神奈川&横浜の結婚相談所のブログを厳選しました

2020年12月14日投稿
・結婚しやすい人の特徴
結婚相談所の場合、婚活を始めてから結婚するまで1年以内に叶えている人が多いです。

しかしなかには、なかなかお相手が見つからない、交際に繋がらないという人もいます。実は、早く結婚できる人には特徴がありました。

まずは、身だしなみです。

男女ともに、清潔感のある服装をされている人は、初対面の印象がよいので、その後のお付き合いに繋がりやすくなっています。

もし、髪がぼさぼさだったり、ヨレヨレの洋服を着ていたらどうでしょうか?

また会いたいとは思わないでしょう。

女性はある程度、おしゃれに気を遣われている人が多いですが、男性はおしゃれに無頓着という人が多いです。

婚活をはじめるなら、身だしなみを整えるようにしましょう。

それから、お相手を尊重できる人は、結婚まで早いです。

我慢ではなく、お互いを尊重し合える関係になっていることが大事です。

会話や行動で、お相手を尊重できる人は、人気があります。

話すのが苦手だなという人は、まずは笑顔で過ごしてみましょう。

いつも笑顔でいる人は、明るい印象がありますので、結婚できる可能性が高くなるでしょう。

それでも壁にぶち当たってしまった時は、他人と比較しないで、焦らないことが大事ですよ。

・結婚しやすい人の特徴
結婚相談所の場合、婚活を始めてから結婚するまで1年以内に叶えている人が多いです。

しかしなかには、なかなかお相手が見つからない、交際に繋がらないという人もいます。実は、早く結婚できる人には特徴がありました。

まずは、身だしなみです。

男女ともに、清潔感のある服装をされている人は、初対面の印象がよいので、その後のお付き合いに繋がりやすくなっています。

もし、髪がぼさぼさだったり、ヨレヨレの洋服を着ていたらどうでしょうか?

また会いたいとは思わないでしょう。

女性はある程度、おしゃれに気を遣われている人が多いですが、男性はおしゃれに無頓着という人が多いです。

婚活をはじめるなら、身だしなみを整えるようにしましょう。

それから、お相手を尊重できる人は、結婚まで早いです。

我慢ではなく、お互いを尊重し合える関係になっていることが大事です。

会話や行動で、お相手を尊重できる人は、人気があります。

話すのが苦手だなという人は、まずは笑顔で過ごしてみましょう。

いつも笑顔でいる人は、明るい印象がありますので、結婚できる可能性が高くなるでしょう。

それでも壁にぶち当たってしまった時は、他人と比較しないで、焦らないことが大事ですよ。

・婚活の極意 ~人事を尽くして天命を待て~
スムーズにお相手を見つけて結婚相談所を退会される人もいますが、そのような人も、悩んだり、落ち込みながら前に進んでいます。

結婚相談所に入会したら、すぐにお相手が見つかるというわけではありませんから、簡単ではないのです。

すぐにお相手が見つかる人と、見つからない人との違いとして、理想が高すぎることや、自分にふさわしい人がどのような人なのか気が付けていないということがあります。

理想が高すぎる人は、まず本当にそのこだわりが必要なのか、一度見直してみてください。

絶対譲れないことはあると思いますが、意外とこれは妥協できるかな…という点もあるはずです。

自分にふさわしい人に気付けていない人は、多くの人に合うことで、自分に合う人ってどんな人なのか気付いていく必要があるでしょう。

婚活で、素敵なお相手に出会うためには、行動することがとても大事です。

出会いのチャンスを逃さないようにしてください。

それから、どんな時も謙虚さと感謝の気持ちは忘れないでくださいね。

お見合いを申し込んでOKしてもらえたなら、ダメだったとしてもお相手に感謝の気持ちを持ちましょう。

スムーズに退会されている人は、妥協できるとことは妥協して、出会いを大切にし、周りに感謝の気持ちを持っている人が多いのです。

・婚活を始めると出会いが増えるという不思議な現象が起きる!?
あなたは婚活をしていることを、周囲の人に話していますか?

婚活を始めたことを隠そうとする人もいますが、実は周囲に話しておいたほうが、出会いが増えると言われています。

その理由は、「そういえば○○さんが婚活していたな~」と思い出して、素敵な人を紹介してくれたり、飲み会を開いてくれるなど協力してくれるからです。

実際に、そのような周りの協力で、素敵なお相手を見つけている人は沢山います。

結婚相談所に登録して活動しながら、婚活していることを周りに伝えておくことで、より早く素敵な出会いが見つかるでしょう。

周りに婚活していることを言わない限り、周囲も紹介しようなど思わないものです。

結婚に興味がないのかもしれないな~と思われている可能性もあります。

公言することは、恥ずかしいことではありませんので、ぜひ周りの協力も得てみてくださいね。

・婚活でデリカシーのない男性に出会うストレスを半分にする方法
婚活していると色々な男性に出会います。素敵な出会いなら嬉しいですが、デリカシーがないなと感じる男性に出会ってしまった…そんな事例もあるのです。

お見合いではいい感じだったのに、その後デートしてみると、遅刻してくる、割り勘にする、なれなれしい、上から目線など気になることが出てきた場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしあなたがお相手に対して、この人は無理だと思ったなら、お断りすればよいのですが、お断りするほどあなたが嫌では無い場合や、お相手に悪気がないことが感じられる場合は、少し様子をみるという方法もあります。

ただし、困ることは困るときちんと伝えましょう。

そのうえで、お相手が変わっていくのかどうかみてください。

注意したいのは、我慢してお付き合いを続けてしまうことです。

特に条件を重視している女性は、このような傾向があります。

年収がいい、ルックスが好み、学歴が高いなどの理由で、デリカシーがない男性と付き合い続けてしまう人もいるのです。

でも、嫌な気持ちになってまで付き合い続けるお相手と結婚などできないですし、時間を無駄にしないためにも、お断りするタイミングは見誤ってはいけません。

・今の婚活が向いているか否か。見極めが将来を左右する!
「婚活アプリ」は利用料も安いので、誰でも手軽に婚活ができます。

しかし、婚活アプリで結婚相手を見つけるのは難しく、5年以上アプリを使っても結婚相手がなかなか見つからないと悩んでいるというケースもあるようです。

5年も続けるのであれば、他の方法を試してみたほうがよいと言えます。

結婚相談所の場合、5年も活動されている人はいません。

大抵の方が、1年以内にお相手を見つけて退会されていますし、早い人だと3ヶ月や半年以内でお相手を見つけています。

婚活アプリがいくら安かったとしても、お相手が見つからなければ意味がありませんし、5年間使った費用を考えると、結婚相談所のほうが安かったかも…ということだってあります。

結婚相談所なら、お相手の身元確認もしっかりしていますので、安心して利用できるのです。

一番よい時期に結婚できるように、今の婚活スタイルは本当に合っているのかどうか、一度見直してみてくださいね。

・費用比較!恋愛結婚ORお見合い結婚どちらがお得?
恋愛結婚へのあこがれから、結婚相談所でお見合いすることに抵抗がある人もいるようですが、実はお見合い結婚のほうが出費は少なくて済みます。

お見合い結婚といっても、昔のようにお見合いの1回だけで即結婚などということはありません。

皆さんお見合い相手とは、何度かデートして、恋愛感情がお互いに芽生えてから結婚されていますから、恋愛結婚と変わらないのですね。

費用面では、恋愛結婚で仮に交際して2年ほどだとすると、様々な記念日にかかる費用や、デート費用などでおよそ100万円はかかると言われています。

もちろん、デート代を節約して、交際しているカップルもいますから、必ず100万円かかるわけではありません。

お見合いの場合は、結婚相談所に登録する費用などが必要ですが、半年でお相手が見つかると仮定すると、40万円くらいの出費となります。

お金がかかるというイメージの結婚相談所ですが、実は恋愛結婚より、出費は少ないのです。

お金の面だけ伝えてしまうと、節約のために結婚相談所を利用するというような感じになってしまいそうですが、実は結婚相談所は他にもメリットがあります。

それは、あなたの魅力を引き出してくれることです。

結婚相談所は、プロの仲人がいます。

あなたのアドバイザーとなってくれるので、より素敵な人になることができますよ。

プロデュース料も含まれているなんて、結婚相談所って素晴らしいですね。

・バランスのとれた夫婦はうまくいく。
お見合いで失敗しないため、結婚生活を長続きさせるために、知っておくことがあります。

それは、夫婦のバランスです。

お見合いでは、女性は、高収入な男性にお見合いを申し込みするケースが多いといわれています。

高収入の職業についている男性って、やはり人気があるのですね。

生活は安定するでしょうし、経済的な面では安心でしょう。

男性の場合だと、若い女性に申し込みされるケースや、見た目がとても美しい人に申し込みされる人が多いです。

美しい女性が奥さんだと、周りに自慢できるというような理由があるようです。

しかし、そのお相手と結婚できたからといって、あなたが幸せになれるかどうかは別です。

突拍子もないようなお相手と結婚して、長く続くでしょうか。

等身大の自分に見合ったお相手を選ばないと、感覚の違いが出てきてしまうものです。

あなたとバランスが取れるお相手を見つけるようにしましょう。

・婚活女性にありがちな決定的なミス
キャリアのある女性や、高学歴の女性にありがちなのが、周囲が羨むような経歴を、婚活のプロフィールに書いてしまうということです。

経歴が素晴らしいのは、悪いことではありません。

あなたが頑張ってきた証です。

しかし、これをプロフィール欄に書いてしまうと、男性の守ってあげたいという気持ちが出てきにくいといわれています。

一人でも大丈夫そうな女性、強そうな女性というイメージがあるのですね。

そして、自分では役に立たないかもしれない…という気持ちになってしまう男性もいるのです。

プロフィール欄に最初から書いてしまうと、「この私にふさわしい男性しか受け付けないですよ」というようなメッセージとしても伝わってしまうことがあるので、注意が必要です。

就活や転職活動では、十分アピールできる学歴やキャリアも、婚活では出し過ぎてはいけないのですね。

もし出すのなら、ギャップとして後から知ってもらうほうが、男性には魅力的にうつりますよ。

・第一印象ちょっと自信なきゃ〇〇だ!
婚活で大事なのは、第一印象です。

どのような点を人は一番に見ているでしょうか?

顔、ヘアスタイル、メイク、服装、持ち物、歯、手、体型など、人によって見る場所が違います。

お相手がどこを見てあなたをジャッジしているかは分からないので、婚活では身だしなみをしっかりチェックして下さい。

出会ってわずか3秒くらいで、「あ~この人はイマイチだな」とか「あっいいな~」とか、決めてしまっていますから、第一印象って本当に大事ですよね。

でも、見た目だけで決められてしまうなら、自分の容姿に自信がないと無理なのでは…という壁にぶち当たってしまいます。

それを挽回できるのが、笑顔なんですね。

笑顔が素敵だと、本当に第一印象のイメージを挽回できます。

できるだけ自然な笑顔を作れるように、毎日練習しましょう。

2020年12月13日以前
・初デート撃沈の理由第一位はやっぱり”アレ”だった
お相手が自分の結婚相手の理想に近いかどうか、また、人柄を確かめるために最低4回以上はデートをしないとわかりませんよね。

今回は【初デートでお断りを告げられる理由】についてお伝えいたします。

ずばり、一番多いお断り理由は「口臭」です。

「えー! そんなところ!?」と思う人もいるかもしれませんね。

口臭って、自分では気が付かないものであり、また他人からはなかなか指摘できないものなんですよね。

婚活を始めるときは、まずは歯科へ行って歯石取りをしてもらってみてください。

そして、40歳過ぎたら歯周病のチェックをお忘れずに!

デート当日は、コンビニ寄ってガムやタブレットを買ってから行ってくださいね。

「自分は大丈夫」と過信せず、ぜひチェックしてみてください。

・初デート撃沈の理由第一位はやっぱり”アレ”だった
お相手が自分の結婚相手の理想に近いかどうか、また、人柄を確かめるために最低4回以上はデートをしないとわかりませんよね。

今回は【初デートでお断りを告げられる理由】についてお伝えいたします。

ずばり、一番多いお断り理由は「口臭」です。

「えー! そんなところ!?」と思う人もいるかもしれませんね。

口臭って、自分では気が付かないものであり、また他人からはなかなか指摘できないものなんですよね。

婚活を始めるときは、まずは歯科へ行って歯石取りをしてもらってみてください。

そして、40歳過ぎたら歯周病のチェックをお忘れずに!

デート当日は、コンビニ寄ってガムやタブレットを買ってから行ってくださいね。

「自分は大丈夫」と過信せず、ぜひチェックしてみてください。

・男性が「結婚したい!」と思う女性とは
男性が「ずっと一緒にいたい!」と思う女性の特徴は下記の通り。

・何でも素直に感謝

・「なんとかなるよ」の明るさ、たくましさ

・いつも機嫌よく笑顔

同性からも「素敵だな」「この人といると元気になれる」「この人のことが好き!」と思える人のことを言うんですよね。

「裏表がなく、ニコニコしていて誠実である」ことって、とっても大切です。

何事にも感謝できる心を育てるために、普段から「ありがとう」と声に出して伝えることを意識してみてください。

店員さんや、たとえばエレベーターで「開」ボタンを押して待ってくれた人などに、照れずに「ありがとう」と伝えてみましょう。

その際にはもちろん、笑顔を忘れずに★

・お見合い=結婚ではない
「結婚相談所に登録したものの、いきなりお見合いなんてハードル高い!」と考えてはいませんか?

結婚相談所での婚活において、お見合い後にいきなり結婚について話し合ったり、結婚相手としてどうか見極めたりする、ということはありません。

交際の初期はお相手を「友達」だと考えてみてください。

まずは「友達」として、お相手と打ち解けていきます。

いきなり「男」「女」として意識しなくても大丈夫。

「人間として」好きかどうかという観点で、お相手を見るのです。

夫と私はお互いのことを”最高の親友”だと思っています。

友達として一緒にいて楽しいし、助け合うし、お互い刺激を与えあい切磋琢磨しています。

お互い夢を語って、「一緒に頑張ろうね」が口癖です。

ベストフレンド、ベストカップル。

あなたも、そんな人を探しにいきませんか?

・アラフォー婚活で成功する4つの方法
①気軽さを意識して行動する

出会ったばかりの異性の前で「早く結婚したい」等、結婚観や子どもについて話すことは控えましょう。

お付き合いを重ねる中で、じっくりと話し合っていくことが大切です。

②相手に求めるのではなく与える気持ちを持つ

「ああしなければいけない」「こうじゃなきゃ嫌」といった執着は捨て、相手に対して寛大な心を持ちましょう。

「これからゆっくりお互いを育てていこう」と思えるような相手を探すとうまくいきますよ。

③完璧を求めない

出会う相手全てに「顔がタイプじゃない」「良い人だけど少し頼りない」等、いちいち文句をつけていてはいつまでも理想の人は現れません。

最初から条件にこだわり過ぎず、様々な人との出会いを楽しみましょう。

④年相応の落ち着いた大人を目指す

「若く見られたい」という思いからメイクなどで若作りをしがちですが、20代の人と同じようなメイク・ファッションをしても、若く見えるどころか痛々しく見えてしまうだけ。

アラフォーの本当の魅力を伝えるために、落ち着いた大人のメイク・ファッションを心がけましょう。

アラフォー婚活で成功するためには、自分の市場価値を知り、きちんと向き合うことが大切です。

・成婚者が実践したこと
①内面を磨く

誠実で思いやりのある家庭を大事にしてくれる女性、頼りがいのある努力家で仕事も頑張ってくれる男性。

人は相手の素敵な内面に惹かれるのです。

ぜひ、内面を磨く努力をしてみてください。

婚活セミナーに参加することもオススメです。

②タイプでなくても会ってみる

プロフィールを見てお相手の値踏みをするばかりで、なかなか実際に会おうとしない人がいます。

写真だけでは実際の雰囲気はわからない、ということを理解しておきましょう。

成婚者たちは「とにかくまず会ってみる」というスタイルを貫いた人ばかり。

「結婚したいな」と思ったら、迷わずに婚活に注力し、積極的に行動するべきです。

あなたの行動や努力次第で、幸せな結婚へとグッと近付けるのです。

・お見合い後の初デートに向けてポイント3点
①お見合いから1週間以内に初デートを決める

お見合いの時に1度会っただけの相手を鮮明に覚えてい続けることは難しいため、お見合いから期間を開けずに予定を組むことが大切です。

オススメは、お洒落なレストランでのランチデート。

コースを注文すると最後のお茶やデザートまで場所を変えることなく、ゆっくり会話を楽しむことができます。

もしも時間がなければ、お茶をする程度でも問題はありません。

②初デートまでの間も連絡はマメにする

デートの日にちが決まったからといって、何も連絡をしないのは相手を不安にさせてしまうためNGです。

仕事が忙しくても、1~2日に1回は連絡をするようにしましょう。

③男性はジャケパンでお洒落に、女性はスカートで愛らしく

デートにあわせて、洋服もきちんとしたTPOを心がけましょう。

付き合いたての頃は、男性は清潔感とお洒落を意識したジャケパンスタイル、女性は派手になりすぎない清楚で可愛い服装で出かけましょう。

お見合い後の初デートも気をぬかず、見た目や会話、相手に楽しんでもらうことをしっかりと意識してお会いすると良いですよ。

・早く成婚にむすびつく人の共通点
早く成婚にむすびつく人の共通点、それはズバリ、素直であること!

特に女性は素直になれない人が多いです。

わざと思っていることと反対のことをしたり、言っていることと思っていることが違ったり……。

「素直になれなくて心と裏腹なことをいったから相手に嫌われた」「余計な一言を言って周りをしらけさせた」というのはもうお終いにしましょう!

素直な行動はなんでもスムーズです。

相手もあなたのことがわかりやすいので、行動しやすいですよね。

注意点は、素直 ノットイコール 相手が傷つくことを言う、……ワザと言うウラハラな言葉をやめようっていうことですよ。

恋愛の駆け引きより、まずは素直を心がけることが大切です。

相手の心を探りあう時間はもったいない。

それよりも、お互いがもっともっと楽しいことに時間を使えるようにしたいですよね。

・プロフィールを書くときに
婚活では、写真と同じくらい大事なのがプロフイール。

限られた枠内の文章の中で、自分はどういう人なのかを相手にわかってもらうことももちろんですが、自分がどんなお相手を望んでいるのか、自分と結婚するとどういう生活になるのかを伝えるのもプロフィールの役目。

具体的なイメージが湧いて初めて「会ってみようかな」って思いますよね。

この”具体的なイメージ”がとても大切です。

どんな家庭を築きたいのか?

どんなお相手がお望みなのか?

いつまでに結婚したいのか?

ここが具体的でないと、婚活を進めていく上で色々なことがぶれてきてしまい、迷って決められなくなってしまいます。

また、女性の場合「どういう人なのか」プロフィールを見て詳しくわかることで、安心感をも抱くことが可能です。

もしもプロフィールを適当に書いている場合……もったいないですよ!

苦手でも得意でも、自分で自分のプロフィールを書く、これが大事です!

・モテる男の需要な要素のひとつとは
モテる男の需要な要素のひとつ、それはズバリ「父性」!

どんな女性もやっぱり守られたい、男性に頼りたいと思っているもの。

例えば、お食事の後のお会計について。

奢られるのが嫌い、割り勘でお願いしますって女性も稀にいますが、婚活のお見合いやお付き合いにおいては基本的に男性がお金を出しましょう。

なんといっても、女性は特別扱いされるのが大好き。

自分のために男性がどのくらい無理をしてくれるのか、そこで愛情を判断する場合もあります。

お会計の時に、女性が「私も出します」とお財布を出そうとしても「大丈夫」とお金を出させない、いえ、それ以前に、彼女がお化粧室に立った時にお会計を済ませておくような、そんなスマートな男性に女性は惹かれるのです。

父性とは、彼女のことを考えた、ちょっとした気配りと男らしさのこと。

ぜひ意識してみてくださいね。

・異性と話す際に緊張してしまうへ
緊張しないよう「こんな話を事前にしてみよう」と話す内容を決めておくことも大切ですが、「緊張しない環境づくり」も重要です。

お食事デートの際に、対面席ではなくお相手と同じ方向を見られる席を選ぶと、緊張せずお話をすることができますよ。

窓側など景色が見える横並びの席がおすすめです。

また、よくデートにおすすめだと言われている「映画館」「水族館」「博物館」は、同じ方向をみて会話を進めることができるので、初デートにぴったりです。

緊張しやすい人は、お食事デートやデートする場所を決める際に「同じ方向を見る」ことをテーマにプランを立ててみてはいかがでしょうか?

・「沈黙」を乗り切る方法
「沈黙」を乗り切るには、「相手に話してもらう」ことがオススメです。

プロフィールで見た趣味や、お相手から聞き出した「好きなこと」について掘り下げる質問をする、など。

ポイントは、相手の言葉を復唱して、そのことについて掘り下げて質問すること、注意点は、次々質問をして尋問のようになってしまわないようにすることです。

良い例として、お相手が「カフェ歩きが趣味です」と言った場合、「今は寒いから、暖かいものがおいしいお店だといいですよね。コーヒーとか紅茶がおいしいカフェとかですか?」(今の季節をはさむと会話が弾みます)といった具合で繋げ、お相手が「そうなんです。パンもおいしいんですよ」と話を広げてくれたらしめたもの。

どんなパンがおすすめなのか、何が好きなのかなど、お相手の好きなものをたくさん聞きだしてみましょう。

人は自分に質問をしてくる人に好意を持つ生き物です。

お見合いのときやデートの際に、沈黙状態が続きそうな気配がしたら、ぜひお相手から上手に話を引き出してみてください。

・二人だけの距離感を大切に
お見合いやデートをしているときに周りのカップルが気になってしまったこと、ありませんか?

映画館やレストラン、また週末のホテルラウンジなどにはお見合い中のお二人も多いことと思います。

隣のお二人に対して自分たちはどうか……、あの二人は盛り上がってるようだけど、私たちはそうでもないな……、会話が弾んでないような気がする……。

交際中にしてもお見合いの最中にしても、やはり距離感や感情の現れ方は人それぞれ、顔や性格が異なるように千差万別で良いんです。

会話は弾んでないように見えても、人見知りをしているだけで、心の中はとても楽しくはしゃいでいるかもしれません。

周りと比較して、無理をする必要はないんです。

気負わず、自分のペースで焦らず婚活を楽しみましょう。

「疲れて婚活が嫌になった」となってしまっては元も子もないですからね。

一気に縮まる距離感もあれば、少しずつ近づくこともあります。

他にはない、あなた達二人だけの距離感を大切にね!

・結果を出したいあなたへ
結果のすぐ出る人とちょっと時間のかかる人、どこが違うと思いますか?

「結婚とはこうあるべき」「結婚相手はこうあるべき」と思っているとややこしくなってしまうため、頭でっかちな人はおのずと時間がかかってしまいます。

成婚している会員様のお話を聞くと、「嫌なところは特になかった。でも、『ここだけはすごく良かった』というところがあった」「最初はピンとこなかったけれど、デートを重ねるうちに夢中になった」「期待せずに会ったら、一目で好きになっちゃって」といったケースがほとんどです。

若ければ若いほど、婚活慣れしていなければいないほど、早く決断が出来ます。

結果の出ない人は、考えすぎて遠回りしてしまっていることに早く気づきましょう!

・活動が上手くいく人といかない人の差
活動が上手くいく人といかない人の差、それは「柔軟さ」にあります。

人のアドバイスを素直に実践してみる柔軟な気持ち。

それは、心の若さにも通じます。

心が老いている人は自分の経験だけで判断し、それに基づいて行動し失敗しますが、それを改めようとしません。

同じ失敗をしても気にせず、人のアドバイスを「知っている!」と言うだけで終わらせてしまいます。

「知っている」のと「やっている」のは違います。

上手くいっている人は、なるほどと思えばすぐ行動に移し、分からなければすぐに質問をします。

レスポンスも早いので、サクサク事が運びます。

理想の人に出会うまで妥協しないと言っているあなた、1年は平等に過ぎていきますよ。

スタートが他の人より遅いなら、その分我流は捨てて、実験だと思って試してみてくださいね。

アドバイスを活かすも活かさないも、あなた次第です。

・短期間で運命の人に出会うには
短期間で運命の人と出会うために欠かせない能力は「主体性」であり、必要なことは「自己分析」です。

主体的な人とは、何か起きると○○が上手くいかないからダメなんだというようにマイナス思考になるのではなく、「解決策があるはずだ。見方を変えてみよう」「私は○○がいいと思う。私は○○する」というプラスの言葉が言える人のこと。

自己分析とはズバリ、「私は自分の人生をこう生きたい」ということがわかっていることです。

相手から影響を受けて幸せになりたいと考えるのではなく、自分自身の人生をどうしたいかを考えること。

そういう核がないと、相手もあなたを選んでいいのかわからなくなってしまいます。

自分のことを棚に上げて、相手に対する理想ばかり高いとなかなか運命の人には出会えません。

相手に対する期待はほどほどに、自分がどう生きたいかを突き詰めて、お互いがお互いを選べると、とんとん拍子にすぐに決まるのです。

・1人の時間も重要な婚活の時間
土日のお見合いが決定しなかったために予定がなくなった時、または、確定していたお見合いが延期になった時などこそ、1人でできることをする女磨き、男磨きの時間。

それはとっても大事な時間です。

映画や美容院、ネイルサロンやジムへ行ったり、作ったことのない料理を作ったり、部屋の大掃除をしたり……すぐに立てられる計画はいくらでもあります。

常にお見合いのために土日を開けておき、お見合いが決まったらそこへエネルギーを注いで、決まらなかったら自分磨きをして有意義に時間を使う、という習慣をつけることがオススメです。

1人の時間を有意義に使える大人の女性(男性)になるのも大事なこと。

時は金なり、第一優先はお見合いなど出会いにしておいて、優先順位を明確にしましょう。

「寂しいから」と誰かとの予定で手帳を埋めることは、婚活中では優先順位の一番下。

大人の婚活を楽しみましょうね。

・お見合い後に誰からも交際希望を出される人になろう
「目の前にいる相手の後ろには、100人の別の会員さんがいると思ってお見合いに臨んでね」と会員様によくお伝えします。

目の前の人のことをあまり好きじゃないと思っても、お見合いの間は楽しく過ごしましょう。

そうしたら、仮にお相手がお断りするほうを選んでも、自分の仲人さんへ「今日のお相手はとってもいい人でしたが、自分とは合わないようです」とプラスの言葉を添えて伝える可能性があります。

嫌な態度を取ってしまったら、それも仲人さんへ報告されてしまうかも。

つまり、お相手の仲人さんに「あそこの結婚相談所のAさんはいい人/感じが悪い人」という印象を植え付けてしまう可能性があることを覚えておいてほしいのです。

たくさんのお見合い相手に好かれる自分になれば、本命の人からも好かれる可能性がグン!と上がるわけです。

そう思って、1人1人大事にお見合いをしてください。

自分の未来へつながるんです、どのお見合いも。

感じのいい態度は相手へのマナーでもあり、実は自分のため。

でも余計なリップサービスは言わなくてもOKです。

ただ、共有した時間を楽しくするだけでいいのです。

・まずは自分を好きになること
自分の生活や心に余裕がないと、相手のアラばかりが気になってしまうもの。

心にゆとりがあれば、相手を受け入れる余裕も生まれます。

余裕があって何でもオールマイティにできる人は、これまたできない人のアラが目につくかもしれないですが、余裕があるので一刀両断せずに「できない人もいるよね」と受け止めることができるのです。

その余裕が、相手をひきつける理由になっている場合も。

余裕のある人と一緒に居るほうが、きりきりカリカリ余裕のない人よりも楽しいですから、余裕のある人のほうへ人が集まりやすいのです。

では、どうしたら余裕が生まれるのか?

まずは、自分を好きになること。

自分に自信がないと、心にゆとりは生まれないからです。

「え?そんな程度のこと?」という簡単な目標を立てて実行することからスタートして、達成した喜びと自信を1個1個増やしていってみてください。

愚痴っぽい自分にサヨウナラ!

明るく前向きに、そしてダメな自分も認めながら少しずつ自分を好きになっていきましょう。

・婚活中の女性必見!お見合い写真を撮る際に避けたほうが良い服装とは
お見合い写真は相手にとって第一印象を決定付ける重要な要素になるため、下記に挙げる服装は避けるようにしましょう。

×露出の多い服装

相手の男性に軽く見られてしまうおそれがあるため、脚や胸を極端に出すミニスカートやミニワンピースはお見合い写真を撮る際の服装としてふさわしくありません。

お見合い写真は、ある程度節度を持った服装が求められますので、露出の多い服装は避ける必要があります。

×フォーマルすぎる服装

気合を入れすぎて黒のスーツや礼服などを着てしまうと、相手に暗い印象を与えかねません。

スーツや礼服に限らず、黒などの色が暗い服装は全体的に大人っぽさと共にネガティブなイメージをもたらす可能性があります。

全体のバランスを見て、暗い印象を与えないような服装選びを意識することが大切です。

×カジュアルすぎる服装

普段着のような服装は子供っぽく見えてしまうおそれがあるため、避けたほうが無難です。

「自然体でお見合い写真を撮りたい」という場合には、普段の格好に1枚大人っぽさを出すカーディガンを羽織るなど工夫が必要です。

・2回目のデートを成功させるコツとは
①相手の話に興味を持つ

1回目のデートはお互いの自己紹介など軽い会話で終わるケースが多いのに比べ、2回目のデートは相手のことをよりよく知る場となることが多いため、自分のことばかりを話すのではなく、相手の話にも興味を持ち聞く姿勢も持つよう心がけることが大切です。

ただし親の病気や介護といった、いきなり結婚を意識するディープな話題は避けたほうが無難です。

②1回目よりも少し長めのデート

1回目のデートよりも長い時間を過ごすことでよりお互いをよく知り、仲を縮められるため、相手に次のデートを意識させる可能性が高まります。

特に3回目のデートが勝負のデートとなる場合が多いため、その前段階となる2回目のデートでなるべく距離を近づけておくと良いですね。

③連絡をこまめにとる

2回目のデートに誘ってもらっているにも関わらず返信が2、3日空いてしまうと、脈なしと思われてしまうおそれがあります。

また2回目のデートの後も、お礼や感想の連絡をなるべく早く送るのがベストです。

この際に3回目のデートのことを意識させるような返信をすると、次回以降のデートにつながりやすくなりますよ。

・お見合いで緊張しない方法はあるのか?対策法をご紹介!
お見合いで緊張を和らげるために準備しておくこと、意識しておくことをご紹介します。

①お見合い場所の下見をしておく

お見合いの予定時刻もより早めに行ったり、前日にその場所を見に行ったりして、雰囲気を確かめておくと良いですよ。

②第一声は笑顔ではっきり

最初の挨拶が小さな声ですと相手も不安になりますし、自分もどんどん自信がなくなっていってしまいます。

始めの言葉をはっきりと笑顔で言うことで、気持ちも晴れて緊張も和らぐはず。

③緊張していることを明かす

緊張することは仕方のないことで、悪いことではありませんから、緊張していることを相手に伝えることも悪いことではありません。

自分が緊張していると告白すれば少し楽になりますし、相手にもお見合いを大切に考えていることが伝わるでしょう。

正直に明かしてしまうほうがリラックスにつながりますし、誠実さも伝わりますので、思い切ってお相手に打ち明けてみましょう。

・お見合いでいきなりの「条件確認」はNG!
お見合いの前に、ある程度プロフィールで「条件」を確認しておくことは欠かせません。

いくらフィーリングが合っても、条件面であまりに納得できないことがあった場合は結婚まで考えられなくなるため、年齢や地域、年収等ざっくりとした価値観は最低限確認しておくべきです。

ただ、だからと言って、お見合いで初めて会ったときにその延長で「条件」を確認していくのは避けたほうが良いです。

たとえば、「戸建てかマンションか」「仕事は続けたいか」「家事の分担はどうするか」等をいきなり聞かれても、そのお相手との結婚生活をイメージできないため簡単に答えるのは難しいもの。

いずれも結婚を考えるときには確かに大事な要素ですが、ある程度の信頼関係を築け、好意を持ち始めた段階でこそ、お相手との関係の中で現実的に考えていけるものです。

初対面でいきなり「面接」のように「条件確認」をしては、お互いの人間性の相性より「条件闘争」になってしまいます。

まず数回くらいは純粋に一緒に時間と空間を過ごして、お互いがどう感じるかを重要視しましょう。

「婚活」「お見合い」と言うと、どうしても「条件」だけを先に考えがちですが、バランスが大事です。

・婚活でメールの返信がないのに、続けて送るのは百害あって一利なし!
お見合いや初対面のときは会話が弾み楽しかったのに、その後音沙汰がなくなるというのは「婚活あるある」のひとつ。

返信がないと、送ったほうは不安になって居ても立っても居られない状態になりますよね。

ただ、そこでさらにメールを送るのは「百害あって一利なし」と心得るべき。

「お相手の気持ちをはっきり知りたい」という思いや、「どうせダメなら早めに終わらせたい」と考えから、まさに「ダメ押し」の一通を送る人がいますが、絶対に避けたほうがいいです。

仮に本当に忙しくてそのうち返信しようと思っていたとしても、その気が完全に萎えてしまいます。

続けてメールを送りたくなる気持ちはよくわかりますが、それは絶対してはいけないし、その必要がないものです。

なぜなら、どんなに忙しくても「今は忙しくてすぐに会えない」と送る数十秒くらいは時間を取れるはずだからです。

それもしないということは「それまで」ということ。

無理に追いかける必要はないのです。

それよりも、新しい人との出会いをどんどん探していくほうがよほど建設的。

「一方通行」のコミュニケーションになってしまう場合は早めに諦めて、次を頑張りましょう。

・交際段階で大切にすべき「お金の感覚」とは
結婚相手を選ぶ上で、金銭感覚が合うかを確認することはとても大切なこと。

そして、お金はもっと大事なこと、お相手への思いやりや誠意を示してくれますので、そのような意味でもしっかり考えたい要素です。

例えば、デート代を支払う場面では、その人の気持ちが非常によく表れます。

男性としては、頑張って毎回の食事代など全て払っているのにお礼の一言もなければ気分が良くないですし、逆に女性としては、当然のように割り勘をしてくる男性はケチだと思って引いてしまう場合がほとんど。

オススメの方法は、男性は基本的にデート代をしっかり気持ちよく払うようにして、女性はちゃんとお礼を言いつつ、時々ちょっとしたお茶代で返したり、簡単なお菓子のお土産を渡したりすること。

この「キャッチボール」を自然にできるカップルはほぼ間違いなくゴールインできますし、その後も幸せな生活を送れるでしょう。

なぜなら、単に「損か得か」で考えているわけではなく、お互いへの思いやり、感謝、誠意を示せているからです。

デート代の扱い方は、交際段階でお互いの本性が最も出やすい要素。

そういう視点でお相手を見極めると同時に、ご自分の行動も確認してみてくださいね。

・女性にモテることより大事にすべきこと
「早く結婚したい」と、婚活をまじめに頑張る男性ほどハマりやすい勘違いのひとつに「モテないといけない」という思い込みがあります。

確かに、若い頃の恋愛ならば、華やかさを備えている男性のほうが人気があったかもしれません。

でも、真剣に結婚を考えている女性の多くは、容姿だけを見ているわけではありません。

表面的なことよりももっともっと大事なことがあります。

それは、”女性に安心感を与えられる”こと。

その場を楽しめればいい恋愛と違って、残りの人生を一緒に生きていく伴侶を見つける婚活では、女性は「この人となら、何があっても一緒に乗り越えていける」という安心感を持てることを最も強く意識して相手を見ています。

そのため、たとえ容姿にあまり自信がなくても、お相手の女性にしっかり関心を持って、お相手の気持ちに思いを馳せ、大事にしようとする姿勢を示すこと、そして、家族として一緒に生きていけると思ってもらうことが何より欠かせないことなのです。

女性に安心感を与えることの大切さを理解していないと、いくら出会いの数を増やしても、いつまで経っても成婚へは辿り着けませんので、注意が必要です。

・馴れ馴れしいと勘違いされる「ため口」に注意!
ここのところ、お見合いから交際に入って「これから!」というときなのに、メールの段階や初回のデートで躓いてしまうことが立て続けにありました。

理由は、ズバリ、最初から相手がため口で話してきたから。

相手との距離を早く縮めたい気持ちはわかります。

けれど、あなたは会って間もない相手から馴れ馴れしくされたらどう思うでしょうか?

きっと、違和感があると思いますよ。

相手に軽く見られているような気持ちになってしまう人もいるかもしれませんね。

そう、相手の使う言葉によって、自分が大事にされているかを察することができるのです。

自分が話すこと、すること、言葉遣い、メールの内容、メールを返すスピード、服装、時間を守ることなど、すべては相手に対するメッセージでありコミュニケーションの一部。

その中でも、言葉遣いというのはその人を表すひとつのスキルであり、品格までも感じさせるものなのです。

ぜひ心に留めておいてくださいね。

・相手に好印象を与える「たった一文字」の違いとは
ある男性会員様から聞いたお話なのですが、デートで女性にご馳走するときに、これから美味しいものを一緒に食べようという気持ちが相手のたった一言で盛り下がることがあるそうです。

それは、メニューを選ぶとき「〇〇さんと同じものでいいです」や「〇〇でいいです」と言われたとき。

遠慮の気持ちからそういう言葉になってしまっているのかもしれませんが、この「~でいい」は否定的なニュアンスが含まれているように思えるため、人をガッカリさせてしまう言葉なのです!

正解は「〇〇”が”いいです」。

例えば「うわ~、これ、美味しそう♪ 私、これがいいです」という具合。

“が”に能動的な気持ちが表れているため、相手の気持ちに添っていることになります。

「〇〇でいい」と「〇〇がいい」はたった一文字の違い。

けれど、確実に相手を気持ちよくさせるのは「〇〇がいい」なのです。

たった一文字の違いで、あなたの好感度がアップすること間違いなしです!

・お見合いでNG率が高い「声が小さい」と「声が低い」
先日お会いした男性会員の皆さん、スーツをビシッと着こなして格好良かったです。

ただ、声の小さい人や低い人がいました。

低いと言っても生まれつきのハスキーボイスとは違いますよ。

声が暗いため、低く聞こえるのです。

せっかく外見に気を配っても、声がそうだとかなり損をしてしまいます!

声には、今の健康や精神の状態、ときにはこれまでの生き様すら出てしまいます。

そして、意外にも自分では気が付いていないもの。

しかし、話している相手には思いのほか伝わってしまうのが怖いところ。

声が明るいと感じがいいでしょう?

声から受ける「感じのよさ」と同様に、声の暗さや小ささは「感じの悪さ」となって相手に受け取られてしまうのです。

過去に声の小さな男性とお見合いした女性が、「旺盛な生命力が伝わってこない」と言っていました。

声には、これだけその人を印象づける要素があるのですから、自分自身の声にもっと注意するべきです。

お見合いの際は、ちょっと高めの明るい声で「こんにちは♪」ですよ。

たったそれだけで、受ける印象が全然違ってくるのです。

・婚活に必要な「嘘も方便」
結婚相談所では、何人かと同時にお見合いすることと交際すること(重複交際)がルールで認められています。

ただ、会員すべてがそのことを知っていることと言えども、目の前にいる交際相手から具体的なお話をカミングアウトされたら、言われたほうは200%気分を害するに決まっていますよね。

「この後、お見合いするんだ」「お見合いが〇件、決まっている」「交際中の人は〇人いて」など……、これらは口に堅くチャックをするべきことです。

お相手の前では「あなただけよ」という顔をしておくこと!

それが、同じ婚活している仲間としての礼儀というもの。

「嘘をつくのはなんだか気が重い……」と思う人もいるかもしれませんが、お相手を嫌な気持ちにさせない「優しさ」として、「言わない」ことも時には必要なことなのです。