結婚相談所

東京都の結婚相談所の体験談

私は結婚相談所以外の出会いで相手が見つかったのですが、相談所での活…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】37歳【職業】会社員
【活動期間】平成28年1月~平成29年11月
【退会理由】相談所以外での出会い
【これから婚活をする人へのアドバイス】
私は結婚相談所以外の出会いで相手が見つかったのですが、相談所での活動(たくさんの見知らぬ人と1時間カフェでおしゃべりすること)は、コミュニケーション能力向上に役立ったと思います。
【体験談】
私の場合、37歳と年齢的に遅い婚活だったので、年収や年齢など割と広く募集していたのですが、自分では妥・・・・・
体験談のつづきを読む

私の場合、37歳と年齢的に遅い婚活だったので、年収や年齢など割と広く募集していたのですが、自分では妥協していると思っていてもマッチングにはなかなか至らず、婚活中は落ち込むことが本当に多かったです。

●●のコンシェルジュさんに「とりあえず、”イヤだ!”と思わなければ交際申請のボタンを押してみては?」というようなことを言われていました。

今から考えれば「何度か会っているうちに相手のことを好きになるかもしれないし」と分かるのですが、当時は「そんな不誠実なことをしていいの!?」という気持ちでした。

しかし、当時はとりあえず先に進みたい気持ちもあり、さらに結婚相談所での婚活が初めてだったこともあり、言われるままに、不快に思わなければ、あっさり交際申請のボタンを押すスタイルに変更。

最初のマッチングではカフェで1時間程度話すだけなのですが、「交際」になると2週間に1回くらいデートするような感じになります。

最初は休日にランチ、それが終わると美術館や映画に行ったり、ディナーや飲みに行ったりします。

私の婚活が遅くなったのは、友達とでも一人でもフラフラ遊びに行ったりすることも完璧にできるし趣味も多かったので、シングル生活が楽しかったためです。

そんなこんなで、うっかりアラフォーからの婚活だったのですが、対して相手のアラフォー(中にはアラフィフ)男性は、男女交際云々の前に、遊びに行くことや趣味がない人が本当に多かった気がします。

私が初回交際に至った人は、飲みに行くとか友達と遊びにいくという感覚が本当にない人で、ある日、寒いから鍋を食べに行きましょうという話になると、メニューに大きな鍋の写真があるのに「鍋、2つくらい注文しますか?」という感じで言ってきて、その慣れてなさすぎなところにビックリしました。

特に共通の話題や日々の出来事の面白い話もないデートだったのですが、初めての交際だったこともあり、彼とのデートは毎回どうすればいいのか分かりませんでした。

この時期に、「”イヤだ!”と思わなければ交際ボタンを押す」というルールにプラスして、とりあえずマッチングしてみてから、趣味がある人のみに絞ることにしました。

ルールの変更をすると、「お休みの日はいつも何をしていますか?」という話題を相手と話せるようになったため、話が広がってよかったです。

私が休日に何をしているかの話もできるし。

でも、休日に何もしない男性は本当に多かったです。

プロフィールの趣味の欄は割とアテにならず、読書や漫画、映画などと書いてあったのに、実際には、全然そんなことはなく、基本的に休日はとりためたバラエティ番組の消化、さらには読んでいないのに毎週ジャンプを買ってる人もいました。

趣味や仕事の話でお話をした時に、時々意見やツッコミを入れるとムキになられたりして、落ち込むこともありました。

中には同年代なのに趣味はヨットや釣り、もう余生だからゆっくりしたい、あなたの仕事は儲かる仕事ですか? と聞いてくる、ビックリする男性もいました(笑)

タイプじゃなかったから、そういうことを言ったのかもしれませんが、その点は不明です…。

そういったマッチングの中から、趣味もあって楽しくお話ができた人と交際を進める形にしました。

とはいえ、競馬が趣味な人と毎回競馬場デートも出来ないし、キャンプが趣味な人と毎回キャンプデートも出来ないので、私は「この映画が見たいので、見に行きませんか?」とお誘いしたり、「食べたことのない異国の料理を食べに行ってみませんか?」とお誘いしたりしていました。

でも、結婚後、自分がどの程度その趣味を一緒に出来るかは微妙なので、この方法が正解だったか分かりません。

失敗談としては、私からの提案で博物館に行く約束をしていたのですが、特別展示がつまらないものだったので「またの機会にしませんか?」と提案したら、「交際中止」になってしまったということがありました。

コンシェルジェさんによると、常設展示をすごく楽しみにしていたとのこと。

言ってくれればいいのに…と思いましたが、そう言うところも含めて、ご縁なんでしょうね。

わかりやすく挙げる条件的な部分はもちろん、自分の考え方や生活スタイ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】広告制作業
【活動期間】平成28年4月~平成29年3月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
わかりやすく挙げる条件的な部分はもちろん、自分の考え方や生活スタイルのことなども、タイミングや状況を見て臆せず確認し合うことも必要かなと思います。そういう話は、むしろ結婚相談所のように明確な「結婚」を目的とした出会いの場だからこそしやすい面もあると思うので、積極的にやったほうがいいかなと思いました。結婚してから「こんな人だと思わなかった」を少しでも減らすことはできるんじゃないかと思います。
【体験談】
●●で活動を始めて割と早い時期(2週間め程度)に初めてマッチングし、直接お会いすることになったお相手・・・・・
体験談のつづきを読む

●●で活動を始めて割と早い時期(2週間め程度)に初めてマッチングし、直接お会いすることになったお相手のことです。

自分は初めてでしたが、お相手の女性はどうやら活動歴もわりと長く、慣れている方だったと思います。

なので、その方は進め方やシステムの使い方も自分なりのスタイルができている感じでした。

人柄は良い方だと思ったので、ひとまず継続(仮交際スタート)ということにしましたが、自分としてはまだ始めたばかりで一人に絞るのもなあ~と気楽に考えて、他の方とのマッチングももっと進めていこうという感覚でした。

(ちなみに、今はどうかわかりませんが、当時はそういう複数人との仮交際もシステムとして認められていましたし、こちらが違反的な行為をしたわけではないはずです)

その方へは、仕事や新たにマッチングした方との兼ね合いも考えて、1週間前に連絡を入れて予定を考えて、その日の4、5日前に時間や場所の提案をして…という感じでやっていこうとしていたのですが、そういうのんびりしたペースはその方にとっては受け入れ難かったようで、2回めに会ったあとでいきなり担当者へ長文のクレームとともに、仮交際終了の連絡が行きました。

クレームの内容は主に、そうした私の進め方のペースやタイミングの遅さ・違いから「自分への誠意が感じられない」「レスポンスの遅さから、活動に対する真剣さが感じられない」「会うと人は悪くないので余計に腹が立つ」「なぜ継続しようと思ったか意味がわからない」…ということでした。

あとから知りましたが、たまたま自分が予定の連絡をとったタイミングが、相手の方が「連絡がない」とすでにクレームを入れた直後だったこともあるようでした。

「担当の方から言われて連絡を寄越すような態度も気に食わない」という内容も書かれてありました。

担当の方としては全文を私に見せるというのはちょっと考え物だったようですが、私としては、一つの経験として、考え方の違いなどを知っておくという意味でも必要かと思い、全文そのまま共有させていただきたいと思ったので、お相手から送られたメッセージをすべて読ませていただきました。

初めての相手からそういったクレームを間接的に受けたことで、正直ショックはありましたし、それが「真剣」ということになるならこの先も大変だな…とちょっと不安になった部分はあります。

一度お会いしただけの段階で、自分がどういうスタンスで活動しているか、ペースはどのくらいで…というようなことを詳しく詰めきれるものではないと思いますし、そもそもいきなりそういう話をするのも味気ないような…と自分は思っていましたが、人によってはそういう部分をきっちり詰めることこそ真剣である、と受け止める人もいるのかなと、非常に勉強になった体験でした。

連絡に限らず、自分は確かにちょっとマイペース気味というか、とにかく早く!レスポンスは少しでも早めに!みたいなタイプではないので、そういったところが「甘さ」とか「ゆるさ」、言ってしまえば「だらしなさ」と捉えられてしまうこともあるのだなと知ることができたのは、今思えば大きな経験だったと思います。

当たり前、基本的なことのようですが、結婚して今まで他人だった人と一緒に生きていくということは、そういう基本的な部分から考えないといけないわけで、そういったことに一番最初に気づけたのは大きかったのかもしれません。

その後、数人とマッチングしそれなりに色々ありましたが、最終的に今のパートナーと結婚することができました。

彼女(妻)とは、そういった部分への理解がお互いにしやすく、また相手との違いをを知っていこう、すり合わせる努力をしていこうという思いが共通して持てる関係性になれたことがキーポイントだったように思います。

婚活に対して、恥ずかしいとか後ろめたいといった考えをお持ちの方もい…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】20歳【職業】会社員
【活動期間】平成25年4月~平成28年9月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
婚活に対して、恥ずかしいとか後ろめたいといった考えをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、どこに王子様がいるかわかりません。とりあえずでもいいので、始めてみましょう。
【体験談】
私は、いつも最初の顔合わせではワンピースを着ていくようにしていました。 女性の多くがそのような・・・・・
体験談のつづきを読む

私は、いつも最初の顔合わせではワンピースを着ていくようにしていました。

女性の多くがそのような服装でお見合いに臨んでいるのではないかと思いますし、相談所の方からワンピースをお勧めされる場合もあるかと思います。

そのため、私もいつもワンピースを着ていっていたのです。

ところが、あるとき、初めての顔合わせが土曜日にあったのですが、その日の午前中に仕事が入ってしまったということがありました。

私の勤める会社(IT企業)では、土日に出勤する場合はラフな格好(Tシャツにジーパンなど)で出社する流れができていて、女性もこれに準じたラフな格好をして出勤します。

そのため、土日にエレガントなワンピースを着て出社すると明らかに浮いてしまいます。

交際している人とのデートがあるのなら、「この後、デートなのです」と言ってしまえばいいのでしょうが、その後交際に発展するかわかりませんし、事実をあまり周りの人に言いたくもありませんでした。

そこで私は、ブランドのシルクのシャツに、シンプルなスカートを着て行くことにしました。

仕事を終えて、顔合わせの場所に行った私。

相手はごく普通の印象の方でした。

派手な格好でもなければ、よれよれの服を着ているわけでもありません。

挨拶を済ませて、最初に聞かれたことは「オシャレに興味ありますか?」。

そう聞かれたのは、私の洋服が他の女性のようなワンピース姿ではなかったからだとすぐにわかりました。

「オシャレはそれなりに好きですが。今日は午前中仕事でしたので、ラフな格好で来てしまいました」と答えたのですが、相手から特に反応はなく、聞いているのか聞いていないのかよくわからない感じで、正直、私に興味がないことが感じ取れてしまいました。

しかも「もっと、ちゃんとした服を着たほうがいいですよ」とまで言われたのです。

私は、その日着ていたシャツについて「そんじょそこらのワンピースより高いのよ!」と正直思ったのですが…。

なので、彼からのアドバイスはスルーすることにしました。

心の中で「そんなに衣服にお金かける女性がいいのだろうか?あなたの収入では贅沢三昧はできないわよね」と毒づいてました。

(お会いする前に相手の収入や趣味などの基本情報は知っています)

が、彼は「アドバイザーに自分の異性のタイプをちゃんと伝えましたか?お見合いというのは…」と、なぜか上から目線で婚活アドバイスを始めてきたのです。

(私は利用していた結婚相談所では、個別にアドバイザーがついて、条件に合う人を定期的に紹介してもらえるシステムとなっていました)

こちらからの「勤務地はどちらですか?」「ご家族構成は?」などの無難な質問には返事もしてくれず、“あなたに興味ありません感”を全面に押し出してくる彼。

正直、こっちだって断ることが確定しているけれど、間が持たないから義理で質問しているのに!!と私は思いました。

何人かお会いした中で、一番不愉快な相手でした。

顔合わせ終了後、すぐに●●に立ち寄って、システムから「お断り」を入力しようとしたら、既に相手から「お断り」の連絡が入っていました。

相手からお断りされると、たとえ自分からもお断りしようと考えていた人でもショックを受けるものですが、この時はショックはありませんでした。

男性ですので、女性のブランドや服の値段が分からないのは、仕方ないことだと思います。

むしろ、アパレル業でもないのに、女性ブランドに詳しいのもドン引きしてしまうかも。

また、自分の好みの服装をしているかも大事だと思いますが、それについて相手にどうこう言うのは失礼です。

お見合いした相手がタイプでなかったとしても、通常の会話ぐらいはするべきだと思います。

その会話は無駄にはならないですし。

様々な環境、考え方などを知るのも婚活や人生に役立つと思います。

この日以降、私はお見合いには絶対にワンピースを着るようにしました。

やはり午前中仕事で午後お見合いということもあったのですが、「今日はこの後、友人とミュージカルを観に行くの」と周りには言うようにしました。

入会するかどうか悩むより、とにかく行動することが一番大切だと私は思…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】41歳【職業】製造業
【活動期間】平成29年6月~平成30年8月
【退会理由】結婚相談所で結婚前提の恋人が出来た為。
【これから婚活をする人へのアドバイス】
入会するかどうか悩むより、とにかく行動することが一番大切だと私は思います。どの結婚相談所が良いか分からず不安と感じている場合は、入会する前に話だけを聞くことも出来るため、まずは気になっている結婚相談所に連絡をして話を聞いてみたら良いと思います。その上で納得出来て安心感が得られれば入会すれば良いと思います。頑張って下さい!
【体験談】
周囲の知人や友人は皆それぞれ結婚し、自身の家庭を持ち幸せそうにしていたため、私は「皆将来の人生設計を・・・・・
体験談のつづきを読む

周囲の知人や友人は皆それぞれ結婚し、自身の家庭を持ち幸せそうにしていたため、私は「皆将来の人生設計をちゃんと考えているのだな」と年齢を重ねるごとに思い始めていました。

私は年齢が40代になっても恋人すらおらず、休日は外出する事も無く自宅でのんびり暇な時間を過ごしているだけ…。

正直自分はこのまま一生独身で終わるのかな?と、嫌でも頭の中にそうしたなんとも言えない不安がよぎっていました。

しかし私はそれは絶対に嫌だ!と思い、婚活をする為にWeb検索をし●●を見つけました。

最初は、自分は結婚相談所なんか利用しなくても、結婚相手くらい自分で見つけられると根拠の無い自信とプライドが邪魔をして利用をためらっていた私ですが、自分のこれまでのことを冷静に振り返ってみた結果、誰かの力を借りないと恋人すら出来ないと思ったため、プライドを捨てて入会しました。

●●に入会すると、軽くヒアリングみたいなことをされ、結婚に対する意欲や考え等を聞かれアンケート用紙に女性のタイプや理想の年齢等を書かされました。

その後は担当者が全面的にサポートをしてくれて、入会から約3週間で1人の女性を紹介されました。

正直早い!と思った私ですが、女性のプロフィールを見てみましたところ、失礼ながら顔立ちや体型が好みでは無く、プロフィールを見た段階でお断りしました。

しかし、3週間で1人を紹介されたので今後も良いペースで数多くの女性を紹介して頂けるのでは?と期待が持て、婚活に対してのモチベーションがグンッと上がりました。

その後も数週間ペースで1人2人の女性を紹介され、プロフィールをチェックして検討するといった感じで婚活を進めていましたが、利用から約4ヵ月が経過した時に私はある不安を覚えました。

その不安とは、紹介されてプロフィールを多数チェックしているけど全く理想の女性がいない…このまま理想の女性が現れずに●●の利用は終わってしまうのでは?ということでした。

もちろんこのような不安は担当者に打ち明けて相談に乗ってもらいましたが、担当者は「そうした不安を抱える利用者は非常に多いのですが、必ずお客様の希望にマッチした女性を見つけますので大丈夫ですよ」と不安を一蹴する気遣いのある言葉をかけてくれたため、とりあえず一安心しました。

その後も私は婚活に真面目に取り組み、数人の女性を紹介されプロフィールを拝見していました。

そして、とうとう私にも春が訪れたのです。

彼女は37歳の証券会社に勤めるOLさんで、スタイルが良く顔立ちも可愛い感じの理想のタイプの女性でした。

●●の利用開始から早1年数ヶ月が経過していましたが、担当者の言うとおり信じて根気強く待っていて良かったです。

私は紹介された女性との面談を希望して、指定の場所で女性と面談をし1時間20分程度会話をしました。

内容は、互いの自己紹介から始まり、その後は互いの趣味や仕事の話や好きな料理や映画は?みたいな内容でした。

私は実際に女性と会い、会話をしてみてより一層彼女を気に入り、担当者にこの女性にアプローチをしたいと願い出ました。

その後も担当者が女性に小まめにコンタクトを取ってくれて、さらにデートのプラン等も組み立ててくれたため、私と女性はそうした手厚い後押しもあったことから、数回デートを重ねることが出来ました。

そして、そのデートの中で私から女性に「●●抜きで個人的に連絡をしてデートをこれからも重ねたいので、連絡先の交換をお願い出来ないでしょうか?」と伝えました。

すると、女性は迷うこと無く連絡先を交換してくれて、その後は●●の担当者にこの出来事を伝えたところ、「個人的に連絡を取り合いデートをし交際出来るのであればそれは結構ですよ」と応援されました。

その後女性とは更にデートを重ね、ある日私から「結婚を前提に交際してくれませんか?」と告白をして、無事にOKの返事を頂きました。

現在も順調に交際を続けていますが、何よりも●●の手厚いサポートのおかげで妥協すること無く理想の女性と出会えたので、本当に利用して大正解でしたし、感謝の一言しかありません。

利用料金は多少かかりましたが…、理想の女性と出会えたので今となっては安いものだと思っています。

最後になりますが、●●は本当に質の高い結婚相談所でした。以上です。

20代前半でしたら、高いお金を払って相談所に登録する前にまずはアプ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】22歳【職業】投資商材の営業
【活動期間】平成30年6月~平成30年12月
【退会理由】相談所外での出会い
【これから婚活をする人へのアドバイス】
20代前半でしたら、高いお金を払って相談所に登録する前にまずはアプリや街コンなどの出会いから始めてもいいのではないかと思います。色々経験した上で結婚相談所に登録するほうが良さそうだと感じました。
【体験談】
私は、●●という結婚相談所に入会する際に、20代前半ということもあって周りの目が気になって、入るかど・・・・・
体験談のつづきを読む

私は、●●という結婚相談所に入会する際に、20代前半ということもあって周りの目が気になって、入るかどうかを迷っていました。

ですが、スタッフの方が優しく励ましてくださったため、25歳までに結婚したいという気持ちもあり、入会を決めました。

私にとってそれは勇気のいる決断でしたが、スタッフの方が親身になって話を聞いてくださり、その方も結婚相談所で出会った人と結婚したとのことで経験談を多くお話しいただけ、安心と期待から入会を決めたのでした。

パーティーなどに参加してみましたが、20代前半での参加は正直浮きました。

周りの女性は30代、40代の方が多く、若さを武器にできるといえばよく聞こえますが、あまり馴染むことができませんでした。

年下好きらしい男性からはよく声をかけていただきましたが、ひとりひとりとじっくり深い話などはできずに連絡先を交換して終わりになることが多かった印象です。

直接はあまり会話が盛り上がらなかったのに対して、連絡上ではグイグイくる人などもいて少し嫌なギャップを感じました。

出会い、結婚を焦っている気持ちは同調できますが、顔が見えない場所でグイグイ来られても魅力は感じないなと思いました。

特にある男性にいたっては、私が仕事で返信できない間にも何通も追加して連絡を入れてきたり、送信取り消しなどもされてきたりして、よくわからない性格だと感じ、少し怖さを感じました。

そのため、スタッフの方にも相談させていただき、その人とは連絡を取ることをやめました。

こういうときに、スタッフの方を通して、嫌な相手との関係を終わらせることができる点は楽でいいなと感じました。

また、営業職の人も多くいらっしゃり、結婚を前提にお付き合いの話も出してくださるのですが、それと同時に保険の営業をされたこともあり驚きました。

いい保険、いい内容だったのかもしれませんが、私は別に保険は探してはいなかったので、営業に関してはしっかりとお断りさせていただきました。

ですが、保険を断ったあとはなんとなく気まずい雰囲気になってしまい、そういう人とはお付き合いには発展しませんでした。

他にも、会話がとても上手でリードしてくださる方もいらっしゃいましたが、なかなか直接会う機会が合わなかったり、タイミングが合わなかったりして、そこからもお付き合いには発展しませんでした。

そんなこんなで、私の婚活はなかなかうまくいかなかったです。

最終的には●●以外のところでの出会いがうまくいき(昔からの知人とお付き合いすることになりました)私は●●を退会しました。

私は運が悪かったのか、●●ではあまり身のある出会いはありませんでした。

連絡先を交換した人の中で今でも繋がっている方はいません。

20代前半であれば、高いお金を払って相談所を使わなくても、少し都会に出れば出会いは多いのかなと思いましたので、20代前半であれば正直相談所は利用しなくてもいいのかもと思いました。

ただ、パーティーでお話しする方が当たり前に結婚前提でのお付き合いを求めている方なので、クラブやバーなどのナンパと比べると質が高く、クラブなどでは出会えない方々とお話しできた点はいいと思いました。

ファーストコンタクトの時点から結婚についてお話しできたり、探り合わずに正々堂々と自分が求めているものなどをお話しできたので、いい出会いがあれば結婚までの道は早いと思います。

また、20代前半の女性が少ないとのことで、求めていなくても多く男性からお声はかけていただけるところも、すぐにでも結婚したいという方には合っていると思います。

私は●●を利用して結婚には至りませんしたが、いい人生経験にはなったと感じます。

今お付き合いしている人と結婚まで行かずに破局してしまった際にはまた利用するのもありだと感じており、その際はもっと上手に使えるよう、入会してからの立ち回りなど、色々調べてから行いたいなと思いました。

結婚相談所ではたくさんの出会いがあるため、普段合わないような方たち…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】37歳【職業】一般事務
【活動期間】平成27年7月~平成31年5月
【退会理由】結婚相談所以外で成婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所ではたくさんの出会いがあるため、普段合わないような方たちとの出会いがあり、自分の可能性や考え方など自分を見つめ直すにはとてもいい時間でした。どんな将来を望んでいるのかそれにはどんな相手が自分と合っているのか、何を重視するのか考えらえるとても有意義な時間です。相手が見つからない、どんな相手が自分に合っているのか判らないなど、結婚に関して迷っていることがあるなら、ぜひ入会をオススメします。私は結婚相談所に入会し、自分が本当に望んでいる事を見つけることができたし、とても成長することができました。
【体験談】
●●では、契約を結んで入会金を払ったあと、自分の希望する相手の条件を登録します。 条件の項目は・・・・・
体験談のつづきを読む

●●では、契約を結んで入会金を払ったあと、自分の希望する相手の条件を登録します。

条件の項目は年収や趣味、休日の過ごし方などかなり細かい条件について質問がありました。

自己紹介のスペースがあり、そこは自由に記入出来ましたので、自分をアピールするために丁寧に記入した覚えがあります。

また、自分も相手の方のプロフィールを見るときに、自己紹介スペースはかなり重視しました。

理由としては、コンピュータが出した条件より、自由に記入するスペースの方が相手の人柄が出るような気がしたためです。

登録後、アドバイザーから連絡があり、スマホやPCでマッチングする相手を見ることが出来ました。

ただ、相手のプロフィールが手軽に見られる反面、自分の情報も不特定多数の方へ行っていたのかと思うとちょっと不安でした。

●●ではパーティも多く開催されており、出来れば条件から入るよりもキチンと恋愛からスタートしたかったので、私はパーティに月1回の頻度で出席していました。

●●は大手の結婚相談所だからか、ホテルなどで行うことが多く、会費も7000円~1万ほどかかりました。

毎回それなりの洋服が必要だったのと交通費もかかったので、かなりの出費になりました。

パーティは大規模であれば、男女比50人対50人くらいで合計100人ほど、小規模で30対30位が行われていました。

会場では受付で氏名の確認とバッチを受け取り席に着きます。

席は丸テーブルの時もあれば、長テーブルの時もありました。

あらかじめ座席は決まっており、名前バッチはパーティに出席中つけたまま。

ただ、トイレが会場の外にあるので、トイレの時は外さないとパーティ以外の方からジロジロみられることもあるので、注意が必要です。

司会の方の合図でスタートすると、最初は会場にいる方と1対1でのトークが始まります。

一人当たり3分ほどで自己紹介などを行い、合図があると次の方へと変わり、また自己紹介からスタートし、会場にいる異性の方とお話しを繰り返します。

全員の方と話をし終わると、今度はフリータイムに入ります。

フリータイムでは、自己紹介で感じが良かったなと思った方とゆっくり話が出来ます。

話をしていると、突然他の方が割り込んでこられたりすることもあったため、私は割り込まれた際の態度などを見て、印象が良かった方の態度の変化などもチェックしていました。

今まで温厚にしゃべっていたのに、割り込まれると中にはあからさまに相手に敵意むき出しにする方もいて、お付き合い前に本性が分かって良かったとホッとする場面もありました。

ほとんどのパーティでは楽しんで出席していましたが、一度だけ会場側の不手際で不快な思いをしたことがありました。

都内の有名なホテルレストランでのパーティでしたが、その会場の奥にトイレがあったようで、一般のお客様が通りかかり、とても不快な思いをしたことがあったのです。

その会場では一般のお客様とパーティ会場とがパーテーションでしっかり区切ってあったのようですが、どうやら奥にトイレがあったようで、トイレを利用しに通りかかった他の一般のお客様が、結婚相談所によるパーティだと分かると面白がって立ち止まって見にきたり、仲間を連れて何度も見にきたり、にやにや笑いながら見学している方などがいました。

すぐに会場の方が対処してくださると思っていたのに、実際に会場のかかりの方が来たのは40分ほど過ぎてからで、会場には結婚相談所の方が気が付かなかったのか、不在だったのか見当たらず、どうやら司会の方(外部の方)が気が付かれて会場の方へ伝えたようです。

あとから●●よりお詫びの連絡はありましたが…。

結局そのパーティは落ち着かず、相手も見つからずとても気分が悪かったのを覚えています。

その後、会場近くは一般のお客様は立ち入り禁止になったようで、一般のお客様は見かけなくなりました。

こういうこともあるのだと、参加する方は心に留めておいてもらえると良いかなと思います。

パーティなど参加してみないとわからないことも多かったため、●●で婚活をしたことは良い経験だったと思っています。

結婚相談所に入会する方は、明確に結婚したいかどうかを今一度自分に問…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】27歳【職業】会社員(大手金融機関勤務)
【活動期間】平成30年6月~平成31年6月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所に入会する方は、明確に結婚したいかどうかを今一度自分に問いかけてみると良いと思います。私のように中途半端にただ年齢的に焦っているだけの人は、高いお金を払って入会してみても本質的には意味がないと思います。自分の気持ちがわからない方は、無料の婚活アプリから始めてみて、真面目に活動できるかどうかで自分の結婚への気持ちを確かめてみるのが良いと思います。
【体験談】
私は元々そこまで結婚にこだわりを持っているわけではありませんでしたが、そろそろ30歳も近づいており、・・・・・
体験談のつづきを読む

私は元々そこまで結婚にこだわりを持っているわけではありませんでしたが、そろそろ30歳も近づいており、一度も結婚に向かって努力することなく年齢の節目を迎えてしまうことだけに焦りを感じていました。

私は高学歴(東京大学卒業、大学院卒)であり、勤め先も大手金融機関で年収も入社3年目で700万円を超えていました。

そのため、入会にあたって一番心配だったことは、相手のスペックよりも、私自身のスペックに引いてしまう男性が多いのではないかということでした。

しかし、相談員の方から「にこやかで優しい雰囲気だから、スペックではなく中身を見てくれる方が現れると思いますよ」との励ましをいただいたので、私は●●に入会をすることを決めました。

●●はまず、面談予約をして、面談時に簡易的なお相手検索というものができます。

自分の条件と相手の条件を入力して、お互いにニーズが合致する人がどの程度いるのかということをチェックできるシステムです。

例えば学歴や年収、離婚歴、喫煙、趣味などです。

先ほど書いた私の不安点については、面談で担当者の方に当然相談をし、ある程度絞った形で検索をかけてもらいました。

確か大卒、年収700万以上、身長170センチ以上、年齢10歳上まで、首都圏在住、離婚歴なし、喫煙なし、趣味ジャンルが比較的近い程度の縛りをかけたと思います。

一般的には上記条件を満たしている男性は世間的には高スペックな方とされているかと思いますが、それでも100人以上は合致する方が出てきたと思います。

入会を決めた私は、その場で●●内のシステムに入力するためのプロフィール作成も行いました。

相談員とは別の方が担当についてくださり、プロフィール内容についてどういった感じがウケが良いかを相談しながら作成しました。

ただし、これについてはあまり時間をかけずにぱっぱとやった感じだったと思います。

もちろんじっくりと熟考したい方は後で直すことができます。

面談当日については、その後独身証明書など必要な書類と提出方法を伺い、解散しました。

後日正式に必要書類を提出後、アプリを用いて本格的に活動を開始しました。

自分で興味のある対象の男性に対してメッセージを送ってアプローチする以外に、●●側で条件から相性が良いと判定されたお相手の紹介が月に2名ありました。

そのほか、毎月新しく入会した方の情報や婚活情報をまとめた雑誌が送られてきて、適宜必要な情報を見ながらアプローチしていく形になります。

私の場合は、メッセージ交換を10名程度、実際にお会いしたのが3名と、結果的に1年間の活動でほとんど有意義に時間を使えませんでした。

原因は私自身に起因することがほとんどです。

冒頭に書いたように、結婚すること自体に実際のところあまりこだわりがなく、必要がないと思っていたのだと思います。

メッセージ交換の段階で、話していて正直つまらないな、と感じることが多かったです。

よくあるケースかと思いますが、とにかくご飯の話しかしない方や、相槌を打つだけで自分から話題を提供しようとしてくれない方はやはりいました。

また、こちらからアプローチしてみて、写真を開示したタイミングでお断りされる経験などを繰り返していくうちに、心が疲弊して次第に活動から離れていっていきました。

元々●●の相談員の方は比較的ドライで放っておかれることが多いとのことでしたが、それでも月1度は必ず電話をいただいていました。

ほとんど活動をしていなかった時期については、電話もまともに出ずにメッセージに仕事が忙しく婚活に割ける時間がありません、と記載して終えていました。

自分の不甲斐なさが相まって、より活動から離れていってしまった形です。

しかし、お会いしてみた3名の方については、性格的に問題のありそうな方はいらっしゃいませんでした。

当初心配していた私の経歴に引いてしまう方についても、思ったよりもいませんでした。

経歴を知った上でお会いしてくださった方だけです。

●●で活動してみた結果、明確に結婚したいという願望がある方、比較的お相手のスペックを求める方は活動してみても良いと思いました。

自分が本当に結婚したいのかをよく考えて、まず金額の安いサービスから…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】30歳【職業】WEBデザイナー
【活動期間】平成30年1月~平成31年1月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
自分が本当に結婚したいのかをよく考えて、まず金額の安いサービスから利用することをおすすめします。 金額が高いサービスほど、男女ともに強烈な人が増えるイメージです。
【体験談】
私が●●という結婚相談所が主催するお見合いパーティーに参加したときの、そこそこ最低だった体験談です。・・・・・
体験談のつづきを読む

私が●●という結婚相談所が主催するお見合いパーティーに参加したときの、そこそこ最低だった体験談です。

参加費は女性でも3500円と、街コンの参加費が食事付きで2000円台が普通なのを考えるとお高めでした。

しかし、その分素敵な男性と出会えるのではと、私は期待をして参加を決意しました。

何と言っても、●●には10万円以上の入会費とまぁまぁお高い月額費用を支払っているのです。

追加で3500円も支払ったのなら、それなりの成果を得たいと思うのが人の心です。

実際、入会する際に●●主催のお見合いパーティーは成婚率が高いという話も伺っていました。

期待は膨らむばかりでした。

実に浅はかな考えだったなと、今なら思います。

場所は都内のオシャレな中華レストランでした。

30代がメインで、男女比は15対15。

男性はスーツの人が多く、圧倒的なメガネ率以外には特に目立った感じはありませんでした。

女性は黒い服の人が多かったですが、見た目は小綺麗で年相応という感じです。

男女ともに太っている人もあまりいませんでした。

ただ、街コンなら待機中も気さくに声をかけてくれる人がいたり、女性もフレンドリーにお話をしてくれたりするものなのですが、そういった雰囲気もなく、ちょっと声をかけてみても男女ともに返事があれば良いほうだといった感じ。

緊張しているのかみんな表情が暗く、嫌な予感がしました。

そんな不穏な中で始まった5分交代で男性が席を移動していくタイプのお見合いパーティーですが、予感は的中してしまったのです。

最初の男性は開始1分間完全に無言でした。

当たり障りのない挨拶をしても、「あ…え…」と意味をなさない反応を返してきたんです。

1分経つと、聞いたことには返事をしてくれるようになりましたが、正直地獄でした。

次からの人は流石に無言ではありませんでしたが、1人目でこれだったので気が滅入ってしまいました。

その後に話した人は、誤解のないように言っておくと普通の良い方が大半でしたが、気難しい人も中にはいました。

嫌だったのは、質問に質問を重ねてくる人や、なぜか嫌味っぽく話してくる人、それから質問に答えず「料理ができるかどうか」をひたすら尋問のように追求してくる人。

15人目のターンが終わる頃には、帰りたくて仕方がなくなっていました。

街コンのように自分語りや自慢話ばかりの人がいなかった分、こちらに手料理とか気遣いとかの優しさを求めてくる人が多かった印象です。

結婚となると、気になるのもわかりますが。

その日一番聞かれたのは「得意料理はなんですか?」でした。

こちらが料理をするかどうかも聞かずに当たり前のように聞いてくるので、女性のサンプルがお母さんしかないのだろうかと心配になりました。

もちろん異業種交流会だったら友達になれそうな人もいましたし、楽しくお話できた人もいました。

ただ、一部強烈な人が混じっていただけです。

お見合いパーティーの後は、強制的に分けられたグループでの食事会が始まりました。

どんな食事が出るのかと期待していましたが、出てきたのはお盆に載った餃子定食でした。

しかも、かなり冷めていて美味しくない。

食事会の空気も冷え切っていました。

量も多くないので、5分くらいで食べきった男性陣が会話を仕切り出したのですが、これがまた盛り上がらない。

自己紹介をしようというのですが、女性陣はまだ食事中です。

もぐもぐしながら頑張って相槌を打ちましたが、会話の内容が頭に入ってきません。

さらに、ちょっと良いなと思っていた営業職の男性が、有料の一杯500円のビールを注文して真っ赤な顔でゲラゲラと笑い出したのです。

大半の人はシラフなので目立っていました。

その段階で好感度が一気に下がりました。

同じ席のガリガリの男性が自分は毎日お弁当を持って会社へ行くのでとても健康であると自慢を始め、隣に座っていた看護師さんはとても優しく話を聞いてあげていました。

油断していたら、その看護師さんが私に同意を求めてきます。

曖昧に相手を褒めながら、私は早くこの地獄から抜け出してケーキでも食べたいなぁなんて思って過ごしていました。ごめんなさい。

あと、看護師さんって本当に優しいので同じ席に座ったらとても敵わないと思いました。

正直私も看護師さんと結婚したかったです。

このパーティーは、最後に連絡を取りたい人の名前を5名ずつ書いて係の人に渡し、マッチングすると後日、●●のサイトでやりとりができるようになる仕組みでした。

帰る際に連絡を取りたいと言ってくれた人がわかる直筆の紙を渡されたのですが、なんとその中に最初に1分間無言だったあの人から連絡くださいとメッセージがありました。

「楽しかったのでもっとお話したい」とのこと。

返事は送りませんでした。

あのお見合いパーティーの後、私はお見合いパーティーへ参加することがなくなりました。

たぶん、私の隣にいたあの優しい看護師さんみたいな人が成果を出せる場所なのだと思います。

優しさに自信がなく、得意料理も特にない私はあの戦場で戦うにはレベルが足りなかったのだと思います。

というか、結婚に向いていないと結論を出しました。以上です。

迷っているならすぐにでも結婚相談所への入会をお勧めします。 私は…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】28歳【職業】旅行会社
【活動期間】平成28年11月~平成30年11月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
迷っているならすぐにでも結婚相談所への入会をお勧めします。 私は最終的に3社の相談所にお世話になりましたが、それぞれ活動の仕方は違っていました。どのように出会いたいか、お金はどれくらいかけられるかなど人それぞれ婚活に対する思いは違うと思いますが、悩んでいるなら1歩を踏み出して欲しいと思います。
【体験談】
私が入会した結婚相談所は、会員一人につき必ず専任のコーディネーターがついてくれるところでした。 ・・・・・
体験談のつづきを読む

私が入会した結婚相談所は、会員一人につき必ず専任のコーディネーターがついてくれるところでした。

そして、毎月4名の方の写真付きプロフィールを郵送してもらい、是非直接会ってみたいとお互いの気持ちが一致した場合にお見合いの設定をしてもらえるというシステムになっていました。

結婚相談所に入会後、少しでも早く結婚したかった私は、毎週末のように紹介された男性とお会いしました。

ある日、待ち合わせ場所でお見合い相手を待っているもなかなかその人が現れない、ということがありました。

お見合いを続けていると、店の前で誰かと待ち合わせをしている人が友人や彼女を待っているのか、はたまたお見合い相手を待っているのか、大体想像がつくようになります。

その日もホテルの喫茶店の前で、私と同じようにお見合い相手を待っているような男性がいました。

少しぽっちゃりとした目の細い男性が、キョロキョロとまわりを確認しながら落ち着かない様子で誰かを待っています。

私が待ち合わせをしているのは細めの体型で目がぱっちりした方だったので「あ、あの人もお見合い相手を待っているんだな」と他人事のように見ていました。

その時は、まさかその人がお見合い相手だとは思いもしませんでした。

待ち合わせ時間が過ぎてもお互いの相手は一向に現れず、時間だけが過ぎていきます。

そんな時、先程の男性と目が合いました。

そして、彼はこちらに近づいてきたのです。

何度見返しても、私が紹介された方とは別人です。

するとその人が「こんにちは、◯◯さんですよね?」と話しかけて来たのです。

まさかと思いながらもお名前を確認すると、私のお見合い相手でした。

突然のことでびっくりし、言葉が出ない私…。

彼は、全くと言っていいほど顔が違ったのです。

よーくみるとなんとなく雰囲気は似てるかな?といったような感じで、本当に戸惑いました。

まずは喫茶店に入ったものの、お互いに気まずい雰囲気。

正気を取り戻し当たり障りのない話をするも、私の頭の中は騙された気持ちでいっぱいです。

写真のことを確認しようと思ったものの、別人過ぎて確認するのも怖いくらいでした。

きっと相手の方もそんな私の気持ちに気がついたのかもしれません。

30分もしないうちにお店を出て挨拶もほどほどにお別れをしました。

しばらく考えてやっぱりおかしいと思い、コーディネーターに連絡をしました。

写真とのギャップがありすぎること、今まで会った方は写真通りまではいかなくてもここまで違うのは初めてで混乱していることを伝えました。

決して安くないお金を毎月支払っていたため、コーディネーターを通してもこんなことがあるのかと正直びっくりしました。

そんな私の気持ちを聞いたコーディネーターはすぐに謝ってくださいましたが、写真とのギャップについてはある程度目を瞑ってほしいと言われてしまったのです。

もちろん顔だけで選んでいるわけではありません。

ただ、アプリなどで軽い気持ちで婚活をしているわけではなく、真剣に結婚相手を探している私には写真を加工して少しでも良く見せようとするその男性の考えが理解できなかったのです。

今は写真を簡単に加工して本来の自分の顔よりも見栄えがよくなるようにできてしまいますが、直接会ったらすぐにバレてしまうのに…と悶々としながら家に帰りました。

毎回お見合い後は相手の方ともう一度会いたいかどうかをコーディネーターにお伝えすることになっていましたが、私はすぐにお断りをして、次のお見合い相手に気持ちを切り替えました。

それ以降も10人以上の方とお見合いをしましたが、写真とのギャップが激しいのはこの時のみでした。

稀なことかもしれませんが、私と同じように、写真と実物が別人みたいだったということがあるかもしれませんので、これから婚活を考えている人には実際に体験した話として参考にしてもらいたいと思います。

向き不向きがあるので、入会して活動中に合わないと思ったらやめたらい…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】23歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年6月~平成31年1月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
向き不向きがあるので、入会して活動中に合わないと思ったらやめたらいいと思います。あまり深く考えず、とにかく入ってみるのは経験として良いと思います。
【体験談】
「早く子どもを産んで若いママになりたい」と以前から考えていた私は、23歳の時に●●に入会しました。 ・・・・・
体験談のつづきを読む

「早く子どもを産んで若いママになりたい」と以前から考えていた私は、23歳の時に●●に入会しました。

会社の人から●●の紹介を受けたことがきっかけです。

私の職場には、私と同じように職場の人からの紹介で入会、結婚している先輩がいたので、私にもできそうだと思い、入会を決めました。

入会当時私は23歳と若かったのですが、日常にあまり出会いがないこともあり、思い切って入会してみることにしたのです。

しかし、入会後●●主催のパーティーに参加して感じたことは、こんなことを言うのは失礼ですが、婚活パーティーに参加するのは変わった方ばかりなんだな、ということでした。

パーティー中、お酒の力に頼りすぎていて顔を真っ赤にしていてふらついている方や、そもそも服装が婚活に合っていない方、さらに話をしていてつまらない方などがいたのです。

私が1番つまらないと感じたのは、やはり仕事の話ばかりをされることでした。

私は金融系の会社で営業の仕事をしているのですが、それをお話しすると、自分も金融系で社長賞を取ったとか、大きな金額を達成したとか、自分の業績の自慢話をされることもありました。

また、プログラマーの方とお話しした時には、プログラミングの詳しい話をされ、まったく分からないどころか、その人の人柄もよくわからないまま終わった、ということがありました。

英語を使って仕事をされている方からは、私が英語は話せないと言うと、英語は勉強したほうがよい、これから会うときは英語で会話する?と、会う約束もしてないのに英会話を強要されたことも…。

やはり、相談所に頼らないと結婚できない方って、どこかに難ありな方ばかりなのかしら、と考えてしまいました。

そんな中、私はある男性とパーティーで話が合い、よかったら、とお誘いを受けたので、喜んでパーティー外でお会いすることになったのです。

行き先は、上野。

そのチョイスに、この人は私と話したことをちゃんと覚えていて、さらに相手の価値観に合わせることができる、ステキな方だと好印象を持ちました。

パーティーでお話しした時に、上野は美術館、博物館、動物園もあるし、アメ横をふらふらするのも楽しいので、好きな場所ですとお話ししていたからです。

当日、まずは上野公園内を散歩しました。

公園内にはたくさんの人がいました。

高齢の方や子どもたちが遊んでいるところを見ると、今後どんな人生を歩むんだろうと漠然とした話を私は彼にしていました。

ところが、私はのんびりした雰囲気が楽しかったのに、相手の男性は落ち着かない様子でキョロキョロしています。

私もなんとなくそわそわしてきたので、思い切って「上野にはよく来られるんですか?」と聞いてみました。

すると、「美術館や博物館がお好きだと聞いたので、上野とか好きそうだと思ってお誘いしましたが、僕自身上野には全く興味がない」ということでした。

なぜ興味がない場所に誘ったのでしょうか!

その方は、相手の価値観に合わせるあまり、自分を殺していたのです。

相手に合わせすぎて疲れて、相手に不快な思いをさせているのでは本末転倒ではないでしょうか!

私は本当にいらいらしてしまい、トイレで少し自分の気持ちを落ち着かせましたが、やはり顔を見るともう一緒に居たくないと思いました。

彼にここまで合わせられてしまうと、かえって私が気を遣って疲れてしまいます。

そこで、「今日は体調が優れないので、申し訳ないのですが帰ります」と言ってそっとその場を離れました。

彼とはこれきりになりました。

結婚相談所はたくさんの人と出会える場所だし、ここで出会えなければ、私に難があるのではないか、私はもう結婚できないのではないかと思うことが何度もありました。

特に、いいなと思った人、どんな人か知りたいなと思った人が自分の想像と違うと、ショックの気持ちはとても大きいものでした。

結局そのような気持ちになってしまうのが辛くて、お付き合いする相手も見つからないまま私は●●を退会してしまいました。

結婚相談所の婚活の場合、間違いなく数十万円という大金がかかるので、…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】40歳【職業】製造業 (営業職)
【活動期間】平成29年6月~平成30年8月
【退会理由】中途退会(金銭的困窮と理想の女性と出会えなかった為)
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所の婚活の場合、間違いなく数十万円という大金がかかるので、余裕を見て最低でも50万円以上は軍資金を用意しておいたほうが良いです。お金に余裕がないと、私みたいに金銭的困窮に陥り利用継続が厳しくなり、結婚どころか恋人関係にもなれずムダ金を使うだけという悲惨な結果になります。なので、相談所を利用する前に必ずお金をある程度貯めておきましょう!
【体験談】
年齢的にもそろそろ結婚をして自分の家庭を持たないとマズイかなと思ったことが、婚活を始めたキッカケです・・・・・
体験談のつづきを読む

年齢的にもそろそろ結婚をして自分の家庭を持たないとマズイかなと思ったことが、婚活を始めたキッカケです。

そう思った理由は、知人や友人達は皆自分の家庭を持ち幸せそうに暮らしていたからです。

それから、親に孫の顔を見せて親孝行をしたいと思ったことも、婚活を始めようと思った理由のひとつです。

そんなことで●●を利用したのですが、入会してみると入会金税込165000、登録料30000円、活動サポート料135000円…という料金がいきなりかかりました。

しかも、月会費として月々15000円がかかり、内心言葉が悪いですが正直ぼったくりでは?というのが第一印象でした。

入会すると、はじめに担当スタッフから軽いヒアリングを受けました。

私の職業や職種、年収や趣味、それから女性のタイプ等を聞かれたのですが、これは、それらをデータ化して、女性たちのデータと照合してマッチするかを見極める為らしいです。

私は嘘偽り無く正直にヒアリングに対応しました。

一通り終えると、担当者から「それでは数日中にマッチするお相手がいるかの連絡をしますので」と言われ、私は自宅に帰りました。

数日後、早速マッチするお相手が見つかったと●●から連絡がきました。

「都合の良い日にちに一度お相手とお会いしませんか?」とのことだったので、私はとりあえずどういう方か写真を見たいと伝えると、●●の方がお相手の顔写真をメールで送信してくれました。

その女性の第一印象は、至って普通の外見で、地味でも派手でもないという感じ。

私のタイプとマッチしていたため、その方とお会いしたい旨と日時を告げ、私は当日女性と都内の飲食店でお会いしました。

外見はタイプでしたが、会話をしてみると徐々にクセがある人だなと感じてきました。

なぜなら、その女性、やたらと私の勤め先の会社のことや収入のこと、それから私の個人情報について聞いてきたのです。

「勤め先の会社は創業何年ですか?」「株式会社ですか?」「収入はこの先どの程度までアップしますか?」「自宅は一戸建てを購入する予定はありますか?」等…、本当に正直ウンザリ感が溜まってしまいました。

そのため、私はこの女性は無理だと思い面談は終了しました。

すると、更に数日後に担当者から「マッチした女性が見つかったので面談しませんか?」と連絡が来ました。

2人目の方は、年齢が34歳で外見は細身で美形の顔立ちで本当にタイプの方でした。

職業は証券会社に勤めるOLということでした。

1人目の方は年齢が39歳でしたから、私からすると若ければ若いほど良いと思っていたので、張り切って面談に行きました。

実際にお会いしてみると、写真よりも綺麗な方で私は内心この人と交際して結婚をしたいなと思っていました。

しかし、実際にお話をしてみるとやはり会話の内容は職業・職種・年収・家・車のことなど…。

もちろん、結婚する上で男性の職業や収入等は大切なことだとは分かっていますが、面談を始めた途端にいきなりその内容ですか?という感じになり、私はテンションが下がってしまいました。

私は普通に趣味の話や好きな旅行先等の話をして楽しく会話をしたいと思っていたので、内心結婚相談所を利用している女性は皆頭の中はお金と家だけなのか?と本当に疑ってしまいました。

タイプの女性だったので我慢して面談を続けていきましたが、その女性のある一言で面談を終了しました。

そのある一言というのは、「幼少期から成人になるまでの家庭環境があまり良くないんですね。お父様は自営業でお母様はパート、自宅も持ち家でない…。あまり贅沢はさせてもらえなかったのでは?」と、私だけではなく私の親までもバカにするような見下した言い方をしてきたのです。

私はさすがにもう面談は結構ですので失礼します!と怒って帰りました。

その後も多数の女性と面談をしましたが、タイプの方ばかりでしたがやはり会話は職業や年収のことばかりで、全く満足いく出会いはありませんでした。

「職業や年収を気にしない女性を探してください」と担当者にお願いすると、紹介されたのは体重90キロはあるであろう巨漢の女性でした。

もちろん写真を見た瞬間お断りしましたが、この時既に●●を利用して1年数ヶ月経過していて、利用料金は合計で50万円以上かかっていました。

私はこのままでは貯金は一切出来ずそれどころかお金が減る一方だと思い、●●を退会する決断をしました。

結局1年数ヶ月の間無駄なお金を使っただけになり、本当に後悔しました。

現在は結婚に対して興味が無くなり、婚活は一切していません。

というか、女性は結局お金と家が一番重要なのだなと思ったので、私は一生独身で良いかなと考え方が変わってきています。

まずはいくつかの結婚相談所に足を運んで、スタッフの雰囲気や相性をみ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】22歳【職業】ライター
【活動期間】平成30年3月~平成31年2月
【退会理由】結婚相談所以外での出会いがあったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
まずはいくつかの結婚相談所に足を運んで、スタッフの雰囲気や相性をみてみるのが良いと思います。 大手は登録者数が多いので、その分チャンスも増えますね。
【体験談】
私は、●●に入会した直後は引く手数多というか、かなり多くの男性からデートを申し込まれていました。 ・・・・・
体験談のつづきを読む

私は、●●に入会した直後は引く手数多というか、かなり多くの男性からデートを申し込まれていました。

最初の1ヶ月で10人近くと会ったと思います。

実際にデートに行ったのは7人ほどです。

その中の1人、Rさんと仲良くなりました。

Rさんは積極的な方で、40代とは思えないほど童顔で、スポーツをやっていることもあり爽やかで、最初から好印象でした。

なぜ40代になっても独身でいるのかわからないほど、容姿も良くて女性の扱いもスマートでした。

ですが、2回目のデートの約束をした時に、「母を連れてきていいか」と聞かれたのです。

「あ、これが結婚できない理由かあ」と悟りました。

母親が過保護で、学生の時からデートについてくるそうです。

それが40代まで続いているのが結婚できない理由だと、Rさんは何度も母親に言ったらしいのですが、母親が経営する会社で仕事をしているため、頭が上がらないとか。

困り果てているRさんが気の毒に見えて、私はデートにお母さんを連れてくることを承諾しました。

数日後、RさんとRさんの母親、私の3人でホテルのラウンジでお茶をしました。

Rさんのお母さんは、化粧品の会社を経営していると言っていました。

実際に会ってみると、彼の母親は上品でお洒落な方でした。

デートに乗り込んできたことを丁寧に詫びられた時は、イメージしていた人物像とギャップがありすぎて困惑しました。

しかも、博識で話題が尽きず、話し方も上手ですっかり引き込まれてしまいました。

私が22歳で婚活していることや、Rさんとの年の差についても、理解を示してくれました。

Rさんのお母さんは、10代で未婚の母となり、生まれつきアレルギーがあって体が弱かったRさんを女手一つで育ててきたそうです。

正直、Rさんとの会話より遥かに楽しい時間を過ごしました。

二人の生い立ちを聞いている時などは、涙を堪えきれませんでした。

そういうわけで、Rさんのお母さん、Yさんと私はすっかり仲良くなってしまい、Rさん抜きで会うこともしばしばありました。

Rさんは他に気になる女性ができたようで、私とは会わなくなっていましたし、私も婚活を続けていました。

そんな中、私は大学卒業を間近に控え、就職先が決まらず困り果てていました。

Yさんに相談したところ、「じゃあ私の会社で働けばいいじゃない!」と明るく提案してくれました。

息子の婚活相手を快く受け入れるその度量、そして私のことを信頼してくれる優しさに惹かれて、Yさんの会社に就職を決めました。

親戚や両親からは反対されましたが、楽しく仕事もできました。

Rさんも同じ会社で働いているので、毎日顔を合わせることになりましたが、Rさんもあっけらかんとした人なので、他の従業員と同じように接してくれました。

私が就職してからも、Rさんは複数の結婚相談所に登録し、婚活を続けていたようです。

そしてYさんもデートについていくスタイルは曲げなかったようです。

そんなわけでRさんは、うまくいかないことのほうが多かったようですが、二人とも私に結婚してくれとほのめかすこともしなかったのは、ありがたいなと思います。

単に私に、女としての魅力がなかったのだとは思いますけれど。

私ものんびり婚活パーティに参加したり、お見合いをセッティングしてもらったりしていたのですが、知人に紹介された男性に交際を申し込まれたことをきっかけに、●●を退会しました。

正直にRさんとYさんにそのことを報告したのですが、二人ともとても喜んでくれました。

Yさんは行きつけのフレンチで御馳走してくれました。

デート先に母親がついてくる、という話は、笑い話やありえない話として語られますが、私の場合、とてもいい運に恵まれたなあと感謝しています。

コロナ不況で事業を小さくするしかなくなってしまい、私は円満に退職しましたが、いまだに二人とは連絡を取り合って、この危機を乗り切ろうねと話しています。

最初から本気で登録するよりは、お試しや軽く相手を探してみる場所、と…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】28歳【職業】会社員
【活動期間】平成26年5月~平成29年10月
【退会理由】相談所以外で出会いがあったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
最初から本気で登録するよりは、お試しや軽く相手を探してみる場所、と思ったほうがいいです。 婚活パーティーは相手を見つける為の場所というよりも、相手に挨拶をする場所といった程度です。相手のことを知ることができるのはその後、相手のことはゆっくりと見定めて、と思っていたほうがいいと思います。
【体験談】
私は●●からの紹介で複数の男性と直接2人でお会いしてきました。 そこで思ったことは、「最初に見・・・・・
体験談のつづきを読む

私は●●からの紹介で複数の男性と直接2人でお会いしてきました。

そこで思ったことは、「最初に見聞きした相手のプロフィールや最初に持った印象だけでは判断しないほうがいい」ということでした。
 
そう思った理由は、「確かにウソや間違いではないのだけど、そんな理由や事情に付き合わされるのは話が違うのではないのだろうか」とか「この人は自分との結婚に何を求めているのか」とか「それは私が付き合いきれるものではないので、最初からの条件として断っていたはずなのに」など、戸惑ったり困ってしまったりしたことがあったからです。

私の想定が甘かった、相手への期待が大きすぎた、私からの条件が面相くさかった、と言われればそこまでの話かもしれません。

ですが、それをもってしても「こんな事もある、こんな人もいるんだなぁ」と苦笑することも確かにあったのです。

例として、私が実際にお会いした2人の男性のことを書いていきます。

一番苦笑した思い出がある方は、「(相手の希望を要約すると)休日に世話をしてくれる愛人を探している」という方です。

初めの頃はそんな素振りも話もなかったのですが、何度か2人で会った後に「出会い系でも探しているけど、割り切った関係を望むイイ感じの子は見つからない。顔や性格を簡単に確かめやすい婚活パーティのほうが効率も実りもいい。君、相手を探しているなら、自分はあれこれと縛り付けたりしないからどう?中々いい条件だと思うんだけど」と言われたのです。

とりあえず軽く受け流しはしましたが、正直「え?いや、結婚相談所なんだし結婚相手を探しているんじゃないんですか?」と私はそのとき思いました。

まぁ、次の機会に同じ話をされた時には軽く「とりあえず休日だけの事実婚から始めないか」と言われ、話がソフトになっていましたが。

事実婚と世話するだけの愛人は違うと思うのは、その人の話を聞いていてひしひしと感じました。

先に本音を聞かされていた手前、白々しい印象が消えなくなってしまっていたことと、事実婚は私の条件には合わなかったので数回会ううちにフェードアウトして、その方はお断りしました。
 
世の中でいう“事実婚”とはそういう考え方も含まれるんだ、言葉の意味は深いんだなぁ、と考えさせられた方でもありました。

登録している人の中では色々な事情もあるし、思惑もあるのだから、条件はしっかりと確認する、してもらうのは大事なことです。

とりあえず私はそれ以降、「事実婚は希望しません」としっかりと意思表示するようにしていました。

2人目の方は、苦笑もしたのですが価値観の違い方を感じた記憶が強い方です。

その方はプロフィールで「(要約すると)自分の思いと人生を添い遂げてくれる人を希望している。それ以外は相手の方の条件に任せるし、合わせる」といった方で、婚活パーティでお話ししただけです。

ぱっと見たときの印象では「宗教関係で何かあるか、愛が重いといわれるタイプの方なのだろうか?」と思ったのですが、単純に面白そうな印象を持ったので興味本位でお話をしました。

本気で結婚したい方を探しているのなら申し訳ないとも思ったのですが、興味と好奇心には勝てませんでした。

お話ししてみると、特に面倒くささも重さも何もなく、普通の方でした。

宗教関係の話題もいくつか話してみたのですが、そういった地雷もありそうな反応でもなく、さらっと会話ができました。

束縛したいとか支配欲が強いとかの印象もなかったです。

ただし、「親と祖父母との同居」が自分からのお願いしたい点である、とのことでした。

話しながら「それは条件じゃないんですかね?女側にはとても重要な条件なのですが?それ、お願いという名の強制になるやつですよね?」と内心でツッコんでしまいました。

そのこと以外は本当に普通の方といった印象で、冷やかし半分で話して(正直、自分が助かって)良かったと感じながらそのパーティを過ごしました。

その男性にとっては家族である親や祖父母との同居は当たり前で、条件などではない“常識”なのだということだったのでしょうか。

それとも本当に「お願い」程度の、軽い希望だったのでしょうか。

ですが、嫁いでいく側からしてみれば、見知らぬ他人のグループに一人放り込まれることになるわけで…中々重要な事柄だと私は思うんです。

結婚相談所の方もそれは承知していただいてくださっているはずなのに、なぜプロフィールや結婚条件に書かれていなかったのか不思議でした。

もしかしたら同居希望を最初から出していると断られやすいなどの、その男性なりの理由があったのかもしれません。

ですが、その「大事な部分」の価値観の違いってとても大きなことであり、それを「大事な部分である」と認識していないのは、相手としては色々と困ることが多そうだなぁと感じた方でした。

上記に書いてきた二人の男性は婚活相手の例としては別になんてことのないかもしれませんが、お二方とも、私には印象深い方でした。

それと共に、「相手とはよくよく話をして、相手を知り、理解することが本当に大事なことである。相手が仕掛けている落とし穴に落ちてはいけない」と学ばせていただいた方たちでした。

とにかくまず行動してみることが大切です。世の中の半分は「異性」なの…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】36歳【職業】自営業
【活動期間】平成27年5月~平成27年12月
【退会理由】結婚相談所での結婚(成婚退会)
【これから婚活をする人へのアドバイス】
とにかくまず行動してみることが大切です。世の中の半分は「異性」なのですから、行動すれば可能性は0ではありません。厳しい境遇の人も、あきらめなければ私のような奇跡を起こすことができるかもしれません。
【体験談】
非常に条件が悪く、その中でほぼ「特例」として入会した私でしたので、婚活は苦労の連続でした。 ま・・・・・
体験談のつづきを読む

非常に条件が悪く、その中でほぼ「特例」として入会した私でしたので、婚活は苦労の連続でした。

まず、お相手女性からの申し込みは最後までありませんでした。

お見合いは全て私のほうから申し込んだ人のみでした。

●●では毎月、担当カウンセラーの人と面談があるのですが、私はあえて厳しめの指導をしてくれるベテラン女性に担当をお願いしました。

その人の経験と厳しい指摘がないと、私は結婚できないと考えたからです。

ですので、カウンセラーさんとの面談では非常に耳が痛い指導ばかりを聞くことになりました。

あるとき、私は無意識のうちに「美人」「可愛い」女性ばかりに申し込んでいたようで、「あなたのスペックでこんな人とマッチングできるはずがない。無駄なことはやめろ」という指摘を受けました。

さらに、「あなたはあらゆる女性への条件を取り下げて、まず会ってくれる人を選ぶべき」とも言われてしまいました。

その「会ってくれる人」とは具体的にどういう女性かといいますと…

・外見があまりよくない人(要はブ〇イク)
・障害者
・離婚歴あり
・シングルマザー
・10歳程度年上(子供は産めなさそうな人)
・新興宗教信者
・訳あり(一家離散等)

など。

ほかの男性は申し込みしないような女性であればライバルが少ないから、自分とマッチングする可能性があるかもしれないということでした。

自分の市場価値はそこまで下がっているのかと愕然としました。

実は私は、うつ病になる前の20代の時に別の結婚相談所でも婚活をしていて、その時はそこそこ有名企業のちゃんとした女性からの申し込みもあったからです(その時は私がうつ病になり、活動を継続不可能になって退会となりました)。

下がりきった自分の市場価値をまず受容して、結婚するということを第一に考え、結婚相談所の代表と担当カウンセラーの指示を仰ぎながら婚活を進めていきました(繰り返しますが、女性からの申し込みは最後まで1件もありませんでした)。

上記の「訳あり」の女性を自分で選んで、積極的に申し込みをしていったのです。

それでも10人に1人OKをもらえれば良いほうで、誰ともお見合いが成立しない月もありました。

結局お見合いできたのは、下記の特徴を持つ女性たちでした。

・うつ病で休職を繰り返している人(精神障害者)
・視覚障害を持つ6歳年上の人
・家事手伝い×2名
・社会的に問題となっている新興宗教の信者
・新興宗教の信者でお見合い時にマルチ商法の売り込みをしてきた人
・めちゃくちゃ外見が悪いピアノ講師
・本人は普通の会社員だが、その人の親兄弟が皆自殺したという人
・妻(訳ありではない女性です)

どの女性もなかなか壮絶な方ばかりでした。

詳細は書けませんが、特にマルチ商法の売り込みをしてきた人には驚きました。

マッチングアプリであればそういう人も紛れ込んでいると聞いていましたが、住民票や社員証を提出させる結婚相談所でそんなことをしてくる人がいるとは思わなかったからです。

その人は「宗教の方は『得度』をした」(得度って出家ですよね)、「新しい生き方としてネットワークビジネスは素晴らしいと思う」等と、完全に何かにとりつかれていると感じ、そういう人とのお見合いは私にとって大きなショックとなりました。

これまでに会うことのなかった女性たちとお見合いした結果、最終的に私と結婚してくれた妻は特に訳ありではない人でした。

ただ、仕事が「訳あり」の子供を収容する児童養護施設の職員であるとのこと。

そこで数々の不幸な事例を見てきたため、私の障害や仕事についてはあまり気にならなかったそうです(彼女にとっては私の境遇は訳ありでも不幸でもなかったらしい)。

理解してくれる今の妻と●●を介して縁ができ、結婚できた私は本当にラッキーだと思います。

彼女と交際をスタートさせてから1か月半後には告白(真剣交際)、そこからはとんとん拍子で進み、お互いの両親への挨拶、そして11月にプロポーズをして12月に成婚退会できたのです。

5月婚活開始、7月妻と出会い、12月退会でした。

結婚相談所代表からは「奇跡だ」と言われました。

分の悪い賭けでしたが、その賭けに勝った婚活でした。

オンラインの結婚情報サービスの場合は、良くも悪くもデータが全てなの…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】43歳【職業】自営業
【活動期間】平成23年6月~平成23年12月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
オンラインの結婚情報サービスの場合は、良くも悪くもデータが全てなので、登録会員の個人のプロフィールデータに信頼性が担保されているところを選ぶことを強くお勧めします。
【体験談】
●●は、入会時の独自の詳細な性格分析プログラムを元にした精度の高いデータマッチングシステムが売りのオ・・・・・
体験談のつづきを読む

●●は、入会時の独自の詳細な性格分析プログラムを元にした精度の高いデータマッチングシステムが売りのオンラインサービスであり、また、雑誌やメディアでも紹介されている結婚相談所でした。

価格も安いしネット上での評判も良いので、軽い気持ちで入会しました。

契約を結び、良く当たると評判の性格分析を受け結果を見ましたが、評判通り自分の性格をズバズバ当てられていて、これなら信頼できるとひとまず安心していました。

●●では、自分で登録女性を検索するのとは別に、データでマッチングしたおすすめの相手を月2回紹介してくれるシステムだったので、期待に胸を膨らませて待っていました。

当時私は40代前半であまり高望みはできないこともあり、データマッチングでなるべく多くの女性がヒットするよう、希望の女性の条件を20代から同世代の40代までOKという広めの条件で設定してマッチングを待ちました。

しばらくして最初のデータマッチした3人の女性が送られてきました。

20代の女性と30代の女性でしたが、顔が好みじゃなかったため「まだ活動を始めたところだし」と思い、スルーすることに。

その次の通知も同じ様な内容でした。

月が変わり2回目の通知が来たので確認してみると、今度は2人の女性が紹介されました。

年齢を見ると2人とも34歳でした。

「へぇ、たまたま同じ年齢の女性がヒットしたんだ」と思いましたが、条件面が合わなかったので今度もスルー。

まだまだ入会したばかり、できれば20代を希望していた私は、とりあえず次の女性を待つことにしました。

異変が起きたのはそれからでした。

それ以降、月2回結婚相談所から紹介してくる女性がなぜか全員34歳ばかりになったのです。

理由はわからないのですが、なぜか紹介される女性の年齢が全員揃いも揃って34歳ばっかりなんです。

20代の女性なんて一人もいないし、かと言って40代もいませんでした。

また、30代でも34歳以外の年齢が一人もいないんです。

自分で原因を色々考えてみましたが、理由がさっぱりわかりません。

こういう状態が数ヶ月続いたある日、さすがにこれはおかしいと思ったので、●●に問い合わせてみました。

すると、「データマッチングでコンピュータが自動的に選んでいるので全くの偶然」との回答が。

それでも、「過去にマッチした女性の約9割が34歳なのは絶対に不自然だ」としつこく言うと、「じゃあ設定を調整してみます」と返ってきました。

これでやっと違う結果がもらえると楽しみにしていた女性の紹介通知が来ました。

確認してみたら、20代と40代の2人の女性が紹介されてきました。

その2人は、ちょっとタイプではなかったのでスルーしたものの、あぁ、やっとこれで普通に女性を紹介してもらえると思って一安心。

次回に期待が膨らみます。

月が変わって、また紹介通知がきました。

楽しみにメールを確認して驚愕しました。

なんと、紹介された女性2人とも年齢が34歳だったのです。

まさか!と愕然としました。

でも、その時は偶然だと思い込み、一旦スルーすることにしました。

がしかし、その次の紹介メールで期待は脆くも打ち砕かれました。

やっぱり、紹介されて来た女性の年齢は34歳だったのです…。

私が速攻で退会したのは言うまでもありません。

退会した後で冷静になって考えてみたのですが、婚活市場では女性は35歳になると急激に人気がなくなると言われているので、もしかすると相当数の35歳以上の女性が34歳と偽って登録しているんじゃないかと思いました。

だから、やたらと34歳という婚活可能なギリギリの年齢の女性がヒットしたんじゃないかと。

真相はわかりませんが。

まあ、いずれにしろ、オカルトな体験でした。

もう2度と●●を利用するつもりはありません。

自分がどのような出会いを求めているのか、考えて相談所を選ぶといいと…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年10月~平成31年3月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
自分がどのような出会いを求めているのか、考えて相談所を選ぶといいと思います。無料相談などもあるので、何件か足を運んでみてください。婚活は気力のいる活動だと思いますが、未来を見据えて頑張ってください。
【体験談】
私は、周りがどんどん結婚をしていく中、取り残されまいと藁にも縋る思いで婚活を始めました。 自分・・・・・
体験談のつづきを読む

私は、周りがどんどん結婚をしていく中、取り残されまいと藁にも縋る思いで婚活を始めました。

自分なりに色々とやってみたのですが、あまり上手く行きませんでした。

そんな時、Web広告で●●という結婚相談所を知った私は、結婚相談所ならもしかしてと思って入会して活動を始めることにしました。

何人目かにお会いした男性がとても印象深かったので、今回はその方の話をしたいと思います。

その方とお会いしたのは喫茶店で、互いにコーヒーを飲みながらお話をしました。

相手の方は公務員をされているらしく、真面目で誠実そうな印象がありました。

とても良い出会いだと感じた私。

話す内容は、何年勤めているかとか、どんな仕事内容かとかなど主に仕事のことばかりでしたが、相手の方に好印象を抱いていた私は、その方から2回目のお誘いをいただけたのでとても嬉しく思いました。

2回目も喫茶店でしたが、前回と違い少しラフな雰囲気でした。

その方とお会いするのは2回目ですから、そんなに緊張せずに話が弾みました。

お相手に対する好印象が崩れたのは、食事について話していた時です。

ありきたりな内容ですが、自炊をするかという話になりました。

私は人並みに料理はしますし、作るのは好きなほうです。

相手の方は全く自炊をされないということでした。

自炊をしない、苦手という男性が多くいることは知っていますし、一人暮らしの男性ならよくあることだと思っています。

しかし、彼はかなりの偏食で、昼ごはんには焼き芋しか食べないとのこと。

毎日職場近くのスーパーで焼き芋を1、2本買って食べているようです。

その理由は、体を鍛えているからだと話していました。

普段からバランスのいい食事を心がけている私にとっては驚きしかありません。

40代の男性が昼ごはんに焼き芋だけを食べている光景を想像したら、何とも悲しい気持ちにさせられます。

晩ごはんは何を食べているのか尋ねたら、職場近くの居酒屋でお酒を飲みながらモツ煮を食べると言っていました。

そのアンバランスさに、私はまた驚きを隠せませんでした。

聞けば、毎日居酒屋に通っているとのことで、彼はお酒が大好きなようでした。

その日も帰り際に一緒に飲みに行きましょうと誘われましたが、丁重にお断りさせていただきました。

焼き芋やお酒を飲むことはいけないことではありませんが、食事のバランスが悪い方とは一緒に暮らすことは難しいだろうと私は思ったのです。

性格の相性も大切ですが、食の好みも大切です。

相手の方には決まった食事のルーティーンがあり、ずっとそのルーティーンで生きてきて、今後も変えることはないと話されており、私は相手に合わせることが困難であると認識しました。

今までは相手に変わった癖があったとしても、寄り添えると思っていましたが、「結婚相談所での婚活」と考えた時、自分を抑えてまで我慢することはないと改めて感じました。

互いの歩み寄りがない関係はすぐにダメになるものですよね。

その後はアドバイザーの方に全てをお話しし、交際はお断りさせていただきました。

結婚相談所を介したお見合いのいいところは、アドバイザーの方が介入してくれるところだと、この件で心から思いました。

アドバイザーの方にも衣食住の好みが合わないのに、無理に相手に合わせると後々辛い思いをするのは私のほうだと言われたことが、今も心に残っています。

この体験から、私はお相手の好みと自分の好みが同じであるかを重視するようになりました。

結婚したら長い年月を共に過ごすようになるのですから、好みは似ているほうがいいです。

自分だけが我慢を強いられる生活だと、その後の離婚まで見えてきてしまいます。

食の好みは些細なことかもしれませんが、感情のすれ違いはこのような些細な出来事から始まるんだと思います。

私の何気ない体験談ではありますが、読んだ人の心に少しでも残り、成婚に向かってもらえたら嬉しく思います。

自分で活動したい人、財布に余裕がない人は、インターネットですべて完…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】会社員
【活動期間】平成27年9月~平成28年6月
【退会理由】成婚退会(実際には成婚していない)
【これから婚活をする人へのアドバイス】
自分で活動したい人、財布に余裕がない人は、インターネットですべて完結する結婚相談所がコストパフォーマンス他の部分で圧倒的に良いと感じます。後発の相談所ほどその傾向があると思います(体験談に書いた●●のほかに3つ相談所を使用したので、間違ってはいないと思う)。財布に余裕がある人、コーディネーターがついてあれこれ相談したい人には昔ながらの結婚相談所での活動はお勧め。
【体験談】
●●は、コーディネーターがある意味つきっきりで世話してくれること、また、入会の際に収入証明書など各種・・・・・
体験談のつづきを読む

●●は、コーディネーターがある意味つきっきりで世話してくれること、また、入会の際に収入証明書など各種書類を提出しなければならないことから、登録している人たちの身分が比較的しっかりしていることが特徴です。

(自分は男性だが、女性は短大卒以上で収入ある方が条件、男性は名の知れている四大卒で正社員が条件だったと記憶しています)

そのため、住所や収入といった面だけでなく、コーディネーターの主観で自分に合いそうな相手を探して紹介してくれたり、結果を振り返って「ここをこうしたほうがよい」とアドバイスや提案をしてくれたり、お相手との最初の面談時(あくまで同社のオフィスのラウンジに限るが)にコーディネーターがついて話を進めてくれたりします。

財布に余裕がある人、またすべて受け身の人や婚活が初めての人にはお勧めだと思います。

特に、最初の面談時にコーディネーターがつくと、話のきっかけを探りながら作ってくれるので、沈黙にならないし、必要以上に気負う必要がない点が良いなと感じました。

全体として、●●は昔ながらの結婚相談所って感じだなと思いました。

反面、やり取りはすべてがtelであり、そのため何度か平日の昼休みに会社から電話したこともしばしばあり、その点は正直手間だと感じました。

また、総じて会費も高く(自分は見合い料・成婚料不要だったが30万払った)、各種自己啓発セミナーやお見合いパーティーもあったが、参加費も1回でウン万単位と高額でした。

さらに、同社ラウンジ以外で会う場合、指定されるのがだいたいホテルのコーヒーラウンジであり、必然的にお茶をするのもホテル価格のコーヒーなどを2杯(お相手の女性の分と自分の分)頼むことになるため、正直、財布面はきつかった…。

(同社ラウンジで面談の際は当然費用がかからないのでありがたかったが、必ずそこで面談を行えるわけではなく、女性の希望が比較的優先されていたと感じました)

そのため、自分で進めたい人、婚活に費用をかけたくない人にはお勧めできないかなと思います。

自分の場合、●●を介して10数人と会いましたが、必ずしもマッチングがうまくいったわけではありませんでした。

それなりにしっかりした女性が多かったが、その分彼女たちの求めるものは高く、なかなか真剣交際に至らなかったのです。

(1人だけ、面談中に鼻をほじる人がいたのが印象的でした…)

面談の際にも、アイロンを効かせたシャツにスーツを着用していくことが多く、かつ前述のようにコーヒー代もかかり、また当時住んでいた千葉市内から新宿近辺へ出なければならないため時間も取られ(東京駅近辺の場合もありましたが)、1日1件会うのが精一杯でした。

10月に入会し、2月から真剣交際になった方がいました(真面目そうな方で、何度か会ううちに意気投合したため)。

真剣交際になってしばらくすると(6月頃だったと思います)●●から成婚退会を勧められました。

別の相談所でも同様に、真剣交際してしばらくした頃に成婚退会を勧めらたことがあったものの、その際は相談所に在籍したまま「休会」という状態にできていたため、結果として婚約に至らず破局した時にスムーズに活動再開できたのだが、●●は「休会」という制度がなく、真剣交際後の選択肢は成婚退会のみでした。

当時は、そのお相手と結婚するつもりでいたため問題はなかったのですが、結果として相手の親に正式に挨拶したものの、残念ながら結婚には至りませんでした。

そのため、成婚していないが、●●での活動としては成婚したことになっています。

こういうケースもあるので、相談所が提示している「成婚退会数」ってあてにならないんじゃないか? と思ったものです。

ある程度のまとまったお金を用意してから婚活を始めること、また、諦め…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】20歳【職業】会社員
【活動期間】平成17年6月~平成18年6月
【退会理由】相談所外で恋人ができた
【これから婚活をする人へのアドバイス】
ある程度のまとまったお金を用意してから婚活を始めること、また、諦めずに何人もアタックしたほうが良いと思います。
【体験談】
●●に入会した当時、私は20歳でした。 上京したばかりで右も左も分からず、友達も仲間も誰もいま・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に入会した当時、私は20歳でした。

上京したばかりで右も左も分からず、友達も仲間も誰もいませんでした。

初めての上京、初めての寮生活(しかも3人同じ部屋)、初めての社会人。

私はストレスと疲労で、あっという間にホームシックになってしまいました。

とにかく寂しくて寂しくて、恋人が欲しいという気持ちを飛び越え、とにかく早く結婚して家庭を持ち、寂しさを埋めたいと考えるようになりました。

しかし恋人もいないのに結婚するなんて、そんな方法あるわけないよなぁ、どうしようかな…と、そんな気持ちの中、電車に乗っていると、ある結婚相談所の広告が目に入りました。

結婚のことで頭が一杯だった私は「これだ!」と思い、早速その相談所、●●に電話してみることにしました。

電話の内容はあまり覚えていませんが、少し話した後、「直接お越しいただき、お話をしましょう」と言われたので、後日訪ねてみることにしました。

●●に着くと、すぐに担当者のところに案内されました。

担当者は30代~40代くらいで女性でした。

てっきり個室で話すのかと思っていましたが、広い部屋に仕切り板が何枚もあり、その中で話しました。

他の相談者の顔は見えませんが、声が届いてきたのはよく覚えています。

私が相談に行った時は、40代~50代くらいの男性の相談者の叫び声が響き渡っていました。

失礼な話ですが、私も結婚相談所に登録する方の多くは年配の方が多く、若い方は少ないだろうと思っていたため、「若い女性って少ないですよね?」と、担当者に素直に聞いてみました。

すると、担当者は「そんなことありませんよ、若くて綺麗な方が沢山登録されていますよ」と言って、サンプル写真を何枚か見せてくれました。

その写真には確かに若くて綺麗な女性が沢山載っていました。

今となっては、その写真の女性が本当に登録していたのかサクラの女性だったのか分かりませんが、当時の世間知らずの私はすっかり信じてしまいました。

色々説明を受けるうちに「登録しよう」と気持ちが固まったので、その気持ちを伝えると今度は料金の説明をされました。

担当者:「登録料と1年間の使用料金で30万円になります」
私:「さ、30万円!?」

20歳の若造に30万円は大金です。

相場としては普通だったのかもしれませんが、当時の私には払える金額ではありませんでした。

驚いている私に担当者が「なんでもタダってわけにはいかないので」と言ったことを、今でも鮮明に覚えています。

しかし、いくら料金が高かろうが、とにかく結婚したかった私は分割で払っていくことにしました。

一括で支払えば少し安かった記憶があります。

そうして契約が完了したら、その場プロフィールの作成に入ります。

氏名、年齢、職業、年収、好みのタイプなど。

顔写真もその時に撮りました。

さあ、ここまで来たら後は出会うだけです!

他の相談所は分かりませんが、私の登録した相談所はホームページから自分好みの女性のプロフィールを検索し、メッセージを送るという方法でした。

相談所が仲介したり、相談所に訪問したりすることは一切ありませんでした。

イメージとしては健全な出会い系サイトって感じです(とはいえ、出会い系サイトとは違い、追加で利用料金を払うことはありませんでしたが)。

とりあえず、私は気になる人に片っ端からメッセージを送ってみました。

正直、年齢も若いし見た目も悪くはないので自信がありました。

だって、出会いを求めてる人しかいないわけですからね。

しかし、そんな考えは甘いと思い知らされました。

出会う出会わない以前に、まったく返信がなかったのです。

本当に、まったくです。

恐らく、綺麗な女性は人気が高くモテるので、興味の無い男には一切返信をしなかったのでしょう。

「こんな調子じゃ出会うなんて無理かな」と半分諦めていましたが、運よく1つ年上の女性から返信があり何とかデートするまで発展させることができました。

結局、付き合うまでには至りませんでしたが、とにかく出会えたのが嬉しかったです。

出会ったのは1人だけで、その後すぐに相談所の利用者でない恋人ができたので、使用することなく分割料金のみを払い続けて終了、という感じです。

結婚相談所に入会される方は、基本的に結婚にかなり焦りを感じている方…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】経営コンサルタント
【活動期間】平成29年3月~平成30年3月
【退会理由】結婚したいと思える方に出会えなかった為
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所に入会される方は、基本的に結婚にかなり焦りを感じている方です。ゆっくり相手選びをされたい方、若い女性と出会いたい方は婚活バーのほうをおススメします。コスパもそのほうがよいです。
【体験談】
●●へ自分の情報(学歴、収入、身長、正確、相手に求める条件等)を登録したあと、条件に見合った相手を複・・・・・
体験談のつづきを読む

●●へ自分の情報(学歴、収入、身長、正確、相手に求める条件等)を登録したあと、条件に見合った相手を複数人紹介していただきました。

●●での婚活の流れは、相手のプロフィールや写真をみて、良さそうだと思ったら個別に連絡を取り合ってお見合いをして、お互いに良いなと思ったらお付き合いするという感じです。

結婚相談所での婚活ですから、お互いに最初から結婚を意識しているため、温度感の相違のようなものはなく、比較的コミュニケーションもスムーズに行うことができます。

私の婚活はといいますと、紹介いただく女性がどの方も比較的年齢層が高め(30歳前後)で、少しテンションが下がっていました。

私は自分で言うのもあれですが、ビジュアルは決して良くないものの、年収が1000万程度あるので、かなりの数の女性からアプローチをもらっていました。

ただやはりというか、実際にお会いして話してみると、私の内面より年収面を評価していると感じる部分も多くあり、最初は頑張ってみたものの、最終的にはお断りをすることが多かったのです。

実際にお会いする前にメールなどでやりとりをするので、その時に少しでも違和感があった場合はお会いしないほうがよいと思います。

メールで感じた違和感は、実際にお会いすると如実になります。

私は断りにくく、一度連絡をとった方とは必ず会うようにしていましたが、時間とお金の無駄をしてしまったので後悔しました。

中には、食事をご馳走しても、ねだられてプレゼントを買ってあげてもお礼の一つも言わない方、メールが非常にしつこく、最初は丁寧だったのに乱暴な口調になる方もいました。

断りにくい場合は、担当の方に仲介に入ってもらうこともできます。

が、何度もお断りが続いたとき、結婚相談所の担当の方から少し怪訝な態度(あからさまではありませんが)を取られることもありました。

とはいえ、基本的に担当の方は私の婚活を色々な方法で応援してくれていました。

自身の良いところを教えてくれ、次回のアピール方法などの戦略や作戦会議のようなものもしてくれました。

結構、恥ずかしいものではありましたが(笑)

●●ではパーティのようなマッチング目的のイベントもあり、好みの女性がいたら自分からアプローチすることもできます。

出会いの数を増やすためにも、話術を磨くためにも、こういったイベントには積極的に参加したほうがいいです。

ただし、前述のように全体的に年齢層高めであったり、若いなと思ったら性格的に難がある子が多い印象でした。

ここは支店によっても違うところでしょう。

地方で●●を利用して、素敵な方と出会って結婚した友人もいました。

最初はモチベーション高く臨んでいたのですが、半年以上経過すると段々とモチベーションが低下していき、利用頻度も下がっていきました。

決して安くない費用がかかりますし、長期利用はあまりお勧めできません。

結婚は勢いとはよく言ったものです。

もし金銭面で余裕がなく、時間に余裕があるときにだけ活動したいという方は、街コンや婚活バーを利用することをおすすめします。

私は六本木などの婚活バーのほうが女性のレベルが高いと感じました。

最終的に私は1年程度で●●を退会したのですが、成果はゼロでした。

ただし、沢山の女性とデートを重ねて知見が広がったり、自分自身を見つめ直すいい機会になったのでそういった面では良かったと思います。

実際、退会した後のほうが女性とのコミュニケーションに自信が持てるようになりましたから。

退会する際はスタッフからの引き留めが中々しつこかったです。

そういえば、入会検討の時も勧誘がしつこく、休日、平日の日中関係なく電話がかかってきて、少し不愉快な思いもしました。

支店によって違うかもしれませんが、私の場合はこのような感じでした。

結婚相談所選びに悩む方も多いと思います。私は入会費と、有名かどうか…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】30歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年7月~平成31年1月
【退会理由】結婚相談所以外での出会いがあった為
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所選びに悩む方も多いと思います。私は入会費と、有名かどうかで選びましたが、きちんと比較してから選ぶ方がいいと思いました。結婚相談所ごとにサービス内容が違ったり特典も違うので、自分に合った内容を選ぶのが一番だなと感じました。 また、婚活については相手をよく知った上で少しでも違和感があったり、疑問が生まれたら素早く別の方にシフトチェンジすることも大事だと思います。
【体験談】
●●には、会員専用のサイト上で担当者とやり取りをすることができたり、オススメの男性を紹介してもらえた・・・・・
体験談のつづきを読む

●●には、会員専用のサイト上で担当者とやり取りをすることができたり、オススメの男性を紹介してもらえたり、自分から気になる男性会員にサイト上でアプローチができたりと、マッチングアプリのような要素があるけど担当者がサポートでついてくれるという、安心して婚活に励めるサービスがあります。

私は●●を利用するまで、何かあるたびに相談所のカウンターに足を運び、相談をしたり仲介を受けたりするイメージを相談所に持っていたのですが、●●は非常に手軽で、あまり気を遣うことなく婚活ができるので自分に合っているなと思いました。

男性との会食の日程調整も当人同士で行えるため、自分のペースで進めることができ、私は婚活に対してどんどん意欲的になっていきました。

男性の方々ももちろん結婚願望がある方ばかりなので、結婚を焦っていた私にとっては最高の環境でした。

私が出会った男性は8人程、年代も20~40代と幅広く出会いましたが、それ以上の年齢の男性はあまり見かけなかった覚えがあります。

利用者の好みの年齢に合わせて紹介してくれている印象がありました。

職業も介護福祉士、コンビニ店長、SE、営業マンなどジャンルは様々。

プロフィールには、親との同居有無や非喫煙者かなど、なかなか相手に聞きづらい内容もあらかじめ書かれているので、選びやすくてよかったです。

その中で、塾講師をしている、年齢は28歳と年下ですが、すごく真面目な雰囲気の男性とお付き合いすることができました。

正直広告に半信半疑だった私ですが、「入会してすぐ彼氏ができるなんて…!」と舞い上がってしまいました。

実際に広告のような展開が自分に訪れるとは思ってもいなかったのです。

●●を紹介してくれた友人もいい男性と出会えたらしく、電撃婚という文字が頭に浮かぶようなスピード感に期待が高まりました。

交際して1ヶ月程経った頃、デート中に彼が「あの…結婚って考えてますよね?」と質問してきて、私はてっきり意思確認かと思い「もちろん考えてるよ。いつでもできるように準備しなくちゃね」と返すと、彼は安心したように笑っていました。

その後も順調に続き、3ヶ月経ったある日、彼のスマホの通知を見た私は度肝を抜かれました。

なんとそれは、マッチングアプリの通知だったのです。

トイレから帰ってきた彼に思わず「ねぇマッチングアプリから通知来てるけど」と聞くと、「あれ?なんで通知くるんだろう…退会したのにな」と彼は言いました。

「そうなんだ!ごめん勘違いしちゃった」と謝りそのまま話は流したのですが、どうしても気になった私はそのマッチングアプリに登録し、彼を探してみました。

すると、頻繁にログインしていることが分かり、さらに自己紹介文には「婚活中です」の文字が…。

彼に問いただすと「結婚したいから色んなサイトを掛け持ちで使ってた。○○ちゃん(私)から結婚しないと言われた時用に色々な女性と連絡を取っていた」と白状され、謝られましたが、正直許す気にもなれませんでした。

「私とは結婚する気あるの?」と聞くと「結婚する気はあるけど、自信がなくて」との返答が。

それじゃ答えにもなっていないと感じたため、「じゃあ今すぐ●●もそのマッチングアプリも退会してよ」と言うと渋ったので、その場で彼とは別れてしまいました。

そして、再度婚活を始めることにした私。

●●は一度退会して再入会する際、入会費0円なので何度でも戻りやすいのが特徴です。

担当者に状況を伝え再度婚活を始めたのですが、なかなかデート2回目以降には繋がらず、結局再度退会してしまいました。

紹介してくれた友人はそのまま婚約、結婚に至りましたが、私は●●で相手を探すことは諦めてしまいました。

それでも、●●を使った期間は短かったですが、●●のサービス内容はとても充実しており、使いやすくて利用しやすい結婚相談所だったと思っています。

男性の年齢層も適齢で結婚に対して話が運びやすく、なかなか使いごたえがあるものでした。

自分の魅力を高めてくれるので、勇気を出して入会してよかったと感じて…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】36歳【職業】会社員
【活動期間】平成29年2月~平成30年9月
【退会理由】結婚相談所以外での出会いがあったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
自分の魅力を高めてくれるので、勇気を出して入会してよかったと感じています。迷っているならぜひ説明会へ行って実際に話を聞いてみてください。
【体験談】
同世代の友人たちがどんどん結婚していき、心のどこかで焦りを感じていましたが、同時に「結婚だけが人生の・・・・・
体験談のつづきを読む

同世代の友人たちがどんどん結婚していき、心のどこかで焦りを感じていましたが、同時に「結婚だけが人生の幸せではない」という考えも持っていたためマイペースに暮らしていました。

そんな中、同じように結婚しなそうな大学時代の友人と飲み会をした時に、結婚相談所で出会った相手と上手くいって婚約をしたという話を聞き、焦りの気持ちが強くなったのです。

年末の飲み会で話を聞いたので、早速年明けにその友人が利用していた●●に足を運んでみました。

●●は普段から色々な場面で広告等を目にしており、名前を知っていて安心感があったので、自分も入会してみようかなという気になったのです。

説明会に行ったら、スタッフの方がすごく丁寧に出迎えてくれたので、とても印象が良かったです。

担当の方とじっくりと話すことができ、色々な方の結婚の成功事例についての話も聞け、自分も結婚することができるかもしれないという前向きな気持ちを持つことができました。

また、なぜ結婚したいのかという根本的な問いかけなどをされたので、自分の人生観について再度見直しをするきっかけにもなりました。

●●に魅力を感じたポイントは、様々なサービスを受けることができて、自分に合っているやり方で結婚相手を探すことができる点。

特に、大勢の人たちが集まる婚活パーティーなどには全く興味を感じることが無かったので、オンラインで婚活を進めていくことができるという点にすごく魅力を感じました。

登録後、休日や仕事が終わってからオンライン上で色々な方のプロフィールを検索し、お相手探しを開始しました。

普段の生活では出会うことができないような様々な経歴の異性の方がたくさんいて、結婚相談所って本当に色々な人が登録しているんだなぁと思いました。

もちろん登録には「独身証明書」が必要となるため、独身者だけが登録しています。

そのため、安心して気に入った相手にアプローチをすることができました。

自宅にいながら相手にアプローチをすることができたので、仕事の合間などの時間を利用して婚活を進めていくことができてすごく良かったと感じています。

●●は長年多くの人を成婚に導いている実績があるため、多様なノウハウを持っていました。

これまで異性からよく見られるような努力をほとんどしてこなかったので、ファッションセンス等もひどいものでしたが、●●のスタッフの方が、女性の目線から厳しくファッションや身だしなみ、素行の指導をしてくれたので、男性として魅力を感じてもらえるような見た目になったと自負しています。

髪形なども、これまでは寝ぐせを気にせずに出勤していましたが、朝の身だしなみにも気を付けるように気持ちが変化していきました。

慣れるまではスタッフの方が細かいことを言うので嫌に感じることもありましたが、今ではとても感謝しています。

婚活を続けていくことでだんだんと積極性が身についたようで、プライベートでも異性に対してアプローチをすることができるようになっていきました。

●●を利用して真剣に婚活に取り組むことで、男性としての魅力をどんどんと磨くことができたように感じているので、登録をして良かったです。

行動しないと何も始まりませんので、結婚したいという気持ちがあるなら…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】35歳【職業】会社員
【活動期間】平成27年6月~平成29年9月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
行動しないと何も始まりませんので、結婚したいという気持ちがあるなら積極的に行動したほうがいいです。問い合わせをしたり相談会へ行ったりして、情報を集めると良いです。
【体験談】
20代の頃は友人の紹介や取引先での出会いなど、様々な異性との出会いがあってお付き合いをする機会もあり・・・・・
体験談のつづきを読む

20代の頃は友人の紹介や取引先での出会いなど、様々な異性との出会いがあってお付き合いをする機会もありましたが、30代になってからはそういった出会いがすごく少なくなっていました。

周りの同世代の人たちがどんどんと結婚していってしまい、知り合いの素敵な異性はほとんど既婚者となってしまっていました。

出会ったとしても、相手の女性も若い相手を探しているようであり、30代過ぎの男性はあまり相手にしてもらえないようで、結婚相手の対象外と見られてしまっているように感じることが増えてきていました。

仕事を一生懸命にやっていれば、それなりにやり甲斐をもって生きていくことが出来るので、結婚を無理にしなくても良いとずっと考えていましたが、30代で婚活を何もしていないと本当に結婚する機会を逃してしまうかもしれないと思い、婚活をスタートさせることにしました。

婚活には色々な方法がありますが、遊びの気持ちとかではなく本当に心から「結婚したい」と思っている相手と出会いたかったので、結婚相談所を利用してみようと考え、●●に問い合わせをしました。

結婚相談所に対して、実は、最初は正直なところあまり良い印象を持っていなかった私。

結婚相談所での出会いは、不自然な出会いだと思っていたのです。

なので、理想通りの良い相手を見つけるにはかなり時間がかかるのではないかと思っていました。

しかし、知り合いも●●を利用して結婚相手を見つけていたので、もしかしたらという気持ちも持って、相談に行きました。

●●は大手の結婚相談所であり、登録者数もかなり多いので、利用していることを周囲の人に話しても恥ずかしくないだろうと考えたことも選んだ理由の一つです。

●●の窓口に初めて行ったときはかなり緊張していましたが、すごく礼儀正しいコンサルタントの方が出迎えてくれたので、すぐに私の緊張は解けていきました。

サービスの説明を聞いているときに、スマホを使って相手を探すことが出来るという説明を受けたので、自分の好きなときに自分のペースで気軽に活動することが出来ると感じ、登録することにしました。

月々の利用料金については、相場がよくわからなかったので最初は割と高いと感じていましたが、他の結婚相談所の値段を調べて比較してみると、●●よりももっと月会費が高いところが多かったので、ここにしてよかったと思いました。

数か月程度経過した後には●●のシステムや月会費を払うことに慣れ、スムーズに利用することができていました。

プロフィールをしっかりと作り込むことで、相手の方が興味を持ってくれる可能性が高いという話を聞いていたので、作成し始めたときは少し恥ずかしかったのですが、プロフィールをかなり丁寧に作り込みました。

なるべくたくさんの良い情報を書いたほうが良いとのことでしたが、嘘を書いたり見栄を張ったりすると後々に良くない結果になるので、ありのままに記載するようにアドバイスをもらっていました。

婚活を始めた当初、すぐに仕事が忙しくなってあまり異性の方と会う時間を確保することが出来ず、心が折れかけてしまいましたが、●●のサービスである「休会制度」を利用してしばらく充電期間を取り、仕事が落ち着いてから婚活を再スタートさせました。

退会してしまうとまた一から登録手続きやプロフィール作成などの手間がかかってしまいますが、休会の場合にはすぐに再開することが出来たので、手間も少なくて良かったです。

●●で出会った女性たちはみんな本気で結婚をしたいと考えていて、会う時も真剣な気持ちで会ってくれました。

婚活にはかなりのエネルギーが必要となりますが、短い期間で様々な性格の異性の方と知り合いになることが出来たので、コミュニケーション能力もアップしたように感じています。

相手の良いところや妥協すべき点など、勉強になる部分もすごく多かったので、●●で婚活をした経験は、自分の人生の中でも価値が大きいものだと感じています。

一緒に暮らすことになる結婚相手として、価値観が同じ人と一緒になることが出来た点も●●で婚活をしてよかったと感じた点です。

入会した結婚相談所で、もしも結婚相手に巡り合わなくても貴重な体験に…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】37歳【職業】会社員
【活動期間】平成29年3月~平成30年10月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
入会した結婚相談所で、もしも結婚相手に巡り合わなくても貴重な体験になると思います。迷っているなら勉強代と思って入会してみると後悔はしません。
【体験談】
●●に登録して、紹介してもらった方とお会いしてみようと思ったのと、初めて顔合わせをしてから仮交際をし・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に登録して、紹介してもらった方とお会いしてみようと思ったのと、初めて顔合わせをしてから仮交際をしてみようと思ったのは、弁護士という職業に目が眩んだからでした。

私は元々、「高いお金を出して結婚相談所に登録するのだから、普段出会えないような職業の人や年収の高い人にも会いたい」という希望を持っていました。

しかし、30代半ばを超えていた私には、そういったきらびやかな職業や年収の方とのお話がなかなか上がってきませんでした。

きっと、年齢で除外されていたのだと思います。

たまに紹介いただいて喜んでOKしても、相手から断られてしまいマッチングしないのです。

そんな中、ようやくマッチングして会えることになったのが、年収1000万を超える弁護士の彼でした。

身長は162センチとプロフィールにあり、身長160センチの私とほとんど変わりませんが、この際身長とかは気にしません。

なにせ念願の年収1000万超え、しかも弁護士ですから。

とりあえず身長は自分より低くなければ良かったです。

でも、会ってみて、なぜ彼が今まで独身だったのか納得しました。

いわゆる「生理的にちょっと無理なタイプ」の男性だったのです。

どのくらい無理かというと、一緒に鍋をつつくのは遠慮したい感じです。

10人の女性に聞いたら、おそらく10人全員が無理って言いそうな雰囲気でした。

でも、私は、結婚相談所とはこんなものだと思って、彼との仮交際をスタートさせました。

恋愛をしにきているわけではありませんから、結婚を考えた時に、やはり彼の職業や年収は魅力的に見えたのです。

初めてのデートは新宿の個室居酒屋でした。

話しやすい席をあらかじめ予約しておいてくれ、メニューの選択もスムーズで、こちらの要望も聞いてくれるし、お酒も無理に勧めないしで意外にも好印象でした。

弁護士ということもあってか、もの腰も柔らかいし話題も豊富で話が尽きず、私もたくさん質問をしてデートはかなり盛り上がりました。

ただ、本来印象をよくするために、話すときは相手の顔を見ると思うんですけど、私はそれができませんでした。

今顔を凝視してしまうと、もう会いたいとは思えなくなってしまいそうだったのです。

次のデートは外に行こうと誘われて、何が良いか聞かれた時に、私は迷わずドライブデートを提案しました。

正直、街中を彼と並んで歩く勇気はまだなかったからです。

ドライブデートなら基本は車の中で終わるし、運転席と助手席で横並びだから顔を見ないで話せるんですよね。

話は面白いし興味もあるので、もう少し彼のことを知った上で顔を見れば、以前より印象が良くなるとも思ったのです。

けれど、次のデートを約束し、彼がトイレに席を立った時でした。

その居酒屋は個室の小上がりになっていて、席の目の前で靴を脱ぐタイプなんですね。

それで、親切なのか防犯のためなのかわからないのですが、脱いだ靴は店員さんが預かっていたのです。

トイレに行くために彼が靴を探していると、店員さんが目の前にあるスリッパを履くようにと指示してきました。

彼が「靴はないの?」と聞くと、店員さんは「すぐにお持ちします」と言ったんですが、ここで変にもめる意味もないと思ったのか「やっぱスリッパでいいや」と言って、彼はスリッパを履いてトイレに行ったんです。

その時に凄い違和感が…。

一緒にお店に来た時に比べて、明らかに背が低いと感じたんです。

彼がトイレに行ったあとすぐに店員さんが靴を持ってきたのですが、それは、隠してもいないようなシークレットブーツというか不自然な厚底だったのです。

かなりの厚底を履いてやっと私と並ぶくらいですから、実際の彼の背丈は、プロフィールに記載してあった身長よりかなり低いのではないかと思います。

彼とは結局その後も何度かデートを重ねましたが、靴を脱ぐような場面にはなかなか出会わず。

一度だけ入り口で靴を脱いで入る焼肉屋さんに飛び込みで入ることがあったのですが、彼は「ちょっと電話してからいくから」と先に私を座らせて一緒に歩くことはありませんでした。

意地悪して、室内遊具場とかに連れ込むことはできたかもしれませんが、さすがに興味本位なだけなのでしていません。

モヤモヤするものをずっと感じていたからか、その後もやはり彼のことが好きになれず、交際を打ちきらせてもらいました。

こういう人もいるんだなーと勉強になった経験です。

最近思うことは、恋愛と結婚はまったく違うステージなんだな…というこ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】37歳【職業】事務職員
【活動期間】平成30年10月~平成31年3月
【退会理由】結婚相談所とのトラブル
【これから婚活をする人へのアドバイス】
最近思うことは、恋愛と結婚はまったく違うステージなんだな…ということです。こっちはいいと思っていても、相手の人が某宗教に入っていると「同じ宗教に入っていること」が結婚の前提条件になってきます。今まで宗教のことはあまり考えたことがなかったのですが、婚活をしているうちに、すごく大事なことだったんだ…と改めて思うようになりました。 属している人達の感覚が、属していない私のような人間とはやはり違ったことも印象に残っています。普通の婚活をしたいのであれば、宗教に無関係な結婚相談所を探したほうがいいと思います。 コロナ禍で思うように婚活ができず焦っている人も多いと思いますが、いい相談所を見つければ出会いや結婚も早いと思うので、ぜひ頑張って欲しいと思います。
【体験談】
●●に入会する前はわからなかったのですが、●●は、いわゆる「某宗教に入っている人が利用する結婚相談所・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に入会する前はわからなかったのですが、●●は、いわゆる「某宗教に入っている人が利用する結婚相談所」です。

あの有名な女優さんも一時期は、この結婚相談所に入って婚活をされていたというウワサもあるみたいです。

本当かどうかわかりませんが、それだけ大きな結婚相談所です。

●●の大きな特徴は、定期的に大々的なパーティーが開かれること。

私のもとにも、入会してひと月も経たないうちに●●から「パーティーのお知らせ」というDMが届きました。

●●の会員(つまり、主に某宗教の会員)たちがこのパーティーで知り合い、結婚に向けて愛を育んでいくという内容です。

ただ、このパーティーには、入会していない非会員でも参加できることになっています。

普通の結婚相談所なら、会員しかお見合いパーティーに参加できないのに、これはちょっと変わっているところです。

(おそらく、某宗教への勧誘目的もあるのだと思います)

私もそのお見合いパーティーに参加してみたのですが、女性は無料と思って出かけたのに、会費8,000円を入り口で取られて驚きました。

あとから知ったのですが、予約して行くと1,000円オフの7,000円で参加できるみたいです。

けれども、女性参加で7,000~8,000円はやや高いと言わざるを得ない金額ですよね…。

他の結婚相談所ではもう少し安かったので、さすが某宗教のパーティーだな~と引いてしまいました。

パーティーは結婚式場のようなところで開かれ、すべて着席スタイル。

予約した人には席が割り振られていて、テーブルには小さく名前が記載されていました。

私は飛び込みで行ってしまったので、空いている席に座らなくてはなりませんでしたが、目の前に座っていた男性が思いのほか好印象の爽やかな人だったので、安心したことを覚えています。

そして、お見合いパーティーの途中でビンゴゲームのような大会があり、そこで仲良くなった男性とアドレスを交換することになりました。

「来週末、どこかに行ってみませんか?」と声をかけてくれたので、気を良くした私は彼のお誘いに乗ることに。

次の週末、その男性の車で湘南エリアにドライブに行くことになりました。

実はその日寝坊をしてしまい待ち合わせの時間に2時間も遅れてしまったのですが、遅刻することを伝えても、辛抱強く待っていてくれたようで…申し訳ない気持ちにもなりました。

会ったばかりの男性とドライブに行くのもどうなんだろう、宗教的な話をされても嫌だな…と思っていたのですが、そのドライブ中に一切宗教の話はなし。

ビートルズの曲がいいよねとか、週末はこんな料理を作っているとか、飼っているチワワがすごくかわいいとか、普通の男性が話す内容で安心しました。

彼の職業を聞いたら、割と堅めの職種(研究所の職員)だったので、結婚相手としても適任だと思いました。

その人とはその後も数回デートを重ねたのですが、一方で●●からのしつこい電話に辟易しました。

「この前のデートはどうでしたか?」とか「色々な出会いを経験されてもいいと思うので、またパーティーに参加してみませんか?」とか…。

仕事している時間帯にも連絡がくるので、最後のほうはとても嫌な気持ちになりました。

イイ感じだった男性ですが、ある日急に連絡が取れなくなってしまい、そのことを不安に思って●●に連絡したら「あなたが無宗教なので、そのことを彼にお伝えしたら、気が変わってしまったみたいです」と言われました。

どうやら、彼にとっては、某宗教の会員であることが条件のひとつだったようです。

男性と連絡が取れなくなったのを境に私の気持ちもしぼんでしまい、●●をやめることにしました。

真剣な出会いを探しているので、相手の方も複数の方と会っていることは…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】28歳【職業】アパレル
【活動期間】平成29年2月~平成30年4月
【退会理由】自分には合わないと思ったため退会しました。
【これから婚活をする人へのアドバイス】
真剣な出会いを探しているので、相手の方も複数の方と会っていることは承知の上だとは思うのですが、中には相談所でも見抜ききれないやっかいな人もいます。初めにそこを見抜くことなんて無理ではありますが、真剣だからこそセンシティブな人も多くいます。そのため、色々ながあるかもしれないというスタンスでお相手を探してみてください。
【体験談】
結婚相談所を利用した婚活は、自分の希望する条件に当てはまった複数名と知り会えることがメリットだと思い・・・・・
体験談のつづきを読む

結婚相談所を利用した婚活は、自分の希望する条件に当てはまった複数名と知り会えることがメリットだと思いますが、まれにデメリットもあるんだと体感しました。

今回は、そのデメリットだと感じた体験談を書いていきます。

私は、もともと絶対に結婚したい!というタイプではありませんでした。

しかし、20代後半に入り、両親や周りから心配されることがしばしばあり、結婚に興味を持てる方法を探していました。

そのときWEBで見つけたのが●●でした。

結婚相談所という場所は、もともと結婚願望のある方々が入会するところであって、私のような「結婚に興味を持ちたい」という人が行ってはいけないよな…とは思ったものの、結婚に対してお金を掛ければ自分も真剣に結婚に向き合えるのではと思い、私は●●に入会することにしました。

●●には、結婚に興味を持ちたくて入会したということは伏せて、結婚がしたくて相手を探しているという理由で登録をしました。

そして、相手探しをお願いし、私は婚活をスタートさせたのでした。

入会してよかったと思ったことは、やはり自分の希望する条件に合った相手を探してくれるところ。

結婚相談所で婚活をすれば当然のようにしてもらえることなのですが、普通に生活をしていて自分の理想の人に出会う確率はそう高くはないですよね。

理想の相手を探す手間を、お金で買うという感覚です。

これなら手っ取り早く良い人が見つかるだろうな、お金を掛けて良かったなと思い、私はお相手探しをしていました。

2人ほどいいなと思う人とマッチングし、会うことに。

1人はIT関係の同年代の男性、2人目は大手通販サイト勤務の30代男性でした。

まず、IT系の男性とお会いしました。

彼は高身長の爽やかな男性で、とても好印象でした。

緊張しながらお店に向かう道中、緊張した私を気遣うように話題を振ってくれたので、楽しくお店に行けました。

案内してもらったのは銀座のカジュアルフレンチでした。

さすがIT系というようなチョイスだと思いました。

食事をしていると、さっそく話題は結婚の話に。

ここで私は、正直に自分の入会理由を彼にお話したんです。

「結婚が目的ではなく、結婚に興味が持ちたくて入会したんです」と。

すると、相手男性の顔色が少し曇ったのを感じたので、これはまずいことを初っ端から話したかもととても焦りましたが、ここで嘘をついても先が続かないと思い、相手の顔色は気にせずそのまま食事をしました。

終始微妙な雰囲気のまま、その方との食事は終了しました。

少し本音を話しすぎたなと反省しながら、今度は別日に2人目の大手通販サイト勤務の同年代男性とお会いしました。

その方とは住んでいる地域が近かったこともあり、大衆酒場での食事でした。

私は大の大衆酒場好きだったので、その時点でかなりの好印象を彼に持っていました。

見た目は少し自分のタイプと異なるものの、話や趣味思考がとても似ており終始盛り上がった食事会でした。

終盤あたりで結婚の話へ。

1人目の男性の反省点もありましたが、場がとても盛り上がっていたので、入会理由である「結婚に興味が持ちたくて●●に入会した。まだ結婚願望が強くあるわけではない」ということを2人目の彼にも伝えました。

ドキドキしながら彼の顔色を見ると、なんと彼は「それも立派な理由ですよね」と受け入れてくれたのです。

この時点で、私はこの男性ともう少し話をしてみたいと思うようになり、彼と何度か食事をし、お付き合いすることにしました。

ところが。。。

ある日の食事中にお店のお手洗いへと向かうと、なんとお店の中に、1人目にお会いしたIT系の男性がいたのです。

彼は同僚の人達と飲んでいるようでした。

あれ以来連絡も取っていなかったため気まずいと思っていた矢先、私に気付いたIT系の男性が「今日はお友達と飲みですが?」と尋ねてきたのです。

少し動揺しながらも、「彼と飲みに来ました」と伝えると、あの時と同じような曇った表情をしたのです。

ドキッとした私は「失礼します」と言って、逃げるようにお手洗いに向かいました。

気持ちを落ち着かせてから席に戻ると、なんとIT系の男性が私たちの席に座って彼と話しているのです。

なんでわかったんだろうと後々思い返すと、席に置いていた私のコートが、IT系の男性と食事をした時に着ていた時と同じものだったということに気付きました。

少し恐怖すら感じながら恐る恐る席へ戻ると、なんとIT系の男性が「僕は彼女を狙っているんだ」と訳の分からない話を彼にしているのです。

何を言っているんだと思い、彼に男性との経緯(同じ結婚相談所で知り合ったこと)を話しました。

そして「今私は彼と真剣にお付き合いしています」と伝え、IT系の男性に席を立ってもらうよう伝えました。

彼に嫌な思いをさせてしまったと思い「ごめんなさい」と伝えると、彼は初めて見る表情で、「天秤に掛けていたなら伝えてほしかった。少し1人になりたい」と言ったのです。

最悪だと思いました。

結局、彼から「真剣にお付き合いできません」と後日返事をもらってしまい、別れることになりました。

複数の人と知り合って吟味しマッチする人と出会える結婚相談所ですが、こういうところに入会する方はやはりセンシティブな人が多いんだなと実感しました。

私には少し合わないのかもしれないと思いました。

結婚相談所に入会をするのであれば、「絶対に結婚したい」という確固た…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】26歳【職業】会社員
【活動期間】平成28年5月~平成28年8月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所に入会をするのであれば、「絶対に結婚したい」という確固たる信念は絶対に持つ必要があると私は思います。 まず、本当に結婚したいのかよく考えましょう。仕事が嫌だから結婚したいと思っていないか。みんな結婚してるから私もした方がいいと思ったのか。家庭を築くために結婚したいのか。何歳までに子供が欲しいといった明確な目的があるのか。いい人と出会って、ほんのりと恋をして、一緒にいられるような相手を探している人に結婚相談所は不向きです。出会いが欲しいのであれば無料の婚活アプリなどで十分だと思います。
【体験談】
当時、婚活アプリの先駆けとなっていた某マッチングアプリで婚約した異性の友達の話を聞いて、私は焦ってい・・・・・
体験談のつづきを読む

当時、婚活アプリの先駆けとなっていた某マッチングアプリで婚約した異性の友達の話を聞いて、私は焦っていました。

私もこっそりそのマッチングアプリに登録をして、また、覇権を二分していたもうひとつのマッチングアプリにも登録。

しかし、マッチングするだけでメッセージのやり取りに進む相手は5割も満たず、実際に会った人は一人二人ほどしかいませんでした。

効率が悪いと感じ始めた私は、婚活系の情報を探しているうちに結婚相談所の存在を知り、その中でもコンシェルジュがサポートをしてくれるという●●に興味を持ち、入会を決めました。

●●では、まずコンシェルジュが選んだお相手のプロフィールがこちらにメールで送られてきて、その中から会いたいと思う人を選びます。

選んだ相手もOKを出してくれるとマッチングとなり、日程の調整と会う場所(駅など)を決めるという流れ。

カレンダーから空いている日を選んでおけば良いシステムなので、直接相手とメッセージのやり取りをする必要がなく、とても楽かつスムーズに話が進んでいきました。

マッチングアプリなどに多くある、メッセージのやり取りだけしてなかなか会わない(誘われない・誘わない)といった煩わしさがなかったことは非常に良かったと思います。

実際に会う日は、ここで会うのがおススメ!といったメールが届くので、そこで待ち合わせてメールに記載のあるカフェで1時間ほど話してその日は解散。

後ほどやり取りを続けるか回答し、そこでお互いにマッチングすれば個別でメールのやり取りを始めます。

会った人は10~15人ほどだったと思います。

土日の休みを面談に当てると、週に会える相手は1~2人が限界。

1日に2人あったこともありましたが、精神的な疲労感がすごく、前半戦の1人目の記憶はなくなりました(申し訳ない)。

私は外見は全く良くありませんが、26歳という年齢で定職についており、オタクな相手を希望+年収による振り分けをしなかったため、紹介されるお相手は非常に多く、初めは自分がモテる人間であるかのような錯覚さえ抱くぐらい、うまくいっていました。

会う人は皆、職場で出会いがないと言う若干内気そうな男性という印象が多かったです(おそらく私が顔写真でそういう人を選んでるのだと思いますが)。

とても緊張されているのが伝わってくる方もいて、なんていうか、いわゆる「いい人そう」という感じ人。

悪い印象を受ける人は一人もいませんでした。

以前、趣味の集まりでのオフ会を頻繁にしていたおかげで、初対面の人と会話して間を持たせることはそれほど苦痛ではありませんでした。

しかし、特別相手のことが記憶に残ることもなくて、自己紹介をして、ふわっとした趣味の話をして、なんとなく話をして終わるといったことばかりが続きました。

お断りをするほどでもないけど、やり取りを続けていきたいと思うほどでもない。

メールのやり取りが苦手な私は面談後交際に進んでも急激に面倒くさくなってしまい、真剣交際に進むことは1度もありませんでした。

新宿サザンテラスに行くと、あのカフェもそのカフェも行ったなあと、ぼんやりと思い出します。

あの時はまだ(後に何度か行く羽目になる)SHINJUKU-BOXもなくて、クリスピークリームドーナツを食べたなあ、と。

よくある婚活実録マンガのような仰天エピソードや、ありえない人が来た!というような話は何もありません。

自堕落な女の平凡な婚活にドラマはないのです。

だんだんと送られてくるプロフィールを読むことすら面倒になり、流れ作業のようにお見送りボタンを押して、面談もほぼしなくなって…お金がもったいないなと思い、中途退会をしました。

数ヶ月が経ち、10万以上のお金をかけて、ようやく気付くことができました。

私は結婚に対する本気度が低く、そもそも婚活に向いていなかったのです。

謙虚さと素直さがあれば大丈夫です。頑張ってください。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】31歳【職業】会社員
【活動期間】平成31年1月~平成31年1月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
謙虚さと素直さがあれば大丈夫です。頑張ってください。
【体験談】
20代後半で結婚したいと思っていたのに、いつの間にか30代になって結婚を焦る女性が多いですが、私もそ・・・・・
体験談のつづきを読む

20代後半で結婚したいと思っていたのに、いつの間にか30代になって結婚を焦る女性が多いですが、私もその一人です。

私は31歳になってから、かなり焦って婚活をスタートさせました。

仕事に没頭していたら、いつの間にか30歳を超えてしまっていたのです。

そんな私は、●●という結婚相談所に登録をして婚活を始めました。

そして、わずか2ヶ月で婚活を終わらせ、結婚することができたのですが、なぜそんなに短い期間で成婚できたのか、その理由を書いていきます。

まず、私がアプリやサイトなどを利用するネット婚活でなく店舗型の結婚相談所で婚活を始めた理由ですが、とにかく早く、なるべく1年以内に結婚したかったからです。

ネットですべて完結する婚活は手軽ですが、店舗型の相談所はスピード婚が叶う仕組みが揃っていることと、結婚に対しての会員さん方の本気度の高さが良い点だと感じています。

マッチングアプリと違い、結婚相談所には結婚願望がない男性が紛れ込むことがなく、結婚に前向きな男性と効率よく出会えます。

そして、希望すれば1日で3~4人とお見合いを組めるため、時間を有効利用でき、仕事で忙しい人も時間をやり繰りして活動することができます。

それから、仲人さんからの対面サポートがある点も魅力に感じました。

私は、31歳という決して若くはない年齢から婚活をスタートさせたので、その道のプロのサポートが必要だと思っていました。

実は、私は社会人になって3人と交際したのですが、プロポーズはおろか結婚の話が出たこともなかったのです。

こんな私でも結婚できるのだろうかとか、お見合いが組めるかとか不安でいっぱいでしたが、仲人さんの適切なフォローのおかげで順調に婚活を進めることができました。

登録してすぐ「とりあえず1日10名に申し込みをしてみましょう」と具体的なアドバイスを仲人さんからもらい、その通りに進めていったのです。

2ヶ月の婚活期間で40名ぐらいの人に申し込みをして、10人以上の人とお見合いをしました。

最初の頃のお見合いで出会った人と交際を始め、結果、彼が私の今の主人となりました。

しかし、彼と本交際を始めるまで、他の男性とも並行して仮交際やお見合いを進めていたため、なかなか彼とのデートの時間が確保できず……迷ったのですが、「彼が一番合っている」と思った私は、思い切って他の男性との予定をほとんどキャンセルしたのでした。

これも、仲人さんに相談をさせてもらいながら婚活を進めていったので出た結果です。

自分ひとりだけで婚活を進めていたら、こんなに思い切ったことはできなかったと思います。

他の男性とのお見合いをキャンセルしたことを彼に言うと、「あなたの本気度が伝わる」と言ってもらえました。

そして、そのまま彼と本交際を続けている間に彼の結婚への意識も高まったみたいで、交際スタートから3週間後に、私の実家に挨拶に、という話になったのです。

そこからの展開は本当にとても早くて、相談所入会から2ヶ月で成婚退会、その半年後に私たちは入籍をしました。

自分ひとりで婚活していたなら、絶対にこんなに早く結婚することはできなかったと思います。

30代まで独身だった私は、婚活を始めるまで、特に秀でた魅力もないので結婚できないと落ち込んだり自分を責めたりしていましたが、●●に登録して真剣に婚活を始めて、本当によかったと思っています。

私みたいに30代まで婚約者がいないという人も、仲人さんと二人三脚で婚活を進めていけば、半年以内の結婚も夢ではないことが自分の経験からわかりました。

大事なことは、仲人さんのアドバイスをしっかりと聞ける素直さや謙虚さです。

たとえば……実年齢より若く見えたり異性にモテたりして自信のある人は、自分の方法や考えに固執してしまって、他人からのアドバイスをすんなりと受け入れることができず、せっかくの良縁を逃してしまうこともあるようです。

恋愛に対して自信ない人ほど、謙虚な気持ちを持って婚活に臨む人が多く、そういう人のほうが婚活がうまくいく可能性が高いとのことでした。

そして、婚活は女性から積極的に進めていったほうが出会いの幅が広がるとも仲人さんは言っていました。

申し込みも、デートもプロポーズもすべてそうです。

女性からデートの提案をしたり逆プロポーズしたりすることは、いまや珍しいことでも変なことでもありません。

最近特にそういった事例が増えているようです。

申し込みをしたから、デートしたから絶対にその人と結婚しなければならないということはないので、気軽に交際を進めていけます。

お断りも、自分から相手に直接言うのではなく、仲人さんを通しておこなえるので、とても気が楽でした。

もし結婚相談所で結婚できなかったとしても、悩んでいるなら一度入って…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】35歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年4月~平成30年10月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
もし結婚相談所で結婚できなかったとしても、悩んでいるなら一度入ってみることをお勧めします。入会金などは、社会勉強代だと思いましょう。担当のカウンセラーの方も言っていましたが、結婚相談所に登録することで本気で結婚に向かう気持ちになりアクティブになります。そのため結婚相談所でご縁がなくても、他の出会いも豊富になり結婚する方も多いそうです。
【体験談】
覚悟はしていたんですけど、結婚相談所に登録している男性って、やっぱり女性経験がなさそうな「生理的に無・・・・・
体験談のつづきを読む

覚悟はしていたんですけど、結婚相談所に登録している男性って、やっぱり女性経験がなさそうな「生理的に無理ー!」って感じの人が大半なんですね。

おどおどしていて話が全然噛み合わない人もいれば、見た目は清潔にしているのに何か内面から不潔さが漂っている人とか。

もちろん普通の男性もいるにはいるんですけど、そういう人には女性が殺到するので、お会いすることができません。

そんな中、ごく普通というか、少しイケメンぐらいの男性とマッチングすることができました。

年収はそこまでよくはなかったけれど、顔が良ければ問題ありませんでした。

私は特にイケメンが好きってわけではないんですけど、それでも顔は大事なんだなって活動していて改めて思い知らされましたよ。

その男性との交際は順調に進み、結婚相談所を介してのデートだなんて忘れるくらい、普通のカップルのように過ごしていました。

毎週のように彼に会えるので、私が本命かな?なんて浮かれてもいたんです。

そして交際から3ヶ月を迎える頃に、彼から「大事な話がしたいから、遠出のドライブデートをしよう」と誘われました。

まだ彼に決めきれてはいなかったけれど、私が登録した●●では仮交際から3ヶ月で1人に一旦絞って本気の交際に移るかどうか決めなければなりません。

もうそろそろその時期が近づいており、その話かもしれないと覚悟して当日のドライブデートへ向かいました。

行きはいつものように会話が盛り上がり、観光地で食事をしてお土産を買って、楽しい気分で帰路を迎えました。

けれど、頭には大事な話のことがずっと残っています。

疲れていたのもありますが、行きとは違ってちょっと重い空気の中、いつ切り出せば良いか悩んでいたところ、やっと彼が口を開きました。

「君は結婚相談所に入会するのは何回目?」と聞かれたのです。

私は「え?」と思いながらも、「もちろん初めてです」と答えました。

すると、彼はなんと「実は僕はこれが4回目なんだ」と答えてきたのです!

しかも過去3回成婚退会という、結婚を決めた上での退会をしているとのこと。

話をよく聞いてみると、今の結婚相談所は再入会で、あとの2回は他の相談所らしく納得です。

さすがに同じ結婚相談所で成婚退会を何度も繰り返していたら、再入会も断られるかもしれません。

彼曰く、どこの結婚相談所も仮交際期間が3ヶ月程の短期間で設定されており、デートをしているとすぐにその期間がきてしまうのだそうです。

その時点では1人に絞ることはできるのですが、本交際に入ると、周りから押されて流されるように毎回成婚退会をしてしまうのだとか。

確かに、私もカウンセラーから「本交際に入ったあと、その人をやめてまた最初からご紹介もできますが、本交際に入るとそのまま成婚退会される方が多いです」と言われたんですよね。

本交際に決められた期間はないけれど、そのまま続けていても会費はかかってしまうので、あとは退会して仲を深めていけば良いと。

きっと何度もカウンセラーから電話がかかってきて、「どうしますか?」って言われ続けて、それを圧力みたいに感じて流されてしまうのかもしれませんが。

結局彼は成婚退会して、両親に挨拶に行ったり、提携の結婚式場に行ったり本格的に話が進む中で「こんなに早くは決められない」と別れてしまうそうです。

でも、やはり結婚はしたいから、また入会し直すんだと。

正直これ、私にとっては婚約破棄をしているのも同然です。

話を聞くうちにイライラしてきてしまって、はっきり「それって婚約破棄を3回してるってことだよね?」と言ってしまいました。

彼はわかってはいるようで「まあ、そう思われても仕方ないよね」と言っていましたが、なんだか煮えきりませんでした。

私はこれじゃ、私も彼と成婚退会しても、結局同じことになるのかなと思ってしまいましたよ。

両親に会わせたり、結婚式場の下見まで行ったりした上で破談にされたら、傷が大きすぎますしね。

私はその後、彼との交際を打ち切るのと同時に、●●も退会してしまいました。

なんだか、成婚退会しても結婚できないこともある事実を目の当たりにして心が折れてしまったんです。

彼は今もまだどこかの結婚相談所で活動しているかもしれませんね。

結婚相談所の担当者とコミュニケーションをまめに取ることが大事だと痛…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】会社員
【活動期間】平成27年1月~平成27年4月
【退会理由】結婚相談所以外で知り合った男性とお付き合いをすることになったから。
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所の担当者とコミュニケーションをまめに取ることが大事だと痛感しました。何でも話せたり、困った時や相談したいときにすぐに相談できたりといった関係を築くことが大事です。まずは説明を聞きに行って、信頼できると思うまでは、考えてみることをオススメします。
【体験談】
●●に入会してから担当がついたのですが、その担当者が思っていた人と違って戸惑いました。 入会時・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に入会してから担当がついたのですが、その担当者が思っていた人と違って戸惑いました。

入会時に説明をしてくださった男性の方だと思い込んでいたのですが、実際に私の担当になったのは、ご年配の女性の方だったのです。

でも、その女性に相談したところ、私の家族や生活環境が特殊であることから同情の言葉をかけてくださり、私の結婚を心から応援してくださったため、とても良い方だな、この人も信頼できる人だなと感じ、私は●●を選んでよかったと思いました。

ところが、ご紹介いただく男性が私の希望にマッチしない方ばかりだったのです……。

そもそも私のような30越えの女性は考えてないという男性ばかりだったのかもしれませんし、私のリクエストにOKしてくださる男性がいなかったのだと思いますが……。

そして、なんとかマッチングして、いざお見合い!となると、どの男性も受け身すぎてまいりました。

なんと、寝ぐせが付いたままお見合いに来られた男性もいたんです。

どうして最も良い自分の状態でお見合いに臨まないのだろう!?と私は驚愕しました。

高い会費を払ってお会いするのですから(会うのも1回5,000円掛かりました。なので、失敗はあまりしたくないと私は考えていました)、自分を整えてお会いしようとするのは当然ではないか!という私の常識が崩れ去った瞬間でした。

ある男性とお会いしたときにも、びっくりしたことがありました。

確か日曜日の14時頃、待ち合わせ場所は銀座。

どこか落ち着いてお話ができるカフェにでも入ろうとなったのですが、男性は何もお店を調べて来ていなかったのです。

私も調べていなかったため悪いのですが、私が今まで出会ってきた男性は皆事前に調べてくださっていたため、私はずっと男性に任せきりにしてきていました。

これは私の反省する点でもあるのですが……、まさか男性側が何も調べてきていないとは思いもしていなかったので、びっくりしてしまったのです。

結局、私が行ったことのあるところへ行くことになったのですが、14時過ぎの銀座、お店に入っては店員さんから「ただいま満席です」という返答が……。

男性は「どうしましょう」と言うばかりで、自分で調べようとはしませんでした。

私は「そういえば!」と、そこから10分くらい歩いたところに昔ながらの喫茶店があり、そこがいつもすぐに入れる穴場だったことを思い出したため、そこに行くことにしました。

お店に入って時計を見ると14時30分。

お会いしてから既に30分が経過しています。

「お店に入るだけで30分ってありえないでしょ」と、既に私の中でこの男性は「なし判定」でした。

この喫茶店は、店員さんに「すみませーん」と声をかけて席まで来ていただいて注文するスタイルなのですが、男性はなかなか店員さんを呼びません。

なぜ!? なぜ呼ばない!?

30分ウロウロしていたので既に喉がカラカラ、早く飲み物を飲みたい……そう思って、私が店員さんを呼びました。

話をするのも話題を振るのも私から。

結婚相談所に登録している男性って、こんな受け身の人しかいないの??と疑いたくなるレベル。

あぁ、でも、コミュニケーション能力が高い男性はもっと若くて美人な女性が持っていくんだな、私の年齢とスペックからするとしょうがないんだなと痛感した瞬間でした。

この男性とは30分で会話を切り上げて、さくっと帰りました。

男性からは「交際希望」が出ていましたが、お断りをしました。

そりゃ、あれだけ面倒みてあげたら「交際希望」は出るよね、でも私はお前のかーちゃんじゃない!お断りだ!とボタンをポチっと押したのでした。

それから、担当のご年配の女性と入会時に説明をしてくれた男性にメールを送りました。

私の希望と異なる男性を紹介されるので、担当を変えてもらいたいという内容のメールです。

成婚率が高かろうと何だろうと、私が結婚する確率は0か100しかないのです!!と熱弁すると、担当は変わりませんでしたが、ご紹介いただく男性が変わりました。

清潔感があって、話していて楽しい男性だったので、思い切って担当の方に言ってよかったーと思ったのでした。

私が経験したような極端なマザコン話は珍しいかもしれませんが、エピソ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】29歳【職業】会社員
【活動期間】平成18年5月~平成20年2月
【退会理由】結婚相談所の出会いで結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
私が経験したような極端なマザコン話は珍しいかもしれませんが、エピソードの中にあるように、相談所側からも多少はマザコン撃退に協力してもらえます。相談所に母親と一緒に相談にくるような人は重症だと思うので、この撃退法を最初からお願いするのはありだと思います。また、担当者との相性は非常に重要なポイントです。料金やシステムに大差がなければいくつかの相談所に行ってみて、一番話がしやすかったところに決めても良いと思います。
【体験談】
●●に登録後半年くらいが経ち、だんだんと結婚相談所の紹介で会うことにも慣れてきた頃の話です。 ・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に登録後半年くらいが経ち、だんだんと結婚相談所の紹介で会うことにも慣れてきた頃の話です。

半年の間に4人の男性とお会いしたのですが、なかなかうまくいかないな~と思っていた私。

そんな中、5人目に紹介されたTさんは、団体職員で真面目な印象の人でした。

会う前のメールのやり取りで、きちっと自己紹介をしてくれたTさん。

初めてお会いした日、喫茶店で2時間くらいお話をしたのですが、Tさんはメールのときと変わらず誠実な感じだったので、私は彼に対して非常に良い印象を持ちました。

2回目に彼と会ったときに(仕事帰りに夕飯をご一緒しました)友達のように話が出来る人だなと感じ、もしかしたらうまくいくかも?と淡い期待を私は抱きました。

一緒にいてドキドキするとか、ときめくといったようなことはないけれど、結婚するならそんな感じでリラックスできる人がいいのかなぁ~などと思っていた私。

ただ、1つ彼に対して気になるかな?と思った点があったのですが、それは、家族の話題、特に母親に関する話が少し多いかな?と感じた点。

このときはまだ、そこまで取り立てて気になる!というほどではありませんでしたが。

また、住んでいる場所の話になったときに、Tさんは実家住まいで最寄駅まで25分くらいかかると言っていたので、「駅まで自転車ですか?」と聞いたら、彼は「朝はだいたい父が駅まで車で送ってくれます。父は一応社長で重役出勤なので」と答えたのです。

そのとき、私は「ずいぶん過保護だな~」と思う反面、「おぼっちゃまか! 実家がお金持ちなのはいいかも!」など、内心考えてもいました。

そんなこんなでデートを重ねていった私たち。

3回目のデートで、初めて休日に1日デートに出かけることになりました。

少し遠くにある水族館に行くことが決まり、Tさんが車を出してくれることに。

私は、ウキウキ気分で彼の車に乗り込みました。

ところが……。

車で出発をして高速に乗り、パーキングエリアに入ったときに、いきなりTさんが電話をし始めたのです。

Tさんは電話で「高速乗って半分くらいきたよ。うん。大丈夫」と話し、切ってから「今、話していたのはお母さんだよ。普段はあまり車に乗らないから、ずっと心配しててさ」と私に言ってきました。

そのときは「へえー」と思っただけでしたが、水族館についたときもまたTさんは「着いたよ」と自分の母親に電話をしていたのです。

だんだんと私の中で「Tさんって実がマザコン?」という疑惑がムクムクと湧いてきました。

お手洗いの時間も毎回長く、もしかしたらそのたびに電話をしていたのかもしれません。

極めつけが、帰りに「お母さんがぜひ家に寄ってって言ってる」という一言。

私は慌てて「いえいえ、もう遅いからお邪魔したら悪いし……」と言うと、なんと彼は「大丈夫だよ。君のことは全部話してあるし、お母さんも君のことを気に入ってるから」と言ったのです!

マザコン決定!

私はもう一刻も早く帰りたくて仕方がありませんでした。

この日は「今日はそういう覚悟はしてなかったので」と強引に帰らせてもらいました。

マザコン男は私には無理です。

帰ってから、どうやって断ろうかと私は頭を悩ませました。

そして翌日、「Tさんとは一緒にいて楽しかったのですが、友達のような感覚になってしまって結婚を前提のお付き合いとなるとちょっと考えられなくなってしまいました。ごめんなさい」とメールを入れました。

すると、その日のうちに彼から返信がきたのですが……、長いのでまとめると「まさに青天の霹靂。5回くらい会ったらプロポーズするつもりだったのに! お母さんもあなたをとても気に入っていて、僕の結婚を楽しみにしてくれていたのに悲しい思いをさせることになってしまった。結婚する気がないのに●●に登録しているのは違反だから●●に通報する」という内容だったのです。

開いた口が塞がらない状態の私。

マザコン炸裂に加え、相談所で出会った相手とは必ず結婚できると思っていそうな彼の思考回路を、私は恐ろしく感じました。

すぐに担当者の方に連絡して経緯を話すと、すでにTさんからお怒りの電話があったらしく、担当者の方は私に「お付き合いが始まったのちにお断りをすることはじゅうぶんありえることですし、普通のことです。今回はまだお付き合いの意思確認もなかったのですから、まったく問題ありません。嫌な思いをさせてしまってすみません」と言ってくれたので、私は変なマザコンくじを引いてしまっただけだと落ち着くことができました。

それにしても、結婚相談所を介した出会いとはいえ、出会って間もない人間のことを親に詳しく話す男性がいるとは、驚きです。

もしかしたら相談所に登録するときも、相手選びをするときも母親同伴だったのでは……とまで私は考えてしまい、身の毛がよだつ思いをしました。

その後、担当者の方に「マザコン撃退方はないですか?」と聞いたら、「登録時にお母様と一緒に来られている場合はそのように記録しておりますので、紹介時にそういった方を避けることは可能です」ということだったので、「ぜひぜひ!それで!」とお願いしておきました。

その後、担当者の女性が気軽に話ができてなんでも相談しやすい方だったことから、私は挫けず前向きに相談所での活動を続けることができ、成婚に至りました。

担当者との相性はとても大事だなと感じました。

どんなにつらい思いをしても、相手が残念な人で落ち込んでも、担当者の方と相性が良ければ気持ちを切り替えてがんばっていけます。

もしも担当者が違ったら……、もしかしたら私は結婚を諦めてしまっていたかもしれません。

日本の平均年収以上は稼いでいる状態でないと、結婚相談所で婚活しよう…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】24歳【職業】会社員
【活動期間】平成22年9月~平成22年10月
【退会理由】自分には結婚相談所での婚活が合わなかったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
日本の平均年収以上は稼いでいる状態でないと、結婚相談所で婚活しようと思うと私のように心に大きな傷を負うことになるかもしれません。見た目や服装については、ある程度清潔にしていればそこまで嫌がられることはないようです。また、結婚相談所を最後の砦と考える方も多いでしょうが、収入が低かったり、何らかの大きなマイナスを抱えていたりする場合、セーフティーラインになりません。収入が平均以上あり、かつ30代前半くらいまでの場合であれば、望みはあるかもしれません。
【体験談】
●●に入会した当時、私は恋愛や婚活というものがあまりよくわかっていなかったので、「結婚相談所を利用す・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に入会した当時、私は恋愛や婚活というものがあまりよくわかっていなかったので、「結婚相談所を利用すれば結婚ができる」と勝手に思い込んでいました。

私は男ばかりの職場におり、また、四六時中に仕事に追われ、残業どころか会社で夜を明かすのが当たり前の日々を送っていたので、とてもじゃありませんが相手を探す時間なんてありませんでした。

給料も今よりかなり低く極貧状態だったので、婚活パーティなどへ何度も参加するのは難しい。

いくらかかるかはわからないが、とりあえず説明を聞きに行こうという、そんな軽い気持ちで●●を訪問しました。

殺風景な事務所に通されるのかと思ったら、●●の事務所は雰囲気があって、とても綺麗だったことにビックリ。

スタッフさんも訪れる相談客たちも皆スーツを着てビシッとキメており、洗練された空気が漂っていたのです。

当時の私は私服OKの会社で働いており、かつスーツなんて買う余裕がなかったので、Tシャツにジーンズというラフな格好をしていました。

ヨレヨレのTシャツにジーンズの私は、完全に浮きまくっていたのです。

受付の女性はそんな私を笑うこともなく、実に優しそうな笑顔で対応してくれ、奥の部屋に私を案内してくれました。

渡されたアンケート用紙に記入をしていると、別の女性スタッフが現れ、結婚相談所の仕組みについて説明してくれたのです。

●●には多くの女性たちが登録しているため、たくさんの出会いがあること。

(サンプル写真やプロフィールを見せてもらい、どういった男性が好まれるかについても詳しく説明をしてもらいました)

さらに、定期的に婚活パーティを開催しているため、そういった場でも出会いを見つけることができること。

マッチング率が高く、今月も結婚が決まっているカップルが何組もいること。

彼女もいない私には、夢のような話が次々と続きました。

「年収が低くても、イケメンでなくても、若くて誠実であれば十分望みがありますよ」と言われ、私はかなりノリ気になっていたのですが、マッチング成功後の成功報酬が二桁万円だったので、そこでかなり気落ちしました……。

「結婚相手は欲しいけど、そんな大金を払うことになるのか……」という私の不安が伝わったのか、女性スタッフは分割支払いについての説明を手早くおこなってくれ、また、現在相談所に来ている女性たちとお見合いの準備をしてくれました。

訪問した当日にお見合いができるとは思っていなかったので、めちゃくちゃ緊張したことを覚えています。

マッチングするまでは無料とのことだったので、清水の舞台から飛び降りるような気持ちでお見合いを開始。

当時、24歳だった私に対し、お見合い相手の女性は20代後半や30代前半。

ちょっと年上ですが、そんなに気にはなりませんでした。

ヨガの先生をしている女性や、ピアノの先生になるのが夢という女性など、計3名の女性とお見合いをしたのですが……正直、私はその日のうちに心が折れてしまったのです……。

お見合いをした女性はどの人も、とびきりの美人とまではいかないまでも顔が整っていて、性格も優しく、私からすれば彼女たちは、普段の生活では絶対に出会えることのない素敵な女性たちばかりでした。

また、彼女たちは最初の挨拶や軽い雑談など、女性慣れしていない私に対して、非常に穏やかに対応をしてくださったのです。

ただ……年収の話を終えると、途端に態度が変わったのです……。

趣味の話や結婚後の生活の話をしていたときは、明るく笑顔を向けてくれていた女性たちが、私の収入が少ないとわかった時点で、明らかに話をしなくなり、そっぽを向き、早々に話を切り上げようとしてきたのです。

あれはダメージ大きかったです……。

自分でも、自分の収入は少なすぎるとわかっていました。

わかってはいたのですが、まさか女性たちの対応があそこまで露骨に変わるとは思っていなかったので、本当に落ち込んでしまいました……。

お見合いが終わった後、●●のスタッフが私にフォローを入れてくださったのですが、それでも私の気持ちは回復することなく、その日はそのまま帰宅。

しばらくして、私は●●にお断りの連絡を入れました。

私には結婚相談所での婚活は向いていないと、そう確信したのです……。

それが私の、最初で最後の結婚相談所の利用でした。

自分が何歳くらいで結婚したいかアバウトに考えずしっかりと期間を割り…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】会社員
【活動期間】平成29年5月~平成30年1月
【退会理由】あまりいい出会いがなく、辞める1カ月前に並行してやっていたマッチングアプリで彼氏ができたので退会しました。
【これから婚活をする人へのアドバイス】
自分が何歳くらいで結婚したいかアバウトに考えずしっかりと期間を割り出し、付き合う前に将来的に結婚を考えているのか、そして結婚するなら何年後に結婚する予定なのか、相手とよく話し合うのがいいと思います。 すぐに結婚しない相手と付き合うのは時間の無駄だと私は学びました。
【体験談】
●●は他の結婚相談所と違って、相談所からのサポートなど全てオンライン上で受けられるところだったので、・・・・・
体験談のつづきを読む

●●は他の結婚相談所と違って、相談所からのサポートなど全てオンライン上で受けられるところだったので、とても気軽に婚活することができました。

私は恋愛に関して疎かったこともあって、ある程度の距離感がある恋愛を求めていたので、婚活もベッタリのところじゃない相談所で進めていきたいと考えていました。

結婚に関しても、自分たちの時間を大事にするような結婚生活が送れるといいなと思い、また、そういった生活に憧れていました。

最初は自分からアプローチ(検索して相手を探す)はせず、1週間待って誰からも音沙汰がなかったら、自分から進めようと考えていたのですが、●●に登録完了した翌日には複数の男性からメッセージがありました。

見るからに年上の男性ばかりだったので、とりあえず年収面などの条件が合いそうだと感じた41歳の男性とお食事に行くことに。

彼の趣味は野球らしく、正直私の趣味(オタク系)とは全く違うので話が合わないだろうなとは思ったのですが、私のプロフィールを見て選んでくれたのだから、会話もきっと色々配慮してくれるんだろうなと思って、会うことにしたのです。

ですが、彼からの話は全て野球に関するものばかり……。

しかも、野球に興味のない私に「今度一緒にドーム行きませんか?」と誘ってくる始末。

デートに誘っていただけるのはありがたいと感じたのですが、正直もう彼には冷めてしまっていたのでお断りしました。

そして、誰かからアプローチが来るのを待っているだけではダメだと思い、自分から探すことに。

年齢差に関しても、あまりにも上の人とは話が合わないだろうと感じ、5歳上までの人を検索して何人かにアプローチをしました。

そして、お返事が来た同い年のSEの方と知り合ったのです。

彼は私と同じようなオタクっていうわけではなかったのですが、メッセージ上でも私の話を親身に聞いてくれたため、私は彼に好印象を抱きました。

「今度食事に行きましょう」と誘いが彼からあり、お互いお酒が好きだったので、ワインのおいしい料理店に行くことになりました。

そして、当日。
シンプルな服装をしていた彼は、顔もサイト上と変わらず第一印象は◎
ご飯を食べるときの行儀もOK、会話も聞き上手でGOOD……といった具合に心の中で採点をする私。

初対面でも、同い年ということもあってかあまり距離感がなく、楽しく食事ができたように感じました。

その後何度かご飯に行き、相手から告白してもらってお付き合いをスタートさせることに。

告白をしてくれた時、結婚の話にはかすりもしなかったので、正直私は「結婚相談所に登録して出会っているのに何で結婚前提とか言わないんだろう」とモヤモヤした気持ちを抱きましたが、「最初からそんなガツガツしても仕方ないな」と思い直して、彼とお付き合いをすることに決めたのです。

お互い相談所を退会し、ふたりだけの交際を続けていきました。

お互いの趣味を尊重しようと2週間に1回くらいのデートペースで連絡は毎日とっていましたが、特に浮気などの心配もなく、月日は流れて1年半……、私も30歳を超えたので「そろそろ結婚の話題が出るかな」と思っていましたが、一向にその気配はなく……。

友達にこの状況を相談していましたが、「結婚相談所で出会ったのに結婚しないことはないから安心しなさい」となだめられることが多く、私のモヤモヤは解消されずにいました。

ある日、彼の家で一緒に雑誌を読んでると、ウェディングドレスの特集が!

内心、私は「もしかして今日私が来るからこの雑誌仕込んだのかな?」とワクワクしていました。

そして、その雑誌を見ながら「着るならこれかな?」と彼に言ってみたところ……なんと彼は「そうだね、でも結婚するのは5年後になるから、このデザインはちょっと若すぎるんじゃない?」と言ったのです。

その年月に驚き、「えっ……5年後?」と思わず彼に聞き返してしまいました。

すると彼は「うん、5年後。俺がもう少し仕事で成長したら収入も上がるし苦労させないと思う。ごめん、プロポーズする前に言っちゃって」と言ったのです。

私が「5年後に結婚する相手を探すために結婚相談所入ったの?」と聞くと、「うん。なんかおかしいかな?」と言った彼。

私は、結婚相談所を利用した婚活の場合、成婚退会後1~2年後には結婚するものだと思っていたので衝撃でした。

プロポーズに近いことを言ってくれた彼でしたが、私はそこまで待てる気になれなかったため、別れてしまいました。

結婚するなら何年後に結婚する予定なのか、相手とよく話し合ってから成婚退会に繋げる必要があると学んだ経験です。

個人的に、結婚相談所は大手よりも個人でやっているところのほうが良い…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】26歳【職業】事務職
【活動期間】平成29年5月~平成30年1月
【退会理由】金銭的な理由
【これから婚活をする人へのアドバイス】
個人的に、結婚相談所は大手よりも個人でやっているところのほうが良い気がします。 口コミをよく読み、料金を比較検討して無理のない範囲で自分にあった婚活を行うこと。そうすれば良い出会いに繋げられると思います。
【体験談】
友人が結婚相談所を介して彼氏ができたことをきっかけに、私も結婚相談所を利用した婚活に興味を持ちました・・・・・
体験談のつづきを読む

友人が結婚相談所を介して彼氏ができたことをきっかけに、私も結婚相談所を利用した婚活に興味を持ちました。

昔、お見合いを題材にしたドラマがやっていたのですが、その再放送を見て憧れていた、という理由も(笑)

友人にはどの結婚相談所に入ったかまでは聞かなかったため、検索して出てきたサイトをいくつか比較して、価格が手頃だと感じた●●に説明を聞きに行きました。

そして、「合わなかったら辞めればいいや」という軽いノリで●●に入会。

結婚相談所に入ればすぐにお相手が見つかると思っていたですが、実際にはなかなかデートまでこぎつけず……。

「思ったより大変だな」というのが正直な感想です。

担当アドバイザーに相談しても、「待っていればきっと大丈夫」とか「プロフィール写真を変えてみれば?」といったありきたりなことしか言ってくれず、親身になって相談に乗ってくれるわけじゃないんだなと残念に思いました。

「もう退会しようかな」と諦めかけていた頃、ようやく良さそうな男性とマッチング!

とんとん拍子でうまくいき、5名の男性とデートすることができました。

その5名のうち1名だけ、真剣にお付き合いしてみたいと感じる男性がいました。

その男性は、年上で優しくて高学歴、高収入とまさに「女性が思い描く理想の男性」といった人で、出会えたことが夢のようでした。

しかし、そんな夢物語がそう上手く転がってくるはずもなく……
数か月もしないうちに、私は彼の本質を知ってしまい、別れることになったのです。

というのも……

彼が私を実家に招いてくれたときのことなのですが……。

彼のお家は、閑静な住宅街にある、とても立派な戸建てのお家でした。

上品なお母さんが優しく私を迎え入れてくれました。

本当に嬉しかったことを覚えています。

そこまではよかったのですが、家の中に入った途端、彼が靴下をポイポイっと玄関に投げ飛ばしたのです。

私はあっけにとられていたのですが、彼のお母さんは「こら、もう~だらしないんだから」と言いながら彼の靴下を拾い集め、洗濯機のある部屋に持っていったのです。

この時、彼に対して初めて違和感を持ったのですが、せっかく招いてくれたのだからと、とりあえずこの場は忘れることにしました。

その後、リビングで談笑していると、彼が「なんか甘いもん食べたいな~、母さんなんか買ってきて~」と言い出し、お母さんを使いに出したのです。

これに私はドン引き!!

将来結婚したら、きっと私もお母さんのようにこき使われるんだと簡単に想像することができ、彼への愛情が一気に冷めていきました。

私は家事、育児に協力できない男性に興味はありません。

その後は彼と連絡を取ることを控え、音信不通になっていきました。

結婚の話を本格的にする前に、ふたりだけでデートするだけではわからなかった彼の本性が見られて本当に良かったと思った出来事です。

なんだか婚活への意欲も失せてしまったことと、●●のほうからも特に対応してくれる気配はなかったので、このままダラダラ料金をとられるよりは退会したほうがいいなと思い、退会することにしました。

結婚相談所は親身になって色々なアドバイスをくれ、一緒に運命の人を探してくれる場所だと思っていましたが、私が利用した●●は大手だからか常に”接客”という感じでした。

もしかしたら個人でやっている小さい相談所のほうが、親身になって相談に乗ってくれるのかもしれません。

私自身20代も終わりの年代なので、このまま30代になっても結婚できなかったら、次は大手ではなく個人営業の相談所を探して婚活するかもしれません。

私が経験したことは本当にまれなケースだと思いますが、ただ例えバカ正…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】30歳【職業】介護職
【活動期間】平成18年1月~平成19年3月
【退会理由】結婚相談所を通じて出会った人と結婚したため退会しました
【これから婚活をする人へのアドバイス】
私が経験したことは本当にまれなケースだと思いますが、ただ例えバカ正直に容姿を理由に断られるようなことがあっても、「人の気持ちを考えられない人だと早くわかってよかった」と気持ちを切り替えて次にいけば良いと思います。あと写真については、男女とも3割増くらいで普通なので、そんなもんだと思って活動していくことをおすすめします。
【体験談】
私が登録していた●●のようなデータマッチング型の結婚紹介所は、お相手を紹介された時点で希望条件はお互・・・・・
体験談のつづきを読む

私が登録していた●●のようなデータマッチング型の結婚紹介所は、お相手を紹介された時点で希望条件はお互いにクリアしていると判断、あとはプロフィールを見て良ければ連絡をし合う、というシステムであるため、連絡交換をしてからのやりとりや実際に会う手配など、すべてを当人同士で決めて進めていかなければなりません(そこに紹介所からの介入はありません)。

私は自分のペースで婚活を進めたかったので、そのシステムが気に入って入会しました。

入会してから月に2~3人ほど紹介を受け、コンスタントに婚活は続いていきました。

メールのやりとりをしているときに「この人とは合わないな」と感じてお会いしなかったこともありますし、会ってからメールのときとのイメージと違うと感じてお断りさせてもらったこともありました。

そんな感じで数か月が過ぎ、「まあこんなものだろう」と思いながらマイペースに活動を続けていましたが……、4人目に会ったAさんから、私は打ちのめされるような経験を味わわされたのです。

公務員のAさんは、高収入というわけではないけれど仕事は安定していて、中肉中背、写真では穏やかな印象の人でした。

ピンとくるものはないけれど、マイナス面もないというのが彼に対する私の正直な感想でしたが、せっかくのご縁ですから、まずはメールでやりとりをすることに。

彼は、婚活男性によくありがちな「会うことを急かしてくる」ということもなかったため、私は彼に対して好印象を抱き、2週間ほどやりとりをした後に会う約束をしました。

お互いの勤務先が都内で近かったこともあり、「仕事帰りに軽く夕飯を食べに行こう」ということになりました。

初対面時、少し疲れているのかなんとなく写真より老けて見えた彼。

お互いに気を遣いつつの会話だったため、当たり障りのない内容……仕事のことだったり、家族のことだったりといった内容しか話せなかったのですが、特に悪い印象を受けることもなく、可も不可もなくという感じ。

もし彼から2回目のお誘いがあれば、会ってみてもいいかな?と思う程度のものでした。

それでも、初めて会った日以降もメールは続き、再び「仕事帰りに会いましょう」というお誘いをいただいたので、「私を気に入ってくれているんだな」と感じ、2回目会ったときの感覚を頼りに、今後のことを考えようと心に決めて会いました。

しかし、困ったことに2回目もまた、可も不可もなく……な感じで、結婚を考えてお付き合いするような気持ちにはなれなかったのです。

ですから、申し訳ないけれどお断りしようと思い、傷つけないような断り方をあれこれ考えていたところ、翌日にAさんからメールがきたのですが……、その内容に驚愕させられたのです。

要約すると「あなたに会ってみて、正直写真が実物の3割増しになっていると感じました。でも最初に会ったときずっと顔を見ていると可愛いなと思う仕草もあったので、2回目も会うことにしました。ただ2回目に会ったときには写真に比べてがっかりした部分を補える何かを見つけることができなかったので、今回のお話はなかったことにさせていただきます」ということが書かれていました。

最初読んだときは意味がわからず、何回も読み直して理解するとともに、だんだんフツフツと怒りがこみあげてきました。

すぐに怒りの返信をしてやろうと思いましたが、ここは大人の対応をしつつでもチクリと言ってやろうと思い、しばらく気持ちを抑えた後、「正直なお気持ちをお伝えくださり、ありがとうございます。写真についての3割増は私もあなたに同じように感じていました。ただ、結婚相談所の写真なので私はそれが当然だと思って活動しています。今度の健闘をお祈りします」と返事をしました。

お断りの際に、評価内容をそのまま本人に伝える人がいるとは!と、本当に驚愕でした。

同日中に、よいタイミングでアドバイザーさんから「Aさんとどうでしたか?」という連絡があったため、それはもう堰を切ったように愚痴愚痴と顛末を話してしまった私。

すると、アドバイザーさんは大変驚かれ、「私もこの仕事を始めて10年以上経ちますが、それは前代未聞のケースです。大変申し訳ありません。Aさんにもそれとなくお話できれば……」とおっしゃっていました。

アドバイザーさんが悪いわけではありませんし、散々愚痴らせてもらってスッキリしたので、婚活の愚痴を聞いてもらえる相手がいるというのはよいことだなとつくづく感じました。

でも……。
私は万人受けする容姿ではないですし、断られたら「タイプじゃなかったんだな」と思いますが、Aさんにされたように、お断りの際に容姿についてあれこれ言われたことは今まで一度も経験したことがなかったので、それからしばらくは自信をなくし、婚活する意欲も失せてしまいました。

気持ちを切り替えられてからは、新たな人と出会ったときに「私写真が3割増しだって断られたことあるんですよ~。そんなにひどいですか?」とネタにして話せるようになりました。

私のこの経験は本当にまれなケースだと思いますが、こんなこともあるのだなぁと思ったので、この体験談を書きました。

もしも私と同じように、容姿が原因でお相手に断られたという人がいたら、「人の気持ちを考えられない人だと早くわかってよかった」と気持ちを切り替えて次にいけば良いよ!とアドバイスしたいと私は思っています。

一定期間婚活をしてみて結果が出ない場合は、やり方や結婚相談所が自分…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年1月~平成30年5月
【退会理由】結婚相談所以外での結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
一定期間婚活をしてみて結果が出ない場合は、やり方や結婚相談所が自分に合っていない可能性があるので再検討が必要だと思います。
【体験談】
私は●●に入会したものの、しばらくはなかなかピンとくる人が現れず、どうしようかなと悩みながら活動して・・・・・
体験談のつづきを読む

私は●●に入会したものの、しばらくはなかなかピンとくる人が現れず、どうしようかなと悩みながら活動していました。

「自分の理想が高すぎるのかな?」と思って希望条件を自分なりに削ってみたり、「いいな」と思った人には積極的にお見合い希望を出してみたりして頑張っていましたが、なかなか良いご縁に結びつかず……「もう少し頑張ってみてダメなら他のやり方を検討するしかないかな」とちょっと気持ちが落ちてきた頃、どうにかひとりの男性と交際に発展!

その人は私の好みというわけではなかったのですが、同じ業界に勤めていることで話が弾んだため、彼と連絡を取り合うことは楽しいものでした。

「晩ごはんでも一緒に食べに行かない?」と、ついに彼から初デートのお誘いが!

私は本当に嬉しくて、「どんなお店が良いかな?」とウキウキしながらあれこれ考えましたが、彼から「ちょっと早めに○○駅に行って、ブラブラしながらいい店ないか調べておくね」と連絡がありました。

でも、当日になってどこも満席で入れなかったら嫌だと私は思ったので、「どこか調べて予約しようか?」と答えましたが、彼は初めてその街に行くらしく、周りをちょっと散策したいと返信がありました。

彼曰く、初めて行く街を一人でブラブラするのが好きとのこと。

その気持ちがよくわかったので、「わかった、散策楽しんでね! 駅の近くはご飯屋さんとか色んなお店があるから、きっといいお店もすぐに見つかると思う。よろしくね」と彼に伝え、初デートの日を今か今かと楽しみに待っていました。

そして、ついに当日。

気合いを入れてお洒落をし、遅刻しないようにと少し早めに家を出た私。

待ち合わせ場所に到着して待っていてくれた彼と合流し、他愛もない話をしながら彼の探してくれたお店へと向かいました。

私はその街に行くのは初めてではないものの、連れていってくれる方向には行ったことがありませんでした。

道をどんどん進んでいくと、お洒落なイタリアンや多国籍料理のお店が!

「どんな店に連れていってくれるんだろう」とワクワクしながら駅から10分くらい歩いたでしょうか、「着いたよ~」と、とある店の前で足を止めた彼。

そこは……、なんと大学生で溢れかえった居酒屋チェーンだったのです。

私は衝撃を受けました。

なぜ、こんなに沢山のお店がある中でわざわざこの居酒屋チェーンを?
なぜ、初デートで……。

ここまで歩いてくる間に、イタリアンとか多国籍料理のお店とか、良さそうなところが色々とあったのに!

私はこの初デートのお食事中に、彼と真面目な話も含めて色々な話をしたかったので、お互いの会話がきちんと聞こえるような個室席のお店などをイメージしていました。

それなのに、まさか初デートで居酒屋チェーンに入ることになろうとは!

とりあえずお店に入りましたが、案の定、若者たちがいっぱいいてやかましい店内。

席につき、彼が何か私に言ったのですが……

その声があまりにも小さいのです!

頑張って聞こうと顔を近づけましたが、周りの若者たちのノイズには勝てず……。

何度も聞き返すのも悪いなと思って、途中からは適当に愛想笑いをして時が過ぎるのを待った私。

しかも、「一人でブラブラしてる時にどこに行っていたの?」と聞いたら、なんと彼は「一人カラオケ! RADWIMPSとか歌って、一人で盛り上がっちゃったよ!」と答えたのです。

なぜそこで大切な声量を使ったの!?と、私は思わず言いそうになってしまいました。

カラオケででなく、今そのときの声量を使ってくれたらよかったのに。

こんなにうるさい店をチョイスするのなら、せめて声を張ってくれ!と。

店を出て彼と別れた途端にドッと疲れが出て、足早に帰路についたのでした……。

もちろん、その後二人の仲が進展することはありませんでした。

結局●●で出会ってデートまで進展したのは彼ひとりだけでしたが、別の相談所で知り合った男性とお付き合いすることになり、今はその方と結婚して幸せに暮らしています。

残念ながら●●では良いご縁がありませんでしたが、●●はサロンに行かなくても相手探しができるところとお値段がリーズナブルだと感じたところが、個人的にはよかった点でした。

ただ、一定期間やってみて結果が出ない場合、登録している相談所や婚活のやり方が自分に合っていないこともあるので、再検討することが必要なのだなということを、私は身をもって実感しました。

今となっては、当時の出来事はいい笑い話となっています。

仲人・アドバイザーの言うことをちゃんと聞き、しっかり自分の中に落と…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】20歳【職業】soho
【活動期間】平成31年1月~平成31年3月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
仲人・アドバイザーの言うことをちゃんと聞き、しっかり自分の中に落とし込んで活動できる人が成婚できるというアドバイスは本当だと思いました。また、恋愛経験豊富な人には非常に有利な場所だろうなと感じました。
【体験談】
●●には独自システムとして、都道府県や年齢、婚姻歴などの条件や趣味、自己紹介文からお相手を検索して申・・・・・
体験談のつづきを読む

●●には独自システムとして、都道府県や年齢、婚姻歴などの条件や趣味、自己紹介文からお相手を検索して申し込むサービスがあり、毎月8名のお申し込みが可能です。

そこに掲載されれば、一気に申し込みが殺到する「バブル」と呼ばれる現状もあり、私もこれを経験して成婚に至りました。

また、他の相談所では紹介書を見てからお相手の写真を見るという流れになりますが、●●では写真からお相手選びができる独自のサービスがあるため、「見た目から入りたい」「雰囲気重視」という人にオススメです。

こちらは年3回利用可能で、30人にお申し込みが可能。

さらに、お見合い設定をしてもらえる”コーディネートサービス”というサービスを利用すれば、アドバイザーが自分に合うお相手を見繕ってデートセッティングをしてくれるので「色々な婚活をしてきて自分で選ぶのにくたびれた」「自分に合う人が自分だけでは選べない、わからない」といった人にぴったりです。

また、●●の会員のみ参加可能なパーティ・イベントもあり、一度に大勢の人と会えますから、気分を変えて一対一のお見合いではなく、たくさんの人と出会いたいという人にオススメ。

一度お申し込みをしてお断りとなった人が鉢合わせしないよう、システムが組まれているので安心です。

私は36歳のときに「今年中に結婚するぞ!」と決めて、●●など複数の結婚相談所に登録をしました。

婚活を始めてすぐ、ある程度恋愛経験がなくては難しいと痛感することになりましたが、私は行き詰まるたび、説明会で聞いたことを思い出して活動に励んだのです。

それは、私はそれぞれの説明会で必ず「ここで結婚できる人はどういう人か」を聞いていったのですが、返ってきた答えが「仲人・アドバイザーの言うことをちゃんと聞き、しっかり自分の中に落とし込んで活動できる人」だったということ。

これはどこの相談所でも同じでした。

たった一人とのお見合いだけでとんとん拍子にうまくいくケースは珍しく、何度も断られて落ち込むことを皆が婚活では経験しますが、そうしたときにアドバイザーに相談してアドバイスを受け、その通りに動いていく、それが肝なのです。

●●のアドバイザーは、本当に親身になって色々なアドバイスを私にしてくれました。

つらいときやうまくいかないとき、人は誰かに頼りたくなりますよね。

そういうときに、アドバイザーの言うことを素直に聞けるかどうかが大事なのです。

「自分はこう信じているから」「そんなことをするのは嫌だ」なんて言わず、アドバイザーの言う通りに動いてみることで道が開けてくるのです。

また、●●では入会前の無料説明会で実際にデータマッチングしてもらうことが可能です。

「あなたの出した条件に合う人は、ここではこのぐらいです」と、リアルな人数を出してくれるのです。

その場で実際に自分の目で見てみると、より実感ややる気がわいてきます。

私はあまり厳しい条件を設定せず、500人以上に申し込みを出しました。

上に挙げたすべてのサービスを利用し、アドバイザーの意見を取り入れて婚活した結果、幸せな結婚をすることができたのです。

諦めず根気よく、アドバイザーの言う通りに頑張ることが大切なのだと私は思っています。

どのような人物がカウンセラーを務めているかが重要だと思います。結婚…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】43歳【職業】会社員
【活動期間】平成28年4月~平成28年12月
【退会理由】この結婚相談所では、好みの女性との成婚は無理だと判断したため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
どのような人物がカウンセラーを務めているかが重要だと思います。結婚できなくて悩んでいる男性に、真剣に寄り添ってくれる人物が担当のカウンセラーについてくれるか否かを確認してから、入会を決断されることをお勧めします。
【体験談】
「こんなこともあるんだ!」ということを皆さんに知ってもらいたいと思いましたので、●●という結婚相談所・・・・・
体験談のつづきを読む

「こんなこともあるんだ!」ということを皆さんに知ってもらいたいと思いましたので、●●という結婚相談所のカウンセラーから受けた最悪な対応について書いていきます。

私と同年代だというその女性カウンセラーは、最初は穏やかに私の話に耳を傾けてくれていました。

しかし、私が希望する女性の条件や私自身の仕事の話などを一通り話し終えると、彼女の本来の性格なのか、かなり率直に話をしてくるようになったのです。

「いつから坊主頭に?」という質問に、私は「20代半ばからずっと丸坊主にしています」と答えたのですが、彼女は腕組みをして「そのヘアスタイルをなんとかしたい」と言ってきたため、私は「えっ?」と内心思いつつも、自分の頭髪について説明をしました。

髪の毛が薄いので仕方なく丸坊主にしていること、つまり、禿げていることを。

彼女は「ヘアスタイル」と言いましたが、私が髪の毛を伸ばしてもヘアスタイルを作ることはできません。

醜い外見になることを避けるために丸坊主にしているのだと、恥ずかしい思いをしながら真剣に話したつもりだったのですが、彼女は引き下がりませんでした。

「丸坊主の男性でも成婚に至るケースはあります。しかし、そういう男性は体格が良いんです。スポーツマンタイプで筋肉がついている男性とか」と言い、さらに「失礼ですけど、お客様は痩せていて筋肉もついていませんよね。おまけに神経質そうな印象を受けます。これで丸坊主では、プロフィール写真を見た段階で女性はあなたを避けてしまいますよ」と続けたのです。

私は返す言葉を失ってしまい、彼女に「じゃあ、どうすればいいんですか?」と尋ねたところ、「とりあえず髪の毛を伸ばしてください。少しずつ伸ばしていって、その都度ヘアスタイルを検討しましょう」と明るい声でアドバイスをしてきました。

私は乗り気ではありませんでしたが、結婚するためだと思い、髪の毛を伸ばすことにしました。

理容室に行くのをやめ、髪の毛が約10ミリ伸びたところで再びカウンセラーと面談したのですが、なんと彼女は「すごいことになっていますね。まるで中途半端に草むしりされた草原みたい。地肌が見えちゃってるし」と言ってゲラゲラ笑い出したのです。

私はムカッとして「その言い方はないでしょう」と反論し、再びどうすればよいかを彼女に尋ねたのですが、彼女はビックリするような提案をしてきたのです。

それは、プロフィール用の写真を加工するというものでした。

私が「でも、普段の私はこの通り髪の毛が薄い状態ですから、いくら写真がフサフサの状態になっていても、このままではお見合いをしても失敗してしまいます」と言うと、彼女は「そうですね、その髪の毛の薄さではきちんとしたヘアスタイルを作ることは無理ですから、元通り丸坊主にしましょう。お見合いすることが決まったら、相手の女性には理由を話して丸坊主にすることにしたと言っておけば問題ないですよ」とあっさり言ったのです。

さらに「こんなに禿げてるとは思わなかったですよ。丸坊主の人でも、髪の毛を伸ばすとフサフサの人が圧倒的に多いじゃないですか。お客様もフサフサのほうだと思っていたんですよ」と彼女はあっけらかんと言いました。

アドバイスを受けてから2ヶ月間、職場の人たちに奇異の目で見られながらも恥をしのんで髪の毛を伸ばしてきた私の努力は無駄だったわけです。

私は無力感でいっぱいになりました。

このままこの結婚相談所で婚活をして、結婚をすることができるのだろうかと不安を感じたため、私はその場で●●を辞めることを伝え、他の相談所を探すことにしました。

カウンセラーとの相性はやはり大事だと痛感した出来事でした。

●●のカウンセラーは、私には合いませんでしたが、他の人なら合うのかもしれません。

婚活は、自分と合うカウンセラーを探すことから始まるのだと私は思いました。

皆さんも、合わないカウンセラーとの婚活はやめて、自分に合うカウンセラー、相談所を探してくださいね。

知人のすすめではなく、自分の力で良い結婚相談所を選ぶと当たりハズレ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】派遣の事務
【活動期間】平成29年4月~平成30年9月
【退会理由】良質な出会いが無かったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
知人のすすめではなく、自分の力で良い結婚相談所を選ぶと当たりハズレがないと思います。ぜひ頑張ってください。
【体験談】
私は女性ばかりの職場で働いていて、出会いにとんと縁のない日々を過ごしていたため、清水の舞台から飛び降・・・・・
体験談のつづきを読む

私は女性ばかりの職場で働いていて、出会いにとんと縁のない日々を過ごしていたため、清水の舞台から飛び降りるつもりで結婚相談所のドアをノックしました。

説明会に行く前から緊張で手が震えたことを覚えています。

でも、思ったよりも女性の数が多く、畏まった雰囲気ではなかったのでホッとしました。

「おせっかいなおばちゃんタイプの仲人さんばかりだったらどうしよう」と不安に思っていましたが、●●のスタッフさんは20代~40代くらいの女性ばかり。

綺麗なお姉さんタイプの女性が多く、ほとんどが既婚者でしたので構えることなく相談できました。

入会について2つ3つ分からないことがあったのですが、非常に丁寧に教えてくれた上、説明会に出たからといって必ず入会しなければならないというルールはないみたいでしたので、その点も好ましく思いました。

●●は全体的にとっつきやすいサロンだと感じました。

また、●●のよかった点は、スタッフさんがまるでコンシェルジュのように手取り足取り対応してくれること。

最初に面談シートを記載するのですが、どんな年齢のどんなタイプの男性が好きなのかを非常に細かく聞かれました。

「こんなことまで聞かれるの?」と感じるくらいに。

その後担当のアドバイザーと面談があり、どのような婚活をしたいのか聞かれたため、同い年くらいの男性とご縁を持ちたかった私は「多少遠い場所に住んでいる人でもいいので、実のある恋愛がしたい」と要望。

年収は少し高めの男性がよいとお願いしました。

その日から約3週間後に、「このようなタイプの男性はいかがですか?」と提案がありました。

詳しい個人情報は伏せてあるものの、相手の顔写真と職業、年齢などが記載されたファイルがメールで送られてきました。

ピックアップされた男性は5名で、皆なかなかの好男子。

「できれば2人くらい選んでほしい」と言われたので、その中で一番愛想の良さそうな人を選びました。

2週間後に、1人目の男性とのお見合いがありました。

●●ではお見合いするごとに1万円の追加料金が発生します。

アドバイザーも同席してくれて、会話を盛り上げてくれたのでとても助かりました。

ただ、お店をどこにしたら良いか分からなかったため、●●でよく利用しているという個室の高級料亭にお邪魔することになったのですが、1人5万円の料金をアドバイザーは経費で払い、お見合い参加者の私たちはもちろん自腹。

割烹料理でとても美味しかったのですが、お値段が……。

お見合い相手の男性がお支払いしてくれるのかと思っていたのですが「割り勘にしましょう」とあっさり言われ、ガッカリしてしまいました。

その後、私は月に1回くらいのペースでお見合いをこなしていきました。

毎回高級フレンチやイタリアン、割烹料理でのお見合いで、時々は男性が支払ってくれるものの約4割の確率で自腹支払い。

お金も続かなくなり、しっくりくる男性とも出会うことができず、今はもう●●を退会してしまいましたが、もう少し粘っていたら良い結果になったかもしれないと思うと内心悔しさでいっぱいです。

お見合いのお店のランクを下げるとか、お食事ではなくお茶だけにするとか、アドバイザーに掛け合ってみればよかったのですが、なかなか言えず……。

スタッフさんたちの対応はとてもよかっただけに、そういった費用面での配慮がなかった点を非常に残念に思いました。

おんぶに抱っこの状態ではなく、自分からしっかりとアドバイザーに意見が言えるようにならないといけないなと勉強になりました。

「この相談所は自分には合わないな」と思ったら、他の相談所に変えてみ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】当時は会社員(現在は専業主婦)
【活動期間】平成19年7月~平成20年7月
【退会理由】ここで結婚出来る気がしなかったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
「この相談所は自分には合わないな」と思ったら、他の相談所に変えてみるのもありです。自分の性にあっている相談所が必ずあると思います。色々な人がいますが、自分が一緒にいて、楽しいと思えれば、細かい点を気にしすぎるのはよくないと思います。
【体験談】
小規模の結婚相談所に入会していたときの話です。 そこは、マンションの一室をサロンとして使い、仲・・・・・
体験談のつづきを読む

小規模の結婚相談所に入会していたときの話です。

そこは、マンションの一室をサロンとして使い、仲人の女性がひとりで切り盛りしている結婚相談所でした。

紹介された両者が決められた日時にその部屋へ出向き、仲人を交えてお話をするというスタイル。

私がそこで紹介されたAさん。

第一印象は「あれ? 写真と違う」でした。

もらった写真よりも一回りか二周り、ふっくらされていました。

おそらく、少し前の写真を使っていたのでしょう。

その点は「まあ、そういうこともあるよね」くらいに思っていたのですが、仲人を交え、お話をしているときに私はある違和感を抱いたのです。

仲人が話題を振ってくれるのはよかったのですが、その女性がとにかくよくしゃべるのです。

仲人がAさんに質問してAさんが答える、仲人が私にも質問し、答える……ということが続きました。

それがいつの間にか、仲人が話すことに私たちが相づちを打つ、という形に変わっていったのです。

私は「全然、Aさんとしゃべってない!」と途中で気づきました。

相談所内で話したあとは外へ出て、ふたりで自由に2、3時間一緒に出歩いたり、食事をしたりすることがその日のミッションとして決まっていましたので、私たちは仲人に促されるまま公園へ行くことになりました。

Aさんはとても無口なひとでした。

会話がなかなか進まず困りましたので、プロフィールを見て知っていたAさんのお仕事のことや、ご兄弟のことを私から聞いてみました。

そうすると、質問に対してAさんは「そうです」「違います」という返事しかしなかったのです。

これでは会話が全然続きません。

趣味は電車だということを聞き出せたので、今度は電車に関する話題をふってみたところ、今まで一文だった答えが、二文、三文に長くなって返ってきたのです。

私は「あっ、のってきた!」と思って、しばらくAさんの電車トークに付き合うことにしました。

しかし、ものの数分で「もう電車の話題は飽きたな」と思ってしまったので、試しに「海外に行かれたことありますか」とAさんに聞いてみました。

申し訳ないことに覚えてないのですが、Aさんはおそらく、イギリスに行ったことがあると仰っていたと思います。

でも、語られたのはイギリスで見た「電車」のお話でした。

また電車!

結局どんな話をしても、電車の話に戻るのでした。

帰り道、地下鉄の駅の前を通ったときにAさんが「ちょっと取りにいきたいものがあるんですが、いいですか?」と聞いてきたので了解し、10分くらい待ったのですが、待っている間に「私、今日何しにきたんだっけ。何でここに立ってるんだっけ?」と思い、少し切なくなりました。

帰ってきたAさんの手にはパンフレットみたいなものが握られていましたが、私はもうどうでもよくなっていました。

Aさんは、おそらくいいひとだと思います。

善良さが全身から滲み出ていました。

嘘を言ったり、からかったりしようなんていう不誠実さは感じられないひとです。

でも、私は2、3時間のAさんとのお話にものすごい疲労感を覚えたのです。

そして気づきました。

どうして仲人の女性がほぼひとりでしゃべっていたのかを。

また、彼女がどうして近くの公園に行くことを猛プッシュしてきたかを。

Aさんが電車以外に興味がないことを仲人は知っていたのでしょう。

細かった頃の過去の写真で婚活するほどAさんに結婚したいという気持ちががあるのなら、せめてもう少し、電車以外のことにも興味を持ったらいいのにと、私は彼に対して思ってしまいました。

相談所にお断りの連絡とともに伝えた感想は、「Aさんはいいひとだと思いますが、電車に対する情熱の3割りほどを別のことにも向けてくれたらいいなと感じました」です。

もちろんそれっきりAさんとは会っていませんが、世の中にはこういうひともいるのだな、という勉強になりました。

また、仲人が一方的に話をするケースには注意しようと思ったのでした。

男性に対するアドバイスとしては、相手の女性に与えるイメージは重要で…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】44歳【職業】会社員
【活動期間】平成28年12月~平成29年5月
【退会理由】中途退会(複数の女性を紹介されたがマッチングしなかった)
【これから婚活をする人へのアドバイス】
男性に対するアドバイスとしては、相手の女性に与えるイメージは重要です。明るく、清潔感を持った男性であることが重要なようです。それについては注意なさってください。
【体験談】
●●の説明会へ行ったとき、中高年の年齢の婚活についても成功事例が多いと説明を受けたため、私は入会を決・・・・・
体験談のつづきを読む

●●の説明会へ行ったとき、中高年の年齢の婚活についても成功事例が多いと説明を受けたため、私は入会を決めました。

そして、面談したうえで入会を決断したあと、さっそく私に対してアドバイスが始まったのですが、なかなか辛辣な意見が多かったです。

具体的には「まず、外見をなんとかしましょう。婚活はイメージが大切ですからね」「髪の毛が薄いですね。なんとか、ごまかそうとしているのはわかりますが、禿げているのはわかりますよ」とのこと。

当時の私は、薄くなっている登頂部分を、周囲の毛で無理して覆い隠そうとするヘアスタイルにしていました。私は「頭髪が薄いのは悩みなんです。実は、カツラは被ることも考えているんです」と説明しました。

すると、●●の代表者は「カツラは難しいですよ。お見合いの段階では問題なくても、お付き合いが始まってから、結婚するまでのどこかのタイミングで、実はカツラだということを相手の女性に告白しなくてはいけませんから」と言い、「カツラだということがバレて破談になったケースもあるんですよ」と…。

さらに「言いにくいことですけど、実際に夫婦生活が始まって、眠っている間もカツラをかぶるわけにはいかないですよね。眠っている間もカツラをかぶっていたら、頭のサイズが変形しますからね。隣で寝ている奥さんは、驚きますよ。あなたの頭が変形しているのを見て」と言い、カツラは難しいことを力説されました。

そして「髪の毛は薄くても問題はありませんよ。ただし、禿げているのに、潔く禿げていることをさらけださない男性は嫌がられます」と言われてしまいました。

私が「どうすればいいですか」と尋ねると、代表者は「思い切って、丸刈りにしてはどうですか」と提案してきました。

「丸刈りなら、かえって女性に対して清潔感を与えます。女性は清潔感を感じられる男性に対して好印象を抱くんですよ。髪の毛が薄い男性を嫌うわけではないんです」と言い、「無理して禿げている部分を隠そうとしていると、不潔な印象を感じるんですよ。おまけに、あなたは痩せ型ですよね。痩せている不潔な禿げは相手に良い印象を与えません」とズケズケと言われました。

さらに「いまの、あなたのヘアスタイルですと、潔さを感じませんね。男らしくありません」とまで言われてしまいました。

そこで私も意を決して「しかし、まるっきり丸刈りというわけにもいきませんよね?」と尋ねました。

すると代表者から「5分刈りか、3分刈りあたりですね。とにかくすっきりさせたほうがいいですよ」とアドバイスされたので、私は、理容室に出向いて頭髪を3分刈りにしました。

翌週、再び結婚相談室に出向くと、今度は代表者と美容アドバイザーの2人と面談しました。

代表者は「ずいぶん、すっきりしましたね」と笑顔を見せてくれました。

そして「どうですか?ご自分でも意外とイメージが悪くないと思われたんじゃないですか?」と尋ねてきましたので、私は「ええ、意外と悪くないと思っています」と答えました。

すると代表者は「そうでしょう。世の中には、素敵な禿げもたくさんいらっしゃいますよ」と言いますので、少しムカつきました。

次のステップとして、プロフィールに掲載する写真についてアドバイスを受けました。

美容アドバイザーが「写真撮影するとき、頭が禿げていますから、フラッシュが反射しますけど、仕方ないですね」と、余計なことを言います。

そして「清々しい禿げ頭ですから、服装は明るい印象を与えるものを着たほうがいいですよ。間違っても黒いシャツを着ないでください。それに黒いズボンはやめてくださいね。怖い男性かと勘違いされますから」とアドバイスされてしまい、ムカッときた反面、そりゃそうだと思いました。

私が「白いズボンではおかしいですか?」と尋ねると、美容アドバイザーは「撮影するとき、白い色のズボンでフラッシュが反射して、禿げ頭でもフラッシュが反射してしまいますね」と言いケラケラ笑うため、私はゲンナリしてしまいました。

そこで「ブラウン系統のスーツ姿なら問題ないですね」と言うと、美容アドバイザーも「問題ありません」と言ってくれました。

このように、婚活で外見が重要であり、女性に与える清潔感や印象が重要とは言いつつも、ここまで徹頭徹尾、髪の毛の薄さについて言及された結婚相談所は初めてでした。

相手の趣味はしっかりと把握してからデートに行くことをお勧めします。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】36歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年1月~平成31年2月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
相手の趣味はしっかりと把握してからデートに行くことをお勧めします。変わった趣味を持っている人は、付き合っている時に後悔するかもしれません。
【体験談】
●●に入会し活動しているときに、ハローキティちゃんマニアの女性と出会いました。 彼女とは●●の・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に入会し活動しているときに、ハローキティちゃんマニアの女性と出会いました。

彼女とは●●のシステムでお見合いをして、良い感じだったので交際となりました。

その女性の方は38歳でしたが、あまりにもハローキティちゃんが大好きなことがわかり、ゾッとするような出来事になったのです。

それは、一回目のデートでの出来事でした。

私達は東京の新宿でデートをすることに。

特に女性とのデートプランなどは考えいませんでしたが、何をするのか決めるためにカフェでゆっくりと過ごすことなったのです。

カフェの店内では、とても上品で落ち着いた雰囲気を醸し出しているため、38歳になるまでなぜ結婚できないのか疑問に思いました。

お互いの趣味や学生時代の話などをしてゆっくり過ごしていましたが、突然ハローキティちゃんの話を持ち出してきたため驚いてしまいました。

勿論ハローキティちゃんが好きな女性を毛嫌いしているわけではありませんが、新しく購入したハローキティちゃんのタオルを見せてきたためビックリしたのです。

初対面の人とコミュニケーションを取る中で、ハローキティちゃんのタオルを見せつけるような行為は考えられません。

私が、初対面の女性にガンダムのフィギュアやグッズを見せつけるようなものなので、相手がどのような反応をするのかわかることだと思います。

何度も相手とデートを重ねてきたり、信頼できる関係になっていれば問題ですが、このようなゾッとするような振る舞いができる彼女に私は驚いてしまったのです。

出会ってからすぐの行動だったため、その後のテンションモチベーションは下がってしまい、すぐに帰りたい気持ちになりました。

しかしながら、すぐに帰ることは失礼になってしまうので夕方までは我慢しようと思いました。

その後カフェでお茶をしてからは、近くのショッピング施設でショッピングをすることになったのですが、ハローキティちゃんのグッズを購入しているのを目撃したのです。

ハローキティちゃんが好きなのは分かりましたが、デートをしている最中は趣味を持ち出すようなことはやめてほしかったです。

これまでの自己中心的な行動や過度なハローキティちゃんマニアだったため、女性のことを一気に興味を無くしてしまいました。

ショッピングが終わろうしていたために、デートを終わらせようと女性に提案しようとしたところ、女性から「サンリオピューロランド」に行きませんかとの逆提案をうけることになったのです。

サンリオピューロランドのことを全く知らなかったためどのような施設なのか聞いたところ、キティちゃんのテーマパークだったことがわかりゾッとしていました。

勿論、この後用事があることにして断りましたが、そのことを伝えた時の女性のリアクションもあっさりしたものだったので出会ったことに後悔しました。

サンリオピューロランドは子どもや家族向けのテーマパークであり、大の大人がデートスポットで訪れるところではないと感じます。

サンリオピューロランドを否定することはありませんが、自分の趣味を押し付ける女性の行動に腹が立ちました。

もう少し相手のことを思いやり、自己中心的な行動は避けてほしいです。

出会う相手がどのような趣味を持っているのか、しっかり把握していなければ同じようなことにあってしまうので気をつけようと思っています。

自宅に帰ってからは、1日無駄にしてしまったことや、もっと早めに帰っても良かったのではないのか考えこむようなりました。

相手のことを思って早めに切り上げることはしませんでしたが、今思えば後悔しています。

様々な女性と出会ってきましたが、初めて出会った人に対して趣味を押しつけたり、ハローキティちゃん大好きアピールをしてくる人はいませんでした。

相手の女性が38歳になるまで結婚できない理由がわかりました。

出来るだけ長い時間を二人で共有して判断した方がいいと思います。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】36歳【職業】会社員
【活動期間】平成28年4月~平成30年1月
【退会理由】金銭面
【これから婚活をする人へのアドバイス】
出来るだけ長い時間を二人で共有して判断した方がいいと思います。
【体験談】
私はどちらかというと昔から奥手で人と話したりするのはそんなに好きではなかったので、お付き合いした経験・・・・・
体験談のつづきを読む

私はどちらかというと昔から奥手で人と話したりするのはそんなに好きではなかったので、お付き合いした経験もそんなにありませんでした。

ですので、周りの友人や同世代の会社の同僚がどんどん先に結婚をしていくのを見ていて、自分も努力をして結婚をしようと決意し、相談所に入会しました。

入会して何人かの女性と出会ったりデートや食事に行きました。

それほど出会った人数も多くない中でびっくりした経験がありました。

その人とは相談所に登録してから5人目ぐらいに会った人で写真では目元や顔立ちのハッキリしたタイプの女性でした。

初めて会ったときからとても礼儀正しく「初めまして〇〇です、今日は宜しくお願います」と丁寧な挨拶で、ランチで食事をしている時もきちんと私の顔を見て喋って愛想も良くて少し品のある感じの女性でした。

1回目はホテルのカフェで1時間のお見合い。

その時はお互いの自己紹介や趣味や好きなことを話しをしたぐらいの事で終わり、趣味が二人とも映画が好きだという事と相手がお酒が好きだという事だったので次回は映画を観る約束をして解散しました。

2回目の映画デートは昼間に見に行ってそのあとカフェでまたお互いの事について話しをしました。

私が昔から奥手で結婚できない事を話すると、「奥手なのは優しい人が多いから結婚には実は向いているはず」とか「もっと自分に自信を持ってください」とか前向きでズバリと物事を解決するようなタイプの人で、言いたいことはちゃんというような性格の人だという事がわかってきました。

奥手な私とはバランスがとれていいのかなと勝手に考えたりしていました。

相手の女性も結婚願望が強く、なんとなく話をしていい感じかなと思っていました。

ところが3回目のデートで夕食をお酒が好きと言っていた事もあって、居酒屋デートをした時にびっくりする事件が起こりました。

お互い三回目で少しずつ距離感も縮まりはじめたころで、お酒好きだと言っていたので飲み放題のコースでお店に入りました。

一杯目はお互いにビールを注文していつもどおりお互いの事を話しており、最近のお互いの近況や、お互いの会員での出来事などを話していました。

そこからお酒もだんだん進んできて、過去の恋愛や失敗についての話をするようになってきました。

相手の女性もお酒が進み、私は「奥手なので、いいなと思う人がいても今まで好きな事を伝えるのが苦手で勇気がない」とか「この歳で結婚できてないのは自分がダメなところが他人より多いからだ」という話をしていたら、お酒の力もあってなのでしょうが、いきなり彼女が大きな声で「何言ってんの??バッカじゃないの!」と怒鳴りだしたのです。

「初めて会った時からほんとに小さいことやしょうもないことばっか気にしてんじゃねーよ!男だろうが!」と。

お店の中で周りにお客さんがいるのもおかまいなしに、「だいたい根性がなさすぎ、一回気合い入れなおせよ!」と、どんどん声が大きくなります。

私もいけないのですが彼女がこんなにお酒で豹変する人物だと思わなかったので、それ以降は相談所に「交際を辞めます」と言って、一切連絡をとりませんでした。

私の中でとてもびっくりした体験でした。

正直、運ですね…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】34歳【職業】会社員
【活動期間】平成29年6月~平成30年2月
【退会理由】ろくな人を紹介されなかったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
正直、運ですね
【体験談】
●●●には本格的に婚活を行いたいという確固たる意志から入会を決めたのです。 初回の説明を受けて・・・・・
体験談のつづきを読む

●●●には本格的に婚活を行いたいという確固たる意志から入会を決めたのです。

初回の説明を受けて、とても実績のある結婚相談所だと思いましたし、説明の際のカウンセラーの方が非常に親切にしてくださったので期待していたのです。

お見合い料が無料という点も素晴らしいですし、実際にここで10件以上のお見合いをしてきたのですが、結論から言ってろくなものではありませんでした。

最初の方にお見合いを行った女性は僕の顔を見た瞬間、学歴や家族構成を一通り聞いた後、時間の無駄だと思ったのでしょう、こちらからの質問はなあなあですぐにお見合いは終了してしまいました。

このお見合いで僕は心に傷を持ってしまいましたし、学歴や年収が相手の意に添わなかっただけでこんなにも下の扱いを受けなければならないのかと非常に落ち込んだのです。

唯一の救いはその後のカウンセラーの方のフォローが優しかったという事で、その後もしばらくはお見合いの紹介が届いても返信することができませんでした。

その後のお見合いではなんとデートを行う事も決定したのですが、よく考えてみればお見合いの段階からなんだか心に闇を持っているような雰囲気の人であり、デートをしている途中でも最初はしゃべっていたのですが、後半になっていくとだんだんと互いに喋らなくなってしまいました。

これは、こちらからどんどん話しかけるべきだったのですが本当に彼女にたいして喋ることというのが早々に尽きてしまいました。

こちらが適当にあのお店可愛いですね?と聞いてもリアクションが薄いタイプの性格の人でした。

リアクションが良くないとこちらも気に沿わないのかなと思ってしまいますし、やはりこちらの反応に対してリアクションが大きい人が僕の好みだと思いました。

この段階でお見合い人数は5人程度なのですが、一向に結婚の兆しが見えてこない現状にだんだんと疲弊していきました。

僕のイメージでは1人か2人目の段階で直ぐに結婚を誓い合ったパートナーができるというイメージだったのですが、現実はそう簡単にうまくいくものではないのだと実感しました。

6人目の段階で僕はお見合い相手の条件を緩和することを決定します。

20代に絞っていた範囲を30代後半までに広げました。

そこから紹介された女性というのが僕よりも5歳年上の女性であり、その方とは年が離れているのでやや会話がかみ合わないという印象がありましたが、とりあえずデートを行ってみる事に。

ですが彼女は年上で年下の僕を引っ張っていきたいという欲が強かったのでしょう、何かにつけて僕に指示を出してくるのです。

正直これはデートではなく引率の生徒と先生であり、デートなのにとても窮屈な思いをしたので彼女は無いなと思いお断りをしたのです。

この段階でかなり女性不振を発症しているのですが、せっかく高い入会料金を支払って利用しているので元を取らなければならないという思いも強く、しばらく休んだのちまたお見合いの連絡に対応していったのです。

ですがその後もお見合いできた女性はすべて上記に該当する特徴を持ったような人ばかりで、最終的にはここで恋人も結婚相手を作るという事も出来ずに退会をしてしまったのです。

婚活パーティにも参加してみたのですが、こちらも誰ともマッチングをすることなく終了しました。

せめてもの収穫といえば女性と数人とデートをできたという実績であり、これは僕の中で結構な思い出となっているのですが、僕の理想の人は最後まで現れませんでした。

写真を加工がすごい人もいるので、会うときはあまり期待しすぎないほう…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年4月~平成31年10月
【退会理由】成果が得られなかったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
写真を加工がすごい人もいるので、会うときはあまり期待しすぎないほうが良いかもしれません。
【体験談】
●●は、相手を自分で探して自分からアタックを行っていくという形式の結婚相談所です。 自分の好み・・・・・
体験談のつづきを読む

●●は、相手を自分で探して自分からアタックを行っていくという形式の結婚相談所です。

自分の好みの見た目の女性にピンポイントで向かう事ができるシステムが気に入って、●●に入会しました。

結論から言うと見た目でアタックした人と実際に会ってみると、ああ写真を加工していたんだなという感想しか抱きませんでした。

一人だけ相性がいいなと思い、相手側もそう思ったのか一緒にデートを行う中になった人もいますが結局は性格の不一致で縁がない状態になってしまったのです。

基本的にここで婚活をしていた約1年間は非常にスローペースで進んでいきました。

月に1回紹介されればいい方であり、僕の見た目が悪いことが原因かどうかはわかりませんが、相手側が僕を選んでくれるという事はほぼありませんでした。

そうなってくると自分から選んでいくしかなくなってくるのですが、先ほども申した通り僕が選んでいく女性はたいていが写真を加工している確率が高いので、実際に会ってみた時にギャップがものすごいことが欠点です。

僕の女性を見る目線が完全に一般的な美人という物を基準に見ていることがこれらの原因となるのですが、あまり言いたくありませんが結婚するのであれば見た目が良い人と結婚を行いたいと思っています。

そのためのこの結婚相談所を選んで自分で女性を選択しているわけで、アドバイザーが僕に合っている女性を選んで紹介された場合には、どうしても見た目が僕と同レベルの人を紹介される未来しか待っていないと思うのです。

こんなことを言っていると当然こんな僕を好きになってくれる美人の女性なんて人はこの世にいない可能性がありますし、たまに月一で僕を選んでくれる女性がいたとしても当日ドタキャンされてしまったという事も経験してトラウマになりました。

そのため●●にはあまりいい思い出がありませんし、結果としてこの相談所で結婚に至ったり恋人を作るという事はついにありませんでした。

また完全にマッチングをAIに任せて行うというものも行ってみたのですが、いざ紹介された女性を合ってみるとピンとくるような人と出会う事ができませんでしたし、なかには私に紹介される男がこんなやつだなんてがっかりと面と向かって言われたモラルのない女もいました。

僕はトラウマを作るために高いお金を払ったのではありません。

しっかりと結婚相手を探すために入会したのであり、女性側も男だからといって感情のままに言いたい放題言うのではなく、嫌なのであればそれとなく断ればいいのにと思いました。

その理論で言うと、僕だって感情のままに女性を罵倒する権利くらいはあると思いますし、実際に言ってもいいと思います。

ですが、僕はそこのようなことを言える人間ではなく、実際にのようなことを思っていても相手が傷つくのではないかと怖くて言えません。

言ってしまったとしてその女性とトラブルになることは確実です。

圧倒的に弱い立場での婚活となってしまったのですが、婚活パーティを紹介されて、そちらの方にも参加を行ってみたのですが、誰からも指名されずに食事を食べて帰ってきました。

僕は29歳と比較的若いはずなのにこんなにも人気がないという事は僕の見た目が劣っているかにじみ出る性格の悪さが原因なのでしょう。

退会して現在は何もしていませんし、ここでの経験から女性恐怖症になってしまったのでしばらくは婚活は控えたいと思っています。

なぜこのレベルの人が結婚相談所に登録しているのかを深ーく考えるべき…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】31歳【職業】会社員
【活動期間】平成30年4月~平成31年3月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
なぜこのレベルの人が結婚相談所に登録しているのかを深ーく考えるべきでした
【体験談】
私が●●に入ってから初めて会った人とのことを書いていきます。 彼女は30歳の女性で、年収や容姿・・・・・
体験談のつづきを読む

私が●●に入ってから初めて会った人とのことを書いていきます。

彼女は30歳の女性で、年収や容姿を始めとした条件のほとんどが私が希望した条件と一致してしていました。

よくよく考えたら、なぜこのレベルの人が結婚相談所に登録しているのかを深ーく考えるべきでしたね。

初めてのお会いした後にカフェに入り、色々と話をすると相手方と趣味が合うこと合うこと。

不思議な縁だ、運命だと勘違いしてもおかしくないほどに理想的な方でした。

何度かお会いするうちに、知り合いのお宅のホームパーティがあり、一人では参加しにくいからと言われて、彼氏気分での参加を二つ返事でしたところから少しずつおかしくなっていきました。

まずそのホームパーティで伺った都内のマンション、これが豪邸とも言えるマンションで場所も一等地、最上階、迎えに来てくれた方の車も高級外車でした。

やはりすごいお友達がいるな、くらいに感じていたのですが、いざパーティが始まってみると様子は一変しました。

少しのお酒が入り、少々の時間が過ぎた頃に急に始まるプレゼン大会。

「この商品は…」「こんなに素晴らしいもので…」と言った、あからさまな営業。

そうです、彼女は某有名ネズミ講まがいのセールスをしている人だったのです。

後から調べましたが、その某有名ネズミ講まがいの会社は売上が高い人は表彰などがあるらしく、写真を見るとスタイルや顔が良い方が多く、まんまと手法にひっかかるところでした。

その日はその方のマンションの一室に泊まれると聞いていたので、アルコールも入るしと思い、泊まる気満々で来ていたので当然帰る足もなく(というか、彼女の友人の所有車で来ていたので最初から逃がさないようにしていたのでしょう)仕方なしに話を聞いては興味のあるふりをしてなんとかお茶を濁していました。

2、3時間立って、信者の人たちの熱狂的な販売促進活動やパーティも落ち着き、いざ就寝の部屋に行くと、彼女がもう少し飲みたいと誘ってきました。

この時点で私の中では騙されたまではいかないものの、おそらくエサを撒かれて釣り上げられたんだろうなと考えていたので、冷たくあしらおうとしたのですが、さすがそこは歴戦の販売員です。

色気作戦も使ってきたのです。

そこまでして売上を上げる必要があるのかと未だに疑問ですが。

商品に興味はあったかという話から始まり、段々とお酒を進めてきては大人の雰囲気になり、私としてもタダで帰るのはもったいないなくらいの精神で受け答えしていました。

ただ肝心なところまで踏み込もうとするとそこは上手にはぐらかしてくるので、最早そのやり取りを楽しもうかなと思うくらいでしたが。

特に大きな事は何もなく、あくる朝に本部のある都心のビルで大口の説明会があるから行こうよと誘われました。

大勢がいる中で断るとまた面倒だなと思ったので、その場では行く方向で検討すると伝えて、後日お断りの連絡をしようと考えていました。

するとまた彼女が豹変してきました。

もう可愛いそぶりを出すような事もなく、釣った魚にはエサはやらんばりに露骨な営業をしてきました。

最初からネズミ講まがいには興味がなかったので、色々な理由を託けては本社に行かない作戦を取ってきたのですが、いよいよ業を煮やしたようでパワープレイに出てきたのです。

ある晩急に「近くで飲んでたんだけど帰れなくなった。部屋の隅で良いから寝かせてほしい。迷惑はかけない」と連絡が来ました。

「そんな訳あるか」と思いながら、ワンチャンあるかなと面白半分で了承すると、早速彼女が家に来ました。

大きな外車に乗って…笑

「たまたまこの間のパーティの先輩に会ってさー、一緒にまた先輩の家に行こうよ」と。

先輩と一緒であれば大丈夫だね、明日も仕事だからと追い返し、その後は連絡も一切取ることをやめ、相談所の方にもそれとなく内容の方は伝えておきました。

その後に何人か相談所からの紹介も貰いましたが、あまり良い方とは巡り会えず退会する運びになったのですが、その理由も知ることが出来ました。

相談所関連でたまたま知り合った人から聞いた話ですが、そのネズミ講女が私宛に相談所にクレームを付けていたとのことでした。

内容としては無理矢理部屋に連れ込まれそうになった、私や友人が裕福と知り金策をしてくる等、ある事を捻じ曲げて伝えていたり、そもそもない事を伝えていたりと散々な事をクレームとして言われていたようです。

そのせいもあってか、中々良い話を頂けずだったのかもしれません。

スタッフさんや相談所としてはとても良いところでしたが、今回の相談所に限らず相談所の中にはこんな爆弾案件も潜んでいる場合があると心に刻んで頂ければと思います。

結婚相談所に登録している異性が全員、いわゆる普通の社会人とは限りま…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】39歳【職業】会社員
【活動期間】平成25年10月~平成26年2月
【退会理由】良縁に恵まれなかったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所に登録している異性が全員、いわゆる普通の社会人とは限りません。 結婚相談所はプロフィールを見て、入会を審査するだけだからです。 ですからお見合いをした結果、特別な趣味を持っていたり、独特な信仰心を持っている異性とお見合いをする可能性があることに留意すべきだと思います。
【体験談】
結婚相談所に入会して2ヶ月後にお見合いをすることができました。 カウンセラーの方から「是非、ご・・・・・
体験談のつづきを読む

結婚相談所に入会して2ヶ月後にお見合いをすることができました。

カウンセラーの方から「是非、ご紹介したい」と熱心に勧められて、私の方からお見合いを要望しました。

その女性は私よりも2歳だけ年下でしたので、仮に結婚に至った場合でも、子供ができるかどうか不安に思いましたが、とりあえずお見合いをして会ってみることにしたのです。

原宿にある喫茶店で、カウンセラー同席のもと会ってみると、私好みのタイプの女性でした。

控えめで、おとなしめな女性でした。

そして、1時間ほど喫茶店で話をした後、私と彼女の2人で街を散歩することになりました。

私が彼女に、「とりあえず表参道方面へ歩いてみましょうか」と尋ねると、彼女は「明治神宮に行きませんか?」と私を誘いました。

そして、2人で明治神宮の長い参道を歩き始めました。

彼女が神道に傾倒しているのかどうかは分からなかったのですが、神宮内での作法をきちんと行いました。

鳥居をくぐるときには、必ず深々とお辞儀をしていました。

このため、私も慌てて同様に鳥居をくぐるときにはお辞儀をしました。

参道を歩いている時、彼女はまっすぐ前を見て歩いていました。

私の顔を見ようとはしませんでした。

しかし、私には話しかけてきます。

「どうです。空気がきれいでしょう」とか、「6月になると菖蒲園がきれいなんですよ」など、私に教えてくれます。

そして、明治神宮の社殿にたどり着いて参拝をして、その日のデートは終わりました。

彼女とは原宿駅前で別れました。

私は、「今日はありがとうございました」と彼女にお礼を言い、彼女は私に「ごきげんよう」と言いました。

こんな形のお見合いがあるのか?と内心思いつつ、「しかし彼女はお嬢様だから、ああいう振る舞いをするのかもしれない」など自問自答しました。

結婚相談所には、デートの結果を電話で報告をして、彼女とはまたお会いしたいと伝えました。

この時は積極的にお会いしたいという訳では無く、彼女という人間は一体何者なのかということに興味が沸いたのです。

私も神社仏閣は好きですので、彼女とは相性が良いかもしれないという期待感も抱きました。

数日後、結婚相談所から連絡がきて、彼女も私とまた会いたいと言ってくれているとのことでした。

そして、その次の休日に再び、彼女と原宿でお会いしたのです。

昼間でしたので、喫茶店で2時間ほど話をしました。

ところが、あまり彼女は自分の家族の話や、仕事の話はしてくれません。

彼女は、「宇宙の神秘に関心ありますか?」と尋ねてきました。

私は思わず「なんですか、それ」と聞き返しました。

すると彼女は「長い人生を生きていると、辛いことや苦しいことがあるでしょ。そういう時に、どう対処すべきかを教えてくれるんですよ」と私を教え諭すような言い方をします。

さらに「高輪に良い場所があるんですよ。これから行きませんか。気持ちが落ち着いて、自分をじっくりと見つめ直すことができますよ」と嬉しそうな表情で言うのです。

思わず私は「行きましょう」と言ってしまいました。

その高輪の良い場所というのは、古いワンルームマンションの一室でした。

彼女が呼び鈴を鳴らすと、私たちと同年代の女性が出てきて、「あらー、今日はどうしたの?」と驚いた表情を見せます。

すると彼女が、「私のお友達がどうしても神秘を体験したいと言うから連れてきたんですよ」と言うのです。

そして、部屋に通されました。

この女性が普段生活している部屋にも思えましたが、一画に三角形のテントのようなものが置かれていました。

壁一面には一見、宗教的な絵が何枚も置かれていました。

「あのテントの中に入って瞑想をすると、気持ちが落ち着くのよ。入ってらっしゃいよ」と、しきりに彼女が勧めてきます。

私がためらってじっとテントを見ていると、彼女が「じゃあ私がお先に使わせてもらおうかな」と言って、テントの中に入り、目をつぶって瞑想し始めました。

私はこの間、この空間を見回して、宗教的な絵を何枚も見ました。

すると女性が「どうですか、絵を見ているとパワーをもらった気持ちになりませんか?」と尋ねてきます。

そう言われると、私もそのような気持ちになってきて、「この黄金で描かれた仏像の絵なんか良いですね」と言いました。

その女性は「そう思いますか?あなた、敏感ですね。この絵がこの部屋の中にある絵の中では一番パワーを持っているんですよ」と力説するのです。

このような会話を私がしていると、彼女がテントから出てきて、私に「あなたも瞑想してごらんなさいよ。気持ちがスッキリするから」と再び勧めてきました。

そしてテントの中に入って、瞑想を始めました。

ところが私が瞑想を始めた途端、彼女が「じゃあ、私は今日はこれで。〇〇さん、後は彼のことお願いしますね」と言って、マンションから帰ってしまったのです。

私がテントの中で唖然としていると、女性に「あら、もう瞑想は終わりかしら。こちらでお茶を飲みませんか」と言われ、この女性と2人で向き合ってお茶を飲みながら、宇宙の神秘の話を聞かされました。

この時、私は「嵌められかかっている」と気がついたのです。

この部屋の住人からは、絵を一枚買うように何度も何度もしつこく勧誘されましたが、私は逃げるように帰ったのです。

それ以来、私はお見合いをした彼女とは会っていませんし、結婚相談所もさっさと退会したのでした。

やはりまずは、大手の結婚相談所を選ぶべきだと思います。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】29歳【職業】会社員
【活動期間】平成24年4月~平成26年1月
【退会理由】他の場所で彼女が出来たため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
やはりまずは、大手の結婚相談所を選ぶべきだと思います。
【体験談】
やはり30代近くになってくると、両親からもプレッシャーがあり、それで自分も渋々婚活をすることにしまし・・・・・
体験談のつづきを読む

やはり30代近くになってくると、両親からもプレッシャーがあり、それで自分も渋々婚活をすることにしました。

とは言っても、ナンパや合コンなどは苦手なので、自分から出会いを求めるとなると、ここは結婚相談所を利用するべきかなと思いました。

結婚相談所に関しては、やはり大手のお店が信頼できると思いますし、なにより会員数も多いという点が嬉しいですね。

東京都に住んでいるので結婚相談所の件数はとても多いのですが、自分が選んだのは●●という大手の結婚相談所でした。

公式サイトを見てみると、仲介式となっているそうであり、中には定額で紹介をしてくれる辺りが大手の自信を感じました。

さて、実際の大手結婚相談所というもののイメージについてですが、やはりちゃんとした女性が揃っているんだろうなと思う反面、その彼女らのハードルも高いのではという不安がありました。

自分はなんというか、田舎臭い感じが抜けないこともあり、恋愛経験なども少ないのがとても不安な点でした。

まずは初回ということで、実際に●●にて無料コンサルティングというものがあるんですが、これにどんな服装で行けば良いのか分かりませんでした。

まぁでも無難にスーツでも良いのかな?と思いましたが、ひょっとしたら仲介人に何か文句を言われるのかもと不安になりました。

多少の気後れはあったのですが、なんとか自分を奮い立たせて無料コンサルティングに行ってみました。

大手ということでお店の雰囲気は綺麗で、自分には場違いな感じがしましたが、スタッフさんの説明はとにかく丁寧で感心しました。

実際にプロフィールなどを聞いてくるのですが、やはり田舎臭い感じが出てしまっているせいか、どうも調子が悪い感じがしました。

でも、さすがそこは大手のスタッフさんです。

なぜかそこで野菜のトークになってしまいました。

スタッフさんの実家が農家ということで、自分も田舎暮らしが長かったので、なぜか懐かしさを覚えてしまい、次第にリラックスすることが出来て、色々な相談をすることが出来ました。

女性との出会いも縁ですが、仲介人に関しても縁というものを感じることもあり、インスピレーションでこの結婚相談所にしてみようと思いました。

スタッフさんはちょっと年齢のいった方だったのですが、どこか実家の母の様な感じがして、この人なら大丈夫だと思いました。

そんな訳で、野菜トークから縁が始まったこの結婚相談所とそのスタッフさんですが、実際に紹介してもらう女性に関しては、やはり大手ということで、とても良い女性が多かったですね。

良い女性という点に関しては、ハードルが高いという点にも現れて、その辺はちょっと自分の年収とか仕事関係だと望めないかなと思いました。

しかし、こういうところも婚活男性によくある悩みなのかもしれません。

また自分は田舎暮らしが長かったので、女性への対応の基本が出来てないように感じ、それについても担当のスタッフさんに色々アドバイスをいただきました。

「いただいたもの」についてですと、アドバイス以外にも、野菜好きなスタッフさんに農家の実家から送られてきたという野菜などを個人的にいただいたりもしましたね。

ヘルシーな野菜についての話題は、女性とのトークに使えるということが分かりましたし、少し深く付き合いが進んだ女性を家に招いた時に、そのスタッフさんの野菜を料理したところ、とても好評だったのはよく覚えています。

縁というものはどこから繋がるのか分かりませんし、最近では自宅で野菜を育てる男子や、アイドルも農業をする時代ですし、全体的にこういった男性のウケが良いという点を学べたのは大きかったですね。

婚活に関しては、やはり個人差がありますし、実際に大手の結婚相談所ということでサポートなど、とても充実をしていました。

個人的なアドバイスなどもあり、女性への対応も少しはマシになった気がします。

しかし、男女の縁というものはどこから結びつくのかは分からないものであり、結婚相談所以外の場所で彼女が出来てしまいました。

こればっかりはどうしようもないのですが、しかし、この彼女が出来たきっかけというものが、あの野菜好きのスタッフさんからもらった農家の野菜でした。

彼女も野菜が好きかというと、実は全然そうでは無く、お肉大好き派だったのですが、この野菜を食べてみたところ、野菜も案外イケるという話になり、そのへんがきっかけで付き合うようになりました。

ある意味、正反対な趣向なのですが、カップルというものは反対な性格だったりすると、案外上手くいくという話もあります。

やはり恋愛は一生掛かっても理解できないものだと思いますね。

無料コンサルティングなどは実際にとても良かったので、悩んでいる方は一度受けてみると良いと思います。

婚活は「マッチングコーディネーターの方次第」と言っても過言ではない…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】36歳【職業】現在はフリーライター、婚活当時はサラリーマン
【活動期間】平成26年4月~平成26年9月
【退会理由】結婚相談所を介しての結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
婚活は「マッチングコーディネーターの方次第」と言っても過言ではないくらい、コーディネーターの人柄と観察力の鋭さは重要なポイントですので、結婚相談所や婚活サービスを選ぶときには、コーディネーターのキャリアと人間性をよく見極めておくことをおすすめします。
【体験談】
私は2013年にインターネット&カウンター形式の婚活サービス「●●」を利用して、現在の妻と結婚しまし・・・・・
体験談のつづきを読む

私は2013年にインターネット&カウンター形式の婚活サービス「●●」を利用して、現在の妻と結婚しました。

私は21歳の時に、前妻と結婚して1年足らずで離婚した経験があったため、女性不信に陥っていましたが、周りの知人や友人がどんどん結婚しているのを見て焦りを感じ、4年前の4月に「とにかく婚活をしなければ」と思って入会したのが●●でした。

しかし、●●での婚活は私が想像していたよりもずっとフランク、いえ、少し親しすぎるくらいの関係を私の担当女性と結ぶこととなり、てんやわんやの婚活が始まったのです。

私は2013年4月に初めて●●を訪れ、正式に入会しました。

しかしその際、●●の私の担当になったYさんが、私の想像を超えるキャラクターの持ち主だったのです。

Yさんは年齢は33歳で、一見すると普通の女性会社員のようなルックスの方なのですが、Yさんの説明する姿が「まるで女性議員」のように力強く、弁舌を振るう感じで、私は初回の●●の訪問で、すっかり「Yリズム」に乗せられてしまいました。

この「Yリズム」とは、まるで友達のように親しく話してくる一方で、「婚活は相手の気持ちも考えること」「焦って行う婚活に勝機はない」など、格言や名言を話す政治家のような口調で、婚活の要点についてのアドバイスをしてくれる独特のリズムです。

最初は●●の店内で「Yリズム」を聞いて、キツネにつままれたような感じになったのですが、Yさんの話を聞いていると、「確かにその通りだ」ということが多く、初日のカウンセリングは通常であれば30分と決められているにもかかわらず、1時間30分近くYさんから婚活のアドバイスをいただいたことで、「信頼できる担当者だな」と感じ、●●への正式入会を決めることとなりました。

ここまでであれば、「結婚相談所によくいるパワフルな相談員」ということで片付くのですが、●●のYさんは、私の担当になってから色々な身の上話を聞かせてくれました。

そして、マッチングアドバイザーであるYさんと徐々に親しくなった私は、●●の閉店時間間際のカウンセリングを受けている際に、「時間外のプライベートな身の上話」ということで、私が21歳の時に別れた前妻のことや、パチスロに狂った元夫のギャンブル癖が原因で離婚したYさんの元夫のことを、●●の近隣にあるファミレスで、お茶を飲みながら話あったりしました。

驚いたのは、マッチングアドバイザーという職業に就いているYさんは、仕事の時間外でも私の婚活についてのアドバイスをしてくれたことです。

特にビックリしたのは、Yさんとファミレスでお話をしている時に、「ギャンブル好きの男性は総じてクズ」などという強めの言葉で、「ギャンブルをしては再婚のメドは立たない」というアドバイスを貰った時でした。

何でも、Yさんの元夫はパチスロ狂いで、借金を400万円以上抱えており、そのことをYさんに黙っていたそうです。

それが原因でYさんは元夫と離婚したそうです。

そんな「かなり深い身の上話」や、「再婚を成功させるにはまずギャンブルをやめること」といった、突っ込んだ部分にまでアドバイスをもらい、私の婚活は順調に進んでいきました。

●●に入会して、カウンターの担当者であるYさんからアドバイスをもらうこと3ヶ月目。

その日、いつものように●●のサイトにある自分のページに、「お相手のご紹介」があるのを確認し、その中の一人の女性に目が留まったため、お申し込みをしました。

●●は、マッチングコーディネーターの方(私の場合はYさん)がお相手の方を紹介するシステムのため、Yさんが選んでピックアップしてくれた女性は、どなたも私の希望する条件をクリアしており、尚且つ、私が望んでいた40代以下という条件もクリアしていました。

そして、私が申し込みを行った女性会員の方からお返事が来て、実際に会うことに。

ファーストコンタクトでは、Yさんおすすめの赤坂のお店で、初めてお相手の女性と会うこととなりました。

その女性が現在の妻です。

Yさんは、私たちのマッチングを行う際に、私が多少ギャンブルをすることを踏まえ、私のギャンブル癖をコントロールしてくれるような身持ちのしっかりした女性をピックアップしてくださいました。

その後、●●の規定で、Yさんとはお会いすることが出来なくなったのですが、最後にYさんがくれた私宛のメールには、「ギャンブルはほどほどに」と書いてありました。

入会するなら仲人型で成果報酬(成婚料)が高いところがいいです。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】29歳【職業】会社員(当時)
【活動期間】平成20年3月~平成27年9月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
入会するなら仲人型で成果報酬(成婚料)が高いところがいいです。
【体験談】
7年~8年前に退会しましたが、●●で婚活していた時の話です。 当時、まったくモテなかった私は●・・・・・
体験談のつづきを読む

7年~8年前に退会しましたが、●●で婚活していた時の話です。

当時、まったくモテなかった私は●●に入会し、婚活をしていました。

自分のスペックはそこそこ良いので、紹介された女性と会えるものの、次へ進めずに断られるというダメなパターンを繰り返していました。

今回紹介するのは、その時に出会ったとんでもない女性、C子さんのお話です。

見た目はそこそこで、初回の面接を何とか突破することができ、次回のランチデートの約束を取り付けることができました。

私が「どこがいいですか?」と聞くと「そうですね、自然食っぽいおしゃれなレストランが良いです」と彼女が言ったので、私は探しに探して、新宿伊勢丹のレストランでマクロビオティックを扱っているお店を見つけました。

メールにて、私が「いつにしましょう?」と聞くと「〇日の土曜日、ランチがいいです」と言うので、「予約しますね」と言って予約を入れました。

こうして土曜日のランチデートが決まったはずでした。

そして、デート当日の土曜日。

待ち合わせ時間になっても、待ち合わせ場所にC子さんは現れません。

不安になってメールをしました(当時はLINEがない)。

C子「すみません。少し遅れます。寝坊しちゃって」と返信がありましたが、その後15分待っても彼女は来ません。

私が「あとどのくらいかかりそうですか?お店に連絡しないと」と送ると「あと30分くらいです。すみません。近くの喫茶店にでも入っていてください」とのこと。

私は何か感じるものがあり、喫茶店に入らず待つことにしました。

お店には連絡を入れて、「最悪連れが来ないかもしれませんが、その場合、私が2人分食べます」と伝えました。

30分経ってもやはりC子さんは来ません。

メールにて再度、「いまどこですか?」と連絡しました。

すると、彼女から「電車逆に乗っちゃって、今淡路町です」と返信がありました。

都内在住の人が電車を逆に乗って気付かないはずはありません。

そう、C子は最初からすっぽかす気満々だったんです。

ランチの予約をさせて、喫茶店にも入らせて、意図的に私に散財させる目的です。

単なるすっぽかしではなく、これは悪意を持った犯罪行為とも言えました。

お店に連絡すると、「大丈夫です。カウンターで1人分だけ用意しておきます」というありがたいお返事でした。

料理は最高、私のお店選びは間違っていませんでした。

でもC子は許せません!

単なる無断キャンセルやすっぽかしでは無く、悪意を持った行為に憤慨し、●●のアドバイザーのおばちゃんに電話をしました。

おばちゃん「いや、そういうことはお客様センターに言ってください」

私「え?だって入会する際には『何でも聞いて』と言ったじゃないですか!」

おばちゃん「こういう専門的なことは分からないので、まずお客様センターに連絡してください」

まぁ、後で知ったのですが、●●のアドバイザーは単なる歩合制の営業。

入会させるのが仕事であって、その後は知ったこっちゃないという態度でした。

仕方なく、総合窓口であるお客様センターに電話することにしました。

私「悪意を持ってすっぽかされて、時間とお金を無駄にしました。C子についてブラックリストに載せるなり、退会させるなりしかるべき処分をお願いします」

窓口「えーと、こういうお二人のことはここでは取り扱えかねます。お2人のお付き合いのことですから、あとは当人同士で解決していただかないと。先方にも言い分があると思いますし…」

私は「言い分?向こうが100%悪いですよ。私のどこに落ち度があったんですか?」と聞くと、「いや、それは私どもには分かりかねますし、どうしようもないです」という感じで話になりません。

こういうトラブルはあるはずなのに、対応するマニュアルが無くて、色々な部署をたらい回しにされる。

そして、何も解決しないという事なんですね。

10,000円を超える月会費は、一体どこに消えているのでしょうか?

この件で分かったのは、結婚相談所と言いながら何一つ相談に乗らず、何かあっても当事者に丸投げする●●の姿勢です。

これで一部上場企業なのだから笑えます。

お客様センターの人も、恐らく社員ではなく、派遣か何かなんでしょう。

人の人生をかけた活動を支援するはずなのに、支援をせず放置する。

後は適当にコンピューターでマッチングした異性を紹介するだけ、というのはどうなんでしょうか?

結局●●で婚活していた間は、何一つ具体的なアドバイスをいただくことが出来ませんでした。

そしてC子については退会することもなく、何年も居座ったようです。

メシモクですら無い、謀り、相手のお金を無駄遣いさせる、魔性というよりも詐欺師レベルの女がいるのが結婚相談所です。

これでは「ヤリモクの男性はいません」というキャッチフレーズも怪しくなります。

絶対にヤリモク、遊び目的の男性はいるはずです。

●●では人間の嫌なところばかり見えてしまい、結局、結婚相手とめぐり会ったのは、●●ではなく別の相談所○○に入会してからでした。

結婚相談所を選ぶ場合には、インターネット上の口コミ情報を重視した方…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】39歳【職業】会社員
【活動期間】平成26年2月~平成26年6月
【退会理由】まじめに私にお見合い相手を紹介する気がないと判断したため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所を選ぶ場合には、インターネット上の口コミ情報を重視した方が良いと思います。本音で書かれている口コミです。 結婚相談所の場合は、入会金が数万円かかりますので、口コミが重要です。
【体験談】
この結婚相談所に入会してから、2ヶ月くらいはお見合いを申し込んでも相手の女性から断られてばかりでした・・・・・
体験談のつづきを読む

この結婚相談所に入会してから、2ヶ月くらいはお見合いを申し込んでも相手の女性から断られてばかりでした。

やはり39歳という年齢にもなると、若い女性は嫌がるのかと心配になったのですが、男性カウンセラーが「〇〇さん、あなたに引き合わせたい女性がいるんだけど、どうだい?」と言って、私にプロフィールと写真を見せました。

その女性は、病院で理学療法士をしている30歳の女性で、小柄な体型の女性でした。

カウンセラーは、「この女性は快活で明るい性格の持ち主だから、あなたのような堅実そうな性格の男性とはバランスが取れてお似合いだと思うんだ」と言い、「僕からこの女性に直接連絡を取って『ぜひ会ってみて欲しい』と依頼するから、君も前向きに考えてください」と、強くお見合いを勧められたのでした。

そこで私は翌日、結婚相談所の男性カウンセラーに電話をして、ぜひご紹介をお願いしますとお伝えすると、数日後にはお見合いのセッティングがされたのです。

カウンセラーからメールを受け取ったのですが、待ち合わせの日程が平日の19時となっていました。

場所は銀座です。

しかも、焼き肉屋で待ち合わせと書かれていました。

メールによると、お見合い当日にはカウンセラー夫妻と、私とお見合い相手の女性の4人で行いたいと書かれていました。

私は仕事帰りのお見合いなのかと、段取りの方法に疑問を抱きつつ、「了解しました」と返事を送ったのです。

お見合い当日、約束時間の10分前にお店に着いて、個室に通されたのですが、すでにカウンセラー夫妻とお見合い相手の女性は来ていました。

そして、なんとすでに3人で楽しくビールを飲み、焼き肉を食べていたのです。

私は座敷に正座をして、「遅れて申し訳ありませんでした」と言い、お見合い相手の女性に対して「初めまして、〇〇です」と挨拶しました。

すると相手の彼女からは、「えっ、どうも。こんにちは」としか返事がありませんでした。

この時点で、何かおかしいなと感じたのですが、性格的に我の強い女性なのかなとも思い、とりあえずカウンセラーが強く勧めたのだから、お見合いはこなして帰ろうと思いなおしたのです。

男性カウンセラーは、「君もビールにするか」とビールを勧めてくれて、あらためて4人で乾杯しました。

それからカウンセラーが私に対して、お見合い相手のことを紹介してくれました。

「彼女は〇〇病院で理学療法士をしていて、優秀な人なんだ。実は私が日課にしているジョギングで足をくじいてしまった時には、彼女にリハビリを手伝ってもらったんだよ」と言うのです。

つまり、彼女と男性カウンセラーは個人的に知り合いだったというわけです。

するとお見合い相手の彼女が、男性カウンセラーに向かって「〇〇さん、足の具合はもう大丈夫ですか?」と優しい声で尋ねます。

そして、「治ったからといって、無理して長距離を走ろうとしちゃだめですよ」と続けました。

カウンセラーは「大丈夫、大丈夫」と言い、奥さんの女性カウンセラーは「〇〇ちゃん、うちの主人にはもっと厳しく注意していいからね」と言っていました。

お見合いにしては自分は蚊帳の外に置かれているなと思いつつ、話に加わろうとお見合い相手に向かって「理学療法士ってどんなお仕事をされてるんですか?」と質問してみました。

ところが彼女は「何、この男」というような怪訝な顔をするのです。

そして私と視線を合わせようとせず、男性カウンセラーの方を向いて「骨折した患者さんとか、捻挫した患者さんのリハビリテーションのお仕事をしてるんですよ」と返事をしてきました。

しかし、顔つきが険しくなっています。

私は全く面白くないお見合いだなと思い、男性カウンセラーの顔をじっと見ました。

私の疑問を投げかけたつもりでしたが、彼は何も感じようとせず、お見合い相手との会話を楽しんでいるだけでした。

内心「俺をバカにするな」と思い、それから2ヶ月後には結婚相談所を退会したのでした。

もちろんこのお見合いは不成立に終わりました。

カウンセラーが親身になってちゃんと話を聞いてくれるか、料金が高すぎ…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】27歳【職業】銀行員
【活動期間】平成27年4月~平成28年1月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
カウンセラーが親身になってちゃんと話を聞いてくれるか、料金が高すぎないかをきちんと調べておくことが必要です。
【体験談】
私が婚活を本気で考えるようになったキッカケは、「結婚はしない」と言っていた友達が結婚をしたことです。・・・・・
体験談のつづきを読む

私が婚活を本気で考えるようになったキッカケは、「結婚はしない」と言っていた友達が結婚をしたことです。

その人は「仕事が生きがい」だという人だったのに、いつの間にか男性とお付き合いをしていて、そしていつの間にか結婚。

この友達から、結婚相談所を通じて結婚をしたと聞きました。

私もこのまま一生独り身でいるよりは、結婚をして将来の安心を保証してもらいたいと思うようになりました。

私が●●を選んだ理由は、大手では無いので地元に根付いた婚活が出来るということです。

私は全国規模で結婚相手を探していた訳では無いので、地元の人と出来れば結婚したいと思っていました。

その為、地元で活躍している●●に入会したいと思ったのです。

●●の料金体制は良心的でした。

入会費・月会費・お見合い料が無料なので、経済的にも余裕が出てきます。

婚活は何かとお金がかかるので、あまりお金をかけずに婚活をする事が出来るのはとても素晴らしいです。

まずカウンセリングを最初に受けました。

カウンセリングでは、私がこれまで男性とのお付き合い経験が無いことを説明しました。

お付き合いの経験が無かったので、お見合いで失敗しないか心配でした。

カウンセラーはそんな私の不安な気持ちに寄り添って話を聞いてくれました。

「最初は誰でも初めてだし、恋愛経験があってもお見合いの席では皆緊張してしまいます。あなただけではありません」と言ってもらえたので、とても安心しました。

お見合いでは、第一印象がとても大切だということを教えてもらいました。

第一印象が悪ければ、次のお見合いに繋げることが出来ません。

でも、逆に言うとお見合いでの第一印象が良ければ、次のお見合いも決まって結婚にも結び付くということです。

お見合いでは、清潔感があって可愛らしい服装にするようにアドバイスを受けました。

私はまだ20代だったということもあり、女性らしいフリルやリボンがある服装でも良いと言われました。

私は普段動きやすい服装を選ぶのですが、お見合いのときはワンピースを着て行きました。

男性からのウケも良く、「素敵な服ですね」と褒められることが多かったです。

私は、残念ながらここで結婚に結びつく出会いを見つけられませんでした。

でも、多くの男性とお見合いをしたことで、次の婚活に活かせる経験が出来ました。

男性との会話にも慣れてきたので、これからも婚活を続けていきたいと思います。

結婚相談所へ入会をすれば、結婚が出来ると思い込んでいると成立をしな…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】34歳【職業】OL 事務員
【活動期間】平成29年1月~平成29年4月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所へ入会をすれば、結婚が出来ると思い込んでいると成立をしなかった時の精神的ダメージが大きいです。 実際期待をせずに、軽い気持ちで入った人の方が、成婚された様に思います。 私は自分に対する勝手な自信が駄目でした。自分のことをよく見つめ直してから、婚活に臨まれた方が良い結果が出ると思います。
【体験談】
私は現在34歳のOLです。 社会人として働き出して、既に10年以上が経っており、同期で会社に残・・・・・
体験談のつづきを読む

私は現在34歳のOLです。

社会人として働き出して、既に10年以上が経っており、同期で会社に残っているのは私だけです。

8人いた同期は全員結婚をしました。

周りを見渡しても、友人達のほとんどが結婚をして、子供を産み、母親となっています。

私も40歳になるまでにはどうにか結婚をしたい!と考えてはいたものの、好きな人もいないし、社内には目ぼしい相手もいません。

母親となった知り合いとは、生活スタイルが変わってしまい、飲み会が開かれることも無くなって、会社と自宅の行き来だけの生活を送っていました。

そんな私は、偶然高校時代の友人に街中で会いました。

彼女はベビーカーで赤ちゃんと出掛けていたようで、とても幸せそうでした。

話に聞くと、彼女も私のように全く出会いというものが無く、結婚相談所の●●で今の旦那さんと出会ったと言うのです。

そこで私も早速登録をして、結婚という夢を叶えるための第一歩を踏み出したのです。

友人から信用出来ることは聞いていたので、不安はありませんでした。

登録をしてから、自分の希望に合った男性から会ってみたいというオファーを受けました。

久しぶりに男性と二人で会うという事への不安はありましたが、これで上手くいけば私も結婚が出来るかもしれない!という期待の方が、むしろ大きかったです。

しかも、相手から私に興味を持って貰えたという、変な自信が私にはありました。

結婚出来ていない34歳の女が自信を持つことも変な話ですが、勘違いという名の自信をつけてしまったアラフォー女性ほど強いものはありません。

相手が私に会いたがっている、イコール結婚するかもしれない、なんていう妄想が頭の中を巡っていました。

私は、学生時代に生まれて初めて買ったブランドものの高いワンピースを久しぶりに着て行くことにしたのです。

上品なネイビーのサテンのワンピース。

それを着て彼とのお茶を楽しみました。

何となく彼の視線が足に行くなとは思っていましたが、後日彼の方からお断りしたいという連絡がありました。

駄目だった理由は明らかになっていませんが、後日私が着て行ったワンピースを妹に見せたところ、絶句されたのです。

年齢に全く合っていないミニ丈、大きなリボン、これを30歳過ぎた人が着ているなんて男性は絶対引くと言われました。

私はあまりに恋愛をしてこなかったので、学生時代に買った高級なワンピースは、いつかデートで着れるという憧れを持ち続けていたのです。

ようやく私は振られたんだと自覚をし、一気に自惚れから目覚めました。

通りで彼は一流企業に勤めていると聞いていたのに、会計の時に数十円単位までお金を支払わされたはずです。

完全に私の格好も、自信もアウトだったという事に終わってから気がつきました。

そんな金額も支払ってもらえないなんて笑える、と今では友人達と笑いのネタになっています。

ワンピースのことは恥ずかし過ぎるので、身内にしか話していません。

まず行動してみるのが大切です。 何もしなければ0%、何かすれば少…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】37歳【職業】自営業
【活動期間】平成28年6月~平成28年12月
【退会理由】結婚相談所での結婚(成婚)
【これから婚活をする人へのアドバイス】
まず行動してみるのが大切です。 何もしなければ0%、何かすれば少なくとも0%では無いのですから。
【体験談】
入会した結婚相談所でお見合いした方達の中から、1人のエピソードを書きます。 その方は元看護師で・・・・・
体験談のつづきを読む

入会した結婚相談所でお見合いした方達の中から、1人のエピソードを書きます。

その方は元看護師で、当時は退職して転職活動をしていると言っていました。

私より3歳年上で40歳。

年齢については、あまり気になりませんでした。

初回のお見合いで双方OKとなり「仮交際」になりました。

そのデート1回目での体験談です。

赤坂にあるレストランで食事をしました。

彼女は「家事手伝い」(転職活動中)なので時間があり、仮交際からすぐに1回目のデートをすることが出来ました。

それは特に問題ありませんでしたが、1回目のデート(食事)で彼女は2つの暴露をしました。

その1、ある新興宗教に入っていて、しかも幹部だという事。

私に「勧誘はしませんよ」と言ってましたが、何かすごく精神世界にはまっている感じでした。

「私はその宗教で『得度』をしていまして…」と言われ、

「得度って出家のことですよね。え、だって髪の毛あるし、仕事を宗教に捧げている訳では無いですよね。そこまでしているならば何故、同じ宗教の方で結婚相手を見つけないんですか?」と思いました。

その2、彼女は看護師を退職後、「ネットワークビジネス」を始めていました。

噂には聞いていましたが、本当に婚活でマルチ商法の勧誘をしてくる人がいると思いもしませんでした。

怒りや諦念というよりも「キターーー」と感激してしまいました。

もちろん、その時点で交際はお断りと決まりましたが、せっかくなので彼女にしゃべらせてみました。

彼女は「私はかねてから時間や出勤というスタイルに囚われない働き方を考えていました。

正直、看護師の仕事は辛過ぎで、もう外で働きたくないんです。

だから、このネットワークビジネスをすれば、何人かに入会して貰えばそれだけで会費収入が入って…」と。

なので私は、「それって『ねずみ講』ですよね。宗教で徳の高い地位にいるはずのあなたが、何でこんな見え見えのものに引っかかってしまうのですか?」と言いました。

すると彼女は「いや宗教とは関係なくて…」と。

ひょっとすると宗教については本当のことでは無いのかも知れません。

天性のサイコパス、異常者と私は1対1で会っているのかも…。

こんな人間が結婚相談所にいるのだなと正直感嘆した次第です。

顛末としては

①宗教の信仰を隠してた(結婚相談所の宗教欄「なし」では無かった)

②マルチ商法の勧誘を婚活の場でした

という2点を、結婚相談所連盟の本部に突き付けて、彼女を永久退会措置にして貰いました。

こんな人間をのさばらせることは出来ません。

連盟や相談所の「申し訳ないです」という反応に少しすっきりした夏の日の出来事でした。

人生を決める大きな判断ですので、あまりお金にこだわることはしない方…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】27歳【職業】SE
【活動期間】平成28年11月~平成28年12月
【退会理由】成婚退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
人生を決める大きな判断ですので、あまりお金にこだわることはしない方が良いと思います。●●はそこそこお金がかかりますが、異性も同じ金額を支払うシステムですので信頼が出来ます。なんだかんだ最後は人となりですが、そこに行き着くまでのテクニックというかノウハウについては、じっくり事前準備をして下さい。
【体験談】
私が興味深いと思ったのは、こういった結婚相談所では通常絶対に出会うことの出来ない女性と出会うことが出・・・・・
体験談のつづきを読む

私が興味深いと思ったのは、こういった結婚相談所では通常絶対に出会うことの出来ない女性と出会うことが出来る点です。

例えば、メーカーの研究開発センターに勤務する私にとって、合コンでもしない限り、ナースや学校の先生、公務員などお会いすることはありませんので、こういったお金を支払って、通常なら接点の無い女性と出会う機会を作れる事は非常に有益な訳です。

ただ今回お話しする体験は、そういった普段出会うことが出来ないという意味でもアンラッキーな出会いについて、ご紹介したいと思います。

まず一般常識ですが、結婚相談所では、(1)一般にカウンセラーからの紹介状によるお見合い(2)沢山のお見合い写真から是非会ってみたい女性にラブコールを送るシステム上でのマッチングの2種類があります(もっと細かくすると他にもありますが)。

(1)はカウンセラーが実際にお相手様の性格を考慮して、紹介してくれるので顔はタイプでなくても話してみると当たり!ということはとても多いです。

一方で、(2)というのは基本的なプロフィールとお見合い写真で判断をするので見誤ることが多々あります。

多くの男性会員にとって、(2)は入会序盤で行います。

かくいう私もそうでした。

私もお金を払っている以上、ある程度の人数の中から生涯の伴侶を見つけたいと思っていたので、ぶっちゃけた話、「自分の中のボーダーラインより少し下目の女性」にもラブコールを送ることにしました。

ましてや、結婚相談所に入会当初なんて、期待を膨らませて入会しているので多少写真でタイプで無くても良いかも!と思わせてくれることもあるのです。

今回お話をする女性はお写真で見た感想では、「無くは無い」程度の印象でした。

プロフィールにも宗教的な問題要素はありませんし、わりとお見合いスケジュールの優先順位を高めにしてセッティングをしてもらったことを覚えています。

いざ、お見合い当日。

スーツをビシっと着て、会場へ行き、指定時刻の10分前には着席して、何を話そうかと期待を膨らませて待機していました。

カウンセラーの満面の笑みから、いざ女性登場と思っていたのですが、「あ。あれ?」…そこに現れたのは、写真からは想像出来ないほどの人物。

写真とかけ離れた人物が座っていたのです。

対面した瞬間にこれから過ぎる時間を気にしてしまう自分がいました。

お見合いですから、ある程度外見を気にせず、中身で勝負!と言いたいところですが、あまりに写真とかけ離れた風貌に意気消沈しました。

お相手様に無礼が無い様に当たり障りのない世間話をして、連絡先の交換もせずにさよなら。

もちろん、お相手様も感じ取ったのか連絡先交換の要望もありませんでした。

男性としては外見も重要視しますが、それよりも真摯さを私は重視していましたので、写真があまりに加工され過ぎていると信頼出来ないという思いが強くなってしまいました。

女性の皆さん、お化粧や写真加工で外見を盛ることは否定しませんが、ほどほどにして下さいね…。

結婚相談所を検討する場合は、入会前に必ず担当の人の話をよく聞いて活…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】40歳【職業】会社員
【活動期間】平成26年5月~平成27年5月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所を検討する場合は、入会前に必ず担当の人の話をよく聞いて活動が出来そうかを判断することが大切だと思います。親身に対応してくれる相談所を選ぶことをお勧めします。また、結婚相談所は費用がとても高額になるので、入会して活動する期間と成婚を前提とした総費用の見通しを確認して、覚悟して入会すべきだと思います。
【体験談】
私は特段の趣味も無く、日常での異性との出会いが全く見込めませんでした。 また暫くの期間、ネット・・・・・
体験談のつづきを読む

私は特段の趣味も無く、日常での異性との出会いが全く見込めませんでした。

また暫くの期間、ネットでの婚活サイトも利用しましたが、本気で結婚を求めているような人になかなか出会えず、40歳に近づくにつれて実際に会うところまでも行き着かなくなりました。

費用が高額であることに悩みましたが、本格的に活動できる結婚相談所への入会を検討して、当相談所への入会を決断しました。

入会してから感じた点について幾つか記します。

まずは費用の高額さです。

月々の会費以外に、女性会員に会うだけで高額なお見合い費が掛かります。

人のご縁を求めて活動しているのに、沢山の費用が掛かる事には活動を始めてから間もなくストレスを感じました。

また、私は相手への希望が色々とあったのですが、それはまずは会ってみないと当然分かりません。

しかし会うだけでお金が掛かってしまうので、コストパフォーマンスに見合わないシステムだと思いました。

次にカウンセラーについてです。

カウンセラーの方は親身に対応してくれました。

しかしながら、結婚は結局は自分でするものなので、助言によって直接的に相手との交際が上手くいくというまでの実感は得られませんでした。

そうしたサポートでモチベーションが上がる人もいると思いますが、私の場合はそもそもがあまり相談することが出来なかった為、あまり恩恵を受けられなかったと思います。

次に実際にお見合いや交際に入ってみての感想です。

相談所に登録する女性は私と同様に、日常生活の中ではなかなかご縁が無く、その理由が私と同様にどこかに結婚というテーマについては問題を抱えている人が多いと感じました。

例えば、趣味や仕事の世界に生きていて、生活が確立され過ぎてしまっているケースです。

個人の世界のお話として外から聞く分には、何ら問題無いですが、二人の生活を想像した時に、お相手の世界が強く入り込める余地がありません。

二人での世界を築けるというイメージがつかめる女性にはなかなか会えませんでした。

また、私自身が柔軟に相手に合わせることを得意とするスタンスでは無かった為、自然に楽しい話をしたり、意気投合したり、という場面が少なかったように思います。

わざわざその人と一緒になりたいと、理屈で無く、ごく自然にそうなれるという人には出会えませんでした。

活動をしましたが、結局のところご縁がなく退会するに至りました。

総合的に感じた事は、人とのご縁を求める割には費用が高額過ぎます。

しかしその分、会員の人は皆真剣には活動しているので、巡り会うチャンスはあったとは思いました。

活動が上手く行かなった理由は私自身が若い頃のように純粋な気持ちで相手を単純に好きになるということが出来ず、途中から活動疲れで結婚に対する気持ちも停滞してしまったことが考えられます。

自分の人脈ではどうしても結婚相手が見つからない人は、視野を広げて出…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】26歳【職業】会社員
【活動期間】平成22年3月~平成22年7月
【退会理由】この相談所で彼氏が出来たからです
【これから婚活をする人へのアドバイス】
自分の人脈ではどうしても結婚相手が見つからない人は、視野を広げて出会いを提供してくれる場所へ進むことが大切だと思います。何も動かないで後悔するよりは動いて出会いを見つけた方が良いかなと思います。
【体験談】
彼氏と別れてから、出会いの無い毎日に焦りを感じていました。 結婚適齢期でもあったので彼氏と別れ・・・・・
体験談のつづきを読む

彼氏と別れてから、出会いの無い毎日に焦りを感じていました。

結婚適齢期でもあったので彼氏と別れたことがショックであり、今度こそまともな人と出会いたいと思っていました。

色々な結婚相談所や、インターネットのサイトを見て婚活をする場所を探しました。

でも私は普通の会社員で、婚活にお金を注ぎ込み過ぎることは出来ません。

なので、月会費2000円ほどで婚活が出来る●●で婚活をすることに決めました。

変なところに入会して後悔はしたくなかったので、女性はタダのような広告を出しているサイトは止めておき、インターネットや雑誌、テレビの口コミで●●はとても評判が良かったので、●●に入ることに。

身分証明書もコピーを提出して、100近くある質問を答えていき、入会には2時間くらい時間がかかりました。

これはとても疲れました。

また、プロフィール写真は、友人に天気の良い日に公園で写真を撮ってもらいました。

普通の結婚相談所なら写真をプロに撮ってもらったりする為、別途お金がかかるようです。

また相談所で出会った人とデートをするにもセッティング料金を払ったり、アドバイス料金を払ったり、お金が結構かかることを聞いていたので私には無理だなと思っていました。

でも、●●は会いたいなと思ったらメールでやり取りをして、自分たちで待ち合わせ場所を決めて会うことが出来ます。

デートの計画を自分達で立てられるくらい自発的に動ける人なら、高いお金を払わなくてもインターネットの婚活でも大丈夫なのではないかと思います。

結婚相談所とは、人に手伝ってもらえばもらうほどお金が発生していくものなので、手厚いケアや出会いの手伝いを求める人は、そういう結婚相談所が良いですが、そうじゃなくても良いなら●●で十分です。

私は住んでいるところが割と近い方と何人かお会いしました。

本当に真面目で良い方が多かったです。

こんな近くに住んでいて、●●に登録している人が多くいることに驚きました。

登録者も多いので、出会いのチャンスもたくさんあります。

でも、お互いに知り合いがいる訳でも、仲人さんがいる訳でも無いので、別れる時はあっという間ですし、デートして気に入らなければもう二度と会えません。

そこをすっきりしていて良いと思えるか、ショックを受けてしまうかは、メンタルを強くしていくしかないです。

突然連絡が取れなくなる可能性もあるので、そういう覚悟もしながら前向きに婚活が出来る人なら、●●はお値段も安くて良い出会いの場だと思います。

真面目な婚活を考えているのなら、女性は少しお金を払ってでも登録条件…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】26歳【職業】会社員
【活動期間】平成22年1月~平成22年8月
【退会理由】男性が嘘つきだったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
真面目な婚活を考えているのなら、女性は少しお金を払ってでも登録条件が厳し目な結婚相談所や、サイトに登録することが大事だと思います。
【体験談】
元カレと別れて半年経ってもなかなか立ち直れず、早く出会いを見つけて恋愛をするしかないと思っていました・・・・・
体験談のつづきを読む

元カレと別れて半年経ってもなかなか立ち直れず、早く出会いを見つけて恋愛をするしかないと思っていました。

そんな時にインターネットで見た「登録したらすぐに彼と出会える」というフレーズに心惹かれて●●に登録してみました。

女性は登録料が無料で、質問項目が少なく簡単だったので数分で登録が出来ました。

すると登録から数分後には、男性からデートに誘ってくるメールが沢山届きました。

メールをくれた男性の中で1人、住んでいる所が近いという男性がいたので彼と会ってみる事になりました。

初めて会う為、デパートの中にある喫茶店で会う事にしました。

会った瞬間からイケメンで背も高く、笑顔の素敵な男性だったのでドキドキしました。

そして話してみても好印象で、私の事をとても可愛いと褒めてくれるので私も有頂天になっていました。

それから連絡先を交換して何回かデートに行くようになりました。

いつも私の家の近くまで来てもらいデートしていたのですが、ある日、彼が風邪をひいたというので心配でお見舞いに行きたいと言うと、待ち合わせ場所が彼の家ではなくコンビニでした。

指定されたコンビニでお見舞いのゼリーや、イオン飲料などを渡して別れたのですが、なんか変だなと感じました。

お見舞いの品を渡した時に、この近くに住んでいると言っていたのですが、夜であまり景色が見えなかったけど、周りは田んぼで建物らしき物も無く、彼も車で来ていたのでそのまま去って行きました。

それから家で指定されたコンビニの辺りをインターネットで検索してみると、本当に建物の無い地域で、そう言えば彼が何処に住んでいるのかもはっきり分かっていないと気づきました。

またこの頃から些細な事で喧嘩するようになり、理由も分からない喧嘩が続きました。

喧嘩に疲れ果てて、私が連絡を取らないでいると「もう僕のことを諦めるの?」というメールを送ってくるので、かなりの構って君度合いに疲れました。

そんな事がありましたが、私は少し風邪気味な中、彼の為にプレゼントを買いに行きました。

5万円くらいの服を買ったのですが、それを電話で話したら彼が私が風邪なのに買い物に行った事に激怒し、もう別れると言われました。

彼は結局プレゼントを受け取ってくれましたが、そのまま連絡が取れなくなってしまいました。

私の誕生日には彼はいなくなっていました。

今思うと、住んでいる場所も、もしかしたら仕事は大企業に勤めているというのも嘘だったのかなと思います。

お金も無かったのかなと。

身元があまりにも保障されていないサイトで、嘘つき放題でも登録が出来てしまう為、真面目な婚活には向いて無いと登録した事を後悔しました。

今はネットを介して出会いを探すことが多いと思います。二股は良くない…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】26歳【職業】事務兼デザイン
【活動期間】平成18年3月~平成19年3月
【退会理由】結婚が決まったので
【これから婚活をする人へのアドバイス】
今はネットを介して出会いを探すことが多いと思います。二股は良くないと思いますが、効率面を考えると交際前の婚活中は並行して複数の方とお会いしていくほうが良いと思います。
【体験談】
もう10年くらい前になりますが、私は●●で夫と出会い、結婚しました。 10年前なので今みたいに・・・・・
体験談のつづきを読む

もう10年くらい前になりますが、私は●●で夫と出会い、結婚しました。

10年前なので今みたいに婚活という言葉はありませんでした。

入会する事も多少の勇気がいりました。

当時の私は、初めて付き合った彼氏と6年付き合って別れた後でした。

次に付き合う人と数年付き合って結婚したかった為、結婚したい人が集まる場所として最適だと思った●●を選びました。

結婚相談所というと、地味な人が集まるイメージでしたが、昔とは違うんじゃないかな?と思い入会してみました。

当時はお見合いの様に直接会うタイプと、ネットを介するタイプがあり、私は途中からネット会員になりました。

入会したばかりの頃は、マッチングした方がお相手だったので理想とは近かったのですが、数回デートしたところ何か物足りなさを感じ、結局お別れしました。

その後、数人の方とお会いしましたが、恋愛対象から遠くなってきた気がして●●主催のパーティーに参加してみました。

女性の前に男性が座り、5分ごとに男性が隣の席へ移動していき、自由時間の後、最後に希望のお相手を書くという形式でした。

私は希望のお相手とカップル成立したので、そのままお付き合いしましたが、お相手の方は恋愛優先で結婚はその次で、性格にもズレを感じてお別れしました。

その後ネット会員になり、夫になるお相手と出会いました。

ネット会員は気になる人がいたらメールが出来て、お相手からも連絡が来ることがあります。

ちなみに私は数名の方と同時にメールのやり取りをしてました。

2年契約でしたので、契約期間内で決めたかったのです。

ただ、メールのやり取りは段々面倒臭くなります。

今はスマホがあるからそんな事は無いかも知れません。

私の場合、結局会ってみてその人と付き合えるかどうかなので、長くメールのやり取りをするのは時間の無駄だと思ってました。

ですから自分からメールしたお相手には早い段階で携帯のメールアドレスを教えて、早く会うようにしました。

パソコンのメールよりも携帯メールの方が絵文字が使えるし、堅苦しくならないので進展が早い気がします。

夫は本命だったので私からメールを送り、忙しい人なので上記の通り、早い段階で携帯メールでやり取りを進めました。

ただ長い出張があり、すぐには会う事が出来ず、他のお相手と先に会うことになりました。

その方も良い人でしたが、いわゆる友達タイプの方だった為、数回のデートで終わりました。

そして夫と会う事になったのですが、私と性格が似ていてとても安心出来たのです。

私は他人にあまり私生活を見せないタイプといいますか、壁を作ってしまうタイプなので、それまでは結婚はしたいけど他人と暮らすのは疲れそうだと思っていたのですが、夫とは不思議と結婚する事に不安が全くありませんでした。

その後、付き合って3ヶ月で結婚しました!

結婚相手を本気で探しているなら、多少お金がかかっても信頼できる大手…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】30歳【職業】フリーライター
【活動期間】平成17年8月~平成19年9月
【退会理由】結婚相談所の契約期間が満了になったので更新をしませんでした
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相手を本気で探しているなら、多少お金がかかっても信頼できる大手の結婚相談所に登録した方が良いと思います。収入や身分をきちんと証明して入会する結婚相談所は、お金をかけてでも登録する価値があります。 特に婚活パーティーは、普段なかなか出来ない経験をすることが出来るので面白いです。 あと、男性は婚活パーティーでさりげない優しさをアピールできるとモテます。女性が好きな料理を覚えておき「とってきましょうか?」と言うだけでも喜ばれます。 最近は無料の婚活アプリもありますが、タダより怖い物はないと言いますから、やはりしっかりした結婚相談所の方が断然オススメです。
【体験談】
結婚相談所へ登録していた時期に、初めて参加した婚活パーティーで当時の彼女と出会いました。 僕は・・・・・
体験談のつづきを読む

結婚相談所へ登録していた時期に、初めて参加した婚活パーティーで当時の彼女と出会いました。

僕は離婚したばかりだった為、傷心しており、早く新しいパートナーを見つけたくて必死でした。

婚活パーティーは初めてだったので緊張しましたが、服装は仕事用のスーツで良かったし、身だしなみはそれなりに整えていれば十分でした。

彼女とはその時の婚活パーティーで出会い、女優の●●さんに似た美人だったので一目惚れして、猛アタックして口説き落としました。

婚活パーティーで口説く時は、5分や10分ほどのトークタイムを使うのですが、気になる彼女に話しかけた後、離れても彼女を視界の中でキープして、数回の交代のタイミングで再び声をかけるというアプローチをしました。

その時に「もう一度あなたと話がしたくて待っていました」と言った事が嬉しかったと、後で彼女が言っていました。

その後、本当はトークタイムで交代しないといけないのですが、彼女も僕も話が盛り上がったので、そのまま会場の隅へ移動して、最後まで二人きりで話しました。

婚活パーティーでカップルになりたい場合、本当は結婚相談所に相手と交際したいと申し込むのですが、僕たちはもうすっかり打ち解けていたので、パーティーの帰りにお茶をしながらメールアドレスを交換して、それからすぐに交際をスタートさせました。

結婚相談所には二人で一緒に交際の手続きを申し込み、それから1年半ほど付き合いました。

その彼女もバツイチで、かなり積極的というか、女性として満たされていない時期が長かったみたいで、知り合ってすぐに肉体関係となり、そのまま同棲をして毎晩のように求めあう濃厚な交際でした。

そんな彼女とも色々な事情があって別れてしまったのですが、結婚相談所はまだ退会していなかったので、再び婚活を再開してパーティーにも数回参加しました。

婚活パーティーでは意外とモテた方で、彼女と別れてからも別のパーティーで二次会に誘われる事がありました。

残念ながらその時は体調が悪くてお断りをしたのですが、もしあの時二次会に行っていたら、また新しい出会いがあったのかと思うと、もったいない事をしたなと思います。

結婚相談所では他のマッチングサービスもあるのですが、やはり対面して会話をする婚活パーティーが一番安心して相手を探せるんじゃないかなと思います。

僕はフォーマルな雰囲気の婚活パーティーにだけ参加したので、いわゆる街コン的なイベントには参加しなかったのですが、ワイワイと賑やかにしたい人は結婚相談所が主催するイベントがオススメです。

婚活は失敗を恐れずに積極的に動く事が大切です。結婚相談所は、やはり…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京 【年齢】30歳【職業】会社員
【活動期間】平成27年3月~平成28年4月
【退会理由】理想の相手が見つからなくて
【これから婚活をする人へのアドバイス】
婚活は失敗を恐れずに積極的に動く事が大切です。結婚相談所は、やはり登録されている人数が多くて信頼できそうなところを選んだほうが良いです。
【体験談】
●●の場合は入会後に会員専用のマイページから、良いと思った相手を探して申し込むシステムです。 ・・・・・
体験談のつづきを読む

●●の場合は入会後に会員専用のマイページから、良いと思った相手を探して申し込むシステムです。

インターネットの発達で、自分の詳しいプロフィールもすぐに公開できて、相手のプロフィールも写真付きで確認できるので、慣れればとても分かりやすかったですね。

入会時には、男女とも市区町村で発行される公的独身証明書の提出が必須条件です。

登録者は男女とも全員が独身なので安心して利用できました。

結婚相談所では、担当のアドバイザーが勝手に話を進めるのではなく、こちらが良いと思った女性を見つけてメッセージを送り、返事が来た後に、お互いの合意で最初はデートをする事になります。

出会い系サイトとは違い、登録者は全員が結婚願望があるので、結婚前提の交際をスタートする事ができます。

自分の場合は1年ほど登録をしていましたが、流石に遠距離交際からの結婚は望んでいなかったので、自分が住んでいた関東地区を限定に自分の理想に合った女性を探しました。

やはり、関東は●●でも登録者は多くて、双方の希望条件を満たした紹介書が毎月マイページにかなり届きましたね。

現実では恋人がいない自分に、ここまで異性との出会いの場が増えるとは思いもしませんでした。

しかし、自分も仕事がある身ですので、肝心の紹介書が届いた女性とそこまでデートが出来ませんでした。

1年くらい登録をしていて、デートをしたのは5人くらいでしたね。

デートの時に相手への印象が良くなかった為か、なかなか結婚前提の交際までには発展しませんでした。

会員限定の婚活パーティーも行きましたが、こちらも上手くいかず、次第に婚活という行動に無気力になって行き、最後は理想の相手が見つからないまま退会してしまいました。

アドバイザーの方が色々とサポートもしてくれましたが、自分にはあまり効果がありませんでしたね。

結婚相談所に問題があったというよりも、自分自身の熱しやすく冷めやすい性格が退会した一番の理由かも知れません。

退会前には、会員専用のマイページすらほとんど見なくなってしまいました。

時間に余裕のある方なら、もっと積極的に動いて色んな女性とデートをしたり出来るかも知れません。

やはり結婚相談所と言えど、待っているだけでなく理想の相手を探す為に、しっかりと動かないと駄目なのかもと感じました。

数回のデートが上手くいかないくらいで諦めるような自分には、こちらの結婚相談所が合わない部分があった事も否めません。

結婚相談所は相手もかなりの条件を付けてきますので、こちらの結婚観が…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】42歳【職業】OL(当時)
【活動期間】平成19年6月~平成19年12月
【退会理由】結婚相談所以外で出会い結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所は相手もかなりの条件を付けてきますので、こちらの結婚観が重要になります。確実に相手を紹介して貰えるというメリットはあります。 自分を変えてもすぐに結婚したい、好条件の男性と出会いたい、という人にはお勧めですが、自分の仕事もしたくて自由も欲しいと思っている女性にはあまり向いていないと思います。
【体験談】
私は25歳の時に結婚をしましたが、現在はバツイチです。 しかし、40歳を過ぎて一生独身なのは寂・・・・・
体験談のつづきを読む

私は25歳の時に結婚をしましたが、現在はバツイチです。

しかし、40歳を過ぎて一生独身なのは寂しいと思うようになりました。

●●のアドバイザーの話を聞いて、男性会員が多くてしかも年齢層が高く、40代~50代も多いとのことで、婚活を始めることにしたのです。

最初からこちらがバツイチだという条件でマッチングして貰えるので気持ち的にも楽でした。

そして紹介されたのが、50代の会社役員でした。

その男性も離婚歴があり、こちらがバツイチでも構わないと言ってもらえたので、早速お見合いをセッティングしていただきました。

会ってしばらく話をして「ドライブをしませんか」というお誘いがありました。

相手の身元も分かっていますので、安心してついて行けました。

すると彼はそのまま私を自分の自宅に連れて行ったのです。

都内のその自宅はとても立派で、敷地内に幾つも建物がありました。

彼は私に「ここが事務所でここが居住スペース、そして隣が両親の家」と、自宅ツアーを始めたのです。

そしてその家を切り盛りするのに当たって、必要な心構えや親戚との付き合い方を細かく説明をし始めました。

話を聞くと、両親と一緒に会社の経営に携わって欲しい、つまり両親とは同じ敷地内に住んで、ほぼ毎日行動を共にしなければならないという過酷な毎日を送ることになるのです。

初めて出会ったばかりで、まだお互い名前しか知らない間柄です。

まずは趣味や現在の状況など、他愛無い会話から始まるものだと思っていました。

ところがこちらのことを知ろうともしないし、自分のことを話そうともしないで、いきなり家訓を聞かされて困惑してしまいました。

そして彼は思い出した様に「結婚したら、ここに住むことになります」と建物を指さし、「中を見ますか?」と言いました。

私はまだ結婚するかも分からないどころか、相手のことを何一つ知らないのに新居を見ることはとてもできないと思い、辞退しました。

結局そのお見合いは、私に対する「面接」というところで、まるで会社訪問の様な感じで終わってしまいました。

後日、相手の方から「あまり雰囲気が合わないので」とお断りされてしまいました。

結婚相談所と言えど、相手にとってみれば自分にふさわしい女性のオーディションをしている気持ちだったと思うのです。

もちろんこちらもお断りするつもりでしたが、アドバイザーの方は張り切って「もっといいご縁を紹介しますから」と。

年齢が高くなると婚活もシビアになることを思い知りました。

相談所の値段が高いところ=理想の相手がいるとは限らないので、婚活は…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】29歳【職業】団体職員
【活動期間】平成22年3月~平成23年3月
【退会理由】他で素敵な出会いがあったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
相談所の値段が高いところ=理想の相手がいるとは限らないので、婚活は相談所だけに過度な期待をするのではなく、合コンや友人の紹介など幅広い活動が大切だと思います。
【体験談】
●●に友人が入っており、実際に成婚できたという話を聞いて、私も入会をしてみました。 良かった点・・・・・
体験談のつづきを読む

●●に友人が入っており、実際に成婚できたという話を聞いて、私も入会をしてみました。

良かった点は自宅でウェブ上でお相手の検索をすることができる点。

当時仕事で忙しかった私にとってはとても合理的に感じました。

IBJの検索システムは細かい条件まで指定できるので、より理想に近い人を見つけるのにはとても良かったです。

自己PRには自分の資産や貯金、親の職業といった細かいことまで書いている人も多いので、他の相談所と比べるとその人のバックグランドをよく知ることができました。

ただし理想に近い人が見つかって実際にお会いしたいと思っても、会えるかどうかの返事が来るのに数週間以上要することもありました。

つまり実際に登録をしていても活動していないような人が多いようにも感じられ、そのレスポンスに期待している自分がとてもむなしく感じることも多かったように思います。

基本的にレスポンスが遅い人は断りを入れてくる人が多いので、途中からは気持ちを切り替えてダメなら次というように、前向きに活動をするようにしていました。

約1年ほど登録をしていて10名ほどの方にお会いしましたが、職業、学歴、年収などの条件はよくても、いかにも女性とお付き合いしたことのないというような雰囲気の方も多く、これではなかなか結婚は難しいなと感じる人も多数いらっしゃいました。

部屋着のような格好で来た人や貧乏ゆすりが止まらない人など、なかなか結婚できない理由が納得できることも多かったです。

また写真が良すぎて実際に会うと残念に感じる人も多く、待ち合わせに苦労することもありました。

私の担当をしていたスタッフの方は60代くらいの母世代の人だったので、相談所にありがちな派手な雰囲気の人ではなく気さくな人だったため、とても話しやすかったことはよかったです。

サバサバとした雰囲気の方で、押しつけがましい態度がなかったことにとても好感が持てました。

また私の育った環境などからこういう条件の人はなるべく避けた方がよいとか、こういう条件の人は合うといったことを具体的に教えてくれたことはとても役立ちました。

例えば実家が自営業でお蕎麦屋さんなどを営業しているお相手は、それ自体が悪いのではなくサラリーマンの家庭に育った私が実際に休日にお手伝いなどで駆り出されると結婚生活が苦しく感じることもあるなど、成婚だけではなくその先を見据えてアドバイスをくれたことは婚活そのものにも活かすことができました。

●●は他の相談所と比べると値段がお手頃なので、とりあえず合コンなどの他の活動もしてみるけれど相談所にも入ってみたいという人にはちょうどよいところだと思います。

期間を決めて活動をすることをおすすめします。…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】29歳【職業】経理事務
【活動期間】平成23年10月~平成25年7月
【退会理由】他の場所で素敵な出会いがあったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
期間を決めて活動をすることをおすすめします。
【体験談】
友人がもともとこの相談所に入っており、値段がとてもリーズナブルで利用しやすいと聞いていたので迷わずこ・・・・・
体験談のつづきを読む

友人がもともとこの相談所に入っており、値段がとてもリーズナブルで利用しやすいと聞いていたので迷わずこちらを選びました。

結婚相談所は何十万とかかるところが多い中で、こちらは2年間でわずか12万円ととてもお安かったです。

あまり相談所にお金はかけたくないけれど、とりあえず選択肢の幅を広げたいと思うのであればとてもおすすめの相談所だと思います。

登録している男性は一流企業や医者などの専門的な資格を持っている人が多く、高収入の人が多いことも魅力的に感じました。

実際にお会いした人はすべて大卒以上で高収入の方も多く、条件のよい方が多かったです。

待合室は男女で仕切りはありましたが、個々に対するプライバシーはあまり感じられず、相談所に登録していることをなるべく内密にしておきたかった私は、知人に会ってしまうのではないかとドキドキすることも多かったです。

また、明らかに男性よりも女性の方が会員数が多いので、よい条件の男性はかなりの争奪戦だと感じました。

スタッフの方は親世代の人が多く、話しやすく親しみやすい人が多かったので、気軽に相談しやすい雰囲気が感じられました。

お相手も私の生い立ちや育った環境などをトータルに判断して、相手を提案してくれるのでプロの観点からアドバイスをもらえたことも良かったです。

服装や話し方のコツなども教えていただき、婚活全般に活かせるアドバイスも多かったです。

ただ、マイナス点を挙げるとするならばシステムがややアナログで、希望する男性をウェブで閲覧できるのは相談所内のみなので、自宅で検索できないことが不便に感じました。

そのため、都度相談所に足を運ばなければならず、やや遠方に住んでいた私は不便に感じることも多かったです。

また、実際に会える男性は、スタッフの方が私の希望する条件からマッチしている男性を選んでくれるシステムとなっており、私の希望する条件とやや相違していることも多かったです。

それから、登録している男性は、値段がお安いのでとりあえずして登録している人も多く、実際に活動をしたいない人も多数見受けられました。

こちらがお会いしたいという意志を提示しても、実際に会えるか会えないか返事が来るまでに長い期間を要したり、会えることになってもその日が一か月以上先など時間的ロスを感じることも多かったです。

ただ、他の相談所とは異なり、男性と会うたびに追加代金がかかったりすることがなかったので、気軽に活動をできたことはよかったと思います。

結婚相談所はネット上でとても商売サービス的な紹介がされていますが、…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】会社員
【活動期間】平成25年3月~平成26年10月
【退会理由】同結婚相談所で成婚のため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所はネット上でとても商売サービス的な紹介がされていますが、それは誤解です。 出会いのない大人にとって、結婚相談所はとても素晴らしいサービスです。 ただ、いわゆる大手の結婚相談所はその規模が売りなので、サービスが希でした。営業もすごいです。最後は結婚相手を見つけることよりも、婚活パーティーに行くことが義務のような窮屈さが嫌になりました。 仲介型は規模が小さいですが、自分の理想の女性に知り合えるチャンスがあります。 どんな大規模なシステムでも結婚相手はひとりなのですよ? それを何百人も合わせようとする大手結婚相談所は、私には疲れるだけでした。 仲介型は費用は高めですが、きめ細やかなカウンセラーが失礼なく接してくれるので、おすすめですよ。 また中規模の、結婚相談所は口コミをよく見てみることです。 結構その会社の特徴が見えますので、比較すると良いです。
【体験談】
私は30歳を過ぎた頃から婚活を始めました。 あまり結婚したいと思った女性と出会ったことがないの・・・・・
体験談のつづきを読む

私は30歳を過ぎた頃から婚活を始めました。

あまり結婚したいと思った女性と出会ったことがないので、焦りを感じ始めたからです。

私の仕事はIT業界で年収は1000万円を超えています。

一人暮らしなので快適に生活していますが、そろそろ家庭を持って子供を授かり、マンションも賃貸ではなく分譲で買いたいと思っていました。

婚活サイトはネットサーフィンで大手の結婚相談所をよく見ていました。

その大手の相談所に1年ほど入会しましたが、スタッフの営業が凄くて辞めました。

資料請求して営業電話までは良いのですが、婚活パーティーの営業が凄くて、こちらのペースや気分を視野にいれてくれずに、一方的に営業されている感じがして、嫌になったのです。

婚活パーティーでもこれといって運命の出会いがなかったので、半年ほどで辞めました。

私は一回目の婚活サイト利用から一つのことを学びました。

それは理想の女性像をしっかり持つことです。

婚活パーティーにいくと、驚くほどの女性がいるからです。

多くの女性と喋っていると、単なるパーティー感覚になってきて、楽しければいいというクセがつきます。

しかし、本来は合コンではなく、人生の伴侶である結婚相手を見つけるという大事なミッションがあるのです。

私は婚活パーティーで約20名ほどの女性とお付き合いしましたが、楽しいというだけで、結婚には至りませんでした。

私は、このままでは婚活サイトは合コン感覚で出会に繋がらないと思い、違う結婚相談所を見つけることにしました。

会社の同僚が、●●というハイクラス専用の結婚相談所に入会して婚約中だという話を聞きました。

そこは小規模なので、カウンセラーが間に入って、理想の女性を探してくれるというサービスです。

私は●●の婚活パーティーの営業トークに疲れていたので、興味を持ちました。

システムはとてもしっかりしていて、独身証明書や戸籍謄本、大学の卒業証明書、また確定申告書の数々の書類を提出しました。

メンバーさんの収入レベルが高いのでで、嘘偽りがないためのチェックはとても、厳しかったです。

しかし、それが逆に安心できるポイントでもありました。

費用は仲介型の結婚相談所は比較的高めで40万円くらいかかりましたが、サービスは大手と全然違いました。

まずカウンセラーがとても丁寧で、しつこい営業トークはありません。

私は気持ちよく婚活が出来て、●●でも20名ほどデートしましたが、ついに結婚相手に巡り合うことが出来ました。

結婚相談所は、沢山ありますが、紹介の方法や頻度、出会いの場の種類と…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】35歳【職業】---
【活動期間】平成23年7月~平成27年6月
【退会理由】年齢が40歳になってしまったことと他に結婚相手が見つかりそうだったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所は、沢山ありますが、紹介の方法や頻度、出会いの場の種類と数など千差万別です。自分の結婚観をある程度しっかりと考えた上で、いくつか結婚相談所を比べてみるといいと思います。自分に合わない所では、成果は出にくいですし、できれば実際にスタッフに会ってカウンセリングができると雰囲気や自分の好み、相性なども知ってもらえるのでよりよいのではないでしょうか。あとは、スタートダッシュが大切です!
【体験談】
35歳になり、まわりに出会いの機会が全くないことにあせりを感じ、結婚相談所に通うことにしました。 ・・・・・
体験談のつづきを読む

35歳になり、まわりに出会いの機会が全くないことにあせりを感じ、結婚相談所に通うことにしました。

●●は、入会費、月会費と結構な金額なのですが、そのきめ細やかなカウンセリングとマッチング、またお見合いパーティなど出会う手段が様々ある、「本気で結婚したい人」にはかなりおススメだと思います。

紹介してくださる方も、本当に身元のしっかりしたよい方が多かったと思います。

しかし、結果的に私の場合は、こちらでは結婚できませんでした。

今も、失敗したなあ、もうちょっとがんばっていればと思うことがあります。

それは、「どうなんだろう、違うかも」と思っても、少し粘っておつきあいをしてみることです。

とにかく、一番最初に紹介してくれた人が、優しくて食の趣味も合い、話していても楽しくとても良い人だったのですが、私の粘りのなさでうまく行かなかったという、私の苦い経験です。

この●●は、お付き合いしている人がいても同時進行で、定期的に別の方を紹介してくださるうえ、他のお見合いパーティなども参加自由という、メリットがあります。

というか、私の場合はこのおかげで迷ってしまったのでデメリットとも言えるかもしれません。

私は、最初に紹介いただいた方とすぐにお付き合いすることになったものの、要するに、その方がよかっただけに、まだ婚活を始めたばかりだから他にももっといい人がいるかもしれないと、次々と紹介される方も多少興味があるとお会いしてみたくなってしまったのです。

そうこうするうちに、最初の方への気持ちがそぞろになってしまい、「この人とは結婚まではいかないかも?決めてしまっては早いかも?違うかも」と悩み、結局うまく行かずじまいという残念な結果に終わってしまいました。

今考えると相手の方に本当に失礼なことをしてしまったと反省しています。

その後、40歳になるまで約5年間、実にたくさんの方を紹介していただきました。

お会いすることも何度かありましたが、最初の方のようにしっくりくる人とはついにお目にかかることはありませんでした。

40歳が年齢制限的なもので、自然退会という形になったのですが、ちょうどだんだんと自分の婚活への気力も薄れていた時だったので、潮時かなという感じではありました。

結婚相談所も、最初が肝心というかスタートダッシュの勢いが大切だったな、とつくづく思います。

思えば、本当に最初の方と真面目に向き合って結婚を考えていれば、今の生活とはまた違う人生になったかもしれません。

インスピレーションが大事と聞く事もありますが、確かにビビッと自分のアンテナに引っかかる人は、何かしら自分に縁のある人の可能性大なのです。

もう少し、粘ってみればよかったなあ、という私の結婚相談所の体験でした。

ある程度、自分の経歴などに合う男性を紹介してくれる相談所のほうが、…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都 【年齢】32歳【職業】---
【活動期間】平成15年10月~平成16年12月
【退会理由】結婚相談所での結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
ある程度、自分の経歴などに合う男性を紹介してくれる相談所のほうが、出会える確率が高くなると思います。 あとは、あたってくだけろ!お相手もそうなので、失敗しても次があります。 めげずに、妥協せずに沢山の男性と会って、自分の一番大切にしたいポイントを探して、結婚まで進んでください。
【体験談】
入会後すぐにパーティ参加を申し込みました。 それぞれ20名程来るので、一気に出会うにはチャンス・・・・・
体験談のつづきを読む

入会後すぐにパーティ参加を申し込みました。

それぞれ20名程来るので、一気に出会うにはチャンスが広がると勧められたのです。

それに、入会したての会員は、優先的に参加可能とも言われました。

当選して、表参道の会場に出向いたところ、それぞれの実家も近く、話もよく合う同い年の男性と出会いました。

こんなに早く出会えるんだと、とても浮かれました。

そして、他の男性が目に入らなくなりました。

連絡先をすぐ交換、3か月付き合った後、一度、お互いの実家に挨拶に行きました。

私も彼の実家へ。

そこで、現実を突き付けられたのです。

私たち2人で人生設計をしたのは、まず2人だけで住み、その後彼の実家で同居。

それも2世帯を建ててくれるというもの。

しっかり信じ込んでいたのですが、あちらのご両親には開口一番、「結婚したらすぐ、この家に同居。部屋は息子の1室をあげるから」と言ったのです。

そして、「宗教に入っているので、結婚後入会し、活動に専念すること」と…。

目の前が真っ暗になりました。

新興宗教に入っていることなど、事前に彼からの説明は一切なく、全くの初耳でした。

一通りお話を聞いて、早々に失礼しました。

私の様子を心配して、彼は送ってくれましたが、帰りの電車内で話し合っても、ご両親の希望に沿いたいとの事。

宗教の事も、自分の浪人が原因で始めたので、退会しようとは言えないと言われました。

そもそも私が結婚相談所に入会したのは、勤務先で知り合ったとある婦人が、「あなた、妙齢なのに仕事ばかりじゃ結婚できないから、良い人を紹介してあげる」との口車に乗り、嫌な思いをしたからです。

その婦人から、ある男性を紹介され破談になったのですが、その際渡した履歴書を、その後勝手にコピーされ、複数の男性にばらまかれたのです。

他の男性を紹介して欲しいなんて、一言もお願いしていないのに…。

人を介すことで、こんなに傷つくのなら、自分自身で相談所を探し、理想に合う人を見つけたほうが、まだましだと思い、入会しました。

それなのに、いきなり裏切られ、もう相談所も駄目だと思いました。

ですが、担当の方に相談したり、色々考え直して、活動はそのまま継続。

この相談所では、パーティの他に、月2回の書類での紹介、年2回のパソコン上で相手を探す紹介など、まだまだ手段があったので、そちらを活用しながら理想の方を探しました。

その後、何名かとても素敵な男性に会えましたが、今の主人はその中の1人です。

子供も3人恵まれ、毎日の育児はとても大変ですが、充実した毎日です。

やはり自分で出会ったわけではないので、周囲から結婚のきっかけなどを聞かれると、事実を隠してしまいますが、それでも、相談所に入会することは、出会いの一歩だと思います。

あきらめずに、ためらわずに、是非ご自分にぴったりな相談所を見つけてください。

結婚相談所には、仲介型やデータマッチ型、インターネット型などがあり…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】35歳【職業】---
【活動期間】平成19年~平成20年
【退会理由】結婚相談所以外で出会いがあったため
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所には、仲介型やデータマッチ型、インターネット型などがあり、それぞれにメリットとデメリットがありますが、その中でも、本気で結婚を考えている人には、仲介型の結婚相談所がおすすめです。
【体験談】
私にとって、結婚相談所に入会するのは初めての体験だったので、最初はとても緊張しました。 結婚し・・・・・
体験談のつづきを読む

私にとって、結婚相談所に入会するのは初めての体験だったので、最初はとても緊張しました。

結婚したいというよりは、結婚相手をそろそろきちんと探さないといけないと思っていたので、他の人ほど真剣には考えていませんでした。

ただ、スタッフの人の対応もよかったので、もしかしたら本当に結婚相手が見つかるかもと密かに期待をしていました。

提出書類には、大学の卒業証明書もありましたが、どうしても契約時には間に合わず、相談してみると、後日郵送しても大丈夫ということだったので、続けて契約手続きを行うことができました。

契約の書類作成が終了すると、シートを記入していきます。

質問は50項目ほどあり、思った以上に時間がかかったような気がします。

シートの分析結果は、後日もらえるようで、その日はその日は振り込み用紙とプロフィール用紙をもらって帰りました。

スタッフの方の対応もよく信頼できそうだったので、翌日入会しました。

入会するまでは、正直に言うと結婚相談所はなんとなく遠い存在で、一度も付き合ったことがないような人が利用するものというイメージがありました。

ただ、話を聞いてみると、思っていたような雰囲気はなく、強引な勧誘などもなかったので、安心して入会することができました。

当時は、私も仕事をしていたので、仕事と婚活の両立ができるか不安に思っていましたが、スタッフの方と話しているうちに、そういった悩みは解消されました。

これから結婚相談所の入会を考えている人は、どの結婚相談所にしようか迷うかもしれませんが、できれば、いくつかの結婚相談所を比較検討して、無料相談した中で、自分にあった所を決めるのが失敗しない一番の方法だと思います。

気に入った相談所が見つかれば、入会に必要な書類をそろえて入会をします。

私の場合、大学の卒業証明書を準備するのを忘れてしまいましたが、それぞれの相談所で必要な書類が異なると思うので、事前に確認しておくことが大事です。

一般的に結婚相談所に入会するきっかけは、お見合いパーティなどよりも真剣に結婚を考えた相手を見つけたいという人が多いと思います。

ただ、すべての結婚相談所が真剣に結婚相手を紹介してくれるとは限りませんし、合コンの延長という所もあるようなので、無料相談でしっかりと雰囲気を確認しておくことが失敗しないためには大切だと思います。

私の場合、友人から紹介されたので、信頼できるというのは最初からありましたが、もし入会先を迷っている場合には、仲介型の結婚相談所を選ぶといいのではないでしょうか。

結婚相談所への入会メリットは、家や会社関係では出会えない人との出会…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】---
【活動期間】平成24年3月~平成27年5月
【退会理由】結婚相談所での結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所への入会メリットは、家や会社関係では出会えない人との出会いのチャンスが広がるというのが大きいと思います。 直接知らない相手にお会いするのは自分もハードルが高かったのですが、相手も同じ心境だと思えば少し手も緊張がなくなるのではないでしょうか。 自分は1社のみの利用なので他社との比較はできないのですが、ある程度大手であればシステムや利用の流れが明確にできているので利用しやすいと思います。 パーティがいいのか一対一で会うのがいいのかといろんな出会いの方法があるので、自分のスタイルに合ったやり方で無理なく活動が続けていけるところがいいと思います。
【体験談】
入会後、まずはいろいろ経験してみようと思ってパーティとお相手と一対一で出会う歓談の両方に参加していま・・・・・
体験談のつづきを読む

入会後、まずはいろいろ経験してみようと思ってパーティとお相手と一対一で出会う歓談の両方に参加していました。

まずはパーティですが、参加してみて思ったのは自分にはいきなり最初から知らない人に声をかけて話すというのが苦手だというのがよくわかりました。

逆にそうしたことが苦手だとはっきりわかったので、パーティ参加はこの1回だけで後は歓談のみで活動をしていました。

歓談は定期的に2名程紹介されるのですが、こちらが会ってみたいという希望を出しても相手からも会いたいという希望をもらえないと成立しないという流れでした。

そのため最初はチャンスを増やそうととにかく会ってみる希望を出していても、なかなか実際の歓談が成立しないことが多かったです。

仕事をしながらの活動だったので、紹介されてもなかなかプロフィール内容に目を通せないこともしばしばあり、その分活動期間が長引いたと思います。

歓談ですが、一度お相手を会った後お付き合いしてみるという場合は直接やり取りするという流れでした。

正直この流れは苦手でした。

特にお断りする時だけでも間に入ってほしかったです。

2回程お会いした方にお断りする時に「間に入ってほしい」と相談したのですが「規則だからできない」と断られてしまいました。

そうしたことも含めての直接やり取りだというのはわかるのですが、もう少し親身に断り方の相談にのってくれると嬉しかったです。

途中で歓談紹介も上手くいかない時期が続き、一時退会を考えたこともあります。

仕事が忙しくなったこともあるのですが、自分には魅力がないのかや結婚なんて出来ないのではないかとだんだん思うようになりました。

その時結婚相談所に相談してみたのですがあまりいいアドバイスをいただいた記憶がありません。

対応は丁寧なのですが、有益なお話をいただけたように思いませんでした。

担当者の方にもよると思うのですが、具体的にもっとこうしたほうがいいという言葉がほしかったです。

結局は紹介を受けつつ自分なりに休憩時期を作っていました。

その間に何が原因で上手くいかないのかやどうしたら紹介相手と続くのかをよく考えたり家族に相談したりしました。

自分を客観的に見つめてきちんと向き合うのが大事だったんだと思います。

しばらくして紹介された方への歓談希望を出すのを復活しました。

最初はお付き合い自体続かないということもありましたが、最終的には結婚相手に巡り合うことが出来ました。

あきらめなくて本当に良かったと思います。

こちらの結婚相談所にはアドバイスを受けるというよりシステムを利用するという側面ばかりお世話になっていたと思います。

もう少しこまめに相談をしてみてもよかったのかなと思います。

おそらく担当者は何人かいると思うので自分に合った相談相手を見つけられたらもっとよかったんだと思います。

結婚相談所はいろいろあるので、結構悩むところです。私の場合はお友達…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★
【婚活の点数】★★★
【都道府県】東京都、銀座 【年齢】25歳【職業】---
【活動期間】平成23年~平成26年
【退会理由】結婚相手が出来たから。
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所はいろいろあるので、結構悩むところです。私の場合はお友達が既に入っていて話を聞いていたのであまり比べませんでしたが、ホームページや口コミサイトを、よく見て比べるといいと思います。
【体験談】
私は仕事が看護師なので、大変不規則な生活をしています。 看護学校から付き合っていた彼氏がいまし・・・・・
体験談のつづきを読む

私は仕事が看護師なので、大変不規則な生活をしています。

看護学校から付き合っていた彼氏がいましたが、理解力がある彼でしたが、サラリーマンの規則正しい彼の生活とは合う時間がほとんどなく、近くに住んでいるのに遠距離恋愛のような状態になりました。

私はその時病院に入ったばかりで仕事を色々覚えなくては行けない時期で、結婚など考えずに、あまり彼氏に優しくできませんでした。

すれ違いの日が続き、もう会えないだけの関係から終止符を打つことに決めて自分から別れを告げました。

それから私の仕事は順調で、結婚を急かす彼氏などいないほうが楽だと考えるようになっていました。

しかし25歳を過ぎてから周りがどんどん婚約、結婚していき、私だけなんだか取り残されたような気がしました。

結婚願望というより、心が本当に通じ合う人と出会って、縁があったら結婚したいなと、思うようになりました。

しかし私は看護師なので、土日は大体仕事です。

休みの日は、大体一人でお買い物などに出かけていました。

しかしこのままひとりで休日を過ごしていてもプライベートは何も変わらないと思い始めたのです。

何か自分で行動を起こさないと、周りの先輩のようなオールドミス(笑)になる!と本気で思い始めました。

同じ病院の同期が●●に入って婚活をしていると話を聞いて色々相談しました。

出会いはどこにあるかわからないから、結婚相談所は入っていて損はないと。

本当に私達のような看護師は出会いが少ないから第三者の協力が必要かもね、と話していました。

始めはちょっと勇気が入りましたが、とても親切で明るい方が説明してくれて、今の時代に出会いがいっぱいある人はほとんどいない。

だから出会いがない悩みは私だけではない。

そして出会いの数は努力で増やせる、と説明されました。

よく口コミには結婚相談所はセールストークがしつこいと書かれていますが、私は全くそんな感じを受けませんでした。

結婚相談所は一つのきっかけであるし、私も多くの人とお話して、人生勉強にもなりました。

看護師だけしていたら、こんなに色んな職業の人と何人もお話する機会はないし、そんな機会を与えてくれた結婚相談所に感謝しています。

結局私はお友達のパーティで知り合った人と結婚して、退会する運びとなりましたが、●●に入っていて後悔はありませんでした。

出会いがないなと思っている方は、一度結婚相談所に登録してみるのもお…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京 【年齢】29歳【職業】---
【活動期間】平成22年1月~平成22年12月
【退会理由】結婚を意識出来る彼氏が見つかったので
【これから婚活をする人へのアドバイス】
出会いがないなと思っている方は、一度結婚相談所に登録してみるのもおススメです、そこで出会いがなくても、いいアドバイスをいただけることもありますから、何かのきっかけになるのは間違いありません。また、出来れば大手の結婚相談所を選ぶのが良いのかなと私は思います、色々安心ですし、登録人数も多い方が良いですから。
【体験談】
20代半ばから周囲の友人が結婚をしていきました。 29歳でも結婚出来ないこと、特定の彼氏がいな・・・・・
体験談のつづきを読む

20代半ばから周囲の友人が結婚をしていきました。

29歳でも結婚出来ないこと、特定の彼氏がいなかったこともあり、友人の勧めで●●を利用しました。

住んでいる場所は、違うのですが、東京支社に登録しました。

都内へは、簡単にアクセスすることも出来ますし、大学時代に都内に住んでいたので、結婚後は絶対に地元に住みたいという意識がありませんでしたから、結婚したいなら幅広い人から選びたいと思っていたので、きっと人数も多いであろう、東京支社を選びました。

友人も、そこに入ったので、安心感がありました。

そこで、自分の希望を色々言いました。

実際、結婚相手の希望と言われると、そこまで真面目に考えていなかったので、これはとても良い機会だと感じました。

また、年収が気にならないほうだと私は思っていたのですが、やはり男性なので、自分よりも年収は高い方が良いなと思っていることにふと気づいたため、●●での活動は自分と向き合う機会にもなりました。

彼氏を選ぶのと、結婚相手を選ぶのって、延長線上にあるものだから、そんなに変わらないで選べるものかなと思っていたのですが、実際にこういう人が良いって言うことを考えると、別のものだなと思いました。

同居や別居などの希望もありましたので、彼氏が出来ると言うよりも、家族を作るのだなという意識がそこで強くなりました。

私は、一年間入会していたのですが、1か月に1回くらい男性に会うことになりました。

仕事をしながらでしたし、都内で会うので、これくらいのペースが無理なくて良かったです。

その間に、気が合えばデートなども出来ますから。

しかし、年収や家族構成など自分に合った人を紹介してもらえるのですが、会うとなかなか話が合わないこともありました。

趣味も似たような方を選ぶんですが、同じ趣味でも価値観が違うこともあるんだなと思い知りました。

なかなか結婚に合う人と言うか、出会ってからその先に続ける人に会えませんでした。

出会うのに、急いでいたわけではないのですが、なかなか会う人がいなかったせいかアドバイザーの方もとても親身になってくれました。

色々なアドバイスもいただきました。

それは●●で出会う人だけではなく、色々な場所で出会う人とその先につながるのにも役に立つものでした。

11月くらいに●●ではなく、違った形で気が合う男性と出会うことになりまして、お付き合いを始めることになりました。

●●をそのまま続けていても良かったのですが、どちらに対しても失礼にあたると思い、退会しました。

私は結婚紹介サービスを1年利用してわずか10人の方としかお会いでき…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】33歳【職業】---
【活動期間】平成20年3月~平成21年4月
【退会理由】結婚紹介所で知り合った人と結婚するに至ったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
私は結婚紹介サービスを1年利用してわずか10人の方としかお会いできませんでしたが、無事に結婚をすることが出来ました。経験から言いますと、焦らず気軽に利用した方が、結果として良い相手と出会えると思います。
【体験談】
●●での申し込みから、出会いまでの流れを簡単に紹介すると、まず、入会の際にコンサルタントなる方より綿・・・・・
体験談のつづきを読む

●●での申し込みから、出会いまでの流れを簡単に紹介すると、まず、入会の際にコンサルタントなる方より綿密なコンサルティングを受けます。

そこで、結婚に対する価値観や人生観などを聞かれ、そこから具体的にオリジナルのプランを作成してもらいます。

その後、自分の特徴や長所を最大限アピールできるようなプロフィールづくりやアドバイスなどを受け、相性適合診断システムにより、マッチングする相手を選び出してもらいます。

マッチングサービスは毎月2回、紹介書として自宅に郵送してくれますが、当然ながら、氏名・住所などは伏せてあります。

その方の結婚観や自己PR、●●による相性診断の結果などと合わせて、じっくり検討し、興味があれば●●に行って写真をみて、実際に会ってみたい場合は申請します。

その後、めでたく相手も了承してくれた場合に●●より互いの連絡先が送られてきて、デートの約束を取り付けることができます。

実は私は●●に入会する前に別の結婚紹介所を利用して何人かの方をお会いすることもあったのですが、出会い系サービスで会うようなノリの人が多かったのに対し、●●には比較的、美人で真面目な方が多いように思いました。

入会期間一年間の間に何人かの方をお会いすることがあったのですが、驚くことにほとんどの方が美人でした。

ちなみに写真写りはあまり良くないのですが、実際にあってみると写真より実物の方が美人というケースが多いのです。

他社の登録写真では写真を加工しているようなところもありますが、●●では外見より中身で勝負という戦略があるように思います。

ただ、●●の女性会員はどちらかというとコンタクト後の返事は遅めのように思います。

おそらく登録されておられる方が割と大手企業や、専門の仕事についていて忙しいからでしょうか。

あまり男性に飢えているような感じはありません。

そこがまた、男性会員からするとそそられるポイントでもあるのですが。

結果として●●で出会った女性と結婚することができました。

個人的には焦らず長期戦でじっくり取り組んだ方が結果として良い方に巡り合えるように思います。

私は一年間の間に10人の方と実際にお会いしたのですが、どの方も非常に高い教育を受けておられ、高収入を得ている方ばかりでした。

ともするとお高く止まっているようにも思われますが、一人でも生きていけるという自信がそこに現れているのかもしれません。

大手の相談所でサービスの良いところも多くあるようですが、まず最初は…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】30歳【職業】---
【活動期間】平成18年~平成19年
【退会理由】結婚相談所以外の出会いで結婚
【これから婚活をする人へのアドバイス】
大手の相談所でサービスの良いところも多くあるようですが、まず最初は地元にある相談所に登録してみるのも良いと思いました。小さな事業所では日本仲人連盟に加入し連携しているので、登録人数が少なくて出会いがないという心配はありません。 初回の相談は無料のところが多いので、まず話だけでも聞きに行くことをおすすめします。
【体験談】
結婚相談所というと、本当に「お見合い」をするような少しお堅いイメージがありましたが、実際に相談所を訪・・・・・
体験談のつづきを読む

結婚相談所というと、本当に「お見合い」をするような少しお堅いイメージがありましたが、実際に相談所を訪れてみると相手とのマッチングやなどを仲介の方が行ってくれてたり、いろいろな相談に乗っていただけるという利点がありつつも、基本は自主性に任せていだだけるので活動ペースなどは自由で、窮屈な感じは全くありませんでした。

身元もしっかりしている方が登録されているので、婚活サイトより安心で、その分費用はかかりますが納得できる価格でした。

マッチングでお互いにお見合いの意思が成立した場合は、待ち合わせ、場所などは仲人さんが設定してくれて、当日は引き合わせのみ同行で、あとは2人で…というパターンでした。

ただ初対面の方と話が苦手といった場合は、希望により仲人さんがお見合いにも付いていてくれるケースもあるようです。

私はこの相談所では4人の方とお見合いをしました。

婚活サイトでの活動と同時進行だったのですが、やはり結婚相談所での出会いは、より「結婚」を意識した出会いになるのだなという実感がありました。

気になったのは2人の男性の会話がまるで面接のようだったことです。

例えば「仕事の内容はどのようなことをされているんですか?」「ご両親、ご兄弟はどんな方ですか?仲は良いですが?」など、仕事や家族に関すること。

さらに「結婚後は仕事は続けますか?専業主婦になりたいですか?」「子どもは何人欲しいですか?」など、いくら結婚相談所を通して出会ったとはいえ、いきなり子どもの話などは躊躇してしまうものがありました。

ただでさえ緊張するお見合いで、まずは相手の雰囲気を見ながら「どんな人なのかな?」「話は合いそうかな?」などを考えながら、世間話でもできたら良いのですが、矢継ぎ早の質問で疲れ果ててしまいました。

また、そのような人に限って人のことは聞くのに、自分のことは話さないことも多く、このような人とはコミュニケーションがとれないと判断しすぐにお断りさせていただきました。

お断りについても、相談所では仲人さんに一言言えば良いだけなので、それで咎められたりすることは一切なく、そこのところは仲人さんのいる相談所ならではなので本当に気楽でした。

入会して5ヶ月くらい経ち、4人の方とお見合いした後、当時同時進行していた婚活サイトの方でお付き合いしたいと思える出会いがありました。

相談所の方は1年契約で料金を支払っていたので、退会はせず活動休止中という形でお願いしました。

紹介してくれた友人は、●●が加入している連盟の合同の婚活パーティーで知り合った人と結婚できたとのこと。

全体的な感想としては、最初の本人確認がしっかりしていて仲人さんがいる分、安心して婚活ができ直接的に結婚に結びつきやすい出会いだと思います。

なおかつパーティーにも参加できるので、幅広い出会いが期待できる相談所でした。

ちなみに婚活サイトでお付き合いをしていた方と結婚が決まり正式な退会を伝えると、後ほど花束を贈って下さり、温かい気持ちになりました。

結婚相談所を選ぶとき、大手だとか小さいだとか関係なく親身になってく…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★★
【婚活の点数】★★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】47歳【職業】---
【活動期間】平成25年8月~平成26年1月
【退会理由】結婚相手が見つかったから
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所を選ぶとき、大手だとか小さいだとか関係なく親身になってくれるスタッフがいるところに入会するのがベストだと思います。
【体験談】
私は現在、49歳の女性です。 48歳まで独身でした。 この年齢まで独身だったのは、仕事や・・・・・
体験談のつづきを読む

私は現在、49歳の女性です。

48歳まで独身でした。

この年齢まで独身だったのは、仕事や自分のプライベートを優先してきたからです。

そして昔、病院で不妊治療しないと子供が産めない体と言われたことがあるのも要因の1つです。

ただ、この年齢になってやはり1人で生きるのは寂しいと思いました。

そこで人生一度きりなのだから婚活してみようと思ったのです。

私が入会した婚相談所は●●と言います。

大手ではなく、こじんまりとした相談所です。

ただ、様々な結婚相談所の説明会に行ってみて、大手の結婚相談所はすべての人に説明をするという感じだったのに対して●●の代表だけは短い時間でも1人1人の方に声をかけてくださいました。

これだけ親身になってくれる結婚相談所であれば期待ができると思って大手ではない●●を選択したのです。

●●に入会後、所長とサポートスタッフの方が手取り足取りという感じで婚活の指南をしてくださいました。

また、私が希望する男性をピックアップしてくれて紹介してくれたり、実際にお見合いの手配などもしてくれました。

このような親身な対応は、おそらく大手結婚相談所ではしてくれないのではないでしょうか。

そう思えるくらい、こまめに紹介してくれたりアドバイスをしてくれたのです。

そして活動を始めて4か月ほどたった頃、紹介してくださった男性がいたのですが、その方はとても素敵な43歳の紳士の方でした。

私には少し不釣り合いかと思いましたが、嫌われてもよいので会ってみたいと申し出ました。

そうしたら男性も会ってくれるということになってお見合いとなりました。

実際に会ってみてもすごく物腰が低く、優しい感じの方で私は彼に惹かれていきました。

話をしていても面白いし、こんな男性と結婚したいと思いました。

あっという間にお見合い時間が過ぎ、しばらくして所長の方からまた会いたいか希望を聞かれたので、もちろん会いたいという希望を出しました。

後は男性が会いたいといってくれたら交際成立になります。

まったく自信はなかったのですが、なんと男性側も会いたいと希望してくれたのです。

こうして私は男性と交際することになりました。

交際中もとにかくこの男性は私を大事にしてくれましたし、私を引っ張って行ってくれました。

この男性となら一緒に幸せな結婚生活がおくれそうだなと思いました。

そして交際から2か月たったころ、男性からプロポーズの言葉をいただきました。

そのときは実感がなく夢のような時間でした。

もちろん答えはOKです。

今は●●で出会った男性と結婚し、毎日楽しく暮らしています。

本当に結婚相談所と結婚相手に恵まれたなと思います。

結婚相談所は現在出会い系サイトと変わらないようなサービスも多いので…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★
【婚活の点数】★★
【都道府県】東京都 【年齢】38歳【職業】---
【活動期間】平成26年1月~平成26年8月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所は現在出会い系サイトと変わらないようなサービスも多いので、自分が入会する結婚相談所は事前にどのようなシステムの特徴があるのかを把握して、出会い系サイトとは違う「本気の婚活」が出来るかどうかを結婚相談所の入会前に事前に見極めておく事をお勧めします。
【体験談】
私が「●●」を利用していたのは今から3年ほど前の平成26年1月から平成26年8月までの7ヶ月間でした・・・・・
体験談のつづきを読む

私が「●●」を利用していたのは今から3年ほど前の平成26年1月から平成26年8月までの7ヶ月間でしたが、結局女性会員の方と結婚を前提にしたお付き合いには発展せず、8月の中旬に●●を退会することとなりました。

●●では「お見合いコンシェルジュ」というシステムあり、私には女性のお見合いコンシェルジュの方がついてくれたのですが、この方があまり良いアドバイスをくれず、なおかつ私と女性会員がお互いに好感を持ち双方でプロフィール申請を出しているにもかかわらず、お見合いコンシェルジュの女性担当者が私と会員女性のお見合いの日にちや会場などを予約する事が無いままどんどん日にちが経ってしまったということが何度かありました。

●●は知人の友人カップルが結婚式を挙げた時に彼らが知り合ったきっかけでインターネットの結婚相談サイトの●●だった、という事を聞いた時に好印象を持った為、「お試し」のつもりで会員登録を行い、結婚を前提としたお付き合いが出来る女性を探す事となったのですが、お見合いコンシェルジュの女性担当者は第一確認項目と定められている「お互いの休日」や「デートコース」といったプランを無視してまるで親戚のおせっかいな女性のような雰囲気で「お相手の女性の心理を汲み取る事が大切です」とか、「お相手の女性の気持ちをなるべく考慮しましょう」といった文面のメッセージしか送ってこず、閉口した記憶があります。

●●では登録している男性会員と女性会員が集う婚活パーティーが都内の六本木や東麻布といったハイソなエリアにあるホテルのメインラウンジで開かれたのですが、●●の婚活パーティーは良くも悪くも普通の婚活パーティーであり、やはり女性会員が話しかけるのは弁護士や公認会計士といった士業の男性会員が人気が高く、彼らにおしゃべりが集中してしまって●●婚活パーティーの運営者やスタッフが1時間以上会話しているカップルに注意するなどの光景も見受けられました。

ただ、●●がすべての面でダメだった訳ではなく、私がかつて結婚歴があるバツイチ男性という事をお見合いコンシェルジュの担当女性にメールで知らせたところ、女性担当者から「相手の女性の方にあまり求めすぎない」というアドバイスをしてくれた事は今でも良く覚えています。

結局、●●を使った婚活は失敗でしたが、お見合いコンシェルジュ自体はデートのセッティングやお見合いのセッティング面においては便利な機能なので、お見合いコンシェルジュと同様のシステムを持つ婚活サービスであれば、また利用しても良いかな、とは感じています。

バナー広告の内容を鵜呑みにせず、一度自分で検索をして納得してから入…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】
【都道府県】東京都 【年齢】23歳【職業】---
【活動期間】平成25年11月~平成27年2月頃
【退会理由】連絡先変更に伴う自動退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
バナー広告の内容を鵜呑みにせず、一度自分で検索をして納得してから入会したほうが良いです。バナー広告を出すほどの大手だから安心だと思わず、検索をかけてその相談所の評価をしっかり確認してみてください。
【体験談】
私の場合、料金が発生する完全な本入会ではなく、無料でイベント等に招待されるいわゆる仮入会の状態でした・・・・・
体験談のつづきを読む

私の場合、料金が発生する完全な本入会ではなく、無料でイベント等に招待されるいわゆる仮入会の状態でした。

固定の料金が発生しない状態ではあるものの、担当者が付いていてイベントや有料会員の料金体系等の説明はしっかりしていました。

しかし、有料会員にするための営業の電話がかなりしつこく、こちらの予定が決まらない時期だったため「試しにイベントに参加してから判断する」という旨を伝えたにも関わらず、かなりの高頻度で高額な有料プランの営業をしつこくかけて来て、いい加減に消費者センターにでも相談すべきか考えさせられていました。

ただ、運が良いのか悪いのか携帯電話の番号を変更して連絡が途絶えると、ダイレクトメールもその後、数ヶ月で止み恐らくは自動的に登録抹消されたと考えられます。

入会したきっかけとなったバナー広告の診断にはアンケートの様なものが付随していた為に、好みの異性の容姿等を記入していましたが、営業の電話でのやり取りではデータを見ながらだったのか、半分世間話程度に筆者の好みのタイプもイベントには参加しているとは話していても、ダイレクトメールのイベント情報には全く逆のタイプ(個人情報保護の為に顔は加工されていて雰囲気のみ)が紹介されるなど、とにかく定額会員にさせたいというのがまるわかりで、悪い言い方をすればサクラを使うポイント制の出会い系サイトのそれと全く変わらない状況でした。

送られて来るダイレクトメールに記載されたイベントも内容的には、一般的な婚活パーティーの様なものではありましたが、参加費が有料会員も無料会員も関係無く一律で男性だけ一万円前後という金額で、政治家が資金集めの為に開くパーティー並みのもので、会社側の「モテない男は金を使う所が無いのだから絞れるだけ絞ろう」という思惑がわかってしまっていましたし、これでは結婚に結び付く様な流れにはならないだろうとしか思えませんでした。

詐欺とまでは言いませんが、SNSに「診断」と称してバナー広告を出している所はあまり良いところではないし、やり口がサクラを使っているポイント制の出会い系サイトや基本プレイ無料を称してガチャ課金をしているゲームアプリと一切変わらず、バナー広告の診断も無料を唱いつつ最終的には年間で20万円弱の会費がかかる有料会員に入会させて支払わせる事だけを考えた搾取ビジネスだという印象を筆者は受けた他、二度と婚活ビジネスは利用しないとすら思わせる程、酷いものでした。

入会を考える前に、一度ちゃんと自分で検索をして調べてみたほうが良いと思いました。

結婚相談所で婚活をスタートさせる場合、とにかくお金を貯めておくこと…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】★★★★
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】23歳【職業】---
【活動期間】平成26年8月~平成26年11月
【退会理由】中途退会
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所で婚活をスタートさせる場合、とにかくお金を貯めておくことが大事だと思います。
【体験談】
私が以前登録していた●●は、ホームページの内容やさまざまな方の口コミがとても良く、また、全国各地に支・・・・・
体験談のつづきを読む

私が以前登録していた●●は、ホームページの内容やさまざまな方の口コミがとても良く、また、全国各地に支店があって会員数が多いため都道府県関係なく登録している方を紹介してくれるという制度に魅力を感じ、入会することを決意しました。

しかし、私は金銭的な理由で退会せざるをえなかったことが残念です。

この結婚相談所のみではありませんが、男女平等社会に関わらず、男性の方が支払う金額が多かったり、男性のみが支払うケースが普通で、いくらまだ男性より女性の方が給料が少ないとはいえ、低所得者には結婚は厳しいものだと痛感致しました。

●●が悪いのではなく、社会全体の問題でもありますが、低所得者の若い男性でもやっていけるシステムなどを導入していただけると大変ありがたいと思います。

また、それは結婚相談所の新たなビジネス展開になると思いますので双方にとって有益であると思います。

結婚相談所では、実際に女性の方が収入が高く場合がたくさんあることを目にしました。

もちろん、ステータスだけでなくお金はあるので素敵な男性を探されている女性はたくさんいましたが、年上の女性が多いのは当たり前ですが、若い女性でもお金持ちのキャリアウーマンや経営者、自由業者の女性を取り込むサービスを導入し、若い女性が当たり前のように結婚相談所に来てくれるとうれしいと感じました。

また、男性が専業主婦になるなどのケースもあると思いますので、それでもいいという方が増えると低所得者側としては大変ありがたいです。

コンシェルジュさんや全てのスタッフさんたちがとても親切丁寧で分かりやすく、説明や相談に乗っていただけたりさまざまなアドバイスをしていただけて本当に助かりました。

自分が希望するような容姿や性格などを伝えると、それに見合う女性をたくさん紹介していただきました。

自分ではわからない問題点や欠点についても、あらためて気づかされることになりました。

自己分析がどれだけ大事かを痛感致しました。

また、今置かれている状況から妥協点を見つけ出す術は素晴らしいと感じました。

今後はお金を貯めてさまざまな結婚相談所や人が集まるところに参加して出会いの可能性を広げ、いつでもゴールへと迎えられる準備を整えていこうと思いました。

結婚相談所のスタッフさんとの相性が大きいです。叱咤激励と罵倒を勘違…

結婚相談所 体験談 【結婚相談所名】××××
【相談所の点数】
【婚活の点数】★★★★
【都道府県】東京都 【年齢】27歳【職業】---
【活動期間】平成17年~平成22年
【退会理由】病気退職により婚活ができなくなる
【これから婚活をする人へのアドバイス】
結婚相談所のスタッフさんとの相性が大きいです。叱咤激励と罵倒を勘違いしている仲人もいますのでよく見極めてください。
【体験談】
私は●●に、会社の先輩の紹介で入会しました。 ●●は、大手や広告を出している結婚相談所ではなく・・・・・
体験談のつづきを読む

私は●●に、会社の先輩の紹介で入会しました。

●●は、大手や広告を出している結婚相談所ではなく、個人の方が主宰している結婚相談所兼婚活パーティーです。

具体的な活動としては、毎日のホームパーティー、クリスマスなどの季節のパーティー、主宰者からの個別のお見合いの紹介になります。

私が驚いたのは、お見合いの紹介が完全に主宰者の主観で決められているということです。

定期的に打診がある人もいれば、全くない人もいます。

私の場合、5年間そこで活動しましたが、お見合いのあっせんがあったのはわずか1回だけでした。

しかも、そこに登録している人ではなく、主宰者の知人が運営している相談所の「余りもの」だったのです…。

身上書もしっかりとしたものではなく、FAXで送られてきた白黒のコピーの履歴書でした。

「ああ、自分の価値はこの人にとってはこのくらいなんだな」と絶望的になりました。

●●で活動してから、当初は服装や髪形などが全然だめだったようで、「こんな髪形でいいと思っているの!?」「私が一緒についていくから服屋に行きましょう」など主宰者から厳しく指摘されました。

見るに見かねてのことだと思いますので、当時の私は本当にダメだったのでしょう。

しかし、何年もパーティーに通ううちに少しずつ次につながるような結果が出てきました(とはいえ、2回目で切られるのがお決まりでしたが…)。

それでも、主宰者にとってはその歩みは鈍牛のように映ったのでしょう。

ある日、夜に直々に呼び出されて説教されました。

「あなた童貞?」
「エッチしたことあるの?」
「セックスはAVと違うのよ。顔にかけちゃだめなの分かっている?」

さすがに私もそのくらいは分かっています。

というか、モテない男性のプライドをえぐる質問をズケズケと…。

それができないから結婚相談所に入っているんじゃないですか!と言いたかったのですが、ショックが大きくて何も言えませんでした。

結局、親にこのことを話して「それはひどい!」という話になり●●を退会。

大手結婚相談所と家経由のお見合いに切り替えましたが、途中で病気になってしまい、5年以上婚活の中断を余儀なくされてしまいました。

いまだにその主宰者が夢に出てきます。

本当にトラウマになりました。

幸い病気が回復して、別の結婚相談所で出会いがあり、成婚退会。

今は結婚に向けて準備中で幸せな日々を送っていますが、●●に行かなければよかった・回り道をしてしまったと今では思っています。

結婚相談所選びは慎重にしなければならないなと、とも。


婚活を頑張ってる女性に、婚活の絶対法則を伝えます。

それは、必死な婚活は絶対に辞めた方がイイってこと。

この意味をしっかりと分かってほしいんです。

30代後半・40代前半のアラフォー女性に関わらず、共通していえることなのですが……

過去や経歴・ステータスに縛られず『男性』の本質を見て、恋愛したり婚活したりしている人は結婚に結びつきやすいです。

年代別の婚活アドバイス

結婚相談所に詳しい岡田の記事

結婚相談所の現役カウンセラーの記事

バツイチ婚活と恋愛事情の記事