなかった」という悪質な行為に近いことをされた方もいるといいます。
このような悪い口コミもある中で結婚相談所に入会を決意してくれた方は本当に素晴らしいです。

しかし勇気を出して入会を決意した方に見られるもう一つの問題が家族に入会を反対されるケースです。

子どものことが心配で親御さんが率先して結婚相談所の入会を勧める家庭もあれば、やはり反対する家庭もあります。

このような結婚相談所に反対というご家族の場合は『そのうち自然に会える』という想いが一般的な家庭より強いです。

もちろん自然に出会える可能性もありますが、現在はそれだけでは出会えない人たちが多くいます。

親御さんの時代の頃とは環境が明らかに変化しているのは事実ですが、この環境の変化に気付かれない家庭もまだまだあるのです。

また仮に出会えたとしてもそこから成婚に至るまではさまざまな険しい道のりも待っています。

近年では草食系男子の急増や女性と男性の年収が近くなってきたことも晩婚化が進行している原因の一つでしょう。

そのため自分で『自力でのお相手探しは難しい』という意識を持っているのであれば結婚相談所に入会するのは何ら問題はないと思います。

結婚相談所というのは『結婚したい』という気持ちを持った人しかいない場所でもあります。

冷静になって考えてみると選べることも選ばれることも可能なすごい場所です。

少しでも結婚の可能性を高めたいという方はぜひ参考にしてください。

・第一印象をキメればモテ度が少しアップする!?~外見編~
具体的なポイントは2点あります。

●身だしなみを整える

寝癖がついたままの髪でいたり、服にシワが付いているままで人に会ったりしていませんか?

身だしなみが整っていないと清潔感が感じられず、女性からも好感度は得られません。

「仕事でもラフな格好をしているからそのままでいいや」と思うかもしれませんが、相手はあなたに会うのは初めてで、どんな人かわかっていないということを念頭に置いておきましょう。

清潔感を大切に身だしなみに気をつけましょう。

●笑顔を意識する

初めて出会う人が硬い表情のままだったら少し話しづらいですよね。

相手の表情に笑顔が見られないと「この人は私と話していて楽しくないのかな?」と思われてしまいます。

反対に笑顔で話しかけてもらうと、自分まで笑顔になって緊張もほどけていきます。

ですので、婚活の場でも笑顔で異性とお話しするように心がけましょう。

外見が人に与える印象というのはとても大きいものです。

身だしなみをきっちり整えてモテ度がアップできるように頑張りましょう!

・第一印象をキメればモテ度が少しアップする!?~話し方編~
初対面の人との交流が多い婚活の場では、異性に良い第一印象を与えることができると、とてもスムーズに交流が進みます。

具体的なポイントを2点です。

●声のトーンに気を付ける

近くで話しているのにとても大きな声で話しかけられたら「なんだかうるさいな」と少し違和感がありますよね。

反対にボソボソと小さな声で話されると「この人なんだか暗そうな人だな」という印象を抱いてしまします。

人に聞こえるように、ハッキリと話すようにすればいいでしょう。

●丁寧な言葉使いを意識しよう

友達と話すような口調で初対面の人と会話すると「この人は馴れ馴れしいな」「なんだか育ちが悪そう」という印象を与えるかもしれません。

「友達に使うような口調でフランクに話そう」という人も多いかもしれませんが、初対面の人には無難に敬語でお話するのがいいでしょう。

・第一印象をキメればモテ度が少しアップする!?~話の内容編~
心理学者メラビアンによるとコミュニケーションにおいて相手に与える印象は言語情報が7%と言われています。

7%と聞くとかなり低い割合で、そんなに重要でないように感じられますが、そんなことはありません。

異性と楽しい話をすることができれば、相手はあなたのことを魅力的に思うはずだと筆者は書いています。

反対にあなたとの話が楽しくなければ「この人と話していても面白くない」と思われてしまいます。

ステキな会話をするためのポイントは、ズバリ「相手がどんな人なのか興味を持って接する」ことです。

婚活の場では、自分のことを良く見せようとして自分のことばかりを話してしまう人がいるかもしれませんね。

しかし、それは時として逆効果になる場合があります。

相手からは「この人自分の話ばかりするからつまらない」と思われてしまう可能性があるのです。

基本的に会話で満足度が高まるのは、自分の会話量が多い時だと筆者は綴っています。

そのため相手の方に多く話してもらえるように、あなたが相手に興味を持って質問をしなければいけません。

相手が多く話すように持っていけば相手の満足度は高まりますし、相手がどんな人なのかも知ることができます。

相手からも「この人とは話しやすい」と思ってもらえるので好感度もアップしますよ。

・その一言が命取り!女性を幻滅させる婚活NGワードとは!?
婚活で言ってしまうと女性を幻滅させてしまうNGワードが存在します。

●「結婚してもお金は自分の好きなように使いたい」

結婚生活は一人暮らしと違ってパートナーと力を合わせて生活していくものなので、いろいろと不自由を感じることがあるかもしれません。

しかし生活費や子供の養育費、両親の介護費用などお金は計画的に使う必要がありますよね。

ですので「自分のお金は自分の好きなように使いたい」という言葉はあまりにも身勝手で、女性からしても「この人は金銭感覚は大丈夫なのだろうか」「この人と一緒に結婚生活を送れるのだろうか」と不安に思ってしまいます。

趣味については、結婚後は家計に差しさわりのない範囲で続けるようにすることを心がけましょう。

婚活の場で「結婚後も趣味にお金をつぎ込みたい」なんて発言する人は要注意。

女性から「この人と結婚したら苦労しそう」と早々に見切りをつけられてしまいますよ。

●「女性は働かずに家庭にいてほしい」

女性は結婚したら家庭に入らなければならないといった固定観念が日本にはまだあるようで、このことを考える男性も少なからずいるようです。

しかし最近では女性の社会進出も一般的となってきており、社会に出て働きたいという女性も数多くいらっしゃいます。

そんな中で「女性は結婚したら家庭に入るべき」という考えをぶつけてしまうのはNGです。

女性からすれば「どうして結婚後も働き続けてはいけないの?」と反発心を持ってしまいます。

またこれと似た観念で「子育ては女性がすべき仕事だ」と発言するのもNGです。

最近では子育ては夫婦で力を合わせてやっていくものだという考えが広まっているので、こういった発言もできるだけ控えましょう。

●「もうちょっと痩せたほうがいいんじゃない?」

女性の体型に対して何か言うのはデリカシーの欠片もなく、NGワードとなっています。

ちょっとした冗談や軽いノリのつもりであっても言うのはNGです。

逆に痩せている人に対しても「もう少し太った方がいいんじゃない?」というのも、その人自身がやせ体型で自分の細い体を気にしている場合もありますのでNGです。

「ポッチャリしてる女性の方がタイプなんだ」と褒め言葉のつもりで言っていても、「君は体型がポッチャリしているね」と受け取られる場合があるので注意が必要です。

自身の体型にコンプレックスを持っている女性は数多くいるので、婚活で出会ったまだよく知らない人に対して体型のことを口出しするのは控えましょう。

・男性必見!恋愛を遠ざけてしまうNG行動って!?~自信が無い人編~
「誰かとお付き合いしたいな」と思いながらもなかなか前に進めずにいる男性は多くいるのではないでしょうか。

もしかしたらそれは、日頃のあなたの行いが恋愛を逃しているのかもしれません。

●自分に自信が無い人

「自分に彼女なんてできっこない」

「誰かを好きになっても最終的にはフラれてしまうんだ」と恋愛に対して消極的になっていませんか。

フラれて傷つくのが怖い気持ちもわかりますが、まだ傷もついていないのに消極的になる必要なんてありませんよね。

こういった消極的な状態では、異性に対してのアプローチも積極的にとることができず、なんの進展も望めません。

誰だって恋愛で傷ついたり悲しい思いを経験しているものです。

恋愛に対して悲観的にならずに、少しは楽観的に捉えるようにするといいでしょう。

また消極的な振る舞いはあなた自身の雰囲気も暗くしてしまいます。

女性から見れば頼りなさそうに見えてしまうので、一層恋愛から自分を遠ざけることになってしまいますよ。

自信が無いことは女性から見て頼りない印象を抱かれ、おのずと恋愛を遠ざけてしまうことになります。

あなたらしく堂々と振舞えるようにしましょう!

・男性必見!恋愛を遠ざけてしまうNG行動って!?~だらしない人編~
●見た目に気を使わない

「別にオシャレに興味があるわけじゃないし」という感じで、見た目に気を使っていないなんてことはありませんか?

「見た目より中身の方が大事」という言葉もありますが「人は見た目が9割」という言葉があるように、見た目の印象でその人がどんな人か推測してしまう人がほとんどなのです。

一度見た目から「この人はだらしない人だなぁ」という印象を持たれてしまうと、その印象を変えようとすることは難しいものです。

そのためオシャレに興味が無くても身だしなみとしてファッションや髪型に気を使うことは大切です。

寝癖がついているままの髪やシワだらけの服は、あなたをだらしない人という印象にしてしまいます。

さらに女性から見れば身だしなみがきちんとしていない人は不潔に見られてしまい、好感度が下がってしまうものです。

「あまり身だしなみに気を使わないなぁ」という人はこれから気をつけましょう。

・男性必見!恋愛を遠ざけてしまうNG行動って!?~理想が高い人編~
●異性への理想が高すぎる

「女性とはこうあるべきだからそれができない人とはお付き合いしたくない」

「あの人にはこんな嫌な部分があるからお付き合いしたくない」

と高すぎる理想を持っているがために女性となかなか付き合いできないなんてことはありませんか。

女性も人間ですから良い所もあれば悪い所があって当然です。

あなた自身にも良い所と悪い所はあると思います。

違う人間同士だからこそ、お互いのことを認めてお互いに受け入れあうことが必要なのです。

ケンカだってしますし、意見が食い違うときだってありますが、その度に二人で乗り越えてこそ絆が深まっていくものです。

そういったギクシャクしてしまう部分を受け止めることなく、理想の人を追い続けるのは現実的ではありません。

異性への理想が高すぎる人は恋愛を遠ざけてしまいます。

女性も一人の人間で、価値観も違うのですから、お互いが少し妥協をしながら過ごすのは必須条件なのです。

・婚活会話術
お付き合いする人との会話が無い、何を話せばいいのかわからないという不安の声をよく耳にします。

会話を盛り上げるには「自分が話す」だけではなく「相手に気持ちよく話してもらう」ということも大切です。

相手が楽しく話すことが出来れば、場が盛り上がり相手のことも知ることができます。

自分がどなたかと話している時を思い出してください、イメージしてみてください。

「私の話を聞いていてくれる」というのはどういうときですか?

自分の方も向いていてくれていることです。

時々話を聞いていてくれているはずの目の前の相手の視線が自分を超えて後方に向いていることを感じることがあります。

こんな時、なんだこの人は自分の話しをきいていてくれないのだなあ(興味がないのだなあ)と直感しますよね。

つまり、貴方は真っ直ぐ相手の目や口元を見て、相槌を打つのです。

時には微笑んだり、驚いた表情など、本当に相手の話しの中に入っていくことです。

婚活だけではありませんが、話を聞く基本なのでしょうが、貴方が話すときの気持ちになってください。

嬉しいですよね、自分の話に興味を持って聞いていてくれているのって、それでいいのです。

必ずしも自分から話題提供をひねり出すことを気にして、不安になって相手と出会うのが心配など考えずに、今日は何を話してくれるのだろうか、そんな話に自分なら…と考えて、会話の花を咲かせてみましょう。

・婚活で連絡先を交換!その後の付き合い方とは?
婚活パーティーやお見合いで知り合った方と思い切って連絡

先を交換!

ですが、そこから正式なお付き合いに発展するまでに

「どのくらいの頻度で連絡をしたらいいのだろう」

「どれくらいの頻度で会ったらいいのだろう」

とお考えになった経験のある方はいらっしゃるのではないでしょうか。

連絡の頻度ですが、この時に大切なのが相手のペースに合わせるということです。

LINEなどのやり取りが好きで、頻繁に連絡を取るような方でしたらその分多く、一方、仕事などで忙しく、あまり頻繁に連絡を取りたがらない方ではその分少なくても良いでしょう。

その際に、相手の仕事の終わる時間などを加味して連絡してあげるのもいいかもしれませんね。

ただし、少なくても1日に1回は連絡を行い、日は開かないようにしましょう。

次に、会う頻度ですが、多過ぎず少な過ぎず、を考えると大体1週間に1回がベストとされます。

マーケティングの考え方でも、1か月に1回8時間会うより、1か月に4回2時間ずつ会う方が親密度を高くするといわれているので、これくらいの期間がベストだと筆者は書いています。

最初のうちは、1回に出会う時間が長いより、お相手の都合が許せばわずかの時間でも数多くお会いするほうがいいですね。

・結婚できない男性とは?
●外部とのコミュニケーションを取りたがらない

得意不得意は人それぞれですが、積極的に食事やお酒の席に出向いてみましょう

●こだわりが強い

こだわりが強い性格は人と共に暮らすということに向いていません。

代表例として挙げられるのが潔癖症ではないでしょうか。

すぐには難しいとは思いますが、いつもよりおおらかな気持ちを持ってみましょう。

●結婚をしたがらない

・着実に明確になるパートナー探し
パートナーをお探しの皆さま、お見合い後どうされていますか?

お見合いの結果の「yes」「no」を伝えて「ハイ!次の展開へ!」という、それだけでは実は、次につながらないってご存知ですか?

このお見合い後にひと手間、あることをすることで後々ジワッと効果を発揮してくることがあります。

お見合いの結果が「yes」であっても「no」であってもお付き合いしていてもパートナーとの間で大切にされているのはfeelingですよね。

「feeling」…なんとなくふわっと感じた、いわゆる「直感」というもの。

心地よい、悪いが決まるし、しかもなんとなく納得してしまう。

便利な言葉でもありますよね(笑)

「feeling」とは簡単に言いますと「feel」という言葉の名詞形で、「feel」には『感覚』『触れる』『感じる』などの意味で使われている言葉です。

その「feel」を見直すことが、ここでいう「ひと手間」なのです。

結果がどうであっても、お見合いでも、お付き合いでも今日、お会いした方との

●どこに〇〇を感じたか?

●なぜ〇〇と感じたのか?

「どういう場合は、〇〇の感覚がした」とか「なんとなく〇〇が、心に触れた」…など。

目や耳からの情報を素通りさせた「感想」を直感として流さず、その時にどう感じたのかの振り返りや見直しの時間を作ります。

写真とデータでお相手を判断していると、パートナーを探すことに緊張してしまって「本来のあなた」にあった「最良のパートナー」がわからなくなってしまうため、こういった振り返りや見直しの時間が必要になります。

そして、もう一つ。

情報に気を取られてしまった「feel」の部分を意識的に解きほぐしていく働きもあるのが、

フィードバックを通して人と人との間にある「なんかいいかも」と思える空気感に気づけたり、今はまだ眠っているかもしれない、またはちょっと使ってなかった「feel」が蘇ってくることで、ご自分を見つめ直しパートナーが見つかった後も健全で新鮮な関係を長続きさせるコツにもなります。

急に感覚が変わることはなくてもあなたのタイミングに合わせた段階で着実に明確になるものがあるのです。

・30歳~40歳代 男の「若い子との結婚」が無謀なワケ!
婚活がうまくいく理由は

「頭の中で作り上げた“普通”のイメージを壊す」

「見た目・年齢・性格・家事能力それぞれのハードルを再確認し、少しずつ下げたうえで婚活に臨む」

「トータルで“普通”の子がいい」と思わず、「顔やスタイルがタイプではない、年齢が高め、性格がキツイ・家事下手のどれなら受け入れられるか?」を考えて、潔く決断すれば結婚の可能性は飛躍的にあがります。

「どんな女性でも歳を重ねれば見た目も変わるため、今だけではなく数年後を踏まえた視点を持つ」

「会う機会が増えれば好感度や親近感も抱きやすく、会話が増えるほど“情”がわいて好きになりやすい」

などの人間心理が起こるので、早急な判断をしないことも大切です。

★「結婚」について知っておくべき5つのこと

①「ラブラブ」な時期は1年ほどしか続かないものです。

②いずれはあなたは一人でないことに気づく。

③パートナーの良いニュースを喜べるなら良い関係が保てるという事。

例(仕事で良い結果がでた妻に対して)

建設的な夫の反応:「良かったじゃないか!ずっと頑張ってきたし、君ならやれると思っていたよ!」

④家事を分担しないカップルは、すぐに怒りを溜め込んでしまう。

⑤親友同士の結婚はもっとも幸福度が高い。

・会話のテクニック
会話を盛り上げ、好印象を持ってもらうための効果的手段の1つに、会話の中でさりげなく相手を褒めることがあります。

口下手な人にはハードルが高いと思うかもしれませんが、使いこなせるようになれば会話が怖くなくなるはずです。

褒め言葉は、会話を弾ませる最高の潤滑油です。

褒めることによって相手との距離が縮まり、気持ちの良いコミュニケーションを取ることが出来るのです。

『褒める』とは、『すごいですね』といった言葉を贈ることだけではありません。

『あなたを認めています』と伝える事だと筆者は定義いていると書いています。

相手の職業、趣味に対して興味津々な表情で聞くのも褒める事になりますし、「へぇ、コンサルタント!」と目を輝かせて相手を見るのも褒めの一種なのです。

このように考えると、褒め方のバリエーションは非常に豊富であることがおわかりいただけるでしょう。

褒める時のポイント!!

●相手の趣味を褒める

「スポーツが趣味なんてすごく活動的なんですね」「すごく料理がお上手なんですね」

注意点!!

●容姿は褒めない

どんなにかっこいい人、綺麗な人にもコンプレックスはあるものです。

うっかりそこを褒めてしまった場合、相手に不快な思いをさせてしまいます。

そういう場合は、ファッション等を褒めるのが無難です。

「すごくオシャレですね」「素敵なジャケットですね」「綺麗な髪ですね」

●下心のある褒め方をしない

女性は引いてしまいます。気を付けましょう。

「胸が大きいですね」「脚が綺麗ですね」「セクシーですね」

・モテる為には…(男性編)
『モテる』異性から人気があること、ちやほやされること、それは婚活をする上では大事なことですね。

でも何をすればモテるのでしょうか?

結論から言えば……何もしなくていいんです。

そう「する」ではなく「しない」

つまり「モテない行動をしない」これです。

シンプルですがとても重要です。

モテない男の行動パターンを下記にピックアップしています。

・気を遣いすぎている

・女性の言うことを何でも聞いてしまう

・自分の失敗談などをあまり話さない

・変に意識して格好つけてしまう

・相手の行動が気になって詮索してしまう

・完璧な人間を演じようとする

これらの行動は「余裕」の無さが原因です。

余裕のない男に女性は興味はありません。

逆に、余裕があって器が大きい男性は魅力的です。

まずは、一つでも改善してみて下さい。

・恋愛経験が多い=結婚できる訳ではない!?
結婚したい気持ちはあるけれど、異性との恋愛経験がなくて尻込みしてしまう人もいるでしょう。

今までの人生、「誰ともお付き合いしたことがない」という人はかなり焦りを感じているのではないでしょうか。

普通の恋愛ならば、経験豊富で駆け引きも上手な人はモテるかもしれません。

しかし、結婚を意識したお付き合いともなれば、恋愛経験の数など大した障害ではないのです。

★結婚に向く人のポイント

・自立している

自分一人で生きられない人が、他人と一緒になっても上手くいかない事は多いです。

・精神が健康

結婚にはお互いを思いやる気持ちが大切です。

精神が病んでも結婚することはできますが、相手にかかる負担は大きくなります。

・常識を持っている

結婚は一番小さな社会の単位です。

社会生活を送る上で、一般的な常識は非常に大切な事となります。

もちろん常識にとらわれない人が好き、という人もいるでしょう。

それはそれで構わないのですが、常識にとらわれない事と常識を知らない事は別物だということを理解しておきましょう。

まずは婚活の場での自分の価値を試してみてはいかがでしょうか。

一人で不安な方は専任のスタッフがサポートしてくれる結婚相談所がおすすめです。

・会話術★ワンポイント講座
会話が上手い人とそうでない人の差はどこにあるのでしょう?

それはズバリ……『あいづち』です。

うなずき一つで相手を気持ち良くさせる事ができます。

あいづちが上手くなれば、会話は盛り上がり相手に好印象を与える事ができます。

では

ポイント①

あいづちの『さ・し・す・せ・そ』

さ=さすがですね

し=知らなかったです

す=素敵ですね

せ=センスがいいですね

そ=それはすごいですね

覚えておくと、役に立ちますね。

ポイント②

「そうですね」は言わない!

理由は……会話を止めてしまうからです。

せっかく相手が話をふってくれたのに、ここで話が止まってしまいます。

もし、思わず『そうですね』と返してしまった場合は、ひと言足してみてください。

そうすればよくある天気の話題でも、少し盛り上がる事はできます。

会話がつながらないと『この人とは合わないな…』

と思われて終わりって事もあるので気をつけましょう。

ポイント③

詳しくない分野は【質問形式】のオウム返しで!

A『この前、マラソンの大会に出たんですよ』

B『えっ、大会に出られたんですか、フルマラソンですか?』

このようにオウム返しをすることで相手がもう少し説明してくれたり、オウム返しの間に何か会話が広がるような質問を考えたりもできるので使えるテクニックだとおもいます。

つまり、会話とは【あいづち】の連続です。

やはり大事なのは気遣い、思いやりです。

常に相手の事を考えましょう★

・婚活パーティーでのモテ仕草【男性編】
●話し方には要注意

婚活パーティーでは初対面の方と会話をします。

社会人らしくある程度、丁寧な言葉遣いで話すべきではありますが、あまりに丁寧過ぎてもお相手の方との距離感は縮まりません。

敬語を使いながら、ところどころ少しくだけた話し方をしてみてください。

といっても、男性同士で話すような荒っぽい口調は×です。

また男性も女性と同様に表情、特に笑顔が重要です。

会話の基本ですので、忘れずに意識して下さいね。

笑顔を作るのが苦手という方は少し微笑む程度、口元をあげてみるだけでも結構です。

女性と目があったときや話をしているときに少し笑ってみるだけで、印象はグッとよくなるでしょう。

●女性の話をしっかり聞いてあげる

婚活パーティーの会話では、話をすることも重要ですがそれ以上に重要なのが「話を聞くこと」。

お相手の女性が話をしているときは、聞き役に徹してしっかりと話を聞いてあげて下さい。

ときおり相槌を打ちながら、「うん、わかるよ!」など共感を表現しましょう。

また、モテたいからといって自分を無理に良く見せようとしたり、自分のすごさをアピールしようとガツガツした態度で自己主張をするのはもちろんダメ。

あくまでも聞き役に徹して下さい。

女性が楽しく話ができるようにサポートしてあげたり、お相手の女性が主役になるような接し方をしてくださいね。

※勘違い・オラオラ系はモテない

「男らしい」「カッコいい」と人気の声もありますが「オラオラ系」は婚活パーティーではモテません。

こういうタイプの男性が好みだという女性も一定数いらっしゃいますが、婚活パーティーには不向きです。

威圧的、怖い、わがまま、傲慢などあまりいいイメージは持たれていません。

また、婚活パーティーではお相手の方と数分しか話せないことが多いですし、お相手の方が「オラオラ系」が好きな女性とは限りません。

男らしくてかっこいいというよりも「威圧的な人で怖いかも…」「なんだか横柄で失礼な人…」などのマイナスイメージを相手に植え付けてしまうかも…。

★まとめ

婚活パーティーの時だけではなく、日常生活においても上記のポイントを意識してみてください。

練習をせずにいきなり本番である婚活パーティーの場で、すんなりと実践できる人はなかなかいないと思います。

普段から自然とこういう態度や表情ができる男性はモテますよ!

・婚活パーティーでのモテ仕草【女性編】
●最強の武器 笑顔

やっぱり「笑顔」が大事!

男女共通の部分ではありますが、笑顔の女性は美しくみえます。

挨拶をするときなどに、少し微笑むようにするだけでも印象が大きく変わります。

特に「この人は気になる!」なんて男性にはとびっきりの笑顔を見せて下さい。

会話の中で、お相手の方が面白いことをいったり楽しげに話していたら、それに合わせて笑顔を向けるのも効果アリ。

目があったときに微笑むのも男性は”ドキッ!”としますよ。

●髪をかきあげる仕草

とても女性らしい仕草だと男性は感じます。。

またさらっとなびく髪にも、”どきり”とするなんて声も。

婚活パーティー中、会話の合間でさりげなーく髪をかきあげてみてください。

かきあげる時は「髪をあげる方向とは反対の手をつかう」とより効果的です。

普段あまり見えない横顔が見えて、男性は心奪われてしまいます。

●うるうるした目で見つめる

うるんだ瞳で見つめられると男性はドキッとして、「この子を守ってあげたい!」と感じてしまいます。

特に上目遣いなんてされると、その効果は絶大。

ただし、あんまりにもわざとらしすぎたりやりすぎるとNG。

あくまでも会話中にさりげなくやるのが大事です。

★まとめ

婚活パーティーの時だけ意識をするのではなく、日常生活においても3つのポイントを意識し練習してみてください。

普段から実践しておくとパーティーの場でも自然にできると思います。

自然とこういう仕草や表情ができる女性はきっと男性にも魅力的にうつるでしょう。

・婚活パーティー開始前にチェックすべきこと
①身だしなみを要チェック!

婚活パーティーでは第一印象がやっぱり大事。

どんなにいいスーツやドレスに身を包んでいても、清潔感がないと台無しになってしまいます。

パーティーが始まる前に一度、洗面所の鏡などで身だしなみの最終チェックを行ないましょう。

男性によくありがちなのが、顔のテカリ。

あぶらとり紙を鞄に入れておいたり、夏場は汗などで匂いが気になる方はボディペーパーなどを携帯しておくよいでしょう。

女性の方は化粧崩れがないかチェックしましょう。

1~2時間で終わるパーティーだからといって油断せず、化粧直し用の道具が入ったメイクポーチを忘れずに持っていきましょうね。

また、気がつきにくいのが口臭。

タバコを吸っている方はミントタブレット、フリスク、ガムなどを使って口臭を改善しておきましょう。

②婚活パーティーの流れとツールを要チェック!

婚活パーティーでは、自己紹介や思いをお相手の方に伝えるための時間がかならず設けられています。

大事な時間ですので「そんな時間があるなんて知らなかった…」「タイミングを逃した…」なんてことにならないように、パーティーの流れはかならずチェックしておきましょう。

開始前には会場のスタッフが説明しますので、しっかり聞いておいてくださいね。

また、そのツールをすぐ使用できるように準備しておくことも大事です。

自分の情報を記入するプロフィールカードなどは、書く内容をしっかり考えて、より相手の方に好印象を持ってもらえるようにていねいに書いておきましょう。

「今、何をする時間??」「この紙はどう使うの??」などパーティー中にわからないことがあってもあせらなくて大丈夫です。

会場のスタッフに聞けば、わからないことを教えてもらえるので、遠慮せずに質問してみてください。

もしかしたら、書き方のコツなんかを教えてくれる人もいるかもしれませんよ。

③話すネタを準備しておく。

緊張しすぎて、うまく会話ができないなんてこともありますよね…。

そんなことにならないよう、事前にある程度自分が話すことを考えておきましょう。

参加人数の多いパーティーではプロフィールカードを交換し、それを見てお互いに質問をしながら会話がすすんでいきます。

話が広がりやすいように、質問に対しての答えを色々とシミュレーションしてみるといいでしょう。

共感を得やすい、共通点を見つけやすいような答えだとなおよしです!

★まとめ

たかが15~20分程度のことですが、この15~20分がパーティーのカップリング成立に大きく影響するかもしれません!

また、もっと早めの時間に現地へ到着できれば、会場周辺を散策して、パーティー中に話すネタを探すこともできます。

・婚活パーティーでカップリングするためのコツ
●たくさん話をして印象付ける

婚活パーティーでは、お相手の方とたくさんお話をすることがとっても重要。

参加人数の規模にもよりますが、お相手の方と会話できる時間は限られています。

その限られた中でお相手の方に印象を残すことがカップリングを成功させるためのカギ。

お相手のかたとの共通点や自分をアピールできるポイントなどを楽しくお話してください。

ただ、自分ばかりが話し続けるのは×。

以前のコラムでもお話ししたことがあるのですが、会話は2人で作るもの。

お相手の方が話しやすいように質問をしたり、相槌を打ったりとサポートも忘れずに。

会話のキャッチボールを楽しむことを心掛けてくださいね。

●気になる人には積極的にアプローチ

参加者の中に、気になる人がいるけど「断られたら悲しいし…」「自分からアプローチするのはちょっと…」と思う方もいるかもしれませんね。

でも気になった方がいるのなら、勇気を出して積極的にアプローチをしてみてください。

●上限MAXまで希望をかく

婚活パーティーでは、パーティーの終盤に用紙が配られます。

この記入用紙には、気になった方を1名だけではなく、複数名書くことが出来ます。

パーティーの規模によって、書ける人数は変わってきます。

当然、多く書けば書く程カップリングできる確率はUPします。

「たくさん書いたら恥ずかしい…」「なんか抵抗がある…」なんて思わなくて大丈夫!何も恥ずかしいことではありません。

少しでも気になる方がいるのであれば、「書けるだけ書く」ことをオススメしていると筆者は書いています。

上限MAXまで記入しておきましょう!

ただし、記入する時に気をつけてほしいことがあります。

お相手の方の番号とお名前を間違わないようにしてください。

うっかり間違ってしまう方が結構いるので、記入の際はよく確認してくださいね。

・【女性編】婚活パーティーでの会話テクニック
婚活パーティーでお相手の男性に「あの人は感じが良かったな」「もっとお話をしてみたいなぁ」と思ってもらえるポイント。

①笑顔が基本

婚活パーティーの場に限らず、笑顔は会話においての基本。

初対面の方に好印象を与えることが大切です。

笑顔で挨拶、笑顔で「ありがとう!」と言ってもらえたら、お相手も悪い気はしないでしょうし、心を開いてもらいやすくなります!

②お相手の目をしっかりと見る

シャイな方だと伏し目がちになってしまいますが、相手の目を見る事はとても大切です。

婚活パーティー中、お相手が話している時はしっかりと顔をあげてお相手の目を見ましょう。

ただし、本当にずーっと目を見続けるのは×。

目を見続けられるとお相手の方も緊張してしまいますし、威圧感を与えてしまいます。

ですので、本当に目を見るのではなく、お相手の方の鼻や口元などを見るようにして会話をすると良いでしょう。

常にうつむいている、伏し目がちな人よりも顔をあげて会話をしてくれる人の方に好感を持てますよね。

③相槌で聞き上手に♪

婚活パーティー中は、お相手の話の合間に相槌を打ってあげましょう。

会話にもリズムが生まれますし、お相手の方も気持ちよく話ができます。

会話は二人で作っていくものなので、相手の方が話しやすいようサポートしてあげましょう。

④男性の自尊心をくすぐる

男性は女性に頼られることが好き。

婚活パーティーでは、男性のことを上手に引き立ててあげることが大事です。

また、「教えて!」とおねだりできるのは女性の特権です。

男性は女性に「教えて!」といわれると張り切って教えてくれます。

守ってあげたくなるような女性だと思ってくれるでしょう。

⑤上手な質問のしかた

会話は質問することから始まります。

たとえば、最初に「音楽がお好きなんですね。どんなアーティストがお好きなんですか?」という質問をしてみます。

これは会話のきっかけを作るためのものですね。

2回目は会話を広げる為、会話を弾ませる為の質問です。

相手の返答が返ってきたら、「HOW」「WHY」などの疑問符をつけた形で質問を返してみましょう。

そうすればお相手の方が考えていることや気持ちを知ることができます。

どういった人なのか内面を探ることもできますね。

返答に対応できるよう普段からトークの幅を広げておくことも大切です。

お相手からの質問に答えて会話をしたら、自分も相手に聞き返してあげるのもいいでしょう。

⑥会話の中で共通点を探す

婚活パーティーの会話で盛り上がるのが「共通点」を見つけたとき。

どんなことでも構わないので、お相手の方との共通点を探してみましょう。

「共通点」があるというだけで、お互いの距離がぐっと近づきます。

趣味、好きな食べ物、好きなテレビ番組…どんな些細なことでも結構です。

「そうそう!」と思えることを見つけていきましょう。

・結婚したい30代前半女性の婚活パーティーの選び方
●同年代狙いの方向け①

男性の年齢上限が36歳以下のパーティーを狙う。

男性は、参加条件の年齢上限に近い方が申し込むことが多いです。

30代前半の女性は男性の年齢上限が36歳以下のパーティーを選ぶ方が理想的といえるでしょう。

●同年代狙いの方向け②

コミュニケーション時間は長めにとりましょう。

30代半ば~の男性は、20代の女性というライバルにも人気があります。

そこで30代前半女性の方に大切なことは、1人あたりとのコミュニケーションをとれる時間が長い婚活パーティーを選ぶことです!
大規模なカップリング婚活パーティーだと、1人1人とのお話ができる時間が短く、第一印象で判断されてしまいますので、20代女性の方が有利に…。

お話ができる時間が長ければ、やさしさ、センス、知性など、20代女性にはない30代の女性ならではの大人の魅力をお相手の方へ多く伝えられると思います。

●年上狙いの方向け①恋愛対象になる男性の年齢上限を考えよう

年上の男性が好きな方でも、いざ結婚を考えるとなると、生活面や子育てなどで不安になり「やっぱりもう少し若い男性の方がいいかも…」と躊躇される方も多いようです。

一度、過去の恋愛経験や将来のビジョンを踏まえ、恋愛対象になる男性の年齢上限を考えてみましょう。

ご自身の上限が把握できたら、恋愛対象の上限年齢より0~2歳上の年齢が男性の参加条件になる婚活パーティーを選んでみてください。

●年上狙いの方向け②参加者人数の規模が多いパーティーがおすすめ

誰にでも年齢以外で異性の好みの要素があるように、年上男性が好きな女性にも「若々しい外見の人がいい」「おしゃれな人がいい」など色々好みがあると思います。

せっかく自分が参加者の中で若くて比較的モテやすい婚活パーティーに参加するのであれば、参加者の人数規模が大きいパーティーを選ぶのがおすすめです。

その多くの参加男性の中から好みのお相手を探してみてください!

・結婚したい20代女子向け!婚活パーティー選びのコツを伝授!
●最初の1回目のパーティー選びが超重要!

20代と30代とでは、婚活男子からの人気が違ってきてしまいます。

婚活はできることなら20代から早めにスタートしたほうがいい!

だからこそ、最初の1回目に自分が楽しいと感じられるパーティーや企画を選ぶことがとっても大切です。

●パーティー参加者の「年齢」をしっかりとチェックする

20代女子の婚活パーティー選びで、大切なポイント。(パーティーの年齢設定を間違えないこと!)

これまで、2~3歳ぐらい年齢が上の男の人しか好きになったことのない20代女子が、30~40代の男性がメインのパーティーに参加するのはあまりおすすめしません。

年上好きの女子にとってはとても楽しいパーティーも、相性が合わなければ残念な結果に…。

婚活パーティーの年齢設定は色々種類があります。

「20代男性限定」「25~31歳男性限定」「29~36歳男性限定」「年上女性好きの男性限定」などなど…。

自分が何歳位の男性を好きになりやすいのか、ちゃんと考え、希望にあった年齢の参加者が多いパーティーを選ぶのがおすすめです!

●気楽な雰囲気はイベント系、落ち着いたものは個室タイプ

楽しんで参加するには、婚活パーティーの雰囲気がとても大事。

友達と一緒に気軽に参加して、楽しみたい!なんて場合は「ガチめなお見合いっぽいパーティー」に参加してしまうと、浮いてしまいます。

気軽に楽しみたい!友達と一緒に参加して盛り上がりたい!…そんなときは、街コン・合コンタイプのパーティー、アウトドアイベントなどの企画系パーティーがおすすめ。

一人参加がいい!落ち着いたタイプがいい!…そんなときは、個室タイプのパーティーがおすすめ。

初めての参加なら、少人数制のパーティーの方が疲れなくていいかもしれません。(10人対10人以下の人数が特におすすめ!)

お相手の方お一人おひとりとゆっくり話ができるので、相性チェックをして真面目に付き合える人を探したい!なんて人にはピッタリです。

・交際の進め方
「交際2ヶ月経ったけれど全然ピンときていない」

「キモチが盛り上がっていない」

その場合は一旦交際を終了して、他の方とお見合いすることもオススメしていますが、それが得策じゃない方もいるのです。

ピンときていない方々のデート内容を聞くと「たまに会ってご飯を食べにいく」「昼間にちょこっとお茶する」とのこと。

それならば、盛り上がらなくて当然です。

もちろん最初の1~2回はお茶程度でササッと会うくらいがちょうどいいけれど、その後のデートもご飯や飲みにいくばかりで相手の何がいったい分かるのでしょうか?

それよりも、2人で一緒にスポーツをしたり、何か共同で物を作ってみるのもいいでしょう。

時にはハイキングなど自然の中で向き合ってみるのも大切です。

場所や環境 時間帯を変えて相手の表情や考え方に触れなければ自分の心も動きません。

何もアクションを起こしてもいないのに、相手のことを知ろうとするからモヤモヤするのです。

限られた交際期間の中で出来るだけ早い時期に行動をおこし、先に進むかどうかの決断をしていきましょう!

・出会い上手になる方法
毎日同じように仕事に出かけたり学校に出かけたりしていても、まったく同じ日というのは決してあるものではありませんよね。

その日の天気、その日の気分…その日の体調で大きく左右されるのが日常生活です。

日常生活の基本的な過ごし方が、たくさんの出会いを得る人と、チャンスを大きく逃し出会いが少ない人とではかなり違ってくるのではないかと筆者は書いています。

出会いの多い人は、日々を楽しく過ごす努力をしている人。

道を歩いていても、電車に乗っていても、下を向かずに前を向いていることでしょう。

周りで起こることにアンテナをはり、敏感に反応しているのです。

人間観察、動物観察、風景観察などさまざまなウォッチングをしながら過ごしているのです。

出会いが少ない人は、いつも下を向いて過ごす時間が多いのです。

ネガティブになり、目の前にある大事なものがまったく見えていないのではないでしょうか?

素敵な出会いを自分が遠ざけていることに気付きましょう。

素敵な出会いがたくさん訪れることでしょう。

人は感情の生き物です。

隣の芝生が良く見えてしまい「自分はどうせ」と嘆いても、自分の芝生は水々しく美しくなってはくれません。

自分の時間の過ごし方と、自分の心の動きに敏感になってみてはいかがですか?

何があっても感謝する気持ち、喜ぶ気持ち、楽しむ気持ちを忘れずにいることが大切です。

・異性に求められても譲れない条件は?
結婚を考えるうえで、異性に求められても「これだけは譲れない!」という条件として

男性の一位は「仕事に対する理解」

休暇、帰宅時間、給料面など、仕事に関する自分だけではどうにもならないことについて、多くの男性は結婚相手に理解してもらいたいと考えている模様です。

「休日はゴロゴロしたい!」なんて意見も、ここに含まれるのでしょう。

女性の一位は「自分の家族に対する理解」

おそらく結婚相手に「誠実さ」を求めると答えた人が、自分の家族を自分と同じように思いやってくれる人を求める傾向にあるのかも知れません。

続いて二位は「お金の管理に関する考え」

男性も「お金の管理に関する考え」と「趣味に時間や金銭を費やすこと」で全体の約三割に達するなど、家計の主導権や小遣いの確保が結婚を考えるうえでの大きなポイントと考えている人が少なくないです。

やはり、金銭感覚の問題は結婚においてすれ違いを生むきっかけとなりそうです。

デートを繰り返す中で、金銭感覚などの自分や相手にとっての『譲れないこと』がお互いにとって足かせにならないかどうかをしっかりと見極めることがポイントです。

・第一印象で女子がチェックしている男性のポイント15選
その1:靴がきれい

ビジネスシューズはもちろんですが、スニーカーもよれよれドロドロの臭そうな状態では嫌われてしまいます。

その2:臭くない

汗臭いのは絶対NG。

シャワーを浴びたり着替えることが出来れば一番ですが、出来ない場合はこまめに汗を拭いたり、制汗剤を使うなどして清潔感を心がけて!
また、逆に香水プンプンも嫌われやすいものです。

適量が肝心。

その3:肌がきれい

ニキビだらけの肌は、不摂生な生活を送っているイメージと不潔な印象を与えてしまいます。

肌のお手入れはしっかりしましょう。

その4:清潔である

「清潔感」も大事ですが、もっと大事なのは「清潔である」こと。

肩にフケが積もっていたり、汚れの首輪があったり…では、異性としてどうこう以前の問題です。

その5:眉毛がつながっていない

体毛は好きな女子もいますが、眉毛がつながっているのは全く身なりに構わない印象。

その6:鼻毛が出ていない

真顔では出ていなくても、にっこり笑うとニョキっと出る場合があるので、いろんな表情でチェックを欠かさずに!
その7:笑顔がステキ

恥ずかしいからとムスッとしていては、いい印象は与えられません。
笑顔に自信がない場合は鏡に向かって練習してみましょう。

その8:粘膜をいじらない

緊張すると耳の穴、鼻の穴などをさりげなくいじってしまう人は案外多いものです。

でも、指先についてきたブツを弾き飛ばしたりする姿、意外と見られているものですよ。

その9:下心丸出しじゃない

初対面から胸元をじろじろ見たり、下ネタを振ってくるのはサイテ―!
その程度のオトコとしか思われません。

その10:ナルシスト過ぎない

自分大好き、前髪のセットが気になって鏡に夢中…。

そんな姿は女子に引かれてしまいますよ。

その11:さりげない気遣いが出来る

飲み会でみんなの追加注文を請け負ったり、お店の人とやりとりしたり、目立たないところでさりげなく気遣いをしている姿、見ている人は見ています。

その12:お礼を言う

お茶を入れてもらったり、何かをしてもらった時「当たり前」のように受け取るか「ありがとう」とひと声かけるかで印象は全く違ってきます。

その13:名前を呼ぶ

人は名前を覚えてもらえると嬉しいし、名前を呼んでくれた相手をしっかり認識するものです。

知り合った相手の名前は覚えて、名前で呼びかけるようにしましょう。

その14:似合う服を着ている

すごくオシャレである必要はないけど、自分に似合う服を着ているというのはとても好感が持てます。

その服は、もちろん綺麗に洗われていることも必須です。

その15:周りに壁を作っていない

人の集まる場で「自分は関係ない」と自分だけの世界に入ってしまっては、そこから人間関係は広がりません。

・男性が覚えておきたい3つの「女心」
●女性はほんの一瞬で機嫌や気分が大きく変わることが多い

短時間で正反対のリアクションをされると、慣れていない男性はびっくりしてしまうでしょう。

例えば、ついさっきまで笑っていたのに急にブスッとして黙りこんでしまうことがあります。

また反対に今の今まで泣いていたのに一言で機嫌を直して笑顔になったり、テレビなどを見て笑い始めたりすることもよくあります。

実はこのような反応は女性にとっては普通のことなのです。

少しのことでも落ち込むということは、少しのことで立ち直ることができるということです。

このことを覚えておけば彼女の感情に振り回されることがなくなります。

あなたが彼女の負の感情に合わせて反応してしまうと、余計にエスカレートする場合があります。

あなたの言動に関して怒ったり泣いたりしている時は、とりあえず謝るだけで劇的に状況が改善するでしょう。

●女性は「記念日」や「イベント」にとてもこだわっている

男性は二人が初めて出会った日や、お付き合いを始めた日付などを覚えていないかもしれませんが、女性はよく覚えているものです。

それであなたがお付き合いを始めた日だけでもきちんと記録しておき、「1ヶ月記念」「半年記念」などに特別なイベントを計画すると、彼女はとても喜んでますますあなたに惹かれるでしょう。

またサプライズのプレゼントなども大変喜ばれます。

●女性は男性から用事以外の何でもないことで連絡してもらうと嬉しいということ

「いつも自分からメールや電話をしている」という気持ちは女性をがっかりさせてしまいます。

「〇〇さんは私のことがそんなに好きではないのかも」と考えてしまうかもしれません。

そんな誤解をさせないために、時には用事がなくてもメールをしたり電話をかけたりしてみましょう。

しかし、あまり頻繁に送りすぎると鬱陶しく感じる女性も中にはいます。

彼女の性格をしっかり見極めることも大切ですが、ほとんどの場合はあなたからの連絡を嬉しく感じるはずです。

・これから「恋愛をしたい」という人に★やっておきたいこと
●自分のタイプを3カ条決め抜くこと

ある程度恋愛経験がある人であれば、どんな相手に魅かれて、どんな相手を好まないのかがわかってくるかと思います。

そこで、自分だけのタイプ3カ条を決め抜いてみてください。

この3つを決め抜くと、自分の理想の人間像が浮かび上がりますので理想の男性を探しやすくなります。

●3カ条を細かく分析する

例えば、ただ優しい男性とするのではなく、どのように優しいのかを分析しましょう。

「一緒に歩いていて、自然と車道側を歩いてくれる男性がいい」「自分が怒っても折れてくれるような男性がいい」など、とにかく細かく分析するのです。

細かく分析することによって、そのシチュエーションに沿った場面に出くわしたり、自らもっていくこともできたりして、男性を試すこともできますね。

●1回で見極めないこと

例えば「どうかなぁ」と思った男性がいたとします。

その男性と最低3回は会ってみてください。

3回会ってから、恋人候補かもう二度と会わなくていい人に分けてみてはいかがでしょう。

最初の1回目のデートは、お互い緊張しているかと思います。

相手の男性も、本領発揮できないものです。

そこで「幻滅!」と思わず、広い心で接していくことをおすすめします。

出会って1回会っただけで、その人を知ろうとすることは難しいことでしょう。

だからこそ、3回会う。

会う回数を重ねるとお互いに印象が変わってくるものです。

そしてその間にそのお相手の『いいところ』をみつけていきましょう。

・『バツイチ』の人はモテる!?
現在、毎年25万組以上(3組に1組)のカップルが離婚をしている時代。

いわゆるバツイチやバツ2なんて方々も増えてきています。

離婚後は、恋愛自体に臆病になったり疲れ果てて一人を選ぶ人も居ますが、一方で、すぐに恋愛や再婚をしている人も沢山います。

そこには「バツイチだからこそ、次の恋愛や再婚に繋がりやすい」というポイントが潜んでいるようです。

[女性] 相手を値踏み・高望みしなくなり、温かい雰囲気に

バツイチとなった女性は未婚の人と比べると、何よりも相手を選ぶことに対し、柔軟性があり、相手に対する許容の幅が大きいという特徴があります。

今は情報が多く、さらに出会いの手段を求めようと思えば沢山ありすぎるためか、未婚の人、特に女性は『相手に求める条件』が厳しく、「とにかく良い条件の人を」「もっと合う相手がいるかもしれない」などと、決断に迷いがち。

そんな現代の未婚女性たちのいわば『値踏みするような態度』に、実際、傷ついている男性も非常に多いと筆者は書いています。

一方、バツイチの人は、過去の失敗から「自分が結婚でうまくやっていくために重要なポイントか(必要な価値観、合わせるべきポイント)」をある程度、把握できています。

そのため、その”大事なポイント”を満たす人であれば、多くを望まずに恋愛相手を選べたり、結婚も決めることができるのです。

実際に結婚生活を体験し、心の傷つく経験なども経たためか、再婚においては「前より好条件の人と結婚する!」などという、無意味な上昇志向になる人がほぼ居ません。

収入が少なかろうと、外見がそれほどでなかろうと、男性の良いところ、自分と合うポイントを見つけて、受け容れていける人が多いのですね。

[男性] 「一度、女性に選ばれた人である」ことがプラスに

「求める異性への条件に高望みをしなくなる」という点は同じですが、さらに男性の場合は、バツイチ=一度は女性に選ばれている、という意味になり男性としての魅力があるという証になります。

バツイチ男性と、歳を取っても長く未婚でいる男性とを比べると、結婚経験があるほうが有利になり「異性として魅力的に違いない」と女性に受け取られ、モテるということが多いのです。

しかしバツイチ男性には「元妻や子供に慰謝料を払っている」なんてケースもあり、その部分では少し不利な点もありますが、それでも男性は『稼ぐ力』があれば返していくことができますので、そういった能力や度量がある男性は、やはり女性にモテるのですね。

■今や4組に1組が再婚カップル!

離婚後に次の恋愛が始まれば『再婚』という可能性も出てきます。

昔は相手が再婚者だと親に反対されたり、世間体が悪いなどという偏見もありましたが、そういった見方はどんどん薄れてきていますね。

離婚が当たり前でなかった時代の高齢の方々も「最近はそういうものだから」と、少しずつ理解を深めている様子。

バツイチとなったことで人間的な深みが増し、異性にモテたり、次の結婚で幸せになれるのであれば、それはおめでたいこと。

何度も問題を起こして離婚を繰り返している、なんて方の場合はちょっと例外でしょうが……。

さてさて、貴方は、バツイチの方に魅力を感じたことがありますか?